こんな英語に出会いました。

1.They coincide with my handles getting banned
2.It's far too late......you've already read this post
(文の構造が…特に最初のほう)
3.Have a nice life but their aint no way i'm going into YC...not even to look.
(aintって。)
4.Peace out forever.
5.they were full on 747 take off farts!
(前にいた中国人がおならを大衆の前で連続してかまし続けているという話の続きです。747って隠語か何かですか)
6.mind like a mule!
7.i'm off to drool over matt damon.
(offの意味がいまいち分かりません。)

多分汚い言葉がたくさんあると思いますが、訳をおしえてください。
また、このような言葉は一般につかわれていますか?

上記の会話文は「LONELY PLANET」のホームページの掲示板から抜粋しました。
http://thorntree.lonelyplanet.com/thorn/topics.p …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

全体的にはスラングというほどでもなく、かなりくだけた会話文ですね。

若者同士の会話では普通だと思いますよ。親とかは怒るような言葉づかいかな。

ラフな会話なのでかなり意訳になりますが、大体以下のような内容です。

1.俺のハンドルが禁止されたのと同じ頃だよ
2.全然オセーよ……もうこのメッセージ読んだだろ
3.楽しめよ。でも俺がYCに行くのはありえねーけどな……見ることさえないね
<aintはain'tでis notなどの口語表現/表記です。でも、YCってなに?>
4.永遠にさよならな
<Peace outはまあスラングって言っていいのかな>
5.すんげー飛行機の離陸なみの屁だったぜ!
<747はボーイング747です>
6.頑固な頭してんな!
<muleラバやdonkeyロバは"頑固もの"のたとえで使われます>
7.マット・デーモンによだれたらしに行ってくるわ
<日本語にしちゃうと変ですが、ちょっととっさにいい表現が浮かばなかったもので…。要はよだれがでちゃうほどマット・デーモンが好きで、実際の行動としては彼の出てるビデオでも見て楽しむとかそういうことです。off はoutと同じような感じで"出て行く/去る"です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
お礼が遅れてすいませんでした。

お礼日時:2002/10/11 23:55

No1です。

前の回答で「かなりくだけた会話」「親とか怒る」とか書いてしまいましたが、総体的に言うと「かなり」というほどでもなく、親世代でも使いそうな会話文です。つい、5のオナラの文が頭に残っていて、これとか7の“よだれたらして”みたいのは「下品な言い方するんじゃないの!」とか言われそうという程度です。失礼しました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QThey said repairing it would cost........

 NHKラジオ英会話講座より
They said repairing it would cost as much as a new one.
修理するのに新品と同じくらいかかるといわれたよ。

(質問)repairing の使い方がよく解りません。
分詞構文ですか?であれば副詞節に戻した状態を教えて下さい。
 それとも現在分詞?For repairing?、文の前後とどうも結びつきません。出来るだけ易しい説明をお願いいたします。 以上

Aベストアンサー

既に適切なアドバイスがありますが、質問者さんが迷われているのは "reparing"以下の節の構造ではないかと思うので補足します。

"would cost"の主語が "it"だと勘違いされていないでしょうか? この節の主語は "it" ではなく、"repairing it" (それを修理すること) です。ですから、この文における "repairing"は単なる動名詞です。

もし質問のポイントを外していたら、申し訳ありません。

QIt's going to take.............

NHKラジオ英会話より
It's going to take a lot more studying than that to pass this exam.
この試験に合格するには、それ以上にもっと勉強しないと。

(質問1)文の構成が分りません。[It]は [to pass this exam]の事でしょうか?
(質問2)[It..to]の構文ですか?
(質問3)[to pass]は不定詞ですか?
初心者です。自信がありませんので、よろしくお願いいたします。以上

Aベストアンサー

 it が形式主語で,to pass this exam が真主語という考え方もありますが,私の考えは,it は時間や状況を表す非人称の it で,it takes (人) +時間+to do で,「(人が)~するのに時間がかかる」という構文だというものです。この to do は「~するためには」という to 不定詞の副詞用法になります。

Q【英語】They gave me was a pen. このwasってなんでいるんですか? They

【英語】They gave me was a pen.

このwasってなんでいるんですか?

They game me a pen.と何が違うんですか?

もしかしてこの文には文頭にWhatが必要な文ですか?

They gave me was a pen.だと意味を成さない?

What they game me was a pen.のWhatがあるからwasがいる?

彼らが私に上げたのはペンでした。

wasがなくても

彼らが私に上げたのはペンだった。となるので同じ意味な気がするんですけど。

Aベストアンサー

まことしやかに言われる、英語の1文には動詞は一つしかない。

進行形を見るまでもなく、準動詞と言われる不定詞・動名詞・分詞を含めれば
当然、1つとは限りません。
準動詞でない、つまり、述語としての動詞は基本1つです。

しかし、接続詞などでつながれると2つ以上になります。
それでも、主となる動詞、つまり、主となる文(節)の動詞は1つ、
節1つにつき、(述語となる)動詞は1つずつしかありません。

They gave me この段階で、gave が述語動詞で
「彼らが私にくれた」
ここで別の動詞 was が来るのはおかしいです。

what や、the thing which、all (that) のような表現が前にあれば
関係代名詞節を作ることになり、その節内に gave がきて、
主節の動詞が was となります。

理屈として説明すればこうなりますが、
英語に慣れれば、

They gave me a pen. 彼らが私にペンをくれた。

○○ (関係代名詞) they gave me was a pen.
彼らがくれた○○はペンだ。

どちらかが正しく、
They gave me was a pen.
というのは文として成り立たない、
ということが自然と感じられます。

まことしやかに言われる、英語の1文には動詞は一つしかない。

進行形を見るまでもなく、準動詞と言われる不定詞・動名詞・分詞を含めれば
当然、1つとは限りません。
準動詞でない、つまり、述語としての動詞は基本1つです。

しかし、接続詞などでつながれると2つ以上になります。
それでも、主となる動詞、つまり、主となる文(節)の動詞は1つ、
節1つにつき、(述語となる)動詞は1つずつしかありません。

They gave me この段階で、gave が述語動詞で
「彼らが私にくれた」
ここで別の動詞 was が来...続きを読む

QThey didn' make you feel pressured......

NHKラジオ英会話講座より
Cecilla:I hope they didn't make you feel pressured or anything.
あなたに両親がプレッッシャーか何か感じさせなかったらいいけど。

(質問1)they以下は、使役用法の第5文型でよろしいですか?
(質問2)過去分詞[pressured]の使い方が判りません。テキストにはfeel pressuredで「プレッシャーを感じる」とあります。しかし、feelとpressuredの2つの動詞が続いて違和感を感じます。どなたか、判りやすい説明をお願いいたします。以上

Aベストアンサー

こんにちは。3/22のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

だいたいはNo.1で回答されているとおりですが、少し補足します。

ご質問1:
<(質問1)they以下は、使役用法の第5文型でよろしいですか?>

結構です。

1.ここでのmakeは「人にある行動(ここではfeel)を非強制的にさせる」という使役の意味で用いられています。

非強制的とは、強制的ではないけれど、自然にそのような動作(feel)をさせてしまう、という意味です。

2.従属節内の文を分解すると以下のようになります。

They:主語S
didn't make:使役動詞V
you:目的語O
feel pressured or anything:補語C

2.feel pressured or anything:

(1)ここだけで、一種の動詞+補語=V+Cの関係になっています。

(2)つまり、pressured or anythingは形容詞句として、動詞feelを補う補語の働きをしています。

(3)この部分の意味は
(直訳)「プレッシャーがあるように、感じる」
となります。

(4)これが使役動詞makeにかかって
(直訳)「あなたに、プレッシャーがあるように感じる、ようにさせる」
→(意訳)「あなたに、プレッシャーを感じさせる」

という意味になります。


ご質問2:
<過去分詞[pressured]の使い方が判りません。>

1.pressuredの使い方は、使役動詞makeとは関係ありません。

2.関係する動詞はfeelになります。

3.上記でご説明したように、補語の部分はfeel pressured or anythingで、この部分が既にV+Cの関係があると指摘しました。

4.つまりfeelがVでpressuredがCになる関係です。では、その主語になるのは誰でしょう。それは、ここで目的語になっているyouです。

5.この部分をyouを主語にして完成させると
you feel pressured
「あなたが、プレッシャーがあるように、感じる」
となります。

つまり、この文はSVCの第2文型になっているのです。

6.第2文型の補語は主格補語と呼ばれ、S=Cの関係があります。つまり、動詞をbe動詞にして書き換えることができます。
例:
you are pressured
「あなたはプレッシャーを受けている」

7.何故pressuredと過去分詞になるかというと「受身」になっているからです。pressureは「~にプレッシャーを与える」という他動詞になります。本来目的語であったYouが主語になったために、受身の文になるのです。
例:
They pressure you.
「彼らがあなたにプレッシャーを与える」
=You are pressured (by them).
「あなたは彼らによって、プレッシャーを与えられる」

8.以上がpressuredと過去分詞(受身の意味)になっている理由です。

9.ちなみに、or anythingのanythingは名詞ですが、ここでは名詞としてfeelの目的語Oになっています。
例:
you feel anything
「あなたは何かを感じる」
つまり、SVOの第3文型になっているのです。

10.以上から、このfeel以降は
(you) feel pressured(SVC)
(you) feel anything(SVO)
という2つの文型が混合したものが、使役動詞の補語Cになる句として使われている、ということです。

文法的に見てみるとやや複雑な構文なのですね。

11.今回の復習のポイントは
(1)feel+過去分詞はV+Cの関係になる
(2)過去分詞は受身の意味になる。理由は、主語と過去分詞の関係が受身だから
(3)意味は「~のように感じる」というフィーリングでとらえる
ということでしょうか。

以上ご参考までに。

こんにちは。3/22のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

だいたいはNo.1で回答されているとおりですが、少し補足します。

ご質問1:
<(質問1)they以下は、使役用法の第5文型でよろしいですか?>

結構です。

1.ここでのmakeは「人にある行動(ここではfeel)を非強制的にさせる」という使役の意味で用いられています。

非強制的とは、強制的ではないけれど、自然にそのような動作(feel)をさせてしまう、という意味です。

2.従属節内の文を分解すると以下のようになり...続きを読む

Q...as we think they are.

NHKテレビ英会話講座より
People are not always busy as we think they are.
人は私たちが思うほどいつも忙しいわけではない。
(質問)
部分否定の文章ですが、省略された部分があります。補足してみました。間違いはありませんか?
People are not always busy as we think (that) they are(busy).
自信がないので確認したいのです。よろしくお願いいたします。以上

Aベストアンサー

今日は~♪

補足するとそのとおりです。

では~♪


人気Q&Aランキング

おすすめ情報