市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。



この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。
    • good
    • 6

ソフトウェアのライセンスは、ご存知のとおり、使用許諾権という権利になります。

そして、このライセンスを手に入れる方法には、おおむね次のふたつがあります。

1.代金を支払ってライセンスを購入
2.毎月(毎年その他)定期的にライセンス料を支払う

このうち、1は、無形固定資産区分の「ソフトウェア」に計上しなければなりません。なぜなら、ライセンスの購入は、「財産権という資産の取得」になるからです。ただし、税法基準などでで、一定の額未満なら即時費用化して構わないものとされています。

他方、2は、「支払手数料」などに計上して構いません。
    • good
    • 3

うちの会社の場合はソフトウェアは「ソフトウェアの資産」として動産扱いになっています。

小額資産は損金参入できるので税法上はあんまり関係ないかもしれませんが、20万円超えると償却しなくちゃいけなくなるので、動産にしないと税務署から突っ込みくるかもしれません。

なお、権利は物品が無くても動産となりえます。電話の加入権なんて「紙切れ」すら存在しないですよね。
    • good
    • 4

↓を少し修正します。



>>したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。

⇒したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら少額の減価償却資産ということになり、支払手数料でも消耗品費でも雑費でかまいません。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q支払手数料の経理処理について教えてください。

当方個人事業主で、会計ソフトを使用して帳簿付けをしており、
以下、支払手数料についてわからなく質問させてください。


1,去年12月10に、売掛金¥1000が発生。

※去年の帳簿に、以下を入力
12/10 売掛金1000/売上高1000



2,今年2月に支払手数料210が差し引かれた¥790が銀行口座に振り込まれる

※今年の帳簿に、振替伝票で以下を入力
普通預金 790 /売掛金1000
支払手数料210


これを試算表で確かめたところ、
今年2月の経費に¥210が入ってしまっておりますが、これで問題ないでしょうか?
問題ある場合、上記帳簿付けをどのように変更すればよろしいでしょうか?


売掛金として計上したにもかかわらず、
支払手数料の¥210が去年ではなく今年の経費として入ってしまっているので不安になりました。

ご存知の方おられましたらご回答いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>2,今年2月に支払手数料210が差し引かれた¥790が銀行口座に…

支払手数料って何ですか。
銀行の振込料のことですか。

>※今年の帳簿に、振替伝票で以下を入力…

科目としての支払手数料は、自分の意思で支払った場合です。

支払われるお金から勝手に引かれたのは、「売上値引」です。
鞄を提げて集金にいったら「少し負けてよ」といわれて安くしてあげたのと同じです。

【普通預金 790円/売掛金 790円】
【売上値引 210円/売掛金 210円】

>今年2月の経費に¥210が入ってしまっておりますが…

値切られたときの経費でよいです。

ついでに言っておくと、仕入れや経費の支払いの際に、
・振込手数料を負担・・・「支払手数料」・・・経費科目
・少し値切って支払った・・・「仕入れ値引」・・・収入科目
です。

Q実際の手数料と違う手数料を差し引いて買掛金を振り込む仕訳

買掛金を振り込みますが、実際は756円なのに864円を差し引いて振り込んでいます。

実際にかかった756円は翌月に口座から引き落とされます。経理処理をおしえてください。

Aベストアンサー

買掛金10万円を支払うときの仕訳の一例です。

・買掛金を支払った日

買掛金 100,000 普通預金 99,136
         未払金    756
         雑収入    108

(相手負担の振込手数料は貴方側では費用として認識する必要はなく、銀行への未払金に振り替えておきましょう。差額の108円のみ収益とします)

・手数料が引き落とされた日

未払金 756 普通預金 756

Q収入印紙 例えば領収書に貼る収入印紙は、何に対する手数料なのでしょうか? 収入印紙は租税や手数料

収入印紙

例えば領収書に貼る収入印紙は、何に対する手数料なのでしょうか?

収入印紙は租税や手数料の徴収のために国が発行する証憑であるということ
というのはサイトで見ましたが、手数料が発生する意味がわかりません。

どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

他の回答により、手数料ではなく税金(印紙税)だという説明に理解されたと思うのですが…では「なぜ税金をかけるのか?」です。それは税金確保のために取れるところ(お金がからむ契約)から取っておこう、ということでしょう。
印紙収入は年に10,350億円あり、たばこ税より多く、酒税や自動車税よりも少ない程度です。結局はなぜ、たばこ・お酒・自動車に税をかけるのか、という話と同じようになってきます。

Q会計ソフトに入力する際、振込手数料を引かれた場合について

自営業をはじめ、今年から青色確定申告を行う予定です。
勉強不足やわかっていないところもあり無知で申し訳ないのですが、割やすく教えていただけると幸いです。

今お仕事をもらっている会社で、年度末の支払調書は発行するものの月々の請求書や明細書を発行してくれないところがあります。(月何個と決まっているので、売上個数や売上金額がわからなくなることはありません)
毎月売上が振り込まれる際、振込手数料を引かれた金額が振り込まれているのですが
会計ソフトに打ち込む場合は振込手数料を引いた振り込まれた金額を売上とするのか、振込手数料を引かれる前の金額を売上として打ち込むのかどちらがいいのでしょうか。
後者の場合、実際に入ってくる金額にズレがあるのですが、振込手数料をそのなかから自分で計算して別に打ち込むなど何か必要な手順はありますでしょうか?

Aベストアンサー

原稿料でしたら確かに、請求書等のやり取りをせず支払通知書で済ませてしまうケースが少なくありませんし、それすらないケースも聞きます。

売上は、振込手数料控除前の金額で計上してください。それが簿記会計上あるべき処理だからです。売上値引が正しいとする回答があるようですが、支払手数料などで計上しても税務では値引きとして扱うというだけの話であり、誤りです。なお、ご存じと思いますが、振込手数料のほか、源泉所得税も控除される前の金額で売上を計上することになります。

控除された振込手数料は、入金日に次の仕訳を切れば大丈夫です(科目と金額は一例)。
(借方)
普通預金 4,160
支払手数料 840
(貸方)
売掛金 5,000

なお、月何個と決まっているのでしたら、締日の設定は、なるべくなら先方の締日に合わせることをお勧めします。そうすれば、原稿料の入金時に一部入金漏れがないかどうかを確認しやすくなります。先方の締日は、問い合わせれば教えてもらえると思います。

Q顧問料の振込手数料はどちらが負担するべきでしょうか

請求書には特に振込手数料負担の件は記載されておりません。
『顧問料の振込手数料は振込者が負担しなければならない』と聞いたことがありますが、そのような決まりがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

支払は本来支払う側が受け取る側を訪問して現金で支払うのが本筋です。

掛取りが集金に回るのはあくまでも集金側のサービスです。
したがって、銀行振り込みで支払う場合には振込手数料は振り込む側が支払うというのが基本です。

http://blogs.itmedia.co.jp/tooki/2012/05/post-3346.html
民法485条は「弁済ノ費用ニツキ別段ノ意思表示ナキトキハ其費用ハ債務者コレヲ負担ス。」としています。 振り込み費用は、「弁済の費用」にあたります。 ですから、「債務者」が負担するのが原則です。

蛇足ですが、弁済の方法は相手の所へお金を持参するのが原則です(民法483条、商法516条)。 つまり、集金にきてもらえることは、法律上は相手のサービスなんです。

Q経理 科目処理

法人です。車両を購入しましたが、会社に金銭的余裕が無く役員個人から借り入れ購入しました。
社員が営業用に使用しますが私的な部分もあるので役員個人へ返済するために使用期間の間、半額程度の金額を月割りで負担してもらい給与から毎月天引きして金融機関の個人定期預金を組み返済に充てることにしました。
このことに問題があるのかどうかと、天引きしたときの(預りの形ですが)科目設定と預金預け入れの時の科目処理が複雑になってしまい困惑しています。
ご教示やご提案をお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。

会社が役員個人の名義の積立預金をする、ということ自体は、役員の同意を得られるなら違法ではないでしょうが、不自然ではあります。余計な誤解やトラブルが生じるのを避けるため、やめておく方が良いように感じます。ここは、ストレートな処理が良いのではないでしょうか。

・役員から資金を借り入れます。
〔借方〕現金or預金☆☆☆☆☆/〔貸方〕役員借入金☆☆☆☆☆

・会社が自動車を購入します。
〔借方〕車両・運搬具☆☆☆☆☆/〔貸方〕現金or預金☆☆☆☆☆

・社員の給与から毎月、賃貸料を天引きします:
〔借方〕従業員給与◎◎◎/〔貸方〕賃貸料◎◎◎

・賃貸料を財源として毎月、役員に返済します。
〔借方〕役員借入金◎◎◎/〔貸方〕現金or預金◎◎◎
※役員に現金を渡しても良いし、役員の預金口座へ振り込んでも良い。

Q不動産会社の経理処理について

不動産会社で、物件のオーナーへの支払業務を担当しています。
できましたら、この質問への回答は、不動産会社で経理をしている方からのものを
希望致します。

実は、自社の処理がおかしいのではないかと思われる事があり、
他の不動産会社では、以下のような場合、どのような処理をされているのか
教えて頂きたいと思っております。

例)ある入居者(以下、Aとします)が退去した後、過失工事代を請求され
  Aは、過失工事代を工事請負会社(以下、Bとします)に振込しました。

上記の場合において、当社では、過失工事代をオーナーの収入に計上しています。
実質、Bの売上になるはずのものを、なぜオーナーの収入にしているのか?
確定申告時に課税され、オーナーとしては損する事になると思うのです。

恐らく理由があってこのような処理をしてきたのだろうと思うのですが、
事情があって、まだ社内での確認はしていません。

他社で経理を担当している方のご意見をお聞かせ頂きたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Bに工事代金を支払う義務があるのはオーナー。
AとBは契約上まったく関係ない。

本来はAがオーナーに支払って、オーナーがBに支払うのが筋道。
面倒だからAがBに直接渡しただけ。

会計処理としては本筋でオーナーを経由した事にして収入(Aからの受け取り)と支出(Bへの支払い)としてあつかう。

>確定申告時に課税され、オーナーとしては損する事になると思うのです
出入り同額なのだから課税されないし損もしない。

Q経理処理について教えてください

小さな会社の経理事務を担当しています。
下記の場合の処理について教えてください。

***************************************************
A社より依頼をうけ個人のカメラマンさん2名(Bさん、Cさん)に撮影をお願いしました。

Bさんより請求:16,200円(撮影費 15,000円 + 消費税)
Cさんより請求:21,200円(撮影費 15,000円 + 消費税 + 5,000円の備品を購入)

Bさん、Cさんには上記金額を支払済み。
A社にはCさんが立替購入してくれた備品代を「売上」として実費請求済み。
*****************************************************
(私が考えている処理)
Bさん:外注費(撮影代)18,042円 /預り金(源泉所得税)1,842円
 =振込額 16,200円

Cさん:外注費(撮影代)18,042円 /預り金(源泉所得税)1,842円
    外注費(備品代)5,000円
 =振込額 21,200円

・いつもは消費税を抜いた金額(15,000円)から源泉税を計算し、消費税を加算して振込額としていました。今回の場合は納付額が多くなりますが、消費税込みで計算するしかないと思っているのですがいかがでしょうか。

・立替購入してもらった備品について、本来はA社、Cさんともに「立替金」として売上等に影響させないつもりだったのですが、すでに「売上」としてA社に請求済みの場合、勝手に「立替金」に変更するのはやはりまずいですよね。
A社に対し「売上」としているので、Cさんからの請求も「立替金」ではなく「外注費」にしようと思っています。

上記の処理に問題がないか、ご教示くださいますようお願いいたします。

小さな会社の経理事務を担当しています。
下記の場合の処理について教えてください。

***************************************************
A社より依頼をうけ個人のカメラマンさん2名(Bさん、Cさん)に撮影をお願いしました。

Bさんより請求:16,200円(撮影費 15,000円 + 消費税)
Cさんより請求:21,200円(撮影費 15,000円 + 消費税 + 5,000円の備品を購入)

Bさん、Cさんには上記金額を支払済み。
A社にはCさんが立替購入してくれた備品代を「売上」として実費請求済み。
**********...続きを読む

Aベストアンサー

>Bさんより請求:16,200円(撮影費 15,000円 + 消費税)

>Bさん、Cさんには上記金額を支払済み。
>A社にはCさんが立替購入してくれた備品代を「売上」として実費請求済み。
*****************************************************
>(私が考えている処理)
>Bさん:外注費(撮影代)18,042円 /預り金(源泉所得税)1,842円
 =振込額 16,200円

>・いつもは消費税を抜いた金額(15,000円)から源泉税を計算し、消費税を加算して振込額としていました。今回の場合は納付額が多くなりますが、消費税込みで計算するしかないと思っているのですがいかがでしょうか。


最初は意味が分からなかったのですが、間違えて源泉を引かずに振り込んじゃったということですかね。

Bさん、Cさんに連絡を取って、源泉分を返してくれるようにお願いしてください。 相手側も振込金額を見て気が付いているはずです。 その上で、応じていただけない場合は「外注費/振込額 16,000」で処理してしまって構わないと思います。
源泉分を御社が負担することはないし。税務調査が入ったときに「源泉徴収義務がある」とかいった問題はありますが、振込票等で徴収ミスを提示できれば、通っていく話だと思います。こんなケースで指摘された話を聞いたことがありませんし。法律通りに指摘されたとしても、その時に源泉相当額を仮払(原則本人から後で徴収する)すればいいことですし。


>・立替購入してもらった備品について、本来はA社、Cさんともに「立替金」として売上等に影響させないつもりだったのですが、すでに「売上」としてA社に請求済みの場合、勝手に「立替金」に変更するのはやはりまずいですよね。
A社に対し「売上」としているので、Cさんからの請求も「立替金」ではなく「外注費」にしようと思っています。

立替金というのは、だれが、本来だれが負担すべき支払いを立て替えているという認識なのでしょうね?
御社を中心に物事を考えると、Cさんから請求された撮影付属費用はその科目で費用処理しておいて、A社には売上金として請求すればよいと思います。

顧問税理士さんいらっしゃいますよね。このあたりの流れについてご確認されておいた方がよくないですか?

>Bさんより請求:16,200円(撮影費 15,000円 + 消費税)

>Bさん、Cさんには上記金額を支払済み。
>A社にはCさんが立替購入してくれた備品代を「売上」として実費請求済み。
*****************************************************
>(私が考えている処理)
>Bさん:外注費(撮影代)18,042円 /預り金(源泉所得税)1,842円
 =振込額 16,200円

>・いつもは消費税を抜いた金額(15,000円)から源泉税を計算し、消費税を加算して振込額としていました。今回の場合は納付額が多くなりますが、消費税...続きを読む

Q預り金での経理処理の可否について

ある同業組合の何社かが集まってインターネットセキュリティシステムの開発・運用を計画しています。開発・運用は外部の専門会社に委託します。開発・運用費用は個社が負担するのですが、参加メンバー会社は、同業組合に、定期的に集まってセキュリティ等についての情報交換、システムの運用状況、システム変更の要否の検討などを行います。こうした状況もあり、開発・運用費は個社が外部専門会社に別々に支払うのではなく、同業組合に一旦集め、支払うことを検討しています。外部専門会社との契約も当該同業組合名で行います。
この場合、この同業組合において、預り金で処理することは可能でしょうか?契約を同業組合名で行う異常、預り金ではなく、収支を立てる必要があるのでしょうか?ちなみに同業組合においてはシステムの開発・運用に関しては特別の機能を果たすことはありません。

ご教示ください。

Aベストアンサー

>契約を同業組合名で行う異常、預り金ではなく、収支を立てる…

異常→以上ですね。

まあそれはともかく、集めるお金は「会費」という収入であって、支払うお金は収益事業の「経費」でしょうね。
少なくとも預かり金ではないですよ。

>同業組合においてはシステムの開発・運用に関しては特別の機能を果たすことはありません…

いやいや、そのシステムが納品されたら、一括かあるいは毎月毎年、加盟各社から利用料をもらわないと、組合として収支が成り立ちませんよ。

Q個人事業主です。事業用口座から別の口座へ資金を移動させて引き落としをした場合の経理処理について

質問させていただきます。

当方個人事業主で確定申告の準備真っ最中ですが、
経理処理の仕方がわからない点があり困っています。

事業用のA口座とB口座を持っています。

A口座には事業による売り上げが入ってきます。
しかし事業で使っているクレジットカードの引き落とし口座にA口座が登録できなかったので、仕方なくB口座を登録しています。よって、毎月の引き落としはB口座で行われます。

当方は引き落としの度にA口座からB口座へ引き落とし額ちょうどを移動させていました。
こういった場合どういった経理処理をするのが正しいのでしょうか?

会計素人で独学で勉強しながらやっていますが、わからなくて困っています。

ご教授いただけますと幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

A口座もB口座も事業用の普通預金なのですね。家事用の普通預金口座は別に持っているのですね。その前提で回答します。


会計ソフトの当座資産の区分に「普通預金」という勘定科目にがあるはずですが、質問者の場合は、その勘定科目を使ってはなりません。

質問者の場合は最初に、当座資産の区分に、「普通預金A」、「普通預金B」という科目を新規に設定して下さい。設定の仕方は会計ソフトのマニュアルに書いてあります。

そして、

A口座に売掛金が入金した日、
〔借方〕普通預金A ☆☆☆☆☆/〔貸方〕売掛金 ☆☆☆☆☆

A口座からB口座へ預金を移動させた日、
〔借方〕普通預金B ◎◎◎◎/〔貸方〕普通預金A ◎◎◎◎

B口座からクレジットの代金が引き落とされた日、
〔借方〕未 払 金 ◎◎◎◎/〔貸方〕普通預金B ◎◎◎◎

というように仕訳して下さい。これでOKです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報