フランス語講座のメルマガを受信しています。

Le serpent qui ne peut changer de peau, meurt. Il en va de meme
des esprits que l'on empeche de changer d'opinion : ils cessent
d'etre esprit.

 上の文で、l'on とありますが、なぜ、定冠詞をつけるのでしょうか? on ではなく、l'on である理由は何なのでしょうか?

 恐れ入りますが、平易な表現での説明をお願いします。

 

A 回答 (2件)

もし、l'on ではなく on のままですと、que のあとですから、qu'on となって、[コン] と発音されてしまいます。

ところが、フランス人はこの [コン] という発音を意識的に避けるのです。

その理由は、フランス語で [コン] と言うと、con を連想するからです。con の意味は辞書をご覧になればわかることですが、女性性器を指します。それを避けるために、わざわざ l' をつけて que l'on と表現するのです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。どおりで、ネイティブの表記で、qu'onという表記を見ることがなかったんですね。。。

お礼日時:2007/09/26 16:40

これはqueとonのエリジョンを避けるためのようです。



参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa967945.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

リンク、ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/26 16:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語の l’on

例えば
des gens que l’on ne connaît pas

ce que l’on fait,
の場合の l’on の
l' の使い方が分かりません。
どういう時に使うのか。
どうしてonより前にくるのか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらで。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3364727.html

Qフランス語のonについて

Onがl'onになるときはどういうときなんですか?
queの前にくるときはqu'onではだめでしょうか?

Aベストアンサー

フランス語では qu'onとすると 隠語であるconと同音になってしまうんですよ。これを避けるために que l'onが よく使われますね。

Qフランス語の文法

こんにちは。

フランス人とメールをしていて気になったことがあったので質問させてください。

je pense que l'on va bien s'entendre.

の文中のl'onのLの意味はなんでしょうか??

ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

語源的なことから話すと長くなりますからできるだけ簡略に説明しますと、この《l'》は「調音上の《l'》(l euphonique)」と呼ばれているものです。et, si, ou, ou(←これは場所の疑問詞のouです), qui, que, quoi (lorsque)のあとで母音が続くのを避けるために用いられますが、ほとんど書き言葉の世界でのことです(まれに話し言葉でも用いられるそうですが)。従って、この《l'》にはなんら意味はありません。
ただし、onに続く文中でle,la,les(3人称の人称代名詞)の前ではl'onとはならずonとなります。例:Il a pense qu'on l'a vu tomber dans la rue.(彼は通りで転んだのを見られたと思った。)
ですから、関係代名詞や接続詞のqueとonがエリジオンしてqu'onとなることは非常にまったく大変よくあることで、そのたびに仏語でconを連想する人なんていませんよ。
メール相手のフランス人が使っているということだそうですが、これから推測できることは相手のフランス人は、ある程度以上の教養があり、書き言葉に配慮する人だと思えます。

語源的なことから話すと長くなりますからできるだけ簡略に説明しますと、この《l'》は「調音上の《l'》(l euphonique)」と呼ばれているものです。et, si, ou, ou(←これは場所の疑問詞のouです), qui, que, quoi (lorsque)のあとで母音が続くのを避けるために用いられますが、ほとんど書き言葉の世界でのことです(まれに話し言葉でも用いられるそうですが)。従って、この《l'》にはなんら意味はありません。
ただし、onに続く文中でle,la,les(3人称の人称代名詞)の前ではl'onとはならずonとなります。例:I...続きを読む

Qフランス語文法、ce queの用法を教えて下さい

qui やqueなど文中で使われていますが、ce queとどう違うのかがわかりません。
何で ceがつく場合と付かない場合があるのですか?

目的語?の場合はceが付くとか聞いた事がありますが、
より分かりやすく教えて頂けませんか。

残念ながら英語が不得手ですので、英語に置き換えての説明以外で教えていただける方。

頭のいい方からすれば、こんなのも分からないの?とお思いになるかと思いますが、
宜しくお願い致します。

例えば、こんな時は必ずなど、文法的に難しい説明ではなく、実は簡単なルールや
法則があるなどありましたら助かります。

Aベストアンサー

例えば

1) Que voulez-vous ? あなたは何を望むのですか

という疑問文があったとして、これに je me demande(私は自分に問う→~のだろうか)を付けるとき、直接 *Je me demande que voulez-vous. とか *Je me demande que vous voulez. 付けて言うことはできず

Je me demande ce que vous voulez. あなたは何を望むんだろうか

のように ce を介してさらに語順を平叙文の vous voulez にしなければなりません。多分これが「目的語の場合」ということでしょう。疑問文が動詞の目的語になっているということで、これを間接疑問と言います。同様に

2) Qu'est-ce qui est arrivé ? + dites-moi
→ Dites-moi ce qui est arrivé. 何が起きたか教えてください

3) Qu'est-ce que c'est ? + il sait
→ Il sait ce que c'est. 彼はこれが何か知っている


1)では que「何を」が ce que に、2)では qu'est-ce qui「何が」が ce qui に、3)は qu'est-ce que「何(être の属詞)」が ce que に変わっています。

「何を」には qu'est-ce que という長い形もありますが(Qu'est-ce que vous voulez ?)これも ce que になります。

「何が」には一語ですむ短い形はありません。

属詞の「何」の短い形 que も ce que に変わります。ただし「これは何ですか」を短い形で Qu'est-ce ? ということはほとんどありません。


この形は「何が/を」のときに使うもので、「誰」のときには ce を介することはありません。Qui cherchez-vous ?「誰を探していますか」に dites-moi を繋ぐときは

Dites-moi qui vous cherchez.

qui はそのまま語順を平叙文にします。


他に、ce + 関係代名詞 の形で「~するもの」のように使ったりもします。

例えば

1) Que voulez-vous ? あなたは何を望むのですか

という疑問文があったとして、これに je me demande(私は自分に問う→~のだろうか)を付けるとき、直接 *Je me demande que voulez-vous. とか *Je me demande que vous voulez. 付けて言うことはできず

Je me demande ce que vous voulez. あなたは何を望むんだろうか

のように ce を介してさらに語順を平叙文の vous voulez にしなければなりません。多分これが「目的語の場合」ということでしょう。疑問文が動詞の目的語になっているということで、...続きを読む

Qフランス語の「~こと」、「ce que」と「que」について

フランス語の文の繋ぎ方(?)「ce que」と「que」についてなのですが、

(1)Vous voyez ce que je veux dire.
私が言わんとすることはお分かりでしょう。

(2)Je vois bien que j'ai tort.
私が間違っていることは十分分かっています。

なぜ前者は ce que というように ce が入っているのに、 後者は que だけでそれぞれ繋がっているのですか?
前者はce que にしなければならないのでしょうか?前者を que にしたり 後者を ce que にすることは可能なのでしょうか?

教えてくださいっ。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

どちらも「こと」と訳しますが、ちょうど英語の what と that のような関係です。

Vous voyez ce que je veux dire.
You know what I want to say.

Je vois bien que j'ai tort.
I know well that I am wrong.

同じ「こと」でも ce que は続く文の成分(目的補語など)になり je veux dire quelque chose「私は何か言いたい」の quelque chose が ce que になり前に出たものと考えられます。これを英文法では「what は先行詞を含む関係代名詞」とか「what の後には不充分な分が続く」などと表現します。

que は「~ということ」と言い換えられます。ce que をこう訳すと変になります。

「私が間違っているということはよく分かっています」
「私が言いたいということはお分かりでしょう」←言いたい内容が述べられていない。

que (=that) は接続詞で、英文法ではよく「後に充分な分が続く」と言われます。

どちらも「こと」と訳しますが、ちょうど英語の what と that のような関係です。

Vous voyez ce que je veux dire.
You know what I want to say.

Je vois bien que j'ai tort.
I know well that I am wrong.

同じ「こと」でも ce que は続く文の成分(目的補語など)になり je veux dire quelque chose「私は何か言いたい」の quelque chose が ce que になり前に出たものと考えられます。これを英文法では「what は先行詞を含む関係代名詞」とか「what の後には不充分な分が続く」などと表現します...続きを読む

Qフランス語のsoitの意味について

下のフランス語の文章でのsoitの用法や意味がよく分からないので、文章全体の訳も含めて教えて下さい。

Pierre et Anne au de´but des anne´es 2001, soit au moment ou` l'idylle aurait eu lieu.

Aベストアンサー

参考程度に聞いてください。
soit自体に意味はないです。まず普段聞かないです。(←聞き取れなかったかもしれないですけど…。)つまり文章で成り立つ言葉とでも解釈すると気が楽になります。
『すなわち』『つまり』など日本語でも普段なら『だから』に落ち着く様なものです。
『すなわち』とはどういう意味と外人に説明を求められても答えにくいモノですよネ。

なので
ピエールとジャンヌが2001年に始まった、すなわちこの時に恋におちた。
が訳になります。

Q次のフランス語の文章中の「d'」の意味を教えてください

フランス語の初級者で、NHKラジオ講座で勉強中の者です。

Qelle est la population de la Colombie?(コロンビアの人口はどれくらいですか?)
という問いかけに対して、
Sa population est d'environ 48 millions d'habitants.(その人口は、およそ4800万人です。)
と答える文章に出会いました。
1. d'environの 「d'」は、品詞は何で、どういう意味ですか? また、これは、無くても良いような気がしますが、なぜ、必要なのでしょうか?
2.d'habitantsの 「d'」は、品詞は何で、どういう意味ですか? また、これは、なぜ、必要なのでしょうか? もし無いと、どうなりますか? 文の中で、どういう働きをしているのでしょうか?

フランス語にお詳しい方、ご教示かた、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

1. d'environ の de
ここでは、補語(属詞)ですね。
「人口」が「およそ4800万」という数字であるはずはないので、形容詞的にする必要があります。
英語で言えば、of +抽象名詞で形容詞扱いにするのと同じです。
類例を挙げておきましょう。
Sa capacité est de 565 millions m³, la superficie est de 14,2 km², et son hauteur est de 726 mètres.
「体積は...、表面積は...、高さは...」
La température est de 20 degrés.
「気温は20度」


たとえば、考えてはどうでしょう。
le voyage de 14 jours 14日の旅行

これを主語と補語(属詞)に分離すると、
le voyage est de 14 jours. 旅行は14日だ

de が出てきますね。



同じように、
population de 27 mille habitons 2万7千人の人口
La population est de 27 mille habitons 人口は2万7千人だ。

ね、de が必要でしょ?


数字以外ではこういうのもあります。
Le ciel est de couleur bleue.
「空は青い色をしている」


英語や日本語では出てこないし、「無くても良いような気が」するかもしれませんが、フランス語では必要です。



2.d'habitants の de
これはくだくだ説明するより、million 以上の桁を表す数字の特殊性によると思って下さい。
million, milliard などは de を挟んで名詞が来るのです。
deus millions de francs 200万フラン
un million d'hommes 100万人
un milliard d'euros 10億ユーロ

1. d'environ の de
ここでは、補語(属詞)ですね。
「人口」が「およそ4800万」という数字であるはずはないので、形容詞的にする必要があります。
英語で言えば、of +抽象名詞で形容詞扱いにするのと同じです。
類例を挙げておきましょう。
Sa capacité est de 565 millions m³, la superficie est de 14,2 km², et son hauteur est de 726 mètres.
「体積は...、表面積は...、高さは...」
La température est de 20 degrés.
「気温は20度」


たとえば、考えてはどうでしょう。
le voyage de 14 jou...続きを読む

Qフランス語でCoucouってどんなニュアンスで使われるの?

ヨーロッパのオフィスからSeason's Greetingsのカードが届いたんですが、

Coucou「私の名前」et「名前」,
Joyeux noël et une bonne année 2005!! .....

と書かれていました。文頭はわかるのですが、名前のところのCoucouを調べたものの、Jokeなのかバカにしてるのか、ニュアンスがわからず戸惑っています。

どんな時にどんな感覚でCoucouって使うのでしょうか?今フランス系の方が休暇でいないので聞けない状態です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
私がフランスに滞在していた時、
フランスでは子どもたちがよく
「coucou ○○!」と挨拶をしてくれました。
「ククー」と発音します。

手紙やメールの書き出しにもよく使われています。
日本人が「こんにちは」というかわりに
「やっほー!」とか、「はろー!」と言うようなくだけた言い方です。とても親しみを込めている表現ですよ。

Qフランス語、enchanteはもう古い?

初対面の人との挨拶にenchante(e)という言葉を使いますが、
フランス人の先生に、もうこの言葉は古い、
単にBonjourと言うのが今の挨拶だというようなことを
言われました。

私は全くそんなことを知らなかったので、
普通に使っていたのですが、
21世紀のフランス語事情として、
もうこの言葉はあまり使われていないのでしょうか。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問:
<もうこの言葉はあまり使われていないのでしょうか。>

そんなことないですよ。たまに耳にしますし、使うこともあります。

1.確かに、仕事などの公的な場面でもBonjourで事足りるようになっています。ビジネスでは、あまり堅苦しくなく気を許しあってビジネスしましょう、という一種の見せかけのポーズの役割にもなっています。

ビジネスがアメリカナイズされてきた影響があるのかもしれません。

2.ただ、Enchanteを使う人がいても、こちらが使ったとしても、正しい仏語を使っていると思いこそすれ、誰も「古い」「時代遅れ」などと思いません。

3.もちろん状況によりけりで、パーティなどのプライベートな紹介場面では、あまりenchanteは使いません。若者の間では初対面の相手でも、気軽にBonjour!、Salut!などが粋な挨拶になります。

4.一方、相手に敬意を表したい場合は、ちょっときざなニュアンスで使われたりします。例えば、プライベートな紹介場面でも、男性が初めて会う女性に惹かれたり、自分を印象づけたい時は、キザっぽくEnchanteと言ったりします。しながら手の甲にキスしたり、キザを演出している感じです。

5.外国人がフランスでEnchanteを使って、笑われたり眉をしかめられたりすることはまずありません。「礼儀正しい」というプラス評価があるだけです。

日本でも、初対面でも「はじめまして」を使うことも少なくなりましたが、外国人がプライベートな場面で「初めまして」を使ったとしても、「正しい言葉遣い」と感心すれど、「変」と思う日本人はいないと思います。

6.ちなみに、フランス人でも、厳格できっちりしたフランス語を話す人は、Enchanteを好む人が多いように感じます。

7.また、敬意を必要とする場面や、大事なビジネスシーンでは、「初めまして」をEnchanteの代わりに、Tres heureux(se)「お会いできて光栄です」を使う人もよく見かけます。個人的には、仕事ではEnchanteよりもTres heureuseの方を多用しています。が、通常はやはりBonjourで済ませることが多いです。

8.以上から、EnchanteやBonjourは、相手との距離感や状況によって、フランスでは主観的に使い分けている、と言えます。

9.そのフランス語の講師の方は、Bonjour派か、あまりEnchanteやTres heureux(se)を使う機会のない方なのだと思います。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問:
<もうこの言葉はあまり使われていないのでしょうか。>

そんなことないですよ。たまに耳にしますし、使うこともあります。

1.確かに、仕事などの公的な場面でもBonjourで事足りるようになっています。ビジネスでは、あまり堅苦しくなく気を許しあってビジネスしましょう、という一種の見せかけのポーズの役割にもなっています。

ビジネスがアメリカナイズされてきた影響があるのかもしれません。

2.ただ、Enchanteを使う人がいても、こちらが使ったとしても、正しい...続きを読む

Qフランス語で日本の住所を表記したいのですが

こんばんは。
〒239-0807
かながわけん よこすかし ねぎしちょう
です。
教えて下さい。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
下記でいかがでしょうか。

(番地) Negishi-cho, Yokosuka-shi, Kanagawa-ken, Japon (code postal: 239-0807)

番地が最初にくること、郵便番号も最後にくることが多いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報