質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

歴史の中で出てくる名前に「〇〇守」などといったものを目にするのですが、この役職は誰から与えられたもので、その根拠は何なのでしょうか。また、その役職を与えられた者にとっての職務とは何なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 


歴史に出てくる、例えば「筑前守」などは、律令制における公家官職で、地方官の長のことです。律令制の官職では、省庁には4等官というものが置かれ、「かみ・すけ・じょう・さかん」という4官があります。大体、この名前ですが、漢字は違った字を使います。

地方官の「国」を治める官職は、国司と呼ばれますが、この場合の四等官は、「守・介・掾・目」ということになります。江戸時代には、大名や大身旗本に対し与えられる称号として、正式に朝廷が任じました。大名・旗本のなかには、例えば、江戸初期に下馬将軍と呼ばれ権勢をふるった、酒井雅楽頭という人物がいますが、この場合、雅楽寮という官庁の長官(かみ)は、「頭(かみ)」と呼びます。忠臣蔵に出てくる、浅野内匠頭(あさの・たくみのかみ)も、国司ではなく、内匠寮の長官で、頭(かみ)という漢字を使います。

それはとまれ、律令制において、日本全国は朝廷の領土となり、朝廷は日本全国を、「国」という単位に分け、国を統治する官職として、国司の四等官を置いたのです。この場合、「守」とか「介」は、現在の県などの行政に当たる県知事などとは違い、「行政・司法・警察」など、権力を一手に掌握した官職でした。(更に、徴税なども監督しましたから、税務署長官も兼ねています)。

平安時代では、この官職は、現実の統治権力を持っており、受領階級と呼ばれる、中級貴族が、守や介を交互に任官し、彼らは、領国で、絶大な権力を持って、大金を賄賂や様様な方法で獲得しました。(国司の三等官や四等巻の目は、普通、地元の人間を任命しました。守や介は、京に済む中級貴族が任命され、任国に普通は赴きました)。

しかし、鎌倉幕府が起こると、頼朝は、名目を設けて全国の国に守護を置き、幕府任命の守護と、朝廷任命の国司の二重統治になりますが、次第に守護が実権を握り、国司は名目的なもの、名誉職になって行きます。しかし、「称号」としては、意味を持っていたのです。室町幕府も守護制度を置き、応仁の乱の後の混乱では、守護が独立勢力となって、守護大名となります。戦国時代のはじまりになります。

国司の官職名を、有力武士や大名が勝手に名乗ったりし始めます。例えば、織田信長は、「上総守」を自称します。しかし、東国三国、つまり、上総・常陸・上野の三国は、伝統的に親王が守になることになっており、臣下は、介になるのであり、実質的に、これらの三国では、次官の介が、守の役割を果たしたのです。

臣下であって親王などでない、信長が上総守を名乗るのは、信長がよほど無知であったか、または何か意図があったのかも知れませんが、とまれ、織田上総守などと名乗れば、「馬鹿か」ということになるのが、一応、当時の教養人の常識でした。上総介も上総守も、官職として存在したのです。ただ、上総守などは、一般の人間・臣下はなれないのです。三国は、皇族の親王のための領地だったのです。

上総守は信長の自称ですが、最後には、正二位右大臣になりますが、これは、天下人となった信長が、朝廷から引き出した正式の官職です。信長はまた、自分の部下の武将にも、朝廷に意向を伝えて、様様な官職に任官させます。例えば、羽柴秀吉は、従五位の筑前守です。羽柴筑前守は、これは朝廷の与えた正式な官職です。

秀吉は信長逝去後、親しかった政治公家の京極菊亭大納言を通じて、正五位近衛少将の官職を朝廷から授かり、それに続いて、どんどん昇進し、関白太政大臣にまで昇ります。

戦国時代も末期になると、信長の例のように、朝廷の権威を利用して、官職を部下に朝廷を通じて与え、権力の正統化を行うようになります。家康の三河守や内大臣、また秀吉子飼いの武将の官職などは、すべて朝廷が授けた正式なものです。

家康は将軍となって江戸幕府を開き、源氏の氏の長者、武家の統領として、臣下に当たる大名や大身旗本に、それぞれ朝廷を通じて、官職を授け、大名も旗本も、基本的に、代代、その官職を継ぐことになります。例えば、土佐の山内家は、藩祖が対馬守で、代代、山内家の当主は、対馬守ということになります。

「守」というような官職は、一種の大名や大身旗本の「称号」となったもので、本来、律令制では、一国に、同時に複数の守などが任命されているのはおかしいのですが、山内対馬守の例のように、代代、称号を名乗る者がおり、対馬守は知りませんが、越前守とか伊豆守などは、複数の人がその称号を使っていました。

