状況が常に変化するビジネス社会において、

どのような能力や資質を持つ人が第一線で活躍出来ると思いますか?
ρ(・д・*)コレ!と思うものを、短的に3つ挙げてください。

また、その中で『これは既に自分に備わっている』と思うものを、
1つ選んで印など付けて下さい。


真剣な回答、よろしくお願いします。
m(__)m

 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

入社試験なんて記憶の彼方ですが、あえて挑戦させて


頂きます。
変化の激しいビジネス社会においても普遍的な
モノとは何でしょうか。私が思うにそれは
人間関係と専門性と健康です。
1)人間関係
ボーダレス社会と言われる現代において、良好な人間関係を
築いて継続できる能力がないと仕事が成立しません。
気が合わない人であっても我慢するという忍耐力ではなく、
そのような人とも良好なコミュニケーションが出来る能力のことです。

2)専門性
口八丁、手八丁、はったりなど、押しの強さを自慢する方も
いますが、仕事は専門的な知識と経験に裏打ちされて初めて
周囲から評価されます。また、常に最新の知識をインプットする
努力も必要です。

3)健康
どんなに優秀な人でも健康を損なうと社会では成功しません。
ビジネス社会も言わば、マラソンと同じです。
年齢とともにキャリアアップを実現しないと第一線に出ることも
できません。それまでの長距離レースを勝ち抜くには
健康が最も大切です。

以上ですが、いかがでしょうか。
さて私自身を翻って見ると、、、頭が痛い??
    • good
    • 0

知識&知恵&行動力&スケールの大きさです。


知識がある人は多いのですが、知恵のある人はなかなかいません。
案外世間で強いのは「やや天然気味」な人!こういう人は、TOPに立つか、全く出世などに興味がないかのどちらかが多いですね~。

まじめ&一本気&努力家&正義感が強すぎるなどの人は、かなりいいところまで行きますが、ぎりぎりのところで上記の人に負けることが多い気がします。

自分のビジネス社会で武器となる力は、向上心だけかな?(笑)
以上、実際のビジネス社会の最前線からのレポートでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答
ありがとうございます。
m(__)m

ρ(・д・*)コレ、実は
老舗ブランド【LV】の
2003年度入社試験なんですぅ!!(>_<)

私も一生懸命考えてるんですけど・・・
tikaramotiさんならどう考えますかねぇ?


ぜひ他の質問にも
答えてみてください♪

    

お礼日時:2002/04/05 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q社長に向いてる人の資質を教えてください。

私が見たなかで社長&経営者に向いてるなって思ったのは

・腹黒い(それを一見みせない)
・要領がいい
・したたか
・頭の回転が速い   等です。

皆さんはどんな人が社長&経営者に向いてると思いますか?

Aベストアンサー

・人心掌握に長けている
・分析力がある
・自己実現能力がある
・強欲
・臆病な部分もある
考えたら他にもたくさんありそうですねー

Q世界で活躍する日本のIT企業ってありますか?

Google,microsoft,Apple,Adobe,その他多数、どこを見ても日本企業がほとんど見あたらないのですが、世界で活躍する日本のIT企業ってありますか?

ご存じありましたら、ご回答ください。また日本がここまでITで弱いのはなぜなのかもご回答いただけたらと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ありません。(キッパリ)

理由としては、
1)ソフトウェアの基盤技術であるOSの競争において、日本のTRONが、
  アメリカのWindowsに負けたこと。
  このことにより、日本で作るソフトウェアは米国OSに常に依存する
  こととなった。
2)IT促進の起爆剤となったインターネットが、米国の技術であったこと
3)国内市場がそこそこの規模があり、グローバル市場に打って出なく
  ても、 それなりの利益を稼げたため、世界にチャレンジする企業が
  育たなかったこと
が挙げられます。

Q中国は既に高度経済成長期に突入していますか?

中国は既に高度経済成長期に突入していますか?
それともこれからでしょうか?

Aベストアンサー

高度成長とは概ね10%以上の成長率をいいます。
一般的に中国は2002年から高度経済成長期に入ったとみられており、
この頃から株価も飛躍的に上昇しました。
http://www.brics-jp.com/china/gdp.html

しかし、中国は次の3つの観点から間もなく終焉を迎えると予想されています。
・モラルのない拝金主義
・巨大な人口
・環境汚染・深刻な資源不足

中国はGDPの40%が輸出に頼るほどの外需依存国家です。
そして主要取引先である欧米が一斉におかしくなったために
深刻な失業率の問題に直面し、一部では飢餓との戦いも始まっています。

こうした諸問題を改善するのに内需拡大は勿論ですが、
国民一体となっての改革は欠かせません。
上記の3つは全てマイナスに作用するものであります。

現実に北京のマンションはもうずっとバブルであり、日本人でさえたじろぐ価格です。
状況的には日本のバブル最盛期よりひどいといわれています。
そしてバブル崩壊という資本主義の洗礼を中国国民は経験したことがありません。

こうしたバブルが発生するのも拝金主義なるが故ですが、
実は民営化された郵貯の金が15兆円ほど流れているとの情報もあり、
米国のやり方になんだかなあと思うものもあります。

これから激増するであろう失業者の群れ、飢えた貧農などの恨みを吸収するには
軍人として雇用するのが昔からの常道です。
つまり中国は近いうちに大きな戦争を引きおこすことになります。

高度成長とは概ね10%以上の成長率をいいます。
一般的に中国は2002年から高度経済成長期に入ったとみられており、
この頃から株価も飛躍的に上昇しました。
http://www.brics-jp.com/china/gdp.html

しかし、中国は次の3つの観点から間もなく終焉を迎えると予想されています。
・モラルのない拝金主義
・巨大な人口
・環境汚染・深刻な資源不足

中国はGDPの40%が輸出に頼るほどの外需依存国家です。
そして主要取引先である欧米が一斉におかしくなったために
深刻な失業率の問題に直面し、...続きを読む

Q日本を代表する企業と言えばどこを挙げますか?

タイトルの通りでございます。

日本を代表する企業を挙げて下さい、と言われたら皆さんはどうお応えになりますでしょうか?

Aベストアンサー

株式会社金剛組を入れといておくんなせい。

西暦578年創業の建設会社で、日本を代表すると同時に現存する世界最古(世界一長寿)の企業です。

証券取引所に上場しておらないから、時価総額なんて比較のしようもないけど、ニッサンみたいに時価総額が大きくたって、外国人が過半数を所有し、日本語を理解できな人が代表取締役をなさっておいでの企業が「日本を代表する」なんて訳はないでしょう?

金剛組は、建築に携わる人以外に知名度が無いですので、一般に知名度がある企業がから選出すれば、

清水建設でしょうか。

やっぱ江戸時代の創業で200年以上続いている企業ですから、日本を代表する資格があります。
日本がもっとも日本らしかったのは江戸時代と言われますし、社長も日本語が解る方のようだから資格は十分でしょう。

Q年金破綻宣言、日本は、既に国家破綻している?

年金開始年齢が、68歳~70歳にまで引き上げられるようです。政治家や公務員の給料の大幅カットや天下りの禁止も無しにです。年金は、事実上、破綻宣言をしたにも等しいと思います。数年で変わってしまう年金制度を誰が信用するでしょうか。それに、貧乏人は退職後70歳まで生き残れないでしょう。貧乏人は死ねと言っているのにも等しい。これは、日本の国家破綻宣言が間違いなく近づいていることを実感させるできごとであり、老後の年金制度が揺るいでいること自体が、既に国家として破綻しているように思えますし、政治家や官僚の考えていることは、破綻回避というより、破綻へとソフトランディングする気しかないように思えます。

1)日本は、既に、国家破綻している、と見ますか、まだ破綻はしていない、と見ますか?

2)日本の国家破綻に備えるには、何をしたらいいですか?

Aベストアンサー

1)破綻はしていませんが、破綻へまっしぐら、て
  感じですね。
  年金デホルトは今に始まったことでもないし。
  過去に何度も前科があります。
  いわゆる、逃げ水年金ですね。
  そのウチ、掛け金を取られるだけで支給されない
  てことになるのではないかと思っています。

  こうなることは半世紀以上も前から判っていたことです。
  父の小学校の教科書に書いてありました。
  それなのに、政府がやったことは、掛け金を上げ
  支給開始を遅らせたことだけです。

  司馬遼太郎が言っていました。
 「この世には罪深いことは沢山あるが、最も罪深いのは
  無能な者が高い地位に就くことだ」
  
  無能な政治家、官僚達のお陰で、偉い迷惑です。

2)年金など当てにしないことだと思います。
  当てにしない人生設計を立てることです。
  海外への居住も視野に入れるべきでしょう。
  私は何年も前から、そうやって来ました。
  


人気Q&Aランキング

おすすめ情報