xf(x)=ax^2 + bx
⇔f(x)=ax+b
というようにx=0の場合分けを考えずに普通にxで割れるのはどうしてでしょうか。
恒等式のテーマのところでも同じような場面が出てきた覚えがあるのですが。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

No.8のコメントについてです。



> なぜxで割れるのでしょうか。

 これは題意(No.2のコメントに書いてある)とは異なる仮定の下での話であることをまず思い出しておきましょう。つまり「f(x)が至る所微分可能」だと勝手に仮定を追加したらどうなるか、を検討した部分でした。

 この時にも厳密には、やはりx=0とx≠0とを場合分けして扱っているんです。
(x^2)f'(x) = (60x^2-4bx+3c)(x^2)
から
f'(x) = (60x^2-4bx+3c)
を導く。これは形式的には両辺を(x^2)で割った、ということですけど、実は
x≠0のとき…両辺を(x^2)で割った
x=0のとき…両辺を(x^2)で割ることはそもそも禁止されており、f'(0)は決まらない。

でも、f(x)が至る所微分可能、f'(x)が連続であるという条件がついていれば、x=0であっても
f'(x) = (60x^2-4bx+3c)
が成り立つ。そうでないとx=0においてf(x)が微分不能になるからです。
 かくて、結果として形式的に(x=0の場合を区別せずに)両辺を(x^2)で割った結果と一致したという訳です。


> すいません、何回同じこと聞くんだとお叱りを受けそうで

と~んでもない。「なんで一発で分かるように回答しないんだ!」ってお叱りを受けるのはこちらの方です。質問者はエバってて良いと思いますぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>でも、f(x)が至る所微分可能、f'(x)が連続であるという条件がついていれば、x=0であっても
f'(x) = (60x^2-4bx+3c)

stomachmanさんこんにちは。な、なるほど、ようやく分かりました。「微分可能かどうか」という議論に触れたことがなかったので、そういうことはたいして気にしていなかったのですが、ここではそれがネックだったのですね。

単純なところに答えがあるのかなと思ってましたが、
結構深いところまで考えなくちゃならなかったんですね。
考えれば考えるほどいろいろな方向に広がっていくんですね。どうも長い間おつきあいしてくださってありがとうございました。

お礼日時:2002/04/02 07:31

No.3のコメントについてです。



> これはx=0の場合があるからなのでしょうか。
その通りです。

>「f(x)は多項式である」という条件をつけるとx=0のとき
> f(x) = c(定数) というのと矛盾してx=0のときは不適となり
> 除外されると言うことですよね。
その通りです。

> 2∫(1→x){tf(t) dt} = x^2・f(x) - 12x^5 + bx^4 - cx^3 + d で
> f(x)がx=1で極大値20をもちx=2で極小値をもつように、定数b,c,dの値を求めよ

No.2のコメントは見逃してました。ごめんなさい。問題の式の両辺をそれぞれ
S(x) = 2∫(1→x){tf(t) dt}
U(x) = x^2・f(x) - 12x^5 + bx^4 - cx^3 + d
と書くことにしましょう。
 f(x)が至る所微分可能であることを仮定すると、両辺をxで微分して整理し、
(x^2)f'(x) = (60x^2-4bx+3c)(x^2)
という微分方程式が得られます。f(x)は多項式に限らず、至る所微分可能であれば「x=0のときだけ特別」という訳には行かないから、
∀x(xf(x)=ax^2 + bx )⇔∀x(f(x)=ax+b)
は成り立ちますし、上記の微分方程式の両辺をx^2で割っても大丈夫。
f'(x) = 60x^2-4bx+3c
ゆえに
f(x) = 20x^3-2bx^2+3cx+C
を得ます。これをS,Uに代入してみると
S(x) = 8x^5-bx^4+2cx^3+Cx^2-(8-b+2c+C)
U(x) = 8x^5-bx^4+2cx^3+Cx^2 + d
となるので、
d = -(8-b+2c+C)
であり、題意を満たすようにb,c,dを決めることができます。

 しかしf(x)が「x=gのときだけ特別(gは定数)」という関数だったらどうでしょうか。
 ここで、f(g)が(有限であれば)幾らであろうと積分S(x)には全く影響を与えません。だからやっぱり
S(x) = 2∫(1→x){t(20t^3-2bt^2+3ct+C)dt}
= 8x^5-bx^4+2cx^3+Cx^2-(8-b+2c+C)
です。ゆえに、f(g)だけが飛び抜けた変な値ですと
S(g)≠U(g)
となります。しかし例外があります。もしg=0であれば、f(g)が(有限であれば)幾らであろうとU(0)=dなので、
S(0)=U(0)
が成り立ちます。
 以上から、「f(0)だけは特別」という場合であっても、x=0を除外すれば良い。つまり
∀x(x≠0→f(x)=20x^3-2bx^2+3cx+C)
が成り立ち、「f(x)がx=1で極大値20をもちx=2で極小値をもつように、定数b,c,dの値を」定めることができます。その答はもちろん、「f(0)は特別じゃない」と考えて求めたものと一致します。(でも仮に、問題がたとえば「f(x)がx=0で極大値20をもちx=2で極小値をもつように、定数b,c,dの値を」というのだったら、「不定」が答になりますね。)

 さて、f(x)がもっとずっとへんてこな関数だったらどうでしょう。
たとえば
f(x) = xが有理数のときはh(x)、無理数の時は20x^3-2bx^2+3cx+C
という関数です。これは至る所微分不能ですが、積分はできる。そして
S(x) = 8x^5-bx^4+2cx^3+Cx^2-(8-b+2c+C)
となります。
U(x) = x^2・f(x) - 12x^5 + bx^4 - cx^3 + d
がS(x)と( xが有理数でも無理数でも)一致するようなh(x)を見つけられるでしょうか。検討してみると、結局x=0の時を除いては
h(x) = 20x^3-2bx^2+3cx+C
でなくてはならないことが分かります。

以上のように、f(x)が多項式だと仮定する必要などありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

stomachmanさんこんにちは。なんどもお返事していただいて本当にどうもありがとうございます。ちょっとまだ分からないところがあるのでもう一度お願いできますでしょうか。すいません、理解力がないもので。

>∀x(xf(x)=ax^2 + bx )⇔∀x(f(x)=ax+b)
は成り立ちますし、上記の微分方程式の両辺をx^2で割っても大丈夫。

上の式と同様、任意のxで上の式が成り立つというのがそもそも恒等式の意味ですよね。そうするとx≠0という制限もつかないはずなのになぜxで割れるのでしょうか。すいません、何回同じこと聞くんだとお叱りを受けそうで大変恐縮なのですが、これはどう考えればよいのでしょうか。よろしくお願いします。

お礼日時:2002/04/01 17:28

失礼。

問題はf'に関することでしたね。fとf'を混同していました。
> どうやらfには微分可能性が仮定されているようですので
f'に連続性が仮定されていないと意味がありませんね。すみません。

>さらにfが連続であることが分かっていますので、
誤りです。(1)のみを考えるときには
「fが連続であることが分かっていれば」
問題自体を考えるときには
「題意から、f'の連続性は仮定されていると思われる。もし仮定されているならば」
と読み替えてください。
    • good
    • 0

> stomachmanさん


お互いに勘違いがあるようなので。
私は、質問者のs-wordさんの知りたいことが、
「恒等式のところで出た論法と同様にして、ということなのでしょうか?」
という意味だと解釈したため、下記のような回答をしました。
つまり、「恒等式の問題なのかそうでないのかをはっきりさせないと判断できません」と回答したつもりです。
それに対し、stomachmanさんは質問の内容を
「恒等式の範囲でこの論法は正しいのですか?」
というように解釈して下(#5まで)のように回答されたのだと思います。
#4に書いたことは確かにfの連続性を仮定しての話なので「言えます」と断言したのはまずい、と思われたのかもしれませんが。
仮定を省略して不明瞭な書き方をしたことについては謝ります。
(定義云々の話は売り言葉に買い言葉、と解釈させていただいて省略します)

s-wordさんの意図もはっきりしましたし、それに沿った記述をしていきたいと思います。

>#5の(1)について
私はこの式を真だと書き、stomachmanさんは偽と書いています。
これはfに関する仮定の問題で、確かにfを単に写像として考えれば偽です。
が、fが連続であることを仮定すれば、x≠0でf(x)=ax+bとなりますから、x→0としてx=0でもf(x)=ax+bとなります。私はこの意味で「成り立つ」と書きました。
どうやらfには微分可能性が仮定されているようですので、この命題は真になります。

>#5の(2)について
私がこの式を挙げたのは、「別に恒等式の話に限っているわけではないのでは?」と考えたからです。
もちろん(1)と(2)は別物で、この命題は(a,bに何らかの仮定がないならば)偽です。
皮肉じみた記述をしてすみませんでした。

>> このように論じるなら「xが固定されているのか」をきちんと考えなければだめです。
>と仰ってます。 「xが固定されている」というのがどういう意味だか不明ですが、
>∀x(f(x)=ax+b)
>とは 「f(x)=ax+bがどんなxについても成り立つ」つまり「f(x)=ax+bは恒等式である」という意味です。
「この」の指す場所が違います。「本当に∀xを考えて良いのか」という意味で書いていますので、この回答の最初に書いた認識の違いに起因する記述と思われます。

-------------------------------------------------------------------
以下、s-wordさんへの記述です。
>>この環は整域であり、xは零元ではありませんので、上の2式は同値になります。
>
>ここがちょっとよくわからないのですが。なぜxは0でないといえるのでしょうか。
実数上の多項式限定の話の場合を書いたつもりでしたので、「多項式環」というものを使って書きました。
多項式の、恒等式としての等号と、「多項式環」上の等号が同一視できる、というものなので使用したのですが、
この場合、質問のレベルから離れています。すみませんでした。
(xが0でないと言えるのではなく、多項式環ではxは不定元とよばれる1つの数なのです。なので0ではありません。)
(この話は理解できなくても支障はないと思われます)

さて、質問の内容ですが、補足から、fが微分可能、従って連続であることが分かりました。
従って、#5(1)の命題、
∀x(xf(x)=ax^2 + bx )⇔∀x(f(x)=ax+b)
が真になります。
右辺を仮定すれば左辺は明らかなので、左辺を仮定して右辺を示します。
x≠0ならばf(x)=ax+b、となるのはすぐに分かります。
さらにfが連続であることが分かっていますので、
f(0) = lim_{x→0} f(x) = lim_{x→0} (ax+b) = b
が分かります。これより、x=0の場合もf(x)=ax+bを満たしていることが分かり、右辺が言えました。

略解はこの議論を省略しているものと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

zzzzzzさんこんにちは。何度も寄っていただいてどうもありがとうございます。何度も詳しい解説をしていただき苦手な私にも分かることができました。とってもわかりやすかったです。長い間どうもありがとうございました!!

お礼日時:2002/04/02 07:38

No.4の


> それを言うなら∀x(xf(x)=ax^2 + bx ⇔ f(x)=ax+b)は言えない、ですね。
は変ですね。

 論理式について、s-wordさんが混乱しないように解説します。
 stomachmanが書いたのは
(1) ∀x(xf(x)=ax^2 + bx )⇔∀x(f(x)=ax+b)
すなわち
(xf(x)=ax^2 + bxがどんなxについても成り立つ)⇔ (f(x)=ax+bがどんなxについても成り立つ)
という、質問の主旨に沿った論理式です。(そして(1)は偽です。)。一方zzzzzzさんの書いた論理式
(2) ∀x(xf(x)=ax^2 + bx ⇔ f(x)=ax+b)
すなわち
どんなxについても((xがxf(x)=ax^2 + bxを満たす)⇔(xがf(x)=ax+bを満たす))
は、言い換えれば「方程式xf(x)=ax^2 + bxの解の集合は、方程式f(x)=ax+bの解の集合と一致する」という意味です。(1)(2)は別ものです。
たとえば
∀x (1=x^2 ⇔ 1=|x|)
は(2)と同類の論理式であり、1=x^2や1=|x|が恒等式だという意味など(もちろん)含まれていません。

また、zzzzzzさんは
> このように論じるなら「xが固定されているのか」をきちんと考えなければだめです。
と仰ってます。 「xが固定されている」というのがどういう意味だか不明ですが、
∀x(f(x)=ax+b)
とは 「f(x)=ax+bがどんなxについても成り立つ」つまり「f(x)=ax+bは恒等式である」という意味です。

さらに、zzzzzzさんの仰るには
> そもそも考える代数系を限定しないと意味が通りませんが。
> (実数体なのか多項式環なのかその局所化なのかetc)

 そういうレベルの質問でないことは自明かと思いますが、うるさく言えばそりゃその通りです。折角なのでもう少しつっこんでみましょう。
 もっと厳密な形に書けば、ご質問は「
∀f(f∈F⇒
  ∀a∀b((a∈C∧b∈C)⇒
   ∀x(x∈C⇒xf(x)=ax^2 + bx )⇔∀x(x∈C⇒f(x)=ax+b))))
が成り立つかどうか?」
となります。Cはxが動ける範囲です。ご質問の場合、Cは複素数、実数、或いは整数などだろうと思いますけれど、もっと別の集合、たとえばC={x|xは無理数}であっても構わない訳です。
 Fはfとして考える対象の範囲です。これが多項式の集合であっても、或いはもっと別の関数の集合であっても良く、実数体や多項式環に限定する必要はありませんが、少なくとも
∀f(f∈F→fはCからCへの関数である)
という条件を満たしていなくては意味がありません。

 さらに厳密なことを言うのなら、右辺の足し算,かけ算,冪の意味も定義しておかねば、そもそも話になりません。
 もちろん、s-wordさんがご質問なさった主旨がそんな所にないのは明らかですから、敢えて申し上げなかったわけですが。
    • good
    • 0

> ∀x(xf(x)=ax^2 + bx )⇔∀x(f(x)=ax+b)


> とは言えません。
それを言うなら∀x(xf(x)=ax^2 + bx ⇔ f(x)=ax+b)は言えない、ですね。
∀x(xf(x)=ax^2 + bx )⇔∀x(f(x)=ax+b)は言えます。
このように論じるなら「xが固定されているのか」をきちんと考えなければだめです。
そもそも考える代数系を限定しないと意味が通りませんが。
(実数体なのか多項式環なのかその局所化なのかetc)
    • good
    • 0

x≠0のときf(x) = ax + b, x=0のときf(x) = c (cは適当な定数、たとえばb+1)


なんて関数f(x)を考えると、
∀x(xf(x) = ax^2 + bx)
を確かに満たしています。(∀xってのは「どんなxについても」って意味です。)だから、
∀x(xf(x)=ax^2 + bx )⇔∀x(f(x)=ax+b)
とは言えません。

 しかし「f(x)は多項式である」という条件を付けるんなら大丈夫で、
(f(x)は多項式でありかつ∀x(xf(x)=ax^2 + bx ))⇔∀x(f(x)=ax+b)
と言えます。「xの範囲」というより「fの範囲」の問題です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

stomachmanさんこんにちは。すいません、少し分からないところがあるのでもう一度お聞きしてもよろしいでしょうか。

>∀x(xf(x)=ax^2 + bx )⇔∀x(f(x)=ax+b)
とは言えません。

これはx=0の場合があるからなのでしょうか。

>しかし「f(x)は多項式である」という条件を付けるんなら大丈夫で・・・

「f(x)は多項式である」という条件をつけるとx=0のときf(x) = c(定数) というのと矛盾してx=0のときは不適となり除外されると言うことですよね。
問題の2∫(1→x){tf(t) dt} = x^2・f(x) - 12x^5 + bx^4 - cx^3 + d の場合x=0のときも不適といえないと思うのですが。それと多項式という条件も書かれていませんでした。すいませんこの式に関してはNO,2のお礼のところを見ていただければ幸いです。よろしくお願いします。

お礼日時:2002/04/01 00:06

問題をどの代数系で考えているかをはっきりさせないと意味がありません。


実数の範囲で考え、xを任意の実数、と考えているならば、その2つは確かに同値ではありません(x≠0という前提が必要)。
しかし、実数上の多項式環の範囲で考え、xを不定元、と考えているならば(「恒等式」として考えているならば)、
この環は整域であり、xは零元ではありませんので、上の2式は同値になります。

つまり、「xをどういうものとして考えているのか」を明示しないとこの式の正誤は判断できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

zzzzzzさんこんにちは。「恒等式」として考えているのですがその場合xは任意の実数とは限らないのでしょうか。

>この環は整域であり、xは零元ではありませんので、上の2式は同値になります。

ここがちょっとよくわからないのですが。なぜxは0でないといえるのでしょうか。

実を申しますと質問のところに書いた式は私がでたらめに作ってしまった式なので問題の途中経過を書いておきます。(いまさらですいません。。。)

2∫(1→x){tf(t) dt} = x^2・f(x) - 12x^5 + bx^4 - cx^3 + d でf(x)がx=1で極大値20をもちx=2で極小値をもつように、定数b,c,dの値を求めよ

「(解答)xで微分すすると
2x・f(x) = 2x・f(x) + x^2・f'(x) - 60x^4 + 4bx^3 - 3cx^2
⇔x^2・f'(x) = 60x^4 - 4bx^3 + 3cx^2
x^2で割ると
⇔f'(x) = 60x^2 - 4bx + 3c・・・・」

ちなみに60x^2 - 4bx のように書かれている場合は60x^2 という項と- 4bxという項があるということであり、スペースをいれてあるのでつながっているというわけではありません。

お礼日時:2002/03/31 23:54

もっと単純化してみましょう。


「ax = bx」という等式があるとします。
これ自体が成り立つのは
「a = b または x = 0」のときです。
しかし、この等式がxについての恒等式であるためには、
「a = b」であることが必要十分ですね。

ご質問に含まれる本質的な疑問点は
上の例で考えても全く同じです。
これを使ってもう一度考えてみませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>もっと単純化してみましょう。
「ax = bx」という等式があるとします。
これ自体が成り立つのは
「a = b または x = 0」のときです。
しかし、この等式がxについての恒等式であるためには、
「a = b」であることが必要十分ですね。

zabuzaburoさんお返事どうもありがとうございます。これは恒等式のxの係数どうしが等しいということですよね。本には「xで割ると・・・」みたいなことがはっきりと書かれていたのでどのように結びつくのかちょっとよく分かりません。すいません、もうちょっとヒントお願いできますか。

お礼日時:2002/03/31 23:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

cx-5」に関するQ&A: 微分積分って何?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q質問&回答の書き方

次の質問の書き方でどちらの方が読みやすいでしょうか?ご回答の程ヨロシクお願いします(o__)o))ペコ

書き方1
この質問を見た方に質問があります。この書き方は見やすいでしょうか?これは、単に改行をあまりせずに文字を羅列させていく書き方です。まぁ、文の内容が変わる時は改行しますがね(^^;)
この書き方はどう思いますか?


書き方2
この質問を見た方に質問があります。
この書き方は見やすいでしょうか?
これは、一文が終わるごとに改行するやり方です。
文が長くなる時には
こうやって適当なところで改行します。

因みに、文の内容が変わる時は
このように一行空けます

この書き方はどう思いますか?

Aベストアンサー

この長さではどちらでも。
長文の場合はどちらかといえば2。

私は、長文になりがちなのですがなるべく句点(。)で改行するようにしています。
質問文でありがちな、改行なしビッチリ長文はエディタにコピペして自分で改行を入れて読んでいます。

文の内容が変わるときは空行があると読みやすいです。
空行を入れた上で■などの記号を入れたり、箇条書きにするときもあります。

Qf(x)=2x^3+ax^2+bx+5がx=-1,2で極値をとるとき、

f(x)=2x^3+ax^2+bx+5がx=-1,2で極値をとるとき、a,bの値を求めよ。
という問題で、解答では、『f'(x)=0は異なる2解をもつので確かにx=-1,2で極値をとる。』という記述があるのですが、これはどうして必要なのでしょうか?また、これが書いてある参考書がセンター対策の本であるため、上の記述は『センターでは不要ですが…』といった感じで本文のわきに書いてあり、解答中のどこに入るべきものなのかもわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

微分可能な関数 f(x) について、
f ' (a) = 0 は、f(a) が極値であるための必要条件でしかない。
例えば、f(x) = x^3 の場合に、
f ' (0) = 0 だが、f(0) は極値でない。

だから、記述式の答案では、
f ' (x) = 0 の解 x を求めた後で、その各 x において
f(x) が極値であるかどうかを確認しなければならない。

『 f ' (x) = 0 は異なる 2 解をもつので、確かに x = -1, 2 で極値をとる。』
という書き方は、三次関数の導関数が異なる 2 個の根を持つとき、
その 2 個はどちらも極値点である…という知識を用いている。
あるいは、やや一般化して、多項式の導関数が重根を持たないとき、
導関数の根はどれも、もとの多項式の極値点である…という知識を。
それが証明を付記せずに答案に書いてよい定理なのかどうかは、微妙だと思う。

『 x = -1, 2 の前後で、f ' (x) の符号は確かに変化しており、
f(-1), f(2) は極値である。』程度の書き方が、無難であるような気がする。
これを、f ' (x) = 0 を解いて x = -1, 2 を求めた後の位置に書いておく。

『センターでは不要ですが…』というのは、選択式のテストでは、
答えの値さえ得てしまえば、証明もヘッタクレも必要ないから。(不毛だねぇ。)

微分可能な関数 f(x) について、
f ' (a) = 0 は、f(a) が極値であるための必要条件でしかない。
例えば、f(x) = x^3 の場合に、
f ' (0) = 0 だが、f(0) は極値でない。

だから、記述式の答案では、
f ' (x) = 0 の解 x を求めた後で、その各 x において
f(x) が極値であるかどうかを確認しなければならない。

『 f ' (x) = 0 は異なる 2 解をもつので、確かに x = -1, 2 で極値をとる。』
という書き方は、三次関数の導関数が異なる 2 個の根を持つとき、
その 2 個はどちらも極値点である…という知識を用いて...続きを読む

Q数字の書き方

数字の書き方(1・4・5・6・7)について質問します。
添付した紙の左側に書いてある数字は、印刷物で見かける数字です。
添付した紙の右側に書いてある数字は、私が普段書く数字の書き方です。

印刷物で見かける数字と私が普段書く数字の書き方では、形がちょっと違います。書類に数字を書く時、
私が普段書く数字の書き方で書いた方がよいですか?

私が普段書く数字の書き方(1・4・5・6・7)は、正しく書けてますか?

細かい質問になりますが、宜しくお願いします。



                

Aベストアンサー

数字は実用的な目的で書かれると仮定します。つまり芸術ではなく、美を追求するものではないとします。そうすると誤解のない字であることが最大の条件になります。そのほかに早くかけるとか、親しめる文字であるとか、いくつかの付帯的な問題はありますが、この際それは無視しましょう。
 そういう条件で見ると質問者の数字は誤解される恐れはなく、「正しくかけている」といえます。
 書類に数字を書く時、
>私が普段書く数字の書き方で書いた方がよいですか?
これは何を聞きたいのか、わかりません。
 もっと左の字に似せたほうがよいかという質問ですか。それなら、その必要はないといえます。
 それとも個性の感じられる字の方が良いかということですか。別に取り立てて特徴があるとも見えないので、その場合もノーです。

Qny^2=x^3+ax^2+bx+c上の点全体とy^2=x^3+anx

ny^2=x^3+ax^2+bx+c上の点全体とy^2=x^3+anx^2+bn^2x+cn^3上の点全体の間の1対1対応を与える簡潔な変数の1次変換を求めるという問題が解けなくて困っています。yをy/n^2に、xをx/nに置き換えよ、とヒントには書いてあるのですが…
解き方がわかる方はぜひ教えてください。

Aベストアンサー

>yをy/n^2に、xをx/nに置き換えよ、

 ここまで分かっているのですから、これを行列で表せばよいのではないですか。

(1/n 0)
(0 1/n^2)

Q懸賞の書き方について

懸賞の書き方について教えて下さい。

『あたる』書き方と『はずれる』書き方があると聞きました。
私は、多くの懸賞に応募しましたがあたったことはありません。
私は『はずれる』書き方をしているのだと思うのですが、
『あたる』書き方がどういうものか分かりません。
自分なりに考えてみたのですが、イマイチ思いつきません。

あたったことがある、という方は是非教えて下さい。
明後日締め切りなのですが、だしたい懸賞があるのでお願いします!

Aベストアンサー

一般的な懸賞の場合、書き方は関係ありません。

ただ、周囲を塗るなど、葉書を目立つようにした場合、当たりやすくなる場合と逆の場合があります。私が雑誌の懸賞に携わったときには、目立つはがきは避けるようにという指示を受けたことはありますし、実際、同僚を見ていてもそういう葉書は避ける傾向にありました。

ギャル字でも、汚い字でも抽選段階では関係ありませんが、本気で解読できない場合は「残念」になります。これは、どの懸賞でも一緒だと思いますよ。

Q等式2f(x)+xf'(x)=-8x²+6x-10を満たす二次関数f(x)を求めよ。 この問題何も

等式2f(x)+xf'(x)=-8x²+6x-10を満たす二次関数f(x)を求めよ。

この問題何も考えずに係数比較しちゃったんですけど、、、
よく考えたら何故これが恒等式だと判断出来るんですか?
ex)2x²-x=0⇨1/2x²-x=3/2x²-0x
みたいに、移行して出来た式の可能性はないのですか?変な質問すみません、、お願いします、、、

Aベストアンサー

> 何故これが恒等式だと判断出来るんですか?
それはf(x)が関数だから。
> 移行して出来た式
そうであれば、特定のxを求めることになるように思う。ということは、関数ではなくなると考える。

Q総合評価方式の書き方が分かりません。

総合評価方式の書き方が分かりません。

このたび県の入札工事に入札する予定(1500万円程度)なのですが、総合評価の書き方が初めてなので分かりません。
書き方・雛形等分かりやすく説明しているものがあったら教えてください。

Aベストアンサー

総合評価方式で一律の書式なんてありませんから、個別に県に聞くしかないでしょう。
なお価格以外に技術評価等がされるのでしょうが、書式は入札情報内にあると思いますが、書き方・ひな形はそれぞれ違いますので各応札者が独自の工夫で作成するものではないでしょうか。

Qf(x)=ax^3 + bx^2 -12x + 5 が、x=-1で極大

f(x)=ax^3 + bx^2 -12x + 5 が、x=-1で極大値をとり、x=2で極小値をとる場合
f(1)の値はいくらか?

f'(x)=3ax^2 + 2bx -12

にしたと思うのですがこの後がどうすればよいのかすっかり忘れてしまいました。
どの様に解いていくのでしょうか?
解りやすく教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

>f(x)=ax^3 + bx^2 -12x + 5 が、x=-1で極大値をとり、x=2で極小値をとる場合
これを式にすれば
f'(-1)=0,f'(2)=0,a>0

>f'(x)=3ax^2 + 2bx -12
まで計算したのなら、上の条件を適用すれば
f'(-1)=3a-2b-12=0 …(1)
f'(2)=12a+4b-12=0 …(2)
(1),(2)を連立にして解けば a=2,b=-3
これは a>0の条件を満たしている。
したがって
f(x)=2x^3-3x^2-12x+5

f(1)は上の式から計算できますね。
計算してみてください。

Q証拠説明書の「立証趣旨」の書き方について。

証拠説明書の「立証趣旨」の書き方について。
本人訴訟をするつもりの者です。
証拠説明書の立証趣旨の書き方について、一番正しい書き方はどんな書き方だろうと、
色々検索したり、とある裁判の実物の証拠説明書のPDFを見たりしていますが、
さまざまでした。
結局のところ、立証趣旨のところはどんな書き方でも自由、ということでしょうか?
証拠についてうまく分かりやすく説明しさえすれば大丈夫でしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

その証拠説明書と云うのは甲(乙)号証を番号順説明するものでしよう。
これは以前はなかったですが、最近ではどこの裁判所も提出するよう求めているようです。
この書き方は、縦に甲(乙)号証を1から順に、横軸には「表題」例えば「契約書」、作成年月日例えば「平成22年7月5日」、作成者例えば「法務太郎」、次にご質問の「立証趣旨」ですが、これは長々と書かないです。例えば「契約成立の事実」と云うように書きます。
これは甲号証として契約書を提出しているので、その契約書は何故提出するかと云うことですから、おのずから、簡単明瞭に書くべきです。
なお、その事実の詳細は請求原因として準備書面で記載すべきです。

Q二次関数 y=ax^2+bx+c を y=a(x-p)^2+q の形にするには?

二次関数 y=2x^2-4x+3 や y=-x^2+3x-1 などを
y=a(x-p)^2+q の形にしたいんですが
参考書に書いてある解説を読んでも理解できません。

y=a(x-p)^2+q の形にしてしまえば、それからグラフを描けるんですが
どうすれば
y=a(x-p)^2+q の形に出来るのか分かりません。

教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最初は具体例から考えましょうか。
「y=2x^2-4x+3をy=a(x-p)^2+q の形にせよ」
まず、xの積の形になっている項と、定数項は分けて考えましょう。すなわち、
y=2x^2-4x+3
=(2x^2-4x)+3 (←ただカッコでくくっただけです)
次に、x^2の係数をくくりだしましょう。すなわち、
y=(2x^2-4x)+3
=2(x^2-2x)+3 (←2をくくりだしました)
このあとがミソです。()の中の項、x^2-2xに注目してください。
xの係数、つまり-2を2で割って2乗した値(-2/2)^2=1を足して、引いてください。すると、
x^2-2x=x^2-2x+1-1  …(i)
となりますね。ただ同じ数を足して引いた(結局0)だけです。
しかし、よく見てください。(i)の右辺には、x^2-2x+1がありますね?これは、
x^2-2x+1=(x-1)^2
です!!(ここまでくればできたも同然)よって、
x^2-2x=(x-1)^2-1
となります。あとはこれをyの式に代入してあげましょう。
y=2(x^2-2x)+3
=2{(x-1)^2-1}+3  …(ii)
ここで、目的を再確認しましょう。今目指しているのはy=a(x-p)^2+qの形ですね。となると、(ii)の大カッコの中の-1が邪魔ですね。邪魔なら、出してしまいましょう。すなわち、
y=2{(x-1)^2-1}+3
=2{(x-1)^2}-2+3 (←-1を大カッコから出すときは2をかけるのを忘れずに)
=2{(x-1)^2}+1
これで、y=a(x-p)^2+qの形(a=2,p=1,q=1)になりましたね。

一般に、y=ax^2+bx+c(a≠0)の場合でも、
y=a{x+b/(2a)}^2-(b^2)/(4a)+c
と変形できます。これは上の例を参考にご自分で導出してみましょう!!

最初は具体例から考えましょうか。
「y=2x^2-4x+3をy=a(x-p)^2+q の形にせよ」
まず、xの積の形になっている項と、定数項は分けて考えましょう。すなわち、
y=2x^2-4x+3
=(2x^2-4x)+3 (←ただカッコでくくっただけです)
次に、x^2の係数をくくりだしましょう。すなわち、
y=(2x^2-4x)+3
=2(x^2-2x)+3 (←2をくくりだしました)
このあとがミソです。()の中の項、x^2-2xに注目してください。
xの係数、つまり-2を2で割って2乗した値(-2/2)^2=1を足して、引いてください。すると、
x^2-2x=x^2-2x+1-1 ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報