【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

この度、22条地域に自宅(延床30坪程度)を建築することになりました。延焼の恐れのある部分に建物がかかる敷地条件のため、普通の杉板は使用できないと思います。

その際に、不燃加工してある杉板を使用すると思うのですが、
難燃、準不燃、不燃と種類もあり、
どのランク以上のものを使用せねばならないのか?、
また下地を防火構造としなければならないのか(逆に下地を防火構造とすれば普通の杉板が使える?)、
とかよくわかりません。

過去の質問&回答も読みましたが今ひとつ理解できません。
現在検討中の工務店にも質問しましたが、本来施工地域が防火規制とはあまり縁の無い地域の工務店なので、あまり詳しくないようです。

そこで皆様のお知恵を拝借できればと思い質問させていただきました。
何卒よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

内装制限の場合は、不燃、準不燃という基準なのですが、外壁の場合は、防火構造になっているかどうか、となります。


木造の防火構造は告示でいろいろ決められた方法か、
メーカーが実験により認定を取っている方法(防火サイディング+内部PBt12仕上げなど)があります。
また、防火構造(たとえばサイディングの平板や、PBに鉄板など)の上に可燃の木材を表面材として貼っても性能を損なわないと判断されます。(#1のご回答にありますが)
下地を防火構造にしない場合は、防火構造の認定をとったメーカーなどの木材を認定の仕様で使うことになります。
防火構造の認定は表面のみでなく、壁の内部までの構造でPC030BE-○○○などの認定番号がそうです。

http://www.channel-o.co.jp/home.html

http://www.koshii.co.jp/a-02.html

参考URL:http://www.channel-o.co.jp/home.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

>防火構造(たとえばサイディングの平板や、PBに鉄板など)の上に可燃の木材を表面材として貼っても性能を損なわないと判断されます。(#1のご回答にありますが)
ここが知りたかったところです。

>防火構造の認定をとったメーカーなどの木材を認定の仕様で使うことになります。
ここがポイントなのでしょうか。
表面のみでなく、構造で認定取得という事ですね。

リンク先大変参考になりました。

お礼日時:2006/09/26 22:14

仕上材を不燃で下地の外壁材や断熱材で防火構造を取れば良いのか等は行政庁(地域)により判断が異なる場合がありますので、最寄りの区役所、市役所の建築指導課等へご相談されると良いかと思います。


確認申請を提出する時点で指摘または指導があるかと思いますのでその際に適した仕様を相談するのも良いかと思います。
工事段階での変更は申請に時間がかかることもありますので、現在の行程によっては間に合わなくなる可能性も高いです。
法令に詳しくないといっても、木造二階建て等一般的な規模の住宅であれば資格のある方がどなたか関わっていることは確かですので、その方に申請業務を行なっていただく形になるかと思います。その際に追加で変更のための設計料や申請料がかかることもございます。
    • good
    • 2

専門家紹介

岩間誠治

職業:建築プロデューサー

"全国で設計を行っています。
ご要望をじっくり伺い、住む方とともに作り上げていく設計を行っています。
ご要望をかなえる事だけではなく、既成概念にとらわれない発想をもとに、想像を超えるご提案をいたします。"

リフォームでは設計施工も規模により行っております。
お気軽にお声かけください。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

047-427-5402

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

防火構造の上に木(可燃材)を貼った場合、


性能を損ねないと判断できる、
というのは主事の見解というより、
「防火避難規定の解説」によります。
ただし、FRP製等で火災時に高熱を発するなど一定の遮熱性能を損ねるおそれのある場合は、
大臣認定が必要になる、とのことです。
(2006年版建築メモ参照しました)

蛇足です。(^.^)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

ちゃんと規定があったのですね。

お礼日時:2006/09/28 21:19

そうなんですよねー。


No.4の方の言うとおりで、私もそれでよいと思っています。
昨日話した中では、「要らないものを貼ると、下の防火構造が確認できない」というようなことも言ってましたが、私の地域の(今の)建築主事は、頭が固いというか、融通が利かないと言うか。。
ましてや防火構造に不燃材を貼るくらいは、即時にOKしてもらいたいものですが、自分で判断したくないだけだな、と思ってますが。

何にせよ、そう言われる場合も有り得ますので、事前に確認しておく必要があります。

ちなみにですが、実際は、私はあまりそういうことはしないようにはしています。
理由は、余計なお金がかかるから、更には安くしようとして、防火構造に木を直接張りにしたのでは、メンテナンス上、問題があると思うから、いろいろ考え出すと、シンプルでは無くなるから、ですが。
なるべく、同じような材料で代替するとか、元々防火認定の取れている工法にするとか、アクセントとしてデザインの中で他のものとしてしまうとか。
どうしてもと言われれば、やりますが。
蛇足でした。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

確かにシンプルさとは程遠くなるような気がします。

ワンポイントに木を使うのって、今ひとつ好きではないんですよー。
いっそのこと、木はあきらめて、オール塗壁とか検討してみたいと思います。

お礼日時:2006/09/28 21:15

おはようございます。


No.4です。
最近申請した物件で2軒とも外壁真壁漆喰仕上げ、一部(腰壁)を板張りとしましたが、22条指定で延焼のおそれのある部分において建築指導課に確認したところ耐水耐火ボードを下地に取り付けてその上に張るとかぁ…、又はモルタル塗りの上に張るとかぁ等…でも良いと言っていました。地域によっても判断が違うかもしれませんが、コストと下地や納まりを考慮さえすれば可能だと思いますし方法は幾つかありそうです。法律なんですけれどやはり解釈は不思議と幾つかあるみたいですね。
数年前はその件で指導された事無かったんですが…。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

具体的な実例をあげていただき、ど素人でもわかりやすいです。
しかし、その都度解釈が違うというのは・・・
こうなると、役所に顔が利く工務店とかが良いかもしれませんね。

お礼日時:2006/09/28 21:10

こんにちは。


22条指定区域にある主要構造部の柱、梁等に木材等を用いた建築物は、その外壁で延焼のおそれのある部分を準防火性能として大臣が定めたもの又は大臣の認定を受けたものとすると規定されています。
また、その他にH12建告1362において

室内側 
 1.厚さ9.5mm以上の石膏ボードを張る。
 2.厚さ75mm以上のグラスウール等を充填した上に厚さ4mm以上の合板、構造用パネル等を張る。

屋外側
 1.土塗壁
 2.下地を準不燃材料で造り、表面に亜鉛鉄板を張る。
 3.石膏ボード、木毛セメント板(準不燃材料で、表面防水処理のものに限る)を表面に張る。
 4.アルミニューム板張りペーパーハニカム芯パネル
 
 
となっています。(真壁造の場合、柱、梁の部分は除かれる)

したがって、もし屋内側がPB12.5張りビニルクロス仕上げだとすると上記屋外側の1~4の何れかに該当すれば板張りでも良いと思いますよ。

詳しくは建築指導課で教えてくれる筈です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

えーと、貴殿の書かれている内容が今まで出ていた「防火構造」なのでしょうか。
とすると、その上に木板を貼れるかどうかは建築主事次第、という事でよろしいのでしょうか。

建築指導課で、いつの日かきいてみます。

お礼日時:2006/09/26 22:36

法22条区域内の木造建築物の外壁の延焼の恐れのある部分には、準防火性能(土塗り壁以上と俗称される)以上の防火性能が要求されています。


その防火性能は、国土交通大臣の定めた構造方法による場合と、個別に認定を受けた場合があります。

国土交通大臣の定める構造方法には、木材を外装材として使用した場合の定めがないため、適用可能なのは、個別に認定を受けたもの、ということとなります。

木材を外装材とした工法で、工法として準防火性能以上の認定を受けていれば、使用できることとなります。(注:工法としての認定は、下地等を含めた認定であり、単に外装材として不燃の木材を貼る、というのとは別なものです。)
認定を受けた工法も有りますので、それらを選択すれば、使用可能となります。

次に、防火構造等で下地を作り、その上に木材を貼る、という場合ですが、これは、木材を貼ったことにより、防火構造としての性能に影響がないか、が問題となります。
最終的には建築主事判断となると思いますが、私の地域の建築主事の判断では、「木材を貼り付けることにより、防火構造としての壁の性能が低下しないと言う根拠が示されなければ認めない」というものでした。
これは、木材が防火処理のされたものであっても、不燃の認定を受けた物であっても、同様のようです。
防火性能の認定は、組合せを定めて認めているものであり、不燃材を貼り増すことは、一般的には不利とならないと思われるが、検証できないものは認めない、ということのようです。

上記の建築主事の判断は、ある地域での取扱であり、不燃材料の貼り増しであれば可としている建築主事も居るかと思われますので、確認が必要です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

NO,2の方のご回答を1歩踏み込んだ内容でしょうか。
NO,2の方のご回答で、光明が差し込みましたが、
貴殿の回答で少ししぼみました(笑)。
根拠を示すというのは、何か簡単ではないような気がするのですが・・・
建築主事毎に判断が違うというのも困ったものですね。

お礼日時:2006/09/26 22:23

22条地域での外壁の仕様は法第23条にあり、


土塗り壁と同等以上とされています。

土塗り壁<防火構造ですから
下地を防火構造(サイディング等)で行うか土塗り壁にするかでいいと思います。
もし、それをしないなら
準防火性能といって、加熱後20分間で屋内の温度が可燃物燃焼温度以内になる材料(木材の板)を使わなくてはなりません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
下地を防火構造にすれば、不燃木材を使用しなくても良いのですね。
逆に、下地を防火構造にしない場合は、不燃木材を使用するという事でよいのでしょうか。

お礼日時:2006/09/26 22:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法22条区域の軒裏の構造は?

法22条区域の軒裏の構造は防火構造にしないとならないのでしょうか。
木材で仕上たいのですか、どうすればできるでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.1です。
板張り・・・大丈夫でしょう。
私が過去に「板張り」と書いた事が無いので確証は御座いません。
(フレキシブル板とか既製品ばかり使ってましたので、ただそれでも○mmとか書くだけ、不燃番号も防火番号も22条地域では書かなかったです、必要ない訳ですから。)

万が一何か問題があっても今法改正(6/20)でもその程度の訂正は認められるでしょう(私の地域では何箇所も訂正しましたがOK)。

何か責任感じてきましたね・・・、間違ってたら誰か訂正して下さい。
法の解釈は間違ってないはずですけど・・・。

Q準防火使用をクリアする外壁のアイディアください!

準防火使用をクリアする外壁のアイディアください!
今、自宅庭にガレージを作っています。以前にウッドデッキを作り、その雰囲気を引き継いだアメリカンなガレージを作る予定でした。2x4で作り、扉はスイングアップで!

ところが、基礎ができた段階で役所からのチェックが入り(お隣から通報されたのですが)、建築基準法 第22条、第23条適用地域なので準防火仕様にできなければ進めてはならないという指導を受けてしまいました。

屋根材は簡単に見つかったのですが、外壁材がなんとも見つかりません。
要望としては、ウッドに限りなく近いか、それっぽいもの。そして重要なのは、コストが安いこと。
なにせ、2x4で作ると目指していましたので...。
内壁側は、何もせずに打ちっぱなし状態で考えております。

皆さん、良いお知恵をお貸しください!

Aベストアンサー

再びA.No3です。

自分がした質問に対し、回答して更なる追加質問に時間を割いて真剣に答えているのに、回答のお礼もしない常識の無い無礼な人に又回答しようか悩んだけど、一応教えて差し上げますよ(-_-)

ANO.2で貼り付けた、URLのカラマツのムク外装材が防火構造認定を取得したとの事。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20100531/541428/

こうゆう非常識な人が、参加出来ないシステムは無いものか・・・・・

Qガレージ・自動車車庫の内装制限

お願いします。
ガレージや自動車車庫は規模に関係なく内装制限を受けると思うのですが、よくガレージ用シャッターなどのカタログを見ると、木造で天井は梁や野地板が現しになっているのを見ます。

天井現しは可能なのでしょうか??
それともガレージは自動車車庫扱いされないような事ができるのでしょうか??

Aベストアンサー

No.3さんの回答が少し・・・と思うことがあったので書き込ませていただきます。

>内装の制限を受けないのは、無指定(市街化調整区域)ぐらいなので、注意です。

日本全国で内装の制限を受けます。

>車庫扱いされない車庫とは、
倉庫、物置をいつの間にか転用するとか。

それを行っている方が多いのは否定しませんが、違法です。
用途変更の申請を行い、当然、法適合状態とすることが求められます。

>イナバやヨドの車庫を作っちゃえば?内装制限なんて関係しなくなっちゃいますよ。

当然、建物ですので、確認申請や内装制限が求められます。

建築基準法はザル法と言われていますが、法施工以前の既存建築物の存在と罰則が甘いためだと思います。建築基準法は建物を建てる上で最低限の基準を定めたものですので、ザルとか言わずに法令順守しましょう。

Q「延焼のおそれのある部分」にかかる部分の構造について

敷地面積が約750m2の土地に鉄骨造平家建の事務所を新築する予定です。この敷地は防火地域または準防火地域ではなく、法22条区域となっています。
が、敷地を有効に利用するため、建物が延焼のおそれのある部分にかかっています。

そこで、この延焼ラインにかかる部分の外壁もしくは開口部はどのような構造にしなければならないのでしょうか?
自分なりに調べたところ、
屋根…不燃材料
外壁…(延焼ライン内に限り)準防火性能を有する土塗壁等の構造
にしなければならないと解釈したのですが、これを材料にたとえるとどのような構造にすればよいのでしょうか?

現状は
屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
外壁…防火サイディング
    内装…壁:PB12.5mm+クロス仕上
        天井:ジプトン9.5mm仕上
外壁の開口部…アルミサッシ+透明ガラス5.0mm
で考えていますが、このような構造でも大丈夫なのでしょうか?

ご教授よろしくお願いします。

Aベストアンサー

鉄骨造は、重量鉄骨ですか?軽量鉄骨ですか?
一般に、鉄骨というと、重量鉄骨を意味する場合が多いのですが、平屋の事務所だと、重量鉄骨にする意味が無いので、軽量かな?と考えました。

とりあえず、軽量鉄骨として、一般的な防火構造のことを回答します。
(重量鉄骨であれば、準耐火建築物になるので、少し視点が違います。大枠は同じですが‥‥)

>屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
不燃材料の認定が必要!
屋根材として販売されていれば大丈夫だと思います。
ガルバリウムの折板なんてあるんですね。勉強不足でした。

>外壁…防火サイディング
    内装… 壁:PB12.5mm+クロス仕上
       天井:ジプトン9.5mm仕上
防火サイディングは、防火構造認定品だと思いますので、OK!一応確認しておいてください。
*確か断熱材の充填の要求があったと思います。

>外壁の開口部…アルミサッシ+透明ガラス5.0mm
これはNGです。
防火戸認定品のアルミサッシで、網入りガラスを使用しなければなりません。
(網無しでも認定品が出ていますが、かなり高価です。)

金属板の屋根は、断熱性能に不安があります。
快適な事務所にするのであれば、屋根面の断熱をかなり強化したほうが、光熱費の助けになり、快適な空間が得られると思います。

鉄骨造は、重量鉄骨ですか?軽量鉄骨ですか?
一般に、鉄骨というと、重量鉄骨を意味する場合が多いのですが、平屋の事務所だと、重量鉄骨にする意味が無いので、軽量かな?と考えました。

とりあえず、軽量鉄骨として、一般的な防火構造のことを回答します。
(重量鉄骨であれば、準耐火建築物になるので、少し視点が違います。大枠は同じですが‥‥)

>屋根…折板(ガルバリウム鋼板)葺
不燃材料の認定が必要!
屋根材として販売されていれば大丈夫だと思います。
ガルバリウムの折板なんてあるんです...続きを読む

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html

Q戸建住宅駐車場の傾斜は何%にすれば良いの?

新築戸建の着工を11月17日に控えていますが、外構部分の打合せがやっと昨日始まったところで、いきなり難題が発生!
「駐車場スペースの傾斜は2.8%で良いですか?」というものです。
初めての経験で見当がつかず、決めかねています。そこで、皆様のご意見を是非お伺いしたく投稿してみました。
駐車スペースは縦列駐車型で全長11m。入口部分を±0とすると最終的に+30cmになります。
私達の希望は、なるべく平に近い状態で作りたい。という事です。
積雪地域(積もっても15cmぐらいですが)の為、スリップは避けたいと思っている為です。2.8%は急坂の方ですか? また何か良い案をお持ちの方は是非教えて下さい!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

駐車場の傾斜としては、1/100だとかなりゆるくて排水がきちんとなされにくいほどになります。見た目は全く平坦です。ただこれだと傾斜がゆるすぎるので、水があまり流れずにたまるところが生じる可能性があり、寒冷地では逆にそこが凍ることも考えられますので、もっと傾斜させた方がよいです。

故に傾斜は2~3/100程度は欲しいところです。提案では2.8%(2.8/100)とのことですから、見た目はほとんど平坦に近く、通常傾斜を感じることはないけど、水は流れるので駐車場にたまってしまうことは避けられるのではと思われます。

Q防火構造 亜鉛鉄板貼りについて

建告1359号の防火構造について質問します。
木造二階建て、22条地域の延焼の恐れのある外壁なのですが、
告示の通り、屋外側 亜鉛鉄板貼り+石膏ボード12.5mmの仕様で
仕上げる予定なのですが、亜鉛鉄板と石膏ボードの間に通気層(胴縁18mm)を
設けてもよろしいでしょうか?

建築主事の判断によりますでしょうか?

Aベストアンサー

・鉄板の下地に防水紙を入れることは常なので、
必ずNGと言うことはないと思います。

・木胴縁でなく、LGSならOKが出るかもしれませんね。

何にしても、主事の判断しだい。

Q確認申請  小数点 四捨五入?

ちょっと、おしえてください。
今、申請書を書いています。
今時、考えられない急ぎの申請です。
まだ、余裕をもつという事を知らない人々がいるのです(笑)。

私は、ずっと、面積関係、ケンペイ率、容積率等の
小数点は切り捨てとしていました。

43.999ならば43.99と。

最近、申請もエクセルで打ち込むと数値が出るものが
あり、四捨五入しているのです。

今、もしかして、小数点第3位は、四捨五入?
ですか?

Aベストアンサー

そうですね、余裕をみて切り捨てたり、切り上げたりしても、申請は通りますから、
質問に対するダイレクトな答えとしては「四捨五入以外でもOKです」となるかと思います。

以下、余分な話をさせていただきますと↓

注意点は、切り捨て、切り上げ、四捨五入などの複数の「数値の丸め方」が、
一つの申請書類の中で混在しないことですね。これが一番だめなんです。

それと、建築って工学じゃないですか、その工学は四捨五入が原則なんですね。
だからその工学の分野の教育を受けた場合、それが理由(癖)で四捨五入する人は多いかもしれません。

お勧めは、四捨五入で統一です。申請以外でも問題が起こることはないと思います。
また、手法を統一することで、不本意なミスを避ける効果があるかもしれませんね。

Q延焼の恐れのある部分

はじめまして。私は建築を勉強しているのですが、
『延焼の恐れのある部分』についての質問があります。延焼部分って
用途地域や防火地域、22条区域などの指定が無くても発生するものなのでしょうか?
また鉄骨の建物を増築して延焼にかかる場合、建具を防火設備にするだけでよいのでしょうか?

Aベストアンサー

防火地域や用途地域とは切り離して考えて下さい。
ようは自分の建物が燃えた時や隣の家が燃えた時に延焼を防ぐ為の法令です。隣地境界線から1階は3メートル、2階以上は5メートルまでが延焼のおそれのある部分で防火構造の壁(建築基準法に規定されてます。)で作らなくてはなりません。
同様に自分の敷地内でも2棟ある様な場合には建物と建物の中心から1階は両側に3メートルづつ、2階以上は両側に5メートルづつが延焼の恐れのある部分となり防火構造の壁で作らなければなりません。

鉄骨の建物の場合は外壁・軒裏を防火構造、建具は防火設備、屋根及びその下地は不燃性能を持たせた物で作らなければなりません。
例外もあり、国土交通大臣が認めたものについてはそのまま使用できます。しかし、大臣が認めたもの(すなわち大臣認定)はとても大変な作業になりますので、通常は前者の条件を満たす事で合法としています。

Q天井高さが3m以上の排煙計算について

いつもお世話になっております。
下記の条件の場合の排煙計算について教えて下さい。

床面積:12.0m2
天井高さ:3.315m
開口部種類:引き違い窓
高さ:FL+750 
寸法:H1.300m×W1.800

開口は上記1ヶ所のみです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

廊下(避難路ですから免除なし)ではなく、部屋ですよね
この窓では有効開口にならないので
H12建・告1436号内装不燃(下地とも)で免除でよろしいのでは?

室 :H12建・告1436-4-ハ(2)
居室:H12建・告1436-4-ハ(4)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング