事務所移転に伴い、新しい事務所の床にタイルカーペットの張りつけ工事を行いました。費用は300万円程です。
そこで同費用の資産計上区分についてですが、耐用年数表の備品にカーペットとあるので、備品として計上するのか、資本的支出となるので、建物として計上すべきかで悩んでおります。

両者の判別方法をお分かりの方がいらっしゃいましたら、ご教授願いたく存じます。

どうぞ宜しくお願い致します。

質問者からの補足コメント

  • ご回答ありがとうございます。
    私もそう思ったのですが、例えば、使用中の張り替えで、資本的支出(価値の増加)の場合は、どうなるでしょうか。
    その場合でも、やはり備品ではなく建物になるのだとすれば、耐用年数表の備品にあるカーペットとは何を意味するのかを知りたいのです。

      補足日時:2016/06/07 23:44

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。




>"耐用年数表"の備品にある"カーペット"とは何を意味するのか・・

質問者は、「耐用年数表」の本文を読まないで、怪しげなインターネット・サイト(ネット情報には誤りが多いので注意。責任の所在が不明なサイトが多い)の"耐用年数表"を見るから分からなくなるのです。

「減価償却資産の耐用年数等に関する省令」の別表第一「機械及び装置以外の有形減価償却資産の耐用年数表」の「器具及び備品」の項には、「じゆうたんその他の床用敷物」と書いてあります。"カーペット"とは書いてありません。

床に敷くカーペットなら、いつでも、自由に持ち運びができるので、「器具及び備品」(または「備品」)に計上します。↓

床に敷くカーペット:
http://tairyo-kkk.jp/SHOP/RE_160230.html?origin= …


それに対して、タイルカーペットは、接着剤を使って床に貼り付けるカーペットです。壁に貼り付ける壁紙と同じように、建物と一体化します。建物の一部だと言っても良い。建物の一部だから自由に持ち運びできない。

床に張り付けるタイルカーペット:
http://www.diy-shop.jp/tile_carpet.html


だから質問者の場合は、床に張り付けるタイルカーペットですから、「建物」に計上しましょう。
    • good
    • 0

>タイルカーペットの張りつけ工事



タイルカーペットは低粘着であろうと貼り付けてしまったら「建物」ですね。置いただけなら「備品」で判断されます。
    • good
    • 0

タイルカーペットは、最初から交換を考えてある張り物だから、貼り付けてあるボンドは簡単に剥がせるんです。

それは、例えば床の張り替えではなくて、床にペンキやワックスを塗り替えるような扱いではないですか?玄関の足拭きマットを交換するような。タイルカーペットだけは、事務所のような場所にしか使われないのは、直ぐ剥がせて交換出来るからだと思います。それで備品の項目に入ってるのではないかな?移転前のは建物にして、移転後使用中の時は、高価な物に交換しても備品じゃないのかな?
    • good
    • 0

わからなくて書いてます。

事務所移転前に工事したのだから、建物じゃないですか?耐用年数は、使用に耐えれる年数なのだから、移転前のは建物でしょ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勘定科目使い分け 備品費・消耗備品費・事務消耗品費

勘定科目の使い分けについて教えてください!!
会計ソフトを使って入力をしています。その際にタイトルの

備品費
消耗備品費
事務消耗品費
消耗品

が勘定科目にあり使い分けに悩んでいます。
前任の経理担当者からも教えてもらったのですが、いまいち基準が分からなくて…

何人か会計に詳しい人に聞いて、上記の4つを今期からは

消耗品(10万円未満のもの)
事務消耗品費(消耗品の中でも事務で使うもの)

という使い分け方をして、二つに絞ることになりそうです。

そこでいまさら調べる必要はないのですが、あえて上記4つの勘定科目を使うなら、みなさんはどう使い分けますか?
もしくはどのように使い分けるのが一般的だと思われますか?

結局備品費って何!?消耗備品費との違いは!?事務消耗品費、消耗品とは…というもやもやをすっきりさせたいです。

Aベストアンサー

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備品○○/現金○○

と仕訳します。


◆「消耗備品費」という勘定科目もほとんど見かけません。「消耗性備品費」が正しい。

器具・備品のうち少額のもので、税法が「費用」に計上することを認めるもの(※)。

税法が「費用」に計上することを認める:
(1)法人税法では、少額の資産は損金算入を認めます。
(2)所得税法では、少額の資産は必要経費算入を認めます。


※ちなみに、会計では「消耗品」という科目は存在しません。会計では、
消耗品費:洗剤、モップ、箒、灯油、お盆、湯のみ・・
貯蔵品:期中に消耗品費または事務消耗品費または通信費などに費用計上したもののうち期末時点で未使用のものは、「貯蔵品」という資産科目に振り替えます。「消耗品」という科目は使わない。

#3です。

>備品費という固定資産の科目があるということを初めて知りました。
詳しく知りたいので、
できたら資産として備品費を紹介しているページ等紹介していただけませんか?


そこまで突っ込むのであれば・・

◆「備品費」という勘定科目はほとんど見かけません。紛らわしい科目は使わない方が良いでしょう。

固定資産科目としては普通は、

「什器・備品(什器及び備品と読む。「・」が必要。什器備品という日本語はありません)」または「器具・備品」または「工具・器具・備品」

です。

器具・備...続きを読む

Q事務所の内装にかかった費用は何で計上したらいいのでしょうか?

もう1件お願いします。
事務所開設の内装にかかった費用は何で計上したらいいのでしょうか?
具体的には、パーテーションの工事代・家具代・工事監督請負代金の支払いなどです。合計で400万を超えます。
消耗品ではおかしいですよね??
勘定項目(費用)の中に該当するものが見当たらず、その他で処理すべきかなと思っています。

Aベストアンサー

実際の工事の内容がわかりませんので、基本的な考え方だけ述べさせてもらいます。

まず費用計上ではなく資産計上をしてください。
工事代と請負代金は一括して、「建物付属設備」にして問題ないでしょう。
また家具についても一括して「器具備品」などの科目にして下さい。
その上で、耐用年数期間内で「減価償却費」という費用にて
備忘価格1円まで償却していけばOKです。

工事代・請負代金300万円、家具100万円と仮定して、これを全て現金で支払ったならば
建物付属設備/現金 300万円
器具備品  /現金 100万円
耐用年数をそれぞれ、建物付属設備10年、家具8年として定額法で減価償却するとして、
減価償却費 /建物付属設備 30万円
減価償却費 /器具備品   12.5万円

わかりにくいかも知れませんが、こんな感じです。

Q車検費用を毎月未払費用で計上したいのですが...

個人事業で、毎日通勤に利用する車の車検の費用が、2年に一度ある月にドンッ!と負担になるのが不自然なので、毎月「車両費/未払費用」で計上し、車検時には「未払費用/現金」と処理しようと考えているのですが、法的に問題ありますか?

Aベストアンサー

要するに、2年に一度ある月にドンッ!と負担する車検費用を、2年間の各月に均等に負担させたい、というのが質問者のご質問の狙いですね。それならば合理的かつ合法的な方法を御紹介します。

所得税法第二条第一項第二十号で、繰延資産の定義として「不動産所得、事業所得、山林所得又は雑所得を生ずべき業務に関し個人が支出する費用のうち支出の効果がその支出の日以後一年以上に及ぶもので政令で定めるものをいう。 」とし、

所得税法施行令第七条(繰延資産の範囲)第一項第三号ホで、「 自己が便益を受けるために支出する費用」を繰延資産の範囲に含めています。

ご質問の車検費用は、「支出の効果がその支出の日以後二年に及び」、かつ、「 自己が便益を受けるために支出する費用」であるので、繰延資産に該当します。

従って、車検費用を費用としてではなく繰延資産として計上し、その後2年間に亘って毎月、均等に償却すれば良いわけです。

ですから、車検費用を24カ月で割って、毎月、ひと月分の「償却費」を計上しましょう。そうすれば質問者の狙いどおりですね。

Q法人決算時の前払費用、未払費用は計上しないといけない?

法人が決算を行う時は、地代家賃の前払費用や光熱費の未払費用は計上しな
いといけないのでしょうか?
継続適用を要件として、現金主義を認められるのは青色申告の個人事業者だ
けなのでしょうか?

Aベストアンサー

会計上は、重要性の原則の適用が可能な場合であれば、計上しなくても構いません。

税務上も、短期前払費用の特則などがあるため、おおむね同様に考えて大丈夫かと思います。

Q23年度購入の備品を計上するのを忘れておりました

23年3月に業務用の備品を購入したのですが(購入価格40万弱)、前回(23年度)の確定申告の際、備品として計上することを忘れておりました。

今年(24年度)の確定申告から備品として登録し、減価償却費を計上することは可能でしょうか?

可能であれば、計上方法をお教えください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

所得税は、強制償却ですから、平成23年分は帳簿に記載がなくても償却したことになります。

ですから、平成24年分だけではなく、平成23年分に遡って計上することができます。

平成23年分については、平成23年分の帳簿に遡ってその備品を記載し減価償却を行い、更正の請求をすることができます。(更正の請求は5年以内)

それにより、平成24年分の申告には当然その備品の償却も反映します。

なお、平成23年分について帳簿の追加や更正の請求をしない場合は、平成24年分の帳簿に23年末のその備品の未償却残高を貸方・事業主貸の仕訳で計上することになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報