外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

代理質問なのですが・・・
ゆうちょ銀行に1000万円の定期預金と利子のつかない振替口座の預金が
500万円あるとします。

500万円に利子が全くつかないのももったいない話なので、
1000万円の定期預金を満期後に解約して、個人向け国債を購入しようと思います。

この場合、振替口座の預金500万円は自動的に500万円の普通預金となり
利子がつくようになるのでしょうか?

また、同じ個人名義でゆうちょ銀行の通帳を2通作成する事は可能でしょうか?

他の金融機関に預金する事は考えないで回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

>現在「通常貯金ご利用の上限額10,000,000円」になってるのは局員が訂正し忘れたのですか。



・訂正し忘れ(結構大事なことですので考えにくいのですが、ありえます。)
・1,000万円定期をした時に通常貯金通帳を持参してなかったため、移替基準額の設定をしたものの訂正ができなかった。ですが、必ずその説明はあったはずです。局員が無断ですることはありえないです。
・通帳の余白がなくなって新しい通帳へ切り替えたら、「通常貯金ご利用の上限額0円」と印刷されます。

>残高500万円の下の行に「振替(500万円)」と記帳されてましたので
郵便局で変更手続きをしないと500万円の通常貯金に利息はつかないのですね。

そうです。手続きをしないと利息は付きません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も回答ありがとうございます。

どうやら訂正し忘れですね。
いずれにせよ手続きすれば、500万円の通常貯金に利息がつくという結論のようなので
本日中に締め切らせていただきます。

個人向け国債は変動型10年の金利が低下してるので
5年国債を購入する事をすすめたいと思います。

おつきあいどうもありがとうございました。

お礼日時:2008/03/16 04:13

NO5です。


これではっきりわかりました。

「通常貯金ご利用の上限額10,000,000円」となっているようですが、これは局員の訂正し忘れで変更されています。

残高のページで500万円下の行に(500万円)となっていれば移替基準額0で全部振替口座に入っています、ですので利息は0。

もし残高500万円の下の行に(490万円)となっていれば移替基準額10万円に設定されていて10万円分しか利息は付きません。

ご質問は500万円下の行に(500万円)と思いますので、局員に申し出て
移替基準額を変更しないと利息は付きません。

従って、1000万円解約後は500万円の通常貯金に利息は付きませんので
局で変更の手続きをしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ありがとうございます。

おかげさまで、だいぶ理解できてきました。

現在「通常貯金ご利用の上限額10,000,000円」になってるのは
局員が訂正し忘れたのですか。

そういえば、私が他の大きな郵便局に本人と同行して1,000万円の定期預金を
したのですが、その時に訂正はありませんでした。

残高500万円の下の行に「振替(500万円)」と記帳されてましたので
郵便局で変更手続きをしないと500万円の通常貯金に利息はつかないのですね。

お礼日時:2008/03/15 09:54

>この場合、振替口座の預金500万円は自動的に500万円の普通預金となり利子がつくようになるのでしょうか?



この質問ですが、残高500万円の通常貯金の移替基準額を0円に設定しているのであれば、1000万円解約したからといって移替基準額は変更されませんので利息は付きません。

局の窓口で申し出れば変更でき、利息が付くようになります。

移替基準額が設定されていれば、貯金の残高のとこで下の行にカッコがき( )があります。

もし、移替基準額の設定がされていないのであれば、1000万円解約後は500万円の通常貯金に利息が付いていきます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

現在、通帳の表紙裏のページに「通常貯金ご利用の上限額10,000,000円」
となっており、500万円の貯金残高のところは下の行にカッコがき( )があります。

「通常貯金ご利用の上限額」=「移替基準額」ですね。

従って、1000万円解約後は500万円の通常貯金に利息が付くという事ですね。

お礼日時:2008/03/15 02:09

他にも大きな金融機関はたくさんあるんで心配せず入れてみては・・・どうでしょうか?


1000万までは保障あるんだし心配ないしおまけに金利も他のほうが良いし・・・

それた回答ですいません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

実は、一人暮らしの高齢者の代理質問なので、
自宅から歩いていける郵便局しか考えてないのです。

もう締め切ってもよいかと思いましたが・・・

他の回答で「1000万を引き出した時点で利子がつく通常貯金に振り替えられます」

この引き出した時点が「1000万円の定期預金を解約した時点なのか?」
国債購入に関係なく、振替口座の500万円に利子がつくのか
確認したかっただけなのですが・・・まだお返事をいただけなかったもので。

お礼日時:2008/03/13 10:31

NO1追加


失礼しました。
逆でした。振替移管金0円でなく「通常貯金ご利用の上限額1000万(または500万」でした。(0円に設定すると全部利子のつかない振替口座になる)
通帳の表紙を開いた氏名欄の下部ページに記載されています。
窓口で「上限額の変更」を口頭で言っただけで端末で設定してくれました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びありがとうございます。

>通帳の表紙を開いた氏名欄の下部ページに記載されています。

確かに私の通帳にも記載されてました。

>窓口で「上限額の変更」を口頭で言っただけで端末で設定してくれました。

そういえば、質問代理人の通帳も最初は上限額は1,000万円ではなかったのですが
当時の郵便局員が手続きなしで、上限額を1,000万円に引き上げてくれた記憶があります。

お礼日時:2008/03/10 19:52

1000万を引き出した時点で利子がつく通常貯金に振り替えられます。


また、同じ名義で同じ種類の通帳を2冊は作成できません。
ただ、通常貯金と通常貯蓄貯金の組み合わせは可能です。
通常貯蓄貯金は、公共料金の引き落としなどにはご利用いただけませんのでご了承ください。

なお、この場合でも、合計額が10000万超えますと振替口座に振り替えられます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>1000万を引き出した時点で利子がつく通常貯金に振り替えられます。

今回の場合、1000万円定期→解約→国債購入ですが
1000万円の定期預金を解約(一時的に自宅金庫に保管)した時点で
振替口座の500万円は通常貯金になるので、利子がつくという意味ですよね?

手続きが必要な事と2通通帳が作成できない事はわかりました。

お礼日時:2008/03/10 18:15

>自動的に500万円の普通預金となり利子がつくようになるのでしょうか



なりません。窓口で振替口座への移管金額の変更(0円にする)請求が必要です。(印鑑は不要だったかと)

>同じ個人名義でゆうちょ銀行の通帳を2通作成する事は可能でしょうか

できません。
以前は5冊程度(ぱるると通常、ボランティアの有無、乙種など)作れましたが、一人一冊に改正されました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

窓口で振替口座への移管金額の変更(0円にする)請求が必要なんですね。

やはり2通は作成できませんでしたか。

お礼日時:2008/03/10 18:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qゆうちょ銀行、1000万円超えた場合の対処法

おはようございます。

ゆうちょ銀行から『貯金総額が1000万円を超えたので1000万円以内になる様に払い戻ししてください・・・』なる通知が来ました。

意味は分かるのですが、1000万円を超えた分は貯金するなら他銀行に貯金するしか無いのでしょうか?

私はあまり銀行口座やクレジットカードを増やすのは好きではありません。今までずーっと金融機関はゆうちょ銀行一本で生活してきましたが、こればっかりた他銀行に貯金かタンス預金しか無いのでしょうか?

お詳しい方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ぱるる口座があるなら、あらかじめ通常貯金の「上限設定を0円」としてから、1000万円超えた部分を通常貯金にします。
上限設定とは、あらかじめ設定した額を超えた場合、振替貯金(銀行の当座預金に相当、いつ入出金があるか判らない事と利子が付かない事から1000万円の枠外です)に自動で振り替えてくれる機能。但し振替貯金に残高がある場合は預金保険は振替貯金を優先します。
ぱるるは他の口座への送金機能の為に通常貯金口座に振替貯金をセットした商品(定額定期貯金も確かに組み込めますが、こちらはおまけ扱い)。
ゆうちょ銀行はあくまでも振替貯金相互間と、振替貯金からの他行宛送金しか扱えない決まりが今も生きています(だから通常貯金宛の振込は出来ません。他行からの送金を受けるには、日銀ネット用の支店番号と口座番号を設定しますが、これはぱるるにしか付けられず、形式的に振替貯金を経由して通常貯金に入金するシステムです)。

Qゆうちょ 利用上限額の設定

利用上限額は対応する局によって違うのでしょうか?
定期預金を組む際、普通預金の利用上限額を変更させられる場合とさせられない場合の違いは
何でしょうか?

夫・妻それぞれが、同じ日に別々の窓口で 異なる金額で預け入れていた定期預金の満期が来たので
先日解約し、お互いの総合口座へ振り替える手続きをいたしました。
帰宅後に気づいたのですが、夫の通帳にのみ 残高の下に(振替)の記載がありましたのでこちらの
過去質問も拝見し利用上限額の設定のためと理解いたしました。
でも、ひとつ疑問が・・・
夫の通帳は元々1000万円と書いてあったものが500万円に変更されており、これは定期預金を組む際
局員から「この金額に設定しなければ500万円の定期は組めない」と言われたので承諾したとのこと。
しかし、妻の通帳は利用上限額の変更はされておりません。(定期を組む際にそのような説明もなし)

オートスイングなるもので、上限を超えた額が自動で振替口座に移動するということもネット上で
知りましたが、これは古い情報なのでしょうか?
それなら、夫の方を対応した局員が正しく 妻の対応をした局員が間違っているということですが
実際に正しい対応をしたのはどちらでしょうか?

ご存知の方、教えてください!

利用上限額は対応する局によって違うのでしょうか?
定期預金を組む際、普通預金の利用上限額を変更させられる場合とさせられない場合の違いは
何でしょうか?

夫・妻それぞれが、同じ日に別々の窓口で 異なる金額で預け入れていた定期預金の満期が来たので
先日解約し、お互いの総合口座へ振り替える手続きをいたしました。
帰宅後に気づいたのですが、夫の通帳にのみ 残高の下に(振替)の記載がありましたのでこちらの
過去質問も拝見し利用上限額の設定のためと理解いたしました。
でも、ひとつ疑問...続きを読む

Aベストアンサー

まず、ゆうちょ銀行では、お一人様1000万円までのご利用となっている点はご理解いただいていると思います。
本来であれば、定期預金などをお預けいただいた際に通常貯金+定期貯金が1000万円を超えないように
通常貯金上限額を設定させていただく規定になっております。
しかしながら、徹底されていませんし、職員によってはこの取り扱いを知らないものがいます。
また10万円など小口で預けられた場合は設定しなおすのは面倒だからと処理を省く者もいます。

この上限額を超えて入金された場合は、振替口座といって、利子がつかない口座に入金されますのでご注意ください。

また、オートスイングというのは通常貯金とは別にあります通常貯蓄貯金に自動で振り替えるもので振替口座とは関係はございません。
通帳に書かれている上限額とは別に基準額を設定していただき、この額を越えた部分を通常貯蓄貯金に振り替えを行う制度です。

Q郵貯950万円残高で100万円の振込みがあったら

郵貯は1000万円が預入限度ですが、仮にタイトルのように950万円の残高時に100万円の振込みがあったら1050万円になります。1000万円以上は違反ですね。

ある、田舎の郵便局で聞いたら局員は自信なさげに振込みはブロックされるといわれたのですが、本当にそうでしょうか。

1000万円以上貯金している違法者がいると新聞に載っているのでブロックされずに、入金されて、入金された段階で違法者になるような気がするのですがどうでしょうか。

Aベストアンサー

 まず、前提条件としてですが、あなたがお持ちの郵便貯金が「通常貯金」の通帳1冊のみだったとします。
 そして、ここからは「普通そうなっているので確認のため」ですが、その通帳の表紙の裏のページにある「郵便振替口座開設」に○が付いていて、「通常貯金ご利用の上限額10,000,000円」となっていれば、問題なく振り込まれます。

 これは、新総合通帳、いわゆる「ぱ・る・る」という通帳の仕組みで、通常貯金(銀行で言う「普通預金」に相当)に郵便振替口座(通信販売などでついてくる払込用紙で振り込みをする口座の機能の一部)を付けたものです。これによって、通常郵便貯金は送金機能を持つのです。
 郵便「貯金」の限度額は1千万円ですが、郵便振替口座は「貯金」ではないので利子も付きませんが1千万円の限度額には関係ありません。
 そして、新総合通帳の場合、「通常貯金ご利用の上限額」で設定されている金額(これを「移替基準額」と言います)を超えると、超えた分は振替口座に移されます。
 通常貯金単体では送金機能がありませんので、送金は振替口座を経由して行うことになります。
 自分の口座から他の口座などへ送金する時には、通常貯金から送金分が振替口座に移されてから送金されますが、送金する場合以外でも、移替基準額を超えた分は振替口座に移ります。引き出しなどで、通常貯金の残高が移替基準額を下回れば、移替基準額に達するまで振替口座から通常貯金に移ります。

 お尋ねのケースでは、100万円の送金は、まず振替口座に入り、通常貯金の移替基準額までの分50万円が通常貯金に移り、残りの50万円は振替口座に残ったままになります。ですので、この状態なら違反にはなりません。
 違反になるのは、例えば新総合口座になっていない(その場合は簡単には送金が出来ないはずなのであまり考えなくていいと思います)とか、通帳が2冊以上ある(郵便貯金法等の規定で通常貯金は1冊しか持てませんが過去からの経過措置とかの例外もあります)とか、他に積立貯金や定額貯金、定期貯金などがある場合です。
 このように他に郵便貯金がある場合、その分を勘案して移替基準額を設定すれば違反になることを防げます(尤も通常貯金以外の利息分を考慮に入れなければなりませんが)。例えば定額貯金などで500万円あるのなら、新総合通帳の移替基準額を500万円以下にすれば良いのです。手続は簡単なので、近くの郵便局で聞いてください。念のため通帳と印鑑、本人確認書類を持って行くと(不要と言われる場合もありますが)、その場ですぐ出来ると思います。

 このあたりの設定や管理をきちんとしていないと、1千万円超の郵便貯金利用者ができてしまいます。新聞などで報道されているのは、ほとんどがこのような定額貯金なども利用しているケースだと思います。通常貯金の通帳1冊だけでは、ほとんど心配しなくていいでしょう。

 まず、前提条件としてですが、あなたがお持ちの郵便貯金が「通常貯金」の通帳1冊のみだったとします。
 そして、ここからは「普通そうなっているので確認のため」ですが、その通帳の表紙の裏のページにある「郵便振替口座開設」に○が付いていて、「通常貯金ご利用の上限額10,000,000円」となっていれば、問題なく振り込まれます。

 これは、新総合通帳、いわゆる「ぱ・る・る」という通帳の仕組みで、通常貯金(銀行で言う「普通預金」に相当)に郵便振替口座(通信販売などでついてくる払込用紙...続きを読む

Q1000万以上預金ある人、ペイオフ対策どうされてます?

1000万以上預金ある人、ペイオフ対策どうされてます?

普通預金→当座預金

にすれば絶対必ず100%安心・安全というのは本当だと思いますか?

各銀行に1000万ずつ分けるってのも面倒なんだよね。

といって株や投資信託や金銀でハイリスクハイリターンに挑む気もまったくしない。

タンス預金も火事や泥棒で万一のことがある。。。

結局当座しかないのかな?

みなさんどんな工夫されてますか?

Aベストアンサー

国内の銀行格付けNo.1の地方銀行に、1000万円を少し超えて預金してます。
そこがつぶれるなら、その前に他の日本の銀行すべてなくなっているでしょう。

あとは、ゆうちょ、農協、ネットバンク、労働金庫などに、1000万円以下で分散させてます。
どこも家から近くにありますし、別に面倒ではありませんが…。

>結局当座しかないのかな?
いくら低金利とはいえ、当座では利息0ですからもったいないですよね。

Q現在の銀行に預け入れ金額の最高限度額1000万円ですか?

現在の銀行に預け入れ金額の最高限度額1000万円ですか?


現在の郵貯の預け入れ最高限度額1000万円を2000万円にと議論されていますが

郵貯銀行以外の銀行の現在の最高限度額は有るのですか?

Aベストアンサー

> 現在の銀行に預け入れ金額の最高限度額1000万円ですか?
> 郵貯銀行以外の銀行の現在の最高限度額は有るのですか?
預け入れ限度額はありません。
何億円でも、何百億円でもどうぞお預けください。

また、「貯金」と「預金」という括りで捉えますと、「貯金」という呼称は、ゆうちょ銀行のほかに、農協(JA)と漁協(JF)においては使われていますが、農協と漁協には、郵貯のような預け入れ限度額は設定されていません。
銀行等民間金融機関と同じく、いくらでも預けられます。

ただし、既回答者さまがお答えのとおり、「万が一、預金先・貯金先の金融機関等の経営が破綻した場合」、法律によって保護される額が決まっています。
多くの預貯金が1,000万円までの元本とその利息部分について保護されますが、全く保護されないものもありますし、全額保護されるものもあります。

これは、預けるのが「個人」であっても、「団体」であっても、「企業等法人」であっても同じです。

Q郵便局で大金を引き出したいとき。

郵便局で500万ほど引き出すことになりました。
支払いに使うのですが、支払い先が10箇所以上なので一括で引き出して、一日かけて支払い先を車で回るつもりです。
(この方法は変えられそうにありません)
車で回る際は同行してくれる人がいるのですが、引き出す時は私1人で行かなくてはなりません。
金額が多いので、ATMで何回も引き出すより窓口でおろすほうがいいと思うのですが、大金なのでかなり怖いです。
タクシーも考えたのですが近距離過ぎて(片道500M)無理そうです。
安全に引き出すにはどうしたらいいでしょうか?
郵便局の人にお願いして、家まで持って来てもらうとかは出来ないのでしょうか?
困っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先日、郵便局で970万ほどおろしました。

小さな郵便局だったら前もって「いつ、いくら、おろす」を伝えておいた方が対応もスピーディーになります。

切り餅9個を封筒で個別包装、更にソレらが入るだけの紙袋を用意しておいてくれました。

それを鞄にいれて何気ない普通の顔して出て、その足で徒歩で銀行(約300m)に行き入金してきました。

不安そうな顔をしてたり、バッグを抱えるようにしてると、「あの人何かある」って思われるのです。

不安なら”ゆうパック”の宅配袋などに入れて貰えば見られても「小包かな」って思われます。多額の現金を持っていると思わせなければ勝ちですよ。

Q別の口座に貯金を移すには

別の銀行に貯金を移す方法について教えてください。
ある地方銀行にこれまでためてきた貯金があるのですが、引越しに伴いゆうちょ銀行にお金を移したいなとおもっています。
ただ、振り込みで移すと結構な手数料を取られるし、銀行の窓口でお金を引き出して、それをゆうちょ銀行に持っていけばいいのかなとも思うのですが、それだと大金を持っている移動中は危険だし、引き出すときに店員さんにいろいろ言われそうでなんとなく気が引けます。
オレオレ詐欺のためATMでは50万円までしか引き出せません。
これまでためるだけで貯金をさわったことがないので、どうして良いのか良くわかりません。どうするのが一番良いのでしょうか?

Aベストアンサー

手数料の低い順に手段を挙げますので、お好みの方法で…

1) あくまで手数料は0円で
 ・ やはり、地方銀行の窓口で通帳+印鑑で必要額全額を下ろして、ゆうちょ銀行まで持参し、ゆうちょ銀行の口座へ入金する。
   リスク面は質問文にあるとおりですが、家族の付添いがあるだけでもリスクはかなり減らす事が出来ます。地方銀行の支店からゆうちょ銀行の支店まで出来るだけ短距離になる様に組み合わせれば、よりリスクは減らせます。

 ・ 数日掛かりますが、地方銀行のATMでキャッシュカードで50万円ずつ下ろして即ゆうちょ銀行のATMで口座へ入金する。
   移したい金額にもよりますが、まずもって面倒くさい。500万円で10日も掛かるし…1000万円なら………



2) 多少は手数料が掛かっても…
 ・ 回答者#1さんの案2に準じてゆうちょ銀行のATMで地方銀行のキャッシュカードで50万円ずつ下ろして、即ゆうちょ銀行のキャッシュカードで入金。
   1日あたり50万円ずつしか移せないのがネックですし、50万円毎に105円掛かる手数料も500万円移動しようとすると1050円掛かります…
   250万円以上預金を移動したい場合は、次の案をお勧めします。

 ・ 地方銀行の窓口で、自己宛小切手(銀行渡り)を振り出してもらう。
   自己宛小切手とは、自己資金(この場合は、地方銀行に預けてある預金)を元に銀行が振り出す小切手で、持参人もしくは特定の者(この場合はあなた)で無いと現金化出来ず、また、銀行渡りにすることにより金融機関の窓口でしか換金出来ません。更に、紛失・盗難時に警察および振り出した金融機関 更に、裁判所に届け出ることにより、事故小切手となり、その情報が他の金融機関にも通知されて、その後の換金化が阻止されます。
手数料は、1通 525円程度ですので、250万円以上の預金移動の場合は、ATMで50万円ずつ移動する場合の他行引き出し手数料(525円)と同等もしくはそれ以下になります。次に挙げる振込手数料(窓口他行宛 840円)と比べても手数料が安く済みます。


3) 手数料に糸目は付けない場合…
 ・ やはり、振込みでしょう。
   ATMの振込みは、1日あたり150万円までの制限が掛かると共に、他行3万円以上では、銀行にもよりますが、420円~630円程度の手数料が掛かります。
   窓口なら、1度の振込みで移動したい預金全額が処理出来ますが、他行3万円以上では、銀行にもよりますが、630円~840円程度の手数料が掛かります。



手数料は、高額な資金の移動に伴う安心料と考えれば、決して高いとは言い切れません。
この場合私なら、自己宛小切手を振り出して、小切手の内容・発行番号・発行支店等をメモに記入してから、ゆうちょ銀行の窓口に駆け込んで入金します。


自己宛小切手について
http://www3.ueda.ne.jp/~motomura/kogitte.jikoatekogitte.htm

手形・小切手のはなし
http://www3.ueda.ne.jp/~motomura/tegatanohanasi.htm

参考URL:http://www3.ueda.ne.jp/~motomura/

手数料の低い順に手段を挙げますので、お好みの方法で…

1) あくまで手数料は0円で
 ・ やはり、地方銀行の窓口で通帳+印鑑で必要額全額を下ろして、ゆうちょ銀行まで持参し、ゆうちょ銀行の口座へ入金する。
   リスク面は質問文にあるとおりですが、家族の付添いがあるだけでもリスクはかなり減らす事が出来ます。地方銀行の支店からゆうちょ銀行の支店まで出来るだけ短距離になる様に組み合わせれば、よりリスクは減らせます。

 ・ 数日掛かりますが、地方銀行のATMでキャッシュカードで50万円...続きを読む

Q郵便局のゆうちょ銀行の総合口座と振替口座の違いについて

先月よりネットショップを開設し、郵便局の振替口座を開設しました。
主に代引き商品の料金回収口座に使用予定です。

あとで調べていると、ゆうちょ銀行の総合口座も似たようなことが書いてあって
いまいちよくわかりませんでした。

振替口座でよかったのか、郵便局のゆうちょ銀行の総合口座と振替口座の違いについて教えていただけると助かります。
(振込み手数料の安さなどについて)

ゆうちょダイレクトは利用するつもりです。
料金の支払い方法は、銀行振り込み・代引き・郵便局の振替口座です。

扱っている商品は600~3000円程度の農産加工品ですので3万を越えることはないと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

郵便局から郵貯の振替口座へ現金で払い込みするときと、総合口座へ現金で払い込みするときの手数料がかなり違います。
振替口座だと100円程度でOKだったりするのですが、総合口座だと最低でも525円です。1000円ほどの払込でも500円かかるんじゃ、とてもじゃないけど割り合いませんよね。
振替口座は利息がつきませんが1000万円の制限もありませんし、それでいいです。(質問者さんのような利用方法を目的とした口座なんです。)

http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/sokin/koza/kj_tk_sk_kz_index.html

Qゆうちょ銀行の口座が二つ欲しい

ゆうちょ銀行の口座がもう一つ欲しいです。
理由は口座を親が管理していて、自由に使えず、バイトの給与振込ができないからです。

過去の質問を参考に「口座管理を別にしたい」とか「親に知られたくない」と言って郵便局に行ったのですが、「原則一つしか持てない」「本人しか口座は使えない」と言われ断られました。

何とかバイトを始めたいので、郵便局でOKが出る「特別な事情」を教えてください。
お願いいたします。



ちなみに親の説得は不可です。一度決めたら誰が何を言おうと、どんな説得をしようと聞きませんので。

Aベストアンサー

 すでに他の方が回答されているように、郵便貯金は、以前は一人1口座のルールだったのですが、民営化された今はその制限は撤廃されました。ただ、口座開設はあくまで契約の締結なので、相手方であるゆうちょ銀行がいやだといったら、それまでです(かりに口座を一つも持っていない純新規であっても、口座開設を断られることもあり得ます。それに対して文句は言えません)。
 幸いなことに、郵便局はあちこちにありますので、ダメだと言われたら、別の郵便局でトライすればいいでしょう。
 なお、いまは郵便貯金も名寄せが済んでいますので、すでに口座が開設されているかは、どこの郵便局でも簡単に調べられてしまいます。
 ちなみに、二つ目の口座が要る理由としてよく言われるのは、貯蓄用と日頃の生活用を分けたいといった事情でしょうか。これで通してくれるかどうかは、窓口の係員次第ですけど。
 知らんぷりして、何度でもトライするしかないと思います。頑張ってください。

Q銀行の普通預金にはいくらまで預金できるのですか?

銀行の普通預金にはいくらまで預金できるのでしょうか。
数千万円・数百億円入れておいてもいいのでしょうか。
ある金額まで入れると税金のようなモノが取られ、少なくなってしまうのでしょうか。

Aベストアンサー

普通預金に預け入れ制限はありません。
(あるのは、キャンペーン金利が適用される定期預金ぐらい)

ただしペイオフが解禁されているため、
もしも銀行が破綻した場合は非決済専用預金(普通預金、定期預金含む)場合は、1000万円までの元本と利息のみしか確実には保証されません。

管理さえ面倒でなければ、1000万ずつ多数の銀行に預けておくのが一番安全です。(ただし、利息受け取りにより1000万を超えることになりますので利息の利息は安全圏からはみ出します。)

また、決済用預金はいくらでも元本保証される代わりに無利息です。
増やさなくてもいいなら一番だと思います。

預金に対する税金は利息に対して20%ですので、0.01%の表示金利なら0.008%が実質金利ということになります。税金をどれくらいというよりも、表示金利から実質金利を考えるほうが簡単です。

ところで、定期預金は窓口までいけば普通預金より少し悪い金利でいつでも解約できます。すぐに必要なお金でないなら短期の定期預金を組んでおき、必要なときに解約するのがよいのではないでしょうか?
(途中解約時に元本割する特約付定期預金もあるのでご注意を)

最後に、多額の預金をすると銀行担当者がつき、あれこれ金融商品を購入させようとがんばってこられるのでがんばってください。

普通預金に預け入れ制限はありません。
(あるのは、キャンペーン金利が適用される定期預金ぐらい)

ただしペイオフが解禁されているため、
もしも銀行が破綻した場合は非決済専用預金(普通預金、定期預金含む)場合は、1000万円までの元本と利息のみしか確実には保証されません。

管理さえ面倒でなければ、1000万ずつ多数の銀行に預けておくのが一番安全です。(ただし、利息受け取りにより1000万を超えることになりますので利息の利息は安全圏からはみ出します。)

また、決済用預金はいくらでも元...続きを読む


人気Q&Aランキング