プロが教えるわが家の防犯対策術!

私は心理学は専門外でしたが、採用人事の仕事に携わり、適性検査、心理検査を調べるようになったことがきっかけで、現在心理学を独学しています。心理学一般、発達、教育、臨床、社会心理学などの概説書も全般的に見通したうえで、やはり中心的には産業心理学を掘り下げています。ところで、そんな風に勉強していると、どうも日本では産業心理学というのは、心理学の中でも非常にマイナーな分野となっているような気がするのですが、実際どうなんでしょうか? 
そこで質問ですが、例えば、●国内大学の学部・学科編成やカリキュラム上の位置づけ、●学生数、●各大学の研究活動状況、●実際に心理学を専攻した経験者の産業心理学に対する意識(そもそも産業心理学というのは心理学科では必修科目なのでしょうか?)、●他と比較した学会の会員数や活動規模などがどうなんだろうと疑問に思いました。どなたか、そういった学問書を読んでも書いてない業界事情について教えてください。
さらに詳しい人がいたらお聞きしたいのですが、●諸外国も同じような傾向はあるのでしょうか? 例えば、米国は非常に研究が活発ですが、そんな米国でも臨床心理などと比較すると国内ではやはりマイナーなのでしょうか? ●ハーバードビジネススクールなど一流の経営大学院は心理学はコアカリキュラムの一つで必修と聞いた事がありますが、やはりそうなのでしょうか?
質問が多いですが、断片的な回答でももちろん結構です。よろしく教示願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

米国にてindustrial/organizational psychologyを取りました。


うちはハーバードなどではありませんが、テクノロジー系(各種エンジニア・CAD)の学部ではこのクラスは必修科目になっています。そのほかの学部でも自由選択科目として開かれています。

内容はどのようなことが職場でのパフォーマンス向上につながるのかが焦点になっていて、
モチベーション
マズローの5段階欲求
Self-Esteem
ストレスマネージメント
Interpersonal Communication
Conflict management
などの心理的学習のほか、
Job Descriptionの必要性
適正テストの妥当性
リーダーシップ
社内連絡網の種類と効率
などもカバーされています。

クラス中に思ったことですが、これらのカバーされる内容は日本だと企業コンサルタントや社長さんなどの限られた人にセミナーなどでしかオープンにされないものではないでしょうか。
アメリカと日本では「雇用」というものに対しての姿勢が異なります。それは社会的構造の違いからくるものだと思いますが、例えば日本では「結婚の予定はありますか?」とか面接で聞かれたり、求人広告に「35歳まで」と書いてあったりしますが、これらはアメリカではありえません。強いて言うならば、アメリカで教えられるような産業心理学が日本でも広く大学で教えられたら、日本の雇い側は古い文化を一掃する必要性に迫られます。上司に「飲め」と飲めない酒をつがれることですらパワーハラスメントになります。

日本人向けの産業心理学が学べるとすれば、どこまでカバーされるものなのでしょうか。独学はどんなリソースを利用していらっしゃいますか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お礼が非常に遅くなってしまい大変申し訳ありませんでした。参考になる情報を誠にありがとうございました。
独学のリソースとしては、書物=古本で入手できるモノも含め国内で出回っているもっぱら標準的なテキストです。
「産業心理学エッセンシャルズ」(ナカニシヤ出版)/産業心理学トゥデイ(八千代出版)/「産業・組織心理学」(朝倉心理学講座)/「産業心理学入門」(有斐閣)など他に4~5冊所用しているので、その時々のテーマについて読み比べています。
それと、リクルート関係者が執筆している「人事アセスメント・ハンドブック」(金子書房)/「人事のテストロジー」/「人事アセスメントの科学」/「人事アセスメント論」なども心理学専門家が経営人事に応用した本なので読みました。
それらを核として、周辺領域の本を読んでいるという感じです。
「日本人向けの産業心理学」というのがあるのかどうか私も勉強中ですが、ただ、仕事で上司に説明しているときに心理学の知見を織り交ぜると非常に説明効果がアップすると感じています。これはおっしゃるとおり、日本のミドルの管理層にとってはほとんど素人の領域で、自分たちが古い文化・慣習から抜け出せないでいるまさにそのポイントを説明されるので、理屈として新鮮に聞こえるだからなのではないかと思います。

お礼日時:2008/03/16 16:35

産業教育学会、社会心理学会、日本産業カウンセリング学会など


産業領域にかかわる学会はいくつかありますが、
日本では産業心理学自体は確かにややマイナーな分野ですね。
大学でも、応用心理学的なものの一つとしての位置づけが大半で、
選択科目ではあっても必修科目になっているところは皆無に近いかもしれません。
通信制大学でも、深く掘り下げて学べるのは産業能率大学くらいだったと
記憶しております。教育系、福祉系、臨床系ならニーズも多いせいか、
放送大学も含めていくつかありますが。

私も産業心理学を学ぶ場を探していますが、イベント、セミナー含めて
教育系・福祉系・発達系に比べると少ないですね
(探し方が下手なだけかもしれないですが)。
法政大学の島宗教授、中京大学の向井教授といった産業心理学を
ご専門とする先生方の著作をこれからあたってみようと
考えているところです。

ちなみに私は産業カウンセラーの有資格者ですが、
産業カウンセラー協会の講座で学べる心理学は専門分野というよりは、
産業心理学、カウンセリング技法、臨床心理学の基本中の基本を
おさえるくらいで、産業心理学を専門的にやるわけでもないんですよね。
産業カウンセラーの有資格者や職務として求められているのが、
メンタルヘルスから人材マネジメントやコーチング、人事労務管理に
関する問題など「よろず相談」的に幅広いためだからかもしれません。
私が受講した講座も、臨床心理系の教授が講師をつとめていました。

まだ少し読んだだけですが『産業・組織心理学エッセンシャルズ』という書籍が、
産業心理学の基本や研究動向を探る良い手がかりになりそうです。
また、産業心理学といっても切り口はいろいろで、人材マネジメント、
ストレスコーピングも含めたメンタルヘルス対策、職業適性、労働時間や
作業量と効率の相関関係を研究する作業効率研究など、産業心理学が
ご専門の先生でも、研究対象やスタンスはそれぞれ幅広いと思います。
個人的には、産業カウンセラーとしてコンサルテーションもするなら、
作業効率マネジメントやストレスコーピングを行った結果を
客観的にデータ化して、エビデンスとして企業に提示できたら
企業も産業心理学に真摯にとりくむきっかけになるのでは?と
大学の教員からチャレンジを示されております。
あまり参考にならなかったら、申し訳ないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が非常に遅くなって大変申し訳ありませんでした。産業心理学は必修科目ではないなどよく分かりました。『産業心理学エッセンシャル』は私も所有しております。他の出版社と読み比べをしておりますが「エッセンシャル」という通り、最もバランスがとれていると私も思いました。大変参考になりました。ありがとうございました。情報提供いただいたお返しにご紹介させていただきます。国内のモノは書店で立ち読みできると思うので、海外テキストの翻訳書です。この手の本は少なく絶版ですが、『産業心理学ハンドブック』アン・アナスタシヤ(誠信書房)、『産業心理学』ティフィン&マコーミック(評論社)の2冊がネットで購入できます。本場モノというか本格的な雰囲気のあるテキスト(1冊だが2冊分にあたいするボリューム)です。ちょっと古いですが、「日本の古本屋」などのサイトで何冊か出品さていると思います。国会図書館にはもちろんありますが、都道府県立の図書館でも実物を閲覧できるのではないかと思います。すでにご存知でしたら申し訳ありません。

お礼日時:2008/03/16 16:14

 あなたの回答にはなっていないと思いますが、断片的でいいというので書き込みをします。


私は教育系の心理学会に所属してますが、友人に産業カウンセラーがいます。産業カウンセラーは産業カウンセラー協会が認定しているカウンセラーです。
 そのアドレスを書いておきますから、参照してください。そのHPには、養成講座のカリキュラムと担当講師陣の名前が書いてあります。ちょっと私も覗いて見ましたが、その担当講師は大学の教授です。その教授の名前と大学から検索エンジンで検索して、その大学のHPにアクセスすれば、国内大学の学部・学科編成やカリキュラム上の位置づけは分かると思います。
 ちなみに産業カウンセラーは、心理系の大学を出てその協会の講座を受講して、認定されている人が多いと思います。

参考URL:http://www.counselor.or.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が非常に遅くなりまして大変申し訳ありませんでした。ちょうど最近になって産業カウンセリング関係の本も読むようになりましたが、非常に興味深いです。URLも参考になります。ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/16 15:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q産業、組織心理学、組織行動学を大学院で学びたいのですが、

今アメリカで心理学専攻、そして組織行動学を副専攻しています。将来FranklinCoveyのような経営コンサルティング業務に就くことに興味があります、今現在は先ず日本の大学院で産業、組織心理学、組織行動学関係を勉強するつもりですが、日本の大学におけるOrganizational Behaviorの位置づけは心理学ですか?それともビジネスですか?またどのような大学がこの分野でゆうめいなのでしょうか?教えていただければ嬉しいです。お願いします。

Aベストアンサー

日本では、慶應義塾大学大学院経営管理研究科が有名じゃないでしょうか。

Q社会人在籍のまま臨床心理士を取りたい

45歳会社員で、ヘルスケアとは何の関係もない仕事をしているのですが、臨床心理士の資格を取得したいと考えています。

自分が調べた範囲では、会社を辞めなくても、臨床心理士の試験を受けるために必要な、指定大学院に合格することが必要で、その指定大学院でも卒業後インターン経験の必要な2種と、卒業後資格受験を受けられるのとに分かれるというところまでは分かりました。

そこで、質問ですが、
(1)上記の1種指定大学院ですと、インターン経験が必要ない(?)ので、これなら在籍のまま勉強もできると思うのですが、通学は不可能なため(夜間や土日でもいいならOKですが)、通信教育とかの方法があるのでしょうか?

(2)上記1種ですと、インターンの経験もないまま心理士になるわけですから、採用する側からしたら、2種卒業者に比べるとニーズが落ちると思われるのですが、どれぐらい落ちるものなんでしょうか?或いは、1種には、どういうところへの進路があるのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)についてお答えします。

現在のところ通信教育で臨床心理士受験資格が取れるコースは
下の2つが存在します。

佛教大学通信教育部 大学院教育学研究科臨床心理学専攻修士課程(1種指定;3年制)
http://www.bukkyo-u.ac.jp/BUCD/

放送大学 大学院文化科学研究科修士課程文化科学専攻臨床心理プログラム(2種指定)
http://www.u-air.ac.jp/hp/

いずれもここ2,3年のうちに開講されたものなので,
臨床心理士資格試験の合格率や就職状況については全くの未知数です。


#1の方も書いておられるとおり
臨床心理士をめぐる状況はけっして楽観できるものではありません。
有資格者はすでに1万人に達するというのに
心理学研究の実績もない大学院が次々に指定校化され,
近い将来の供給過剰と質的低下が懸念されています。

厚生労働省主導による医療・保健分野限定の心理職の国家資格制定については
臨床心理士関連団体の強い反対もあって頓挫しているのが現状です。
いずれにせよ
一民間団体の認定資格である臨床心理士が
そのまま国家資格に移行することはないでしょう。

