特許などに、不燃性の洗浄剤等の記載がありますが、通常は燃えてもおかしくないものという事なのでしょうか。燃えてしまうメカニズム等御存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

A 回答 (3件)

補足になりますが、以前洗浄剤の主流はフロンのようなハロゲンを含む溶剤


(引火性、毒性が低く、洗浄力が高い)だったのですが
ご存じの通り、オゾン層を破壊すると言うことで使用が禁止されました。
そして、フロンの代わりに炭化水素系の溶剤(灯油のようなもの)が使われる
ようになりましたが、これはご存じのように非常によく燃えます。
よって、この性質を改善した物が特許になっていると思われますが
質問の趣旨と異なっていたらすみません。
    • good
    • 0

周りに燃えるものがあった場合には燃えてしまう「難燃性」のものと比べて「不燃性」と言っているのでしょう。

    • good
    • 0

不燃性の洗浄剤というのは有機溶媒に対してフロンなどの事を


指して言っているのではないでしょうか?
洗剤というと一般的イメージとして界面活性剤を大体指します
が、洗浄剤は指しません。また、合成洗剤は石鹸を真似て作っ
た物で、石鹸の材料は油ですので、石鹸も合成洗剤も、もちろ
ん燃えます。先の有機溶媒のように揮発性はないので引火する
事はありませんが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q洗濯用洗剤。液体と粉末の違い。

寒冷地に住んでます。
雪国初心者です。
水が冷たいせいか、粉末洗剤の溶けが悪い気がしています。
そういう場合は、液体洗剤の方がいいんでしょうか。

ということで、液体部屋干しトップを買ってみました。
まだ使ってないけど。

液体洗剤と粉末洗剤の使い分けかたを教えてくださいな。

Aベストアンサー

私が粉末石けんの例を出したので話が複雑になってしまったようで申し訳ありません。

冬場、粉末石けんは溶けにくダマになりやすいのでそれを防ぐため
・初めに少量のお湯で溶かし、
・風呂の残り湯を足して低水位で撹拌し良く泡立て、
・それから洗濯物を入れ、洗濯物の量に見合った水位まで残り湯を足すという面倒なことをしております。
石けんの場合は泡立ちが汚れ落としにとても重要だからです。
(合成洗剤の場合は泡立ちと汚れ落ちはそれほど関係ないようです。)

石けんは一度完全に溶かしてしまえばその後冷水を足して温度が下がったからといってまた固形になることはありません。
ですが洗浄力のことを考えて残り湯を足して洗濯しています。

すいません。ここまでは粉末石けんの話で、質問には関係のないことですね。
でも前回説明不足だったので誤解のないよう補足させていただきました。

下の方が溶解度のことを言っていらっしゃいますが、たしか、これはある物質が他の物質に溶ける限度のことで、溶解度は温度によって変わってきますね。
洗剤が水に溶けることだけを考えれば現在は銘柄にもよりますが
粉末石けんで20℃、粉末の合成洗剤なら水道水で十分に洗濯可能なように
5℃の水温で溶けるように開発され、成分配合されているはずです。
水温が高いほうが汚れ落ちが良いのは、汚れの原因物質が洗剤液に溶けやすいからでしょう。
ちなみに一回目のすすぎも水温がたかめのほうが良いそうです。

↓参考にしてください。
粉石けんを確実に溶かす方法
http://www.try-net.or.jp/~tajima/life/soap_solver.htm

石けんは合成洗剤より良く落ちる
http://www.try-net.or.jp/~tajima/life/senjyouryoku.htm

全自動洗濯機を使用している場合、洗濯物と洗剤を入れてから水を入れることが多いと思います。
寒冷地の水道水の温度がいったい何度なのか私には予想も付かないのですが5℃以上あるとして…
この場合、水を入れるときに粉末洗剤が固まりになってしてまい、布にくっついて溶け残ることはないでしょうか?

洗濯に風呂の残り湯を利用するのが一番と思いますがそれが不可能なら
・先に洗剤を溶かしてから洗濯物を入れる
 (洗濯物を入れる前に撹拌するとベター)
・洗濯機を回す時間を長くする
 (強水流にしてもOK)
これだけでずいぶん違ってくると思います。

洗剤の溶け残りが問題になってきたのは最近の全自動洗濯機が衣類を守るため、撹拌力が弱くなったからだと思います。
以前、二層式の洗濯機を使っていたときには水流が強く、粉末石けんももっと溶けやすかったと思います。

液体合成洗剤はもともとドラム式の全自動洗濯機用に開発されたものだそうで、水に溶けやすく、泡立ちが少ないので水が節約できる、弱水流でも汚れが落ちるのがメリットのようです。
デメリットは値段の高さ。

ちなみに欧米ではドラム式が一般のようですが、水質の関係から洗濯にはお湯を使っているそうです。

粉末と液体、どちらも一長一短という感じですね。

私が粉末石けんの例を出したので話が複雑になってしまったようで申し訳ありません。

冬場、粉末石けんは溶けにくダマになりやすいのでそれを防ぐため
・初めに少量のお湯で溶かし、
・風呂の残り湯を足して低水位で撹拌し良く泡立て、
・それから洗濯物を入れ、洗濯物の量に見合った水位まで残り湯を足すという面倒なことをしております。
石けんの場合は泡立ちが汚れ落としにとても重要だからです。
(合成洗剤の場合は泡立ちと汚れ落ちはそれほど関係ないようです。)

石けんは一度完全に溶かしてしま...続きを読む

Q酢酸エチル合成 アルカリ洗浄等について

こんにちは。
先日酢酸エチルの合成実験を行いました。
問題の実験操作は以下のとおりです。

「濃硫酸とエタノールの混液に氷酢酸とエタノールを滴下して得られた流出液に20%の炭酸ナトリウムを加えてよく振り混ぜアルカリ洗浄をおこなったあと、分液ロートにうつし水層を捨てる。引き続き50%塩化カルシウム水溶液10mlを加えてよく振り混ぜ下層を捨てる。」

この操作から、

1、アルカリ洗浄や塩化カルシウム水溶液による洗浄の目的を化学反応
  式を用いてどう解説すればよいか。
2、塩化カルシウム水溶液による洗浄を行わないと蒸留の際に
  どのような現象が起こるか?

ということを考えているのですがわかりません。
よければお力貸してください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>20%の炭酸ナトリウムを加えてよく振り混ぜアルカリ洗浄をおこなった…
1.#1のお答え通り、触媒として加えた硫酸及び反応で残った酢酸を中和して、以降の酢酸エチル精製を容易にするために行います。
H2SO4 + Na2CO3 → Na2SO4 + CO2↑ + H2O
2CH3CO2H+ Na2CO3 → 2NaCO2CH3 + CO2↑ + H2O
これにより硫酸、酢酸のほとんどが除かれます。
さらに塩化カルシウムを加えて振ると、微量のSO4^(2-)やCO3^(2-)が除かれます。
SO4(2-) + CaCl → CaSO4↓ + 2Cl-
CO3(2-) + CaCl → CaCO3↓ + 2Cl-

2.塩化カルシウムの濃厚溶液で「塩析」することにより、有機層の水分を水層に、水層の酢酸エチルを有機層に移動させます。
これをやらない場合、アルカリ性の水分があるため、アルカリ触媒の酢酸エチル加水分解(酢酸とエタノールに戻る)が起きる可能性が一つ。
水と酢酸エチルが共沸して、酢酸エチルに水が混ざって留出する可能性がもう一つの可能性として考えられます。
なお酢酸エチルには固体の無水塩化カルシウムを入れてはいけません。膨潤反応してしまいます。

>20%の炭酸ナトリウムを加えてよく振り混ぜアルカリ洗浄をおこなった…
1.#1のお答え通り、触媒として加えた硫酸及び反応で残った酢酸を中和して、以降の酢酸エチル精製を容易にするために行います。
H2SO4 + Na2CO3 → Na2SO4 + CO2↑ + H2O
2CH3CO2H+ Na2CO3 → 2NaCO2CH3 + CO2↑ + H2O
これにより硫酸、酢酸のほとんどが除かれます。
さらに塩化カルシウムを加えて振ると、微量のSO4^(2-)やCO3^(2-)が除かれます。
SO4(2-) + CaCl → CaSO4↓ + 2Cl-
...続きを読む

Q粉末洗剤と液体洗剤どっちが安い?

洗濯をする時に粉末洗剤と液体洗剤では洗剤代は一般的にどちらが安いでしょうか?

Aベストアンサー

粉末のほうが安い場合が多いですが、最近はだんだん近づいてきています。
 たとえばライオンのリキッドトップやP&Gのボールドとアリエールは粉末と液体でほぼ同じ回数使えると謡い使用量もほぼ同じですが、底値は若干粉末のほうが安い場合が多いです。私の買う店の場合リキッドトップ詰め替えの底値は278円、トップ粉末の底値は現行パッケージに変わって以降は248円くらいだったと記憶しています。

 ブランドの壁を超えて考えるとニュービーズ(粉末、漂白剤入り)1.1キロが198円で売っていたり粉末のほうが安い傾向は強くなります。

 液体も粉末も昔から比べるとずいぶん安くなりましたよね。

Q温泉施設等のお風呂洗浄後の二酸化塩素消毒について教えて下さい。 先日、温泉施設にて下請け(手伝い)

温泉施設等のお風呂洗浄後の二酸化塩素消毒について教えて下さい。
先日、温泉施設にて下請け(手伝い)として、お風呂の洗浄にたずさわりました。
洗浄は過酸化水素による薬品循環洗浄です。
こういった洗浄は自社でもなんどかやった事があります。
しかし今回は洗浄後に二酸化塩素を使用し更に消毒をするというものでした。
現場が忙しかった事や教えるのが面倒という事もあったと思うのですが、元請けからは詳しい二酸化塩素の使用目的や使用方法を教えてもらえませんでした。
自分なりに調べると二酸化塩素の目的は
・菌類のバイオフィルムの除去
・次亜塩素より殺菌効果が高い
・次亜塩素と異なり発ガン性物質が出ない
等でした。
今回の作業手順としては
[手順1]過酸化水素の薬品洗浄後に二酸化塩素20l(濃度2000mg/l)をホースに接続し、そのホース先端を水中に沈め投入
[手順2]投入後15分くらいで消毒終了
[手順3]チオ硫酸という固体の薬品100gを水に溶かし二酸化塩素を分解
というものでした。
そこで質問が3つあるのですが
①[手順1]の二酸化塩素を投入する際になぜホースを使用して水中に入れるのでしょうか?
元請けに聞いたのですが「空気に触れさせたくないから」としか教えてもらえませんでした。
自分なりに調べ揮発性が高い為、とも思ったのですがお風呂が密閉されていないので結局二酸化塩素は揮発すると思うので違うのかなと思います。
②[手順2]の消毒時間や薬品濃度に決まりや目安、基準などはあるのでしょうか?
③二酸化塩素を分解する際のチオ硫酸の比率はどのくらいなのでしょうか?
計算すると二酸化塩素が20l×2gで40g、チオ硫酸は固体なのでそのまま100gです。
なので今回の比率は1:2.5ですが余裕をみていると思うので実際の分解する比率は違うと思っています。
質問は3つさせて頂きましたが1つでも、わかる方いらしたら教えて下さい。
また、関連のサイトでも構わないので教えて下さい。

温泉施設等のお風呂洗浄後の二酸化塩素消毒について教えて下さい。
先日、温泉施設にて下請け(手伝い)として、お風呂の洗浄にたずさわりました。
洗浄は過酸化水素による薬品循環洗浄です。
こういった洗浄は自社でもなんどかやった事があります。
しかし今回は洗浄後に二酸化塩素を使用し更に消毒をするというものでした。
現場が忙しかった事や教えるのが面倒という事もあったと思うのですが、元請けからは詳しい二酸化塩素の使用目的や使用方法を教えてもらえませんでした。
自分なりに調べると二酸化塩素の目...続きを読む

Aベストアンサー

>①[手順1]の二酸化塩素を投入する際になぜホースを使用して水中に入れるのでしょうか?

量が多いからじゃん?あれ原液が皮膚についたら良くないしね、こぼれたりするのも避けたいんじゃん

>②[手順2]の消毒時間や薬品濃度に決まりや目安、基準などはあるのでしょうか?

各地域の保健所の基準があります。塩素濃度は恐らく全国地域で規定されてると思います。

>しかし今回は洗浄後に二酸化塩素を使用し更に消毒をするというものでした

水道水以外の地下水とか使用する場合は塩素入れて保健所の基準にならないと営業許可おりません。

Q液体洗剤と粉末洗剤について

液体洗剤と粉末洗剤、それぞれのメリット デメリットご教授お願いします 昔は何気なく通常販売している粉末洗剤をしようしていましたが 洗剤1つとってもいろんなものが販売されているのですね 是非お願いします

Aベストアンサー

粉末洗剤はその成分が乾燥により固形になる成分を主体に構成されています。  また硫酸ジナトリウム塩などの助剤も固形化しやすいものを選択して構成されます。
従って計量しやすい、取り扱いが便利であるというメリットがありますが、製造に乾燥コストが必要で炭酸ガス負荷という環境上の影響があります。 商品の包装も紙箱が必要で大型になりやすく輸送コストがかさみます。  使用時の溶解が不注意だと固形のまま残る事もあります。

液体洗剤は液状の成分で構成され、濃度の調節は水で行えます。 計量も比較的容易で、容器も小型ですみ輸送コストが軽減されます。
使用済み容器のリサイクルも所定の注意をすれば容易です。
多くの点で液体洗剤は製造にも使用にも環境上の配慮にも優れているので最近の主流となっています。

Qシリコーン系難燃剤のメカニズムについて

質問内容は表題の通りです。
(1) シリコーン系難燃剤が熱や一酸化炭素の発生を低減するということはHPなどで知りましたが、具体的にどういうメカニズムで発生を抑えるのでしょうか?
ハロゲン系なら酸素遮断、水酸化アルミニウムなら水による温度低下、という感じで主効果がありますよね。
シリコーンはどうやって燃焼を抑えているのでしょうか?
シリコーン系というと、SiO2しか思いつかないのですが・・・。そもそもそれが間違いですか?

(2) もう一つ、プラスチック樹脂に混入したりする場合に相性とか、効果がない組み合わせとかがあるのでしょうか? (1)の原理にもよると思いますが、ポリエステルでは効果は出るが、ポリプロピレンでは効果がないとか・・。

参考になるHPでもお教え頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

すみません。
講演会要旨を見直してみましたが、引用文献が載っていませんでした。

武田先生のHPに少し載っていました。

http://www.numse.nagoya-u.ac.jp/F1/proftakeda/nannen/kyoukasyo/koubunshi/index.htm

また、名古屋大の大谷肇先生の所で、熱分解GCMSを用いて、PC/シリコン系難燃剤のメカニズム解析を行っていました。
ケミアブかなんかで検索すると出てくるかもしれません。
私は今ケミアブを使えない環境ですので、調べることができません。
期待させておきながら、すみませんでした。

Q粉末洗剤を溶いて液体洗剤の代わりに出来る?

6.0Kgの洗濯機を使用していて毛布が洗濯可と明記されています。

ただ液体洗剤を使用するように記してあります。がわざわざ毛布(シングルサイズ1枚)1回の

洗濯のために液体洗剤を1ボトル買いたくないのが本音です。

そこでいつもの粉末洗剤を溶いて液体洗剤の代わりにしたいのですが可能でしょうか?

またその場合どのくらいの水(もしくはぬるま湯?)にどのくらいの量を溶くのが適量でしょうか?

他、コツなども含め良きアドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私は、いつも毛布を粉末洗剤で洗っています。
質問者さんがお書きのように、ぬるま湯で溶かしてから投入します。

うちの洗濯機には「毛布コース」があって、
どのサイズ、どの厚みの毛布を入れても、最高水位で洗う設定になっています。
なので、最高水位の30リットルに合わせた洗剤の量をスプーンで計って、
それをお風呂の桶半分くらいのぬるま湯で溶かしています。
毛布を最初に入れてしまうと、洗剤が混ざりにくいので、
毛布コース設定→注水→ある程度の水量になったら溶かした洗剤を投入して手で混ぜ、
その後に毛布を沈めるようにしています。

この方法だと、洗剤が溶け残ることがないのでお勧めです。

Q石膏の固まるメカニズム

石膏に水を加えるとどうして固まるんですか?
水和物かなにかができているのでしょうか?
教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

石膏は硫酸カルシウム半水和物です。これに水を加えると二水和物となり固化します。

Q粉末洗剤と液体洗剤、違いは?

洗濯洗剤は粉末と液体が数多く出回っていますが、それぞれの特徴と言いますか、メリット・デメリットは何でしょうか?

Aベストアンサー

粉末
メリット・・・安い、
デメリット・・溶けにくい(衣類に残る場合がある)、重い(?)

液体
メリット・・・溶けやすい、詰め替え用などを使うとゴミが減らせる
デメリット・・高い(わずかな金額ですが)

でしょうか? あと、環境には粉末のほうが良さそうな気がするのですが、気のせいかな?

Q水はどうして燃えない?

水は水素と酸素で出来ているのにどうして爆発したり燃えたりしないんですか?

Aベストアンサー

「燃える」と「爆発」の定義はどうなのでしょうか。
化学一般の定義で答えてしまうと、「爆発したりしない」という前提と異なる内容になりますから。

化学で「水の爆発」として想定される物に、
水蒸気爆発、ふくすいき等コンデンサーの爆発、容器の爆発等水が蒸発して高圧の水蒸気になり水の周りにある物が壊れて爆発する場合

既に回答がある熱分解で生成した水素ガス・酸素ガスによる爆発
がありますから。

「燃える」というのは、発光と発熱(赤外線ですから光りに含まれるときがあります)を伴う化学反応、という定義ですと、常温常圧ではH2Oという状態が安定し、持っているエネルギーが低い状態なので、他の状態に変化しにくいですし、わすがながらないとは言えないのです(エネルギーの法則から)が平衡がかなりH2Oのほうによっています。ですから、他の状態に変化したとしてもすぐにもとのH2Oに戻ってしまいます。

宇宙空間のような極端な真空状態の場合とか、臨界点を超えた高温・高圧とかになってくると、内容がちょっと変わってきます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報