できれば高校の物理の範囲でのご説明を宜しくお願いします。

私の理解では、電流や電界の発生は電子の運動に伴うものであって、
電子の存在とは無関係に存在するものではないと思っています。

ですから電流や電界が確認できれば、近くに必ず電子が運動しているとイメージしています。

ところが、電波の説明をちょっと思い出して考えてみたとき、電界が発生し、そこから磁界が発生し・・・ここまでは分かります。そして磁界から電界が発生して、電界と磁界が交互に発生する波が(空中に)できるということになっていたと思います。

電波は真空中でも伝わるとのことですから、電子の存在と無関係に電界が生じているように思えます。

もし、磁界が存在すれば(空中に)電界が生じるという自然現象が存在するなら、永久磁石を振り回したら、周囲に電界が生じそうですが、そんな話は聞いたことがありません。

磁界の変化から電流、電界が発生するのは、発電機の原理(レンツの法則?)
のように、磁界の影響で金属中の電子の運動が変化したことによるものかと思いますので、真空中では起きない現象かと思います。

そうすると、電波の説明で言うところの、磁界の影響から真空中に生じる電界とはいった何なんでしょうか? 磁界の変化がそのまま伝わって行って、アンテナなどで受信するとき、空間の磁界の影響で電子の運動が変わり、電流の変化として測定できるだけではないでしょうか?


私の理解にどこか大きな間違いがあるのだと思いますが、どこが間違っているのでしょうか? 

多分こうだろうといった、曖昧な説明ではなく、具体的な説明が欲しいので、宜しくお願いします。


マックスウェル方程式は、多くの実験結果をまとめたものだと聞きますから、電子の運動から切り離された電界の発生が確認された実験結果などのご紹介だけでもいいので、宜しくお願いします。

A 回答 (14件中1~10件)

全くの素人です。


私も電波とは何かということで悩んでいます。
ずっとネットなどで見聞してきたことで貴方の疑問に関わりそうなことを書いてみます。見当違いだったらお許しください。
電子(というより電荷)があれば電界は出来ます。それを変化させる情報が光速でやってくると電界と直角方向に磁界があらわれ、電離現象として電波が発生します。これが導体を離れて遠方へ光速で飛んで行くということでしょう。この電波(電磁波)はどこか遠方のアンテナにひっかっかり、逆に電界の変化として電荷の動きに現れ、回収されます。その中間では電子の存在とは無関係でしょう。どうして遠隔作用が可能なのかということですが、エーテルなどが破綻したけれど、光子のようなものが光速で飛散するというようなイメージを描く事は可能なのではと思っています。クオークのような素粒子ですね。
お粗末。
    • good
    • 0

(#10までで「変異電流」が出てこなかったのは、ご質問の観点が電界の発生、荷電粒子への作用にあったようなので、変異電流の出番がなかったからかなと。



電界の発生
(通常される説明では)直接の要因としては電荷(静電界)もしくは磁束の変化、ということになるかと思います。
もっとも、磁束(磁界)は電流(電荷の移動による電流だけでなく、#11、#12で言及されている変位電流も含めての)に密接に関係しているので、条件によっては(変異電流を含んだ)電流の変化で電界の生成を説明することもできます。
(ただし、磁束の変化は磁界強度変化だけでなく、透磁率変化によってもおきるので、(変位電流を含んだ)電流の変化で統一的に説明するのは困難かと思います)
(もし、ご質問者の使われている「電流」が電荷の移動による電流(だけ)をさすのなら、「電流」と電荷だけが電界の直接の要因ではない、ということになるかと思います。)

あと一点(若干余談かな)
電荷による電界(静電界)と磁束変化による電界では若干性質(?)が異なる(前者は周回積分が0になるけど、後者はならない)というのもあります。
    • good
    • 0

apple-manさんのご指摘通り変位電流が関係しています。

変位電流というのは、電荷の移動に伴って発生するいわゆる通常の意味での電流ではなく、電束密度Dの時間変化で与えられるものです。この辺りの話と電磁波の発生メカニズムについては、ここ↓のサイトの前半に分かりやすく書かれていますので一度ご覧になられてはいかがでしょうか(数式の部分は適当に読み流して、、、)。
http://www.asahi-net.or.jp/~bz9s-wtb/
→電磁波工学→3.電磁波

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~bz9s-wtb/
    • good
    • 0

変移電流のこと、他のご回答者の方がた、忘れているんじゃないですか。



コンデンサの電極間が真空でも、交流の電流は流れます。
    • good
    • 0

電界の有無と電流の有無は別物です.


(ある電界があるからといて,そこに電流が流れないといけないというわけではありません.)

この回答への補足

電流、電子と限定したのがいけなかったのでしょうか。電荷の周囲にできる場が電場と考えているのですが。

>そこに電流が流れないといけないというわけではありません

そこという表現もいけなかったかもしれない。
電流、もしくは電子(点電荷でもいい)に起因して、直接
電場が生じている。

ですから、磁場に起因して電場が生じるという
ところに疑問がるのですが。

>電界の有無と電流の有無は別物です.

電界の発生要因は何かいう質問があったら、
電荷の存在叉は、磁場という回答でいいですか?

補足日時:2007/05/15 13:48
    • good
    • 1

>磁界の変化から電流、電界が発生するのは、発電機の原理(レンツの法則?)


>のように、磁界の影響で金属中の電子の運動が変化したことによるものかと思いますので、真空中では起きない現象かと思います。

磁場の時間変化により金属中に電場が発生するから、電場に沿って金属中の電子が運動するのではないですか?
因果の順序が逆かと思います。

この回答への補足

そうすると、電子など荷電粒子の存在なくして、磁場が生じる現象があるのですか?

電荷があるから、周囲に電場ができるというのはわかるのですが、磁場が先に発生する要因がないように思うのですが。

補足日時:2007/05/15 13:43
    • good
    • 0

電磁波は電磁場の周期的な変動が空間に横波となって伝播していくものですね。

この現象は,池の一端で手をバシャバシャさせると水面波が遠方に伝わっていく様子と同じ様に理解すればいいと思います。

>ですから電流や電界が確認できれば、近くに必ず電子が運動しているとイメージしています。

この”近く”のイメージをよく考える必要があるのではないでしょうか。

>波は真空中でも伝わるとのことですから、電子の存在と無関係に電界が生じているように思えます。

何も無い真空中(※)で電磁波が生じるということは言っていないと思います。電磁波は真空中を光速度で伝わるということを言っているだけですね。

(※何もない真空といえども叩けばいろいろ出てきますね。。。)

この回答への補足

>>ですから電流や電界が確認できれば、近くに必ず電子が運動しているとイメージしています。

>この”近く”のイメージをよく考える必要があるのではないでしょうか。

表現が不十分だったかもしれませんが、マックスウェル方程式は、電界→磁界→電界→・・・と交互に振動する波を表していると思うのですが、磁界→電界の時点で、電子(荷電粒子でもいいですが)の存在と切り離されて電界が現れいます。荷電粒子の存在と無関係に真空中に電流が流れるのかという疑問です。

電界の発生は、電子の存在と対になって現れる現象と理解しているのですが、そこが違うということでいいのでしょうか。

補足日時:2007/05/14 12:32
    • good
    • 0

#1コメントに関して


通常は、磁束の時間変化によってできる電界により、荷電粒子に力が加わって、、、という説明になるのでは?
(磁石をまわして周辺に電界が、、というのはまさに、永久磁石界磁の発電機の電圧生成と同じですね。)

磁束の時間変化による電界でないと説明しにくい例
たとえば、高周波を金属の箱(内部が真空)に入射すると、(箱の寸法と周波数をうまく選ぶと)波長の1/2の間隔で高電界の部分が現れます。
これを、荷電粒子の運動だけで説明しようとすると、かなり無理がでるかと。(途中に電界の小さい部分をはさんで、高電界が現れる理由の説明ができないような)

(普通の誘導による電圧も荷電粒子の静的な電界では説明できないです。)
    • good
    • 0

#2です。


点電荷があれば(静)電界が発生します。基本なので教科書で。

電流が電界を作ると考えているようですが一般には「電流が磁界を
作る」という理解と思います。

マクスウエル以前に電流なしでも磁界が発生するという実験が
あったかは知りません。m(_ _)m

マックスウェル方程式では、電流なしで「磁界」が生じるという表現が出てきています。それは rotB/μ=ε∂E/∂t+i の部分です。
    • good
    • 0

電子でなくても電荷をもった素粒子はたくさんあるから(例えば陽子)


真空でも電荷をもった物体から一定の距離ならクーロン力がはたらきます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q馬毛の静電気発生防止のメカニズム

馬の毛は静電気を発生しにくいという事ですが、なぜ化学繊維と違って静電気が発生しにくいのでしょうか?メカニズムがわかるかた教えてください。

Aベストアンサー

化学繊維だけが異常に静電気を帯び易いだけであり
馬毛だけでなく 他のものは静電気が発生しにくいだけの話。

摩擦により発生したエネルギーが 熱だけでなく 電気として溜められるだけであり
その電気が逃げにくい(絶縁性がある:金属や水分を殆ど含まない)物質で、溜まり易いだけです。


尚、下敷き相手では (馬)毛でも静電気が発生し易いので・・・・
(擦り合わせた物質の極性差で どれだけ静電気になりやすいかが決まり・・・)

Q電流が作る磁界の向きと電子スピンの作る磁界の向きの関係

直線電流の作る磁界は電流を中心にした同心円状になり、右ネジが進む向きを電流の向きとすると、ネジの回転方向が磁界の向きとなりますが、ここで、疑問に思ったのです。なぜ、電流を流すと決まった向きに磁界ができるのか?そもそも電流は電子の流れですので、電流が作る磁界は結局、電子の流れが作る磁界であると考えました。では、なぜ、電子の流れが磁界を作るのでしょうか?電子はスピンしているようですが、難しいかもしれませんが、高校レベルで理解できるように説明していただければと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.moge.org/okabe/temp/quantum/node25.html
ここで考査して下さい。
電子方向と90度違う向きに磁界が現れます。
ジャイロは90度位相で力の反動を生みますね。^^

>なぜ電子の流れが磁界を作るのでしょうか?
電気=磁界=電界=電波
送信したら、受信して元の音声に戻ります。

Q雲の発生するメカニズム

雲の発生のメカニズムを詳しく教えてください

Aベストアンサー

分かり辛くなってしまいますが、
 
(1)水蒸気を含んだ『空気のかたまり』が上昇(雲のできる高さになると雲が発達します)

(2)『空気のかたまり』が上にいくほど、気温と気圧が低くなり、露点(気体が液体になる温度)に達する(雲の中に水滴や氷の粒が出来ます)

(3)『空気のかたまり』の上昇に伴い、体積が増える(つまり大きくなる)

(4)水滴や氷の粒が次第に大きくなる(この時点で雲はかなりの大きさになっています)

(5)(4)のような時、水滴や氷の粒の重さに上昇気流が耐えられなくなり、水滴などは雨となって落ちてくる
 

という流れだと思います。
簡単に言ってしまえば気温、気圧が高くなり、水が蒸発して、冷やされ、膨張し…という感じでしょうか。(違
中学生レベルですので、それ以上をお望みでしたらすいません。

Q一様な磁界の中に磁界の方向と角αをなして初速度vで入射した電子はその磁界の方向を軸とするらせんの上を

一様な磁界の中に磁界の方向と角αをなして初速度vで入射した電子はその磁界の方向を軸とするらせんの上を運動をすることを示し、その一周の周期を求めよ。
この問題を外積を使って求めるやり方が分からないです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ベクトルの外積を使えば
 →F = q * →v × →B
です。ここでは「電子」は負電荷なので q>0 と定義すると
 →F = - q * →v × →B
となります。力の向きを考えるときには要注意です。

あとは、言葉と式ではイメージがつかめないので、ご自分で「3次元の絵」を描いて進めてください。
↓ このサイトが参考になると思います。
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/ro-renn/jibakadenn.html

力 →F は
(1)→v と →B とに直交する向き、つまり「 →B に直交する平面上で、→v に直交する方向」で、「→v を →B に重ねる方向に回したときに右ねじの進む方向」の「マイナス」なので逆方向。
(2)大きさは、初速度 →v が磁界の方向と角 α をなしていれば
  |→F| = q * |→v| * |→B| * sin(α)   ①
となります。

つまり、電子は
(a)→B 方向には力を受けないので、 初速度 →v の →B 方向成分で、→B 方向に等速運動。
(b)→v と →B とに直交する向きに力を受けるので、 →B 方向に直交する平面上で円運動。
を合成したらせん運動をします。

(b)の円運動の「向心力」が①なので、電子の質量を m, 円運動の半径を r とすると
 |→F| = m[v * sin(α) ]² /r = q * v * B * sin(α)
より
 [v * sin(α) ]/r = q*B /m
これが円運動の「角速度:ω」なので、一周(2パイ)に要する時間=周期 T は
 T = 2パイ/ω = 2パイm/( q*B )

らせん運動の周期は、入射角に依存しないということです。
(ただし、らせん運動の半径は入射角に依存します)

ベクトルの外積を使えば
 →F = q * →v × →B
です。ここでは「電子」は負電荷なので q>0 と定義すると
 →F = - q * →v × →B
となります。力の向きを考えるときには要注意です。

あとは、言葉と式ではイメージがつかめないので、ご自分で「3次元の絵」を描いて進めてください。
↓ このサイトが参考になると思います。
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/ro-renn/jibakadenn.html

力 →F は
(1)→v と →B とに直交する向き、つまり「 →B に直交する平面上で、→v に直交する方向」で、「→v を →B に重ねる...続きを読む

Q大潮が発生するメカニズムを教えてください。

いつもお世話になっています。
今日は「大潮が発生するメカニズム」を教えてください。
ウィキペディアで「大潮」だけの独立した項目が有りませんでして、それでしょうがなく「潮汐」の項目を読みましたが、大潮の発生メカニズムがよく分かりませんでしたので、こちらでお願いする次第です。
大潮なのですが、特に大潮のときに何故海面の高さが長時間(数日間とかという期間で)も上昇するのかそのメカニズムを教えてください。
海面は1日約2回のリズムで干満(高低)を繰り返しているのではないのですか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Crete/1064/diving/sea01.htm

Q電界、磁界が及ぼす粒子の運動(大学レベル)

I(2)から分からなくなってしまったので教えて頂きたいです。

ちなみに
I(1)は自分で解いてみた結果
x方向 : mx''=q(Bv[y]-E)
y方向 : my''=-qBv[x]
となりました。

II(1)は円になる気がしますが、x軸と交わる座標が分かりません。

問題をアップロードしました。
http://firestorage.jp/download/ed285085ea67e2ca57a4163f473f2defcceb4d66

Aベストアンサー

>x方向 : mx''=q(Bv[y]-E)
>y方向 : my''=-qBv[x]

全部もう一回微分した式を使うと、うまくいきます。
(3階微分まで含めた式)

Q水酸化カルシウムからOHラジカル発生のメカニズム

水酸化カルシウムを水に溶かしたとき、OHラジカルが発生するのは、どういうメカニズムでしょうか?
Ca(OH)2という化学式から行けば、OH-が発生してもおかしくないとは思いますが、持続的に発生するものでしょうか?
この質問をされ、誰でもわかるように説明しなさいと言われました。
教えてください。

Aベストアンサー

以下は

博士学位論文の中に書いてあることがウソだということでしょうか?

についての参考意見としてお読みください。

確かに、rad-costさんの回答のように、ホタテ貝殻セラミックスからOHラジカルが
生成している様子ですが、『水酸化カルシウムを水に溶かしたとき、OHラジカルが
発生する』とは書いてありませんね。

「論文の審査結果の要旨」の該当する部分を言い換えると...
 ホタテ貝殻セラミックスで、ホルムアルデヒドの分解が進行するんだけど、
 どのような機構で進むのかを調べてみたら、ESRでOHラジカルが発生している
 ことを捕らえたので、OHラジカルが分解の中心的役割を担っているだろうと
 いうことが強く示唆された
ということでしょう。
なお、OHラジカルがホルムアルデヒドの分解機構の中心的な役割を担っている
のは酸化チタンの場合がそうです。
(リンク参照:2つめはTiO2からOHラジカルが発生することが一般的な話として記載されています)

・・・ホルムアルデヒドの一部がH2に分解される・・・の件(くだり)は
H2Oに分解されるの誤り(誤植)と思われます。論文自体には「H2O」と記載され
ているのではないでしょうか。

博士論文ですから、間違いなく審査があります。東大や京大でなくても
きちんと審査されて博士号が取れるんです。
(私は、大学関係者じゃないですよ。)
OHラジカル発生の真偽自体については、特に、分析で引っ掛けた(ESR)ことが非常に大切なことで
要旨から判断する限り、発生していたのは事実だと私は思います。

参考URL:http://www.photocatalyst.co.jp/pdf0506/200506272829.pdf,http://www.shokubai.org/meeting/topics/97_2A02.PDF

以下は

博士学位論文の中に書いてあることがウソだということでしょうか?

についての参考意見としてお読みください。

確かに、rad-costさんの回答のように、ホタテ貝殻セラミックスからOHラジカルが
生成している様子ですが、『水酸化カルシウムを水に溶かしたとき、OHラジカルが
発生する』とは書いてありませんね。

「論文の審査結果の要旨」の該当する部分を言い換えると...
 ホタテ貝殻セラミックスで、ホルムアルデヒドの分解が進行するんだけど、
 どのような機構で進むのかを調べてみた...続きを読む

Q真空から+電子と-電子が発生することがありますか?

以前に現代科学を紹介する本の中に、何もない真空中から、プラス電子とマイナス電子を同時に発生させることができると読んだ気がします。そんなことが、本当にできるのでしょうか? エネルギーもプラスとマイナスで打ち消して、トータル・ゼロになるから、エネルギー不滅の法則に反しないのだという説明だったと思います。

Aベストアンサー

ウラン原子とウラン原子を非常に接近させ(見かけ原子番号182の原子、A原子とします)ると周囲に強力な電界ができて、真空が自発的に崩壊して電子-陽電子を対生成するそうです。
これは別にウランを2個近づけるのに使ったエネルギーが電子-陽電子になる訳ではなく、A原子が単独で居るよりも周囲に電子が回っている(K殻)方がエネルギーが低い状態になるからだそうです。
そのために全く何も(実は強電界がありますが・・・)ない空間が勝手に電子-陽電子を発生させるようになるそうです。
(確か本間三郎さんの”素粒子の謎を追う”と言う本に載ってました)

理屈はA原子単独の場合からそのK殻に電子が捕らえられた時に発生するエネルギーが電子2個分のエネルギー(E=mc^2)を上回ってるため、真空が破れて電子を生み出し強力だった電界を緩和するような感じです。(陽電子はどこかへ飛んでいってしまいます)

Q相思相愛はどのようなメカニズムで発生するのでしょうか?

昔から疑問でしたが、相思相愛はどのようなメカニズムで発生するのでしょうか?
例えば、AがBの事を好きであり、BはAを悪く思っていないため恋人同士になったとします。恐らく、彼氏・彼女の成立というのはこのような流れが多いと思うのですが、
相思相愛というのはどのように起こるものなのでしょうか?
世の中片方に気が合っても、片方は無関心と言うことは良くあるため、相思相愛が存在すると言われてもどのように起きるものなのか今ひとつ分かりません。
少なくとも、自然な成り行きでそう簡単に起きるわけではありませんよね。
皆さんどのように努力しておられるのでしょうか。その中で相思相愛はどのように成立するものなのでしょうか。

Aベストアンサー

思い込みと錯覚の相乗効果

Q磁石の磁界と電流のつくる磁界の関係につきまして

お世話になっております。
2008年のセンターの問題で、装置についてのご質問です。
(添付画像あり)

問:スイッチをb側に入れ、次に電磁石に流れる電流の大きさを急激に増加させると、レールの2本の棒からなる回路には、どの向きに電流が流れるか。

答:上から見て時計回り



問題自体がわからないというより、装置についての疑問です。
(レンツの法則などはOKです)

問題文で
「電磁石にはN極が上になるように直流電流が接続され」
とありますが。。
磁石のN極とS極は元々決まっていますよね。
ということは、磁石の磁界の向きに沿う(一致する)ような磁界を電流がつくれるような向きに、電源を接続するということかと思ったのですが、
この認識であっていますでしょうか?

図をみると導線が磁石の奥側にある気がします。
(明記していないので最初は真下だと認識していました。)
奥側だとすると、上からみて時計回りに電流を流せば、直線電流のつくる磁界と電磁石の磁界が一致します。(鉛直上向き)
なのでこの向きに電流が流れていた、という理解でよいでしょうか。

ちなみに、もしN極を上にして置き、
導線を磁石の真下に配置して電流を流したとすると
電流の向きがどちらであっても、手前または奥側半分の領域で
磁石の磁界と電流のつくる磁界が逆向きになってしまいますが、
実際そのような状況をつくってしまうと、どうなるのでしょうか?




どうぞよろしくお願いいたします。

お世話になっております。
2008年のセンターの問題で、装置についてのご質問です。
(添付画像あり)

問:スイッチをb側に入れ、次に電磁石に流れる電流の大きさを急激に増加させると、レールの2本の棒からなる回路には、どの向きに電流が流れるか。

答:上から見て時計回り



問題自体がわからないというより、装置についての疑問です。
(レンツの法則などはOKです)

問題文で
「電磁石にはN極が上になるように直流電流が接続され」
とありますが。。
磁石のN極とS極は元々決まっていますよね。
ということ...続きを読む

Aベストアンサー

先ほどは時間が取れなて・・
回路には、反時計回りに電流が流れます。添付図左上
それぞれの電線を見ると、その電流に対して右回りの磁界が発生します。
 それを磁力線で示すと、右上の赤の矢印になります。
電磁石の磁力線は青の矢印で示されています。
磁力線は同じ向きだと反発します、(逆向きだと引き合う)
 ┃N極------S極┃
 ┗━━━━━━┛
 ──磁力線──→
 ──磁力線──→ふたつの磁石は反発します。
 ┏━━━━━━┓
 ┃N極------S極┃
 ┗━━━━━━┛
 ──磁力線──→
 ←─磁力線───ふたつの磁石は引き合います。
 ┏━━━━━━┓
 ┃S極------N極┃  これは小学校低学年でやったでしょ(^^)

 よって銅線は左右に引き離される方向に力を受けます。オレンジの矢印

たぶんこの問題には続きがある・・
 動いている時に、スイッチを切ると、慣性で移動します。しかし銅線内の電荷(+と考える)は、移動していますから電荷の周囲に、銅線が黒がっていく方向に右回りで磁界が発生します。この場合、回路が遮断されていますから電荷はすこし移動するだけで流れません。

 スイッチをbに倒すと、電荷は移動できますから最初とは反対周りに電流が流れ、ブレーキがかかります。
 モノポールモーター/ファラデーのモーターや発電機(誘導電流)をきっちり仕組みを理解していたら良いでしょう。

先ほどは時間が取れなて・・
回路には、反時計回りに電流が流れます。添付図左上
それぞれの電線を見ると、その電流に対して右回りの磁界が発生します。
 それを磁力線で示すと、右上の赤の矢印になります。
電磁石の磁力線は青の矢印で示されています。
磁力線は同じ向きだと反発します、(逆向きだと引き合う)
 ┃N極------S極┃
 ┗━━━━━━┛
 ──磁力線──→
 ──磁力線──→ふたつの磁石は反発します。
 ┏━━━━━━┓
 ┃N極------S極┃
 ┗━━━━━━┛
 ──磁力線──→
 ←─磁力線───ふたつの磁石は引き合います。
 ┏━━━━━...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報