アニリンの呈色反応を実験でしたんですが、赤紫色にならずに黄色っぽい色になってしまったんです。。理由を調べてみても、そういう例が見つからなかったので、わかる方がおられたら教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>さらし粉で酸化


いや、この反応はそのものずばり、酸化反応なんですよ。
空気や光にさらしたアニリンはだんだん茶色>赤>暗赤と変色するんですが、これは酸化されたアニリン(ポリアニリンとかそういうものの混じりと思われる)に由来した着色です(中性分子自体の色ではなく、それがさらに酸化されたラジカルカチオンの色と言われている)。で、この反応は酸化剤そのものを入れることで、もろにアニリンを酸化して着色させる反応です。

それはいいんですが、うまく言っていない人が多数となると・・・
さらし粉が汚いのかなぁ?
すいません、良く分かりませぬ。

アニリン自体は試薬のを使ったんですよね?
質問者さんが自分デ合成していて溶媒とか別の化合物が多量に混じっていたというわけではなく。

多量に入れるとやや着色したということから、反応が不十分であった可能性は考えられます。
あとはアニリンを溶液にして使っていたら、濃度が薄ければ見た目の色は薄まって分かりにくくなるでしょうが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強不足ですね。。すみません。
難しい質問なのに、詳しく教えていただいてありがとうございます!!

アニリン自体は、試薬瓶から出したものをかなり薄くして使っています。1000倍希釈くらいかと思います。さらし粉も学生全体で同じものを使っていたので、汚くなっていたのかも知れません。

回答していただいてありがとうございました!!
参考にさせていただいて、レポート書いてみます!

お礼日時:2006/12/15 20:42

さらし粉で酸化したのでしょうか?


はて、私もそんな色になったことはないのですが・・・
反応が不十分だったのでしょうかね?
試薬orアニリンの純度が悪かった、反応時間or温度が不十分だったとか?
使ったアニリンは質問者さんが合成したというわけではなくて、試薬瓶のもの(要するにきれいなもの)を使ったのですよね?
一緒に実験された他の方は、皆教科書どおりになったのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
説明不足ですみません。
アニリンは試薬瓶のものを使いました。一緒に実験した人の中には、同じ様に黄色になってしまった人が多かったんです。上手く紫色になった人もいたんですが。。学生実験で使っているものなので、何かが混入しているとか、純度が悪いとかいう可能性はあります…。
さらし粉で酸化されてしまう可能性も考えられるのでしょうか?
アニリンの濃度が低かったためかと思い、多めに入れてやってもみたんですが、少し黒っぽく(紫?)なったものの、やっぱり黄色でした。

お礼日時:2006/12/15 19:12

アニリンの呈色反応とはどのような実験ですか。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

アニリン溶液に、さらし粉を加えると赤紫色になるという反応です。
説明不足ですみません。

お礼日時:2006/12/15 19:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車の色の名前の一覧を探してます!

自動車の色の名前は、ウイニングブルーメタリック、カナリーイエローマイカなど独特なカタカナ名が多いですが、このような名前が一覧になっているようなHPを探しています。ありましたらどなたか教えてください。

Aベストアンサー

ここで探して下さい。

参考URL:http://www.soft99.co.jp/

Q無水酢酸とアニリンを用いてアセトアニリドを合成する実験を行いました。

無水酢酸とアニリンを用いてアセトアニリドを合成する実験を行いました。
実験中に無水酢酸をアニリンの入った試験管に入れたところ発熱反応(?)が起きたのですがこれを反応式に表すとどのようになるかが解りません。

C6H5NH2+(CH3CO)2O →C6H5NHCOCH3 + CH3COOH

この式のどこに熱の発生を書けば良いのかということとどうして発熱するのかをできるだけ解りやすく教えていただけると助かります。
あとこの実験で蒸留水の中にアセトアニリドを溶液の状態で混合させたところ刺激臭が発生しました。ニオイの感じではアンモニアだった気がするのですが・・・アニリンのアミノ基と蒸留水が反応してアンモニアが生成されたという事で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

発熱云々の件ですが、もちろん、結合エネルギーから説明することはできますし、全体の結合エネルギーの変化が反応熱に関与していることも確かです。しかし、それならばなぜ結合エネルギーが変化するのかという新たな疑問が生じます。個々の結合の標準的な値から見積もることもできるでしょうが、それならばなぜ標準的な結合エネルギーの値がそうなるのかという話になります。なので、いずれにしても結果論的な説明になるという意味です。

Qファイル一覧の項目の色について

ディスクを開くとフォルダゃファイルの一覧が表示されますが、この一覧の各項目名というか表題というか、この表示される名前に色はつけられないものなのでしょうか、色分けできればわかりやすいので、教えていただきたいのですが。

Aベストアンサー

explorerだけではできそうにない。
いろいろなツールがフリーソフトである。


たとえば、
http://homepage3.nifty.com/pyxis/

Qホウ酸ナトリウムなど、炎色反応を呈する金属とホウ酸イオンの化合物をバーナーにかけた場合…

はじめまして。質問は化学の炎色反応についてです。
ホウ酸(というかホウ酸イオンが?)は緑色に発色すると本で見たのですが、ホウ酸塩つまりホウ酸ナトリウムなど、他にも炎色反応を呈する金属との化合物をバーナーにかけた場合どうなるのでしょうか。
理論的にはホウ酸イオンと金属との両方の色が混ざって出るため、識別には分光の必要があるようですが…
とくに何に使うというほどではなく、素朴な疑問ですが気になるので…
実際のところをご存知の方は、ぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

ホウ酸塩の緑色の炎は
一般的には、ホウ酸塩に硫酸とメタノールを加えて、
そのメタノールに添加し、炎を確認するので、
一般的な炎色反応と違います。

ホウ砂をそのまま炎色反応したら、確かその両方が見えた記憶があります。

Q「名前をつけて保存」のデフォルト表示形式を「一覧」以外に変えられますか?

MS-Office以外のアプリケーションで「名前をつけて保存」を選択した際の、
ダイアログウィンドウ内の表示形式を変えられますか?

「詳細」「一覧」「アイコン表示」「並べて表示」「縮小版」
などの選択肢を一定のものに変えたいのです。
(現状では、毎回「名前をつけて保存」を開くたびに「一覧」表示に戻ってしまうようです)

OSはWindows-XPです。

Aベストアンサー

Windows標準の機能(フォルダオプションなど)では出来ませんが
http://okazaki.incoming.jp/matatabi/
のFasieと言うフリーSOFTを使えば出来ます。

http://okazaki.incoming.jp/danpei2/software/fasie.htm
http://pasokoma.jp/39/lg390467#390654

Qo-ニトロアニリンとp-ニトロアニリン

薄層クロマトグラフィーで、o-ニトロアニリンとp-ニトロアニリンを分離すると、何故o-の方が長距離進むのでしょうか。

溶媒のジクロロメタンにはp-の方がよく溶けるようですし、極性もo-の方が高いのでは??
と、未熟な私には分かりません。どなたかお願いします

Aベストアンサー

o-ニトロアニリンの場合にはアミノ基の水素とニトロ基の酸素との間に分子内で水素結合ができます。
そのために、p-ニトロアニリンと比較して分子間の水素結合ができにくくなり分子間の引力が減少します。同様の理由で薄層クロマトの固定相(シリカゲル?)と引き合う力もo-ニトロアニリンの方が小さく、展開溶媒の移動にともなう移動距離が長く(Rf値が大きく)なるものと考えられます。

QAccessで指定する色数値の一覧ありませんか?

MsAccess 2002でフォームを作成しているのですが、フォームの色指定に使える色数値の一覧表はどこかにありませんでしょうか?

VBAを使いRGB関数で指定しても期待したとおりの色を取得することができません。
Accessで使用できる色数値の一覧を参照できるページなどご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。先程のページの最後に「このホームページで表示している色は近似色です。正確な色ではありませんので御注意下さい。」と書いてありますので、もしかしたらうまく同じ色が出ないかも知れないですね。
とりあえずカラーチャートのリンク集がありましたので見てみて下さい。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~color/all/l_02a_chart.htm

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~color/all/l_02a_chart.htm

Qp-ニトロアニリン中のo-ニトロアニリンを同定したい

1、アセトアニリドをニトロ化することでp-ニトロアセトアニリドを生成する
2、加水分解でp-ニトロアセトアニリドからp-ニトロアニリンを生成する

という過程で粗製したp-ニトロアニリンにはo-ニトロアニリンが不純物として混じると思うのですが((-NHCOCH3)のオルトパラ配向性により)、その不純物が確かにo-ニトロアニリンであることを確認するにはどうすればいいでしょうか?
未熟につき、考えてもいい案が閃きません。どうかご教授ください

Aベストアンサー

こんにちは。
No.1さんが推薦してくださったMNRでは、機器がある研究室と無い研究室では差が出てしまいます。
そこで、どんな研究室でも出来る方法としては、薄層クロマトグラフィーによって確かめる方法があります。

薄膜クロマトグラフィーは、薄い膜状の試験紙の上にサンプルと試験溶媒の混合物を載せて、試験溶媒に溶け出す物質の差から分析を行う実験方法です。

詳しくは、http://mol.ch.wani.osaka-u.ac.jp/exp/organic/expB/aniline5.html
を参照してみてください。

Q一覧にある名前に該当する名前を赤くしたいのですが…

こんばんわ、いつもお世話になっています。

Excelのシートで
「シート1」に名前一覧を作り、「シート2」に名前を入れていくと「シート1」に名前がある人を入力すしたとき入力した文字を赤くしたり太字させることは可能ですか?

Aベストアンサー

Sheet1のA列を全て選択して、挿入-名前-定義で適当な名前を付けます。(例 リスト)
Sheet2のA列を全て選択して、書式-条件付き書式で「数式が」にして

=NOT(ISERROR(MATCH(A1,リスト,0)))

と入力し、書式を設定します。

これで希望のようになりますか?

Qヨウ素デンプン反応の呈色メカニズム

ヨウ素デンプン反応の呈色メカニズムはどのようになっているのでしょうか?

一般には「アミロースの螺旋構造の中にI3-イオンが入り込むこと」が理由とされていますが、
それを認めても、補色となる黄色のスペクトルの吸収が起こるのは決して自明ではないように思います。

一体どのようなメカニズムでエネルギー順位が変化するのか、
あるいは具体的にどの軌道がスペクトルの吸収に関与しているのか、
ご教授いただけると幸いです。

Aベストアンサー

I3-ではなくI2の気がしますが。
エネルギー準位が変化するのではなく、デンプンからヨウ素への電荷移動による吸収です。

「電荷移動錯体」や「電荷移動吸収体」を調べてみてください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報