プロが教えるわが家の防犯対策術!

第二次世界大戦後にアメリカ軍は日本に対して、何かしらの支援をしてくれたのでしょうか?

A 回答 (3件)

アメリカは食糧を援助してくれました。



アメリカにとっては、戦後の余剰農産物のはけ口だった、という見方もありますが、極度の食糧不足に陥っていた日本人にとっては有り難いことでした。
「鬼畜」と呼んでいたアメリカに対する見方は一挙に好感に変わりました。

ソ連は、日本に援助するどころか、大陸で捕虜になった多数の日本人をシベリアで酷使しました。
敗戦というドラスティックな環境のもとでも、日本が共産主義化することがなかったのも、このアメリカの食糧援助があったからだと思います。

同時に、パン食の普及活動など、後々の穀物販売の布石もちゃっかりやっていましたが…。
    • good
    • 0

資金投資もされましたよ。



食料なんかも大量に。
    • good
    • 0

戦後直ぐ救援物資は横浜港に届いています。

大火災ではアメリカ軍が大型消防車を派遣しており今でも火災訓練には参加しています。数々の自然災害でも救援活動をしておりヘリで急病人を運ぶこともあります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング