娘が生まれたので、学資保険に入ろうと元本割れのないソニー生命に
入ろうと思い、ライフプランナーの方に来て頂いたのですが、その方に
貯蓄目的なら学資保険よりも変動型個人年金を18歳で解約するプラン
を強く勧められ、なんの迷いもなく学資保険に入るつもりだったので、
正直迷っています。
その方がおっしゃってた事に、18年後の物価の上昇・ここ数年はあが
り続けてる日経平均・投資の配分もその時の状況で見直せる等々・・。
18年後には入学金も上がってるだろうし・・という事も言われました。
保険はまるっきり素人なので、どうすればよいのか迷っています。
最初に入ろうと思っていた学資保険は12歳・15歳の時にそれぞれ
30万、18歳の時に200万というプランでした。
どうかお知恵をお貸しください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>貯蓄目的なら学資保険よりも変動型個人年金を18歳で解約するプランを強く勧められ、



学資保険よりも・・・までは同意します。学資保険は、お勧めしかねる保険です。周りの方々が、子供が生まれたら、猫も杓子も学資保険・・・と言うでしょうが、実際は、もっと他に適した保険があります。

私も、学資保険を希望なさった方には、学資保険は売りません。お子様が誕生なさったのでしたら、まず、死亡保障を大きくすべきで、学資保険と大きな死亡保障を融合させたプラン、かつ、返戻金が確定しているの方がお勧めだからです。

件の、変動型個人年金(変額個人年金の事ですよね?)では、
・中途解約時の返戻金が確定していない
・死亡保障が大きく取れない
この2点から、おすすめできません。
確かに、インフレヘッジにはなるでしょうが、18年後とかに、そのヘッジ分のメリットが、返戻金減少リスクを上回るかを検討すると、私は、そんなにメリットがあるとも思えませんが。(これに関しては、担当者ごとの意見があるとは思うが、所詮、当て物なので、確率論は言えても、誰も正解は出ません。)

そもそも、そのライフプランナーが、なんでそんな事を言うかというと、学資保険を売っても、相手の手取りは殆どないのですが、変額個人年金に関しては、そこそこの手取りがあるから、という背景があるのを覚えておいてください。そりゃ、保険屋さんも商売ですから、手取りが多い方がいいでしょうが、その際、お客様にもメリットあればいいのですが、変額年金利用は、少し首をかしげますねえ・・・と言うか、私の経験不足かもしれませんが、学資に変額年金を使う手法は、初めて耳にしました。
(ソニーのプランナーも、たいていは、学資は契約して、付随して死亡保険を提案のパターンが多いのに、これはどうしたものか・・・・)

一度、東京海上あんしん あたりやってる代理店の方と会ってみるといいでしょう。学資保険に代替しうる適切な商品がありますから。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

生命保険はつい先日、別の保険会社で契約をしたばかりだったのです。
ソニーのライフプランナーの方も最初は死亡保障の事をおっしゃって
いたのですが、他保険を契約したばかりと言ったら、今度は個人年金
のお話・・・という感じでした。

>そもそも、そのライフプランナーが、なんでそんな事を言うかというと、学資保険を売っても、相手の手取りは殆どないのですが、変額個人年金に関しては、そこそこの手取りがあるから、という背景があるのを覚えておいてください。

なるほど、そうだったんですね~。
ここで相談しなければ、うっかり学資に変わる保険として個人年金を
契約するところでした。確かにそんなに返戻金が下回るような事は
ないかと思いますけど、リスクを考えるとそんなにメリットもないん
ですね。
大変参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/29 12:49

物価上昇に関してしの考え方は一部賛成するところはあります。

近年物価はあまりあがっていませんが教育費は着実に上がっています。
しかしながら変額個人年金は運用が確定しているものではなく元本割れの可能性がある商品です。変なたとえになりますが、運用がうまくいったら私立大学、そこそこだったら国立大学、失敗したら進学をあきらめる、のように資金が確定しないし、不都合を生じる可能性があります。(これは暴論ですが株が下がったら大学には行かないの様なものです)
学資保険はそもそも掛けた分以上にもらえるますので(解約しなければ)、物価上昇を織り込んでいることになりますし、金利が上昇し予定より運用がうまくいくと配当(5年ごと利差配当)で物価の変動に若干対処しています。
それに物価が上昇するということは賃金が上昇することが多く、上昇した分の一部を教育投資に振り向ければ入学時の準備も和らぐと思います。その際は保険にこだわらず、貯金などでも良いと思います。
urlは郵便局の教育積立貯金を載せました。
変額年金は一時払いでなければ、莫大な損害が出るものではありませんが、いずれにしても教育投資はリスクの少ないものにすべきと思います。どうしてもというならば20000円を払う予定のうち、半分とか4分の1とかを変動物に預けてはいかがでしょうか。

参考URL:http://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/stt30300 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

やはりリスクを考えると、変動型個人年金はそれほど魅力的なものではないのですね。性格的に義務づけられないと貯金ができそうもないので
ソニーの学資保険がやはり適当なのかなぁと思いました。
セールスの方のトークの仕方ひとつで商品の印象がだいぶ変わる
ものなんですね。

>学資保険はそもそも掛けた分以上にもらえるますので(解約しなければ)、物価上昇を織り込んでいることになりますし、金利が上昇し予定より運用がうまくいくと配当(5年ごと利差配当)で物価の変動に若干対処しています。
それに物価が上昇するということは賃金が上昇することが多く、上昇した分の一部を教育投資に振り向ければ入学時の準備も和らぐと思います。その際は保険にこだわらず、貯金などでも良いと思います。

なるほど!と思いました。
ご丁寧にアドバイスをくださって本当にありがとうございました。

お礼日時:2007/01/29 12:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお勧めの個人終身年金は

男・46歳・独身です。個人終身年金に加入しようかと思っていますが、お勧めの物はありませんか?
生保レイディーはしつこそうだし、中立的なアドバイスが欲しくて質問しました。

Aベストアンサー

個人の終身年金ならば、いわゆる国内の大手の漢字生保を
比較検討してください。
この分野に力を入れているので、生保の中では、利率の良い
商品となっています。

漢字生保……日本生命、明治安田生命、第一生命などの会社名が
漢字のみの会社
カタカナ生保……外資およびソニー生命のようなカタカナの名前の
生保

この手の商品は、会社が潰れないこと、利率が良いこと
という2点が全てでしょう。

Q学資保険に入るべきか、死亡保険に入るべきか

娘が今ゼロ歳です。
夫は29歳です。
我が家は貧乏家庭だと思っています。

保険類に一切入っていませんでしたが、子供が生まれたので子供のための保険だけは入ろうと思っています。
最初にゆうちょの学資保険に入ろうと思い、申し込みましたが断られてしまいました(多肢症だった為)

自分なりに少し調べてみたのですが、
学資保険という名前じゃなくても、ようはお金があればいいのであれば、積立貯金をしつつ、夫にもしもがあった時のために、夫の死亡保険に入った方がいいのでは?
と思い始めました。

保険の事、調べれば調べるほど難しくて・・・学資保険の方がいいのか、死亡保険がいいのか、何かアドバイスあればお願いします。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

>学資保険の方がいいのか、死亡保険がいいのか、
何かアドバイスあればお願いします。
(A)そもそも、学資保険とは、死亡保険の一種です。
学資保険とは……
親が万一死亡したとき、保険料払込免除になって、
18歳で満期保険金を受取れます。
普通の死亡保険は、死亡すればすぐに受取れますが、
学資保険は、受け取り時期が違うだけで、
死亡保険そのものなのです。

満期保険金が受取れる保険が他にもあります。
それは、養老保険ですが、これも死亡保険の一種です。
つまり、学資保険も死亡保険も根本は同じなのです。

となれば、まずは、死亡したらいくら必要か、
という考え方が重要であり、それを計算しなければなりません。
その金額が決まったら、貯蓄計画と擦り合わせて、
いくらを掛け捨てにするか、
いくらを終身の死亡保険にするか、
いくらを学資保険にするか
どのように振り分けるかを考えるのです。

保険とは、結局は、お金です。
となれば、保険は、保険だけを取り出して考えるのではなく、
貯蓄、ローン、資産などを含めたトータルのマネープランの
中で考えるべきものなのです。

そのためには、まずは、マネープランを作ることです。
キャッシュフロー表を利用すると便利でしょう。
「キャッシュフロー表 家計」で検索すれば、ヒットします。
キャッシュフロー表(マネープラン)が出来上がれば、
次に、夫様の万一のシミュレーションをします。

夫様の収入を遺族年金にして、
住宅ローンがあればゼロに、
死亡退職金や葬儀代を計算に入れ、
生活費から夫様の分を引く……
などの操作をすれば、万一のシミュレーションとなります。
このときのマイナスが必要保障額であり、
その金額を確保する最も単純な方法が生命保険です。

このように、生命保険でいくらの保障をするかを決めてから、
上記のように、それをどのような保険に配分するか、
という問題なのです。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

>学資保険の方がいいのか、死亡保険がいいのか、
何かアドバイスあればお願いします。
(A)そもそも、学資保険とは、死亡保険の一種です。
学資保険とは……
親が万一死亡したとき、保険料払込免除になって、
18歳で満期保険金を受取れます。
普通の死亡保険は、死亡すればすぐに受取れますが、
学資保険は、受け取り時期が違うだけで、
死亡保険そのものなのです。

満期保険金が受取れる保険が他にもあります。
それは、養老保険ですが、これも死亡保険の一種です。
つまり、学資...続きを読む

Q個人年金か終身か…

 主人の保険の事で相談させて下さい。
 主人35歳・会社員、私34歳・専業主婦、子供二人(4歳・2歳共に女の子)です。
現在、メインの保険(定期特約付終身+医療保障)の他に個人年金保険に入っています。払込期間60歳まで、基本年金額約39万円、年金支払期間10年、月額保険料1万円です。
 この度とある保険会社のFPの方にライフプランを相談する機会があり、現在入っている個人年金保険を終身保険にしてはどうかという提案を受けました。
 この保険は…
 払込期間65歳まで、保険金額500万、月額保険料9000円ちょっとです。
 65歳までの保険料総額は約330万。仮に払込満了時に解約しても返戻金は約390万です。
 現在加入しているメインの保険の終身部分は100万ほどしかなく
少し不安に思っていたし、個人年金よりも運用がいいので加入を考えているのですが、ぜひここでご意見を伺いたく、投稿させて頂きました。
よろしくお願いします。
 ちなみに加入していた個人年金と加入を勧められている終身はたまたまですが、同じ保険会社でした。
 

Aベストアンサー

NO2です。

教育資金・住宅資金ともにメドが立っており、
さらに今後奥様も働くということでしたら、
個人年金よりも終身保険をおススメします。

ただし、まだ35歳。
老後のお金が必要になるのは30年以上先のことです。
NO3様が指摘されているように、
インフレが起こってしまうと、
今の低い予定利率の終身保険は全く役に立たないものになってしまいます。
インフレに対応できない、これが生命保険の弱点でもあります。
終身保険の中でも変額であれば、インフレに対応できる可能性もありますが、
最悪の場合、解約返戻金が元金割れしますので、
投資の知識に自信がないのでしたらやめといたほうがいいです。
もし今から変額を始めるのに不安があるなら、
子供が手が離れてからの10年間で一気に貯蓄するほうがいいと思います。

Q学資の為の保険・・・学資保険と終身保険

子供の学資の為の保険についてアドバイス下さい。

大学進学までとして約1700万の試算です。

素人考えだと返戻率に大差が無いなら死亡保障がある終身保険のが良いのではと思ってしまいます。

夫に万が一の場合を考えて追加で定期保険(22年満期で逓減がいいのかな)を考えています。収入保障保険は別途検討しているのでこの定期はあくまで教育費、葬儀代はその時にあるだけの金額ですれば良しとの夫の考えでそういう意味での終身保険は考えていません。

1.学資保険+定期保険
2.終身保険+定期保険

終身保険は死亡保障があるから定期保険の保障額が少し低く出来るのでそっちのがいいのかな、というのが素人考えです。

どうでしょうか?これから保険相談もする予定ですが、自分でも色々勉強してメリットデメリットを知っておきたいのでアドバイス願います。

Aベストアンサー

●「素人考えだと返戻率に大差が無いなら死亡保障がある終身保険のが良いのではと思ってしまいます。」

◆決して素人考えとは思いません。あくまでも同じ返戻率なら保障があった方がメリットが大きいと私も思います。
もちろん定期保険・終身保険・学資保険を別々に考えるのがベストですが、そうなると出費が大きくなります。
毎月の保険料を抑制して、少しでも高い保障を得られるのが終身保険で学資積立をするもう一つのメリットとなります。

Q個人年金保険の終身タイプを今買うべきか待つべきか

現在50歳。
個人年金保険の終身タイプの取り扱いを各社減らしているようですが、
全滅する前に加入(ライフロード)しておいたほうが
良いのか、10-20年待って、利率が上がるのを待つのが良いのか
悩んでいます。

アドバイスよろしくお願いします。

個人年金保険では、ないのですが、グランエイジと言う終身タイプの商品も
出てきて気になっています。

Aベストアンサー

>グランエイジは、電話で確認して60歳
>一括払いも可能と聞きましたが、
>違いましたでしょうか?
全期前納ということです。

内容については下記の説明が分かりやすい
でしょう。
http://sports-insurance.net/nissay-granage.html

・60歳での前納なら最短で70歳から
 受給開始。
・80歳で払込んだ保険料の約半分の返戻率
 1136万の保険料で70~80歳の年金総額は
 600万。
・解約返戻金、死亡給付金はとても低い。
https://www.nissay.co.jp/news/2015/pdf/20160317.pdf

端的に言えば、長生きした時のリスクを
保障する保険ということですね。A^^;)
早死にでは大きな損失となりますが、
死んだ後のことは関係ないという考え方
もありですから。A^^;)

いかがでしょう?

Q学資保険で元本割れのないもの

子供が生まれ、学資保険を考えております。
ポイントは下記です。
(1)貯蓄性(元本割れしないもの)
(2)主人に万が一の事があった時の払込免除付
(3)子供に万が一の事があった時の保証は不要

私なりに調べ、ソニー生命を考えておりますが、
ソニー生命以外でどこか良いところがありましたら
教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

学資保険で元本割れしない商品は少ないですが、ソニー以外というとアメリカンファミリーと富国生命などがあります。
参考までにURLを載せました。

参考URL:http://www.fukoku-life.co.jp/order/index.html,https://www.aflac.co.jp/product/lineup/kawaii/kawaii_sim_index.phtml

Q生命保険(終身保険と個人年金)

37歳 男 独身です。
生命保険は、掛けておくべきものでしょうか?
掛けるのであれば、どのくらいの保障内容のものであればいいですか?

個人年金と両方で負担がおおきいです。
個人年金、皆さん掛けていらっしゃいますか?

Aベストアンサー

こんにちは、では早速ですがアドバイス申し上げます。

【結論】
生命保険による保障と将来の為の年金資金つくりは両方とも必要です。

(1)死亡保障(高度障害保障)は独身であっても必要です。特に御両親が健在で御質問者様が万一亡くなった場合、残された御両親の世話や介護をするのはどなたか?その資金はどうするのか?子供に先立たれた親の悲しみは、非常に深く辛いものです。せめて経済的な負担が辛くならないように子供として親への恩返しとして考えて下さい。
また御質問者様が亡くならずに障害状態になったら、どなたが面倒を見られますか?
「独身だから大きな保障はいらない」というのも単なる数字で考えれば一理あります。しかし、人が亡くなる事、特に子供に先立たれる事は本来あるべき姿(亡くなる順番は年長者)ではありません。

(2)将来の生活は人に任せるのではなく、自分の力で備えるものです(自助努力)。御質問者様が会社員なのか自営業者なのかわかりませんが、現在の年金制度や財政状態を考えると将来受給できる年金額や受給年齢は非常に不安があります。

【解決策】
終身保険に加入する。37歳なら60歳または65歳という定年をめどに払い込みを済ませる。
保険金は最低1000万以上。終身保険は払い込みが済めば、解約返戻金は支払い保険料総額よりも多くなります。具体的な解約返戻金はいくらになるのか?保険料はいくらか?これは保険会社の担当者に相談されてください。
37歳なら毎月3万円の保険料で支払総額約830万、保険金1500万で解約返戻金も1000万近くになると思います。
終身保険に加入して解約返戻金を老後の年金資金に活用してください。
終身保険は一石二鳥以上の効果があります。

以上参考になれば幸いです。

こんにちは、では早速ですがアドバイス申し上げます。

【結論】
生命保険による保障と将来の為の年金資金つくりは両方とも必要です。

(1)死亡保障(高度障害保障)は独身であっても必要です。特に御両親が健在で御質問者様が万一亡くなった場合、残された御両親の世話や介護をするのはどなたか?その資金はどうするのか?子供に先立たれた親の悲しみは、非常に深く辛いものです。せめて経済的な負担が辛くならないように子供として親への恩返しとして考えて下さい。
また御質問者様が亡くならずに障害状態になった...続きを読む

Q8歳になる子の学資保険は入るべき?

今月で8歳になるこどもがいます。学資保険に入るタイミングを逃したままきてしまいました。
調べると、今から入れる学資保険はかなり会社も限られてしまいます。

この年齢で入ると、戻し率も低く、毎月の支払い額も高いのですが、入るメリットがあるかお聞きしたいです。

目的としては、大学進学の費用と生命、入院保障などが少し付いているといいなと考えています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人年金に未加入であれば無駄にオプションが付いてくる割高な学資保険より個人年金に入るべし!!
一応大事なこと
・生命保険・医療保険加入であり、万一の時は問題無い状態の時。
・3年は解約しない(3年程で個人年金は元本割れしません)
・収入のある旦那様でしょうか?名義は旦那様で加入。
  年末調整で生命保険・地震保険とは別に個人年金も控除されます、これだけでも学資保険より加入する意義があります。
個人年金を教育費用のみと割り切れる事!

最終的に解約する必要ない状態であれば、そのままにして老後に備えればOKですよね。
今の学資保険は無駄多すぎます。2重3重に万一の為の補償なんて不要でしょw

ただ、生命保険や医療保険加入無いのであれば、学資保険も候補かも知れませんが・・・・
共済の方が安いと思うし、使いやすい、子供の年齢考えると怪我の通院でも出ますからね~。
共済+個人年金でしょうか?でも生命保険加入自体は重要であり必須かと思います。
何よりの万一の備えは生命保険が最優先化と思ってます。

Q変額個人年金の早期受取終身プランについて教えてください

現在55歳、女性です。老後国民年金と少し家賃収入しか見込めないので心配です。独立した息子が一人います。
1000万円を老後の安定した資金の一部にしたいのですが、銀行に相談したところ、三井住友海上メットライフ生命の変額個人年金保険スウィートスマイルを勧められました。2つの受け取りプランがあり、早期受け取り終身プランの方です。
契約の1年後から年金を受け取れ、どんなに運用が悪くても4年間は3%、すなわち年に30万円は確実に受け取れるということです。それ以降は3,5%,4%と受け取る年金が増えて行き、終身で受け取れます。10年たてば解約料なしで解約でき、受け取った額を差し引いた額が戻って来るそうです。私の場合来年から毎年30万円、59歳になると35万、62歳以上では40万円終身で受け取れるということです。また死亡した場合、元本から受け取った保険金を引いた額を息子が受け取れるそうです。
とても魅力的に聞こえるんですが、デメリットはないんでしょうか。
私の単純な頭で考えると、85才まで生きたとしても受け取る年金額は支払った1000万円に満たないですよね。だったら年金保険に入らずに、少しずつ貯金を崩していっても同じじゃないかとも思うのですが、どうなんでしょうか。
私のような場合、この年金は入っても悪くないものでしょうか。それとも他に何か良いものがあるでしょうか。資産を増やすというよりは確実に老後の生活費の一部を確保したいのですが。
保険や年金の用語も難しいし、それぞれの年金の特徴を理解するのも私の頭ではとても難しいです。どうかよろしくお願いします。

現在55歳、女性です。老後国民年金と少し家賃収入しか見込めないので心配です。独立した息子が一人います。
1000万円を老後の安定した資金の一部にしたいのですが、銀行に相談したところ、三井住友海上メットライフ生命の変額個人年金保険スウィートスマイルを勧められました。2つの受け取りプランがあり、早期受け取り終身プランの方です。
契約の1年後から年金を受け取れ、どんなに運用が悪くても4年間は3%、すなわち年に30万円は確実に受け取れるということです。それ以降は3,5%,4%と受け取る年金が増えて...続きを読む

Aベストアンサー

民間の終身年金であれば、そんなもんかも知れないですよね。
平均寿命程度で元が取れていたら、保険会社がもうからない。
なんだかんだ言っても、終身保障してくれる公的年金ほどのものは民間にはないでしょう。
さて、質問の商品ですが、
平均寿命がどんどん上がってる現状、これからは早く死ぬリスク(死亡保障)ばかりでなく、
長生きのリスクに備えることも必要かと思います。
その意味で終身年金というのは大変有効な備えです。
でも、あくまでも保険ですから。
保険とは、安心を買うっていうじゃないですか。
長生きした場合でも、あまりみじめな生活にならないという安心ですね。
平均寿命くらいでお迎えがきたときに、元が取れなかった分は安心を買ったんだって思えるかどうか。
そういうことじゃないでしょうか。

Q学資保険に入るかどうか悩んでます。

現在7歳になる娘がいて、郵便局の学資保険に入ってます。でも満期金額が100万円で、最近お金に余裕ができてきたので、もう少し子供のために貯金を増やそうと思ってます。で、最近ソニー生命の学資保険が率がいいみたいに聞いたので、入ろうかどうか悩んでるんですが、普通に郵便局の定額貯金に貯めていったほうがいいんでしょうか?

Aベストアンサー

何のための学資保険か、ということです。
今加入している学資保険で得ることのできる補償で充分だと思われるのであれば、選択肢は学資保険だけではないはずです。

確かに学資保険は学資を貯めるにはたいへん向いている商品だとは思います。途中で借り入れなどをしなければ、予定通りの学資を確保できます。しかし一方で預貯金のように「換金性」「自由度」には自ずと制限がかかってきます。

質問では「保険」と「貯金」が比較されています。
保険の場合は、原則として契約によって定められた時期にしかお金を手にすることはできません。貯金であれば、積立が困難だったり急にまとまったお金が必要になったときも対応できます。その代わり初めに予定していたようにお金がたまらないこともあります。

既に契約があるようなので、ここは慎重に考えるべきです。特にこだわる必要はありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報