今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

大腸(上行結腸)にガンがあると言われました。組織検査の結果はまだですが、まちがいないらしいです。よく早期ガンとか進行性ガンとか聞きますがどういうことでしょうか。貧血気味で便の潜血検査の結果の内視鏡でみつかりました。今年二月にクッシング症候群で左の副腎切除しました。確かその入院の時は便に異状はなかったはずです。早期ガンというのは、ガンが出来たてで見つかったと言うことでしょうか。私の場合は、二月以降に出来たガンということでしょうか?進行性ガンというのは、組織検査でのガンの種類というか…そういう事でしょうか。大腸ガンというのは比較的切除してしまえば問題無しで転移もあまりないとか聞きますが、やはりなんといっても“ガン”なのできにかかります。大病院なので手術待ちの状態です。一ヵ月後くらいの予定だそうですが、そんなにほっておいて大丈夫なのでしょうか。気になります。どなたか何かアドバイスをお願いします。五十歳女子です。最悪の場合を想定して遺言とか書いておいたほうがいいでしょうか。考えすぎでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

心中お察しします。


まず、主治医に疑問な点や不安な点については積極的に質問し、説明を求めて下さい。あなたの病状を最もよくご存知なのは、私やこのサイトを訪れる医師ではなく、あなたの主治医、そしてあなた自身です。治療の主役であるあなたが、こんなに不安なまま手術までの1ヶ月を待たなければならない現状では、主治医の説明は不足していると言われても仕方ありません。疑問な点不安な点を明確にし、質問すれば、主治医はきちんと説明してくれることでしょう。手術を1ヶ月後に予定したのには、病状と病院側の事情(他の患者さんの手術予定など)を十分に考慮した上での、きちんとした理由があるはずです。推測ですが、主治医は「1ヶ月で急激に進行して手遅れになるようなことはなく、待てる。急いて手術をするよりはきちんと準備して治療にあたるべき」と判断しているのだと思います。主治医の心の内をまずちゃんと聞いてみて下さい。
話がそれました。
今回の質問に対する、大腸癌の一般的事項について説明します。
大腸は筒状の臓器ですが、ただの土管ではなく、層構造で筒を形成しています。大まかに言うと3層構造になっていて、一番内側(便が通る側)が粘膜層、一番外側に筋肉層があり、その間(二番目の層)には粘膜下層と言って粘膜と筋肉を繋ぐ層があります。
早期癌、進行癌は、「大腸癌取り扱い規約」という本の中できちんと定義がされており、全国どこでもこの規約に基づいて診断、治療が行われます。
まず大腸癌は全て一番内側の粘膜層から発生し、進行するにつれて外の層へ外の層へと拡がっていきます。
それで早期か進行かについてですが、癌細胞の拡がりが粘膜下層までに留まっているものを「早期癌」、粘膜下層を越えて筋肉層まで到達しているものを「進行癌」と定義しています。勿論癌発生からの時間と進行具合とに相関はあると思いますが、時間は定義には含まれていません。(癌発生からの正確な時間を算出することは難しいですし、治療にはあまり関係ないことと思います)
次に気になる治療(と一部予後)についての事項です。
癌の治療は、兎にも角にも体の中から癌細胞を完全に取り去ってしまうことが目的です。
早期癌のうち、癌が粘膜層に留まっているものと、粘膜下層に入っていても粘膜層との境目から1mm程度までしか進んでいない場合には、転移している可能性が非常に少ないことが統計的に証明されています。即ち病巣さえ取り切れば癌細胞を体から全て取り去れたとして良く、命が脅かされる心配はかなり少ないと考えられているのです。この場合、多くは開腹手術ではなく内視鏡手術が選択され、良い治療結果が得られています。
粘膜下層に入って1mmを越えてくると、リンパ節に転移している可能性が出てきます。リンパ節は筋肉層の更に外にあって内視鏡では取りきれませんから、この場合は外科的手術が選択されます。内視鏡手術が選択されるか、外科的手術が選択されるかは、早期か進行かの定義とはまた別の規準で決まっているのです。これも長年の統計的な検討により編み出されたコンセンサスです。1mmを越えても粘膜下層内までの腫瘍の拡がりであれば、約10%程度のリンパ節転移率と言われています。ですから90%程度の人には手術をした結果リンパ節には飛んでいなかったということは当然あります。でもいくら少ない確率でも疑わしきは取っておくべきという考え方です。その人が10%に入っているのか、90%に入っているのかは今の医療技術では術前には誰にも分からないのですから。そして筋肉層に向かって癌が進めば進むほどその率は上昇していきます。手術前にCT等で全身検索を行うのは、リンパ節はどの範囲まで取れば体内から癌が駆逐できるだろうか?他の臓器(多くは肝臓)に転移がないだろうか?などを調べるためです。とにかく癌細胞を残してしまったのでは手術が無意味になってしまいますから、この点は慎重に検査します。
現在結果待ちの組織検査の結果、癌細胞の悪性度が高い場合には例え粘膜内に留まっていても、外科的手術が選択されます。癌細胞の悪性度もまた早期と進行の定義には入っていませんが、悪性度が高い場合には早い段階で転移している可能性が統計的に高いとされているからです。
yasuko-haさんが仰るように、大腸癌は各種の癌の中で、内視鏡手術でも外科的手術でも比較的治療成績の良い癌であると言われています。即ち治療後の生存率は高いと言われています。
治療は手術ということですが、外科での手術なのでしょうか?内視鏡で取れるか、外科手術で取った方が良いか、これは術前の内視鏡診断で判断が出来ます。内視鏡医は、上に述べたような規準に則り、yasuko-haさんの治療方針を決定したのでしょう。お腹を開けることには不安があるかも知れません。内視鏡で取れるものなら内視鏡でして欲しいと思われるかも知れません。しかし「yasuko-haさんの体の中から癌細胞を完全に取り去ってあげたい」これが主治医の一番の思いです。
私はyasuko-haさんの大腸の内視鏡写真を見たわけではありませんし、転移している可能性がどれくらいあるかも知りません。最悪の場合をどれくらい考えておかなければならないかは、こうした所見を把握している者にしか分からないことです(把握している者でも正確に分かるわけではありませんが)。この点についても主治医によく聞いておくべきだと思います。

一つだけ心に留めておいて欲しいことがあります。
今回の癌治療の主役は、yasuko-haさん、あなたです。主役のあなたが気弱になっていたのでは素敵なドラマは完成しません。主治医も看護師も、癌治療というドラマの中で主役のあなたが輝けるために、全力でバックアップしてくれる脇役です。だからyasuko-haさん、輝かなくちゃだめだよ!輝くためには、脇役の皆さんには自分の思いを伝え、主役のあなた自身が全てを納得しておかなければならない。遠慮も恐れもいりません。それが主役の務めでもあるのです。
    • good
    • 167
この回答へのお礼

ありがとうございます。元気が出ました。主治医になる方(大学病院なのでたくさんいるけど一番話す機会がある先生)に素直に話していろいろ聞いてみます。とかく先生たちはガンになれているので“わかった”事として話してくれるから、素人として納得の行くように説明してもらいます。嫌われない程度に立派に主役を努めたいと思います。
心のふんぎりができたせいか、何を食べてもおいしくなりました。デブに戻らない程度に術後食べられないもの今食べまくっています。病は気からです。がんばるべ!

お礼日時:2006/09/04 17:47

こんにちは。

結果待ちということで、お辛い気持ちお察しいたします。
「大腸癌とは」で検索してトップに出てきた「久留米大学医学部外科」のページです。よくまとまっていると思います。
http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/surg1/myhome/s …

「早期」というのはこのページで書かれている「ステージ0」と「ステージ1のなかのsm癌」で、それ以上に進行したものを「進行がん」といいます。
がんがいつ出来たのかについては言う事はできませんが、仮にあったとしても、その時はまだ、がんからの出血が無かった、ということではないかと思います。(2月の手術時に便潜血検査をしている、という仮定で書いています)

1ヶ月待ち、というのが手術予定日なのか入院日なのかは「?」ですが、検査結果についてはもうすぐ聞けるのですよね。でしたらその時に具体的な話が出ますので、ご自分の不安に思う気持ちを伝えて、よく相談されると良いと思いますよ。

#医療従事者ではありますが、医師ではありませんので「一般&自信なし」にします。

参考URL:http://www.med.kurume-u.ac.jp/med/surg1/myhome/s …
    • good
    • 23
この回答へのお礼

ありがとうございます。主治医とよく話してみます。大学病院なので若い先生が多いですから、いろいろ聞いてみます。今日病院から電話があり心臓のエコーの検査のためにまた来院するようにとのことでした。一応私の手術忘れないでいてくれたんだと…。自分の存在が認めてもらっている(?)変な話。まっ、心を決めて手術に臨みます。心臓の検査がひっかかったりして…。皆さんどうもありがとうございます。

お礼日時:2006/09/04 18:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸がんからリンパへ転移した場合について

今日、父が病院の外来へ行って
大腸がんからリンパへ転移していたという話を聞きました。

色々考えてしまって、寝られそうにないので質問させていただきます。
話にまとまりがないかもしれませんが、宜しくお願いします。

まずは父の病気の経緯からお話します。

3月の半ばに、お腹がパンパンにはれて
病院へ行くと、今日中に手術しないと危険という状態で
緊急手術をしました。

大腸がんの腸閉塞で、腸が破裂寸前だったそうです。

手術は無事成功し、その時にお医者さんに
「転移もなく、全部取れました」
と言われ安心していました。

10日間ほど入院し、3月末に退院しました。

そして、今日の外来でリンパに転移していた…と。

これって、手術の時には
リンパに転移していることがわからなかったということですよね?

リンパというのがいまいちわからず、色々調べても私には理解できません。
どうして手術の時にはわからなかったのでしょうか?

ゼローダという抗がん剤を処方されたようなのですが
やはり抗がん剤というのは副作用がきついものですか?

リンパへの転移というのは手術できないものなのでしょうか?
抗がん剤で「完治」というのはありえますか?

質問が多くて申し訳ありませんが、何か一つでもわかることがあれば教えて下さい。
お医者さんにもっと詳しく聞けばいい話なのでしょうが
父から聞いた話だけだと不安で、眠れなくて困っています。
私は来月に出産予定があり、ここのところ色々あって不安でたまらないのです。

お勧めの本などあれば、それも教えて下さい。
知識に乏しい人にもわかりやすく書いてあるものをお願いします。

あと、次の外来の時に、お医者さんに聞いておいた方がよいことなどあれば
それもアドバイスいただけると助かります。

今日、父が病院の外来へ行って
大腸がんからリンパへ転移していたという話を聞きました。

色々考えてしまって、寝られそうにないので質問させていただきます。
話にまとまりがないかもしれませんが、宜しくお願いします。

まずは父の病気の経緯からお話します。

3月の半ばに、お腹がパンパンにはれて
病院へ行くと、今日中に手術しないと危険という状態で
緊急手術をしました。

大腸がんの腸閉塞で、腸が破裂寸前だったそうです。

手術は無事成功し、その時にお医者さんに
「転移もなく、全部取れました」
...続きを読む

Aベストアンサー

私もリンパ節に転移があった大腸癌患者です。

他の回答者の方もおっしゃっていますが、リンパ節は手術時に多めに切り取り、それを検査に出し2週間くらいして転移しているかどうかが初めて分かります。

そしてリンパ節転移があった場合は補助的に抗がん剤治療をします。

肝臓や肺などの遠い臓器に5年間転移しなければ、ほぼ完治したと言えます。リンパ節までなら大丈夫です。

オススメの本とかはありませんが、私はネットで大腸癌のサイトをよく読むようにしています。

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q大腸がんは4年でどれくらい成長しますか?

長くなりますがよろしくお願いいたします。

4年前に膨満感が半年以上続いたので大腸内視鏡を受けましたが異常なしでした。
今年2月半ば頃からほぼ毎晩寝ているとへその当りが気持ち悪く、つかえたような感じで目が覚める
ようになりその症状は起きると治まるのですが、今度はお腹が張ってきます。食べていなくても
張っているときもあります。かなりガスがたまっている感じでたまにすごいおならが出ます。
便秘もしていて下剤を飲んでもすっきりせず今度は下痢してしまったりします。
色々ネットで見ていると腫瘍があって便が通る時につかえたり気持ち悪いのではないか、
と思ってしまいます。
一応今月末にまた大腸内視鏡を受ける予定ですが4年で便が通れないくらい腫瘍が大きくなっているということはあるのでしょうか?大腸がんは成長が遅いがんだということなので4年前の検査の後がんが
出来たとしても1cmくらい?だと思うのですがそんなに成長が早い場合もあるのでしょうか。
ちなみに見た目での血便はなく黄色目の便で、便やガスも特に異臭などはしません。
体重は去年の秋以降からしか測っていませんが変わっていません。
ビオフェルミンやガスピタンは前はよく服用していたのですが最近は服用するとお腹が
気持ち悪くなる(腸が動くと気持ちが悪い?)ので飲んでいません。
熱、体のだるさも特にはありません。
後去年5月に逆流性食道炎でずっとタケキャブを服用したり休薬したりしていました。
今は飲んでいません。
内視鏡検査が混んでいてすぐ受けられず、腸閉塞にでもならないかと不安です。

長くなりましたが4年で大腸がんが腸をふさぐくらい大きく急成長することがあるのか、という質問です。
よろしくお願いいたします。

長くなりますがよろしくお願いいたします。

4年前に膨満感が半年以上続いたので大腸内視鏡を受けましたが異常なしでした。
今年2月半ば頃からほぼ毎晩寝ているとへその当りが気持ち悪く、つかえたような感じで目が覚める
ようになりその症状は起きると治まるのですが、今度はお腹が張ってきます。食べていなくても
張っているときもあります。かなりガスがたまっている感じでたまにすごいおならが出ます。
便秘もしていて下剤を飲んでもすっきりせず今度は下痢してしまったりします。
色々ネットで見て...続きを読む

Aベストアンサー

癌は症状が少ないのが普通ですが、敢えて言えば、血便、下血、下痢と便秘の繰り返し、便が細い、排便時にすっきりしない、おなかが張る、腹痛、貧血、体重減少などのことが言われています。便に関する症状が多く、毎日排便があり排便の状態が良いことが大切です。毎日、排便の状況を把握しましょう。血便、下血があれば別ですが、健康な人でもお腹の具合の悪いことは多いですから、あまり心配せず検査を待つのが良いでしょう。

全壊の検査から4年ではやっとガンになった程度で大きさとしては小さいでしょう。(プロではありません)

Q後期高齢者(83歳)で末期癌なのに、症状が無い!!

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父はまだ頭もはっきりしているので、長生きしてほしいと思っていました。

 最近、「足の付け根が痛い!」と言い出しているそうです。
 父は癌からきているんじゃないか、骨にまで転移してるのではないかと思うそうです。
 これは初期症状のはずですか?
 
 紹介状を書いてもらって、9月6日に市民病院へ持って行くそうです。そして、検査をするか決めるそうです。
 検査も相当苦しいそうで、父はどうせ長く生きられないのなら、残りの時間を自宅で、今まで通りの普通の生活をさせてやりたいと思っているそうです。

 余命を告げられ、とてもショックでした(涙)今も頭がボーっとしています。毎日でも会いに行きたい気分です。

 末期癌で全身に転移しているのに、『症状が無い』ことってあるのでしょうか?20年以上前に胃癌の手術で、胃を半分取ったので、38キロ前後と細いですが、食欲も変わりないようです(主に栄養ドリンク)。足の痛みが出たのは最近ですが、外出もしたいようで元気です。

 これから苦しむことになるのでしょうか?

 祖父母は今、2人暮らしなので、心配です。祖母には、まだ癌のことは伝えていません。

 末期癌で余命4ヶ月でも、祖父のように、たまたまレントゲンを撮ったら”末期”そして”無症状”という方はおられるのでしょうか?
 あり得ないと思いますが、私は誤診であって欲しいです。

 長文ですみませんが・・・宜しくお願いします。

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父は...続きを読む

Aベストアンサー

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが確実に痛みは来ますし食事も食べれなくなります。体力が落ちれば体の機能も低下します。きつい言葉で書き記しましたが私も医師から告知を受けちょうど3カ月で他界しました。奇跡を信じてあれもこれもと手を尽くし高額の健康食品も健康飲料も結局は効きませんでした。飲みにくいのと飲むことのストレスで今想えば反省だらけです。癌に効く薬は抗がん剤だけのようです。母は持病のリウマチですでに強い薬を服用していることも有り免疫を上げる治療も難しく抗がん剤治療は出来ませんでした。御祖父様が自宅で闘病生活をされたいとのお考えなら要介護認定を受けているのでしたら早速、ケアーマネージャーを通して往診の医師と看護ケアの手続きをして下さい。少しでも普通の生活に近い生活をさせてあげる場合は家族の協力が無いと無理です。最終的に点滴の交換やら排泄など家族が手を掛けます。緩和ケア病棟をエントリーするのも大切だと思います。私の場合は緩和病棟(ホスピス)は県内14棟の内、受付不能病棟多数。1~2ヵ月先の外来予約待ち、その後空きがあれば入院可能と言われたのが13棟です。残り1棟は数日中には入所可能だがとても古く、病院まで距離も遠く、私の場合は母の最期は県立病院の個室で最後の一月を過ごしました。告知を受けて一月後に家族で1週間の沖縄旅行に行きました。この時まで体力もあり痛みもなく本当に奇跡を信じていました。帰宅後数日で体力は落ちて行きました。
今後の御家族の方向性に少しでも役立てて頂けると幸いです。

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが...続きを読む

Q診断書は「がん」なのにがん保険がおりません

質問です。
宜しくお願いします。

先月直腸癌になり手術をして現在退院しています。
診断書の病名は「直腸癌」、病理組織診断名は「高分化腺癌」。
手術内容は内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上)
と記載があります。

契約している生命保険(アフラック)の保障対象疾病は上皮内新生物、悪性新生物とありました。
上皮内新生物・・第5桁性状コード番号2のもの
悪性新生物・・第5桁性状コード番号3、6、9のもの

昨日自分が不在の時にガン保険は適応されないと保険会社から電話があったようです。
診断書の病名が直腸癌なのに保険が出ないのはどうしてでしょぅか??
第5桁性状コード番号は診断書に記載はありません。
保険会社は診断書のどこを見て判断しているのでしょうか・・・

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

「内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上)」
という手術ならば、腫瘍は粘膜内に留まっているということで、
悪性新生物ではなく、上皮内新生物です。
(悪性新生物ならば、粘膜切除術では治らないため)

直腸癌に限らず、大腸癌の粘膜内癌は、分類上は、
ステージ0(0期)であり、上皮内新生物となります。
上皮内新生物とは、癌細胞はあるけれど、
それは粘膜内に留まっており、
浸潤・転移はないということです。

大腸の構造は、内側から、粘膜、粘膜筋板、粘膜下層、
固有筋層、しょう膜という構造になっています。
がんは、最初に、粘膜にできて、大きくなっていくのですが、
粘膜内にある場合には、浸潤・転移をしないので、
「癌細胞があるだけ」という状態なので、
上皮内新生物として、浸潤・転移のある悪性新生物とは
区別されています。

粘膜内癌を「0期(ゼロ期)」として、別扱いにしているのは、
大腸癌(直腸癌を含む)の特徴です。
胃癌、食道癌などには、0期はありません。

「高分化腺癌」というのは、細胞の形で、
低分化~高分化まであり、
大腸癌の場合、多くは高分化型です。

アフラックのがん保険には、いくつも種類があります。
古い物から言えば……
がん保険、新がん保険、スーパーがん保険、
21世紀がん保険、フォルテ、DAYS
となります。
このうち、上皮内新生物を保障するのは、
21世紀がん保険以降か、
または、スーパーがん保険以前のがん保険に、
上皮内新生物も保障の対象とする特約を中途付加している
場合だけです。

従って、今回の場合……
ご病気は、大腸の粘膜内癌=上皮内新生物です。
質問者様の契約しているがん保険が、
スーパーがん保険以前のがん保険で、
上皮内新生物を保障する特約を中途付加していない、
または、契約してから90日以内ならば、
保険会社の言う通り、保障の対象外となります。

21世紀がん保険以降のがん保険、または、
スーパーがん保険以前のがん保険に上皮内新生物を保障する
特約を中途付加している場合には、
保険会社の言っている事は、間違いです。

なので、ご質問の内容からだけでは、
判断できません。

ついでに……
「昨日自分が不在の時にガン保険は適応されないと保険会社
から電話があった」
とのことですが、これがわかりません。
まず、結果を電話で連絡するということは、普通はありません。
(代理店ならば、サービスとして、している場合がある)
さらには、支払いの結果を請求者以外の方に伝えるというのは、
あってはならないことです。

こういうことは、とても微妙な問題なので、
必ず請求者に伝える
(請求者が本人ならば本人、家族ならば家族)
問題が微妙であればあるほど、文書で伝える
というのが原則です。

この件については、クレームを申し立てることができます。

生命保険専門のFPです。

「内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm以上)」
という手術ならば、腫瘍は粘膜内に留まっているということで、
悪性新生物ではなく、上皮内新生物です。
(悪性新生物ならば、粘膜切除術では治らないため)

直腸癌に限らず、大腸癌の粘膜内癌は、分類上は、
ステージ0(0期)であり、上皮内新生物となります。
上皮内新生物とは、癌細胞はあるけれど、
それは粘膜内に留まっており、
浸潤・転移はないということです。

大腸の構造は、内側から、粘膜、粘膜筋板、粘膜下層、
...続きを読む

Q母が大腸の内視鏡検査で・・・(何でもいいので回答ください!!)

母が大腸の内視鏡検査検査を受けました。
すると、3センチくらいの腫瘍のものが映っていたそうです。
大きいので、内視鏡では取れなくって
その腫瘍の一部を取り出して、検査するとのことです。
病院の先生は、母には詳しくは教えてくれなかったのですが、来週家族の人に来てもらいたいと言っていたそうです。
母は助からない病気なんでしょうか(>_<)
ショックです。

Aベストアンサー

私の父は大腸癌で腸閉塞になり開腹手術を行い、転移があった為に残念ながら他界したのですが、お母様は細胞検査をされてますが腫瘍…まだ癌とも解らないですよね。ショックですが結果を待ち考えましょう。
説明には大事な話や高齢者や患者だけでは説明が十分聞き取れないと判断すれば家族を呼ぶ事はあります。最悪の心配もありますが今は落ち着いて考えすぎないようにしましょう。
昨日のニュースコラムで転移がない場合の大腸癌での内視鏡手術が3年で200症例成功した例があります。もしもの時は相談されるのもいいかもしれません。難しい術式ですし実施病院が少ないですが患者の負担が開腹や腹腔鏡より負担が少なく体を切らない点がいいです。
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20060922dde001100009000c.html
http://www.mainichi-msn.co.jp/science/medical/news/20060922k0000e040079000c.html

Q大腸ガンになって、回復して元気にしている有名人を教えてください

知人が大腸ガンになりました。
「ガン=死」と思い込んでとても落ちこんでいます。
どうせ短い命なら手術もしたくない、と言い出すほどです。
(今なら手術が有効だと医者には言われてます)

たしか渡哲也さんや鳥越俊太郎さんは
大腸がん(直腸がん?)をわずらったのに
手術をうけて回復されましたよね?

知人に、そのような例を伝えて
大腸がんを乗り越えて元気にがんばっている人がいるということを知ってもらいたいと思います。

そこで、どなたか、一般的に知られているような方で
大腸がんや直腸がんを乗り越えて活躍されている方をご存知の方、
教えていただけませんか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

追加です
-----------------------
巨人の監督だった 堀内さんも
監督時代の8月に大腸ポリープの手術をしています
シーズンオフでも充分に間にあっていたはずなのに
シーズンどまんなかの8月終わりに手術していますから
たぶん 大腸ガン だっただろうという
推測がなされています

Q腹腔鏡手術のあと、胃とか、背中が痛い

1か月ほど前に、腹腔鏡手術で大腸のS時結腸部分を切除しました。
傷は全部で5箇所で、中でもおへその傷口が3センチほどありますが、そこが一番痛みます。
それも次第に薄らいできているのですが、それよりも、最近は、その周りの筋肉や、胃の下部あたりが痛かったり、胃のむかむかや、つっかえ感もあります。腰や背中も痛かったりします。

知りたいのは、このような症状はこの手術後によくあることなのか、です。
私のように大腸切除に腹腔鏡手術をされた事例のある方、またはご存じの方など
ご意見をお聞かせ願えませんでしょうか。
いつまでこの痛みが続くのかも聞きたいです。

Aベストアンサー

医師で、腹腔鏡下補助大腸切除術を実際に助手として経験しています。まだ執刀はしていませんが。

この手術では、おへその部分に最初に穴をあけてそこからカメラの棒を入れます。
で、お腹の中を見ながら3~4つ程度の穴をメスで開けて、そこから鉗子(棒の先にピンセットがついたみたいな器具)を入れたり、腹腔鏡用の電気メスなどを入れて手術を行います。
お腹の中で血管を切ったり、腸を切ったりしてS状結腸を切り出し、その切り出したものはおへその部分の穴をもうちょっと大きく切ってから体の外に出します。

なので、おへその部分の傷が一番大きくなりますので、手術後はどうしてもおへその部分が一番痛む様ですね。

患者さんの状態にも拠りますが、執刀時間が4時間程度、麻酔を含めると6時間程度かかったのではないでしょうか。
その間ずーと寝返りもうたずに寝ているので、たいていの人は程度の差はあれ腰や背中に痛みを訴えます。
傷周囲の痛みも術後あるとは思います。

ただ、一ヶ月前に行った手術という事ですから、ずいぶん痛みが長引いているなという印象はありますね。
良くなってきているのであれば問題は無いでしょうけれど、もしその痛みが悪くなっているのであればおそらく外来通院されていると思いますのでその時に主治医に相談してみてください。
それと、もしお腹が張ってきて、便がでなくて吐き気があるようでしたら、イレウスの可能性がありますので救急受診をする必要があります。

医師で、腹腔鏡下補助大腸切除術を実際に助手として経験しています。まだ執刀はしていませんが。

この手術では、おへその部分に最初に穴をあけてそこからカメラの棒を入れます。
で、お腹の中を見ながら3~4つ程度の穴をメスで開けて、そこから鉗子(棒の先にピンセットがついたみたいな器具)を入れたり、腹腔鏡用の電気メスなどを入れて手術を行います。
お腹の中で血管を切ったり、腸を切ったりしてS状結腸を切り出し、その切り出したものはおへその部分の穴をもうちょっと大きく切ってから体の外に出します...続きを読む

Qガンのリンパへの転移とは

身内で胃がんが見つかり、胃を全部摘出した後、リンパへの転移が見られると言われました。詳しい話は来週あるのですが、どうしても心配でなりません。
リンパへの転移とは一体どういった状態でしょう。
リンパは全身にめぐっているもの。
全身に転移している訳ではないですよね?心配でなりません。
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

身内が癌に罹られているとのこと,私の母親も胃癌ではありませんが過去に癌に罹って手術していますので,心情お察しします.
さて,リンパ節転移についてですが,癌細胞がリンパ節に転移した状態であることはご存知のとおりです.リンパ節は全身にあるものですから,放っておけばこれを伝っていろいろなところに癌細胞が広がります.
リンパ節にどの程度転移しているのかというのは主治医から聞かなければ判らないことですが,大抵は「リンパ節廓清」といって癌細胞が転移したリンパ節を取り除く手術を行います.
リンパ節への転移は楽観視できるものではありませんが,血行性転移などよりは危険は少ないと聞きます.
私の母親はステージIVの子宮癌でしたが,全摘手術とリンパ節廓清を受けてもうすぐ6年が経ちます.癌ではよく5年生存率というのを聞かれると思いますが,5年再発が無ければほぼ完治したと言える状態だそうです.
癌の種類は違いますが,ステージIVでリンパ節廓清を行って完治している人も居るというのは事実ですから,今は治ることを信じてくださいね.
ご本人も心細い思いをしていることと思いますので,どうか励ましてあげてください.

身内が癌に罹られているとのこと,私の母親も胃癌ではありませんが過去に癌に罹って手術していますので,心情お察しします.
さて,リンパ節転移についてですが,癌細胞がリンパ節に転移した状態であることはご存知のとおりです.リンパ節は全身にあるものですから,放っておけばこれを伝っていろいろなところに癌細胞が広がります.
リンパ節にどの程度転移しているのかというのは主治医から聞かなければ判らないことですが,大抵は「リンパ節廓清」といって癌細胞が転移したリンパ節を取り除く手術を行います...続きを読む

Q大腸がん手術で悪いところが飛び散る!?

義兄(49歳)が先日大腸がん手術をしたのですが、話を聞いていると医師の発言に不審に思う点がいくつかあったので分かる方教えてください。

まず術前の段階では、医師から具体的な細かい説明はなかったが、かなり大きい腫瘍があり、術後はすぐに抗がん剤治療を始めるということで説明を受けた感想としては、かなり進行しているものと感じた。

疑問に感じたのは、ステージいくつなのかも言われていなかった。
(患者が聞かなければ教えてくれないのでしょうか?)

手術では、大腸を半分切除したとの事で、取り出した腫瘍はかなり大きく、1.5kg位あったそうですが、ガンに侵されてる部分?の黒くなっているところは極わずかだったそうです。
その際、リンパ節?を検査に依頼し、術後の回診のときに
「よかったですね~!」の一言で終わったとの事。
転移していなかったのか、退院後抗がん剤治療を受けなくて良いのか、何の説明も無く、「家族の方と退院日を決めてください。」これしか
言われなかったそうです。
義兄も、説明の無いことに不思議に思ったそうですが、良かったですねというのだから、転移も無く抗がん剤治療もしなくていいのだろうと解釈して、質問しなかったそうです。
(医師の説明とは普通、こんなもんなんでしょうか?)

そして、今日退院後初めて診察を受けに行き、ステージいくつか確認したところ、ステージ2といわれたそうです。
転移はしていないとの事ですが、医師が言うには手術の際
「転移していないといっても、手術の際お腹の中を掻き回しているので、ガンの部分が飛び散っているかもしれないので、錠剤の抗がん剤
を飲みますか?飲んでも飲まなくて好きにしていいです。本人で決めてください。1回飲んで副作用が辛かったら止めてもいいです。」と・・

その話を聞いたとき、「えーーーーっ!!」って思いました。
そんな適当なものなんでしょうか?

手術の際お腹の中を掻き回しているので、ガンの部分が飛び散っているかもしれない・・・これって本当ですか?そんな話聞いたこと無いので驚きました・・・

ステージ2の場合、通常錠剤の抗がん剤は服用するものなんでしょうか?
もし、服用する場合に期間はどれくらい服用しないといけないんでしょうか?

ステージ2でも大腸半分切除するというのは、普通のことなんでしょうか?
今、通院している病院を信頼してもいいのでしょうか?

長文で、質問が多く申し訳ありません。
心配なのでご存知の方いらっしゃいましたら、宜しくお願いします。
最後までお読みくださった方ありがとうございました。

義兄(49歳)が先日大腸がん手術をしたのですが、話を聞いていると医師の発言に不審に思う点がいくつかあったので分かる方教えてください。

まず術前の段階では、医師から具体的な細かい説明はなかったが、かなり大きい腫瘍があり、術後はすぐに抗がん剤治療を始めるということで説明を受けた感想としては、かなり進行しているものと感じた。

疑問に感じたのは、ステージいくつなのかも言われていなかった。
(患者が聞かなければ教えてくれないのでしょうか?)

手術では、大腸を半分切除したとの事...続きを読む

Aベストアンサー

現在もこのガイドラインが最新のものかどうか不明ですし、
ガイドライン作成時以降に新しい知見が得られ、方針が変更されているかもしれませんが、
http://www.jsccr.jp/guideline01.html
「治癒切除が行われても,癌細胞がリンパ管網内,流血中,腹腔内,局所などに遺残している可能性がある。再発の可能性の高い場合,化学療法または放射線照射による補助療法が行われる。
1) 補助化学療法
目的:術後再発抑制,生存率の向上
対象:Stage III結腸癌および Stage IIの再発高リスク結腸癌」
のようですね。
癌は、血液やリンパの流れで、または直接周囲の臓器に浸潤、転移するもののようです。
手術的に摘出していない部分については、病理組織学的には評価不能です。
数ミリの大きさにならなければ、画像診断には困難を伴うと推測されます。
細胞レベルで転移していても、摘出されていない部分に対しては現在の科学技術ではわかりません。
結局、微小な転移があるかないかの正確なところはだれにもわからないと思います。
確率は算出することはできるでしょうけどね。
それは、ただの確率です。
限局して癌は、取りきれていると思うけど、微小転移はわかんないってことじゃないかと、推測します。
一方、化学療法に副作用があるのも事実ですし、そのなかには、重大な後遺症を引き起こしたり生命に危険があるものもあるかもしれません。

ですから、どっちがいいとはいえないので、どっちでもいいから、自分で決めてねってことじゃないかと思います。

>ステージ2でも大腸半分切除するというのは、普通のことなんでしょうか?
失礼ですが、こんな質問が手術をした後に出てくることが驚きです。
なぜ、もし、疑問を感じたのであれば手術の前に質問しないのですか?
担当医が説明し、説明内容を納得の上同意して、手術を受けたのではないですか?
同意して手術を受けた後で、これでよかったかなと悩むのは自由ですが。
普通かどうか手術方法がこれでよいかなんて、事前に調べ、納得がいかなければ、自分が信頼できる人に調査を頼むものでは、と感じてしまいます。
説明は受けてるはずですから、その内容に同意して受けた処置に後から文句を言うのはすこし違和感を感じます。

現在もこのガイドラインが最新のものかどうか不明ですし、
ガイドライン作成時以降に新しい知見が得られ、方針が変更されているかもしれませんが、
http://www.jsccr.jp/guideline01.html
「治癒切除が行われても,癌細胞がリンパ管網内,流血中,腹腔内,局所などに遺残している可能性がある。再発の可能性の高い場合,化学療法または放射線照射による補助療法が行われる。
1) 補助化学療法
目的:術後再発抑制,生存率の向上
対象:Stage III結腸癌および Stage IIの再発高リスク結腸癌」
のようですね...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング