プロが教えるわが家の防犯対策術!

社員で病気のため、傷病手当金を受給している人がいるのですが、9月から休んでいるので、賞与が支給されることになりました。
が、本人が入院していることや、諸事情により振込にせず、現金支給にすることになったのですが・・・

休んでいる間の社会保険料や住民税を、会社が立替えているので相殺を考えているとのことです。
でも、年末調整があるので、賞与の処理(社会保険料の報告も)をしないといけないと思うのですが、どのような仕訳をすれば良いのかわかりません。

立替金との相殺は、とりあえず後ですることにして、例えば10万円が支給額でそこから社会保険料など預り金を差し引いて、最終的に支給する金額を現預金にしない方法はどうすれば良いのでしょう?
未払費用かな?と思ったのですが・・・
頭が混乱してきてしまって。
年調処理があるので、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

仕訳としては、「未払人件費」という科目があれば未払人件費、なければ未払費用が良いですが、未払金でも間違いではありません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
上司に相談したところ、未払いにしておいてと言われました。
とりあえず、未払費用にしておこうかと思っています。

お礼日時:2006/12/12 19:45

 あなたも辛い経験をしようとしています。

同僚として出来る限りの面倒を見て上げてください。時には見舞いも忘れないようにしてください。好きそうな本か生花がよいでしょう(^・^)鉢物は後が大変です。

 ht218さんお礼の言葉有難う。その下の方に病欠について加えてありましたが労働協約書を交わしていませんか。内容が沢山あるので関係したものだけ簡単に書いておきます。参考にしてください。組合がなければ会社との交渉になると思います。

※ 私傷病による欠勤ならびに休職の場合。(勿論有給休を消化して欠勤や休職になった場合ですよ。)

 (1)私傷病による欠勤の場合。勤続年数によって欠勤期間を欠勤消化することができる。

 (2)私傷病による休職の場合。勤続年数によって休職期間を休職消化することができる。

 (1)も(2)も消化すれば自然退職。

※ 通勤途上災害による出勤扱い・欠勤ならびに休職の場合。

 (1)通勤途上による場合の出勤扱い期間に対しての勤続年数XX年に対して欠勤期間がXXX日消化できる。

 (2)通勤途上による場合の出勤扱い期間に対しての勤務年数XX年に対して休職期間がXXX日消化できる。 

 (3)XXX日以上は打ち切り、この場合も自然退職になります。このような協約書は交わしていませんか?もし何年も続く場合はどうしますか?正常な勤務が出来ない場合は福祉の方の管轄になると思います。

 給与もX%ダウンになるはずです。これは貴社の基準になると思います。

 参考の為に書き添えました。労働協約書を調べてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もありがとうございます。
実は、倒れた人の後任としてわたしが、採用されたので、一面識も無いのです。

また、当社は法人成はしていますが、もとは会計事務所です。なので、会社規定のようなものは誰も目にしたことがありません。
全て、所長の判断です。
会計事務所なら、何故、仕訳の仕方を同僚達に相談しないのかと疑問に思われるでしょう。

みんな、今忙しい時期であるというのもありますが、自社の社員の給与に関することであり、他の社員には相談はできません。所長も迷っているのか、意見がころころかわり、判断待ちの状態です。

お礼日時:2006/12/15 21:23

 あなたの悩みがやっと理解できました。

立替金は、本人受け取り給与分と言うより、賃金(給料)そのものが立て替え金じゃないですか。科目が解らなく賃金計算が分からないと思って順序を書きましたが、悩みは別だったのですね?

 又控除分もそっくり立て替えているのですね?最終的には退職金と相殺と言うより貸し倒れ損、つまり会社の損と言うことになるのではないですか?上司の命令を仰ぐしかありません。

 余計なことですが、労務関連ですが、有給休暇も付与分全て消化したではありませんか?病欠勤になれば給与減額もしなければならないし、欠勤期間が切れたら自動的に自然退職と言う形がなります。

 会社でも決まりの中で処理されるので含んで置く必要があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。
傷病手当金を受給されているので、給与については立替金はありません。
ただ、本人負担の社会保険料は立替しています。

前述のように、賞与が支給されるのですが、立替えている社会保険料と相殺するために、本人口座に入金せず、現金支給を考えているところですが、本人が入院中で、ご家族の方の同意も得ていないので、賞与の支給は保留にしているところです。
今の時点では、退職金との相殺は金額的に可能です。

一般的には病気で、欠勤を重ねていると退職勧告できるのでしょうか?
会社規定には、記載がないようです。

お礼日時:2006/12/13 20:16

社会保険や、住民税を会社で立替て支払した時の仕訳から記載してみます。



<立替時>
立替金/法定福利費 10000 社会保険料本人負担額
立替金/預り金    2000 住民税徴収

休暇期間が何か月もあるかもですが、割愛しますね。
会社がこの方に対して立替えしている合計額は12000円。

<賞与支給時>
賞与/未払費用    20,000 賞与支給
未払費用/法定福利費  2,000 賞与 社会保険料徴収
未払費用/預り金    1,000 賞与 源泉税
未払費用/立替金   12,000 立替社保・住民税相殺

差引本人に支給する金額(未払費用残高)→5,000

こんな感じになろうかと思います。

本人さんにはわかりやすく、会社がこれこれの立替をしていた旨を伝えて、本来支払する賞与の額から徴収してあることを伝えると親切ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

立替金は、賞与では全額相殺できそうにありません。
また、立替金は社会保険料や、住民税を支払う時に計上しているので、相手科目は現預金になっています。
それでも良いのでしょうか?

相殺をいつ行うかはわかりませんが、退職金との相殺か、若しくは足らず分を現金で本人から徴収しようか、上司も悩んでいるようなのです。
もともと、経理担当の方ですので、わかるとは思いますが、脳出血をおこされたので、記憶がどの程度なのかは不明です。

社会保険料、住民税のほかに、支払い済みで処理されていた現金での経費支払いが、本当は未払いだったことが判明し、その分も徴収するようです。

前述のように、立替金は、社会保険料や住民税については記録として残していますが、振替伝票はNo.3様のように起票していません。
立替金の元帳には記録として残っているのですが、倒れた前任者の方が処理していた方法を引き継いでいます。
立替金処理というものを、したことが無かったもので・・・
それでも大丈夫でしょうか?
申し訳ありませんが、再度、ご回答願いませんでしょうか?

お礼日時:2006/12/12 20:06

 正社員と言う設定での科目&処理を書きます。



※ 科目

 ◎ 大科目。製造原価(小科目・賞与手当)・・・・製品を製造している。

 △ 大科目。販売費・一般管理費(小科目・賞与手当)・・・・販売「セールス」をしている。管理(一般管理費は支社・本社の人)一般的にこの立場の人を指している。

 * ◎も△も法定福利があれば原価要素に入れます。

 * 前払い費用・・・・社会保険を計上のとき。

 * 預り金・・・・・・税金を計上のとき。

(例) (1)賞与総額-(2)社会保険(傷病手当)-(3)住民税ー(4)所得税=(5)賞与手当て。

※ 仕訳

 A (1)(借方)製造原価/(1)(貸方)未払い費用・・・・(1)総額計上。

 B(1)(借方)未払い費用/(2)(貸方)前払い費用・・・・(2)を計上。

 C(1)(借方)未払い費用/(3)(4)(貸方)預り金・・・・(3)(4)を計上。

 D(1)ー(2)ー(3)ー(4)=(5)(借方)未払い費用/(貸方)現金・預金・・・現金は入院の人へ預金は外の人へ振り込む。

※ B・Cの処理。

 E (2)(借方)前払い費用/(貸方)預金・・・・納付日に納付。

 F (3)(借方)預り金/(貸方)預金・・・・・・納付日に納付。

※ 勘違いしないように(^-^)(前)未払い費用と(後)未払い金の違いについて・・・・(前)は当月控除して翌月支払い。(後)は忘れた場合など。(前)は当期の貸借対照表の負債に記載されるので此れを考慮して下さい。

 ややこしいので、もし疑問に思った時は教本を紐解いてください。一応自信ありにしておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
復帰がむずかしそうなのと、立替金が賞与より上回りそうなので、未払費用にしようかと思っています。

お礼日時:2006/12/12 19:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q仕訳 健康保険の還付金

新前の経理担当者です。
加入している健康保険組合から、社員に対する「還付金」が普通口座に振り込まれました。
社員に対しては、現金で支払い仕訳を「雑費/現金」で処理したのですが、普通預金については「普通預金/××××」でどうすべきか困っています。※雑収入とした場合に、消費税が関わると思われるため
知識のあるご親切な方の回答をお待ちしております。

Aベストアンサー

> 加入している健康保険組合から、社員に対する「還付金」が普通口座に振り込まれました。
還付金が入金されたと言う事実だけ書かれても、還付された理由とか、何が還付金として入金されたのかが不明では困ります。

1 過去に納付した保険料が過剰だったから、保険料が還付された?
・還付金は事業主負担分と被保険者負担分が合算されているので、先ずは夫々の金額を掴んでください。そして、どの労働者が還付の対象となった者なのかと言う点と、夫々の労働者に対して幾ら還付金を渡すのかを調べる必要もあります。
 ・還付金自体の仕訳は、次のようになります
   借方)普通預金 ××× ←振込まれて来た金額
  貸方)法定福利費 △△△ ←事業主負担分
        預り金   ○○○ ←被保険者負担分
 ・労働者へ返金(例えば現金払い)した際の仕訳は
   借方)預り金 ○○○
    貸方)現金  ○○○

2 健康保険の保険事業の一環として、被保険者が支払った代金(注)の一部が入金?
  (注)健康保険によって異なるが、次のような物が考えられる
    保養施設の利用代金
    インフルエンザなどの予防接種
    人間ドック等の料金。
  ・この場合は、どの労働者が還付の対象となった者なのかと言う点と、夫々の労働者に対して幾ら還付金を渡すのかを調べた上で、夫々の労働者へ還付金を渡す必要が有ります。
  ・還付金自体の仕訳は、次のようになります
   借方)普通預金 ××× 
  貸方)預り金  ×××
 ・労働者へ返金(例えば現金払い)した際の仕訳は
   借方)預り金 ×××
    貸方)現金  ×××

3 保険給付金(傷病手当金など)や付加給付金が入金?
考え方及び仕訳は上記2と同じです。

> 社員に対しては、現金で支払い仕訳を「雑費/現金」で処理したのですが、
> 普通預金については「普通預金/××××」でどうすべきか困っています。
> ※雑収入とした場合に、消費税が関わると思われるため
外部から社員に対して渡すべき金銭が会社に入金された場合には、「預り金」勘定で処理をするのが一般的です。
この場合、損益計算書の科目である「雑益」「雑費」を使うのは根本的な間違いです。
それと、この件を上司は知っていますか?

> 加入している健康保険組合から、社員に対する「還付金」が普通口座に振り込まれました。
還付金が入金されたと言う事実だけ書かれても、還付された理由とか、何が還付金として入金されたのかが不明では困ります。

1 過去に納付した保険料が過剰だったから、保険料が還付された?
・還付金は事業主負担分と被保険者負担分が合算されているので、先ずは夫々の金額を掴んでください。そして、どの労働者が還付の対象となった者なのかと言う点と、夫々の労働者に対して幾ら還付金を渡すのかを調べる必要もありま...続きを読む

Q休職中の社会保険料の経理処理について

休職中の社会保険料の経理処理について
現在妊娠27週で2月後半から切迫流・早産で休職中です。
2月、3月分の給料は有給扱いで全額支給されました。
4月から無給となり、産休開始(7月始め頃)まで傷病手当の支給を考えております。

会社は産休終了(9月分)までの自己負担分の社会保険料を納めるように言ってきましたが
その処理の仕方がおかしいような気がします。
従業員5人の小さな会社で経理は社長の奥様がやっており、休職や産休時の手続きが初めてで
給料明細や帳簿の載せ方がわからないようです。

今回言われたのは、4月分の給料(末締め、10日払)で
社会保険料分を給料で支給したようにして同額を社会保険料として差引き
差引支給0円にする方法でいいかと言って来たのです。
私が支払う分の保険料はなぜだか表だって帳簿に載せることが出来ないとのことで
振込みの口座も会社ではなく奥様の口座を指定してきました。
でもこれだと給料が出たことになってしまいますよね?
そうなると所得税や雇用保険料も発生しませんか?
傷病手当と出産手当を請求するのに、もらってない給料でも少しでも出てしまうと
手当の支給額が制限されてしまい満額もらえませんよね。
確定申告時も損する気がするのですが…
産休や休職といった場合の社会保険料は
給料明細や会社の経理の帳簿上どのような処理をするのでしょうか?

私が聞くのもおかしいような気もしますが、手当ての申請にあたって書類は出してあげるけど
トラブルがあっても会社はノータッチで自分で対応しろと言われて困っています。
経理の処理方法などご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

休職中の社会保険料の経理処理について
現在妊娠27週で2月後半から切迫流・早産で休職中です。
2月、3月分の給料は有給扱いで全額支給されました。
4月から無給となり、産休開始(7月始め頃)まで傷病手当の支給を考えております。

会社は産休終了(9月分)までの自己負担分の社会保険料を納めるように言ってきましたが
その処理の仕方がおかしいような気がします。
従業員5人の小さな会社で経理は社長の奥様がやっており、休職や産休時の手続きが初めてで
給料明細や帳簿の載せ方がわからないようです。

今回言...続きを読む

Aベストアンサー

当方、一般企業で経理・総務業務を行なっている(勤務)社会保険労務士です。

4月からは無給なので、健康保険料・厚生年金保険料・個人住民税は発生いたしますが、給料・雇用保険料・源泉所得税は発生いたしませんので、推測されている会社の処理はおかしいですね。
○会計処理
このような場合、弊社では無給者の分は、以下のような仕訳を起こします
[給料日]
 (借方)未収入金 ××
   (貸方)預り金 ××[健康保険料]
       預り金 ××[厚生年金保険料]
       預り金 ××[住民税]
[保険料及び住民税納付時](毎月10日)
 (借方)預り金 ×× (貸方)現預金 ××
[個人負担分を受け取った時]
 (借方)現預金 ×× (貸方)未収入金 ××
○賃金明細
 給料額   0
 社会保険料 ××
 社会保険料控除後 △××
 所得税   0
 住民税  ■■
 支給額 △××

> 私が聞くのもおかしいような気もしますが、手当ての申請にあたって書類は出してあげるけど
> トラブルがあっても会社はノータッチで自分で対応しろと言われて困っています。
法律上は、権利者である被保険者の任意申請なので、会社の言う通りなんですよ。
でも、実際には会社(事務担当者)が間に立って、役所等との揉め事を納めますよね。

当方、一般企業で経理・総務業務を行なっている(勤務)社会保険労務士です。

4月からは無給なので、健康保険料・厚生年金保険料・個人住民税は発生いたしますが、給料・雇用保険料・源泉所得税は発生いたしませんので、推測されている会社の処理はおかしいですね。
○会計処理
このような場合、弊社では無給者の分は、以下のような仕訳を起こします
[給料日]
 (借方)未収入金 ××
   (貸方)預り金 ××[健康保険料]
       預り金 ××[厚生年金保険料]
       預り金 ××[住民税]
...続きを読む

Q受講料の仕訳の仕方

仕訳の仕方を教えて下さい。

仕事で必要な講習を会社負担で社員に受講させました。このとき、受講費用はどういう勘定科目にすればいいのでしょうか?

受講すると資格が得られるのですが、個人に対する資格ではなく、会社に対する資格となります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の方が答えてみえるように「福利厚生費」で一般的にはよろしいかと思います。
また、講習会などがよくある場合には、「研修費」なんていう科目を使われても良いと思いますよ。
今年から「人材育成投資税制」なんてのも始まりましたんで、人材育成関係の費用だけ「研修費」なんていう別科目で管理しておくとわかりやすいかもしれませんね。

Q休職中の社員の厚生保険料を会社でたてかえるのは

うつ病で休職中の社員がいるのですが、有給休暇などもない零細企業で働いており
一ヶ月丸まる欠勤したら、厚生保険料もはらえないのですが
一時的に厚生保険料などを会社で立て替えることなどは可能なのでしょうか。
そのばあい振替伝票などにはどのようにかけばいいのでしょうか。
素人的な質問ですみません。

Aベストアンサー

例えば虫垂炎等で摘出手術で欠勤なら欠勤期間も予想がつくので立て替え納付もよいのですが,鬱病は種類もいろいろあって何時になったら出勤できるか予想がつかない人の,たてかえは止める事をすすめます。

前例を作ってしまえば,次に同じように長期に欠勤する人がいたら同じように扱わねばなりません。零細企業であれば二人三人と出た場合しゅうしゅうがつかなくなりませんか?


振替伝票は下記のように起票してください。
法定福利費999(会社が従業員の社会保険料折半で納付する勘定科目です。)/現預金999(で支払っておいて)全快して出勤して給与を戴いたとき,会社が立て替えた金額を,現預金999/法定福利費999で入金です。

Q保険料の戻りの仕訳

事業用の車の自動車保険の内容を変えたので、保険会社からお金が事業用の預金通帳へかえってきました。
この場合の仕訳を教えて下さい。

Aベストアンサー

保険料の支払が期中なら、
預金 **** / 保険料 ****
で、戻すことが出来ます。

期をまたいでいるのなら
預金 **** / 雑収入 ****
で処理します。
 

Q住民票の発行手数料に消費税は課税?不課税?

住民票の発行手数料に消費税は課税でしょうか、それとも不課税でしょうか?また、印鑑証明書は同じくどちらでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務の提供》の規定により非課税となるのは、次のものであるから留意する。
(1)  法令(法律、政令、省令又は大臣告示のほか条例及び規則を含み、業務方法書又は定款等は含まない。以下6-5-2までにおいて同じ。)に基づいて行われる次に掲げる事務の手数料、特許料、申立料その他の料金(以下6-5-1において「手数料等」という。)で、その徴収について法令に根拠となる規定があるもの。
イ  登記、登録、特許、免許、許可、認可、承認、認定、確認及び指定
ロ  検査、検定、試験、審査及び講習(令第12条第1項第1号イからニまで《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げる事務のいずれにも該当しないものを除く。)
ハ  証明(令第12条第1項第2号《非課税となる国、地方公共団体等の役務の提供》に掲げるものを除く。)
 (以下略)

・住民票は「ハ」に該当しますから、非課税ですね。

http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/06/05.htm

 こんにちは。

・税金の課税と言うのは、個人の財産を制限する最大の物ですから、すべて法令などで定めがあります(租税法令主義)。

・消費税法基本通達
 ご質問の件につきましては「消費税法基本通達」に、非課税の範囲として、次のとおり定めがあります。

(非課税となる行政手数料等の範囲等)
6 -5-1 国、地方公共団体、法別表第三に掲げる法人その他法令に基づき国若しくは地方公共団体の委託又は指定を受けた者が徴収する手数料等で法別表第一第5号イ及びロ《国、地方公共団体等が行う役務...続きを読む

Q傷病手当金の扱い

平成24年に、4月から1ヶ月半ですが、
体調を崩し、休職をしました。

その後自社より、傷病手当金が支給されたのですが、
この手当金は年収に含まれ、平成24年度の源泉徴収票に
記載の年収にも含まれるのでしょうか?。

アドバイスを頂けますと助かります。

Aベストアンサー

>傷病手当金が支給されたのですが、この手当金は年収に含まれ、平成24年度の源泉徴収票に記載の年収にも含まれるのでしょうか?。

「傷病手当金」も「収入」ではありますが、「【健康保険の給付金としての】傷病手当金」であれば、「税法上の給与所得」には該当しません。

つまり、『給与所得の源泉徴収票』の「支払金額」には含まれません。

『所得の区分のあらまし>給与所得』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1400.htm

また、「健康保険の傷病手当金による収入」は「非課税」であるため、「税法上の所得金額」としては「0円」とみなされ、申告の必要もありません。

『非課税所得とは』
http://shotokuzei.k-solution.info/2006/03/post_84.html

---
(備考)

上記はあくまでも「税法上の取り扱い」です。
制度が違えば、どう扱うかは違ってきます。

例)『健康保険(協会けんぽ)の扶養にするときの手続き』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=2278
>>…被扶養者の収入には、…健康保険の傷病手当金や出産手当金も含まれますので、ご注意願います。

>傷病手当金が支給されたのですが、この手当金は年収に含まれ、平成24年度の源泉徴収票に記載の年収にも含まれるのでしょうか?。

「傷病手当金」も「収入」ではありますが、「【健康保険の給付金としての】傷病手当金」であれば、「税法上の給与所得」には該当しません。

つまり、『給与所得の源泉徴収票』の「支払金額」には含まれません。

『所得の区分のあらまし>給与所得』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1400.htm

また、「健康保険の傷病手当金による収入」は「非課税」であるため、「税法...続きを読む

Q社会保険、労働保険の仕訳

こんにちは。
労働保険料と社会保険料を支払ったときの仕訳はどのようになるのでしょうか??

新入社員で経理を担当しているため、前期の仕訳を見たり、先輩に聞いて処理をしています。

●前期
・社会保険料
法定福利費 ××× /普通預金 ×××

・労働保険料
法定福利費 ××× /普通預金 ×××

●今期(これは先輩に聞いて仕訳をしました)
・社会保険料
預り金 ××× /普通預金 ×××
保険料 ××× /

・労働保険料
法定福利費 ×××/普通預金


となっていました。どうして前期と今期が違うのか??
ネットで調べた結果、
・社会保険料
預り金 ×××   /普通預金 ×××
法定福利費 ××× /

・労働保険料
法定福利費 ×××/普通預金

なのかなぁ~?と思っています。
先輩は出社していないし、正しい仕訳かどうか不安なのでこちらに質問させていただきました。
正しい仕訳おしえてくださいm(__)m

ちなみに、給与の支払い処理では
未払金 ××× /預り金 ×××
で処理しています。

よろしくお願いしますm(__)m

こんにちは。
労働保険料と社会保険料を支払ったときの仕訳はどのようになるのでしょうか??

新入社員で経理を担当しているため、前期の仕訳を見たり、先輩に聞いて処理をしています。

●前期
・社会保険料
法定福利費 ××× /普通預金 ×××

・労働保険料
法定福利費 ××× /普通預金 ×××

●今期(これは先輩に聞いて仕訳をしました)
・社会保険料
預り金 ××× /普通預金 ×××
保険料 ××× /

・労働保険料
法定福利費 ×××/普通預金


となっていました。どうして前期と今期が...続きを読む

Aベストアンサー

正しい仕訳は

・社会保険料
   預り金 ×××   /普通預金 ×××
   法定福利費 ××× 
  
・労働保険料
   法定福利費 ×××/普通預金

企業によっては 法定福利費を明確にするためにさらに補助科目を
使う場合もあります。その場合は
 法定福利費(社会保険料)
 法定福利費(労働保険料)
 とする場合もあります。

Q勘定科目について

エアコンの取り付け費用ってなんでしょうか?消耗品費でよろしいですか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

エアコンの取り付け費は、エアコン本体と一緒にして考えます。

購入価格が1ケ当り10万円未満のものは、購入時の経費として処理できます。
通常は「消耗品費」で処理をします。

10万円を超えて20万円未満の場合は、固定資産として「一括償却資産」に計上して、3年間で均等償却が出来ます。
この場合、期中の購入でも月割り計算の必要がなく、残存価格も0円です。

仕訳は下記のとおりです。
購入時
一括償却資産  / 普通預金又は現金
決算時
減価償却費 /一括償却資産

20万円を超えるものは固定資産として「備品」に計上して、法定の耐用年数で減価償却をすることになります。

なお、資本金が1億円以下の法人や自営業で、青色申告をしている場合は、要件を満たせば、30万円以下の固定資産は、固定資産(備品)に計上しますが、一括償却が出来ます。
なお、この30万円未満の一括償却の特例は、15年4月1日から平成18年3月31日までの取得分となっています。
詳細は、下記のページをご覧ください。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/sonota/houzin/1761/01.htm

減価償却については、下記のページをご覧ください。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/2100.htm

又、本体が既に有って、その移設のための取り付け費であれば、修繕費などで処理をします。

エアコンの取り付け費は、エアコン本体と一緒にして考えます。

購入価格が1ケ当り10万円未満のものは、購入時の経費として処理できます。
通常は「消耗品費」で処理をします。

10万円を超えて20万円未満の場合は、固定資産として「一括償却資産」に計上して、3年間で均等償却が出来ます。
この場合、期中の購入でも月割り計算の必要がなく、残存価格も0円です。

仕訳は下記のとおりです。
購入時
一括償却資産  / 普通預金又は現金
決算時
減価償却費 /一括償却資産

20万円を超える...続きを読む

Q勘定科目を教えてください。

来客用の飲料や茶菓子等の勘定科目は何にするのがいいのでしょうか?交際費?雑費?消耗品費?教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的には、その内容によって、会議費、福利厚生費、交際費に分かれるものと思います。

その場で商談する際に出す飲料や茶菓子であれば会議費、主として従業員のためのものであれば福利厚生費、来客へのお土産については交際費に該当するものと思います。
(飲料や茶菓子について、来客と従業員、どちらにも出す場合は、どちらが比重が大きいかで判断されれば良いと思います。)

ただ、金額がそれほど大きくなければ、雑費で処理する会社もあるとは思います。
(もちろん、そのうちの交際費については、税務上は交際費で処理すべき事となります)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング