会員登録で5000円分が当たります

現在1フロアに3部屋x5階建ての小さなマンションに住んでます。

最近気になりだしたのですが、うちのマンションは建物の同じ片側にエレベーターと階段がついていて、ベランダにある非難ハシゴも同じ側の窓側部屋にあり、ベランダの仕切りを突き破って非難するようになっています。

つまり、非難経路がすべて建物の片側のみ。
部屋は横に3つの部屋が並んでいて、私の部屋は一番奥で階段やエレベータ、非難ハシゴの反対側なんです。
これって3つあるうちの真ん中の部屋で例えば火災が発生し、ベランダ側も玄関の通路側も通れなくなった場合、うちは非難経路が断たれてしまうのでは・・・と。

うちは5階なので、窓から飛び降りることなど絶対にできません。
せめて非難ハシゴは階段と反対側につけてくれればいいのに・・・と思うのですが、これって消防法などでは違法建築にならないのでしょうか?

実際ある団地で火災が起こり、ベランダからも玄関からも火が吹き出した、というニュースを見ました。
そういう時のことなどを考えると、今の部屋で生活していることが恐ろしくなってきました。

こういうとき、うちのように反対側にしか非難経路がない状況の人は、いざという時にはあきらめるしかないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

管理会社社員です。



一般的に、消防法では2方向避難が確保されていれば、それで十分とされています。この場合、共用廊下側とベランダ側が確保されていますので、違法建築にはなりません。

さらに、マンションの各住戸は、防火区画になっています。
わかりやすく言うと、よほどの事がない限り、隣接する住戸には延焼しません。玄関の扉は防火扉ですし、ベランダも延焼の恐れがある範囲については防火効果のある網入りガラスが使われているはずです。

ですから、真ん中の住戸で火災が発生し、さらにベランダと玄関側から火が噴出し、扉やサッシを閉めている隣接住戸に延焼する可能性はかなり低いと思われます。

そのような極めて可能性の低い危険に怯えるのは、あまり有益とは思えませんが、いかがでしょうか。どうしても気になるのであれば、戸建てに住み替えるのも一つの方法ではありますが、街中の戸建ての場合はマンションのように防火区画と言うものが有りません。隣の家が火事になれば、延焼してしまう可能性はマンションより高いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

建物の構造なんかはよくわかっていなかったので、お話を聞いて安心しました。
危険の可能性が極めて低いということが分かってよかったです。
とりあえずは安心してこのまますみつづけたいと思います。

確かに戸建ての方が延焼の可能性が高そうですね。

お礼日時:2008/02/27 21:34

原則は二方向避難。

で、その二方向は、左右ではなく、表裏で十分です。今回の件は十分法に適っています。
なお、避難はしごは、上下階は、あなたの部屋とは互い違いの方向(反対側)にあるはずです。足踏み外して転落したときに、一気に下まで行かないように。よく見てみてください。

火災時ですが、鉄筋コンクリートの壁がありますし、玄関ドアは防火仕様なので、たとえ部屋が火事でも、廊下への延焼はほとんどないはずです。だから、あなたの部屋が火事になったからって、同じフロアの反対側の部屋の方も死ぬ可能性は高くありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

「上下階はあなたの部屋とは互い違いの方向」というのが良く分かりませんが、見たところ同じ部屋の列内で、上下階とはベランダ内の位置が違うようになっています。
(説明が難しいですが、左から101、102、103とすると、ハシゴはすべて103、203、303、403、503の部屋についており、103、303、503はベランダの右側、203、403はベランダの左側についてます。ちなみに私の部屋は501の位置です)


隣室で火事になったとしてもうちの部屋への延焼の可能性はきわめて低いということを聞いて安心しました。

お礼日時:2008/02/27 21:44

 大家しています。


 
 賃貸と分譲とでは違うのかもしれませんが、私のところの場合は各戸に避難用のロープとそれを下ろす器具か、折りたたんであるチェーンの梯子みたいなのが設置されています。

 消防の点検は毎年行われ、これらが点検され、時期が来ると(どう見ても使えるのに)交換させられています。消火器も設置が義務付けられ本数と内容物(粉末か液体か)まで決められています。

 消防署の点検は結構煩いので、それに反することは出来ないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そんなにしっかりと点検してるんですね。

