「conference room」と 「 meeting room」
どちらも会議室と訳せますが、
よく会社の会議室のドアのプレートとして書いてあっておかしくないのは、どちらでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

big large」に関するQ&A: It's a big too large.

A 回答 (7件)

こんにちは。

 #1で実に的確な指摘がされています。 これをWebster’s New World Dictionary では、次のように説明しています。

Conference: A formal meeting of a number of people for discussion or consultation

Meeting: A gathering, especially to discuss or decide on matters

公式の会議で、人数もある程度以上のものをConferenceといっています。 ルー大柴さんのいう《かわい子ちゃん、俺とトゥギャザーしようぜ》はmeetingということでしょうか。
    • good
    • 2

アメリカに住んで40年目になりました。

 これらの単語をほとんど毎日のように使っていますので実際にビジネスで使われていると言う視点から何か私なりにお手伝いできるのではないかと思います。

根本的には違いはありません。 

つまり両方の単語を使います。 

conferenceと言う単語がbusiness conferenceの様な、コンベンションとかの催しの事を言っているのであれば、セミナーなども出来る大きな部屋であればconference roomと呼びmeeting roomとは余程のことがないと言わないですね。

しかし、同じ規模の展示会などで展示している側と買い手側やマスコミとのミーティングをもっとプライベートに話あるいは会議やインタビューが出来るような部屋を用意しているときがあるわけですが、そのような部屋はmeeting roomと呼びます。

しかし会社においての「会議室」、つまり、大きなテーブルと椅子があり、黒板・白版、投影機・スクリーン、コーヒーやカップ、ソーダポップスやウオーターボトルなどを入れておける小さな冷蔵庫やカウンター、照明のレベルを変えられるスイッチ、コンファレンスコールが出来る電話機やビデオカンファレンス機、プレゼン用のコンピューターなどを備えており会議が出来る部屋、また、接客部屋としても使える(普通応接室は原則としてありませんのです)部屋、また、時には社員でも他の会社会社から来ている人がちょっとした仕事が兼用もできる部屋、などをこちらではconference roomないしmeeting roomと言っています。

つまり、会議(ミーティング)用だけでなく、接客ないし臨時事務仕事場のためにもこの部屋は使われるわけですね。

会社によってMeeting Roomとプレートがつけられているところもありますし、Conference Roomとプリントされているところもあります。 両方の単語の頭は大文字になります。

ただ、イメージとしてほんの少しですが、Conference Roomという名称の方がやはりビジネス的ですね。

しかし、プレートにはどちらかが使われていても、実際に表現として使われるときにはどちらの表現も使います。 Conference RoomとなっていてもLet's move to Meeting Room #3とかMeeting Roomとなっていても、Let me check if the conference room is now available.とかI have reserved the conference room for us.と言う表現としても「互換性の高い」表現だと言う事なのです。 つまり、Meeting Roomとしなくてはいけない、と言う事ではないわけです。 もちろん、Conference Roomとしなくてはならないと言うことでもありません。

さらに、自分の部屋で話し合いをしていても(つまり、個人会議室になっているわけですね<g>)、書類の量が多く大きなテーブルが必要な
テーブルや必要だと言う理由だけでも、Well, maybe a better idea to use a big roomと言うように、単なるbig roomと呼ばれるときもあるわけですね。 (ただ、Big Roomと言うプレート名はしないですが)

つまり、その会社会社によって呼び名が変わっていたり、また、その呼び名になれた人はプレートがなんて書いてあっても自分の好きな名前が使われるわけですから、あまり気にしなくてもいいと思います。 (ただ、私が決断を下すのであれば、Conference Roomとするでしょうね。 それが私のこの部屋に対して持っているフィーリングだからです)

参考になりましたでしょうか。 理解しにくいところがあったり追加質問がありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。
    • good
    • 10

四番です。

こんな定義でどうざんしょ?

「Meeting Room」では「Conference」は出来ない、普通は!

「Conference Room」で「Meeting」は出来るけど、何だか居心地が悪い!
    • good
    • 1

「meeting room」で思い浮かぶのは、外部のお客様と商談する四人から六人掛けテーブルと若干のスペースのある小さめの応接室。



「conference room」、勿論、内部同士や・外部のお客様と或る程度の人数で打ち合わせ・会議する部屋、上記の「meeting room」が満室の場合は、代役をすることもあるが、広すぎると二人や三人の出席では間が持たない(持てない)ことになる位広い部屋もある。
    • good
    • 1

はじめまして。



ご質問:
<よく会社の会議室のドアのプレートとして書いてあっておかしくないのは、どちらでしょうか?>

conference roomです。

ドアにプレートを貼るという条件ですから、「正式な」会議に使う部屋のことになります。従って前者が正しいでしょう。

ちなみに、その部屋で
1.TV会議をする
2.発注側であるクライエントの前でプレゼンをする
3.受注側であるクライエントがプレゼンをする
4.プロジェクターや視聴覚機材などを使う会議をする
などの条件に当てはまれば、conference roomで間違いありません。

以上ご参考までに。
    • good
    • 1

こんにちは。



conferenceの厳密な意味は
a large formal meetingですが、meetingという表現も大きな会議や正式なものにももちろん使われますので、大きな区別は必要ないと思います。
ただ、米国でも、10人ほど収容できる部屋もconference roomと表記されていますし、こちらのほうが一般的なのでしょう。
厳密な区別はさておき両方とも使えますが、conference roomはよりformal、meeting roomは口語的な表現でいいのかなという印象です。
あと、面談(1対1)などの少数の会合はmeetingという表現を主に使います。
    • good
    • 0

conference はもともと大きな公式の会議で何日間か続くもの あるいは重要な議題を話し合う公式な会議 を指します。



meeting はそれほど大きなものではなくちょっと人が集まって何かを議論したり決めたりすることです。

会社の会議室の使用目的 あるいは 部屋の大きさなどの規模によってお決めになられたら良いのではないでしょうか。

ご参考までに。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「第二会議室で」はどう言いますか?

「10日水曜日15時から、第二会議室にてAセクションとのミーティングをアレンジしました」と言うには、以下の文章でいいのでしょうか。。。

Meeting with Section A has been arranged for Wednesday the 10th from 15:00 in a meeting room #2.

特に「第二会議室にて」というのは、in a meeting room #2 それとも at でしょうか。素朴な疑問なのですが、ずっと適当に使いつづけているので、正しい言い方が知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

in が正しいです。この場合は部屋の中で行われるわけですから。

もう少し言ってみるなら、
A meeting with Section A has been arrangened for Wednesday the 10th, from 3 PM in the meeting room (conference room) #2.

Meeting Room #2 は、どこかにあるひとつの部屋ではなく、特定の部屋を示しているので、theです。

後は余計かもしれませんが、15:00というのは、分かる人と分からない人がいる(日本では誰もが理解しますが、他国の人は、軍関係だったりしないと理解しなかったりすることがあります)ので、3PMと表現したほうが明確かもしれません。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Q急いでいます。XDWファイルの開き方教えてください。

急いでいます。XDWファイルの開き方教えてください。

メールに添付されたファイル(拡張子XDW)を開こうとすると
「指定されたファイルに対してこの操作を行うプログラムが関連つけられていません。
コントロールパネルの[関連付けを設定する]でプログラムを関連づけてください。」と出ます。

調べて、フジゼロックスの Docu Worksというソフトをダウンロードしてみたんですが
(したつもりですができてるのか…??)なにも変わりません。

関連付けの方法はここを見ましたがよくわかりません…
http://homepage3.nifty.com/nanahoshi/filetype/filetype.html

これが見れるまで、寝られなそうです…
もしわかる方いらっしゃいましたら助けてください。

Aベストアンサー

http://docuworksn.blog108.fc2.com/blog-entry-2.html

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Q建築用語の英語翻訳がわかりません。

建築用語の翻訳がわかりません。どなたか教えて頂けますでしょうか??

建築の勉強をしている者ですか専門用語のため辞書に載っていないものがあり質問させていただきました‥図面等に記載する際の省略系も分かると嬉しいです。調べた所下記のようになりましたが詳しい方の訂正アドバイス等頂けたら幸いです。。宜しくお願い致します。

1)表紙=Cover
2)特記仕様書=Special specifications
3)建築概要=outlinev.mcd
4)仕上表=Finish table
5)求積図=Getting product
6)配置図=Arrangement chart
7)平面図=Plan
8)屋根伏図=Roof plan
9)立面図=elevation
10)断面図=(Cross)Section
11)詳細図=Detail(ed chart)
12)展開図=Development chart

Aベストアンサー

こんにちわ。 

1)表紙というタイトル名は実際の図面一式には用いられないでしょう(そのプロジェクトの名前を書いたりします:Project Title)が、行政などが提出する図面一式などを列挙するときに「表紙」と書く場合は Cover Sheet などといっているようです。

2)これは内容によるでしょうが、「特記」ゆえspecialではなく、内容からしたら Additional Specifications あたりの方ががいいかと(もちろん specialも可とは思いますが)。

3)これも内容がわかりません(概要とは何をいうか?)が、それによって、Outline (of 建物名), General Information など。

4)Finish Schedule (建築の学生なら、このsheduleという語は建築英語でよく出てくるので覚えておくといいでしょう。他: Shop schedule など)

5)これは、建築求積図ですか敷地求積図ですか? この図面の用語に米国で出くわしたことないです(多分、これに提示される情報はその他の図面にて提供されているのでは?と思います。Plot Plan とか Site Planのようなものに)。また、そこに提示される上方は図だけですか?表も入りますか? Area estimation diagram/tableなどといった英語が日本ではあてがわれているようですが・・・・?

6)Layout, Plot Plan など

7)Plan は意味するとろが広いですから、Floor Plan

8)OK

9)OK

10)Section

11)Detail

12)何の展開図かによって Extended elevation など。

また、実際図面を書くときには、例えば、その図面に展開図が複数ある場合は複数形に(Elevations, Details, Sections など)。

学生なら、米国の行政機関がだしている指示書のようなものをGoogle して、単語だけでなく、どのような表現がなされているかをよくインプットしておくと今後に役立つと思います(list of constrcution documents/drawings などであたればいろいろ情報取れるはずです)。

ご参考になれば。

Don't build structures; build dreams!

こんにちわ。 

1)表紙というタイトル名は実際の図面一式には用いられないでしょう(そのプロジェクトの名前を書いたりします:Project Title)が、行政などが提出する図面一式などを列挙するときに「表紙」と書く場合は Cover Sheet などといっているようです。

2)これは内容によるでしょうが、「特記」ゆえspecialではなく、内容からしたら Additional Specifications あたりの方ががいいかと(もちろん specialも可とは思いますが)。

3)これも内容がわかりません(概要とは何をいうか?)が...続きを読む

Q上司に「ご報告まで」は失礼?

上司に対して些細な事をメールで報告する時に
メールの最後に「ご報告まで」と付けるのは失礼ですか?

「ご報告までです」ならOKですか?

Aベストアンサー

「ご報告まで」は「ご報告まで申し上げます」の省略形です。
上司に対しては失礼です。
「ご報告までです」は日本語としておかしいです。
省略しないで元の形のままにするか
「ご報告いたします」
「ご報告申し上げます」
でお願いします。

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報