ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

会社員の人件費は給与の1.5~2倍くらいだと言われます。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1314537.html

↓ここにも、零細企業でも50万円くらいと書かれています(会社A)。
http://mox-motion.com/14521/

1.5倍にして50万円になるとすると、給与は33.3万円です。
会社Aの給与は、新卒16万円、以前は基本給が22~25万円だったと書かれていますから、平均すると33.3万円くらいなのでしょうか。

http://mox-motion.com/recruit/

これも「会社員の人件費は給与の1.5~2倍」に基づいた計算だと思われます。

--

しかしその内訳はどうなっているのでしょうか。

ここには交通費、社会保険料、労働保険料、その他支出を合わせて、給与が300万円だとすると総額は370万円だと書かれています。つまり給与の約1.23倍です。

http://plaza.rakuten.co.jp/kimuzei/diary/2008040 …
(下にある113%というのは交通費を除いているので無視してください)

1.23倍して会社Aの人件費50万円になるとすると、給与は40.6万円になります。
零細企業で平均給与40.6万円は高すぎます。
やはり会社Aは「1.5~2倍」で計算していると思われます。

33.3万円の1.5倍と1.23倍、金額にしておよそ9万円の差です。

この差は何でしょう。
おそらく、どこまでを人件費に含めるかという考え方が違うのだと思います。
1.5~2倍というのは、光熱費、家賃、設備費なども人件費に含めているのでしょう。
しかし、会社Aのような小さいオフィス(従業員10名)の光熱費、家賃、パソコン代を従業員数で割っても、9万円が埋まるとは思えません。

この9万円を埋める具体的な経費を教えてください。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

人件費の内訳は次の通りです。



会社が従業員に支払い、従業員の財布に入るもの
・月例給与(役付手当、家族手当、住宅手当などを含む)
・賞与(夏冬の定例賞与のほか、勤続表彰、実用新案の報奨金を含む)
・退職金(退職金積立額含む)

会社が従業員を確保するための費用
・採用費(求人広告費など)
・通勤手当(通勤定期券代。従業員を自宅から会社まで連れてくる費用)

会社が従業員を確保し、あるいは一人前の社員に育てるために支払うもの
・教育研修費
・定期健康診断の費用(健康保険で賄えないもの)

会社が従業員のために、法律の強制力に従って支払うもの※
・健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料の会社負担分
・労災保険料

会社が従業員の退職後の生活のために、任意に制度を作って支払うもの
・企業年金制度に支払う保険料、掛金

会社が従業員の慰安のために支払うもの
・社員旅行の費用
・社内運動会、社内のクラブ活動のための費用
・社内忘年会の費用

会社が従業員に支払う慶弔見舞金
・従業員の結婚祝金
・従業員家族葬儀の香典



※法定福利費と呼んでいます。

例えば、月例の給与で25000円の健康保険料を天引きされている従業員の場合、会社は、25000円の健康保険料を上乗せして50000円にして健康保険組合へ納入しています。この上乗せ分が会社負担分の保険料であり、法定福利費です。健康保険法に、健康保険料の半分は従業員本人が、半分は会社が負担せよと書いてあるからです。

厚生年金保険料についても同じです。53000円の厚生年金保険料を天引きされている従業員の場合、会社は53000円を上乗せして106000円にして日本年金機構へ納入しています。

いずれの法定福利費も、かなりの金額になり、雇用主がまともに負担すれば、多くの中小零細企業は倒産するでしょう。

この回答への補足

法定福利費については、質問文の中に引用したURLに書いてありますので知っています。

http://plaza.rakuten.co.jp/kimuzei/diary/2008040 …

それを計算しても、人件費に一人当たり月9万円の使途不明金がある、それは何なのか、というのが私の質問です。

挙げて頂いた中で私が計算に入れてないものは、

・退職金
・採用費
・教育研修費
・定期健康診断の費用(健康保険で賄えないもの)
・企業年金制度に支払う保険料、掛金
・社員旅行の費用
・社内運動会、社内のクラブ活動のための費用
・社内忘年会の費用
・従業員の結婚祝金
・従業員家族葬儀の香典

になります。

大企業であれば、社員旅行などのリスト後半の福利厚生費が多いため、人件費が給与の2倍くらいになるというのはまあ納得できます。
ただ、今回例として挙げた会社Aは社員10人の零細企業ですから、それら福利厚生費が多いとは考えにくいです。
考えられるのは、退職金、採用費、教育研修費、くらいでしょうか。
それで一人当たり月9万円の出費になるでしょうか?

補足日時:2014/05/25 11:59
    • good
    • 14

ANo1ですが、補足質問の件は経営者に詳しい内訳を直接尋ねるしかないでしょう。



私は、上場企業を定年退職した者ですから、零細企業が計上する人件費がどのような内訳になってるかまでは分かりませんが、私自身の定年退職金は勤続30年(前職は勤続10年で転職)の約2,500万円支給でしたので、退職金の積み立て額も人件費計上の内訳に占める割合は馬鹿にならない(年間平均積み立て額約83万円)のではないかと思ってます。

また、賞与についても零細中小企業の算出額と上場企業の成績配分などを含めた算出額では支給額の差に開きが大きいようですし、人材育成に費やす教育費や福利厚生費などに充てる予算も人件費からの計上になるでしょうから、企業によって人件費の内訳も大きく異なってくるはずです。

従って、会社Aの人件費内訳が詳しく知りたかったら、経営者に直接尋ねるしかないでしょう。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

個人的な情報を提供いただきありがとうございます。

大企業の退職金積み立てがおよそ月7万円ですか。
それは知りませんでした。

会社Aのブログにコメント欄があれば人件費の内訳を質問したのですが、ないのでしませんでした。
さすがにメールまでして聞くのはやりすぎかと思いまして。

ただ、世間一般に「人件費は給与の1.5~2倍」という人が多いものですから(中には3倍という人もいます)、どの会社でもかかる費用が何かあるのだろうと思ったわけです。

計算上は、零細企業で福利厚生費を切り詰めて退職金がなければ1.23倍で済む筈なので、それなら「1.2~2倍」という方が正しい筈です。

お礼日時:2014/05/25 12:20

それはあくまでも平均的なものですから、、、



賞与、退職金、求人費用、教育研修費

もろもろのものが含まれてのことだと思いますよ。
光熱費、家賃なんかは含まれません。

それと会社にもよりますが小さい会社は
基本給を低くして、住宅手当や家族手当なんかで
補てんしているケースもありますしね。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

No.1の方の補足にも書きましたが、会社Aの社長は「人件費が50万円」といっています。
ですからそこには賞与も手当も含まれます。
それらすべてを含めて「給与」と呼びます(『給料』が基本給です)。
それが、おそらく平均33.3万円くらいだと推測されるのです。
↓ゲーム業界の給与のデータです。
http://cedec.cesa.or.jp/2013/documents/enquete.pdf

退職金、求人費用、教育研修費で一人当たり月9万円が埋まりますでしょうか?

人件費に光熱費、家賃を含まないとすると、人件費と給与の差がますます広がるのですが……。

質問の計算がややこしかったと少し反省しておりますが、要するに、推測される給与に対して人件費がずいぶんと高い、いったい人件費には何が含まれているのか? というのが私の疑問です。

補足日時:2014/05/25 00:23
    • good
    • 2

こんにちは。



内訳に、賞与支給分と退職金積立て分が抜けてます。

勿論、賞与や退職金のない零細企業もあると思いますが、正社員で採用した者に賞与や退職金がないと定年退職までの永年勤続なんてしてもらえないでしょうから、大企業のような高額な賞与や退職金の支給は出来なくても人件費に計上してる零細企業や中小企業は多いです。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

質問の計算ががちょっとややこしかったですが、ここでいう「給与」には賞与も含まれます。
会社Aの社長は「人件費が50万円」といっているわけですから、それは賞与も含めた額です。
しかしその50万円から交通費、社会保険料、労働保険料、その他支出を引いただけでは、月40.6万円になるわけです(つまり賞与を12で割って月々の給料に加えた額です)。

この40.6万円が社員の手元に丸々入るとは、ちょっと考えられないわけです。
会社Aはゲームのグラフィックの仕事をしていますが、ゲームのグラフィックの仕事の平均給与は月34万円というデータがあります(これも賞与を含めた額です)。
http://cedec.cesa.or.jp/2013/documents/enquete.pdf
大企業も含めてこれですから、零細企業の会社Aがそれより高いとは考えにくいです。

退職金の積み立ては可能性としてありますが、それだけで9万円が埋まるのでしょうか?

補足日時:2014/05/24 23:58
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q総人件費

起業を考えています。
福利厚生費を含めた場合の人件費は給料の・・倍(あるいは・・割増)などとよく言いますが、どれくらい見ておけばいいものでしょうか?
また、事務所における一人あたりのスペースはどれくらいなんでしょうか?資料保管キャビネや会議室も含めた一人当りスペースです。一人当り10m2だとか。

上記2点につき教えて下さい。
お願いいたします。

Aベストアンサー

人件費について。

最低限として社会保険料(厚生年金/健康保険/介護保険/労災保険/雇用保険)だけを計算しても、人件費総額は手取り給与の約1.3倍かかります。
それに賞与、退職金、各種保険などの積み立て分をプラスする。手取り給与と比較するなら、通勤交通費もプラスされますね。
更には営業活動に必要なもの(デスク/名刺/PC/携帯電話/営業車など)の購入費、それに係る維持費などが必要です。
また、人員が増えれば事務所のスペースも広くしなければならないでしょう。給与計算や各種事務手続きが煩雑になってくれば、事務作業に掛かる人件費(税理士・社労士に委託している場合には顧問料)が増えるでしょう。

待遇や企業規模・営業内容によりけりなので一概には言えませんが、切り詰めれば給料の1.5~2倍程度でもいけると思います。

Q正社員一人を雇うのに給料の3倍の経費がかかるのはなぜ?

正社員一人を雇うのに給料の3倍の経費がかかる、あるいは利益が必要等と言われるのはなぜでしょうか?
社会保険や福利厚生費、使っている設備の費用等なんとなく分かるのですが、うまく後輩のスタッフや部下に説明できません。
分かり易い説明があれば教えていただければと思います。

Aベストアンサー

こんばんは☆

月給20万円と仮定します。

まずは
社会保険やら、厚生年金やらで、給料の132.62/1000の会社負担分があります。
およそ26000円

そして、会社に来る通勤代
およそ10000円(人によりけり)

賞与を払う為に、積み立てがあるとします。年間4ヶ月であるなら、
およそ66000円

退職金の積み立てとし、40年勤続 2000万円であるなら
およそ40000円

ここまでで、142000円です。すでに給与の3/4ですね。


ここからは金額では表しづらい・且つ部署によりけりな所です…

仕事をするにあたり、オフィスが必要です。会社が借り上げ、又は所有している土地・建物の机スペースを借りて仕事をしています。レンタルオフィスを借りれば、机分のスペースであっても、月1万円程かかります。

当然、電気・水道は使います。

営業するにあたり、車が必要です。軽自動車1台あたりの維持費は、年間15万円程かかります。又、電車移動であるなら電車代がかかります。一日千円使用したとすれば、出勤日22日で22000円です。

パソコン・電話等は会社が購入、又はレンタルしている品です。当然費用がかかります。インターネットにつなぐ為に…電話をかける為に…小さな金額ですが積もり積もれば大きな額となります。

全員が全員、売り上げを上げるポストにいるわけではありません。総務・経理・人事・等の非営利ポストの人たちの分の利益を稼いでこなければなりません。あなたが営業するためには、裏方で支える人がいるのです。税金を納めるためには、税理士に委託する必要があります。法律問題を抱えた時のために、顧問弁護士を抱えます。営業以外にかかる費用も、多分にあります。


福利厚生施設を抱えていたら維持費がかかります。また、施設の会員などになっていれば、費用がかかります。


こんなところだと思います☆

こんばんは☆

月給20万円と仮定します。

まずは
社会保険やら、厚生年金やらで、給料の132.62/1000の会社負担分があります。
およそ26000円

そして、会社に来る通勤代
およそ10000円(人によりけり)

賞与を払う為に、積み立てがあるとします。年間4ヶ月であるなら、
およそ66000円

退職金の積み立てとし、40年勤続 2000万円であるなら
およそ40000円

ここまでで、142000円です。すでに給与の3/4ですね。


ここからは金額では表しづらい・且つ部署によりけりな所です…
...続きを読む

Q人件費の仕訳について

現在、人件費の仕訳の集計を行いたいと考えています。そこで、通常人件費を把握したい場合、どこまでを人件費として考慮するのでしょうか。たとえば、基本給や賞与、通勤費などは、人件費として当然考慮されると思いますが、事業主が負担する健康保険料や雇用保険料、労災保険料なども人件費として考慮するのが一般的なのでしょうか?会社の規模、業種などによって異なると思いますが、皆さんがどのようにされているのか教えて下さい。

Aベストアンサー

#2の追加です。

部門別に法定福利費も把握するには、正確に計算するには、社会保険事務所からの通知書を基に計算します。
多少の誤差があってもよい場合は、部門別の給与や賞与の構成比を使って法定福利費を按分する方法があります。

Q人件費の福利厚生費の割合について

人件費の福利厚生費の割合について教えて下さい。

支給額に対して何%ぐらいになるのでしょうか?

たとえば支給額14万円+交通費1.5万円としていくらぐらいになりますか?

だいたいで結構ですので教えて下さい。

Aベストアンサー

社会保険料完備の会社なら

健康保険料 4%くらい事業主負担(神奈川県の協会けんぽ)

厚生年金 8.2%くらい事業主負担

児童手当拠出金 0.13% 事業主負担

雇用保険 1000分の9.5、つまり0.95%が事業主負担
労災保険 1000分の3、 つまり0.3%が事業主負担
一般拠出金1000分の0.05、つまり0.005%が事業主負担
 労働保険合計1.255%

合計 13.585%

15万5千円×13.585%=21056円
これが、別途、会社負担になります。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q従業員が給料の3倍働いて元が取れる?

 よく会社(経営者)からみて、従業員は給料の3倍の利益をあげて
やっともとがとれるといいますが、それはどういう計算なのでしょうか?
 自分の手もとに入る給料の他に社会保険料や交通費またその人が働くうえでのもろもろの備品・事務員など必要なのは理解できますがいくらなんでも給料の3倍は多すぎの気がします。
 具体的な数値などを出して頂いた上で教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

 ごく一般的には、会社は従業員に払う給料の2倍の費用をその人のために使っている、と言われています。それは給料以外の見えにくいところで、福利厚生費、各種の手当、社会保険その他の各種保険料、有給休暇にかかる費用、交通費、事務経費などの様々な費用がかかっているためです。これらが恵まれた大企業では2倍よりも多いかも知れませんし、節約気味の中小企業では2倍よりも少ないかも知れません。
 したがって一般的に言えば、従業員はその働きによって自分の給料の2倍の「利益」を稼ぎ出してこそ、会社は収支トントンの状態になります。3倍も利益を稼ぎ出せれば会社は成長でき、そのような従業員にはボーナスを弾めることになるでしょう。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Qエクセルで打ち込んだ数字を自動で別シートに表示したい

エクセルでセルに打ち込んだ数字を自動で別シートに表示できる方法があれば、教えてください。

例えば、シート1のC1に5を打ち込んだら、シート2のD2にシート1で打ち込んだ5が自動で表示される。

また1列すべてを自動で表示させる場合、一つのセルの時と違いがありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
入力したセルの値を合計とかでなくて、
純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、
以下の方法があります。

1.1つのセルだけの場合
例)シート1のC1に5を打ち込んだら、
  シート2のD2にシート1で打ち込んだ5が自動で表示される

⇒シート2のD2のセルをアクティブにして「=」を入力
 した後、シート1のC1をクリックする。
 そうするとD2のセルに「=Sheet1!C1」と表示され、値が自動的に
 表示されるようになります。

2.1列全てコピーしたい場合。
  コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。

例)例)シート1のC1~C5に何かを入力したら、
  シート2のD2~D7にシート1で打ち込んだものが自動で表示される

  シート1にあるコピー元のセルを範囲選択して、
  シート2のD2の上で「右クリック」⇒「形式を選択して貼り付け」
  をクリックします。

  そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という
  ボタンをクリックすると完成です。
  試してみてください。。

  念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。
  参考にしてみてくださいね。。
  http://www.geocities.jp/office_inoue/excel/eq21.htm

こんばんは。
入力したセルの値を合計とかでなくて、
純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、
以下の方法があります。

1.1つのセルだけの場合
例)シート1のC1に5を打ち込んだら、
  シート2のD2にシート1で打ち込んだ5が自動で表示される

⇒シート2のD2のセルをアクティブにして「=」を入力
 した後、シート1のC1をクリックする。
 そうするとD2のセルに「=Sheet1!C1」と表示され、値が自動的に
 表示されるようになります。

2.1列全てコピーしたい場合。
  コ...続きを読む

Q人件費と賃金の違いは

物件費とは、人件費、維持補修費、扶助費、補助費等以外の地方公共団体が支出する消費的性質の計の総称、
物件費に含まれるものは、賃金、旅費、交際費、需用費、役務費、備品購入費、報償費、委託料、使用料及び賃借料、原材料費等、

人件費、賃金、役務費の違いはどうなんでしょう、

Aベストアンサー

地方自治体での用語の使われ方でしょうか?
だとすると、

人件費
職員の給与、諸手当、特別職員の報酬

賃金
短期間の契約の雇用の職員(臨時職員)に対する報酬

役務費
サービスを受けた際に発生する費用(郵便・宅配便・などの通信運搬費、広告料、手数料、保険料など)

参考URL:http://www.town.yaese.okinawa.jp/page02/kakukape-ji/h18yosanhenseihousin/h18yosanhenseihousin.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング