プロが教えるわが家の防犯対策術!

零という言い方もありますが、ゼロという言い方も
普通に使いますよね。

他の数字は、漢語か和言葉起源の発音かと思うの
ですが、なぜゼロだけ英語の発音を普通に使う
ことが定着しているのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

吉沢典男・石綿敏雄「外来語の語源」角川書房によれば、


 ゼロ【仏語ze'ro】零、空位(村上英俊「仏語明要」元治1年=1964年)
 その後、明治期の仏語辞典に、「(尺度の)初点」(明治34年)「(寒暖計の)氷点」とあり、英語で「零位」と出るのは「井上英和大辞典」(大正7年=1918年)のようです。

 ちなみにメートル法のメートル(me'tre)もフランス語ですね。もちろんセンチ(centi-)、ミリ(milli-)、キロ(kilo-)、デシ(deci-)などもそうですし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。

お礼日時:2007/03/21 12:13

伝統的な漢数字表記では「0」の桁は書き表しません。

数値として読むときも「0」の桁は読みません。
アラビア数字の位取記法を使うようになって1桁ずつ棒読みする場合の読み方が必要になり、「ゼロ」「レイ」「まる」など色々な読み方が行われてきたわけです。つまり、歴史が浅いために英語の「ゼロ」がほとんど抵抗なく受け入れられたのではないでしょうか。

とはいえ、すべてが「ゼロ」と読まれているわけではありません。「ゼロ」か「レイ」かは、読みやすさ・聞きやすさでケースバイケースだと思います。たとえば電話番号案内の「104番」は「イチゼロヨン」より「イチレイヨン」のほうが言いやすいでしょう。「午前0時」を「ゴゼンゼロジ」という人は少ないと思います。引越屋さんの「0123」を「レイイチニイサン」と読むと、兄の名前を呼んでいるのかと思われます(これは冗談)。

ちなみに、NHK放送文化研究所編『NHKことばのハンドブック』には、「数字の読み方」の中に次のような記述があります。
---------
「0」は、「無い」ということを強調する場合、及び読み方が決まっている場合は、〔ゼロ〕と言ってもよい。
---------
それ以外の、数字を1桁ずつ棒読みする場合は、すべて「レイ」です。
は、数字の棒読みは「レイ」が原則です。
NHKアナウンサーは徹底していますが、民放では「ゼロ」もよく聞くような気がします。民放で電話番号を「東京レイサン…」と言っているのを聞くと、おやっと思うことがあります。
「ゼロ」と読んでいるのはアナウンサーではなく、キャスターやレポーターなどかもしれません。

昨年大晦日のドリームジャンボ宝くじ抽せん会の中継で、司会のNHKアナウンサー(たぶん)が、「…300番」を「さんびゃく・れいじゅう・れいばん」と読み上げていました。これは特殊な読み方です。株式市況の実況放送では「まる」も使うようです。


旧海軍零式艦上戦闘機(零戦)は他の方の回答にもある通り、海軍では戦時中でもふつうに「ゼロ戦」と呼んでいたといわれます。もともと海軍では日常レベルで英語を排除することは無かったようです。旧制中学・高校・大学や海軍兵学校には戦時中も英語教科があったそうですし、海軍には「海軍士官が敵の言葉を話せないでどうする」というまともな主張を受け入れる気風があったといわれます。石頭が多かったのは主に陸軍方面でしょう。

参考までに、明治末~終戦期の新聞の経済記事14万件を収録した神戸大学の「新聞記事文庫」で「ゼロ」を検索すると、約百件の記事がヒットします。幾つかピックアップしてみると…。
・1912年(大正元年) 大阪毎日新聞 「<上略> 信用もゼロなりと」
・1926年(大正15年) 中外商業新報 「織物界から西陣織物を除けばゼロだ」
・1932年(昭和 7年) 東京朝日新聞 「低資の恩恵も銀行の利用もゼロ」
・1941年(昭和16年) 日本工業新聞 「焼夷弾に対する防火施設はゼロに近い」

この回答への補足

実はこの疑問にぶつかったのは、そのゼロ戦のことでして、
一般の資料の多くには、戦争中は零戦と呼ばれていて、ゼロ戦と
いうのは戦後、アメリカがゼロファイターと呼んだことに由来
するとあることが多いのですが、戦争中の体験記には
ゼロ戦との記載が多く、この間「戦争中もゼロ戦と呼んでいたよ」
という旧日本海軍の方の記述を読んだんです。

現在のゼロと零の使い分けではなく、なぜゼロだけ英語で、
しかも一般に広がっているのか知りたいんです。

日本はオランダとの交易が盛んだったわけですから、
西洋の数字を読みために、オランダ語が入っているなら
まだ分かるような気がするのですが。

補足日時:2007/01/24 03:01
    • good
    • 1

「零式戦闘機」は「レイシキ」で「ぜロセン」ではなかったという発言にのみ、意見を申し上げます。

下記サイトにもあるように、「ゼロ戦」も通用していたようです。新聞報道という証拠があるようですから、多分間違いないでしょう。
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%AD% …
 戦争中でも米英語は教育されていたし、英語教師もいたわけです。
1943年頃から戦争の形勢が悪くなるに従い、敵性語が排斥されるようになっても「ブルース」というような歌は作られていたのです。これは何語か知りませんが、多分西洋から来ているから敵性語だったと思います。
 さすがに軍隊では極端で、中国語由来と思われる「洗面器」を「面洗器」と呼ばせたりしていたそうです。

この回答への補足

戦争中もゼロという言葉を使っていた。それはいろいろな
資料から知っているんです。

敵国語かどうかとか言う問題より、もともと零という言葉があり
ながら、なぜ外来語の発音が一般化したのか?です。

例えば昔のお医者さんの用語には、カルテのように
ドイツ語が多いですが、それは日本がドイツから医学を
学んだからで、しかも専門用語だけです。

例えば貿易の関係とかで、ゼロの発音が入ったとしても
カルテのように一般には広がらないと思うのですが。

補足日時:2007/01/24 03:19
    • good
    • 0

テレビやラジオで電話番号を言う時に、例えば東京の場合、アナウンサーの人は「03(れいさん)」と言って、アナウンサーじゃない人は「ぜろさん」と言ってるようですね。



的確な回答ではありませんが、ご参考まで。
    • good
    • 0

No4さんは当時はゼロ戦の呼称はないって言ってますけどこんな意見もあるようです。


http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2206761.html

私見ですが、たぶん発音しやすい・聞き取りやすいからではないでしょうか。特別な理由はなく、単にそれだけのことかと思います。
ニッポン→ニホン のように、言葉は発音しやすい方へと変化していく傾向があるので。ニッポンと発音したほうが語呂がいい場合(ニッポンチャチャチャなど)はニッポンで発音する人が多いですが。
    • good
    • 0

皇紀2600年の零を取って零式艦上戦闘機(れいしき)と命名された戦闘機は、戦後も(れいせん)と呼ばれていました。

当時ゼロ戦の呼称はありません。今でも戦争を知る人は「れいせん」と言っています。ゼロ戦の発祥は定かではありませんが、英語の<ゼロファイター>から来た合成語と思われます。零戦の零は1940年の0ではありません。

インドで発見された<0>は、全世界に広がりましたが、日本には中国と言う漢字文化圏からその概念が伝わった為、<0>が「零」で表記されるようになりました。<0>の発明と英語のゼロと「零」の起源は、発明>零>ゼロとなり、日本人が零をゼロと発音するように定着したのは、米軍の進駐して来た敗戦後のようです。

日本人が英語と接したのは、江戸初期の家康とも言われます。キリシタンとは違うプロテスタントであるが故、顧問のような形で仕えた三浦按針(ウイリアム・アダムス)はイギリスの航海士でもありました。

この回答への補足

>日本人が零をゼロと発音するように定着したのは、米軍の進駐して来た敗戦後のようです。

 ゼロだけですか? 英語が普通に入ってきてゼロが広がったなら、
他の数字も英語読みになりそうですが。

補足日時:2007/01/24 03:15
    • good
    • 0

ゼロの概念は古代ギリシャやマヤにもあったらしいが文字持たなかったり表記方法なかった。

インドで(たぶんメソポタミア文明の流れで)0発明したのは有名です。
ヨーロッパ人には0の概念なかったから数字や年や月は1から始まる。欧州のエレベータには1と2の間にM=中2階(インドのエレベータには0があるらしい)

日本には漢字や仏教の輸入あったからそのとき零はあったでしょう。空はゼロともいえる。
日本人が英語と触れたのは江戸期の捕鯨船の遭難者か(ペルー来航の目的のひとつがその保護)。
信長時代の天正少年使節団はローマに行き、ラテン語はなす若者はバチカンの記録に残る。訪問したからとかぶれなかったので一行が途中で奴隷の扱いや宗教が侵略軍派遣の先導していることは見抜き記録残した。南蛮人(カトリック)追放、紅毛人(プロテスタント、オランダ人)と交易した。
江戸幕府はオランダの没落知らず(うそ聞かされ見抜けなかった)、福沢諭吉はオランダ語学んだが外国知ると英語に乗り換えたほど(英米は興隆)。
英米語追放の時期(皇紀2600年、1940年)>零式(ぜろせん)だから日本語ですよ。
    • good
    • 0

私の持っている、小学館の大辞泉で「零」を引くと「ゼロ」


「ゼロ」を引くと「零」と書いてありました。
英語のテストは0点でしたは、「零点」と読みますね。
気温なども0度は、「零度」。
    • good
    • 0

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
このページをご覧ください。
零とは厳密には零細企業などと言う様に「極めて小さい」という意味であり、
数字の0と同じ意味ではないとのことです。

したがって、数学など厳密さが求められる場面ではゼロ、と呼ぶのではないでしょうか。

この回答への補足

現在の使い分けではなく、なぜ、どういった経緯でゼロだけ
英語が入ったか?を知りたいんです。

ゼロは日本語化していると思いますが、大本は英語であるのは
間違いないですよね。

補足日時:2007/01/24 02:57
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「54321」は日本語なのに「0」だけ英語(ゼロ)なのは?

こんにちは、今日友達からふと言われて気になりましたので、根源をご存知の方は教えて下さい。
54321はごーよんさんにーいち  なのに、
0 だけは ゼロなんですよね。何故でしょうか?
意味は特になかったらチョット残念ですが。深い意味があルカも知れないと思いましてメールしました。どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

   coooさんこんにちは。
私も同様な疑問を持っていましたが、ゼロは一般的に言われていますよね。言いやすいし、一般的に普及しているいわゆる慣用句のような感じです。電話番号もゼロと民放の司会者でも言っていますよね。

 ただ、NHKのアナウンサーは、数字の0で電話番号は「ゼロ」ではなく「レイ」と言っています。英文の中の数字は「ゼロ」と言っています。今度ニュースで注意して聞いてみて下さい。東京の電話番号の市外局番03は「レイサン」と言っています。「ゼロサン」は一般的にも多いです。

 無線通信の世界では、電波法令の和文通話表のなかに0は「数字のまる」と読むように決められています。「朝日のあ」とか「いろはのい」というように無線通信で間違えやすいのに使っています。プロの通信でもアマチュア無線でも同じです。

 それと、参考までに欧文通話表という物もあり、Aを「アルファ」Bを「ブラボー」というように、Oを「オスカー」というように世界中の慣例があります。よって数字の「0」とローマ字の「O」は読み違えがありません。ただ、数字の読み違える恐れがない場合、例えば「1000」でしたら、「いっせん」と言ってもいます。

 ただ、「マル」は日本語だけの通話のもので、同じ「0」でも英語の通話では「ゼロ」です。

 漫才で、最後にレイと言ったら、ロケットが礼して倒れてしまうとも地下鉄漫才と一緒に言っていました(笑)。

下は和文通話表の参考URLです。↓

参考URL:http://www.eva.hi-ho.ne.jp/j701sag/morse/rec/rechyou.html

   coooさんこんにちは。
私も同様な疑問を持っていましたが、ゼロは一般的に言われていますよね。言いやすいし、一般的に普及しているいわゆる慣用句のような感じです。電話番号もゼロと民放の司会者でも言っていますよね。

 ただ、NHKのアナウンサーは、数字の0で電話番号は「ゼロ」ではなく「レイ」と言っています。英文の中の数字は「ゼロ」と言っています。今度ニュースで注意して聞いてみて下さい。東京の電話番号の市外局番03は「レイサン」と言っています。「ゼロサン」は一般的にも多いで...続きを読む

Qなぜ数字の0を「れい」と言わないの?

なんでカウントダウンなどで。3→ 2 →1 →0 をさんにいちゼロと言う場合が多いのでしょうか?
さんにいちまで日本語ならゼロの日本語でれいと言えばいいのに、なんで0だけ英語なのですか?
だったら全部英語でスリーツーワンゼロと言えばいいのに、ほとんど「さんにいちゼロ」と言っているのが不思議です。
あと電話番号を言う場合などでも  090 6031 ・・・ 日本語で「れいきゅうれい ろくれいさんいち」といわないでほとんどの人が「ゼロキュウゼロ ロクゼロサンイチ」となぜか 0 だけが「れい」ではなく英語で「ゼロ」と言ってます。
何でなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

英語の"ゼロ"と言う発音が、日本語の"れい"と言うより響きも良いし、発音しやすいからだと思います。
その他の数字は、英語より日本語の方が解りやすく発音しやすいからと。
その他の理由として、数値の中に混ざり込む"れい"は、他の日本語の"例"や"礼"或は"令"等多くの意味が有る言葉と判断しづらい事も考えられます。

ちなみに、いち、にい、さん・・・しち・・と成るのだが"しち"も発音しずらく、他の数と間違いやすいので、ひい、ふう、みい・・・なな・・と数える"なな"と言い換える事が一般的に成って居ますね。

Q零戦の呼び方

数字の0は英語で「ゼロ」なのので、戦時中の日本の戦闘機「零戦」は、戦時中は「レイ戦」という呼び方が一般的だったと思います。なのに戦後になってなぜ「ゼロ戦」という呼び方が一般的になったのでしょう?

Aベストアンサー

戦時中でも「ゼロ戦」という人は「ゼロ戦」と呼んでいたそうです。

>戦時中は「レイ戦」という呼び方が一般的だったと思います。
そもそも戦争をしているから英語はダメというのは間違いなようです。

図書館でいろいろ古い本を見ていると、
昭和18年頃の受験雑誌「蛍雪時代」/旺文社 にも当然のように「入試英語の攻略」なんてページが出てきます。当時も英語教育は普通に行われていたのですね。
また、当の零戦の"取説"(多分整備マニュアル?これも図書館に復刻版があった)にも、"シリンダ"とか、英単語が頻繁に出てきます。
それどころか「潤滑油ニハ"テキサコ"ノxxxxヲ使フコト」なんて米国の民間企業の商標が出てきたりします。

一般的かどうかはともかく「ゼロ戦」はずっと使われ続けてきたと考えるのが普通でしょうね。

Q台湾は中国なの?

 率直に聞きますが、台湾は中国なんですか。 国際的に台湾は中国であると認めているんでしょうか。 ていうかそもそも台湾て国なんですか?国じゃないんですか? 台湾が中国なら、なんで台湾生まれの人は中国出身ではなくて台湾出身というのですか?
 
 非常にばかな質問かも知れませんが、誰に聞いてもあいまいな答えしか返ってこないのでよくわかりません。 はっきりとした答えをききたいです。 台湾の人は台湾を中国の一部だとは思ってないとか、ききますが実際はどうなんですか。 ていうか逆? 中国が認めてないの? 誰か分かりやすく説明してほしいです。 
 
 ちなみにこの疑問が生まれたのは、F4という台湾のアイドルグループが流行っていることを「華流」というのをきいたからです。 華は中華人民共和国の華ですよね? 

Aベストアンサー

他の方も言っておられますが、日本政府の立場を一言で言えば「台湾は中国の一部」となっています。これは日本だけではなく、中国と正式な国交を持っている全ての国がそうだったかと思います。逆に、中国と国交を持っていない国が台湾を独立国として認めています(世界中で二十~三十くらい)

ですが、実質的に現在の台湾は独立国のようなものです。独自の政体・軍隊・法体系をもっており、中国とは対立しています。また、2020年のオリンピック開催国に立候補もする話があるようです。

> 台湾の人は台湾を中国の一部だとは思ってないとか、ききますが実際はどうなんですか。

これは微妙な問題です。台湾人もこの問題に関しては一枚岩ではないからです。

現在の台湾の政権は「対中国・親日・親米」ですが、野党の中には「親中国・反日・反米」をスローガンとしている者もおり、またその意見も台湾の人たちの一定の支持を得ています。

極端な人たちの中には、すぐにでも中国と統一すべき、という意見もあります。
しかし、逆に「いや、中国は他国だ。戦争をしてでも我々は独立国家となるべきだ」という意見もあります。
まあ、こういう多様な意見が出る事自体、台湾は一党独裁・言論弾圧の中国とは一線を画した民主主義国家と言えます。

中国にとって、台湾は魅力的な土地ですから是が非でも欲しがります。ここが手に入れば、台湾島を軍事基地化して日本・米国・東南アジア諸国にかなりの圧力を加えられますから。

だから、日本は台湾が中国の一部とは認めていますが、米国との会談などで中国への台湾への圧力を問題視したりしています。米国もこれに同調しています。

本気で軍事力を行使された場合、日米両国は台湾側に付く可能性も否定できないなど、この地域は本当に紛争地帯の様相を呈しています。

他の方も言っておられますが、日本政府の立場を一言で言えば「台湾は中国の一部」となっています。これは日本だけではなく、中国と正式な国交を持っている全ての国がそうだったかと思います。逆に、中国と国交を持っていない国が台湾を独立国として認めています(世界中で二十~三十くらい)

ですが、実質的に現在の台湾は独立国のようなものです。独自の政体・軍隊・法体系をもっており、中国とは対立しています。また、2020年のオリンピック開催国に立候補もする話があるようです。

> 台湾の人は台湾を中...続きを読む

Q外国語で数字の「0(ゼロ)」の書き方と読み方を教えて下さい。

どこの国の言葉でもいいのですが、外国語で数字の「0(ゼロ)」の書き方と読み方を教えて下さい。いろんな種類の「0(ゼロ)」を探しております。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

書き方というと、文字の形のことでしょうか?
…多分違いますね。でも一応書いておきます。

ゼロは大抵の言語で「○」型をしていますね。
例外的にアラビア語では「・」で表します。
また、マラヤーラム語という言語のゼロはσが右に伸びたような形をしているようです。
あとは「零」。

読み方では、大抵ヌル系かゼロ系です。
ロシア語でноль[ノリ], нуль[ヌリ]
フランス語でZe´ro[ゼロ]
他には
ギリシャ語でΜηδε´ν[メーぜン](←"ぜ"は英語のth)
韓国語で零[ヨン(yeong)]
中国語で零[リン(ling)]
など。

参考URL左下の「他の言語」から各国のゼロの表記が分かります。
発音は分かりませんがローマ字なら大体想像がつくでしょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/0

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q数字の「0」は、れい?ぜろ?

人と会話するときに、数字の「0」を、「ぜろ」と言うか、
「れい」というかで迷います。

ゼロはzero で、れいは零 だと思うのですが、
それぞれ、どのように使われていますか。

一般的な会話にはどちらが適しているか、
それから、職業的な使い分けがどうか、
(例えば銀行のマニュアルではどうか、とか)
教えてください。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

放送では主に「れい」を使います。
理由は「ゼロ」は英語、「れい」は日本語だからです。
アナウンサーが読む電話番号は「東京れいさん さんろくよんよん…」
と読むように教えられています。タレントが読む電話番号は
この限りではありません。確かに「いちにスリーよんごろくしち…」とは
読みませんからね。ただ「ゼロ」が日本語になっているもの
「ゼロ歳児」とか「海抜ゼロメートル地帯」は例外として挙げられます。

私は地方局のアナウンサーですが、口頭では郵便番号も電話番号も
普通に「ゼロ」と言っています。間違いではないし音(おん)が
気持ちいいんですよね。日本語の数字の読み方は
「にー しー ごー きゅー じゅー」と伸ばす音が多いので
「れー」まで伸ばしたくないという心理が勝手に働いています。
だから、放送以外ではゼロを使っています。

年輩の方は「れい」と使う人が多いような気がします。
適しているかどうかは… 喋り易い方、もしくは相手が
聞き易く、聞き間違えない方がいいのではないでしょうか?
私は言葉にうるさい方なのですが「ゼロ」「れい」に関しては
神経質にはなっていないですね。

放送では主に「れい」を使います。
理由は「ゼロ」は英語、「れい」は日本語だからです。
アナウンサーが読む電話番号は「東京れいさん さんろくよんよん…」
と読むように教えられています。タレントが読む電話番号は
この限りではありません。確かに「いちにスリーよんごろくしち…」とは
読みませんからね。ただ「ゼロ」が日本語になっているもの
「ゼロ歳児」とか「海抜ゼロメートル地帯」は例外として挙げられます。

私は地方局のアナウンサーですが、口頭では郵便番号も電話番号も
普通に「ゼロ」...続きを読む

Q1ピクセルって何ミリですか?

1ピクセルって何ミリなのでしょう?
至急、お答えお待ちしております。
かなり急いでます。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1ピクセルが何ミリかという質問の答えになるかどうか分かりませんが、
WEB制作上に限って言えば、横100ピクセルの画像を作りたい場合、
Photoshop等では単位をピクセルで作れますが、Illustrator等の場合は、
100pointで作ります。
1pointは、0.35277ミリです。

Q0(数字のゼロ)の由来を教えて下さい。

どうして0(数字のゼロ)はこのような形をしているのですか?教えて下さい。

Aベストアンサー

 
「ゼロ」の概念はインド文明が発明したもので、仏教でいう「空 synya」が、同時に「ゼロ」の意味でした。インド人が、このゼロにどういう記号を使っていたのか分かりません。

しかし、現在の数字の起源は、元々の「アラビア数字」から派生したものです。元々のアラビア数字がどういうものであったか分かりませんが、現在アラブ語で使われている「アラビア数字」がその元の形に近いはずです。

以下のURLのページに、アラブ語での「アラビア数字」の形が出ています。ちょっと見慣れない形が多く、普通に使うアラビア数字(1 2 3 4 5 6 7 8 9 0)とは違っています。「5」に当たるアラビア数字は、現在の「0」に似た形をしています。

現在の「0」に当たるのは、「・」というか、一種のドットです。URLのページでは、四角形に見えますが、これは筆記具の問題で、本来、「ドット」です。

元々のアラビア数字を、西欧が自己のものにして行く過程で、現在の文字の形が決まったのだとも言えます。その場合、アラビア文字は、右から左に書くのに対し、ラテン文字や西欧の数字は、左から右に書くのだということをいうことも重要です。

「0」は普通、上から左回りに記号を書きます。元のアラビア数字の「5」に当たる円は、これは、上から右回りに記号を書きます。そして上が少し突起しています。丁度、現在の「5」の下の丸い部分を書く筆順が、元のアラビア数字の「5」に当たっていて、「5」の上の部分が突起になっていると考えられます。

元のアラビア数字では、ゼロは「ドット」ですから、多分、西欧でも、小さな丸か点で表していたのでしょう。小さな丸が記号化されて、現在の「0」の形になったと思えます。

なお、元のアラビア数字で、なぜ、ゼロを「ドット」で表現したのかは、位取りのための記号で、最小限の記号で十分だと考えたためだと思えます。ゼロを、アラブ語で、sifr と言いますが、これは「記号・暗号」という意味です。

位取りに必要な「記号」として、一番簡単なものは、ということで、「ドット」がゼロの記号になり、これに大きさがあると考えた西欧が、小さな円にし、そこから、現在の「0」となったのだと思います。

何か、別の説があるかも知れません。

>アラビア文字
>http://www.biwa.ne.jp/~s-ueno/skm/09/skm_09.html

なお、「0」は確かに中が、「空白」の円に近い記号ですから、「欠如」の意味で、こういう記号を、合理付けた、説明した可能性もありますが、起源的には、アラブ語のアラビア数字の「ドット」のゼロの展開だと考えられます。
 

参考URL:http://www.biwa.ne.jp/~s-ueno/skm/09/skm_09.html

 
「ゼロ」の概念はインド文明が発明したもので、仏教でいう「空 synya」が、同時に「ゼロ」の意味でした。インド人が、このゼロにどういう記号を使っていたのか分かりません。

しかし、現在の数字の起源は、元々の「アラビア数字」から派生したものです。元々のアラビア数字がどういうものであったか分かりませんが、現在アラブ語で使われている「アラビア数字」がその元の形に近いはずです。

以下のURLのページに、アラブ語での「アラビア数字」の形が出ています。ちょっと見慣れない形が多く、普通...続きを読む

Qマンダリンとは中国語のことですか?

マンダリンとは、中国語のことでしょうか?
中国語にも色々あると思うのですが、広東語など、どの地域の言語のことでしょうか?

Aベストアンサー

みなさん答えているようですが、わたくしも。

 まず、マンダリン(mandarin)はポルトガル語から英語に入りました。もとは、マレー語で「官吏」を表す語です。
さらに語原を遡れば、サンスクリット語のmantrii(顧問、高級官吏の意)の俗語形に由来します。
 これが、アジアにやってきた西洋人が中国人官僚を指す語になったようです。

よって、マンダリンは、役人が用いる標準中国語です。

 中国語には大きく7つの方言に分かれます。
その最大手が、北方方言で、これが「官話方言」とも呼ばれます。まさに、マンダリン(役人の言葉)です。

 北の方以外にも、南京や四川省まで官話方言の地域ですので、官話方言はさらにいくつかの方言に下位分類できます。しかし、明清時代より首都が「北京」でしたので、やはり「北京語」が最有力となります。

 ただし、日本語で東京弁と標準語が若干異なるように、
標準中国語(中国で普通話と呼ぶ)と北京語はやや異なります。標準中国語(普通話)は、音韻は北京語を元にし、官話方言のなかの標準的な語彙、近現代の文学者が標準に用いる語彙・文法を採用したものです。

 この普通話や、それに近い標準的な中国語は、世界中の華人の共通語になっています。

 華僑などでは、この標準中国語を「華語」、また単に「北京語」と呼ぶことが多く、台湾では、中華民国の公用語ですので、「国語」と呼んでいます。

 この標準中国語を、現在でも欧米人は「官話」すなわち「マンダリン」と呼んでいます。
 当然、この場合の官話(マンダリン)は、上記の説明の「官話方言」より狭い意味です。

 なお、マンダリン・オレンジうんぬんは、語原が逆です。中国官吏が赤茶色の服を着ていたので、西洋人が、アジア産のミカンの品種を「マンダリン・オレンジ」と呼んだものです。

みなさん答えているようですが、わたくしも。

 まず、マンダリン(mandarin)はポルトガル語から英語に入りました。もとは、マレー語で「官吏」を表す語です。
さらに語原を遡れば、サンスクリット語のmantrii(顧問、高級官吏の意)の俗語形に由来します。
 これが、アジアにやってきた西洋人が中国人官僚を指す語になったようです。

よって、マンダリンは、役人が用いる標準中国語です。

 中国語には大きく7つの方言に分かれます。
その最大手が、北方方言で、これが「官話方言」とも呼ばれます。ま...続きを読む


人気Q&Aランキング