今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

名詞に「する」を付けて動詞を作る方法がありますが、すべての名詞につけられるわけでもないようです。
動詞化できるものと、できないものを区別する方法を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「名詞+する」で動詞を作る場合


(1)(動作性の名詞を受けて)ある動作・行為を行う。多くの場合、その名詞を語幹とするサ変動詞も存在する。
  「勉強(を)する」「サイン(を)する」「電話(を)する」など
(2)(「(…に)…をする」の形で)装身具などを身につける。
  「鉢巻(を)する」「ネクタイ(を)している」など
(3)人や物がある形・色・性質である。また、人がある服装・顔の形・表情である。
  「こわい顔(を)してにらむ」「青い目(を)した女の子」「いい腕(を)している職人」など
(4)動詞の連用形に付いて、いったん名詞化されたものを再び動詞化する。多くは古語で打ち消し表現に用いられた。
  「恋する」「尽きせぬ思い」「絶えせず」など
(5)数量を表す語に付く。
 (1)(時間を表す語に付いて)ある時刻を起点にして、その時間が経過する。たつ。
  「雨は一時間(も)すればやむだろう」「買って一年(も)しないのにもう壊れた」など
 (2)(価格を表す語に付いて)買い手の立場から、その値段である。あまり安くない場合にいうことが多い。
  「四〇万円(も)する高級カメラ」「これいくらしたの」など
 (3)(人数を表す語に「…して」の形で付いて)その人数で一緒にある動作をすることを表す。
  「二人して出かける」「家族みんなして働く」など

のような用法で使われます。
すべての名詞が「+する」で動詞化して使われるわけではありません。「を」などが省略さらた形のものが多く、特に話言葉では、言いづらいもしくは語呂が悪いものは生き残れません。違和感があるものは、誰も使わなくなるのです。
紀貫之の土佐日記に「日記する」という表現があったことを、私は最初に思い出しました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

くわしくご説明いただきまして、ありがとうございます。
こんなに多くの方法があるとは! ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/12 20:52

NO.1さんが、みんな言っちゃったので、付け加えるとしたら、一点だけ、「化」をつけて「する」を付ける方法があります。


ご質問文の「動詞化する」もそうです。「商品化する」などもあります。
たしかに、あんまりヘンなものは長続きしないですね。「サラリーマンする」は、すたれました。
しかし「痴漢する」は続きそうですね。NHKのニュースでも使われていました。
「サラリーマンする」と同じヘンな言葉ですが、他に適当な言葉がないんですね。
痴漢する男はなくならないと思いますので、「痴漢する」も使われ続けると思います(^-^ 。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/04/14 14:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「名詞+する」と「名詞+を+する」

 日本語を勉強中の中国人です。「名詞+する」と「名詞+を+する」とどちらがより書き言葉っぽいでしょうか。たとえば、「準備する」と「準備をする」。「電話する」と「電話をする」。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あまり差を感じません。
「する」自体が、話言葉っぽいせいでしょうかね。

以下、ご参考まで
 名詞の前に来る助詞によって、片方しか使えないケースがありますので、ご注意ください。

一例を挙げます。
×「運動会の準備する」 ○「運動会の準備をする」
(「運動会の準備を行う」がより書き言葉っぽいですね)

○「夕食を準備する」 ×「夕食を準備をする」

○「後で電話する」 ○「後で電話をする」(確かにこちらのほうが書き言葉っぽい印象も受けますが、大差なしです)

Q「勉強する」と「勉強をする」などの「を」をつけるときのルール

ある英語圏の人の日本語学習の手伝いをしています。
「宿題をする」「勉強をする」などは英語の目的語の前に「を」という助詞をつけるということで理解してもらえました。
でも「もっと勉強しなさい。」というときのように「勉強する」「努力する」など、「を」をつけずに名詞+動詞で一つの動詞になることもありますよね。
「を」をつける場合と付けない場合、どのように区別するのですか。なにかルールはあるのですか。
また、「勉強をする」と「勉強する」の意味の違いはどのように説明したらよいのでしょうか。
カテがわからなかったのでこちらで質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・「日本語の勉強」をする。

・日本語を「勉強する」。

前者の文の伝えたいことの中心は日本語の勉強という動作の対象で、後者の文の伝えたいことの中心は勉強するという動作であるってことじゃないですか。

Q現代日本語文法における「イ形容詞」の「-て形」とは?

