痔になりやすい生活習慣とは?

仕事中ふと思ったのですが、透明な「金属」って作れないものでしょうか。
私に知識がないだけで、ひょっとして存在していたら情報をいただきたいのと、もしなければ作れるものなのかどうかを教えていただきたいと思います。
「金属」と言う定義も知らないもので、たとえば透明な鉄(鋼)とか透明なアルミなどが作れないものでしょうか。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 ちょうど別の質問があって金属の反射について調べていました。


 そこで、金属が光を反射する主な要因は、金属内の自由電子がプラズマ周波数という紫外線領域の周波数で振動しているからだということが分かりました。
 プラズマ周波数より低い電磁波が入ってくるとすばやく振動している自由電子が弾き飛ばしてしまうようです(イメージとしては、「お嬢さん、お入んなさい」の縄跳びの縄がぶんぶんと速く回りすぎていて、いつ入ってもぶつかってしまうような状態。)
 逆に、ガンマ線のようにプラズマ周波数より高い周波数の電磁波が入ってくると、ほとんど透過してしまいます。もっとも透過を防ぐ鉛でも10cmの厚さがないと通り抜けてしまうそうです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84% …

 したがって、「透明な金属」を作るためには、素人考えですが、プラズマ周波数をぐんと下げて、赤外線領域以下にすればよいと思われます。
 プラズマ周波数は電子密度の平方根に比例するようです(他には変数はないようです)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9% …
 そこで、電子密度を大幅に下げた金属を開発すれば「透明な金属」ができるように思われます。(どうしたら電子密度を大幅に下げることができるのかは分かりませんが。)
 ただ、もしこのような金属ができたとしても、電子密度が低いので当然、電気抵抗は大きくなり、熱伝導性も悪くなることは避けられないでしょう。このときに金属として期待している属性が悪化すると意味がなくなりますが。

 ちなみに、プラズマ周波数について調べるきっかけになった質問のURLを張っておきます。よかったら参照してみてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2702092.htmlのANo.3です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございました。

電磁波の周波数によって「金属」を「透過」したり「反射」したり・・・原理が大変良くわかりました。
仮にプラズマ周波数を下げることができても、その弊害として金属としての性能が低下するわけですね。
難しいものですな!。

でも可能性としてはありそうなので、また夢が膨らみそうです。

いろいろな情報を大変ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/30 11:22

蒸発した金属は透明に近いのでは?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。

私が知りたかった内容とは厳密には違いますが、「蒸発した金属」と言う発想に驚かされました。
私から見れば、「なんという柔軟な発想なんだ!」と思います。
前の方と同様、「なるほど!」と言う感じです。

私が知りたい内容からすると、蒸発した金属が透明に近いのは、薄膜と同じ理由と言うことでよろしいでしょうか。

短い文ではありましたが、大変勉強になりました!。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/31 10:49

あみはだめなの?


「あみ」^^

真空管のグリッド。ーー;

これなんぞ通過する。
しかも1万倍に増える。^^
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E9%9B%BB% …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます(笑)
・・・失礼しました。

ちょっとユニークな内容だったので、思わず心が癒されました!。
と同時に、「見方を変えてみればァ?」と言われているような感じを受けました。
別の意味で刺激をいただき、「なるほど!」と思え、勉強になりました。

失礼な内容の御礼になったかも知れませんが、また質問した際、回答をお願いしたいと思います!。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/31 10:26

酸化インジウムや酸化マグネシウムは金属ではありません。

金属の酸化物(早い話が錆)です。これまで金属に含めていたのでは、食塩こと塩化ナトリウムまでは中に入れてしまわなくてはならなくなるでしょう。

金属というのは原子が「金属結合」で結びついている状態の物質を言います。この金属結合は各原子が「自由電子」を放出し、結晶全ての原子で共有し合うことで起こる結合です。この自由電子の存在のため、金属は光沢や電気伝導性などを持ちます。
光沢があるということは光を強く跳ね返すと言うことです。つまり、金属に当たった光はその殆どが跳ね返され、透過するものは殆どありません。(紙や油とアルミ箔を比べてください)。従って、金属といえば光を殆ど透過させない不透明性の高い物質でもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

金属の「定義」と言うものを始めて知りました。
「なるほどッ!」と言う感じです。
・・・金属の「酸化物」は金属ではなく、単なる「錆」と言う物質に変わるのですねェ。

と言うことは、透明な「金属」は製作不可能?と言うことでよろしいでしょうか。
やはり無理なのでしょうか。

いろいろとありがとうございました。

お礼日時:2007/01/30 10:44

No.3です。


透明な金属を付けているのではなく、
薄く膜を付けることで透明さを出す。
ですね、正しくは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。

やはりそうなんですねェ!。
「透けるほど薄い」と言うことなんですね。
やはり「夢」の物質なんですかねェ・・・。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/30 10:34

透明な金属ってどこまでを透明と定義するかってのもありますけど、有名なところでは液晶テレビに使われていますよ!


液晶テレビは画面全体に透明な金属が薄く付けられています。
使われているのは酸化インジウム。新しい材料では酸化マグネシウムも出てくるのかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

まったく知りませんでした。
「酸化インジウム」、早速調べてみたいと思います。

・・・でもこれも厚さを厚くすると「透明」でなくなるのではないでしょうか。
合わせて調べてみたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/30 09:58

金の薄膜は透明です、ただし赤い色の光になります。


他の金属はそれほどの延性、展性がないので通常光は通りません。
「金属」の定義と「透明度」の間には緊密な関連があるのですが、誤解を与えずに説明する能力がないので省かせてください。
m(_ _)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「あっ、やっぱりこのような回答をいただいてしまったかァ~」
と言う感じです。
大変申し訳ありません。
やはり質問文の中に書いておくべきでした。反省します。

「金」の展延性については知識があり、薄膜についても知っていました。
「金」の薄膜については、単に原子の数が少ないために光が透過するので、薄膜を複数枚重ねると、やはり「透明」とは言えません。

私の不手際で御手数をお掛けし、大変申し訳ありません。
ありがとうございました。

でも是非、その「金属」の定義と「透明度」の間の緊密な関連と言うのを聞いてみたいです!。
機会があればよろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/01/30 09:48

4つ目の質問に答えが出ていますが、


私には難しくて解りません、
結論としては、現状では出来ないようです。
この先科学技術が発達したら出来る感じは受けます。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/yoshida_n/qa_a40. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。

確かに教えていただいたところに書いてある内容は、私にも難しいものでしたが、可能性としてはないわけではないことがわかりました。
合わせて、物理学的な金属の定義もわかりました。

重ねて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/01/30 09:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鏡について

この間鏡を作成しました。溶かしたはんだを
金床の上に出して固まったのを磨くだけなんですが、
それに関連して質問をさせて頂きます。
・磨けば磨くほど当然表面はツルツル・ピカピカになっていくわけです。これを金属光沢というそうですが、これと自由電子?とかいうものの関係を教えてください。
・固まったのをハンマーでたたいて伸ばしたのですが、
これと「延性」「展性」という言葉が関係あるそうですが、調べても
よくわからないので、URLだけでもかまいませんので説明をお願いします。

困っているのでお願いします。

Aベストアンサー

 #1です。
 補足を拝見しました。
 Zol312さん、あなたでしたか~。特にIDに気を止めずに回答していたもので気づかずにすみませんでした。

 さて、補足事項についてですが、延性・展性については#2のht1914さんがとても分かりやすい説明をしていますので、残りの金属光沢について述べたいと思います。
 とはいっても、この金属光沢の理由はとても難しいものです。Zol312さんは確か中学生ではなかったでしょうか。これを理解するには少なくとも大学レベル以上の知識が必要で、とても複雑な数式を扱わなければなりません。
 私も理解するには程遠い状況ですが、調べてみて分かったところを数式を使わずに説明してみます(結果的にはこれまでの説明と分からないかもしれませんが)。

 先ず、金属内の自由電子ですが、この自由電子は自由に動くとはいっても電子同士はマイナスに帯電しているので近づきすぎると反発する性質があります。そのため、自由電子は、他の自由電子に近づくたびに反発力を受けることによって、独特の振動を行います。この振動をプラズマ振動といいます。また、この振動の周波数は一定ではなく、ある分布をもちますが、その中の代表的なものをプラズマ周波数と呼んでいます。そして、金属ではこのプラズマ周波数は紫外線の領域にあり可視光より高い周波数をもちます。つまり、自由電子は金属内で可視光より高いプラズマ周波数付近で振動しているといえます。
 ここで、プラズマ周波数より高い周波数の電磁波(紫外線よりも周波数の高い光)を当ててみましょう。このとき、電磁波から見ると金属内の自由電子はとてもゆっくり動いているため止まっているように見えます。そのため、高い周波数の電磁波は、すかすかにしか存在しない自由電子の間をすり抜けて、結局、金属を透過することになります(そのため、放射線の1つであるガンマ線はほとんどの金属を通り抜けてしまいます)。
 今度は逆に、プラズマ周波数より低い可視光の光を当てます(赤外線でも電波でも構いません)。すると今度は、可視光から見ると、金属内の自由電子は非常に速く動いているためバリヤが張られているように見えます(縄跳びの縄が非常に速く動いているため、いつ入っても引っかかってしまうようなものです)。そのため、可視光は自由電子にぶつかって弾き飛ばされてしまうわけです。このときに反射が起こります。
 この反射の説明には、入射角と反射角が等しくなることがいえればよいと思いますが、このことは下記のように様々なサイトでなされているので、紹介することで代えさせてもらいたいと思います。
 なお、この原理による反射は、金属内だけではなく、上空数10km~数100km程度の高度に分布している電離層でも起こっていて、電波の反射に寄与しています。この電離層は高度によっていくつかの種類があり、それぞれプラズマ周波数が異なります。プラズマ周波数が最も高いものでも短波帯になりますので、そのことが短波までは遠くまで伝わりますが、FMラジオやテレビの電波などは上空で反射せず宇宙へ突き抜けてしまい、見通し距離内でしか電波が伝わらない理由になっています。

(ホイヘンスの原理によるもの)・・・アニメーションで分かりやすい。
http://www.ne.jp/asahi/tokyo/nkgw/gakusyu/hadou/Huygens'principle/Huygens.html
http://ww2.wainet.ne.jp/~yuasa/flash/Huygens_reflection_refraction.swf
http://www004.upp.so-net.ne.jp/s_honma/refraction/refraction.htm

(フェルマーの原理によるもの)
http://www.bekkoame.ne.jp/~kitamula/tuikabook.htm

(波動方程式によるもの)
http://www.ese.yamanashi.ac.jp/~itoyo/lecture/emw/emw4/emw4.htm

 あと、老婆心ながら・・・
>では、もう一つの金属光沢についてもよろしくお願いいたします。

 せっかく素晴らしい説明をしてもらっているのに、ちょっと失礼な印象を持ってしまいました。回答者にはすべての疑問に対して説明の義務があるわけではないのですから(そもそもボランティアですからね)。
 もう少し言葉の使い方に考えるようにしたほうが良いと思いますよ。
 ではまた。

 #1です。
 補足を拝見しました。
 Zol312さん、あなたでしたか~。特にIDに気を止めずに回答していたもので気づかずにすみませんでした。

 さて、補足事項についてですが、延性・展性については#2のht1914さんがとても分かりやすい説明をしていますので、残りの金属光沢について述べたいと思います。
 とはいっても、この金属光沢の理由はとても難しいものです。Zol312さんは確か中学生ではなかったでしょうか。これを理解するには少なくとも大学レベル以上の知識が必要で、とても複雑な数式を扱...続きを読む

Q透明な物質と不透明な物質との本質的な違い

以前の関係スレを見ているのですが、どうも素人にはわかりにくい無塚しい理論があるようです。
分子が通過する光子を捉えきれずに逃がしてしまうという現象のように理解したのですが、金属は1ミクロン以下でも光を通さず、水は何十メートルの厚さでも何もないかのように通過するのはやはりこの理屈なのでしょうか。どうも理解できません。水やガラス、ある種の透明プラスチックの間に共通点はあるのでしょうか。あるのでしょうね。私にはまったくないように思えます。
原子は基本的にすかすかで、ほとんど何もない空間であるときたことがあります。それが本当なら物質は皆透明に近いのではないでしょうか。金などの超薄い箔は原子が百くらい重なっただけのものもあるらしいのですが、こんな層を光が通らないのは何か積極的な阻止構造があるような気がするのですが、わかりやすく教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

>> >基本的には「結晶」になれば、透明です
>> ガラスや水は巨大な近似単結晶だということでしょうか。
>> 結晶だと分子がそろっているので光が通り抜けやすいということなのでしょうか。

巨大な近似的な単結晶を作っているという発想も、あながち間違いではありません。ただ、液体のため、結晶構造は持っていないという考え方でも結果的に同じです。散乱を起こす粒子単位そのものがないため、また、金属のような自由電子もないため、透明に見えます。なお、可視光で強い吸収がないのも理由の一つになります。薄い色はありますので、厚いガラス、深い湖には、色を見ることができます。あまりに厚くなると、結果的に不透明になります。

>> >遷移軌道に入っている電子が励起によるので
>> こういった現象がここでは起こらないのは単に物性の問題なのだと解釈できるのでしょうか。

例外もありますが、元素そのもの種類によると考えて良いかと思います。電子軌道の構造によります。

ちょっと意地悪な例を追加しておきます。
世の中には、「構造色」というモノがあります。これまでの話にも関わりますが、元素や分子そのものの性質でできる色とは違い、物質の表面の形状だけで生じる色のことです。水やガラスの話で、構造を持たないから透明なんだという説明の逆の話です。
蝶の紫色は、その蝶を集めてその色を取りだそうとしても取り出せません。表面のスリット構造による光の散乱・回折で生じる色だから、構造を壊してしまうと無くなる色です。

>> >基本的には「結晶」になれば、透明です
>> ガラスや水は巨大な近似単結晶だということでしょうか。
>> 結晶だと分子がそろっているので光が通り抜けやすいということなのでしょうか。

巨大な近似的な単結晶を作っているという発想も、あながち間違いではありません。ただ、液体のため、結晶構造は持っていないという考え方でも結果的に同じです。散乱を起こす粒子単位そのものがないため、また、金属のような自由電子もないため、透明に見えます。なお、可視光で強い吸収がないのも理由の一つになります...続きを読む

Q透明導電膜について

ITOなどの透明導電膜について質問なのですが、
一般的に透明というのは絶縁体であるということが参考書でかかれていたのですが、透明導電膜に関しては透明でかつ導電性をもっていることの理由がいまいち分かりません。

知っている方がいましたら、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

「金属」の定義にもよりますが、
ITOは#1さんのおっしゃってる「金属」よりも
どちらかといえば#2さんのおっしゃる意味での
「半導体」に近いと思います。

たぶん#2さんの回答でほぼ正解だと思いますが、
それだとITOじゃなくてIO(In2O3)でもOKとなってしまいます。T(錫)がドーピングされていることも
重要だと思います。

つまり、「高濃度ドープされたワイドギャップ半導体」であることが本質では?

まず「透明⇒絶縁体」の意味は、可視光域で透明という
ことはバンドギャップが3eV以上のワイドギャップ半導体か絶縁体ということです。

この場合、真性の半導体ならば、電気を伝えるキャリアの量はとても少数です。

T(錫)が多量にドープされているので、これが伝導帯の中に金属的な電子を作っており、これが金属的な電気伝導を担うわけです。

さらにTの濃度が高すぎないために、キャリヤによる光吸収が赤外域にとどまるため、透明を維持できるわけです。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q厚みと透過率の関係

いろいろな厚みのシートを作成しています。
そこで、数点のシートの厚みを変化させたときの透過率を測定すると
あらゆる厚みの透過率がわかる式がありますか?

ほかのサイトの紹介や簡単な意見でもいいので
教えてください!

Aベストアンサー

光学に関しては一般的な知識しか持っていませんが、回答が無いので解る範囲で.....

光の透過率に関しては次のような項目が関係してきます。

表面反射

波長依存性

厚みに関係した減衰率
 厚みが2,3,4倍になるに従い、1/4,1/9,1/16 と光の強度は減衰する。

光線の拡散
 光線が直線状に方向を余り変えずに透過してくるか、
 斜め方向にも拡散してくるか


例えば Wikipedia:透過率 の項を参照下さい。

>光学材料では、表面(界面)で光が反射されるため、素材自体の透過率のことを内部透過率、界面をふくめた全体の透過率を外部透過率と呼ぶ。

多くの用途に対応する為には波長依存性も明らかにする必要があります。
しかし普通には使用する素材について、常用する光の厚みと減衰率の関係を求めれば良いと考えられます。
(波長依存性、拡散については、先ず無視して考えます)

そうすると次のような式が成立する筈です。

 I/I_0 = Kexp(-αx)  (A)

 I,I_0 透過光、入射光 強度
 K:表面効果 (K<=1, 簡単には K=1 と仮定しても良い?)
 α:吸収係数  Wikipedia:吸収係数他 参照
x:厚み=経路長

何種類かの厚みについて、透過光強度を測定し、(A)式の関係を片対数グラフにプロットします。
(横軸=等間隔目盛ー厚み、或いは一定厚みの板枚数、縦軸=対数目盛透過光強度)

そのグラフから関係式が読み取れるのではないでしょうか。

もっと詳しくは、厚みと透過光強度の対数値との関係式を、最小二乗法を使って求めます。

 log(I/I_0) = log(K) +α*x (A')

なおサーチ条件を工夫して調べれば、大抵の情報は回答を待つよりも直ぐに見つかります。
例えば次等

光 透過率
光 透過率 計算式
光 透過率 計算式 OR 関係式
光 透過率 波長依存性 (+計算式、関係式、解説、基礎、物質 OR 材料 OR 素材、.....)
光 拡散率 OR 拡散係数

光学に関しては一般的な知識しか持っていませんが、回答が無いので解る範囲で.....

光の透過率に関しては次のような項目が関係してきます。

表面反射

波長依存性

厚みに関係した減衰率
 厚みが2,3,4倍になるに従い、1/4,1/9,1/16 と光の強度は減衰する。

光線の拡散
 光線が直線状に方向を余り変えずに透過してくるか、
 斜め方向にも拡散してくるか


例えば Wikipedia:透過率 の項を参照下さい。

>光学材料では、表面(界面)で光が反射されるため、素材自体の透過率のことを内部透過率、界面をふく...続きを読む

Q材料力学 引張試験カップアンドコーン現象

今、カップアンドコーンについて調べているのですがわかりません。
軟鋼とアルミで引張試験をして、破断した時にカップアンドコーンという現象の破断面になりました。カップアンドコーンとは、なぜ起きるのですか?あと、カップアンドコーンについて知っている事教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

う~ん 詳しく説明するとかなり専門的になりますね
専門的な話は僕もよくわかりません(笑)
ですので簡単な話をおば

カップアンドコーンの破断面をよく思い出してみましょう
平な部分と斜めの部分がありますよね
平らな部分というのは垂直応力によって破断しています
これは感覚的にわかるでしょう 

これに対して斜めの部分はせん断応力によって破断しています
最大せん断応力は主軸(試験片を引っ張っている方向)から45°をなす面で
働くって聞いたことありませんか?

カップアンドコーンとは
試験片内部では垂直応力が主に働いていて,
試験片表面部分ではせん断応力が主に働いているということを表していると
言えるでしょう.

材料力学の本などをみて確認してみてくださいな

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q高周波とは??

素人な質問で大変恐縮です。
よく、高周波という言葉を聞くのですが、ズバリ、高周波とは何者なのでしょうか??どのような働きをするのでしょうか??

Aベストアンサー

こんにちは。
素朴ながら実は結構高度なご質問ですね。少々単純化しすぎてはいますが、つぎのような回答ではいかがでしょう。

ポイントは、「電線の中の電気は低周波、電線の外に飛び出すと高周波・・・」

電気にプラスとマイナスがあるのはご存じですよね。買ってきた電池の平らな底がマイナスでおへそが出っ張っているほうがプラスで、間違えると機械は動きませんね。
おへその方に赤い電線を、底のほうに黒い電線をつないでみると、当然赤い線の先にはプラスの電気が、黒い線の先にはマイナスの電気が現れ、離れた場所でモーターを回したり電球を点灯させたりできますね。
このとき、電池を逆に(黒い線におへそを、赤い線に底を)つなぐと、電線の先にはさっきと逆のプラスマイナスが現れてモーターを逆に回すことができます。

このような切り替えを1秒に数十回以上というスピードで頻繁に繰り返すと、これを「交流」と言います。
1秒間に行われる切り替えの数(切り替え速度)を「周波数」と言いますが、「高周波」も「低周波」もこの交流の仲間で、切り替え速度が速いと「高周波」、遅いと「低周波」と呼びます。

でも何でこんな使いにくそうな「交流」を使うの? それに速い・遅いっていったいどこが境?

実は交流には大きく分けて2つの働きが期待されます。

ひとつは音などの信号を運ぶこと。「音」は、茶碗などの物が振動したとき、回りの空気に小さな「濃い」ところと「薄い」ところができて、この「濃さ」(圧力)の違いが耳に入ると神経が刺激されて感じることができる・・・という原理のものですが、マイクロホンという一種の発電機を使うと、「濃い」ときに「赤がプラス」の電気、「薄い」ときに「黒がプラス」に当たる電気が発生するので遠くまで音を送ることができます。
このとき、切り替わる速度は1秒に100回(どーん)から1万回(ちーん)程度で、これ以上速いと人間では聞こえません。

もうひとつは、電線の外に電気を飛び出させること。
 実は電気は磁気を、磁気は電気を生むことができ、両方を上手に組み合わせると、両者が助け合って電線がなくても信号を遠くまで伝えることができ、携帯電話などに使うことができます。この助け合いは、電波あるいは電磁波と呼ばれ、プラスとマイナスの切り替えを素早く行うことで自然に発生します。
 このような助け合いの起きる速度は1秒に百万回程度が必要で、これより速ければ電気が電線の外に飛び出します。

さて、これでだいたいおわかりですね。

他の方の回答でもばらついているように、高周波・低周波は境目がはっきり定められているわけではなく、用途も混在しているのですが、概ね、音として聞こえる1秒1万回程度以下の切り替え速度が低周波、電波として使う1秒百万回以上の場合が高周波と呼ばれています。
(その中間の1秒に数十万回の辺りは利用する技術分野によって高周波と呼ばれたり低周波と呼ばれたりします。)

従って、「低周波治療器」は1秒に数回~数万回くらいの切り替えの電気を筋肉に流すことが多く、「高周波調理器」は1秒に百万回程度以上(電子レンジでは2億回)切り替えの電気を食品や鍋に加えて熱を与えるものを言います。
(もちろん、特定の目的のために速い切り替え速度の電気ではあるもののあくまで電線を使うような応用分野もあります)

なお、電源コンセントの電気も交流であり、1秒に数十回切り替わっていますが、この目的はまた別の機能です。

さてさて、ご質問の趣旨に合いましたでしょうか。
お役に立てば幸いです。

こんにちは。
素朴ながら実は結構高度なご質問ですね。少々単純化しすぎてはいますが、つぎのような回答ではいかがでしょう。

ポイントは、「電線の中の電気は低周波、電線の外に飛び出すと高周波・・・」

電気にプラスとマイナスがあるのはご存じですよね。買ってきた電池の平らな底がマイナスでおへそが出っ張っているほうがプラスで、間違えると機械は動きませんね。
おへその方に赤い電線を、底のほうに黒い電線をつないでみると、当然赤い線の先にはプラスの電気が、黒い線の先にはマイナスの電気が...続きを読む

Q改ページの2ページ目の作り方

エクセルで、改ページプレビューを押すと、
青い線が出てきて印刷範囲を指定できますよね?
あれでA4一枚で印刷できる大きさなんですけど
2枚に分けたい時はどうすればいいのでしょうか?
増やそうとしても一枚目の範囲が大きくなるだけ
なんです。
質問の仕方がうまくなくて申し訳ないです。

Aベストアンサー

上下に分けたい場合、分割したい行の行番号を右クリックして改ページ挿入。
左右に分けたい場合、分割したい列の列番号を右クリックして改ページ挿入。

Q山田 太郎のファーストネーム/ラストネームはどうなるの?

英語で山田 太郎の場合どちらがファーストネーム/ラストネームになるのでしょうか?解る方教えて下さい。

Aベストアンサー

太郎がファーストネーム、山田がラストネームです。
ですから「まだファーストネームで呼び合う仲ではない」という言葉は日本だったら「太郎」と呼ぶのは親しくなってからということからいわれるんです。


人気Q&Aランキング