活性炭とゼオライトについて以下の件についてご教示ください。
1.単価
2.ダイオキシンの除去率
3.それぞれ1kgに対する、吸着能力
また、活性炭,ゼオライトのほかにダイオキシンを吸着,除去できるものがあればご教示ください。
上記の件についてよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

直接的な回答ではありませんが、以下の成書は参考になりますでしょうか?


1.http://www.iijnet.or.jp/nts/sinkyuutyaku.html
(最新吸着技術便覧)
さらに、「ゼオライト」に関する成書は
-------------------------------------
1.ゼオライトの科学と工学/小野嘉夫,八嶋建明/講談社/2000.7 
2.機能性ゼオライトの合成と応用/辰巳敬/シーエムシー/1999.7 
3.人工ゼオライトが地球を救う/逸見彰男,坂上越朗/ジャパンタイムズ/1999.6 
4.灰から生まれる宝物のはなし/逸見彰男,坂上越朗/健友館/1998.9 
5.高機能ゼオライトの合成と応用/シーエムシー/1995.12 
---------------------------------------
2.http://athena4.cheme.kyoto-u.ac.jp/jsad/ads_news …
(第6回国際吸着会議)
このアブストも参考になるかもしれません・・・?
3.http://www.aist.go.jp/RIODB/PRESS/RIODB/AISTpres …
(名古屋工試)
シリカゲルのようですが・・・?

国立資源研の報告書等を探されては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.aist.go.jp/NIRE/index_j.html
    • good
    • 0

浄水場などでの活性炭だと300~400万円/tくらい、


ゼオライトだと数倍は高い??

その他の吸着剤として、分析の際にはXAD樹脂を使ったり、ウレタンを使ったりします。しかし、これは、吸着性が高いからではなく、分析に使うので比較的脱離しやすいからです。

ダイオキシンは非常に吸着性が高いので、どんな吸着剤にも非常にたくさん吸着します。活性炭だったらいくらでも吸着しますので、吸着平衡実験をするのは非常に難しい気がします。実験データは見たことがないです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPCB処理方法について

東京都江東区でPCB処理施設が稼動始めたニュースを見ました。高温と高圧でPCBを炭酸ガス、塩、水に変えるとのことです。他の方法との優位性や詳しい反応について教えて下さい。また、この施設の設置費用、運転資金は、全て税金なのでしょうか(元PCBメーカーは、どの程度負担するのでしょうか)できれば知りたいです。

Aベストアンサー

PCBは日本では1974年に輸入及び製造が禁止されていますが、
未だ全廃はされておらず政府は2016年迄に全廃を目指しております。
国の政策なのでおそらく税金で賄われるのではないでしょうか。
PCB単味の分解方法を一つとして紫外線で分解する方法が有ります。
他にもPCBの塩素を水素に置換し、無毒化する方法も有ります。
どれが一番有効かについては存じません。悪しからず。

Q活性炭の吸着について

o,p-ニトロフェノールを合成し、分離しました。

初めにo-ニトロフェノールを水蒸気蒸留にて分離し、その後p-ニトロフェノールを分離しました。
p-ニトロフェノールを分離する際、活性炭を加え、加熱して熱いうちに吸引濾過をして結晶を析出させました。

このときの活性炭の役割は何でしょうか??
ちなみに、p-ニトロフェノールを析出させる過程で、水酸化ナトリウムや塩化ナトリウム、食塩水などを使いました。

Aベストアンサー

混酸(硫酸+硝酸)によるフェノールのニトロ化を行ったのだと思いますが、
だとすると、反応後の溶液は、副生したタールで真っ黒だったと思います。

水蒸気蒸留で分離できるo-ニトロフェノールは、一旦蒸気にすることで
タールから分離できますが、p-ニトロフェノールはタールと共存したままです。
この状態では、ろ過を行っても、目的物もタールもろ紙を通過してしまいます。

そこで、液体のタールを活性炭に吸着させることで、ろ紙を通れなくし、
ろ過による分離を可能にしている、ということだったと記憶(※)しています。
(目的物のp-ニトロフェノールは、水に溶けているか、溶けきっていなくても、
 加熱により融点以上となって液体化しているため、ろ紙を通過可能)

※高校化学部所属時、バニリン(バニラ香料)の合成原料として、やたらに
  作った記憶から。

QPCBの分析について

ガスクロ(ECD)で排水中や食品中のPCBを分析してます。ガスクロによる方法だと26種の異性体のピークを検出して定量するので、特に低濃度の場合その数値が本当にPCBの正確な数値かどうか分かりません。リテンションタイムだけの判断なので何か別のピークをひろう場合もあると思うのですが、例えば26ピーク中半分くらいのピークが一致すればそれはPCBだと判断して良いとかそういったものがあるのでしょうか。
GCMSはいまのところ使えません。

Aベストアンサー

STDはカネクロール(KC)300,400,500,600を混合されていますよね?
PCBが検出される場合、例えば4塩素と5塩素だけ特異的に検出されるなど
塩素数の固まりになって検出されます。
ですので、大まかに1/4位が合えば検出されたと見るのが妥当ではないでしょうか。
26本中全て合致することもあるでしょうが、1本だけ、ということは無いと言って良いでしょう。
PCBが検出される場合は、出現パターン
(大きいピークの後に小さいピーク、つらなった数本のピークなどのパターン)がSTDと同じになりますので、
その傾向のない数本のピークの保持時間が一致していた場合は「検出されたとしない」判断が妥当だと思います。
また、外国製のPCBと日本製のPCBとでは組成が違いますので
出現パターンが必ず同じになるとは限りませんのでご注意を。
輸入品を分析される場合はお気を付け下さい。

Qなぜゼオライトはアンモニウムイオンを選択的に吸着するのですか?

なぜゼオライトはアンモニウムイオンを選択的に吸着するのですか?調べたところカリウムイオンも高い選択性を示すようですがなぜナトリウム、とかカルシウム、マグネジウムイオンは吸着されないのでしょうか? 人工イオン交換樹脂の場合、二価のイオンの方がよく吸着されると思うのですが。。。なぜゼオライトは一価のいおん、特にアンモニウムイオンを選択的に吸着するのですか?教えてください。

Aベストアンサー

ゼオライトは結晶性アルミノ珪酸塩の別名ですので、多くの種類があり、それぞれ結晶構造が違います。
ですので「一般的」なお答えしかできません。
一般的にゼオライトはイオン交換能があり、プロトンをアンモニアに交換することができます。
おっしゃる通りナトリウムやカリウム時には遷移金属を付着させることも可能です。
触媒として酸点を必要とする場合、アルカリ金属を水溶液中アンモニアに交換し後にか焼(calcination)してプロトンに変え、ブレーンステッド酸として使ったりします。
人工イオン交換樹脂とは違い結晶構造を持っています。特に筒状の空間が内部を整然と貫いていますから、そこを通過可能な分子の大きさは限られてきます。
複数陽荷電を持ったイオンは周囲により多くの凝集水分子を抱えていますから、内部表面に入り込みにくいと思います。
また、交換する「酸点」などは分散して存在していますし、構造も柔軟性が無く複数の作用点が協同して働くことも困難です。
この辺は専門書をお読み頂く方が確実だと思います。

QPCBに触れた場合。

最近、高圧トランスの絶縁油に触れる機会がありました。
トランスの製造年は生産中止の行政指導前であった為、PCB混入の確立が高いと思っています。
いくつかの類似質問は読ませていただいたのですが、私の知りたい事と少々異なっていたので、ここに質問させていただきます。
・カネミ油症事件など、極微量のPCBを長期に渡って摂取した場合体内に蓄積され害を及ぼす、とのことですが、
 絶縁油の高いPCB濃度のものを一時的に摂取した場合にはどうなるのでしょうか?
 規制される前は絶縁油の中に手を入れて作業していたとの話も聞きましたが、健康な状態でなく、傷口があった場合にはどうなるのでしょう?
 高濃度のPCBが体内に一度に吸収されると言うことになるのでしょうか?
・その場合には中毒症状は早く発現するのでしょうか?
・関連サイトを見ると、PCBの付着した衣類等も産業廃棄物扱いとなるらしいですが、私はPCBに触れた手で色々な所を触っています。
 そういった箇所を傷口のある人が触れたり、舐めたりした場合には、体内に吸収されてしまうものなのでしょうか?

  かなり神経質な考え方だと思いますが、自分を含め今後の家族の事を考えると心配になってしまいます。
  どなたかお知恵を拝借いただければ幸いです。

最近、高圧トランスの絶縁油に触れる機会がありました。
トランスの製造年は生産中止の行政指導前であった為、PCB混入の確立が高いと思っています。
いくつかの類似質問は読ませていただいたのですが、私の知りたい事と少々異なっていたので、ここに質問させていただきます。
・カネミ油症事件など、極微量のPCBを長期に渡って摂取した場合体内に蓄積され害を及ぼす、とのことですが、
 絶縁油の高いPCB濃度のものを一時的に摂取した場合にはどうなるのでしょうか?
 規制される前は絶縁油の中に手を入れて...続きを読む

Aベストアンサー

基本的に誤解をしているようですが、PCB自体に毒性があるのではなく、製造時に副生物として発生するダイオキシンにより人体に害を及ぼしています。

カネミ油症の場合は、米糠油の製造工程でPCBが混入したものを調理で使用し、直接摂取して中毒を起こしています。

ですので、直接触れても吸収される可能性が低く量的にも少ないので、一時的なものであれば、それほど心配する必要はありません。
もし、その程度で発症するならば、数100万人単位で発症しているはずです。
気にしすぎるほうが、健康によくありません。

Q合成ゼオライトと市販ゼオライトの違い

市販ゼオライトと合成ゼオライト(実験で作成したゼオライト)において市販のゼオライトのほうがXRD解析で詳細が出にくい理由は何か。と問われました。
市販ゼオライトと合成ゼオライトの違いは調べても載ってなく、両者の違いは合成ゼオライトとのほうができてから時間がさほど経っていないことくらいしか思いつきません。
そもそも素人の作った合成ゼオライトよりも業者の作った市販ゼオライトのほうがより精密な気がします。
自分はこの問いに対してどのように回答したらよかったのでしょうか。
補足:もしかすると題意が違っているかもしれません。市販ゼオライトと合成ゼオライトにおいて市販のゼオライトのほうがXRD解析で詳細が出にくいなんてことはない。という情報をお持ちでしたら教えてくれると助かります。

Aベストアンサー

1.市販のゼオライトは「作り置き」されています。水もその他のガスも吸い放題。(ちゃんと封じていないと)
2.市販のゼオライトはバインダなどを加え乾燥用などに素人でも使いやすいように「成形」してあります。

一方水熱合成で合成したゼオライトは粒子がそろっており、結晶格子も一様です。
ゼオライトは種類が豊富で、単なるアルミノシリケートの一形態ではありません。テンプレートやTi、Zr等も入れて作ってみると分かります。

QPCB問題、PCB税ってなんですか?

PCB問題とは、いつ頃からどんなことで問題になっているのですか?ご存じの方是非教えてください。
(PCBって何の略ですか?)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本での問題発生は1968年です。油症事件です。それ以前にも関心はもたれていたようで、カワマスやワシの調査も行われていたようです。
PCB(ポリ塩化ビフェニル)は有機塩素化合物で、色々なものに使われてきました。特にトランスの絶縁材として今でも現役の物もまだあるはずです。
人体の影響は皮膚障害・色素沈着・塩素座蒼などがあり、中毒した、母体から胎盤を通じて胎児に移行し、黒子と呼ばれる色黒の新生児が出生したこともありました。
しかし、PCB単体の問題だけでなく、異性体や不純物などとの関係もあり、単純に油症事件とPCBが結びつく問題でもないと思います。
余談ですが、PCBを燃焼すると300~600度でダイオキシンを生成しやすいとも言われています。700度では分解されますが。
私の会社にも古いトランスのPCBが保管されています。

Q天然ゼオライトと合成ゼオライトについて

天然ゼオライトと合成ゼオライトの違いについてお伺いしたいのですが。
現在、工業的にはどちらの需要が、どんな分野であるのでしょうか。
また、経済性については、どちらが有利になるものでしょうか。
よろしくお願います。

1.概略の製造工程
2.用途
3.物性
嵩み密度
真密度
4.粒度
5.生産量
6.主要化学組成とその割合

Aベストアンサー

 天然ゼオライトと合成ゼオライトの違いは、天然ゼオライトの方が、不純物が多いといったところでしょうか。天然ゼオライトとして、存在するのは、A型、X型とモルデナイトが代表的なもので、A型、X型は、モレキュラー・シーブや脱水剤として使われています。
 天然ゼオライトは、いずれも合成により製造可能ですが、どちらが経済性があるかで、決まってくると認識しています。
 合成ゼオライトの製造方法は、シリカ源として水ガラス、アルミナ源は水酸化アルミニウムを混合し、必要によりテンプレート剤を加えて、pHを調整した後、水熱合成により製造します。
 合成ゼオライトの用途は、洗剤がほとんどで、モレキュラーシーブがその1割位、触媒は更にその1割位と聴いた覚えがあります。触媒用としては、FCC用がほとんどで、PSAなどの吸着材用は、極微量だと思います。
 物性は、物によって全く違うのでコメントできません。
 粒度も、成型方法によって全く異なります。
 生産量は、触媒が国内で数万t/年レベルです。
 主要化学組成は、シリカとアルミナで、その比率は種類や製造方法、後処理等によって異なります。
 詳細は、トーソー(旧東洋曹達)などの製造メーカーに問い合わせるのが良いでしょう。

 天然ゼオライトと合成ゼオライトの違いは、天然ゼオライトの方が、不純物が多いといったところでしょうか。天然ゼオライトとして、存在するのは、A型、X型とモルデナイトが代表的なもので、A型、X型は、モレキュラー・シーブや脱水剤として使われています。
 天然ゼオライトは、いずれも合成により製造可能ですが、どちらが経済性があるかで、決まってくると認識しています。
 合成ゼオライトの製造方法は、シリカ源として水ガラス、アルミナ源は水酸化アルミニウムを混合し、必要によりテンプレート剤...続きを読む

QPCBの保管に付いて

近年、高濃度PCBの回収処分が開始され徐々に実施されていますが
 低濃度PCB含有のトランスを所持しています

低濃度に関しては、国から依然として回収計画が発表されていないため
 その間、保管が余儀なくされています

そこで保管の際の漏洩防止カバー(トレイ)なのですが
 PCBの性質から、ステンレス製・鉄製 以外でも
  樹脂性などで漏洩が有った場合に耐えうる材質をご存知でしょうか?
  
  ご教示のほど宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

参考までに

JESCOでは、現在の受入(高濃度PCB)条件として、樹脂製保管容器の受入を認めておりません。

将来変更緩和される可能性はありますが、PCB汚染物の処分の困難性を考慮されるならば樹脂性以外が賢明でしょう。

URLのQ10をご参考に。

参考URL:http://www.jesconet.co.jp/customer/faq.html

Qダイオキシン類の吸着について

水中(無極性溶媒中)のダイオキシンはテフロン等に吸着しやすくく、ガラスには吸着しにくいと言うのを聞いたことがあります.この現象はテフロンのC-F結合の強い電子吸引性が
何か関係しているのでしょうか?また、活性炭等によるダイオキシン吸着のメカニズム(物理or化学吸着?その他)を教えて下さい.

Aベストアンサー

 ダイオキシンがガラスよりテフロンに吸着されやすいというのは確かにそうなのでしょうか?通常はテフロンは物質を吸着しにくいので、微量分析には好んで使われる素材なのですが…。もしダイオキシンがテフロンに吸着されやすいとしたら興味深いことなので、文献などわかったら教えていただけますか。

 活性炭によるダイオキシンの吸着は他の有機物と同じく、物理吸着と思います。


人気Q&Aランキング