足首(くるぶし)にプレートを入れていますが、運動時に他のものと接触した際かなりの痛みがあります。時間がたてば痛みは無くなりますが、毎日かなり激しい運動をするため少しでも痛みをとりたいのですが、何か良い方法はないでしょうか?。クッション性のあるものをくるぶしに当てる事は考えていますが、他に思い当たりません。プレートの除去は半年から1年先を考えています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

リハビリは、その部位に負担がかからないものにしてください。

スポーツジムのようなものや水泳などが良いでしょう。運動の種類をしばらく変え、痛みがおさまったらまたそれをはじめたら良いでしょう。サッカー選手なんかもみんなそうしてますよ。
    • good
    • 0

激しい運動をすると痛みが走るとのことですが、それは骨が完全に引っ付いていないからです。


そもそも完全に引っ付いていなっからこそプレートを入れたままな訳で。。。

治るまで安静にして下さい!!
じっとしていれば早く治ります。かえってその方が早く復帰できます。

痛いというのは身体が危険信号を出しているのです。止めてくれと言ってるわけですよ。

それを無視して激しい運動すると治るまでの時間が長引きますし、もしかしたら歪んで骨が引っ付くかもしれませんよ。
そうなったら一生苦しむことになりますよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qくるぶし付近の痛み

1月ほど前から、椅子や床に座った状態(腰が曲がった状態)で、膝を伸ばし、足首を手前にまげたまま、足全体を内股となる方向にまげると、左足外側のくるぶしから下側にかけての周辺が、つっぱるとゆうか、針で刺されるとゆうか、筋が延びきって切れそうとゆう感じで痛みます。
また、足首を曲げた状態でくるぶしの後ろのくぼみを押すと同様の痛みがあります。
日常生活に支障はありませんが、走ったり、寝起き時等に上記箇所に違和感を覚えます。

右足は何ともありません。また、寝ているときのように腰が延びているときも痛みはほとんどありません。腰痛もありません。

 これはどのような病状で、何科で受診すればよいのでしょうか? ご教示下さいますようお願いいたします。

当方、35歳の男性で普通の体型、7月の健診では、尿酸値が7.?で基準値を超えていました。

Aベストアンサー

まず整形外科への受診をお勧めします。
尿酸値が7.0を超えているということですが、これについては今回の痛みとはあまり関係ないと思われます。
なぜなら、安静時の痛みを伴わないからです。(疼痛部が赤く腫れてさわって痛むなら別として)
まあ7.0を超えているということなら尿酸値のコントロールを医療機関で受けた方がbetterと思います。
足関節の損傷、また腰もしくは股関節が原因の疾患がうたがわしいのではないでしょうか?
(腰や股関節などが原因の痛みでも、同部が全く痛まないケースもありますから)

整形外科の受診をお勧めします。
今回の疼痛原因とともに尿酸値のコントロールについて受診されたらいかがでしょうか?

Q運動器

歩く時に使われる筋群とそのときの関節の動きに伴う筋肉の収縮と伸展の関係

Aベストアンサー

質問内容がハッキリとわからないため,質問に沿った回答になるかどうかは自信がないですが,以下,歩行に必要となる筋肉を示します。

歩行には体幹バランスなども関与してくると思いますが,主に使用される関節としては,

1・股関節
2・膝関節
3・足関節

が挙げられると思います。

それらの関節をコントロールする主な筋は,

股関節伸展=大殿筋,ハムストリングス(大腿二頭筋,半腱様筋,半膜様筋),大腿筋膜張筋など

股関節屈曲=大腿直筋,縫工筋,,腸腰筋,恥骨筋など

膝関節伸展=大腿四頭筋(大腿直筋,外側広筋,内側広筋,中間広筋)など

膝関節屈曲=ハムストリングス(大腿二頭筋,半腱様筋,半膜様筋),腓腹筋,薄筋など

足関節底屈=腓腹筋,長腓骨筋,短腓骨筋,ヒラメ筋,足底筋,後脛骨筋など

足関節背屈=前脛骨筋,第三腓骨筋,長母指伸筋,長指伸筋など

以上のように色々な筋がありますが,屈曲伸展運動だけでなく,歩行には各関節の内転・外転,内旋・外旋などの運動も含まれてくると思うので,上記の限りではありません。

御参考までに。。

質問内容がハッキリとわからないため,質問に沿った回答になるかどうかは自信がないですが,以下,歩行に必要となる筋肉を示します。

歩行には体幹バランスなども関与してくると思いますが,主に使用される関節としては,

1・股関節
2・膝関節
3・足関節

が挙げられると思います。

それらの関節をコントロールする主な筋は,

股関節伸展=大殿筋,ハムストリングス(大腿二頭筋,半腱様筋,半膜様筋),大腿筋膜張筋など

股関節屈曲=大腿直筋,縫工筋,,腸腰筋,恥骨筋など

膝関節伸...続きを読む

Q食事運動療法を行う仕事

病院で、高血圧 糖尿病 脂質異常症などの患者さんに対して食事や運動の生活指導を行うことがあると思うのですが、
患者さんのかかっている病院に勤務する医師や看護師や薬剤師や管理栄養士などではなく、外部の機関??で指導を受けるとすると、どこで指導を受けることになるのでしょうか?

以前、「かかりつけ医にかかりながら、病院とは別の場所で食事運動の指導を受けている患者さんがいる。がんばって続けていてもあまり数値は改善しないけど、本人にやる気があるならと思って・・・」というような話をお医者さまから聞いたのですが、「病院とは別の場所」って・・・?と思い、なにかわかればと質問させていただきました。

なにか保健所とか行政機関系なのかなと思って検索で調べてみたりしたのですが、イマイチわからず・・・
そういう仕事(投薬治療とは別のアプローチで健康の助けになれるような(投薬を否定するのではなく補助的な意味合いも含め))があるならそこで働きたいなと思っています。
本当は病院で働けたらいいのでしょうが、なかなかそういう仕事は募集がないようなので・・・(やはりお金にならないからでしょうか><)

似たような仕事でも構いませんので、なにか情報がありましたら、教えていただければ幸いです
よろしくお願いいたします

病院で、高血圧 糖尿病 脂質異常症などの患者さんに対して食事や運動の生活指導を行うことがあると思うのですが、
患者さんのかかっている病院に勤務する医師や看護師や薬剤師や管理栄養士などではなく、外部の機関??で指導を受けるとすると、どこで指導を受けることになるのでしょうか?

以前、「かかりつけ医にかかりながら、病院とは別の場所で食事運動の指導を受けている患者さんがいる。がんばって続けていてもあまり数値は改善しないけど、本人にやる気があるならと思って・・・」というような話をお医...続きを読む

Aベストアンサー

情報収集ご苦労様です。
お探しのお仕事は、『特定保健指導事業』のことではないですか?この用語で検索するといろいろヒットするはずです。
平成20年4月から始まっています。
まだ始まったばかりの業務なので、今後流動的にかわるかも知れませんが、予防医学の分野なので、更に発展すると私は思います。
資格は栄養士、管理栄養士、理学療法士などあったほうが就職しやすいと思います。
いい職場を見つけてください。

Q高次脳機能障害と運動障害について教えてください。

はじめて質問します。よろしくお願いします。
祖父が食べ物を喉に詰まらせて入院したと親戚から連絡がありました。
救急が到着した時は心停止状態で、蘇生はしたけれど脳に障害が残ってしまったみたいです。
親戚の話では、診断書には
「低酸素脳症によりICU管理。高次脳機能障害併発により歩行障害、嚥下障害となる」
と書いてあったそうです。
僕は医学的知識が無いので祖父がどんな状態にあるのか知るためいろいろ調べてみたら、
「高次脳機能障害とは、脳が損傷を受けたことで生じる認知障害全般を示す」
とありました。それで疑問に思ったのですが、上記の定義でいくと診断書の
「高次脳機能障害併発により歩行障害、嚥下障害となる」
という表記は厳密には正確ではないということですか?
それとも高次脳機能障害には歩行や嚥下の障害も含まれるのでしょうか?
僕は、窒息状態が長時間続いたことで脳の広範囲がダメージを受けたために、高次脳機能障害だけでなく
運動障害にまで至ったんじゃないのかなと考えているのですが。。。
どなたか教えていただけますか?

Aベストアンサー

認知機能の障害による歩行障害・嚥下障害であればその表現は正しいですが、
普通に考えて今回の状態で一番可能性が高いのは、「言葉の使い方を誤っている」という状況でしょう。

Q顔面の痛み

15年程前から突然、顔面、主に両頬部にピリピリとした痛みを感じる様になりました。また舌のしびれ感もあります。
一番のピーク時にはピクつきも伴っていました。
13年前に大学病院で精密検査をしたのですが原因不明でした。
それからは病院にもかからず この原因不明の病気と生きています。一番辛いのは痛みがないと感じられるのが寝ている時だけだと言う事です。
顔面神経痛とは違うような気もするのですが 一体何の病気なのでしょうか?
ちなみにこの病気になってから 頭の筋肉も硬くなるような感じで肩も首も凝ります。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

顔面の痛みということで、顔面神経痛でなければ、三叉神経痛が疑われます。神経ブロックの前に三叉神経痛に大変有効な服用薬はあります。神経ブロックはその後の手段です。
以前に受診されたのは大学病院の耳鼻科ということですが、おそらく13年前の耳鼻科では三叉神経痛を疑うに至らなかったと思います。
13年前の受診からは医療も進歩していますので是非とも別の病院なりを受診されることをお勧めします。
脳のMRI検査がまだでしたら、三叉神経痛を疑って、最初から脳神経外科を受診してみてはいかがかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報