代名詞の問題で ( ) sounds interesting …とあり、
選択肢に That と It の両方があります。表現としては That sounds ~の方が自然なので、正解は That だと思うのですが、Itではダメな理由がわかりません。代名詞itには前文の内容を指し示す用法がありますし、辞書にもit sounds …という表現も載っています。
itとoneの区別はよく出てきますが、itとthatの区別って意外に難しいなと改めて感じました。どなたかすっきりさせてください。

A 回答 (6件)

>Itではダメな理由がわかりません。



Itでも正解です。

この場合のitとthatの基本的な違いは次のとおりです。
(a)itは、名詞、代名詞を指し示します。
(b)thatは、文章の内容を指し示します。

例えば、次のようです。
(1)
A: I'm studying an insect.(ある昆虫の研究をしてるんだ。)
B: That sounds interesting.(面白そうだね。)
A: Is it funny?(こっけいじゃない?)
thatは、Aが言った文の内容を指し示します。
itは、Bが言った that という代名詞を指し示します。

(2)
A: I'm studying an insect.(ある昆虫の研究をしてるんだ。)
B: What is it?.(それ何?)
itは、Aが言った an insect という名詞を指し示します。

上記のルールに例外はありません。

したがって、itで言うと、例えば次のB11やB12を心の中で言って、そのあとB2だけを声に出して言ったような感じがします。
(3)
A: I'm studying an insect.(ある昆虫の研究をしてるんだ。)
B11: That sounds great.(すごいね。)
B12: You're doing an strange research.(変わった研究をしてるんだね。)
B2: It sounds interesting.(面白そうだね。)
この場合、it は that や an strange research という(代)名詞を指し示しています。

別の言い方をすると、thatで言うと相手の言ったことを直接に「それ」と指し示すことになりますが、it で言うと相手の言ったことを1度自分の中に取り込んで(この時点で相手の言ったことはバラバラの文ではなく1つの塊になると言うか1つの(代)名詞になります)その取り込んだものを指し示す感じがします。

ただ、聞き手(A)に取ってはそんなことはどうでもいいことで、御質問の場面でitとthatのどちらを用いても、意味は全く同じであり、ニュアンス的にもほとんど同じと言えます。ただ、心の動きとしてはかなり異なります。

>代名詞itには前文の内容を指し示す用法があります

ありますが、前文の内容を直接に指し示すわけではありません。前文の内容を1度自分の心の中に取り込んだ後に、それを指し示します。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

詳細な説明ありがとうございます。
例文もわかりやすく、参考になりました。
自分なりによく消化して、指導に役立てます。

お礼日時:2008/03/01 15:32

アメリカに住んで40年目になりました。

 私なりに書いてみますね。

これに関して言える事はthatでもitでも「フィーリングが感じるほどの意味合いが変わる事はない」としていいと思います。

もし何かの理由でthatでなくてはならないとしたら、それ自体が間違っているとしか言えないでしょう。 前後の文章があってもです。

この表現法でthatとitの違いを「感じられる英語力を持つ」はかなり高度な英語力を持たなくてはできない事でしょうし、それほど大きな問題として浮き上がる事は実際の状況ですら起きません。

>代名詞の問題で ( ) sounds interesting …とあり、選択肢に That と It の両方があります。

その問題集の正解がどちらであろうと、二つ選べると言うのであれば良いですが、その問題集は問題を抱えていると言う事です。 そしてこれからもその問題集が正解とされているものでもその信義を確認する必要があると言うことでしょう。

そして、実際に使われている表現として、

That sounds interesting.
It sounds interesting.
Sounds interesting.
Interesting.
と言う表現方法が使えます。 このInterestingと言う表現はsoundsなくてもIt/That is interesting.よりSounds interestingに近いフィーリングを感じさせます。

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ネイティブに近い方からの投稿、頼りになります。ありがとうございました。
確かに、実際にはThatやItをとってSounds ~の方が、ニュアンスは伝わるし、ややこしくないですね。一度問題集の編集の方にも問い合わせてみます。ありがとうございました。又、宜しくお願いします。