タイトルの通りなのですが、いわゆるイ形容詞の活用における「-て形」は
具体的にいうとどういう定義なのでしょうか。

ご存知の方、ご教示ください。

Aベストアンサー

ご質問の内容に則して簡潔に回答いたします。

日本語教育の世界で、イ形容詞と呼ばれるものは、いわゆる国文法・学校文法の世界でいう形容詞です。

「て形」は、下に「て」がくっついた形で、「てform」とも呼ばれているようです。

したがって、「イ形容詞」の「て形」とは、
 「赤くて」
 「暖かくて」
 「嬉しくて」
 「悲しくて」
といった形をさすことになります。

ちなみに「ナ形容詞」は、国文法・学校文法でいう形容動詞です。

Qサ変動詞と普通の動詞の違いがわかりません。

こんにちは。
古典の文章を品詞分解していると、「念じ」がサ変動詞の連用形、「差し」は四段活用「差す」の連用形と辞書ではなったのですが、「漢字+す」の形の動詞をサ変か普通の動詞か見分けるのはどうしたらいいのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

古典の場合『す』『おはす』要するに『なんとかする』
という形に訳せるのが、「サ行変格活用」といいます

ただし複合動詞の『死す』『案ず』『念ず』なんかもサ変動詞です。

上の動詞の場合『死する』←現在は使わない『案ずる』『念ずる』と訳せますよね?

しかし『差す』『刺す』などは『差する』『刺する』とは言いません。

このような感じで訳してみれば大体の動詞は区別できるはずです。

Q「する動詞」について

※ ご案内の如く「動きのある名詞+する」⇒勉強 運動 結婚etc!!

・する / した⇒しちゃった
・「結婚しちゃった」には抵抗が無いが、「しばらく会わなかったネ~!! どうしたの」 
 「いや~病気しちゃってサ~!!」の用い方にはアクティブな語でないせいか
  抵抗がある。

※ この用法どうでしょうか?

Aベストアンサー

 病気は「なる」もので、「する」ものではないということですね。そう言われてみれば、違和感がありますね。でも、「病気する」という表現はときたま聞くことがありますので、すでに市民権を得ているのかもしれません。
 少し意味あいが違うかもしれませんが、「彼、この頃はしっかり大学生しているようだよ。」というような表現も聞きますね。これも使われるようになってあまり年数がたっていないように思いますが、それほど違和感がありませんね。
 

Q身近な形容動詞について。どんなものがありますか?

身近な形容動詞について。どんなものがありますか?

現在外国人に日本語を教えています。
「きれい」が形容動詞ということで、活用が形容詞と違うことに気がつき、
他にどんな言葉が(できれば日常会話でよく使われる、例えば「大事」とか)
同じような活用をするかが知りたいです。

簡単な表を作れればと思っているので、沢山の言葉をお待ちしています。
また、そのような言葉が一覧になっているウェブサイト等があれば教えてください。

Aベストアンサー

形容動詞は日本語には800あると言われています。嘘八百?
え、そんなにと思うかもしれませんが、近代的、合理的のように「的」がつく言葉、漢語(漢字)の多くは同じように「的」か「な」をつければ形容動詞になります。そして外来語の形容詞はハンサム、ビューティフルのように「な」をつければほとんど形容動詞となります。

名詞を修飾する時「な」がつくのに特徴があります。形容動詞は外国人に教える日本語文法ではナ形容詞と呼ばれています。

基本的なナ形容詞はナを抜いた形で列記すると
きれい、静か、好き、嫌い、上手、下手、暇、いろいろ、有名、親切、元気、便利、不便、素敵、簡単、大変、大切、大丈夫、無理
などです。

広辞苑などの多くの辞典では名詞にして形容動詞を品詞として扱っていません。名詞を修飾する時に「な」でなく「の」がつくこと以外に活用が名詞と同じだからです。「~だ。」の形は名詞と同じです。
一方、
普通、赤色、昔、最高
などは形容詞のように見えて名詞に分類されます。これらはナ形容詞にはならないようです。
ところが、
普通、沢山
などは手元にある小学館の新国語辞典では形容動詞になっています。

形容詞か名詞の見分け方は副詞に修飾されるかどうかになります。たとえば「すごい」がつかく「すごく」が前につくかどうかです。

しかし
元気、健康、自由、特別、最高、親切、安全、不思議、厄介
などは主語にもなります。名詞を修飾する時には「な」の時も「の」時もあります。形容動詞と名詞の両方の品詞に分類されます。


深入りすればするほど何が何だか分からなくなります。外国人に教えるときは形容動詞ははじめにあげたような基本的な形容動詞だけに限って教えたほうがいいようです。


ナ形容詞か名詞かを見分ける方法があれば、ぜひ知りたいのですが。
名詞を修飾する文節にした時、結果としてナがついた時は、ナ形容詞と呼ぶしかないように思います。

形容動詞は日本語には800あると言われています。嘘八百?
え、そんなにと思うかもしれませんが、近代的、合理的のように「的」がつく言葉、漢語(漢字)の多くは同じように「的」か「な」をつければ形容動詞になります。そして外来語の形容詞はハンサム、ビューティフルのように「な」をつければほとんど形容動詞となります。

名詞を修飾する時「な」がつくのに特徴があります。形容動詞は外国人に教える日本語文法ではナ形容詞と呼ばれています。

基本的なナ形容詞はナを抜いた形で列記すると
きれい、静か...続きを読む

Q「楽しい」と「嬉しい」の違いは何でしょうか

「楽しい」と「嬉しい」の違いは何でしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。「楽しい」と「嬉しい」の違いは何でしょうか。どのように使い分けるのでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「楽しい」は、何かを行うことに対しての感覚。
「嬉しい」は、自分が望んでいる状態になった時の感情。

「嬉しい」の反対語は「悲しい」。
「楽しい」の反対語は分かりません。「楽しくない」かな。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/thsrs/3622/m0u/%E6%A5%BD%E3%81%97%E3%81%84/

Q「同じくらい」と「同じぐらい」とはどう違う?

いま、ある文章を書く依頼を受けています。
書いていて気づいたのですが、「同じくらい」と「同じぐらい」とは、どちらかが正しいのでしょうか?
また、なぜ2種類あるような印象があるのでしょう?

教えていただければと思います。

Aベストアンサー

通信社・新聞社の用字用語辞典(*)では、
助詞(副助詞)としての「くらい」「ぐらい」に触れていないか、あるいは用例のみを示すにとどまっています。
(*)時事通信、共同通信、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞

唯一、『NHK ことばのハンドブック』には、以下の説明があります。
------------------------------
~くらい・~ぐらい
 「このくらい(ぐらい)の広さ」「10歳くらい(ぐらい)の子」
などの「くらい」「ぐらい」は,どちらを使ってもよい。
 以前は,次のような使い分けが行われていた。
(1) 体言には「ぐらい」が付く。
(2)「この・その・あの・どの」には「くらい」が付く。
(3) 用言や助動詞には,普通は「ぐらい」が付くが,「くらい」が付くこともある。

 「ぐらい」と連濁する場合はひらがな表記も濁音表記とする。
 〈例〉10歳ぐらいの子
------------------------------

以前は使い分けが行われていたが、現在は「くらい」「ぐらい」のどちらでも良いという説です。

手もとの国語辞典(*)には、どれも「くらい」の主見出しで名詞の「位」と、そこから転じた副詞(副助詞)の「くらい」の解説がありますが、ほとんどは『「ぐらい」とも』としています。「ぐらい」は参照見出し(空見出し)になっています。
(*)新明解、広辞苑、岩波、大辞林、明鏡

『明鏡国語辞典』だけは、「くらい」の項の最後に以下の説明がありました。
----------------------
[語法]
「くらい/ぐらい」は、今は区別なく使うが、伝統的には、体言には「ぐらい」、コソアド系の連体詞には「くらい」、活用語には「ぐらい」「くらい」ともに付いたという。
----------------------

結論として、
伝統的には使い分けがあった。
現代語ではどちらを使っても間違いではない。
というのが、事実上の正解でしょう。

現実には、個人の言語感覚によってかなり差があると思います。年代差や地域差もあるかもしれません。


ここまで書いて、以前別の場所で同じような話があったことを思い出しました。

『きょうのことばメモ』
  〔早稲田大学の飯間先生(日本語学)のブログ〕
http://yeemar.seesaa.net/article/14552277.html
「くらい」の清濁 2006年03月09日

「以前は」「伝統的には」というのは、江戸時代の頃のようです。

通信社・新聞社の用字用語辞典(*)では、
助詞(副助詞)としての「くらい」「ぐらい」に触れていないか、あるいは用例のみを示すにとどまっています。
(*)時事通信、共同通信、朝日新聞、毎日新聞、読売新聞

唯一、『NHK ことばのハンドブック』には、以下の説明があります。
------------------------------
~くらい・~ぐらい
 「このくらい(ぐらい)の広さ」「10歳くらい(ぐらい)の子」
などの「くらい」「ぐらい」は,どちらを使ってもよい。
 以前は,次のような使い分けが行われて...続きを読む

Q「とき」を漢字にするときとしないときの違い

~したとき
など、「とき」を感じにするべきかしないべきか迷うことがあります。

「とき」の部分を、「~の場合」などの言葉で置き換えられるときは、平仮名の「とき」
「とき」の部分を、「~のタイミング」などの言葉で置き換えられるときは、漢字の「時」と
学校の先生から教えてもらったんですが、
それだけでは区別がつかないときはよくあります。

どちらに置き換えても大丈夫なときがあるんです。

みなさん、どのように使い分けてますか?

Aベストアンサー

>「とき」の部分を、「~の場合」などの言葉で置き換えられるときは、平仮名の「とき」
>「とき」の部分を、「~のタイミング」などの言葉で置き換えられるときは、漢字の「時」と

同じくです。明確な「時」の意識がないものはすべて平仮名。迷ったときや、平仮名で違和感があるときだけ漢字で書きます。

この手の書き分けは、マスコミの用字用語辞典が参考になるかと思います。具体的な内容は末尾参照。
国の通知文書『公用文における漢字使用等について』の考え方に概ね則っているはずです。
http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=show&id=1000005543&clc=1000000068&cmc=1000005514&cli=1000005532&cmi=1000005540

-------------------------------------------
■共同通信社 『記者ハンドブック』

時 〔名詞など、主として時間・時刻・時期そのものを示すとき〕
  売り時、書き入れ時、実行の時が来た、梅雨時、時が移る、時が解決する、時々、時として、時と場合、時ならぬ、時には〔たまには〕、時の氏神、時の権力、時の流れ、時の人、時の問題、時は金なり、時を待つ、何時=なんどき=、花見時、退け時

とき 〔主として「…の場合」、大切なとき〕
 行くとき、行けないときは連絡する、いざというとき、(もしも)帰ってきたときは、危急存亡のとき、事有るとき、社員を採用するときは、衆院解散のときは、都合の悪いとき、

〔注〕 書き分けに迷う場合は平仮名書き。

-------------------------------------------
■時事通信社 『用字用語ブック』

時 〈名詞など、主として時間・時刻・時期そのものを示す場合〉
  売り・買い時、書き入れ時、決断の時、梅雨時、時折、時が移る、時が解決する、時がたつ、時たま、時々、時として、時と所、時ならぬ、時に、時に従う、時には、時の氏神、時の運、時の権力、時の流れ、時の人、時の問題、時は金なり、時を得る、時を刻む、時を待つ、何時=なんどき=、花見時、退け時

とき 〈形式名詞、「…の場合」の意味で〉
  行くときは、火事のときは119番、困ったときの神頼み、事故が起こったときの処置、…しようとするとき(に)は

【注】 迷った場合は平仮名書き。

-------------------------------------------

>「とき」の部分を、「~の場合」などの言葉で置き換えられるときは、平仮名の「とき」
>「とき」の部分を、「~のタイミング」などの言葉で置き換えられるときは、漢字の「時」と

同じくです。明確な「時」の意識がないものはすべて平仮名。迷ったときや、平仮名で違和感があるときだけ漢字で書きます。

この手の書き分けは、マスコミの用字用語辞典が参考になるかと思います。具体的な内容は末尾参照。
国の通知文書『公用文における漢字使用等について』の考え方に概ね則っているはずです。
http://...続きを読む

Q形容詞の活用の教え方について

日本語を外国人に教えるにあたり、形容詞の活用についてどのように教えていいものか悩んでおります。
ちなみに日本語を教えることは今回が初めてでまるっきりの素人だということでご理解願います。
一応、外国人用の文法テキストはあるので現在それをもとに進めているのですが、あまり詳しく書かれていないのでここで相談させていただきたいと思います。

1.未然形の活用について
イ形容詞は「かろ(う)」ナ形容詞は「だろ(う)」ですが、これは意志・推量を表すもの。日常的に私たちは「高かろう」「安かろう」などと使っていますが、これを外国人にどのように説明すればいいのでしょうか。文法的にはどんな品詞の前におかれるものでしょうか?
2.終止形について
文末の言い切りの活用と書いてありますが、「この本は高いです。」の「高い」は終止形の言い切りという理解でいいのでしょうか。
また、「ここはおいしいレストランです。」「この花はあの花よりきれいです。」これらの文中にある「おいしい」や「きれい」の活用は何形に当てはまるのでしょうか?特に「きれい」はきれいなというナ形容詞ですが、この場合の活用はどれが適切なのでしょうか。

以上です。よろしくお願いいたします。

日本語を外国人に教えるにあたり、形容詞の活用についてどのように教えていいものか悩んでおります。
ちなみに日本語を教えることは今回が初めてでまるっきりの素人だということでご理解願います。
一応、外国人用の文法テキストはあるので現在それをもとに進めているのですが、あまり詳しく書かれていないのでここで相談させていただきたいと思います。

1.未然形の活用について
イ形容詞は「かろ(う)」ナ形容詞は「だろ(う)」ですが、これは意志・推量を表すもの。日常的に私たちは「高かろう」「安...続きを読む

Aベストアンサー

>一応、外国人用の文法テキストはあるので現在それをもとに進めているのですが、
>あまり詳しく書かれていないのでここで相談させていただきたいと思います。

詳しく書かれていないのではなく、No.3の方もおっしゃるように
日本の学校で習う文法とは根本的に異なるからです。

i-adjective(イ形容詞)の場合は
どの教科書もまず次の4ないし6パターンを教えていると思います。
・高いです
・高くありません/高くないです
・高かったです
・高くありませんでした/高くなかったです

ここで、「学校文法」を習った私たちには「高い」「高く」「高かっ」の3種類の活用形が
現われているように見えますがそこは追求してはいけません。
追求したところで全く応用がきかないからです。

教えるものを細分化すればするほど、それらを組み立てる力も必要になります。
それよりもいろいろな表現を「イディオム」として丸暗記してしまった方がはるかに役立ちます。
外国人向けのテキストがあるのでしたらそれにしたがって、
それ以外のことは教えないほうが無難かと思われます。

よって、
>形容詞の活用についてどのように教えていいものか悩んでおります。
については、教えなくてよい、というのが私の回答です。

>一応、外国人用の文法テキストはあるので現在それをもとに進めているのですが、
>あまり詳しく書かれていないのでここで相談させていただきたいと思います。

詳しく書かれていないのではなく、No.3の方もおっしゃるように
日本の学校で習う文法とは根本的に異なるからです。

i-adjective(イ形容詞)の場合は
どの教科書もまず次の4ないし6パターンを教えていると思います。
・高いです
・高くありません/高くないです
・高かったです
・高くありませんでした/高くなかったです

ここで、「...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング