人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

以前から言われている話ですが、南光坊天海は光秀と同一人物ではないのか。私は自分なりに調べてみました。
日光東照宮に明智家の家紋がある
日光のあけち平を命名したのは天海
天海と春日の局(光秀家臣、斉藤通三の娘)
比叡山に光秀寄進の物がある(光秀死後なのに)
天海の歴史上登場時代と光秀の死亡時期、並びに天海と光秀の年齢が近い?
など色々あるようです。私は半信半疑ですが、皆様はどう思われますか。皆様の賛否両論をお聞かせ下さい。上記に述べ以外でも証拠がある方はそれを、反対の方は反対証拠もありましたら、お知らせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

まず、明智光秀の生まれは1528年~1537年頃(1528年が有力)ではないかと考えられています。

そして、天海の没年(これははっきりしています)は1643年です。つまり、もし光秀が天海だとすると、116歳となってしまい、これは無理があります(日本の男性最高齢記録を超えてしまいます)。なので、光秀=天海はかなり無理があります。

しかし、天海が明智光秀の「縁戚」である可能性は非常に高いと考えられます。
・筆跡の類似。天海の筆跡と、光秀の筆跡は同一ではないですが共通点があり、「親子のような関係」であったと鑑定されています。

・行動面での可能性。これは、まず明智の周辺状況を考えないといけません。明智は遠山氏とのかかわりが深い一族でして、この遠山を天海は大変重用しています。たとえば英勝院。これは、太田の氏族ですが、母が江戸城代である遠山綱景の娘なのですが、この遠山というのは、美濃から下向してきた一門なのです(つまり明智の縁戚)。ただ、英勝院は本当に太田の一門かは不明なのですがね。

実際のところ「明智光秀=天海」は年齢的に無理が強すぎるため、その縁戚である明智秀満(鬼武者ですがね)かそれに準ずる人物ではないか?という説が(天海=明智遠山氏説では)いまのところ強いと考えます。秀満は、遠山氏の出自ですね。その後光秀の婿養子となりましたが、もともと秀満は明智の従兄弟ともいわれていまして、どちらにしても非常に近い間柄なのです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/天海
    • good
    • 6
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。筆跡の類似。知りませんでした。これはかなりおもしろい内容です。現代科学なら筆跡鑑定できますものね。私も天海はおそらく明智家に非常に近い間柄の人だと思います。しかし、秀満を天海だと思ったことはありませんでした。これはかなりおもしろい説だと思います。色々な角度で歴史を検証するとたのしいものです。

お礼日時:2006/10/22 22:47

会田康範氏は、「現段階の研究の到達点として、天海は陸奥高田の出身で、比叡山にでて天台宗を学び、南都六宗を学んだのち、一時甲州に行き、天正19年から関東に入り、その後家康の知遇を得たとされている。

」   と書いています。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。天海が陸奥の出身者ではないかという話は聞いたことがあります。私が読んだ本にはその説も曖昧だと書いてありました。一体何が真実で何が違うのかわかりませんが、おそらく得体の知れない人物だったのでしょう。

お礼日時:2006/10/24 21:53

受け売り程度の知識なので参考程度に読んでいただきたい(^^)



(1)日光東照宮に明智家の家紋がある
 明智も徳川も源氏を本姓としていたので「明智の家紋」というのは源氏の家紋とされるものなので「明智家の家紋」と断定できない。

(2)日光のあけち平を命名したのは天海
 ご質問の中で唯一否定しきれないものかも。

(3)天海と春日の局(光秀家臣、斉藤通三の娘)
 光秀の家臣の娘というかなり希薄なつながりで排除されるかどうか
 これで排除されるなら光秀の娘である細川ガラシャなどは何故関ヶ原の合戦直前まで生きながらえていたのか?

(4)比叡山に光秀寄進の物がある(光秀死後なのに)
 これは確か「光秀」という人物が寄進したことになっています。歴史上著名な「光秀」は「明智光秀」ですが、「光秀」という名の人物は「明智光秀」以外には同時代には存在しなかったのか?という立証が必要です。

(5)天海の歴史上登場時代と光秀の死亡時期、並びに天海と光秀の年齢が近い?
 年齢、活躍時期に若干のずれがあることは他の方の回答にあるとおりです。

 そもそも荒木村重のように信長に謀反した後でも生きながらえ、その名を残していることを考えると仮に明智光秀が生き延びていたらわざわざ名前を隠す必要もないし、逆に名前を隠して生き延びていたのだとしたらこんなにわかりやすい形で痕跡を残すのも不自然です。
 同一人物説はロマンはありますが....歴史的事実とは離れたところにあるような気がします。
    • good
    • 1

受け売り程度の知識なので参考程度に読んでいただきたい(^^)



(1)日光東照宮に明智家の家紋がある
 明智も徳川も源氏を本姓としていたので「明智の家紋」というのは源氏の家紋とされるものなので「明智家の家紋」と断定できない。

(2)日光のあけち平を命名したのは天海
 ご質問の中で唯一否定しきれないものかも。

(3)天海と春日の局(光秀家臣、斉藤通三の娘)
 光秀の家臣の娘というかなり希薄なつながりで排除されるかどうか
 これで排除されるなら光秀の娘である細川ガラシャなどは何故席殻の合戦直前まで生きながらえていたのか?

(4)比叡山に光秀寄進の物がある(光秀死後なのに)
 これは確か「光秀」という人物が寄進したことになっていますが、歴史上著名な「光秀」は「明智光秀」ですが、「光秀」という名の人物は「明智光秀」以外には同時代には存在しなかったのか?という立証が必要です。

(5)天海の歴史上登場時代と光秀の死亡時期、並びに天海と光秀の年齢が近い?
 年齢、活躍時期に若干のずれがあることは他の方の回答にあるとおりです。

 そもそも荒木村重のように信長に謀反した後でも生きながらえ、その名を残していることを考えると仮に明智光秀が生き延びていたらわざわざ名前を隠す必要もないし、逆に名前を隠して生き延びていたのだとしたらこんなにわかりやすい形で痕跡を残すのも不自然です。
 同一人物説はロマンはありますが....歴史的事実とは離れたところにあるような気がします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。私の一番ひっかかるところはまさにここです。わざわざひ光秀が自分が生きていると示す必要性です。本当に生きていたなら隠すでしょう。

お礼日時:2006/10/24 21:50

光秀と天海が同一人物は、ありえないでしょうね。


もしも同一人物だとしたら、秀吉が名を馳せることは出来ないはず。

御首をあげたからこそ、秀吉の勢いを高めたのですから。


しかし、同一人物であると言う疑いの点はいくらもあります。

1.首実検。この時の首実検は結局、秀吉他数名でのみ行われたこと。
2.天海の出現が北条征伐の時、この時に天海=光秀ならば生きてられない。
  この時なら坊主とは言え、見た目で似ているので絶対にバレますし人の口に戸は立てられない。
3.天海の年齢と光秀の年齢。
 (光秀の出自には不明な点が多いのと時代背景から天海の年齢も正当とも思いにくい)

などの点です。

1の点については、秀吉の「大返し」の真偽です。秀吉は信長に恩義を感じてたので、
ありえませんが、万が一にも光秀の謀反が秀吉または黒田官兵衛によるものとすれば、
秀吉が光秀の謀反を事前察知していたとしか思えません。

私としては、秀吉よりも黒田が画策した可能性も否めません。
それを察知した秀吉が、後年黒田を自分の傍におかず、九州を監視することを名目に
遠ざけたのでは無いかとも推測できます。

黒田と明智が繋がっていれば、首実検の際、別の首が出てきて驚くのは、秀吉です。
光秀の首を上げてこその勝ち戦なのに首を取れなければ意味がありません。
しかし首実検の際に、出来レースを仕掛ければ、光秀を死んだ事にすることは可能です。

家康の伊賀越えにも疑問が多々あり。当時の状況で数名の部下のみで峠越えが可能かどうか。
その点に黒田・明智・徳川の3者間の密約があったのでは?
後から事実を「察知」するまたは「知る」秀吉も加わり4者間。

とすれば、後の秀吉と家康の親密さも頷けるところです。

それにより、

ここに出てくる疑問は、光秀が謀反するにメリットが何処にあるか。

2の点。天海が世に名を轟かすのは、北条征伐の時。
万一にも天海=光秀なら絶対に秀吉の耳に届きますし、それを確認するはず。
しかしその点に誰もが触れなかったのは、秀吉が、
「明智光秀は死んだ、わしが首実権をした」
と受け流していたのでは無いでしょうか。秀吉がそういえば誰も逆らいません。

3の点。この時代に年齢詐称なんて簡単に出来ると思います。
明智光秀の年齢、天海の年齢どっちも誤魔化すなんて簡単な事。
書物に残っていたとしても、本人によっても家康などの徳川関係者によって書き換えることも可能。
どれも信用に値しません。

元々、天海の死んだ年齢も確かにこの上ない高齢であったことは事実。
本人も晩年は自分の年齢を解らなくなっていたと言う話も存在しますし。

現実的なトコでは、天海は明智筋または土岐系の縁者だったとの推測が
一番の納得できる落としドコではないでしょうかねぇ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お返事ありがとございます。黒田と徳川の説は非常におもしろい説です。黒田が絡んだなんて考えてもいませんでした。実は徳川はかなり臭いと思っていました。あまりにもタイミングよく京から抜け出している。考えると色々ありますが、あくまで憶測に過ぎませんけど。しかし、天海はやはり明智の縁者だったのでしょうね。

お礼日時:2006/10/24 21:47

私の質問も、ご覧になってください。


ちなみに、指示は、支持の誤字です。
私は、石田三成公の大ファンで、生存説を追いかけたことが、あります。
真田幸村公も大好きで、追いかけたことがあります。
光秀公もいいですね。
年齢的に有りえないとされているのでは、なかったでしたっけ。
日光の明智平というところには、生存を支持する説明文の立て看板が立っていました。
わずかの例外を除いて、生存説が出るということは、人気や支持のバロメーターだと、思っています。
自分の質問の中では、折れていますが。
もし、光秀公=天海僧正じゃなかったとしても、明智家の部下の娘が幕府に大きな影響を与えた(春日局)って、小気味がいいですよね。
織田家の血筋である、淀どのの妹(お初でしたっけ)が、秀忠の正室であり、大奥の完成に尽力したなんて、皮肉にも思えます。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2364959.html
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。明知平にそんな看板があるのですか。かなり面白いことを聞きました。実は日光東照宮に行ったとき、徳川家の展覧会みたいなのをやっていました。その中に天海の肖像画があり、光秀説のことについて肯定的ふれていました。私は自分で調べた結果、天海は光秀ではないと結論づけましたが、天海はおそらく明智家とかなり親しい人物か一族だと思っています。しかし、そんな天海をどうして家康はだまって見ていたのかわかりません。家康は何らかの形で本能寺に関わっていたのでしょうかね。考えすぎですね。

お礼日時:2006/10/22 22:41

明智光秀は比叡山焼き討ち後、坂本を本拠地とし、焼失した西教寺の


復興に尽くしています。つまり・・・

日光東照宮に明智家の家紋がある、日光の明智平を命名したのは天海、
天海と春日の局(光秀家臣、斉藤通三の娘)、比叡山に光秀寄進の物が
ある(光秀死後なのに)

・・・これらは天海大僧正が明智光秀を慕っていたからではないでしょう
か。
仮に光秀本人だったとしても、わざわざ「私は生きていますよ~」みたい
な分りやすい、むしろ浅はかなことはしないのではないかと思います。
それを政治的に利用されて困るのは生まれたてでしっかりしていない
徳川政権なのですから。
 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事ありがとございます。私ももし天海が光秀ならわざわざ自分が生きていることを知らせるはずがないと思います。実はそこが一番ひっかかっています。ひそかに生きていたならありえそうな話ですが、あそこまでやると信じ難いです。

お礼日時:2006/10/22 22:33

江戸幕府の初期には光秀に直接会ったことのある人物も生きていました。


いくら年月を経てるとはいえ彼らが光秀に再会して気が付かないものでしょうか?
    • good
    • 4
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。実際にあった人とは誰なのでしょうか。この話は始めて聞きました。貴重な意見ありがとうございます。

お礼日時:2006/10/22 22:31

東照宮というより隣接する輪王寺では?


天海が世に出るまでのことが知られていないことと天海を紹介した者が明智家に所縁の者だった。光秀が生きていればほぼ同じくらいの年齢だったためでしょう。額の傷も同じだったという説もあります。
*比叡山に光秀寄進の物がある(光秀死後なのに)
比叡山といわず高野山にも光秀だけでなく諸大名の寄進というよりお布施を入れた人の碑がお墓という形であります。また、死後納めるようにという遺言で奉納する場合もあります。
同一人物か否かは疑わしいですね。私は別人だと思います。同一人物説では他に源義経=ジンギス・ハーンというのもありますね。確か九州だと思いましたが庄屋の某が秀頼だというのもあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。私も天海と光秀は別人のような気がします。ですが、何か光秀が哀れに思え、興味を持ちました。旅行で偶然行った先が西教寺で光秀一族の墓がありました。きっと天海も光秀が哀れに思ったのでしょうね。

お礼日時:2006/10/22 22:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山崎の戦い、光秀の味方は何故少なかったのか?

 本能寺の変で明智光秀が信長を討ちますが、その後の山崎の戦で羽柴軍に敗れます。
 大義名分では主君の仇討ちの秀吉に理がありますが、軍勢の数にかなりの差があります。細川、筒井、高山など、光秀の頼みとしていた武将はことごとく秀吉方に付きます。光秀は謀反人ですが、当時、信長に反旗を翻していた勢力もかなりあったはずです。
 各武将はお家の行く末を案じての決断だとは思いますが、秀吉と講和した毛利は別として、その他の反信長勢力を糾合できなかったのでしょうか?
 11日天下として、上杉、長曾我部など援軍を集められなかったのでしょうか?丹羽長秀は大坂にいたそうですが、四国征伐には行ってないでしょうか?

Aベストアンサー

 一般の常識的回答からは逸脱しますが・・・

 明智光秀は、細川藤孝が自分の側につくことを確信していた様に感じられます。
 
 細川藤孝はこのとき、息子忠興共々髷を落としてしまい、中川・高山などと違い中立を守ります。また、光秀の娘で忠興の妻であった玉(ガラシャ)を離縁し幽閉ますが、結局正妻の座に戻しています。

 武士が髷を落とすのは、侘び・恭順を示す場合に行なわれる行為で、単に長年の盟友(元々二人とも足利将軍家の家来であった。)と袂を分かつとしても、髷まで落とす必要性があるとは考えにくいことです。
 細川藤孝と明智光秀の間には、他人には知りえない何らかの盟約があって、その盟約を破る侘びと考えれば、光秀の娘をほとぼりが冷めた頃に息子の正妻に戻すというのも、せめてもの罪滅ぼしで納得できる感じがします。

・細川藤孝が明智側についた場合

 細川藤孝は、関が原の合戦の時には手勢五百ほどで一万五千の軍勢を丹後田辺城で釘付けにしたほどの戦略家。そして、細川が味方していれば、洞ヶ峠を決め込んだ大和の筒井順慶は光秀側についたはず。

 更に、兵力不足と指揮官不足で二正面作戦を行なえなかったために、一度安土城を攻め取りそれから軍を戻したため時間のロスが生じ、京と大阪の間の山崎が戦場となったのが、実際の歴史の展開。

 歴史にIF(もし)はないが、細川藤孝が中国攻めの進軍体制のまま明智側についていれば、細川藤孝が東の安土城を攻略し、明智光秀と筒井順慶は、西の大阪城にいた丹羽長秀・織田信孝軍(本能寺の変を聞いた兵が逃亡し兵力が半減。軍としての機能を喪失していた。)を撃破。その時点で中川・高山軍も明智軍に合流していた可能性が高い。

 ここに羽柴秀吉軍が攻めてきたとしても、兵力は山崎の合戦とは全く逆。また地の利も大阪城を占領し摂津を押さえた明智側が有利。
(その情報を得れば、羽柴軍は摂津に進軍しなかっただろう。結局播磨で持久戦体制を取らざるを得ない。)

 織田の五軍団+徳川家康の状況
  明智軍‥‥畿内の支配・経済を確立・朝廷利用。
  羽柴軍‥‥明智・毛利に挟まれて活動不能。
  丹羽軍‥‥壊滅
  柴田軍‥‥上杉との対峙で釘付け(史実)
  滝川軍‥‥北条の攻勢で壊滅(史実)
  徳川軍‥‥信濃・甲斐を切り取る(史実)

 この後どうなるかは分からないが、明智か徳川の政権になった可能性が高いと思われる。
 
 歴史上のことですし、敗者の明智光秀についての資料が多く失われていること、勝者の側に立った細川幽斎と敗者との関係ですから、今後も確定的資料が出てくることは考えられません。
 ですが、朝廷も絡んで(近衛前久・吉田兼見は変の後、織田信孝に狙われたらしい。)細川藤孝と明智光秀の間には、何かしらあったような資料が散見されます。