お礼日時:2008/02/27 21:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンションの廊下に自転車を置かせることは消防法に違反しますか

10階建ての賃貸マンションの廊下(内幅1.5m)に自転車を置くようにさせると消防法等の法律に触れるのでしょうか。
3階から10階まで各階に直線の解放廊下(長さ16.2m)があり、1DKが4戸並んであります。全部で32戸です。 単身者あるいは独身者ですので、各階には多くても4台並びます エレベーターで持ち上がり、それぞれの玄関の前に置かせようと思っています。
その場合法律(消防法等?)に抵触しますか。 

Aベストアンサー

法律に触れるか触れないか、それでいいのでしょうか?
私なら、そのマンションには住みたくないです。
地震が来ました。自転車が倒れました。避難しようと玄関に慌ててでると自転車に躓き、大した被害も無かったのに自分だけが怪我をしている・・・
想像しただけで嫌です。

Qマンションの避難口について

賃貸マンションの半地下1階1Kに新築から6年間住んでいます。
竣工1年目に唯一ある窓の前に仕切りが付けられました。アンカーボルトでガッチリ固定された、網入り磨りガラスのパーテンションです。間からは人の出入りすらできません。恐らくセキュリティを考えて付けられたのでしょう。

現在入り口は玄関のみなのですが、火災があった際の避難口は玄関のみです。
2方向避難ができないこの状況は消防法や建築基準法に違反してますよね?
共用部管理会社に依頼してますが、対応している様子がありませんので、退去も考えてます。
このまま泣き寝入りして自腹で退去するしか無いのでしょうか。
アドバイス、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

形態的に半地下で、唯一解放できる窓の前には磨りガラスの網入りパーテーション
基準法的には本当に居室なの? 消防法的には無窓居室、基準法的には採光無窓ならその部屋は倉庫です。
人が住めない部屋と言うことです。
ただ、いくら専門家でも話だけでは判断できない出来ません。その部屋が法令違反なのかどうかは

どちらにしろ、外も見えない、ほとんど牢獄のような部屋には住んでいられないでしょう。
退去されるのをお勧めします。 居室では無い部屋に住まわされているから、引っ越し費用を大家に払わせようとするならば、こちらも専門家に原状を調査してもらって居室で無い根拠を示したからでないと、自治体の建築課も消防署も動かないように思います。
ダメ元で一度 建築課(建築指導課・・・自治体で名称が違います)に相談に行ってみてはいかがでしょう。
ひょっとすると図面上は倉庫かもしれません。

Qベランダに私物置く権利がないって 本当?

私が所有し 住んでいるマンションは修繕工事が行われ。

部屋中には置く場所がなっかた為ベランダに置いて使う物を
片つけないと工事が出来なくなりっと業者さんに言われ、

工事があった故 本来は捨てる訳いけない物と言うのに、
結果的捨てざるを得ないようになり、それを掛る費用は
管理費、修繕積立金を収めている管理会社に支払って
もらえる筈と思いましたが、、、

管理会社に問い合わせし、担当者の説明は
「規約によりベランダは建物の共有部分であり
本当は個人の物を置いてはいけない、大目に見ていたとか、、」
この説明が正しなら
自分住む部屋のベランダを自由に使う権利がない事になる。

ベランダに洗濯機置き場設置されてあれば洗濯機を置くし、
エアコン室外機をベランダに置く、洗濯物をベランダで干す、
植物をベランダで育つ、、などなど、、、全てな人の
日常生活行為が規約違反な事になているではないでしょうか?
これって あり得ますでしょうか、、?

自分住む部屋のベランダに物を置く権利がないのを本当ですか?
捨てさせられる事に掛る費用は自己負担しなければならないのでしょうか?

教えて頂けますよう お願い致します。
 

私が所有し 住んでいるマンションは修繕工事が行われ。

部屋中には置く場所がなっかた為ベランダに置いて使う物を
片つけないと工事が出来なくなりっと業者さんに言われ、

工事があった故 本来は捨てる訳いけない物と言うのに、
結果的捨てざるを得ないようになり、それを掛る費用は
管理費、修繕積立金を収めている管理会社に支払って
もらえる筈と思いましたが、、、

管理会社に問い合わせし、担当者の説明は
「規約によりベランダは建物の共有部分であり
本当は個人の物を置いてはいけない、大目に見てい...続きを読む

Aベストアンサー

自分住む部屋のベランダに物を置く権利がないのを本当ですか?

 その通りです。理由は火災など起きた時の緊急非難通路に成っているからベランダは建物の共有部分に成ってます。その通行に阻害する物は置いてはいけないのです。
 通常の使用は部屋の人に権利はありますが、ベランダにおける物は管理組合で許可したものだけです。置いている例では、エアコンの室外機は指定場所へ(緊急非難通路が阻害されない場所)、洗濯機は指定場所へ・・物干しも通行を阻害しない場所へ設置されています。通常は指定された物以外は本来置けません。大目に見ているものとしては移動が容易な植物で緊急避難時に支障が無いも目をつぶることがありますが本来は駄目です。 
 したがって移動及び処分は貴方の負担に成ります。また火災などが起こりベランダに物が置いてありベランダ経由、緊急避難経路を使うことできなく死亡などした時は消防法違反及び業務上過失致死罪などに問われて処罰されるだけでな死亡に関わる損害も請求されることと成ります。

Q賃貸マンションの消防法について

いつもお世話になっております。

9月の下旬に引越しをしまして、その物件についての質問です。
築30年ほどのマンションですが、私が入居した部屋はリノベーションされていて
内装はまるで分譲マンションのように綺麗な物件です。

しかし、NTTのモジュラージャックがなかったり
(光回線も配管がないとのことで繋げませんでした)
火災報知機がなかったりで不備が目立ちます。

ペットを飼うため敷金なしの礼金のみ50万支払いました。
入居から1ヶ月近くたっていますが、いまだに契約書の控えが届きません。
(何度も催促はしていますが、訂正箇所があるとかないとかでなかなか郵送してくれません)

一番心配なのが消防法なのですが、
火災報知機がないことは違反にならないのでしょうか。
消火器も何十年も昔のようなさび付いたものしか置いていなく心配です。
今更ですが本当にこの物件大丈夫なのでしょうか。

どうか解答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

消防法の規定による自動火災報知設備(自火報)と最近、義務設置になった住宅用火災警報器は別物です。

建物全体での自火報だと、建物の年代・規模それに地域の緩和措置などによって、設備されていないことも多いです。特にワンルームマンションで、コンロが電熱式の場合はかなりの大きさの建物でも、設置が免除されます。

また住宅用火災警報器は、このような建物で自火報が無い場合、設置することが義務なのですが、賃貸住宅の場合、設置をするのが入居者なのか、管理者(大家含む)なのかのガイドラインが示されていないので、やる気のない管理者だと、積極的につけようとはしないようです。逆に必ずしも居住者の責任とも言い切れないのです。
ご自分でつけるなら、つけても構わないでしょう。つけないよりは間違いなく効果があります。

消火器は錆びているとかなり危険です。そのままで危ないということは無いのですが、いざ使用しようとすると、破裂したりして怪我につながる恐れもあります。

ご心配なら、お近くの消防署に相談しましょう。消火器の錆の状態ぐらいは写真で持っていってもいいかもしれません。消防署の予防課もしくは指導課というところで対応してくれます。

消防法の規定による自動火災報知設備(自火報)と最近、義務設置になった住宅用火災警報器は別物です。

建物全体での自火報だと、建物の年代・規模それに地域の緩和措置などによって、設備されていないことも多いです。特にワンルームマンションで、コンロが電熱式の場合はかなりの大きさの建物でも、設置が免除されます。

また住宅用火災警報器は、このような建物で自火報が無い場合、設置することが義務なのですが、賃貸住宅の場合、設置をするのが入居者なのか、管理者(大家含む)なのかのガイドライン...続きを読む

Q共同住宅の廊下幅員について。

共同住宅の廊下幅員について。

2階建て4戸の共同住宅で、1階(2戸)の床面積が52平米です。
建令119では片側居室の場合の廊下(屋外)幅員が≧1.2m(>100平米の階の共用のもの)
とありますが、それぞれの階が100平米以下の場合はどうなるのでしょうか?
また、プラン調整により、合計の延べ床面積が100平米に満たない場合も想定しています。
上記の内容でしたら、階段の幅員は75cmで良いという認識なので、廊下も同様に75cmでは不可なのでしょうか?

共同住宅に詳しい方がおられましたらご教示いただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2代目cyoi-obakaです。

#1の2009kenさんご指摘は、手厳しいですね!
しかし、建築基準法同関係法令上の基本的事項ですので、質問者さんが建築業界の方でしたら、チョット困った事です。

取り敢えず、一般の方と解釈して………回答します!
もちろん、それぞれの階の床面積が100平米以下であれば、廊下幅員の規定は適用されません。
従って、廊下幅員75cmでも法律上は、問題有りません。
しかし、通常、廊下幅員が75cmでは、玄関扉(既製品)が90°開きませんよ!
また、玄関扉を開いた時に、仮に廊下を通行する人間がいたとすれば、大変危険な状況に成ります。

確かに、2所帯の為の共用廊下ですから、通行量は少ないでしょうが、最低90cm以上は廊下幅員を確保する事が、常識でしょう!
引越しの時の荷物の出し入れにも、苦労しますよね。
基準法は、最低の規約です!!
これを理解しないと、とんでもないしっぺ返しを食らいますヨ!

また、階段の事にも触れていますが、共同住宅の階段を幅員75cmで設計したら、その方は設計士としては落第です!

どちらにしても、廊下及び階段は、非常時の大切な非難経路です!
通常では起こらない事も、非常時では起きてしまう可能性がありますので、充分な配慮を希望致します。
これは、居住者の安全のため、オーナーの管理責任のため、そして設計者の設計責任ためです!!

以上です。

2代目cyoi-obakaです。

#1の2009kenさんご指摘は、手厳しいですね!
しかし、建築基準法同関係法令上の基本的事項ですので、質問者さんが建築業界の方でしたら、チョット困った事です。

取り敢えず、一般の方と解釈して………回答します!
もちろん、それぞれの階の床面積が100平米以下であれば、廊下幅員の規定は適用されません。
従って、廊下幅員75cmでも法律上は、問題有りません。
しかし、通常、廊下幅員が75cmでは、玄関扉(既製品)が90°開きませんよ!
また、玄関扉を開いた時に、仮に廊下を通...続きを読む

Q物置はバルコニーに絶対置けない?

区分所有権の対象となるマンションのバルコニーに区分所有者が物置を置く事はバルコニーが非常時の避難通路の機能を有している時は設置ができないということを聞いたのですが、その見解からすると、避難通路としての機能を果たすように物置を設置するとき(例えば、バルコニーに避難通路として60cm程度開けて物置を設置するとき)にはバルコニーに物置を置いてもかまないのでしょうか?

なお規約には「共用部分に私有物を置いてはいけない」とのみ記載してあります。この規約は上記のようなバルコニーの物置の設置に対して排除または原状回復を求める訴訟起こしても認められないという事になるのでしょうか?

出来ましたら根拠と共にお願いします。

Aベストアンサー

そもそも、避難上有効なバルコニーというのは、基本的なところに矛盾をはらんでいます。
先に述べたとおり、区分所有法では「通常の用法」としての使用が認められていますが、その一方で消防条例により「物を置いてはならない」とされているのです。バルコニーに全く物を置けないとしたら、できることと言ったらひなたぼっこ位になってしまいますね。

私は実務に携わっている人間ですので、一つの妥協点として、「置けるのはあくまでも移動、撤去が容易なものに限定し、避難誘導に妨げになるものは置かない」と言うスタンスを取っています。法的にどうか、と言う点は、残念ながら考慮していません。

こんな回答でご満足頂けますか?

Qマンションの廊下とエアコンの室外機について

いつもお世話になって感謝しております

ちょっと困った事になったのですが、
うちのマンションの通路にエアコン室外機を出しているのですが、消防から改善するように言われたと管理事務所から連絡がありました。

通路が幅127cmでエアコンの室外機が25cmくらいです。法律的にはどの程度空ければいいのでしょうか?
設置そのものがまずかったのでしょうか(;;)

詳しい方教えてくださいませ

Aベストアンサー

 最初に、長文ですし、専門用語も使用しています。従って、読みづらい部分もあると思いますが、ご容赦願います。(専門用語は解りやすくしたつもりです。)
 マンションの通路にエアコンの室外機がが設置されていても、消防法施行規則までにはマンションの必要通路幅は規定されていません。しかし、お住まいの都市がわかりませんので何ともいえませんが、ひょっとすると各行政地域の条例で通路幅が規定されているかもしれません。ちなみに、建築関係法令では通路幅は規定されているはずです。(消防職員は、立入検査時に条例も含む消防関係法令に基づき不備事項の指摘はしますが、他の法令不備事項については指摘できません。ただし、参考情報として伝える事はあります。)
そこで、消防関係法令に基づく不備事項の指摘として考えられるのは、
 1 通路幅の問題より、室外機の設置場所が悪くて避難障害になっている。
 2 お住まいのマンションが共同住宅特例の適用を受けていて、共有部分(廊下通路)と居室部分(お住まいの住戸)の区画貫通処理(エアコンの配管・配線を経由して共有部分から住戸部分へ火災が広がらないようにする。逆の場合も同様)がされていない。
 ことが考えられます。特に、「2」は、エアコンは家電屋さんに頼むのが一般的で家電屋さんへ依頼時に区画貫通処理を依頼しなければ絶対といっていい程してくれません。(家電屋さんは共同住宅特例を知らなかったり、知っていても区画貫通処理に経費はかかるし、手間もかかるのでメッリトは無いからです)
しかし、以上述べた不備事項は一般的に考えられる不備事項なので、詳細については、消防職員が立入検査時に書類で不備事項を関係者(賃貸マンションであれば所有者、分譲マンションであれば管理組合の理事長)あてに交付しているはずですので、その交付書類で不備事項を確認し、所轄の消防署(本部)の立入検査を実施した担当者に不備理由を確認される事をお勧めします。その際、根拠となった条例の法文まで確認されれば、通路幅をどれだけ確保すれば良いのか解るので今後の参考になると思われます。
(質問の内容から室外機が設置されている場所はあくまでも通路であり、ベランダ部分ではないと判断しています。
ベランダに室外機が設置されている場合はこの回答はあてはまりません。万一、ベランダに設置の場合は「補足」でお知らせください。ベランダで考えられる不備事項もあります)

 最初に、長文ですし、専門用語も使用しています。従って、読みづらい部分もあると思いますが、ご容赦願います。(専門用語は解りやすくしたつもりです。)
 マンションの通路にエアコンの室外機がが設置されていても、消防法施行規則までにはマンションの必要通路幅は規定されていません。しかし、お住まいの都市がわかりませんので何ともいえませんが、ひょっとすると各行政地域の条例で通路幅が規定されているかもしれません。ちなみに、建築関係法令では通路幅は規定されているはずです。(消防職員は、立...続きを読む

Qマンション専有部に消火器設置義務はありますか?

マンション専有部に消火器設置義務はありますか?

マンションの理事をしております。
管理会社から専有部(各室)の消火器交換で
総額130万円あまりの提案書が来ました。

専有部に消火器を設置するかどうかは、
そこの居住者の判断だと思うのですが、
管理会社の担当は「義務」のようにいっています。

本当のところ、どうなんでしょうか。
ご存知の方、ご教授願えますでしょうか。
また、どこに相談すれば詳しく教えてもらえるでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私もマンション住まいですが専有部についての設置の義務は存じません(以前理事をしていました)。なお消防法に関する参考サイトを添付しておきます。

また、消火器を設置するにしても管理会社からだけしか買えないと言うものではありませんので他の業者からも見積もりを取られる事をお勧めします。これは共有部に設置されるものも一方的に高いものを買わされることを防ぐことが出来ますので。

以上ご参考にして下さい。

参考URL:http://www.m-kouiki.or.jp/reiki_int/honbun/ab30050421.html

Q避難上有効なバルコニーについて

建築基準法施行令第121条にある、「避難上有効なバルコニー」を設置した場合、避難階へ避難する器具の設置は必要になるのでしょうか?
また、「避難上有効なバルコニー」について詳細を知ることができるサイト等をご存知の方がおられましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

建築基準法の中でもかなり専門的な内容なので、文章だけで理解してもらえるかどうか分かりませんが、No.1さんの説明の補足をしますと、建築基準法施行令第121条第3項に該当してくる内容になります。

簡単に言えば、マンションなどの共同住宅は特殊建築物という扱いになるので、火災の場合などの避難規定が厳しくなります。
まず、(1)二方向避難の原則という規定があり、避難する為には階段が二ヶ所必要になって(二以上の直通階段の設置)、階段までの歩行距離も建物の規模、構造によって何メートル以内と決められています。令第121条第1項(例えば40M以内など)

(2)次にその二ヶ所の階段までのそれぞれの距離も重複距離という呼び方で、同じ方向に向かって(1)で決められた歩行距離の1/2以上が重ならないようにしなければいけないという規定もあります。令第121条第3項(例えば歩行距離が40M以内の建物の場合は重複距離が20M以内となります)

(3)また第3項のただし書きに、「ただし、居室の各部分から、重複区間を経由しないで、避難上有効なバルコニー等に避難できる場合避難上有効なバルコニー等に避難できる場合は、この限りではない、」とあります。

つまり、法規的な重複区間がクリア出来ない場合にバルコニーを、「避難上有効なバルコニー」として避難通路として使える訳です。
「避難上有効なバルコニー」の構造としては、同条の中に「タラップその他の避難上安全に避難できる設備を有すること」とあるので、バルコニーの先には避難が出来る外階段かタラップ(避難梯子)が必要になります。

建築基準法の中でもかなり専門的な内容なので、文章だけで理解してもらえるかどうか分かりませんが、No.1さんの説明の補足をしますと、建築基準法施行令第121条第3項に該当してくる内容になります。

簡単に言えば、マンションなどの共同住宅は特殊建築物という扱いになるので、火災の場合などの避難規定が厳しくなります。
まず、(1)二方向避難の原則という規定があり、避難する為には階段が二ヶ所必要になって(二以上の直通階段の設置)、階段までの歩行距離も建物の規模、構造によって何メートル以内と決め...続きを読む

Qマンションのスプリンクラー設置義務について

マンションのスプリンクラー設置義務について
分譲賃貸マンション(15階部分89m2)に引越しを検討しています。15階部分に住むのは初めてで防火設備について不安があります。火災報知機はありましたがスプリンクラーは居住スペースについていません。設計住宅性能評価書も確認しましたが記載がありません。消防法施行令12条を見たところ11階以上の建造物には設置義務があるが共同住宅にはその義務はない?ようです。
では15階部分では火災報知機があれば法的に大丈夫ということでしょうか?スプリンクラーは要らないのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です

>各階の避難経路について2方向というのはどう解釈すればよいのでしょうか。検討中の物件は避難用の階段とあとはベランダへ隣室へいけるような設備になっていました。これで2方向になりますか?

はい、その通りです。

ご検討中の建物は、消防法では二方向避難・開放型特定共同住宅等という分類かと思います。

避難路の階段室の設置やバルコニーには基準があります。

参考図を添付しました、
階段室の設置には
「廊下型特定共同住宅等の階段室等は、廊下の端部又は廊下の端部に接する住戸等の主たる出入口に面していること」となっています。

階段Aは廊下の端部に当たります。
階段Bが「廊下の端部に接する住戸等の主たる出入口に面している」階段になります。
また、住居aの隣室が火事になったときに、住居aの住人が避難しやすいように、
太字のWは住居aの間口幅以下の寸法でないといけません(内寸か芯寸かはよく知らないです)。

避難に適したバルコニーがあれば、階段A・Bのどちらかに設置してあれば、2方向になります。

次に避難に適したバルコニーですが、
バルコニーが外気面に接する部分に有効に設置されていること(避難する上で)

バルコニー等に面する住戸等の外壁に、消防法施行規則(昭和36年自治省令第6号)第4条の2の2に規定する避難上有効な開口部が設けられていること。

隣接するバルコニー等が隔板等によって隔てられている場合にあっては、当該隔板等が容易に開放し、除去し、又は破壊することができるもの。

その他消防法で決められた表示等の要件があります。

#2です

>各階の避難経路について2方向というのはどう解釈すればよいのでしょうか。検討中の物件は避難用の階段とあとはベランダへ隣室へいけるような設備になっていました。これで2方向になりますか?

はい、その通りです。

ご検討中の建物は、消防法では二方向避難・開放型特定共同住宅等という分類かと思います。

避難路の階段室の設置やバルコニーには基準があります。

参考図を添付しました、
階段室の設置には
「廊下型特定共同住宅等の階段室等は、廊下の端部又は廊下の端部に接する住戸等の主たる...続きを読む


人気Q&Aランキング