これらは、従五位(下)相当で、先に挙げた、雅楽頭や内匠頭なども、従五位(下)です。しかし、御三家と云われる、尾張、紀伊、水戸の三つの家は、当主は、尾張と紀伊が大納言、水戸が中納言で、大納言は普通、正三位、中納言は、従三位でしたから、これらは、官職だけでなく、朝廷での位も高かったのです。

江戸時代になると、武士などが、勝手に、公家官職を名乗ることは禁じられました。また、職人で、例えば、日光東照宮を建築したような、業績のある者には、官職を与えて、顕彰したというようなことがあります。
 
    • good
    • 5
この回答へのお礼

すべての疑問が解けました。律令制下の任官システムが戦国時代で自称が黙認されるなど、システム自体が腐朽しかかり、江戸で再び公家官職を勝手に名乗ることを禁じるという、システムの再構築が行われたとは意外でした。また、官職が形骸化しても、朝廷(天皇)の権威に利用価値があり続けたというのは、興味深いですね。神格化される(WW(2)に際するような)以前で、しかもローマ法王のような宗教性・道徳規範性も帯びていない存在である天皇が天皇であり続けられたのは何故なのかなーと。中世・近世を通して、どのような天皇観が浸透していたのか。庶民や武士なども「日本書紀」「古事記」などにある国家起源を認識していたのか。また、新たな疑問が湧いてきました。

お礼日時:2002/09/16 22:47

いやあ、皆さん大変お詳しいですね。


それはそうとBOBmmmさん。私はともかく、これだけ詳しく教えてくださった
皆さんにひとことくらいお礼を言ってもいいのでは?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

先日から出かけておりましたので、PCを見ることができませんでした。別に教わるだけ教わって無視したわけではありませんので。ありがとうございました

お礼日時:2002/09/16 22:55

ほぼ#3の方のおっしゃるとおりですが、ちょっと間違いが。



>  織田信長の「上総の介」など、朝廷が任命していないのはもちろん、そもそも「上総の国」に「介」の官職は無いのです。

逆です。
上総他数国は"事実上「守」がなく「介」が実質的な国司であった"です。
これらの国(上総、上野、常陸…まだあったかな?)の国司(守)は親王しか任命されることがなく、しかも他の国以上に名実だけというニュアンスが強かったので、実際には次官(介)が政務を行っていました。
というわけで、"上総守"や"上野守"と名乗る武将がいなかったのです。
# 信長は初期に1度だけ上総守と署名していたようですが…このルールを知らなかったのかつい間違えたのか、詳しくは不明です
忠臣蔵の吉良上野介も同じ理由で「介」なわけです。

「介」が存在しない国は…あるのかもしれませんが聞いたことはありません。


ちなみに、戦国時代においてもごく一部ではありますが実力を保っていた国司(国司大名などと)も存在します。
伊勢の北畠氏、土佐の一条氏、飛騨の姉小路氏の三家がそれにあてはまります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「守」がいなくて「介」だけがいるとは、いわば副知事はいるけど知事はいない、みたなことだと考えるとなんだか変な感じがしますね。ところで、「守」には親王しか被任命権がなかったということは初めて知りました。ということは、各地で「守」を名乗る武将らは、親王(朝廷)から委託された現地官僚という側面もあったということでいいのでしょうか・・・。

お礼日時:2002/09/16 22:27

律令制における国司の官職名です。

守、介、ジョウ、目の4種があり、朝廷が授けます。現在の県知事のようなものだと考えると分かり易いでしょう。
例えば、
   「伊予の守」 => 伊予の国の国司 => 愛媛県知事

律令制では、日本全国が朝廷のものですので、各国に国司を定め派遣します。
筑前の国の国司は、「筑前の守」に任じられ、日向の国の国司は、「日向の守」に任じられます。

しかし、時代が進むと、国司に任命されても都に居て、草深い任地に赴かない者も現れてきました。
また、「伊予の守」や「陸奥の守」のように、何となく清和源氏が独占するのが当たり前の官職なども出てきます。

鎌倉幕府以降は、幕府が守護を各国に設置し始めるので、国司はますます有名無実な存在になります。鎌倉期の建前は、
  国司 ==> 行政
  守護 ==> 軍事、警察
なのですが、実際には「朝廷の国司」と「幕府の守護」の2重統治から「幕府の守護」の一元統治へ移って行きます。
後醍醐天皇の建武の親政で、現実の国司が復活しますが、これが最後です。

以降は、朝廷による○○守という国司の任命は、肩書きとして残りますが、実際の国の統治とは無縁になります。むしろ、その国を統治している守護に対して、国司の○○守を任命するようになります。今川義元の「三河ノ守」など。

 戦国期になると、朝廷の任命など無視して、○○守や○○介を守護大名や国人が名乗りはじめます。
 織田信長の「上総の介」など、朝廷が任命していないのはもちろん、そもそも「上総の国」に「介」の官職は無いのです。

 では、戦国期以降、○○守は全く権威が無いかというとそうではなく、明智光秀の「日向の守」、羽柴秀吉の「筑前の守」は、「九州も征服するぞ!」、という武威に使われました。
 江戸期では、「越前の守」や「佐渡の守」など、朝廷の官職を肩書きとして、旗本や大名が名乗りますが、殆どの場合は領地と関係ありません。
 それでも、「武蔵の守」はありません。官職が風化され現実の領地とは無縁になっても、将軍様の領地の「武蔵の国」の国司を名乗るのははばかれたのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しいご説明ありがとうございます。律令制のにある四等官に由来していそうなことは想像できたのですが、「勝手に名乗っていた」ということを知り、腑に落ちました。と、いうことは例えば「日向の守」が同時代に複数存在していた、ということもあったのかもしれませんね。その場合は「お互い様」って感じだったのしょうか?

お礼日時:2002/09/16 22:14

shelf_townさんの回答の通り、その地方を治める守護職です。



ただし、戦国時代は有名無実な物になっていました、今でいうなら県警の警察署長見たいなものです。

「〇〇守」という役職は官職ですので、本来は朝廷が任命するものですが、勅書は天皇が出すものの、実際は幕府(将軍)が決めていました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。幕府が推挙した守護を最終的に任命するのは幕府、朝廷のどちらだったのか・・・。調べてみます。

お礼日時:2002/09/16 22:55

鎌倉幕府や室町幕府が地方統括のために置いていた「守護職」


のことではないでしょうか。
職務は領内の武士の統括や、治安維持でしょう。
ただし戦国時代には形骸化していたと思われます。乱世ですから。
「大岡越前守」とかいっていたので、徳川幕府にもあったのでしょうね。

...自信なしです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q○○守とは何?

戦国時代等では、
真田伊豆守や上泉伊勢守
などとミドルネームのような
地名の名前がついていますが、
実際その場所を護っているのですか?
その○○守というのは、実際に住んでいる土地とついている
名前の土地が違うような感じがするのですが
どのようなことなのですか?

Aベストアンサー

○○守というのは律令制度では各国(古代の行政区画)の行政のトップで、当然現地に赴いて行政をおこなっていました。
それが平安時代になると地位だけをもらって実際の行政は代官に任せる場合も出てきましたが、まだトップではありました。
それが鎌倉時代から室町時代になると行政権も武士に奪われて○○守というのは有名無実の名誉職になりましたが、本来は朝廷から任命されるものでした。
しかし戦国時代の○○守というのは正式に朝廷から任命されたものではなく勝手に名乗る場合=僭称、が多くありました。(戦国大名の家臣で○○守を名乗っているのは正式に朝廷から任命されたものではなく大名から名前としてもらったというのが多いです。)もうこの時代には地名とはなんらの関係もなく単なる名前になっています。
秀吉の時代から江戸時代になると勝手に○○守などと名乗ることは出来なくなり幕府の許可を得て(大名かいちおうそれなりの幕府の役職についている旗本のみが許されました。)朝廷から官位をもらいそれにともなって○○守というように名乗る(受領名)ことが出来ました。これも名前に過ぎませんからその土地とは何の関係もありませんが、大名によっては島津氏が薩摩守、毛利氏が長門守にどと自分の領国の受領名を名乗ることもありました。

○○守というのは律令制度では各国(古代の行政区画)の行政のトップで、当然現地に赴いて行政をおこなっていました。
それが平安時代になると地位だけをもらって実際の行政は代官に任せる場合も出てきましたが、まだトップではありました。
それが鎌倉時代から室町時代になると行政権も武士に奪われて○○守というのは有名無実の名誉職になりましたが、本来は朝廷から任命されるものでした。
しかし戦国時代の○○守というのは正式に朝廷から任命されたものではなく勝手に名乗る場合=僭称、が多くありました。(戦...続きを読む

Q江戸時代の○○守の意味は?

時代劇にでてくる大岡越前守のような○○守は何か意味があるのでしょうか?
本当に越前まで赴任したのでしょうか?官位なのでしょうか?また摂津守や武蔵守というような人もいたのでしょうか?越前守より摂津守の法が位が上、というようなランク付けかあったのでしょうか?

Aベストアンサー

平安時代までの国司(○○守)は、実際その国の支配権を持ち、下級貴族の場合は本人または皇族や高級貴族の場合は代理人が任地に行き、支配しました。
鎌倉時代になり各国に武士である守護が置かれると次第に国司の実権が無くなっていきます。源氏系武士(武田氏とか足利氏とか)やその他有力御家人(北条氏等)は国司にも任命されるケースがありましたが、守護がその国の支配者という位置づけです。
戦国時代になり室町幕府の権威が低下すると、守護でない大名は朝廷に金品を送って国司の地位をもらい、それを根拠に周囲の大名と戦争します。つまり、A国守護とA守がそれぞれの権威をバックにA国の支配権を争うわけです。

本題の江戸時代になると、公家の官位官職と武家官位が分離します。本来、各官職には定員があるわけですが、それは朝廷が公家に任命し、その定員と無関係に幕府が武士の官位・官職を決め、朝廷に任命させます。この時点で武家官位は単なる称号に過ぎなくなります。大石内蔵助が朝廷の倉庫(蔵)を管理していたわけではありません。

越前守は従五位の上ですが、公家の五位は殿上人で高位ですが、町奉行時代の大岡忠相は大名ですらありません(晩年に1万石の大名)。越前国(福井県)を支配していたのは徳川分家の越前松平家です。
同時期に別の人が同じ国司の官職を持っていることもあった(武家だけでもxx守が複数居る)ようです(定員と無関係に任じるので)。

参考URL:http://www.f.waseda.jp/fky0/tenno.html

平安時代までの国司(○○守)は、実際その国の支配権を持ち、下級貴族の場合は本人または皇族や高級貴族の場合は代理人が任地に行き、支配しました。
鎌倉時代になり各国に武士である守護が置かれると次第に国司の実権が無くなっていきます。源氏系武士(武田氏とか足利氏とか)やその他有力御家人(北条氏等)は国司にも任命されるケースがありましたが、守護がその国の支配者という位置づけです。
戦国時代になり室町幕府の権威が低下すると、守護でない大名は朝廷に金品を送って国司の地位をもらい、それを根拠に周...続きを読む

Q「○○守」という役職について

「○○守」という役職はどういう意味でしょうか?
たとえば、越前守、肥後守、筑前守・・・
○○にいいろいろな地方の名称が付いています。
実際に現地に派遣されるわけでもなさそうだし。

Aベストアンサー

同じような質問が過去にたくさんありますので、そちら↓をご覧ください。
参考になる回答も多数あります。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/search/search.php?status=select&MT=%BC%E9&ct_select=1&ct0=210&ct1=307&ct2=

Q○○守という称号について

こんばんは。
以前から気になっているのですが、
江戸時代やそれ以前の領主の肩書きで○○守ってありますよね。
あれが実際の領地名と合っていないのはなぜですか?
例えば、忠臣蔵に出てくる脇坂淡路守。
実際の領地は淡路ではなく龍野ですよね。
「守」という称号を与えるにあたり、
なぜ淡路守なのか、紀伊守なのか、備中守なのか、
何を基準に決めていたのですか?

Aベストアンサー

えっと、No1さんは、僭称と正式任官を少々ごっちゃにしているようなのですが・・・これは一緒にしてはいけません。「江戸時代における」、名乗るための手順はNo1の人が書いているものです。

以下、前に私が書いたものを、この質問用に編集して回答としますが・・・

まず、本来的に守職というのは、その地に赴いて政務を行うのが役目です。
古来いわゆるそこに赴任する人に与えられていました(厳密に言うと、与えられるとそこに赴任することになります)。いまでいうところの支社長みたいなものでしょうかね。ただし、官職によっては親王のみがなれるものがありまして、その際は次官である介(スケ)が実質統治する場合がありました。

ついでにいうと、お金を稼ぐなら守がよい(賄賂とか税収をピンハネしたりとか、結構潤っていた人が多い)ということでわざわざ官位としては四~六位程度であまり高い位ではない守にしてくれ、という人までいました。もっとも、人気のない国はあり、これは簡単に言うと金銭収入が低い国です。そういうところに限って官位では高い位にあります。


しかし、武家の台頭により実際に任地に赴くことはまずなくなり、戦国時代にはただの箔となっています。武家の台頭とともにただの箔になったのです。厳密に言うと、守護とか地頭とかいう「守以外の長官」がでてきてからですね。

さて、戦国時代以降ですが、この時代多くの武士は官職を名乗っていました。
しかし、正式任官と、いわゆる僭称(勝手に名乗っている)の2種類がありまして、戦国にはほとんどが僭称となっています。正式任官している人のほうが例外です。
特に七位程度だと9割以上は僭称なのですが・・・守となると一応は正式任官している人が多いです。
しかし、それは大名クラスの話で、守職でも結構な人数が僭称しています。

織田信長を例に挙げますが、これは僭称です。最初上総守と書いていたのですが、すぐに上総介と変えています。非常にいい加減ではありますが・・・こういうものです。
つまり、勝手に名乗っていただけ、ということです。
僭称となれば、ただ名乗っているだけですから当然職務はありませんし、こなす必要もなければ義務もないのです。

江戸時代になってもこの傾向は同様でした。むしろさらに僭称のほうが当たり前になっています。
つまり、大半が勝手に名乗っているだけ、です。

で、No4さんの回答についてなのですが、これに補足しますと、厳密にいうと・・・
こういった国持ち大名の官職(前田家の加賀守など)はかぶらないようにしていたのですが、これをしていたのは「幕府」です。
本来的に官職は「朝廷」が取り決め、発布するものであって、幕府が発行するものではありません。
つまり、幕府が公然と僭称任官を認めていたのです。

もう一つついでに言いますと、この正式任官、実は僭称(実際には半ば僭称というところなのですが・・)している人が任官を断るケースがありました。
戦国時代の話なのですが、こういったことからも、当時いかに官職が箔以上の意味を持っていないかがわかるかと思います

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2186347

えっと、No1さんは、僭称と正式任官を少々ごっちゃにしているようなのですが・・・これは一緒にしてはいけません。「江戸時代における」、名乗るための手順はNo1の人が書いているものです。

以下、前に私が書いたものを、この質問用に編集して回答としますが・・・

まず、本来的に守職というのは、その地に赴いて政務を行うのが役目です。
古来いわゆるそこに赴任する人に与えられていました(厳密に言うと、与えられるとそこに赴任することになります)。いまでいうところの支社長みたいなものでしょうか...続きを読む

Q明智惟任日向守光秀などの「○○守」の命名者など

明智惟任日向守光秀、羽柴筑前守秀吉など「○○守」という名前(正確には、官職の名称でしょうか)がありますが、戦国時代においては、この名前は誰が命名したのでしょうか。

また、ドラマなどを見る限りでは例えば筑前守秀吉が筑前を統治したことなど一度もないように見えますが、「○○守」という名前を名乗っていることと実際にその「○○」の国を統治したかどうかあるいはその「○○」の国から金や物を納めさせたかどうかとは、戦国時代には、何の関係もないのでしょうか。

Aベストアンサー

前にも同じようなものがいくつかありますが(定期的に同様の質問が出ています)・・・前に書いたものを多少編集して載せます。

まず、本来的に守職というのは、その地に赴いて政務を行うのが役目です。
古来いわゆるそこに赴任する人に与えられていました(厳密に言うと、与えられるとそこに赴任することになります)。いまでいうところの支社長みたいなものでしょうかね。ただし、官職によっては親王のみがなれるものがありまして、その際は次官である介(スケ)が実質統治する場合がありました。

ついでにいうと、お金を稼ぐなら守がよい(賄賂とか税収をピンハネしたりとか、結構潤っていた人が多い)ということでわざわざ官位としては四~六位程度であまり高い位ではない守にしてくれ、という人までいました。もっとも、人気のない国はあり、これは簡単に言うと金銭収入が低い国です。そういうところに限って官位では高い位にあります。


しかし、武家の台頭により実際に任地に赴くことはまずなくなり、戦国時代にはただの箔となっています。武家の台頭とともにただの箔になったのです。厳密に言うと、守護とか地頭とかいう「守以外の長官」がでてきてからですね。

さて、戦国時代以降ですが、この時代多くの武士は官職を名乗っていました。
しかし、正式任官と、いわゆる僭称(勝手に名乗っている)の2種類がありまして、戦国にはほとんどが僭称となっています。正式任官している人のほうが例外です。
特に七位程度だと9割以上は僭称なのですが・・・守となると一応は正式任官している人が多いです。
しかし、それは大名クラスの話で、守職でも結構な人数が僭称しています(北条家臣団なんかは守職が山ほどいます。でも大名以外は任官していません。僭称です)。

織田信長を例に挙げますが、これは僭称です。最初上総守と書いていたのですが、すぐに上総介と変えています。非常にいい加減ではありますが・・・こういうものです。
つまり、勝手に名乗っていただけ、ということです。
僭称となれば、ただ名乗っているだけですから当然職務はありませんし、こなす必要もなければ義務もないのです。

・・・以下は取ってつけたようなものなので、かぶるところがありますがご了承を。

さて、誰がつけていたかというのをまとめると
1.勝手に名乗る
2.先祖が勝手に名乗ったものをそのまま使う
3.朝廷からもらう

もちろん本来的には3が正しいものです(正式任官となります)。
しかし、戦国時代以降3はほとんどなく、その多くは1,2、つまり僭称です。
なお、明智光秀の日向守については正式任官、羽柴の筑前守についても正式任官となります。
しかし、これは1575年の話で、それ以前になのっていたものは僭称となります(滝川一益は左近将監をなのっていたがおそらく僭称)。織田家については、京に上洛するなど、政治の中心地にいたから正式任官がいるわけでして、非常に「例外的」です。織田家については3でして、信長が朝廷に依頼して、家臣に官職を与えてもらったのです。

なお、僭称は江戸時代になると余計にひどくなり、守が人気のある国は5人くらいいるなどざらでした。

ただし、No1の方がいっているように「知行地と関係のない官位を名乗るのを禁止した」というわけでもなく、理由なんてほとんどなしに官職の名乗りは通されていました(実際にはその土地にかかわりがあるからという理由が必要だったのですが、そんなものはほとんど嘘を書いても通ったようです)。
例外的に「大名藩が丸ごと治めていて、かつその大名藩が名乗っている官職(前田の加賀守など)」については、禁止していました(それと同姓同守もまずいので差し止められました)。
また、これを行っているのは幕府です。本来的には守は朝廷が任官させるのですが、この時代は幕府が、名乗らせるかどうかを決めています。


統治したとか関係あるかというのは、戦国時代においてもほとんど関係ないです。えらそうに聞こえるから適当になのっていたようなものでして、あくまで「箔」なのです(そのため戦国時代以降において、名乗る=任官ではありません)。

まえに出ていた質問ですが、江戸時代の官職についてはこちらで詳しく述べられています。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2222395

参考URL:http://www.ymg.urban.ne.jp/home/kenf/zassou/zassou-nobunagakansyoku.htm

前にも同じようなものがいくつかありますが(定期的に同様の質問が出ています)・・・前に書いたものを多少編集して載せます。

まず、本来的に守職というのは、その地に赴いて政務を行うのが役目です。
古来いわゆるそこに赴任する人に与えられていました(厳密に言うと、与えられるとそこに赴任することになります)。いまでいうところの支社長みたいなものでしょうかね。ただし、官職によっては親王のみがなれるものがありまして、その際は次官である介(スケ)が実質統治する場合がありました。

ついで...続きを読む

Q江戸時代、藩がどう分布していたかがわかりやすい日本地図を探しています。

たとえば、
今の山口県のあたりには長州藩があり、藩主は毛利家
ということが見てわかりやすい日本地図を探しています。
そのような地図がおいてあるサイトをご存知の方はいらっしゃいますか?

Aベストアンサー

江戸時代初期は大名の取り潰しが多かったので、いつの時代が必要なのか難しいですが、一応300藩と言うことで参考URLをご覧ください。
地方ごとに分かれています。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~me4k-skri/han/hantop.html

Q「上総介」とか「相模守」って?

歴史小説を読んでいると、武士を「上総介(かずさのすけ)」とか「相模守(さがみのかみ)」などと、「○○介」とか「△△守」と呼ぶのをよく目にします。

この「○○介」「△△守」って何なのでしょうか?。苗字でも名前でもないようですが・・・。

このように呼ばれる人はどんな人なのでしょうか?。「介」と「守」には何か格の違いのようなものはあるのでしょうか?。

○○や△△の部分は地名や国の名前が多いようですが、これは何か意味や決まりがあるのでしょうか?。必ずしもその武士の出身地や住所とは一致していないようなのですが・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

古代の律令制では、各国に国司が置かれ、国司の長官を○○守、次官を○○介と呼んでいました。
現代で言えば、知事、副知事のようなものだと思います。
実際には本人は現地に赴任せず、代理人を送って治めさせたことも多かったそうです。

その後、武士の台頭とともに、朝廷の任命する官位・官職は有名無実化し、戦国時代には、各大名が自分免許で勝手に○○守、○○介を名乗っていたようです。

その後、江戸時代には、武士の官位・官職は幕府から朝廷に願い出て与えられることになりましたが、やはり名誉称号的なもので、実体はありません。○○の国名と実際の領地との間にも、関係はありません。同じ○○守を同時に二人以上名乗っていても構わなかったらしく、すでに他の人が名乗っている○○守であっても、希望する者は申請するようにと、幕府がわざわざ通達を出したことさえあるそうです。しかし実際には、例えば陸奥守は代々の仙台藩主が名乗ると言うような慣例は、ある程度あったようです。

ところで、上総守、常陸守、上野守などは、必ず親王が任ぜられることになっていました。織田信長でさえ上総守でなく上総介を名乗ったのは、そのためです。忠臣蔵の敵役の吉良上野介も、身分は国持ち大名並みの格式でありながら、上野守でなく、上野介を名乗っています。
歴史上、上野守、常陸守などの名前がほとんど出てこないのは、このような事情もあると思われます。

以上は地方官の○○守、○○介についてですが、中央の官職では、発音は同じ「かみ」、「すけ」ですが、漢字が違います。「かみ」は「頭」、「すけ」は「輔・助・佐」など。いろいろあったようです。
古語辞典の巻末付録に、昔の官職一覧表などがあって、見てみると面白いですよ。

古代の律令制では、各国に国司が置かれ、国司の長官を○○守、次官を○○介と呼んでいました。
現代で言えば、知事、副知事のようなものだと思います。
実際には本人は現地に赴任せず、代理人を送って治めさせたことも多かったそうです。

その後、武士の台頭とともに、朝廷の任命する官位・官職は有名無実化し、戦国時代には、各大名が自分免許で勝手に○○守、○○介を名乗っていたようです。

その後、江戸時代には、武士の官位・官職は幕府から朝廷に願い出て与えられることになりましたが、やはり名誉称号的な...続きを読む

Q織田「上総介」信長について

「上総介」は正式に得たものですか、それとも自称ですか。
また、いつ頃から使い出したのでしょうか。
また、上野や常陸ではなく上総としたのには理由があるのでしょうか。

どの点でも結構ですからご存知のところを教えてください。

Aベストアンサー

 永禄十一年の従五位下弾正少忠、元亀元年の正四位下弾正大弼、天正二年の従三位参議は、系図纂要に記事があり、位がきちんとついているので正式の叙官です。また天正三年の権大納言以降は公卿補任で確認できますので、これも同様。
 それ以前に信長は上総介(天文十八年)、尾張守(永禄九年) を名乗っていましたがこれは両者とも自称であろうといわれています。なぜ上総なのかはよくわからない。特に近親や先祖で上総介を用いた人もいず(織田家ではだいたい当主になってからは弾正忠、ついで備後守を称する)、根拠は不明です。弾正忠、備後守までの中継ぎということ、本家筋の織田家(守護代)は大和守、伊勢守を通称していること、などから、(1)受領系統の名前が穏当(当時の風潮としても受領名のほうが人気が高かった)、(2)備後、大和、伊勢クラスの国とつりあいをとった(上総、大和、伊勢は上国で守が従五位上、介が正六位下――ただし信長は最初知らずに守を名乗っていたので宗家並みのつもりだったのかもしれない――、備後は大国で守が従五位上)、などの理由によるものではないでしょうか。ちなみに上野、常陸も上国です。

 永禄十一年の従五位下弾正少忠、元亀元年の正四位下弾正大弼、天正二年の従三位参議は、系図纂要に記事があり、位がきちんとついているので正式の叙官です。また天正三年の権大納言以降は公卿補任で確認できますので、これも同様。
 それ以前に信長は上総介(天文十八年)、尾張守(永禄九年) を名乗っていましたがこれは両者とも自称であろうといわれています。なぜ上総なのかはよくわからない。特に近親や先祖で上総介を用いた人もいず(織田家ではだいたい当主になってからは弾正忠、ついで備後守を称する...続きを読む

Q「引導を渡す」という言葉について

「引導を渡す」という言葉について、教えていただけますか。
この言葉は、(とどめを刺す)様な意味で使われることはあるのでしょうか。
例えば、
「(壊れかけの)会社の車に、おれが引導を渡してやった。」
とかいう使い方をすることがあるでしょうか。
(壊れかけの車を、ごまかしごまかし使っていたのを、もう諦めて、廃車にする)
ような意味では使われるような気がするんですが、
ここでは、単に(とどめを刺す)という意味で使えるかどうか、
教えていただけますか。
なんとも分かりづらい質問で、申し訳ありません。

Aベストアンサー

 
「引導」というのは、元々中国で古くから使われていた言葉で、特に「道教」では、一種の気息術か、呼吸法で、大気を吸い込むことを言いました。しかし、普通の言葉として、「手引きする」「案内する」というような意味をあいます。

仏典を漢訳するとき、サンスクリット語 parikarsana の訳語に、この「引導」を選んだのです。「法華経」では、人々を導いて仏道に入らせる意味で使われています。また、死者を済度する意味でも使います。

後に、死者の葬儀の時、導師が、棺の前で、法語や仏教の教えの詩(ガーター)を語って、死者を、迷界から浄土へと導くよう試みる儀式のことになります。

これを、「引導を渡す」と言います。「迷界から浄土へ導く」とは何かと言うと、これは、死者に、「死んだ事実」を確実に認識させ、現世への執着を棄て、悟りの仏道へと進むよう説くことだとも言えます。

つまり、「お前は間違いなく死んだ」ということを、死者に宣言する儀式にもなります。民主主義的とか何とか関係なく、端的に「事実」を語り、事実を宣言する儀式だとも言えます。死の不可逆性を悟って、始めて、浄土への道も開かれるからです。

最初に、こういう「引導を渡す」という形の儀式をしたのは、中国黄檗集の祖、黄檗希運で、彼は9世紀頃の人です。

仏教用語から転じて、「最終的な宣告をして、諦めさせる」という意味があるようですが、これは「最終的な宣告をする」にウェイトがあります。引導を渡しても、相手が納得するとか、諦めるとは限らないからです。

仏教なら、「お前は死んだのだ、そのことを知り、成仏せよ」と引導を渡しても、死者が納得せず、この世への未練から、亡霊などになったり、輪廻に落ちるということは、別に珍しいことでもないからです。

他方、「止めを刺す」というのは、殺したはずの相手を、生き返る余地などないように、念を押して、首を突くとか心臓を刺して、死を確実にすることです。ここから転じて、念を入れて、終わらせるという意味になります。

「敵の攻撃に止めを刺した」というのは、単に攻撃を撃退するだけでなく、もう攻撃できないよう、念を入れて撃退・壊滅させることでしょう。またこれで、最後の最後だということで、「日本画のあの分野では、現代ではA氏がとどめを刺した」という風に使います。

>「(壊れかけの)会社の車に、おれが引導を渡してやった。」

これは用法としてあると思います。「引導を渡す」というのは、かなり転用されます。

>ここでは、単に(とどめを刺す)という意味で使えるかどうか

「引導を渡す」と「とどめを刺す」では、意味が元々違います。しかし、或る場面だと、二つの言い方で、どちらでも使える場合があります。「総務にかけあって、あの車は、おれがとどめを刺してやった」というのは、同僚などに語る場合は使うと思います。

そもそも車に向かい、「お前はすでに死車だ、そのことを知り、迷わず成仏せよ」などというのはおかしい訳です。この場合の「引導を渡す」は、「もう無用の車だと宣言する」ということでしょう。車に擬人的にこう言っているのだとしても、車に同意や納得を求めている訳ではありません。

だから、もう壊れかけ、実は廃車となっているはずの車に、最後の止めを刺して、実質廃車にした、という意味で、「止めを刺した」はありえると思います。

会社か総務の方針かなどで、とっくに廃車(死者)になっている車が、迷って、この世にいるのを、お前はもう廃車だ、この車はもう廃車だ、と宣言することが、「引導を渡す」であり、またそのことは「とどめを刺す」ことにもなるからです。

(もっと偉い人が、車を廃車にしない総務の担当に、廃車にしなさいと、引導を渡す、ということはあります。しかし、担当にとどめを刺すとは言いません。担当に引導を渡し、車にとどめを刺した……というような言い方になるでしょう。無理に例を作ると)。

「引導を渡す」と「止めを刺す」は、元々の意味が違いますから、特定の場面でしか、この二つの表現は成立しません。それも、かなり口語的で、「砕けた表現」の場合に、両方使えると思えます。

だから、この場合は、あれは廃車だと思っている同僚に向かい、軽く言う場合は、「おれが引導を渡した」「おれがとどめを刺した」は使えますが、上司に向かい、「課長、私が、あのぼろ車にとどめを刺しましたよ」というのは、酒の席だとかで冗談めかして言うならともかく、ちょっと使わない方が適切です。

>ここでは、単に(とどめを刺す)という意味で使えるかどうか

ここでは、話す相手や場面によりますが、「引導を渡す」は、「止めを刺す」という意味で使えると思います。しかし、この二つの表現は、本来起源が違うので、一般的な使用の慣習などで、判断しなければならないと思います。

口語調で、少し乱暴に言う場合以外は、基本的に、違う表現・言葉だと考えた方がよいと思います。
 

 
「引導」というのは、元々中国で古くから使われていた言葉で、特に「道教」では、一種の気息術か、呼吸法で、大気を吸い込むことを言いました。しかし、普通の言葉として、「手引きする」「案内する」というような意味をあいます。

仏典を漢訳するとき、サンスクリット語 parikarsana の訳語に、この「引導」を選んだのです。「法華経」では、人々を導いて仏道に入らせる意味で使われています。また、死者を済度する意味でも使います。

後に、死者の葬儀の時、導師が、棺の前で、法語や仏教の教えの詩(...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)


人気Q&Aランキング