会社員の人件費は給与の1.5~2倍くらいだと言われます。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1314537.html

↓ここにも、零細企業でも50万円くらいと書かれています(会社A)。
http://mox-motion.com/14521/

1.5倍にして50万円になるとすると、給与は33.3万円です。
会社Aの給与は、新卒16万円、以前は基本給が22~25万円だったと書かれていますから、平均すると33.3万円くらいなのでしょうか。

http://mox-motion.com/recruit/

これも「会社員の人件費は給与の1.5~2倍」に基づいた計算だと思われます。

--

しかしその内訳はどうなっているのでしょうか。

ここには交通費、社会保険料、労働保険料、その他支出を合わせて、給与が300万円だとすると総額は370万円だと書かれています。つまり給与の約1.23倍です。

http://plaza.rakuten.co.jp/kimuzei/diary/2008040 …
(下にある113%というのは交通費を除いているので無視してください)

1.23倍して会社Aの人件費50万円になるとすると、給与は40.6万円になります。
零細企業で平均給与40.6万円は高すぎます。
やはり会社Aは「1.5~2倍」で計算していると思われます。

33.3万円の1.5倍と1.23倍、金額にしておよそ9万円の差です。

この差は何でしょう。
おそらく、どこまでを人件費に含めるかという考え方が違うのだと思います。
1.5~2倍というのは、光熱費、家賃、設備費なども人件費に含めているのでしょう。
しかし、会社Aのような小さいオフィス(従業員10名)の光熱費、家賃、パソコン代を従業員数で割っても、9万円が埋まるとは思えません。

この9万円を埋める具体的な経費を教えてください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

人件費の内訳は次の通りです。



会社が従業員に支払い、従業員の財布に入るもの
・月例給与(役付手当、家族手当、住宅手当などを含む)
・賞与(夏冬の定例賞与のほか、勤続表彰、実用新案の報奨金を含む)
・退職金(退職金積立額含む)

会社が従業員を確保するための費用
・採用費(求人広告費など)
・通勤手当(通勤定期券代。従業員を自宅から会社まで連れてくる費用)

会社が従業員を確保し、あるいは一人前の社員に育てるために支払うもの
・教育研修費
・定期健康診断の費用(健康保険で賄えないもの)

会社が従業員のために、法律の強制力に従って支払うもの※
・健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料の会社負担分
・労災保険料

会社が従業員の退職後の生活のために、任意に制度を作って支払うもの
・企業年金制度に支払う保険料、掛金

会社が従業員の慰安のために支払うもの
・社員旅行の費用
・社内運動会、社内のクラブ活動のための費用
・社内忘年会の費用

会社が従業員に支払う慶弔見舞金
・従業員の結婚祝金
・従業員家族葬儀の香典



※法定福利費と呼んでいます。

例えば、月例の給与で25000円の健康保険料を天引きされている従業員の場合、会社は、25000円の健康保険料を上乗せして50000円にして健康保険組合へ納入しています。この上乗せ分が会社負担分の保険料であり、法定福利費です。健康保険法に、健康保険料の半分は従業員本人が、半分は会社が負担せよと書いてあるからです。

厚生年金保険料についても同じです。53000円の厚生年金保険料を天引きされている従業員の場合、会社は53000円を上乗せして106000円にして日本年金機構へ納入しています。

いずれの法定福利費も、かなりの金額になり、雇用主がまともに負担すれば、多くの中小零細企業は倒産するでしょう。

この回答への補足

法定福利費については、質問文の中に引用したURLに書いてありますので知っています。

http://plaza.rakuten.co.jp/kimuzei/diary/2008040 …

それを計算しても、人件費に一人当たり月9万円の使途不明金がある、それは何なのか、というのが私の質問です。

挙げて頂いた中で私が計算に入れてないものは、

・退職金
・採用費
・教育研修費
・定期健康診断の費用(健康保険で賄えないもの)
・企業年金制度に支払う保険料、掛金
・社員旅行の費用
・社内運動会、社内のクラブ活動のための費用
・社内忘年会の費用
・従業員の結婚祝金
・従業員家族葬儀の香典

になります。

大企業であれば、社員旅行などのリスト後半の福利厚生費が多いため、人件費が給与の2倍くらいになるというのはまあ納得できます。
ただ、今回例として挙げた会社Aは社員10人の零細企業ですから、それら福利厚生費が多いとは考えにくいです。
考えられるのは、退職金、採用費、教育研修費、くらいでしょうか。
それで一人当たり月9万円の出費になるでしょうか?

補足日時:2014/05/25 11:59
    • good
    • 11

ANo1ですが、補足質問の件は経営者に詳しい内訳を直接尋ねるしかないでしょう。



私は、上場企業を定年退職した者ですから、零細企業が計上する人件費がどのような内訳になってるかまでは分かりませんが、私自身の定年退職金は勤続30年(前職は勤続10年で転職)の約2,500万円支給でしたので、退職金の積み立て額も人件費計上の内訳に占める割合は馬鹿にならない(年間平均積み立て額約83万円)のではないかと思ってます。

また、賞与についても零細中小企業の算出額と上場企業の成績配分などを含めた算出額では支給額の差に開きが大きいようですし、人材育成に費やす教育費や福利厚生費などに充てる予算も人件費からの計上になるでしょうから、企業によって人件費の内訳も大きく異なってくるはずです。

従って、会社Aの人件費内訳が詳しく知りたかったら、経営者に直接尋ねるしかないでしょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

個人的な情報を提供いただきありがとうございます。

大企業の退職金積み立てがおよそ月7万円ですか。
それは知りませんでした。

会社Aのブログにコメント欄があれば人件費の内訳を質問したのですが、ないのでしませんでした。
さすがにメールまでして聞くのはやりすぎかと思いまして。

ただ、世間一般に「人件費は給与の1.5~2倍」という人が多いものですから(中には3倍という人もいます)、どの会社でもかかる費用が何かあるのだろうと思ったわけです。

計算上は、零細企業で福利厚生費を切り詰めて退職金がなければ1.23倍で済む筈なので、それなら「1.2~2倍」という方が正しい筈です。

お礼日時:2014/05/25 12:20

それはあくまでも平均的なものですから、、、



賞与、退職金、求人費用、教育研修費

もろもろのものが含まれてのことだと思いますよ。
光熱費、家賃なんかは含まれません。

それと会社にもよりますが小さい会社は
基本給を低くして、住宅手当や家族手当なんかで
補てんしているケースもありますしね。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

No.1の方の補足にも書きましたが、会社Aの社長は「人件費が50万円」といっています。
ですからそこには賞与も手当も含まれます。
それらすべてを含めて「給与」と呼びます(『給料』が基本給です)。
それが、おそらく平均33.3万円くらいだと推測されるのです。
↓ゲーム業界の給与のデータです。
http://cedec.cesa.or.jp/2013/documents/enquete.pdf

退職金、求人費用、教育研修費で一人当たり月9万円が埋まりますでしょうか?

人件費に光熱費、家賃を含まないとすると、人件費と給与の差がますます広がるのですが……。

質問の計算がややこしかったと少し反省しておりますが、要するに、推測される給与に対して人件費がずいぶんと高い、いったい人件費には何が含まれているのか? というのが私の疑問です。

補足日時:2014/05/25 00:23
    • good
    • 2

こんにちは。



内訳に、賞与支給分と退職金積立て分が抜けてます。

勿論、賞与や退職金のない零細企業もあると思いますが、正社員で採用した者に賞与や退職金がないと定年退職までの永年勤続なんてしてもらえないでしょうから、大企業のような高額な賞与や退職金の支給は出来なくても人件費に計上してる零細企業や中小企業は多いです。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

質問の計算ががちょっとややこしかったですが、ここでいう「給与」には賞与も含まれます。
会社Aの社長は「人件費が50万円」といっているわけですから、それは賞与も含めた額です。
しかしその50万円から交通費、社会保険料、労働保険料、その他支出を引いただけでは、月40.6万円になるわけです(つまり賞与を12で割って月々の給料に加えた額です)。

この40.6万円が社員の手元に丸々入るとは、ちょっと考えられないわけです。
会社Aはゲームのグラフィックの仕事をしていますが、ゲームのグラフィックの仕事の平均給与は月34万円というデータがあります(これも賞与を含めた額です)。
http://cedec.cesa.or.jp/2013/documents/enquete.pdf
大企業も含めてこれですから、零細企業の会社Aがそれより高いとは考えにくいです。

退職金の積み立ては可能性としてありますが、それだけで9万円が埋まるのでしょうか?

補足日時:2014/05/24 23:58
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qいきなりの部署移動で給与が9万下がっても違法ではないのでしょうか?

ワンマン社長の会社につとめていて
私の事が気に入らないという事で

嫌な噂をたてられ、ミスが多いと他の人では指摘されないような
荒さがしをされ
いきなりの部署移動で
給与が9万下がることが決定しました。

同じ部署に戻してほしいので
社長に「お話をさせてください」と言っても
「部長にすべて伝えてください」とだけで
部長は伝書バトのようにただ伝言を伝えてくるだけです。
これは、違法ではないのでしょうか?

総額が1賃金支払期(月給の場合は月給の金額)における賃金額の10%を超えてはいけません。
という内容を見つけたのですが…

どなたかおわかりになる方いらっしゃいましたら教えてください!

Aベストアンサー

減給が10%を超えてはいけないという規定は、労基法にあります。
ただし、「但し書」もあります。
あなたが、どこまで自分の優位性を主張できるかでしょう。

蛇足ながら、アメリカなどでは給料は年功序列は一切考慮されません。
自分の配属する部署ごとに給料が決まっています。
この部署のこのポストの人間の給料は幾らと決まっています。
従って、人事異動によりポストが変われば給料もそれに見合って
劇的に変わり生ます。
そのポストにいるのは誰かなど一切考慮されず、誰がそのポストに
いようと、そのポストの給料は幾らと決まっているのです。

割り当てたポスト以上の働きは一切望んでいません。
それだけやってくれれば良いのです。
そして、その仕事に見合う分の給料しか払いません。

極めて合理的と言えばそれまでです。

従って、働く方も自分に割り当てられた仕事以外は一切しません。
余分なことをしても給料は変わりませんから・・・・・・

Q配偶者や親族の所得が給与の場合、最低65万円の給与所得控除が受けられま

配偶者や親族の所得が給与の場合、最低65万円の給与所得控除が受けられます。とある本にあります。

と言う事は、勿論給与所得控除と言うのは、配偶者や親族親族の居る者のみと言う事でしょうか?

独身で扶養の無い者は、基礎控除(38万)と社会保険料控除だけでしょうか?

お願いします

Aベストアンサー

>所得控除と言うのは、配偶者や親族親族の居る者のみと…

そんなことありません。

>配偶者や親族の所得が給与の場合…

その本は不正確です。

>独身で扶養の無い者は、基礎控除(38万)と社会保険料控除だけでしょうか…

基礎控除や社会保険料控除などは「所得控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

名前が紛らわしいのですが、給与所得控除は「所得控除」ではなく、給与からの控除です。
商売屋さんの経費に相当するもので、サラリーマンには全員等しく与えられます。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm

所得税の求め方は、まず給与や商売の売上、つまり「収入」を「所得」に換算し、「所得控除」に該当するものの合計を引いた数字を「課税所得」と言い、課税所得に「税率」をかけ算します。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/226htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>所得控除と言うのは、配偶者や親族親族の居る者のみと…

そんなことありません。

>配偶者や親族の所得が給与の場合…

その本は不正確です。

>独身で扶養の無い者は、基礎控除(38万)と社会保険料控除だけでしょうか…

基礎控除や社会保険料控除などは「所得控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm

名前が紛らわしいのですが、給与所得控除は「所得控除」ではなく、給与からの控除です。
商売屋さんの経費に相当するもので、サラリーマンには全員等しく与えられます。
【給与所得】...続きを読む

Q社内飲食費について質問です。社内飲食費が、従業員の給与所得とみなされる

社内飲食費について質問です。社内飲食費が、従業員の給与所得とみなされる、ということはあり得るでしょうか?? どなたか、詳しい方がいらっしゃいましたら教えて頂きたく。

Aベストアンサー

通常の社内飲食費(会社の中で飲食を提供した。)では、その程度により会議費か交際費になりますが、給与となることはありません。
ただし、社内飲食代等として費用を負担した場合で、従業員等に常時支給される昼食等の費用やその使途が不明な場合等には給与と認められることがあります。

<参考>
1 会議、来客との商談、打ち合わせ等に際して飲食物等の接待をした場合の費用(措通61の4(1)-21)
 (1) 社内又は通常会議を行う場合において通常供与される昼食の程度を超えない飲食物等の費用→会議費
 (2) 昼食の程度を超える場合の飲食物等の費用→交際費


2 給与等と交際費等との区分(措通61の4(1)-12)
 (1) 従業員等に常時支給される昼食等の費用→ 給与
 (2) 従業員等に機密費、接待費、交際費、旅費等の名義をもって支給した金銭で法人の業務のために使用したことが明らかでないもの→給与

Q4月のみ給与倍、社会保険料の算定

3末で退職で辞表出していたものの直前になって後任が決まっていないので残って欲しいとの事ですったもんだあり、一か月延長して4末いっぱいまで、実働し、あとの5月6月は有給消化となりました。それ以降はパートの予定です。
不手際があったとのことで給与は倍出すとなり4月のみ倍になります。総支給は一か月40程です。
社会保険料は4.5.6月の給与で算定されると知りました。これって今後かなりの社会保険料の差が生まれるでしょうか?あまり差が出るようであれば退職金に上乗せでお願いと言おうと思っております。
無知なので教えて下さい。宜しくお願い致します

Aベストアンサー

確かに、4、5、6、月の給与に基づいて定時決定をします。けれども、定時決定による社会保険料は9月以後に適用されるものです。あなたは6月で退職してしまうのだから、定時決定には無関係なのです。心配しなくていいです。

会社の手続きとしては、6月で退職ですから、社会保険も6月でおしまいなのです。

Q子供に給与としてお金を出そうと思いますが、専従者給与なのか従業員給与なのか判断ができず困っています。

美容室を個人経営しています。今まで、自宅で経営していましたが息子夫婦と一緒にすることになり、自宅での経営を辞め、新しく店舗を作ることにしました。店舗の名義は私名義で、半分を店舗、半分を息子夫婦の住居としています。その場合、息子夫婦に渡す給与は専従者給与になるのでしょうか?それとも、従業員給与になるのでしょうか?生計は事実上別としていますが、私名義の店舗兼住居に息子夫婦が住んでいますので判断がつけにくいです。確定申告の提出期限も近く、専従者給与となるならば、届出もしないといけません。その場合、給与としては申告できません。どうか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>生計は事実上別としていますが…

「生計が一」とは、必ずしも一つ屋根の下に寝泊まりすることを言うのではありません。
お母様 (お父様?) と一緒に仕事をする以上、生計は一と考えられるでしょう。
専従者給与です。

>確定申告の提出期限も近く、専従者給与となるならば、届出もしないといけません…

月曜日はもう 2月 25日です。
年末ぎりぎりに専従者となったのでない限り、昨年分の申告に、今から専従者の届け出は間に合いませんけど。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2075.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報