ドコモユーザーなら、ドコモ光が断然おトク

日本投信の「ワールドリートセレクション(欧州)」の目論見書には
商品分類が「追加型株式投資信託 /ファンド・オブ・ファンズ」
となっているにもかかわらず、運用は「ファミリーファンド方式」
となっています。

いろいろなサイトを見て、
「ファンド・オブ・ファンズ」と「ファミリーファンド方式」
は似ているようで違うのですよ・・・。
と説明されているところが多く、その上で何となくわかった
ような気がしたのですが、この投資信託のように、
「ファンド・オブ・ファンズ」なのに「ファミリーファンド方式」
というのがあるとは思いませんでした。

この投資信託の運用はどのように理解すればいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「ファンド・オブ・ファンズ」と「ファミリーファンド方式」の違いについては信託報酬が二重にとられるかそうでないかというところが大きいです。


このファンドはヨーロッパリート・マザーファンドに投資するベビーファンドですからファミリーファンド方式ですね。
ただヨーロッパリート・マザーファンド自体が欧州のリート(不動産投資信託)に投資するのでファンド・オブ・ファンズなのではないでしょうか。
ですから信託報酬はベビーファンドで1.89%、マザーファンドではかからなくて、マザーファンドの保有するリートでもそれぞれの信託報酬がかかっているという仕組みだと思います。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

>不動産投資信託に投資するのでファンド・オブ・ファンズ

ということは簡潔に言うと
「ファンド・オブ・ファンズは投資信託に投資する」
と言う理解でいいのでしょうか?
このことから、投資信託に投資する時点で更に信託報酬が
発生する=ランニングコスト高?
でしょうか?

質問ばかりですみません。

補足日時:2007/05/25 09:34
    • good
    • 0

No1で回答したものです。


前の方が簡潔に説明していただいてる通りだと思います。

ファミリーファンド方式は信託報酬のかからないマザーファンドにのみ投資するので、信託報酬はベビーファンドでのみかかります。
わかりやすい例を挙げると同じ会社の外債に投資するファンドでも毎月分配のものと1年に1回しか分配しないものとかありますよね。このふたつを別々に運用すると運用会社がめんどくさいので、マザーファンドでまとめて運用して、分配などをベビーファンドで調整しているのがファミリーファンド方式です。ある意味運用会社の都合なのでマザーファンドでは信託報酬がかからないんです。

ファンド・オブ・ファンズは自社とは限らず投資信託を組み合わせたものです。信託報酬は元のファンドと投資先のファンドで二重にかかります。その投資先のファンドは普通に売っているものもありますが、日本の個人投資家には直接買えない、買いにくいものもあります。今回の欧州のリートも欧州の投資家は普通に買えるでしょうが、日本の個人投資家は手を出しにくいですよね。
ですからファンド・オブ・ファンズは信託報酬が二重にとられるのでコストは高いです。その投資先のファンドと同様なファンドが直接買えるならそちらを自分で買った方がいいです。直接買えない場合は、高いコストを承知の上でそれでも欲しければ買ってもいいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再びのご回答ありがとうございます。

丁寧な説明でスッキリしました。

これからも自分自身でも少しずつ勉強していきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/25 13:15

ファンド・オブ・ファンズもファミリーファンドも投資信託に投資するのは同じです。



ファンド・オブ・ファンズはどの運用会社のどのファンドを投資対象にしてもかまいません。元のファンドを直接に購入できる場合もあります。

ファミリーファンドではベビーファンドが投資対象にするのはマザーファンドだけであり、マザーファンドは直接購入できません。マザーファンドは信託報酬はとられません。マザーファンドとベビーファンドを合わせてファミリーファンドと呼んでいます。

ご質問のファンドはマザーがファンド・オブ・ファンズということです。ご自分で資産配分が決定でき、好きなファンドが買えるのでしたらFoFはコスト高でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なんとか理解できたと思います。

最後の文章(ご自分で資産配分が決定でき、好きなファンドが買えるのでしたらFoFはコスト高でしょう。)のところだけ確認させて下さい。

投資家が自分自身の財産を運用する配分を決めることができ
好きなファンドを買えるのであれば、わざわざFoFの方式をとっている
投資信託を購入するのは信託報酬の部分でコストが割高になっているよ。

と言う意味でいいでしょうか?

お礼日時:2007/05/25 12:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオルタナティブ戦略ファンドとは?

PermalFX150%というファンドを某証券会社から勧められています。
これってどんなファンドなんでしょうか?!

類似商品でも結構なので、ご存知の方おられましたら教えてください。

Aベストアンサー

Permal FXとはPermal Groupの運用するPermal FX & Financai Futures という看板ファンドです。マルチマネージャー、マルチストラテジーのファンドです。トラックレコードはとても高く、定評のあるファンドオブファンズです。
ただし日本の証券会社が扱っているものは、日本人向けに「小口化」された「加工品」ですから、中間搾取が多くパフォーマンスはあまり期待できないでしょう。
150%というのは、たぶん1.5倍のレバレッジがかかっていると思いますが、そこでもしっかりコストがチャージされているはずです。
私なら買いません。

QREIT リートファンドの見通しについて

この4月にREITファンドを購入したのですが、最近の動きを見ていると、REITファンド関連が軒並み値下がり気味な一方、債権・株式関連は安定若しくは値上がり基調のような感じで、REITの今後の展開に不安を覚えています。
あまり短期的な動きで右往左往すべきではないとは思いつつ、このまま下げて行ってしまうのではないかと不安です。
そもそも知識もそれほど無くて購入したのが問題とは分かっておりますが、どなたか経済に明るい方のご教示を戴ければ有難いです。

Aベストアンサー

回答しようと思ったのですが、「このカテゴリで人気のQ&A」の「J-REIT系投信について」がよい説明になっています。

アメリカ発の長期金利上昇で日本の10年国債利回りが2%に迫り、一方J-REITは価格上昇で利回りが2%台くらいまで落ちてきていましたので、調整が入るのは当然と言えば当然の話です。

大胆に言えば、日銀が金利を上げたところで1%にも満たないので、そのうちREITが見直される可能性があります。また、金利は重要な要素ですが、景気回復でオフィスビルの需要は堅調となれば、REITも堅調となるでしょう。

私は、REITに投資する投資信託は、信託報酬分利回りが下がるので、REITそのものに投資しています。以前に買ったもので、少々下がっても何の問題もないです。

週明けはREITの中間配当権利付最終日が25日、配当落ち日が26日ですので、26日に下落してもがっかりしないで下さいね。

Qヘッジファンドとは何ですか

ヘッジファンドについてですが、不景気でも強い、また、リターンが高い等聞いたことがあります。

それは何故でしょうか?どのような仕組みになっているのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

NO.1です。
アメリカで規制している空売りは株式市場で、株の裏付けなしに空売りすることです。全面禁止もしました。
値上りしているのに空売り規制をかけても効果はあまりありません。むしろ、先物なら証拠金率を上げるほうが効果があると思います。
ともかく、彼らは、シロウトが簡単に理解できるような手法は使いません。

Q投信では人気のある、グロ・ソブってどうなんですか。

グローバル・ソブリンオープンを買っています。日本や欧米の中央銀行が揃って利下げを行うようですが、持っているべきか、解約すべきか迷っています。詳しい方どうかアドバイスをください。 

Aベストアンサー

>日本や欧米の中央銀行が揃って利下げを行うようですが
これとグロソブに何の関係があるのでしょう。
FXのスワップ狙いではないです。

アドバイス
年金生活者以外であれば、持ち続けて、あえて損することはないと思います。

Qインデックスファンドの平均的な信託報酬%とは?

イーバンクの「日経225ノーロードオープン」は、
購入時・売却時ともに手数料がかからないようなのですが、
であれば、基準価格があがったときに(短期で)売ったとしても
問題ないということでしょうか。(基本的に損しない)

事前のマイナス分はなく、単純に基準価格のあがり・さがりによって利益・損益が出ると考えてもいいのでしょうか。

また、信託報酬 年率0.84%(税抜 0.8%) というのは、インデックスファンドとして平均的な(もしくは少なめな)率のように思えますが、その理解で正しいでしょうか。

勉強のために、1万円ほど買ってみようと思うのですが、
インデックス・ファンドの見方(何をもって良いと判断するのか)など
教えていただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

はじめまして。自身勉強中のものですがよろしく。
現在、私も「日経225ノーロードオープン」を毎月積立で購入しています。

質問拝見しまして、ノーロードで信託財産留保額も無しのファンドでしたら、なるほどそういう売買も有り得る!!と感心しています。もっとも先輩諸氏には色々ご意見もおありだと思いますが、個人的には面白いと思います。

但し、株のデイトレなんかと違って投資信託の場合は換金申込み時の基準価額が予想できませんし、税金もかかったりして、予想利益が判り難いとは思いますが、場合よってはマイナスになる場合もありますね。

そして「日経225ノーロードオープン」の信託報酬年率0.84%ですが
同類の225インデックスファンドのなかでは恐らく高い部類だと思います。
0.5%台でノーロード、信託報酬無しの225インデックスファンドはネット証券などですぐに見つけられます^^

では何故このファンドを積立しているのかといいますと、メインバンクの銀行で取り扱っている積立の出来るファンドだったから・・それだけの理由です。
意外とそんな感じで投資信託を購入されてる方は多いかもしれませんよ。
もっともこれもいい方法ではけっしてありませんが、いずれにせよ
まずは購入されてみることを、お勧めします、なにごとも勉強ですね、お互いに^^

はじめまして。自身勉強中のものですがよろしく。
現在、私も「日経225ノーロードオープン」を毎月積立で購入しています。

質問拝見しまして、ノーロードで信託財産留保額も無しのファンドでしたら、なるほどそういう売買も有り得る!!と感心しています。もっとも先輩諸氏には色々ご意見もおありだと思いますが、個人的には面白いと思います。

但し、株のデイトレなんかと違って投資信託の場合は換金申込み時の基準価額が予想できませんし、税金もかかったりして、予想利益が判り難いとは思いますが、...続きを読む

Qマーケットメイク方式とリクディティ・プロパイダー制度

マーケットメイク方式から、リクイディティプロバイダー制度へと代わったらしいのですが、
何が違うのでしょうか??

マーケットメイク方式は流動性の低い株式について、常に各々証券会社が気配を出すことですよね?

間違いあれば指摘下さい
よろしくお願いします

Aベストアンサー

あまり詳しい事は答えられませんが・・・
通常、オークション方式(東証、ジャスダックなど)の場合、会員権を持つ証券会社は売買の手数料として場口銭を支払っています。個人的な理解としてはLP銘柄については逆に証券会社が場口銭をもらえる仕組みではないかと思います。
ジャスダックとしても証券会社に自己売買がなくなってしまうと流動性が低くなってしまうのでこういった処置をしてマーケットメイク銘柄を
オークション方式に移行させたのではないのでしょうか?
証券会社としても新規に上場を考えている会社に対してLPに参加していることがセールスポイントになるのではないかと思います。
専門ではないので間違っているかも知れませんがよろしくお願いします。

参考URL:http://www.jasdaq.co.jp/data/lp_summary.pdf

Q村上ファンドとは

今、話題のM&Aですが、一般の個人の素人が、このファンドを購入したい場合、どのような窓口金融機関から購入できるのでしょう。素人な者で申し訳ありません。
1)Yahooファイナンスの投資信託情報の投資信託会社リストには含まれていないようです。
2)例えば、Yahooファイナンスの投資信託情報のカテゴリー分類の中に、M&Aなどが含まれているのでしょうか?

Aベストアンサー

M&Aコンサルティング(通称村上ファンド)のファンドは個人では買えなかったと思います。上記の会社は企業向けの投資コンサルティングを専門に行っている会社です。

あと、「M&A」という言葉は「合併&買収」という意味の用語でもあるので使い方に注意が必要です。

Qバンガード・ファンドを米国で直接買う

バンガード・ファンドを米国で直接買うというお話が少し前に出ていますが、日本在住で米国で直接買うことはバンガード・ファンドで(またそれにに限らず)可能なのでしょうか?

私は、在米で、手数料がかなり低い、バンガード・ファンドなどを中心に保持しております(できれば継続したいです)。ふつうは電話で聞くのですが、念のためe-mailで聞いたところ、アメリカから帰国するとバンガード・ファンドの保持はできるが新規に買うことはできないという返事をもらいました。アメリカですのでひとによって返事が違うので必ずしもその情報が信用できないのですが、、、。

Aベストアンサー

ファンド運営会社と、証券会社がごっちゃになって分からなくなっているんだと思います。zeccoは証券の売り買いを仲介するだけで、自分のとこでファンド、ETFを持っているわけではありません。

loadとかexpense ratioというのはファンドの運営会社が取る手数料です。証券会社が取る手数料はこれとは別です。

たとえば、VTSMXとVTIで考えましょう。両方とも、運営会社はvangurdで前者がMutual Fundで、後者がETFです。expense ratioは前者が0.19%で、後者が0.07%です。これはvangurdに支払われる手数料です。

では、実際に売り買いすることを考えましょう。VTSMXはヴァンガードの口座を持っていなくても買えます。このページ(http://finance.yahoo.com/q/pi?s=VTSMX)に取り扱っている証券会社の一覧があります。たとえば、scottradeに口座を持っていれば買えるわけです。で、その時の手数料を調べてみると、ここのページ(http://www.scottrade.com/online_trading_commissions/index.asp)のMutual Fundというところをみると、No Feeとなっているので、手数料無しで買えることが分かります(条件付きのようなので要確認ですが)。zeccoは先ほどの表にのっていないので多分取り扱っていないんだと思いますが、もし仮に取り扱っていたとしても、購入時に$10の手数料を取りますから、zecco経由でVTSMXを買うのは得策ではないわけです。これらの手数料は証券会社に支払うものですので、expense ratioの0.19%はこれとは別にvangurdに持っていかれます。

次に、VTIの場合を考えましょう。売買は株と一緒ですから、どこの証券会社でも買えますね。で、先ほどと同じようにscottradeとzeccoを比較すると、前者は先ほどのリンクのStockというところをみれば良いわけで、$7かかります。売り買いで往復したら、$14です。一方zeccoの方はstock&ETFは手数料無料ですから、何回往復しても$0です。この場合はzeccoで売り買いした方が良さそうです。どちらで買っても、expense ratioの0.07%はvangurdに持っていかれます。

なんかよけい分かりにくくなったかな?

それから、MarginRateというのは、証券会社にお金をかりて売買するときの借金の利息です。いわゆる信用取り引きですね。自分の現金だけでやる場合は全然関係ありません。

なんだか、余計なこと書いたせいで、最初の質問からだいぶずれてしまってすいません。

ファンド運営会社と、証券会社がごっちゃになって分からなくなっているんだと思います。zeccoは証券の売り買いを仲介するだけで、自分のとこでファンド、ETFを持っているわけではありません。

loadとかexpense ratioというのはファンドの運営会社が取る手数料です。証券会社が取る手数料はこれとは別です。

たとえば、VTSMXとVTIで考えましょう。両方とも、運営会社はvangurdで前者がMutual Fundで、後者がETFです。expense ratioは前者が0.19%で、後者が0.07%です。これはvangurdに支払われる手数料です。
...続きを読む

Qファンドとは

ファンドとは株式投資により得た利益をお金を預けた人に分配するんですよね?それは株式投資に限ってのことなのですか?一時アイドルファンドみたいなのありましたよね。今後売れそうなアイドルに投資するみたいなヤツ。あれは厳密に言えばファンドではないのですか?ファンドの定義が解りません。誰か解り易く教えてください。

Aベストアンサー

参加させて頂きます。

ファンドは、資金の集まり。株式は出資した証明書。ファンドが株を買うのは普通にある。ファンドも性格と言うか特色があって、飲食店経営のノウハウを持っているファンドもあります。それで、飲食店を作って経営して、高く転売して利益をだしたりしますね。逆に、株式を安く買って高く売り抜けるのが得意のところもあります。

ファンドは出資者の利益のために働き、株主は会社を所有する。

あまり、はっきりしませんでした。

Q「株式数比例配分方式」での配当控除証明書類

現在、配当金の受取りは従来の「配当金領収証が郵送され、投資家自身が郵便局で受け取る」方法を用いているのですが、それを「株式数比例配分方式」に変更しようとしています。

その場合、確定申告で配当控除を申告する際の証明書類に、現在は配当金領収証と同時に送られてくる「配当金計算書」を添付しているのですが、これが「株式数比例配分方式」になった場合、何を添付しますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

証券口座に入金する方式の場合、証券会社から配当金の計算書類が年1回纏めて郵送されます。
源泉徴収だけで分離課税で済ませるなら申告の必要はありません(譲渡の源泉分離扱い)。
総合課税を選択したり、譲渡の損失と配当所得を相殺する場合(申告分離)には確定申告が必要です(総合課税を選択すると配当控除が適用されます)。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報