たしか水は凍らすと体積が増えたと思うんですが、氷河期に海水面が下がったのはどういうわけなんですか?

A 回答 (3件)

いつもなら、海に注ぎ込んで海水面を維持させている水が、余りにも寒くて陸上で凍ったため、海に到達する水がへってしまったからです。



海って、いつでも蒸発しているため、十分な水が川や雨から供給されないと海水面が下がってしまうんですね。
    • good
    • 0

氷河期の氷が全て海中に沈んでいれば海水面があがります。



しかし氷河期は陸に相当量の氷があり、本来海水になる分が陸にあるわけですから、その分の海水が減ります。

また海に浮かぶ氷にしても、理科の授業で浮力を習ったように、増えた体積分は海面上に頭を出すわけで、海水面の上昇に繋がりません。
    • good
    • 0

南極や高緯度地帯をはじめとして、陸地に氷河や万年雪の形で陸氷が増えるからです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテムズ川周辺の眺めのいい宿

イギリスのヒースロー空港からレンタカーを借り、コッツウォルズに行く予定ですが、途中、そのルートでテムズ川の眺めのいい宿を探しています。
マーロウ、ヘンリー・オン・テームズ、ハーリーなどの町の、宿からテムズ川の景色が見えるようなところです。
マーロウのコンプリート・アングラーホテルは有名ですが、できたら、一人1
万円くらいの宿で探しています(^^ゞ
ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「B&B UK:Southern」
ここに「HENLEY-ON-THAMES」「MARLOW」はあります。

「ハーリー」はどこにあるのでしょうか・・・?
「Harley」でしょうか・・・?

補足お願いします。

参考URL:http://www.visitus.co.uk/default.asp?regionid=9&regionname=Southern

Q氷河期の長江(揚子江)の経路

20~30年ほど前、テレビで氷河期の長江(揚子江)は沖永良部島付近を流れていたというのを見た記憶があります。その図を見たいのですがどこかのサイトの図はありませんか。

Aベストアンサー

沖永良部までは達していないのですが、長江河口が沖永良部沖合にある時代の地図を発見しましたので、ご参考になれば。

質問者様の意図とは違うかもしれませんが…。

参考URL:http://julian.way-nifty.com/woshite/2009/08/post-791e.html

Q氷河期の原因は何だったのでしょうか

過去に氷河期が何度かありました。
あれの原因は何だったのでしょうか?
またなぜ氷河期が終わったのですか。
今後も氷河期が来る可能性はありますか?

話は変わりますが、NHKテレビでかつて数億年前の地球はアイスボール状態だったという説を紹介していました。
これと氷河期とは関係がありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

>過去に氷河期が何度かありました。
>あれの原因は何だったのでしょうか?

一般に氷河期と呼ばれているのは、人類誕生というイベントを持つ「新生代四期」、200万年前から1万年前までの間で、「氷期・間氷期サイクル」と言い、約10万年程度の氷期と1万年の間氷期が繰り返された時期を指します。
地球の寒冷化に伴う同じような氷河期は過去に何度もあり、その中でも氷期と間氷期は刳り返されています。そして、それには様々な原因があり、判明しているものといないものがあります。主な原因に就いては、#2さんの紹介して下さったサイトが大変詳しく、私も勉強になりました。

地球の平均気温は、主に太陽から受け取る日射量と、地球から放出される赤外線の量で定まり、これを記述するモデルを「エネルギー・バランス・モデル」と言います。これを直接コントロールするのが温室効果ガスで、そこに大気循環や海流、大陸移動を伴う陸地・海洋の分布、生物圏からの影響が伴って「季候」となります。
また、氷期が訪れ、太陽光反射率の高い氷河の面積が大きくなって寒冷化が加速することを「正のフィードバック」、温暖化によって大気中の水蒸気が増え、雲によって寒冷化に転ずることを「負のフィードバック」と言います。
温室効果の要因としては、二酸化炭素、メタン、エアロゾルがあり、二酸化炭素は植物などによる生命現象、メタンはメタンハイドレードの流出、エアロゾルには火山活動や惑星衝突などが原因として上げられます。

このように、地球の季候変動には様々な要因があり、氷河期の原因もそれぞれに異なりますが、人類が経験した第四期の氷河期は、赤道付近のあったパンゲア大陸が分裂し、大陸移動によって陸地が極地方(高緯度地方)に集中したことが主な要因だと言われています。古生代オルドビス紀末期(4億5千万年前)の氷河期はこれと良く似ており、やはりゴンドワナ大陸の南下が原因だそうです。このときは生物の大量絶滅が起きており、生物年代はシシル紀に移行しています。
古生代石炭紀(3億5千万年前)の寒冷化は、ご存知の通り大森林による大気中の二酸化炭素の減少で、こちらは生物活動が主原因です。太陽活動の例では、17世紀頃の「小氷期」などが幾つかあり、凶作とペストの流行が重なって大被害が出たという記録がありますが、間違いなく太陽が原因だったかは、まだはっきりとは分かっていないそうです。

>またなぜ氷河期が終わったのですか。
>今後も氷河期が来る可能性はありますか?

氷河期の原因に就いては先にも挙げた通りですが、氷河期が終わる原因に就いては、私は余り詳しいものを読んだことがありません、ゴメンナサイ、分からないです。
現代は氷河期が終了した、「後氷期」「完新生」など呼ばれてていますが、先に申し上げた通り、間氷期のサイクルは約1万年です。既に1万年過ぎてしまいましたから、これからは再び氷期が訪れるのではないかと言う学者さんもいるそうです。

>スノーボール・アースになれば地上の生き物は生きてはいけないと思いました。
>これと氷河期とは関係がありますか?

スノー・ボールは、7~5億8千万年前、数回に渡り起きた地球の全面結氷ですが、当時ロデニア大陸が北に集中していたという点では、第四期の氷河期と原因は同じだと思います。でも、規模がぜんぜん違いますよね。
スノー・ボール期には、氷河の成長によって強烈な「正のフィードバック」が起きました。現在のアフリカ・コンゴ辺りにはまだ辛うじて土というものがあったそうですが、氷河はその内陸まで迫ったそうです。気温は―40℃、海洋の氷の厚さは平均で1.4kmに及びました。
これが何故終了したに就いては、やはり同時に始まったロデニア大陸の分裂が関係するのではないかと思います。ですから、この頃は、比較的活発な火山活動もあったはずです。数回に渡って繰り広げられた全面結氷は、火山活動、地熱、二酸化炭素の蓄積(光合成生物の衰退)などにより、僅か100年余りで気温が-40℃から+50℃に跳ね上がるというダイナミックな融け方だったそうです。それから、またコチコチに凍るんですね(ウ~、寒)。
そのころ、陸上にはバクテリアくらいしか進出していませんでしたから、ほとんどの生物は海の薄氷や割れ目の下に寄り集まって、僅かな太陽光を頼りに必死に生命を繋いだと聞いています。中々逞しいものですが、それだけではありません。
先カンブリア代ベンド紀、6億年前と言いますからその最中です。世界中の海でエディアカラ動物群という、地球最初の大型多細胞生物が大発生しています。彼らはスノー・ボール期の後半を堂々と乗り切り、生物層が次ぎの古生代カンブリア紀を迎えたのは5億4千万年前ですから、「V/C境界絶滅」と呼ばれるエデャカラ動物群の絶滅は、寒冷化とは無関係だったと言われています。そして、その大量絶滅の原因は、まだはっきりと分かっていません。
全面結氷でも絶滅しなかった強かな連中が、いったい何処へ行ってしまったんでしょうかねえ?

以上、知っていることだけ書きましたが、何か参考にして頂ければあり難いです。

こんにちは。

>過去に氷河期が何度かありました。
>あれの原因は何だったのでしょうか?

一般に氷河期と呼ばれているのは、人類誕生というイベントを持つ「新生代四期」、200万年前から1万年前までの間で、「氷期・間氷期サイクル」と言い、約10万年程度の氷期と1万年の間氷期が繰り返された時期を指します。
地球の寒冷化に伴う同じような氷河期は過去に何度もあり、その中でも氷期と間氷期は刳り返されています。そして、それには様々な原因があり、判明しているものといないものがあります...続きを読む

Q地球温暖化、温室効果ガス、海水面の上昇

宿題で地球温暖化、温室効果ガス、海水面の上昇についてのが出ました。
現状や原因、背景、対策についてが知りたいです。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

次のURLをクリックし、パンフレットをダウンロードにして参考にしください。

環境省/パンフレット「STOPTHE 温暖化2008」
http://www.env.go.jp/earth/ondanka/stop2008/index.html

Q就職氷河期を生み出したのは誰?

採用氷河期が生まれる一方、就職氷河期でいわゆる「負け組」とされる人達はいまだ苦しんでいる。おそらく一生苦しむのではないでしょうか?
そんな就職氷河期を生み出したのは誰でしょうか?

Aベストアンサー

いろいろ言い訳はねつ造できますが、要するにその就職氷河期が起る直前の時期のオトナ、とくに社会の主たる担い手になってた連中ですね。

バブル崩壊後の急激な就職氷河期なんて典型でしょう。極めて愚かな時代で浮かれてただけですからねぇ。「おっかしいんじゃないの」と思ってみてたら、案の定ああなった…ってのはいいけど、損したのは我々ですから、バカみたい。

少しは反省して学習してもらいたいもんですが、言い訳する能力だけしか学習しないらしい…。

Q氷河時代の気温

地球の歴史のなかで、氷河時代から現在までの気温の変化が分かるような文献やサイトはありませんか?

Aベストアンサー

参考URLに、南極氷床中の気体分析から推算した過去16万年間の気候変動のグラフがあります。
同図版は末尾に記載されている参考図書
「気候変動」日経サイエンス社
「気候変動」東京堂出版
「一般気象学」東京大学出版会
からの転載だそうなので、同書に当たってみてはいかがでしょうか。

参考URL:http://ww3.aba.ne.jp/~rksha/sinseidai.html

Q【地球の最後】地球の最後は燃え尽きてもう一度極寒の氷河期迎えて終わるんですよね? 地球はチリが燃えて

【地球の最後】地球の最後は燃え尽きてもう一度極寒の氷河期迎えて終わるんですよね?

地球はチリが燃えて地球が出来て、燃え尽きて氷河期を迎えて終わり。

そして地球は一回氷河期を迎えてるから、これからもう一度氷河期を迎えることはあっても地球温暖化で地球が燃えて燃え死ぬってことはあり得ないのでアメリカの説の方が正しいのでは?

地球はこれから温暖化にならずに寒冷化が進む。

Aベストアンサー

「燃え尽きる」の意味が分かっていますか?
燃え尽きてしまえば何も残らない。
その何もない空間に氷河期なんかあるはずがありませんよ。

Q氷河地形

氷河地形についてです。
圏谷と懸谷という地形がでてきたのですが、2つの地形がどのような地形なのか教えて下さい。

Aベストアンサー

No1さんの答えは、ちょっとまずいんじゃないかな。
圏谷は氷河地形、懸谷は河川地形で、本来別物。。
1.圏谷(けんこく)とは、 圏谷氷河が削って形成した凹地形で、氷河が消滅した跡に残された、椀形の地形。
>U形の椀型地形を特に、U形カールと呼ぶ。⇒いいません。氷帽氷河や圏谷氷河から、氷河が拡大し、谷氷河となって流下すると、氷河の底がU字型に削られる。氷河が消滅した跡残されたU字型の谷を、U字谷といいます。U形カールというのはまず使わない言葉です。
2.懸谷
>懸谷(けんや)・・・
⇒よみは「けんこく」です。この地形は、河川地形として定義されていますので、氷河地形ではありません。ただ、圏谷氷河等が消滅した跡に、圏谷氷河の下流の岩壁(模式的には本流の谷氷河のU字谷の岩壁)に川が流れて、水が流れるようになり、氷河地形起源の不協和合流する支流ができ、成因は別ですが、河川地形の懸谷と形は似ているので、懸谷といっています。厳密には、氷食懸谷とでも言うべきでしょう。
3.
> つまり、氷河形成されたものの内、「圏谷」は氷河本流が作り出した谷。「懸谷」は、氷河支流が作り出した谷のことである。
⇒「圏谷」は、氷河本流支流の別はない、また、「懸谷」は、河川地形ですので、対比するのが不適切でしょう。
 上述の 氷食懸谷の場合でも、水は支流の水ですが、懸谷の岩壁は氷河本流が作ったものであることが多く、支流が作り出した谷とはいえない。

No1さんの答えは、ちょっとまずいんじゃないかな。
圏谷は氷河地形、懸谷は河川地形で、本来別物。。
1.圏谷(けんこく)とは、 圏谷氷河が削って形成した凹地形で、氷河が消滅した跡に残された、椀形の地形。
>U形の椀型地形を特に、U形カールと呼ぶ。⇒いいません。氷帽氷河や圏谷氷河から、氷河が拡大し、谷氷河となって流下すると、氷河の底がU字型に削られる。氷河が消滅した跡残されたU字型の谷を、U字谷といいます。U形カールというのはまず使わない言葉です。
2.懸谷
>懸谷(けんや)・...続きを読む

Q氷河期の日本について

山岳地帯を中心に生息している岩魚ですが、書物などによると氷河期から生き続けていると書かれています。氷河期の日本の気象・温度はどれくらいだったのですか?氷河期においても、川には水が流れていたのでしょうか?学術的で無い質問で申し訳ないのですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

(参考)
http://www.cbr.mlit.go.jp/fujisabo/public_info/fujiazami/fujiazami45/fujiazami_02.html
http://www.kataoka-el.co.jp/koukogaku3.html
http://www.engaru.co.jp/town/tyousi/sensi/sensi.htm
http://www003.upp.so-net.ne.jp/kodaisi/kanreitekiou.htm
http://www.kkr.mlit.go.jp/wakayama/history/kinokawa/1.html
http://members.aol.com/suusuusuu/yarihoda.html

>氷河期の日本の気象・温度はどれくらいだったのですか?
上記サイトによれば、ウルム氷期の最盛期である18000年前で、現在より7℃程度(サイトによっていろいろ値が異なるが、だいたいこれぐらい)低かったようです。

>氷河期においても、川には水が流れていたのでしょうか?
日本列島で氷河の跡は高山にしか残っていません。したがって、川に水が流れていました。ただ、現在より海面が100メートルほど低かったので、日本列島は大陸と陸続きであり、河口は現在よりずっと沖合いにありました。たとえば、淀川は現在は大阪湾に注いでいますが、当時は紀伊水道まで流れていました。その河道が大阪湾の堆積物の下に残っています。(上記の5番目のサイト)

(参考)
http://www.cbr.mlit.go.jp/fujisabo/public_info/fujiazami/fujiazami45/fujiazami_02.html
http://www.kataoka-el.co.jp/koukogaku3.html
http://www.engaru.co.jp/town/tyousi/sensi/sensi.htm
http://www003.upp.so-net.ne.jp/kodaisi/kanreitekiou.htm
http://www.kkr.mlit.go.jp/wakayama/history/kinokawa/1.html
http://members.aol.com/suusuusuu/yarihoda.html

>氷河期の日本の気象・温度はどれくらいだったのですか?
上記サイトによれば、ウルム氷期の最盛期である18000年前で、現...続きを読む

Q北アルプスに氷河をつくりたい

山好きですが日本に氷河が無いのが残念です。仮に北アルプスに氷河をつくるとしたらどんな方法がありますか。昔新聞で北アルプスの雪に水を撒けば何年かで氷河になるというのを読んだ記憶があるのですが。

Aベストアンサー

回答とは別ですが、立山連峰の東側に氷河らしきものが見つかったそうですよ。万年雪ではなく、流れているらしいです。現時点では氷河とはまだ断定されていないようですけど。

富山県で、地方新聞に記事がありました。(すみません、新聞名は忘れました・・・)


人気Q&Aランキング