内定先の会社から課題学習としてレポートの提出を求められました。
でもレポートってどういう意味なんですか?
そのレポートの課題は、ある書籍を読んでレポートを提出して下さいとの事でした。
この場合のレポートっていうのはその本を読んで要点をまとめることをいうのか、
その本を読んだ自分の感想を書くことなのか、
それとも要点をまとめながら、自分の感想を挟んでいく事なのか、
どれを求められているのか、またこれ以外の事をレポートと呼ぶのかが分かりません。

後、作成方法は、フォーマットはあえて統一しません。想像力、発想力を最大限発揮し、自分なりの表現方法で作成してください。との事でした。
これは例えばどういった感じで書けばいいんでしょうか?

こういった事を質問するのはおかしいと思うかもしれませんが、
レポートというのを書いた事がなく、どうしていいのかわかりません。
自分の発想力を使わないといけないのは分かっているんですが、発想力、想像力が乏しいので、何かヒントや、通常はこうするといった事を教えていただけると助かります。
どうかよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

内定先の課題というのは、ある書籍を読んで、レポートを提出することですよね。


それで、
>作成方法は、フォーマットはあえて統一しません。
>想像力、発想力を最大限発揮し、自分なりの表現方法で作成してください。
という条件だけが与えられている。
私はそのように判断したのですが宜しいでしょうか?

こういう自由度の高いレポート慣れしていない人には、確かに難しいですね。

ただし、言い方が失礼になってしまいますが(ゴメンナサイ、言葉ほど悪い意味で言っているつもりはありません)、

>この場合のレポートっていうのはその本を読んで要点をまとめることをいうのか、

・・・ただの要約文です。

>その本を読んだ自分の感想を書くことなのか、

・・・読書感想文です。

>それとも要点をまとめながら、自分の感想を挟んでいく事なのか、

・・・悪くはないですが、ただ単に組み合わせたものです。

私は理系の大学でレポートを書いていましたが、書いていたレポートはこういうのが多かったです。
・何らかの条件が与えられていて、それに対して推測を書き、その推測を立証するような理論を用いて解説。
・実験結果に対して、なぜそのような結果になったのか、・・・ということを理論的に推測。
・調べたことを、淡々と書いていくだけ。

要するに、ウンチクで納得(説得?)させるもの。
ですから、私の中の「レポート」に対する考え方で書くと、

その書籍を読んだ内容についての検証。
書籍の内容に対する考えや意見、感想というものを、できる限り理論的な解釈で相手を納得させる。

こんな感じでしょうか。

長くなってすみませんでした。
それでは。。。
    • good
    • 6

期限に余裕がどのくらいあるのかでレポートの書き方もちがってきますし、課題になっている書籍が何か、テーマが何か、どういう会社か、などによっても書く内容は違ってくるでしょう。

何を書くか、どう書くかがすでに評価の対象になっていると思います。

レポートの書き方については市販の書籍を読めば十分だと思います。レポートは日記などとちがって他人に読ませることを前提に書くものですから、「フォーマットはあえて統一しない」と言われても、形式をきっちりと守ることは「伝わる」ことの第一条件であるとも言えます。とにかく、常識的に言って、市販のレポートの書き方に関する解説書くらい読むのが当然でしょう。それすら面倒だとおっしゃるなら、その会社でのあなたの評価は「その程度のもの」になってしまいます。

それから、これも当然だと思いますが、テーマに関連した参考文献も何冊か読み、インターネットのホームページもいくつか見てみるべきです。もちろん参考にした書籍やウェブページについては書誌データ(書籍なら著者、タイトル、出版社、出版年など、ウェブページならタイトル、作成者、URLなど)を最後にリストとしてあげておきます。間違ってもホームページをコピーしてレポートに貼り付けてはいけません。著作権違反ですし、そういう誤魔化しはすぐにばれます。同じように、書籍についても、内容をまとめると言いながら原著の文章をそのまま書き写す人がいますが、そういうのはまとめたうちに入らないので、評価は低くなると思います。

とにかく、発想力、想像力が乏しいと思うのであれば、きっちりと形式を守って書くことをお勧めします。形式や手続きをしっかりと守ることができる、ちゃんと人に伝わる文章が書けるというのも評価されると思いますよ。
    • good
    • 3

 内容的なこと以外に、企業側のひとつの動機として、思考能力や方法、文書なり文章の作成能力をみるという意図があるようにも思えます。

    • good
    • 7

私だったらこう考えます。


まずレポートの構造を考えます。私だったら、起承転結で書きます。
始めに本を読みます。その本で著者が一番主張したいことは何でしょうか?
良く考えてみましょう。そして、レポートの「起」の部分、つまり第1章に
「この本の要旨」という題名で、著者の言いたいことをまとめて書きます。
次に、あなたはその著者の主張について賛成か反対か明確に立場を表明します。
そしてその理由を書きます。これが、「私の意見」になります。「承」の部分です。
さて、次に、その本に書かれていることと、あなたの意見をまとめたところで、
社会、現場、世間、世の中、現実では、そのことがどうなっているでしょうか。
そのことを自分の視点から考えてまとめてみます。これが「転」になります。
最後は、現実、あなたの意見、著者の主張をまとめる形で、これからどうすれば良いのかあなたの考えを述べます。これが「結」です。

例を出しましょう。たとえば、環境問題について、とくにリサイクルについての本だったとしましょう。そうするとこんな感じになります。
「題名:日本のリサイクル問題の現状について」
第1章(起)「著者の主張」著者は、リサイクルすることによって資源が有効活用され、環境問題のいくつかが解決されると述べている。
第2章(承)「私の立場」私は、著者の意見に賛成である。普段から私は、ごみの分別をしっかり行っている。
第3章(転)「リサイクルの現状」ところが、例えばリサイクルされるはずの紙が、集められても、あまりに集まりすぎるために、あまって放置されている。このような現実の問題がある。
第4章(結)「これからのリサイクル」リサイクルは、私のごみの分別から始まって、最後中古紙として製品になるまでがリサイクルである。この循環の途中どこがとぎれてもリサイクルは成り立たない。個人、企業、行政が協力してリサイクルの循環を円滑にしていくことが大切である。

私だったらこのように書きます。もちろん、ちゃんと文章になるように、もっと長い文に膨らませますが。
レポートでは、きちんと章立てすることが大切です。
内容の構造をはっきりさせて書くことが大切だと思います。

以上、私の個人的な意見です。
    • good
    • 11

その書籍の内容と、内定先の業務内容に、何か関連はありませんか?


関連がない場合、業務に活かせるヒントが隠れていませんか?
また、その著者はどんな人でしょう?
その書籍の内容に弱点はありませんでしたか?
(つまり、つっこみ所はないでしょうか?)

その書籍はあくまで素材なのだと思います。
その書籍を読むことによって、「自分なりにした」(←ここが難しいのでしょうが)発想を表現してみせて欲しいのではないのかと思います。

#類似、もしくは対抗する関連書籍もいくつか読んで比較してみると、道が開けるかもしれません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q博物館に行ってレポートを提出する課題が出されたのですが、

博物館に行ってレポートを提出する課題が出されたのですが、

博物館でのレポートってどんなふうに書けばよいのでしょうか?

「こんな恐竜の化石があって……」とかですか?

大学生なのですが、これでは小学生なみ??^^;;

Aベストアンサー

学部はどこですか?
国文と政経と工学と美術じゃ、行く博物館も、内容も全く違うレポートになるでしょ?
必要情報を相手に伝えるのもレポートですよ。

Qレポートについて 大学一年生です。 大学の授業で課題のレポートを課されることが多くなりました。指定

レポートについて

大学一年生です。
大学の授業で課題のレポートを課されることが多くなりました。指定が5枚程度のものが多いのですが、私は一枚か二枚目くらいで書き終わってしまいます。書くべきことは書いているのですが短すぎて指定にも届きません。
どうしたら長い文章を書けるようになりますか。

Aベストアンサー

最初に、書くべき内容を箇条書きにし、それぞれ何文字書くかのプランを立てることです。

2000字なら、1600~1800字がベストパターンですから、

①課題に関する自身の結論・解答 100  ② 解答の論拠・理由 400  ③ 論拠・理由-2 400 
④論拠・理由を否定した場合、仮定・想定される別解答と論拠・事例 400  ⑤ 最終的結論 200

更に、各段落毎に箇条書きし、文字数を想定。

修飾語を付記・多用する。
「5月10日 ○○運動公園で、体育祭が実施された。」
→ 「風薫る5月10日に、大学の指定する駒沢に集合した後、多摩の運動公園に移動し、サークル対抗の当大学
  ○○委員会の主催による、第15回体育祭が、晴天の中で、多数のサークルが参加し、賑やかに開催された。」

課題等の場合は、出典、理論、参照先、媒体等を付記すると、10文字を30文字にするのは難しくありません。

慣れてくると、箇条書きにして、字数を考えなくても書けるようになります。

参考までに。

Q大学のレポートについてです。 レポートの課題がだされ、参考文献というのが最低1つ必要なんですが、 参

大学のレポートについてです。

レポートの課題がだされ、参考文献というのが最低1つ必要なんですが、

参考文献とは、どのように使うのかを教えてください。

Aベストアンサー

レポート書きますよね。
その資料を見つけに図書館に行きますよね。
図書館で目的のレポートに利用できる数冊を見つけますよね。
その数冊に目を通してレポートまとめますよね。
まとめたレポートを読み返して資料の数冊からどれが一番利用できたか分かりますよね。

参考文献=要は最低1冊は本読んでレポート書きなさいよ~~~
ネットからコピペは、あかんで~~~w
判別ソフト使えば直ぐばれるから~やめとき~~~♡ということ。

よって、数冊読んでその全てがレポ作成に必要と感じたら
『参考文献:』
A○○
B○○
C△△
DXXXX でいいと思いますよ~^^

Qレポート課題

大学推薦入試でレポート課題があります。
提出する際に、作成上苦労した点や面白かったことなどを自由に書いてください、という内容を書いてレポートと一緒に出さなくてはなりません。
大学側にはどんな意図があるのでしょう?
そんなに量は多くありません。

Aベストアンサー

> 作成上苦労した点や面白かったことなどを自由に書いてください、

丸写しのレポートの場合はこの辺に矛盾が出ると思いますから、その辺を見たいとか?

Qレポート課題について

「今日の日本及び世界が抱える問題考慮しながら、
これからの学校教育は今の子供たちに何を指導すべきか」

という課題で、自分なりに考えた結果では、

学校の教育に視点あてるとしたら
どのような指導に問題あるのか。

っということで今の少年犯罪の経緯を羅列していけばいいのか。
わかりそうで、わからなくて。

今の社会に対する時代背景が関係してるというとこに視点を置きたいのです。

現在のの小学生くらいの子に指導すると考えてでもなくてでもいいので皆様の案を聞かせて下さい。

お願いします

Aベストアンサー

私見です。たぶん、レポートの趣旨には合っていないでしょう。(じゃあ、書くな!と突っ込ませそうですが(笑)

現在の社会の問題点の一つに、格差が挙げられるでしょう。経済、資源、教育など、これまでは単に地域間の文化文明の違いとされていたものが、情報のグローバル化によって、格差として人々に不平不満をもたらしています。

つまり、知らなければ何とも思わなかったのに、知ってしまったばかりに新たな紛争が至る所で起きています。(油田資源や原生林での医薬品の所有権など)

それに対し我が国は、世界中至る所に干渉材的な役割として資金提供をしていますが、一向に埒があきません。カプセルホテルのようなマンションに住み、一日の半日以上も労働して、僅かな娯楽を楽しみにして貯めたお金を海外に提供しているのに、何も変わりません。

日本人が本当に言いたいのは、平和の尊さです。つまらないプライドのために切った張ったはもうごめんだ!と言いたかった筈です。勤勉さも実直さも全ては家族の為にだった筈なんです。その為には多少人から馬鹿にされようと我慢してきたんです。

だけど、その声は世界に届いていません。全くと言って良いほどに。未だに世界は、自分達の信ずるものを守り抜く事こそが、一番大事。その為には多少の犠牲は厭わない。これがグローバルスタンダードです。

ですから、これからの学校教育では社交性に力を入れるべきです。特にこれまでの日本が培った柔軟な対応力や忍耐力が如何に幸せになる近道かを世界にアピールしなくてはいけないと考えます。

武器で世界のバランスを保とうとしたって無理が有ります。そんな事はこの50年だけでも十分に判ったことです。

日本人はバランス感覚に優れています。明確な四季の環境があるお陰で何事も振り子のように揺れ動いているのを実感するからです。また、とても好奇心が旺盛なので、他者の文化を理解する能力も世界でも有数です。ただ、感じ取る能力が高い人ばかり中で育つので、表現力が劣ります。(気持ちを表現しなくとも相手が感じ取ってもらえるからです。)

ですから、この表現力(言語も含めて)を徹底的に鍛えねばなりません。しかし、他国へこれまでに培った日本人の知恵を提供することが出来れば、今の10分の一の金額のODAでも十分に世界平和に貢献することは間違いなしです。全ての情報を知った上で、地域間の格差を特性として高め、それぞれの幸せを掴み取る術を我々日本人は世界に提供できる筈です。

と、思います。

私見です。たぶん、レポートの趣旨には合っていないでしょう。(じゃあ、書くな!と突っ込ませそうですが(笑)

現在の社会の問題点の一つに、格差が挙げられるでしょう。経済、資源、教育など、これまでは単に地域間の文化文明の違いとされていたものが、情報のグローバル化によって、格差として人々に不平不満をもたらしています。

つまり、知らなければ何とも思わなかったのに、知ってしまったばかりに新たな紛争が至る所で起きています。(油田資源や原生林での医薬品の所有権など)

それに対し我が...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報