 キャスティングボードを握るキーパーソンが、どちらに動くかで、結果が大幅に変わってしまう(関が原の合戦もまたしかり。)ことは、よくあるように思います。

 一般の常識的回答からは逸脱しますが・・・

 明智光秀は、細川藤孝が自分の側につくことを確信していた様に感じられます。
 
 細川藤孝はこのとき、息子忠興共々髷を落としてしまい、中川・高山などと違い中立を守ります。また、光秀の娘で忠興の妻であった玉(ガラシャ)を離縁し幽閉ますが、結局正妻の座に戻しています。

 武士が髷を落とすのは、侘び・恭順を示す場合に行なわれる行為で、単に長年の盟友(元々二人とも足利将軍家の家来であった。)と袂を分かつとしても、髷まで落とす必要性が...続きを読む

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q「息災」の意味(語源)について

よく「無病息災を祈願して」とか「お蔭様で息災で」とかいいますね。この息災という言葉の語源をご存知の方いらっしゃいましたらぜひお聞きしたいのです。
「無病」はよくわかりますが、健康とか平穏でとか言う意味になぜ「息災」なのか。そもそも「息」の「災」と書くので何かしら「災」にはよくない意味が含まれているように思います(昨年は「災」の年でしたし)。
日本語の教養を深める意味で、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ(/は)。

>息災という言葉の語源をご存知の方・・・
*仏教用語からきています。そして日本語になった語源は中国語です。
a:(仏の力で)一切の災厄(さいやく)を無くす。
b:無事安泰である。・・・という意味になります。

以下の段落は、私の推測です。------ここから
インド仏教で"災厄を無くす(取り除く)"の意味に相当する言語が中国に伝わってから、中国語で「息災」という文字で表しました。その後、古・中世代の日本人が中国に渡って学問を勉強する過程において、日本語に取り入れられた言語と推測できます。------ここまで。

現代中国語でも「息災」の言語は使用されています。
中国標準語(北京語)での発音は、xi zai(シー ザイ)。日本語の音読み、ショク(息)とサイ(災)に似ています。中国語での意味は日本語になった「息災」と全く同じです(上述)。

以下は、中国語における一文字の意味;

息:xi。会意文字(複数の文字の部品が合わさってひとつの意味になる字)。
2800~3000年位前から有る文字です。
a:気息(きそく)。
b:ため息。
c:生長。増長。繁殖・繁育。
d:息子や娘の意。
e:お金に付く利子の意。
f:息を休める。(動詞)。
g:停止する。休息する。(動詞)。
h:消滅・消失する。(動詞)。
i:安らかにさせる。安寧(動詞)。
j:音信。
k:消息(しょうそく)。
l:慰労する。(動詞)。

以上の、g:h:iの意味から、停止する、無くす の動詞用法の意で使用されています。
---
災:zai。象形文字。3100~3700年前の甲骨文字に原型がありますが現在の字形とちょっと違います。火の上は"川"を表し、火は文字通り"火"の意。"災"一字の元々の意は"水害/火災"になります。
a:水・火・兵・荒・虫・旱(ひでり)などに起因する災いや害の意。(いわゆる災禍(さいか)のことです。良くない事は全部この一文字で表せますね)。
b:人が不幸に遭遇すること。
---
以上のように「息+災」は「動詞+名詞(目的語)」で、「災いを停止・消失させる」になります。
「無病息災を祈願して」は、病が無く災いを消失させる事をお祈りいたします/病が無くて災いも無いことを祈ります。
「お蔭様で息災で」は、(皆さんの)お陰で無事安泰でございます。

ほんとに、災いだけは真っ平御免です、皆様がたの無病息災を祈ってやみません(^^♪。

こんにちわ(/は)。

>息災という言葉の語源をご存知の方・・・
*仏教用語からきています。そして日本語になった語源は中国語です。
a:(仏の力で)一切の災厄(さいやく)を無くす。
b:無事安泰である。・・・という意味になります。

以下の段落は、私の推測です。------ここから
インド仏教で"災厄を無くす(取り除く)"の意味に相当する言語が中国に伝わってから、中国語で「息災」という文字で表しました。その後、古・中世代の日本人が中国に渡って学問を勉強する過程において、日本語に取り入れ...続きを読む

Q明智光秀はどんな人だったの?

明智光秀の性格を教えてください
どんな人物でどんな性格だったのかがわかる、エピソードなり諸説を
知っている方いたら、ぜひ教えてください。
例えば、疑りやすい性格だったから、信長を信じきれずに
討ってしまったなど…
意外と知られていない情報があればすごく助かります。
できれば、その情報が載っている本やアドレスも教えてください。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

人柄ということですので、ちょっとしたエピソードを紹介したいと思います。

光秀の奥さんは、煕子さんという人だったのですが、
実はこの煕子さんは、光秀の元にお嫁に来る前に疱瘡という病気にかかり
顔に醜い痕が残ってしまったそうです。

煕子さんの実家では、織田の重臣明智光秀の嫁になる人だ
醜い煕子でなく、親戚の子を煕子ということにして、
光秀の下に送ろうと決めました。

だけど、光秀は偽者である事をすぐに見抜いてしまいます。
そして、煕子の実家に使者を送りこう告げます。
「約束の煕子さんが、疱瘡にかかったと噂は聞いてます。
 ですが、何も気にしないで、どうかお嫁に来てください。」と

こうして煕子は、無事に光秀の元に嫁入りします。

しかも、光秀は側室を持たず、この煕子を生涯ただ一人の妻として愛します。

以上のエピソードから、光秀は大変潔癖な人物であり、
とても優しい人柄を持ち合わせた、戦国時代には珍しいタイプの人だったようです。

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q織田信長が本能寺の変で死ななかったらどうなっていたでしょうか??

織田信長が本能寺の変で死ななかったらどうなっていたでしょうか??
個人的には信長が天下統一をして、他の国を侵略していたんじゃないかと思います。
(すぐに病死したなどはやめて下さい)実際塩分を取りすぎて健康ではなかったようですが・・・

Aベストアンサー

 織田信長の経済感覚や「天下布武」と言うスローガンから見て、もしあと20年、信長が生きていたら相当違った世界があったでしょう。

 信長の過去の方針や、商業振興による富の蓄積・天下平定による武士の余剰(秀吉の朝鮮出兵や徳川家による大坂の役・大名の取り潰しなどはその影響という説も。)からみて、フィリピン・東南アジアへの進出はかなり大規模であったと考えられますが、他国への侵略という面の支配ではなく、当時のヨーロッパ諸国がやっていたような植民都市建設=貿易拠点整備という形で、既に出来上がりつつあった東南アジアの日本人町をネットワーク化していったのではないかと思います。(経済感覚が並外れた政治家である信長ですから。)


 信長の行動から見る限り、天下布武とは、武士だけに当てはまるのではなく、常にその分野で革新的・積極的(=戦闘的)であり続けることを意味しているように思います。

 宗教であれば、より哲学的で民衆救済に努力し続けるものを良しとする。
 商人であれば、より安く安定した物資供給を目指す者を良しとする。
 農民であれば、開墾・治水に努力し、より多くの収穫を目ざす者を良しとする。

 つまり、今の自由主義のような、貿易・経済活動を目指していたと思われます。

 また戦争がなくなっても、織田軍団は得意の土木工事(豊臣政権に引き継がれます。)をする公共・インフラ整備部隊として(ローマ帝国の軍団がそうでした。戦いのないときは、都市建設・道路・水道・港湾整備などの公共工事をやっていました。)全国展開・海外進出したと思われます。

 更に一つの夢物語ですが、アメリカ西海岸への植民が行なわれたかもしれません。1620年、イギリスからアメリカへメイーフラワー号に乗っていった移民が、今日のアメリカ合衆国の基礎となる移民の始まりとされています。

 信長が本能寺で死ななければ、1585~90年ごろには、日本全土の統一は十分可能ですから、1595年頃からアメリカに移民が始まり、1650年ごろには、アメリカ西海岸に広大な日本の植民地が出来上がっていたかもしれません。(日本からアメリカは、ヨーロッパから行くより大分遠いのが難点ですが・・・)
 新大陸に、アジア系仏教国が出来ていれば、世界史における白人・アジア人種の立場が逆転した世界になっていくはずです。

 織田信長の経済感覚や「天下布武」と言うスローガンから見て、もしあと20年、信長が生きていたら相当違った世界があったでしょう。

 信長の過去の方針や、商業振興による富の蓄積・天下平定による武士の余剰(秀吉の朝鮮出兵や徳川家による大坂の役・大名の取り潰しなどはその影響という説も。)からみて、フィリピン・東南アジアへの進出はかなり大規模であったと考えられますが、他国への侵略という面の支配ではなく、当時のヨーロッパ諸国がやっていたような植民都市建設=貿易拠点整備という形で、既に...続きを読む


人気Q&Aランキング