お礼日時:2008/03/01 15:36

>Itではダメな理由がわかりません



それは It も正解だからです。

そもそもなぜ that が自然だと思われたのでしょうか。

この表現は 誰かが何かを言ったことに対して 「それは面白そうだね」といっている受け答えですから どちらで受けても正解です。

因みに私は殆どいつも it/that を省きます。喋っている時は。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
いわゆる受験英語っていうのにずっと携わっていると、頻出の問題や表現が自然な表現だと勘違いしている節があります。
僕らが感じる「自然」というのは言葉のニュアンスとしてではなく、受験英語として「自然」=「頻出」と感じているんでしょうね。
その語や文章のニュアンスや深い意味合いを理解せず、手先のテクニックばかりに頼っている自分を反省しました。

お礼日時:2008/03/01 17:20

こんばんは。



ニュアンスに微々たる差があったり、ネイティブが見て自然かどうかということはあるのかもしれませんが、
どちらも正解です。

前後の文や言葉が何であってもです。

どちらにしても、バッテンを付けるとすれば、それは酷な採点です。

That sounds
http://eow.alc.co.jp/%22that%20sounds%22/UTF-8/

It sounds
http://eow.alc.co.jp/%22it%20sounds%22/UTF-8/

ちなみに、
空欄にしても正解ですが。
http://eow.alc.co.jp/%22sounds%22/UTF-8/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
英辞朗君の存在を思い出しました。
昔はよく利用していたんですが、改めてその価値に気づきました。
これから、もっと活用してみます。

お礼日時:2008/03/01 17:17

That sounds interesting...



その問題はは相手の言ったことなどに対して「それは面白そうだな」と答えるようなシチュエーションではありませんか?

that は相手側のものや事を指して言うときに使われます。

What's that? 「(相手の持っているものや発言を指して)それは何だい?」

it は人称代名詞で指し示す力は弱く、むしろ「受ける」程度です。同じ「それ」でも指し示すかそうでないかの違いです。

it sounds というときは it の内容が後ろに述べられているか、わざわざ that を使うまでもない、また誤解も起きない、日本語ならむしろ「それ」と言わないようなときです。

人称代名詞と指示代名詞、「指す」と「受ける」、名称はどうでもいいのですが、意味合いには大きな違いがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な解説ありがとうございました。
大変よくわかりました。特に―人称代名詞と指示代名詞、「指す」と「受ける」、名称はどうでもいいのですが、意味合いには大きな違いがあります。―の部分は納得がいきました。
どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/01 17:15

会話の中では、「it sounds good」と普通言いますが、会話の内容によっては


「That sounds good 」もありうるでしょうね。
Why don't you do ...も二通りの意味がありますよね。
どうしてしないの?
してみたら?
所詮日本に居るときは、日本人が考えている文法に従うしかありません。
例えそれが間違いでも。
また、英語と米語では多少違います、それをまとめてやろうとする日本人が
間違えています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるとおりです。
現場で教えていると、これはかなり無理があるな・・・と感じることが多くあります。
どうも、ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/01 17:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qござるを訳すとthat S do/is/will?

るろうに剣心という日本アニメで主人公が「~でござる」という場面が、
海外向けにふきかえられたバージョンだと

例えば、

薫殿が教えているのでござる
Miss Kaoru is teaching, that she is.

しっかりするでござる
You've got to hold on, that you do.

大丈夫でござる
I'm all right, that I am.

おぬしに勝機はござらん
You have no chance to win, that you don't.

等と訳されているのですが、ござるは何故「that S do/is/will...etc」になるのですか?
また、「that S do/is/will...etc」とはどのような意味ですか?

Aベストアンサー

「ござる」は結局のところ「ございます」と意味的には同じであり、そうなれば「です」や「である」と何ら変わらないわけです。
日本語の特徴である文末でのキャラ付けというものが英語等欧米語では基本的にできません。文末に来る語や品詞が決まっていないためです。

that は全文の内容を受けますが必ずしもなくてよく、文末に付けて念押しをするようなものです。

I'm all right, (that) I am. (that = all right).
私は大丈夫だ。そう(大丈夫)なのだ。

You've got to hold on, (that) you do. (that do = have got to hold on)
君はしっかりしなければならない。そうしなければ(しっかりしなければ)ならない。

訳者は苦労したと思います。that S do/is/will...etc は決して「ござる」ではありませんが、重々しいと感じまた強めと感じたのでしょう。英語的にキャラ付けするなら語尾ではなく使う単語そのものを古臭いものにする手もありますが、それはそれで作品の雰囲気に合わないと判断したのでしょうか。

こういうキャラ付けでどう考えても文末に付けられないもの(強調とか何かにしようのないもの)は日本語をそのまま付けてしまう例も見られます。

~, de geso.
~, mepo.

こうなると英語的には何の意味もありませんが、一種の奇妙な間投詞のようにも見えます。文末でなくても megassa とそのまま副詞や形容詞にすることもあります。この場合 mega- という共通要素があるので何となく雰囲気が分かります。

「ござる」は結局のところ「ございます」と意味的には同じであり、そうなれば「です」や「である」と何ら変わらないわけです。
日本語の特徴である文末でのキャラ付けというものが英語等欧米語では基本的にできません。文末に来る語や品詞が決まっていないためです。

that は全文の内容を受けますが必ずしもなくてよく、文末に付けて念押しをするようなものです。

I'm all right, (that) I am. (that = all right).
私は大丈夫だ。そう(大丈夫)なのだ。

You've got to hold on, (that) you do. (that do = ha...続きを読む

QAfter that or after it; That or it sounds interesting

皆さん、こんにちわ。
次のような文では after that、after itのどちらが適切だと思われますか、またその理由は?
I saw Tom on my way to school. After that (or it) I ran to school.

同じように次の場合は that又はitのどちらが適切だと思われますか、またその理由は?
I am going to talk about my grand-grand father in the class.
That (or it) sounds interesting.
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>同じように次の場合は that又はitのどちらが適切だと思われますか、またその理由は?
>I am going to talk about my grand-grand father in the class.
>That (or it) sounds interesting.

どちらも適切です。
理由については http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3821379.html で似た御質問があり回答したので御覧ください。

>次のような文では after that、after itのどちらが適切だと思われますか、またその理由は?
>I saw Tom on my way to school. After that (or it) I ran to school.

thatが正しく、itは誤りです。

itが誤りな理由は次のとおりです。
理由1
(a)itは、通常、名詞またはその相当語句(以下、簡単のため「名詞」と言います)を指し示すので、御質問の英文のitが前文の内容を指し示しているとはとても思えないからです。

(b)別の言い方をすると、afterまで聞いた瞬間に、聞き手は「次に名詞が来るぞ」と期待し、itまで聞いた段階で「itが指し示す名詞は何だ?」と名詞を探すので、このitが名詞でなく前文の内容を指し示しているとはとても思えないからないからです。
なお、「聞き手は」と言いましたが、この心の動きは話し手にとっても同じです。

(c)別の言い方をすると、前置詞の目的語は前置詞を聞いた直後にそれに続けて間髪を入れず聞くことになるため前置詞の目的語まで聞いた段階でそれが何を指し示すかを考える時間的余裕がほとんどないので、上記URLで言った「相手の言ったこと(ここではI saw Tom on my way to school.)を1度自分の心の中に取り込んでその取り込んだものを「1つの塊」にする」ことができないからです。
これは話し手にとっても同じで、afterまで言った時点では話し手の心の中にはI saw Tom on my way to school.という「時の流れに沿って起きた出来事がそのまま時系列に沿って展開した状態」つまり「1つの塊になってない状態」であるので、それはitで指し示すようなものではないと感じられるからです。聞き手の場合と同様に、時間的余裕がないからです。

理由2
上記理由1のような心の動きのため、聞き手は「このitは前文の内容ではなく、何かの名詞を指し示しているに違いない」と考え、その可能性のある名詞を探しますが、御質問の場面ではそれにあたるものとしてはwayとschoolしかありませんが、そのいずれであると考えてもAfter it I ran to school.は意味にならないからです。
これは、話し手にとっても同様です。

>同じように次の場合は that又はitのどちらが適切だと思われますか、またその理由は?
>I am going to talk about my grand-grand father in the class.
>That (or it) sounds interesting.

どちらも適切です。
理由については http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3821379.html で似た御質問があり回答したので御覧ください。

>次のような文では after that、after itのどちらが適切だと思われますか、またその理由は?
>I saw Tom on my way to school. After that (or it) I ran to school.

thatが正しく、...続きを読む

Q至急! That Is 10th right 訳してください

至急!
That Is 10th right

訳してください

Aベストアンサー

それは10番目の権利だ。

Qit と that の違い (I knew it. と I knew that. の違い等)

・I knew it. と I knew that. の違いについて
I knew it.  「やっぱり。知ってたよ。」
I knew that. 「そんなことなら(当然)知ってたよ。」というキツイ表現になる、と書いてありました。
どうしてそんな違いがでるのでしょうか。何冊か文法書を読んだのですが、記載がなく分かりませんでした。
話手の心理的な距離が it より that のほうが遠い(?)ということですか。

it とthat で違いがあるならば、
・「ごめんなさい。」と謝るときは、
I am sorry about that, の時と
I am sorry about it と言った場合、どうなりますか。違いがあるのでしょうか。

・「(そんなの)もったいない」の表現は
That`s a waste とあったのですが、
It is a waste ではダメなのでしょうか。これも違いがありますか。

基本的に、it(それ) と that(あれ) の違いは何なんでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

it と that の違いは日本人には掴みづらいですよね。私も気を抜くと間違えてしまいます。
 
あえてその2つの違いを日本語で表現すると、that 「それ/そのこと」 it 「そういうこと」という感じだとお思います。つまり、that の方が、より限定的で、強いと思います。それを踏まえて、上記のフレーズについて考えてみてください。なんとなく、分かりませんか?
 
>I am sorry about it / It is a waste
 
これは私の身近では聞いたこと、使ったことがありません。謝るとき、「もったいない!」というときは、たとえば「遅刻した」とか「物をなくした」、「食べ物を捨てる」という具体的な行為について述べているので、that を使って、具体的にその行為を指すのだと思います。
 
あと、it's okey. と that's okey. では、it の場合は、たとえば犬におびえている子供にたいして「大丈夫だよ~安心して~」という感じで、その「大丈夫」が具体的に何を指しているのかよく分かりませんが、that の場合は、私の物を壊しちゃった友人に対して「大丈夫、気にしないで」という感じで、その「大丈夫」は、具体的に「物を壊しちゃったこと」とつながっています。
 
どうでしょうか?なんとなくイメージが掴めていただければうれしいです。

it と that の違いは日本人には掴みづらいですよね。私も気を抜くと間違えてしまいます。
 
あえてその2つの違いを日本語で表現すると、that 「それ/そのこと」 it 「そういうこと」という感じだとお思います。つまり、that の方が、より限定的で、強いと思います。それを踏まえて、上記のフレーズについて考えてみてください。なんとなく、分かりませんか?
 
>I am sorry about it / It is a waste
 
これは私の身近では聞いたこと、使ったことがありません。謝るとき、「もったいない!」というと...続きを読む

Qそうだよ と That's rightの違いは?

中国の人と会話してて思ったんですが、
「そうだよ」というのは、文脈によっては、That's right と同じように使うことはできないと思うのですが、
僕の勘違いですかね?

Aベストアンサー

積極的肯定  Thats Right. Sure, Why Not. 
普通の肯定  Yes it is. I think so too,
消極的肯定  We cannot deny、 

とかでしょうか?
でも
ぶっっちゃけ Yes it is でも That's right でも 語尾が上がるか 変化しないか 下がるか でニュアンスなんか勝手に変わりますね。
其の点は 日本語も 英語も 似たようなものでは?

Qit と that の違いについて。下例文の That を It に換

it と that の違いについて。下例文の That を It に換えると、どんな意味の違いが生まれるのでしょうか?

They will surely help Tom. That will please his mother.
彼らはきっとトムを助けるだろう。そうしたらトムの母は喜ぶだろう

Aベストアンサー

この場合 it, that のいずれでも意味は通ると思います。どちらかがダメということではありません。

it という単語は軽く空気のような、形式主語の気分の単語です。一方 that は「そのこと (助けること) は」と気合いを入れて強調する気分です。

「そうしたら」という日本語が気張った気分のものと考えれば、それを受け止める英語としてはどちらかというと that の方が相応しいと考えられます。

でも it でも全く問題はありません。言葉で気張らなくても気持ちは通ると考えれば。

QRight? に対してのThat's right.の使い方

It means we will climb on 4, 5 August ,then arrive back on 5 Aug to Shinjuku at 18 pm .Right?
それは私たちが8月の4,5日に登って5日の18時に新宿に帰ってくるってこと?あってます?

(1).先ず訳はあってますか?
(2).私の伝えたのも上記どおりなので「そうですよ」と言いたいのですが、返事はThat's right.でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

Perfect!
です。
あえて、揚げ足を取ると、4th and 5th くらいですけど、無視無視。OKOK。伝わればぜんぜん問題ない。
山?いいですねぇ。

QIt may be thatのItはthat以下を指す形式主語ですか?

It is often possible to make known what one wants to and what he is thinking about by means of gesture, without the use of words, and it may be that men talked by signs before they used spoken language.

↑に含まれるこの分は形式主語ですか?
自分は、It may be that men talked by signs before they used spoken language. =That men talked by signs before they used spoken language may be.(that以下があり得る)という形式主語として解釈しましたが、人によっては漠然状況のitや、この文章より前の何かを示唆するitという人もいました。

Aベストアンサー

S may be では文が成り立たないですよね。
may という助動詞を「あり得る」ととっても,be という本動詞の方は be 一語だと「存在する」のような意味にしかなりません。

that 以下を補語として,「主語は~ということかもしれない」と考えた方が自然です。
ではその主語 it はというと,「ここで考えられる状況は」という状況の it と考えられます。

Qthus ensuring that S V

Because your Demy 18-Volt Battery Charger makes use of the latest in battery charging technology, you should leave your batteries in the charger indefinitely between uses, thus ensuring that your Demy NX Cordless Electric Drill is ready to use at a moment's notice.
(TOEIC公式問題集Vol.6 P148)

の、「thus ensuring that」を文法的にどのように理解すればよいか
教えていただけますでしょうか。

Because S①+V①, S②+V②, thus ensuring that S③+V③

として、that は、S③+V③とセットで節かと考えました。
そうすると、thus ensuring 名詞節となるのですが、
これで良いのでしょうか?

宜しくお願いします。

Because your Demy 18-Volt Battery Charger makes use of the latest in battery charging technology, you should leave your batteries in the charger indefinitely between uses, thus ensuring that your Demy NX Cordless Electric Drill is ready to use at a moment's notice.
(TOEIC公式問題集Vol.6 P148)

の、「thus ensuring that」を文法的にどのように理解すればよいか
教えていただけますでしょうか。

Because S①+V①, S②+V②, thus ensuring that S③+V③

として、that は、S③+V③とセット...続きを読む

Aベストアンサー

ensure that 節という表現が可能なら、
その ensure 自体が ing になれば
そのまま ensuring that 節となります。

Speaking English fluently is difficult.

ここで、English や fluently の役割を考えると、
speaking English fluently で動名詞句というかたまり、
speak English fluently という表現がもとにあります。

だから、ここでは ensuring という ing の理由を考えるだけ。

結論としては分詞構文です。
分詞構文なら接続詞は必要ありませんが、
thus は副詞です。

よく、「~して...」と連続動作とか結果とか言われるパターンで、
「次の使用までの間、不定期に充電器に置いて、
すぐ使えるように必ずしておくべきだ。

普通にはこう訳せば(あくまでも直訳調です)いいのですが、
英語の構造的には後ろから「~しつつ」です。

英語と同じ流れで前から訳すと「~して...」とか、
結果のように感じるだけで、英語の分詞構文自体に
そういう結果の用法があるわけではありません。

まあ、普通にはそう説明するので、それで納得すればいいのですが...

ensure that 節という表現が可能なら、
その ensure 自体が ing になれば
そのまま ensuring that 節となります。

Speaking English fluently is difficult.

ここで、English や fluently の役割を考えると、
speaking English fluently で動名詞句というかたまり、
speak English fluently という表現がもとにあります。

だから、ここでは ensuring という ing の理由を考えるだけ。

結論としては分詞構文です。
分詞構文なら接続詞は必要ありませんが、
thus は副詞です。

よく、「~して...」と連続動作と...続きを読む

QIt seem that / It is that

It seems certain that ...
という文の形容詞がない
It seems that ...
のような文があります。
それと同じように、
It is true that ...
はありますが、
It is that ...
というような文はありますか?

Aベストアンサー

山ほどあります。

http://eow.alc.co.jp/search?q=It+is+that


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング