奥歯の詰め物を目立たない白いものに換えたく
初めて訪れた一般歯科でのことです。
「うちでは保険のレジンはやってないからセラミックスかハイブリットセラミックス選んで!」と言われ、
『ハイブリットセラミックスでお願いします…』となりました。
その日に型を取って、数日後詰めていただきましたが、
色といい形といい、なんか自分の歯にしっくりきてません。
いかにも『詰めました!』って感じなんですけど。
そして会計が。。。奥歯2本で1千円ちょっと???
院長に何度も確認しました! 「うちはハイブリットを保険でやってるから、何万もかからないよ。」との回答。
これって、本当ハイブリットセラミックスなんでしょうかね~。
ハイブリットにもピンからキリまである、ってことなんでしょうか。
同時期に別の歯医者で入れたレジンの方がとても良いように思います。
是非、皆さんの意見・体験・感想を聞かせて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

保険のコンポジットレジンでもハイブリットでもセラミックでもその見栄えや適合精度、色や形の自然さなどを決めるのそれを作る歯科技工士や歯を削ったり型を取ったりする歯科医師などの技量によるところが大きいです。


どの材料を使っても上手い術者によれば素晴らしい物が出来ますし、そうでなければおかしな物しか出来ません。

歯科医院でこれはハイブリットである、との説明があったのでしたらおそらくそれを使っているのでしょう。
(但しこのことが法的に正しい事かどうかは別の問題ですが・・・)
保険の扱いでそれを作る、と言う事は歯科技工士も通常のハイブリットインレーの技工料を受け取っていないということかと思います。
保険のインレー扱いですとおそらく半値以下ということでしょうからそれなりの手抜きが有るのかもしれません。

耐久性などの性質は材料に由来しますが、出来栄えは術者次第と言う事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
納得しました!
型を取ったはずなのに… 
色を合わせたはずのに…
しっくりこなかったのはそのような理由だったのですね(==)
ちなみに、それを詰めてくれた先生もかなり雑でした。
なぜか隣の歯にまでハイブリットセラミックが被さってて、
フロスが入らないのです!
近いうち別の歯医者さんで診てもらうことにします。

お礼日時:2007/07/15 22:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレジンで詰めた奥歯に糸ようじが入らない

奥歯に虫歯で治療したため大きい金属をかぶせていたのですが(歯全体ではなく一部のみ)、そこが痛み出したので歯科医に行ったところ、治療後に金属の代わりに白い詰め物(おそらくレジンだと思います)をされました。
1日で治療が終わったので良かったのですが、家に帰って歯磨きをしたところ、糸ようじ(デンタルフロス)を通そうとしても通りません。
金属の時から側面をかぶせてありましたが、その時は通っていました。
レジンを側面に詰めると糸ようじが通らないのでしょうか?

また金属をかぶせたのが2・3年前で比較的新しいのに、歯の側面の接着部分が悪くぐらぐらになっていたと言われました。
私は昔から糸ようじを使い続けているのですが、糸ようじを使うと詰め物が取れやすくなることはあるのでしょうか?

アドバイスを宜しくお願いします。

Aベストアンサー

レジンが入り込んでいるためにフロスが通らないのではないでしょうか?
普通は歯と歯の隣接している面の充填であれば透明のフィルムなど(または違う器具)を挟んで、充填するところを分離して行ないます。
しかし、その分離を行なっていなければ歯と歯の間がくっついてしまいます。
また、分離して充填しても機械ではその面を研磨出来ないためにフロスがひっかかってしまっているのかもしれません。
そういう時はメタルの簡単に言えばやすりのような物で研磨を行ないます。
どちらにせよ、初めの充填がどうなのか分かりませんのでもう一度お手間ですが受診される事をお勧めします。

フロスを使用してもしなくても、取れる時はとれます。
ですので、引き続きフロスの清掃を頑張ってください。
今回の取れた原因が何なのか分からないので、何とも言えません。

Q両下親知らずを抜き、隣接する奥歯の虫歯治療をして銀歯を詰めましたが高さが合わない様に感じます。食べ物

両下親知らずを抜き、隣接する奥歯の虫歯治療をして銀歯を詰めましたが高さが合わない様に感じます。食べ物をすり潰す事が出来ず点でしか噛めていないように感じます。また、歯が重なりあった時に黒板を爪で引っかいた様なキシキシ感が気持ち悪いです。赤い紙は噛んで合わせていただけてるとは思うのですが両方なので食事がとにかく不自由です。まだ治療したばかりなので慣れるのをまっては居ますが気になって仕方ありません。次の予約は抜歯後の傷の確認をするため1か月後です。それまで我慢した方が良いでしょうか。

Aベストアンサー

親知らずの抜歯で、歯の傾きや高さに変化が出たのでしょう。
時間と共になれるとは思いますが、次の予約時までその状態が継続するようであれば、納得するまで調節して頂きましょう。
しかし、その状態に慣れずに違和感が強いようでしたら、素直に病院に連絡を入れれば、早めに診ていただけます。

Q虫歯です(இɷஇ ) 今治療中の虫歯があります。奥歯で最終的には銀歯と言われ、まぁ奥歯だし…しょう

虫歯です(இɷஇ )

今治療中の虫歯があります。奥歯で最終的には銀歯と言われ、まぁ奥歯だし…しょうがないと思っていた中、新たに虫歯⤵︎
前歯から2、3本横にある歯でまだ詳しく診てもらってないものの、水は染みるし時にはズキズキするし…おそらく神経手前まではいってるのではないかと。
一応女子なので、場所的にも銀歯は避けたい(இɷஇ )フル銀歯じゃなかったとしても嫌です

でも歯医者の先生に現在治療中の歯を診てもらった時に
”銀歯じゃない白い詰め物もあるんだけど、保険が利かないから高くなる”
と言われました。
何か他に方法はないのでしょうか(இɷஇ )
お医者さんによっては銀歯を避けて治療してくれるところもあるんですかね…
分かる方、経験者様のご意見待ってます

Aベストアンサー

前歯から2~3本横にある歯の治療が今後必要になるとのことですね。
銀の歯か、白い歯か、迷われますね。

確かに歯科治療においては白い詰め物もあります。

但しそれはあくまでこの材質・材料を使っていいということしか規定されていません。

どの材料をどこの部分に使うのか、それは治療された歯科医師の先生に専門家としての判断を委ねる、というのが保険制度の考え方です。

保険治療の場合は患者さん自身が支払われる治療費だけではなく、税金が投入されているため、どのような場合にはどのような治療をしなければいけない、どのような時にはどのような材料にしなければいけない、ということがかなり厳密に決められているんですね。

原則的にはどの歯科医院に行かれても同じ回答をされることが多いと思います。

しかし、最初の話のように白い材質というのがあるにはあります。

ただその材質を選択されるのはその先生の判断によるので、別の先生に診断されると「ああ、白いのでやってあげるよ」ということになるかもしれません。

だから、相談してみることもいいかもしれません。

しかし噛む力というのは女性で100kg、男性だと200kgの力が歯にはかかると言われています。

保険治療で使われる白い詰め物というのは、はっきり言ってプラスチックというものです。

それに対してその先生が言われる白い詰め物というのは金属、銀歯というのは金属です。

プラスチックと金属、どちらが硬いか?
比較するとプラスチックは非常に柔らかいんです。
確かに指で押さえたくらいでは硬いかもしれないが噛むのに耐え得る強度を持っているかどうかはということは別の話しになります。

治療された歯が何年持てばいいのか、何年見た目持てばいいのか、ということを考えると今は確かに若くていらっしゃるし、費用もあまりご負担が大きくなると大変かもしれません。

1~2年の間プラスチックということでもいいと思います。
強度的にも十分持つ(噛める)かもしれない。

しかし10年持つかという話しになると、まず難しい思います。
見た目意外に機能的な面を考えて受けられた先生は銀歯を勧めた可能性があるので、その当たりも含めていろいろ質問してみてはいかがでしょうか。

まだお若くていらっしゃるかと思いますのでどうぞよくご相談されて下さいね。

前歯から2~3本横にある歯の治療が今後必要になるとのことですね。
銀の歯か、白い歯か、迷われますね。

確かに歯科治療においては白い詰め物もあります。

但しそれはあくまでこの材質・材料を使っていいということしか規定されていません。

どの材料をどこの部分に使うのか、それは治療された歯科医師の先生に専門家としての判断を委ねる、というのが保険制度の考え方です。

保険治療の場合は患者さん自身が支払われる治療費だけではなく、税金が投入されているため、どのような場合にはどのような治療をしな...続きを読む

Q銀歯を、保険適用の白い歯(レジン?)にすることは可能ですか?

現在虫歯の治療中です。奥歯の銀色の歯が、笑うと目立ち相手に見えてしまうのが前から気になっていたので、白い歯にしたいと考えていました。自費診療では数十万円かかり、高額すぎて白い歯にはしたいのですが、悩んでいました。

ここのサイトで同じ悩みを持つ人を探してみたところ、「レジン」というプラスティックの素材が保険適用で白い歯に仕上げられるという情報を得られたのですが、「保険適用で白い充填物(レジン?)を奥歯に詰める」というのは本当にできるのでしょうか??

もし何か知ってらっしゃる方いらっしゃったら、教えてください。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

基本的には犬歯の後ろの2本(小臼歯)までは白く出来るということになっています。
しかし、この二本は前歯とは異なり、レジン冠というプラスチック単体の冠です。
単体なので非常に割れ易い素材です。
数年前までは、地域によってはレジン冠が可能でした。
しかし現在では、点数票に乗っているだけで、実質は出来ません。
医療点数の請求には、国で決めた約束の他に、全国の支払い側(地方の基金や自治体など)が決めた「解釈」と言う約束があります。
壊れやすく耐久性の無いものであるという判断から、次第に制限されていき、現在では名目上の点数になっているのです。

従って、現在では、通常の状態で犬歯より後ろの臼歯(奥歯)では、保険で白い冠は出来ません。
(例え出来ても、条件は<噛み合わせに関係しない場合>など、およそ治療とは言えないケースだけです)

自費は各医院で設定します。相場や統一価格は独占禁止法に抵触するからです。とはいっても、競争に負けては潰れますから、自然に周囲の価格に合わせていくのが自然な流れでしょう。
実際に修復物を作る技工所の料金も同じで、材料の選択や保障などにも違いがあり、費用にはかなりの差があります。
あまりにも安価な医院では規定外の材料を使ったり、ワンランク下の材料を偽って入れたりしている所もあるので、安いから適性とか得とか言う考えは危険です。
できれば3~4軒に聞いて、その地域の大体の相場を見つけて判断しましょう。
医院の規模にもよりますが、同じ位の規模で、あまり安価なのはかえって危ないと思っていいです。(例えばスタッフが院長と奥さんだけみたいな小さな医院では、価格を下げるか、品質をあげる、保障を広げるといった事も可能ではあります。)

基本的には犬歯の後ろの2本(小臼歯)までは白く出来るということになっています。
しかし、この二本は前歯とは異なり、レジン冠というプラスチック単体の冠です。
単体なので非常に割れ易い素材です。
数年前までは、地域によってはレジン冠が可能でした。
しかし現在では、点数票に乗っているだけで、実質は出来ません。
医療点数の請求には、国で決めた約束の他に、全国の支払い側(地方の基金や自治体など)が決めた「解釈」と言う約束があります。
壊れやすく耐久性の無いものであるという判断から、...続きを読む

Q奥歯4本「白い歯で40万」か「銀歯で2万弱」か。

50代後半の母の歯の治療についての相談です。
歯について無知なので、わかりにく説明になってしまったら
申し訳ありません。

下の歯の奥歯4本(親知らずを入れて4本です)をブリッジにしていたのですが、
根元が腐ってきている?からやり直すことになったっそうです。
その治療費が「自費で白い歯にして40万」か「保険で銀歯にして2万弱」か
どちらしかないと言われたそうです。
明らかに見える位置なので銀歯は嫌だけど、40万も出せないと悩んでいます。
昔通ってた歯科医院(今は遠くて通えない)では保険で白い歯にしてもらったといっているのですが、今は無理なのでしょうか?

詳しい方アドバイスをお待ちしています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.6です。
あまり詳しくはないのですが・・・
良い顔はされないと思いますが、転院する事自体は可能です。
新しい歯科医院では、「被せ物に関して選択肢が全くなかったので云々」となぜ転院したかを良く説明する必要が有ると思います。
初診料や検査費用などが2重にかかる事もありますが、より自分の理想にあった歯科医院を探すためならば致し方ないでしょうし、このまま続けて悔いが残ってしまったら本当に残念な事です。

http://oshiete.goo.ne.jp/search/search.php?status=select&MT=%C5%BE%B1%A1&nsMT=&ct_select=1&ct0=211&ct1=602&ct2=
↑歯科医院の転院に関しての皆様の意見はこんな感じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報