(1)についてお答えします。

現在のところ通信教育で臨床心理士受験資格が取れるコースは
下の2つが存在します。

佛教大学通信教育部 大学院教育学研究科臨床心理学専攻修士課程(1種指定;3年制)
http://www.bukkyo-u.ac.jp/BUCD/

放送大学 大学院文化科学研究科修士課程文化科学専攻臨床心理プログラム(2種指定)
http://www.u-air.ac.jp/hp/

いずれもここ2,3年のうちに開講されたものなので,
臨床心理士資格試験の合格率や就職状況については全くの未知数です。


#1の方も書い...続きを読む

Q心理士に関係ある職業・心理学を最大限に活かせる職業

 私は心理士になりたいと思っている高校一年生なのですが、
 心理士は非常勤が多く給料も安いと聞きました。

 将来の為にもっと安定した職に就こうと思ったのですが、
 どうしても夢を捨てることができません。

 会社や国・地方公共団体に就職できるような心理職はないんでしょうか?
 また、仕事をする上で心理学を必要とする職業や
 心理士と関係の深い職業を教えてください。

 

Aベストアンサー

法務省管轄の施設(少年鑑別所,少年院,刑務所)だとか,
警察庁の科学警察研究所だとか,
厚生労働省の旧労働省部門などで仕事をしている心理職の国家公務員がいます。
また地域の児童相談所,教育委員会,精神保健センター,都道府県警察などで働く
心理職の地方公務員もいます。
これら公務員の採用数は少なく激烈な採用試験に突破せねばなりませんが,
臨床心理士等の資格は必要ではありません。

また狭い意味での心理職以外に
家庭裁判所調査官,法務教官,保護監察官,障害児施設職員,養護学校教員など,
心理学の知識を必要とされる公務員はほかにもありますし,
民間でも心理学の知識を活かせる仕事は結構あるものです。

心理学を専攻した学生がみな心理士やカウンセラーになるわけでありません。
高校一年生では無理からぬこととは思いますが,
心理学というものの一面しか知らないまま進路を限定しすぎているように感じます。
過去のQ&Aの中から心理学という学問の多様な顔と
心理学専攻生の進路を知るのに役立ちそうなものを挙げておきます。
これらの回答からさらにリンクをたどると相当の情報量になると思います。
参考になさってください。

企業における心理学専攻学生の配置職場について
http://okwave.jp/qa2785566.html

心理学を生かす就職
http://okwave.jp/qa2419887.html

心理学の仕事
http://okwave.jp/qa1055980.html

法務省管轄の施設(少年鑑別所,少年院,刑務所)だとか,
警察庁の科学警察研究所だとか,
厚生労働省の旧労働省部門などで仕事をしている心理職の国家公務員がいます。
また地域の児童相談所,教育委員会,精神保健センター,都道府県警察などで働く
心理職の地方公務員もいます。
これら公務員の採用数は少なく激烈な採用試験に突破せねばなりませんが,
臨床心理士等の資格は必要ではありません。

また狭い意味での心理職以外に
家庭裁判所調査官,法務教官,保護監察官,障害児施設職員,養護学校...続きを読む

Q心理学に強い大学は?

現在受験生です。
大学で特に学びたいと思う学問がなかったのですが、私自身心身症を患った事もあって、心理学に興味が出てきました。そしてぜひ心理学を学べる・心理学に強い大学で学びたいと切望し始めました。
そこで、心理学に強い大学を教えていただけないでしょうか。
又、心理学には臨床心理学と実験心理学という2種類があり、慶応の心理や早稲田の一文の心理は実験心理学、早稲田の人間科学の心理は臨床心理学だという事を耳にしました。それぞれどう違うのでしょうか?
ちなみに私は臨床心理士などの資格には興味が無く、就職先は旅行業を志望しています。こういう私はどちらの心理学に行くべきでしょうか。

Aベストアンサー

まず最初に申し上げますが,
「心理学には臨床心理学と実験心理学という2種類がある」なんてのは「俗説」です。
これは臨床医学を学ぶうえで解剖学や生理学の知識が必須であるのと同様に,
まともな臨床心理学を学ぶうえで実験心理学の知識は必須です。

たとえば早稲田の人間科学部は
このような実験心理学を基礎とする臨床研究に強いということであって,
ユングやらフロイトやらを想像して入学すると痛い目に遭います。
また早稲田の一文や教育,慶應の文は大学院こそ臨床心理士指定校になっていませんが,
公務員として臨床分野で活躍している卒業生はたくさんいます。
学部レベルで基礎的な心理学をきちんと学んでいれば大学院や実務の中で臨床について学ぶことは可能だということです。

教養科目で学ぶ心理学と専攻として学ぶ心理学はまったくレベルが異なります。
また先に名前の挙がっている山王教育研究所は学問として心理学を学ぶ場所ではありません(もと電話番が断言!)。
ついでに心理学を学んだからといって人の心が読めたり心身症が治ったりする心配はありませんし,
旅行業に直接役立つ懸念もありません。
仕事で調査やデータ解析をする際に心理学研究法の知識が役立ってしまうことはあるかもしれませんが。

とまあ,皮肉めかして書きましたが,
心理学を学ぶことが実利に結びつくと期待するなと言いたいだけです。
人の営みあるところに心理学の研究テーマは転がっており,旅行も例外ではありません。
社会心理学や産業心理学の中に旅行や観光と関連する研究はあります。たとえば,

 佐々木土師二(著)
 『旅行者行動の心理学』  関西大学出版部
 
 宮原英種,宮原和子(著)
 『観光心理学を愉しむ―観光行動のしくみを解明する ツーリズム・サイコロジー』  ナカニシヤ出版

記憶研究の発展形としての「個人の人生の記録」の研究なんていうのも関係がありそうですね。
 http://mediasv.media.osaka-cu.ac.jp/~harumi/research/index.shtml

最後に御質問への答え。
研究者や臨床家として心理学界に輩出してきた人材の厚みを「強い」と考えるなら,
東大,京大をはじめとする旧帝国大学,筑波大,広島大といった旧高等師範,
そして早稲田,慶應義塾,立教,日本,上智,関西学院,同志社といった歴史ある私大ということになるでしょう。
これらの大学は一般の就職に関しても悪くはなく,
気が変わって心理学を極めたくなった場合でも選択の幅は広くなります。
また心理学部を擁する中京,立正,明治学院といった大学は
スタッフが多く学びの選択肢が多いという点で「強い」と言っていいかもしれません。

まず最初に申し上げますが,
「心理学には臨床心理学と実験心理学という2種類がある」なんてのは「俗説」です。
これは臨床医学を学ぶうえで解剖学や生理学の知識が必須であるのと同様に,
まともな臨床心理学を学ぶうえで実験心理学の知識は必須です。

たとえば早稲田の人間科学部は
このような実験心理学を基礎とする臨床研究に強いということであって,
ユングやらフロイトやらを想像して入学すると痛い目に遭います。
また早稲田の一文や教育,慶應の文は大学院こそ臨床心理士指定校になっていませ...続きを読む

Q心理学を学ぶ人の動機

心理学や精神医学を学ぶ人は、どんな動機で始めるんでしょうか?人の心に興味があるとか、精神的に壁にぶつかったりしたことがある人が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

どもども.
大学で心理学を学んでいたものです.
まず私の動機からお話しします.

自分が心理学を学ぼうと思った動機を思い返してみました.確か研究室の説明会で,心理学研究室で何がしたいのか?と聞かれ「ヒトの脳の中では何がおきているのか知りたい」と答えた記憶があります.かなり広い意味での心理学がイメージにあったのだと思います.

心理学を学ぼうと思った理由は,ヒトの「心」に興味があったから,ということではありません(※「心」の定義は大変難しいですね.ここでは性格や人格など,いわゆる一般の方が「心理」と読んでいるだろうものに対して「心」という表記をします).
また精神的な壁にぶつかったから,要するに自分が困っていた(悩んでいた)からということも理由ではありません.単純な疑問として「みんな脳みそって持ってるけど,コイツは何しているの?」ということがあって,それを知りたいなぁと漠然と思っていたわけです.

私の興味は基礎心理学(知覚心理学)で研究されていることを知ったので,大学時代はその分野を専攻してました.今はヒトの情報処理メカニズムの仕組みとその処理から何を知覚しているのか?どうやって知覚(意識)につながっているのか?にということに興味があります.

ここからやっと質問にお答えします.
>人の心に興味があるとか、精神的に壁にぶつかったりしたことがある人が多いのでしょうか?

実際にそういうヒトにお会いしたことはないのですが,そういうヒトが「大学院」を志望することが多くなってきた,という話は伺ったことがあります.もともとどのくらいいたのか?どのくらい多くなったのか?ということはわかりません.まあ#1の方も書かれていますが人それぞれだと思いますよ.

最後にちょっと気になったので.
>心理学や精神医学を学ぶ人
とひとくくりにされていますが,心理学と精神医学は別モノです.ある一部に精神医学と関わりがある分野がありますが,あくまでそれは心理学の一分野であり心理学の全てが関わりをもつわけではありません.精神医学はあくまで「医学」です.

どもども.
大学で心理学を学んでいたものです.
まず私の動機からお話しします.

自分が心理学を学ぼうと思った動機を思い返してみました.確か研究室の説明会で,心理学研究室で何がしたいのか?と聞かれ「ヒトの脳の中では何がおきているのか知りたい」と答えた記憶があります.かなり広い意味での心理学がイメージにあったのだと思います.

心理学を学ぼうと思った理由は,ヒトの「心」に興味があったから,ということではありません(※「心」の定義は大変難しいですね.ここでは性格や人格など,いわ...続きを読む

Q東京で心理学を学ぶのに良い大学を教えて下さい。ただし、東大や早慶・上智

東京で心理学を学ぶのに良い大学を教えて下さい。ただし、東大や早慶・上智といったところは、難易度が高すぎて入学できません。いわゆるMARCHクラス以下の大学で、お奨めの大学をお願い致します。

Aベストアンサー

東京の私立大学で心理学教室の歴史が古く,
研究者や心理職公務員など
心理学界に多くの人材を送り出してきたのは,
日本,立教,慶應義塾,早稲田といった大学です。
法政の心理学教室は日大に次いで古いのですが,
残念な歴史をたどり,近年,再出発を図っています。

■法政大学心理学科
 http://okwave.jp/qa/q3905011.html

上智,学習院,青山学院,明治学院,
中央,専修,駒澤,文教,明星,立正,帝京...
といった大学も心理学教育に実績がありますが,
学界における勢力という点では
歴史の古い先の大学群に敵いません。

心理学専攻生の過半数は
法学部生や経済学部生などと同じ文系枠で一般企業に就職するわけで,
就職状況が偏差値を反映した大学評価に左右されることは否めません。
しかし,こと心理学の専門職となると,
学界における勢力というものも無視できません。
人材の厚さ,人脈の広さが武器になるというところでしょうか。

東京大学以外の国公立大学としては,
東京学芸大学,首都大学東京があります。
一橋は社会心理学限定です。
横浜国立,千葉など,東京周辺の地方?国立大も
選択肢に入れていいでしょう。

女性ならこのほかに
お茶の水,日本女子,東京女子,聖心,白百合など,
女子大学という選択肢があるのですが。

なお,先にリンクを張った質問は
高2に上がる前の春休みに親御さんから出されたものだったため,
受験校を絞り込むにはまだ早いというような回答をしています。
一方,高3のこの時期にこの質問というのは若干出遅れ感があります。
早いところ情報を収集して受験校の絞り込みに入りましょう。

東京の私立大学で心理学教室の歴史が古く,
研究者や心理職公務員など
心理学界に多くの人材を送り出してきたのは,
日本,立教,慶應義塾,早稲田といった大学です。
法政の心理学教室は日大に次いで古いのですが,
残念な歴史をたどり,近年,再出発を図っています。

■法政大学心理学科
 http://okwave.jp/qa/q3905011.html

上智,学習院,青山学院,明治学院,
中央,専修,駒澤,文教,明星,立正,帝京...
といった大学も心理学教育に実績がありますが,
学界における勢力という点では
歴史の古い先の...続きを読む


人気Q&Aランキング