…自動売買の決定版はこれ!と言えるようなソフト・商材をさがしているのですが、なかなか巡り合えません。「ショットガンFX」、期待したんですが、なんだか訴訟まで発展しそうとのこと。ソフトに大きな欠陥があったということなんですかね。ご存知の方、いますか?

皆さんのお薦め商材の中で、下記に該当するものはありますか?
・システムトレードで勝率6割~7割、複数の通貨ペア対応
・売り・買いのシグナルが出たら、それをパソコンで自動発注・自動決済してくれるシステム(会社に行っている間も寝てる間も売り買いしてくれる)

「ショットガンFX」の売り文句が正しければ、20万円くらいの余裕資金を投入して、ひたすら自動売買させ続けるのが楽しそう、と思ったんですけど、誰か(ショットガンに限らずこうした運用を)実践している方はいらっしゃいますか? あと、「ショットガンFX」の作者の方に質問したいことがあるんですけど、どこかのブログなどにアドレスを乗せていませんか? 君島さんはメールでの対応は親切ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

このあたりを参考にするか


その商材名+2ch
などでググりましょう。


オレオレ詐欺、儲かる詐欺、死ぬ死ぬ詐欺、いろいろありますよね。

基本的にそういうものは、商材を売って儲けているので
過去のパフォーマンスとかは嘘の疑いもあります。
開発者の名前すら実在する人物かどうか疑わしいです。
過去のチャートに矢印を入れるのは誰でもできます。


あとセールストークを読みましたが、儲かりそうだ!
これさえ使えば100万あったら600万、2年目は3000万・・・
と妄想させるような内容になっています。

このような表記の仕方は金融法で厳しく規制されています。
金融庁に告発すれば逮捕されます。
この場合は商材なのでそれを逃れることが可能かもしれません。

銀行などで投資信託の説明を聞いてみましょう。
必ず元本保証ではない。損する可能性もある。
手数料もかかると言います。
過去のパフォーマンスが記載されていても、将来それを約束するものではありません。
と大きく書かれており、契約時にはこのことが大きく書かれた紙に署名させられます。


勝率やパフォーマンスを期待し、システムトレードをしたいなら
ひまわり証券あたりを利用するか海外をおすすめします。
目的を間違わないよう忠告しますが勝敗ではありません。
お金を増やすことが目的ですよね?

高いリターン、成績を望む場合海外業者がおすすめですよ。
国内とは比較になりません。
ただ外為法で国際送金が最近厳しいので最初面倒です。
契約時に簡単な英語もできないとわかりません。
ドル、ユーロ建てがほとんどです。


http://fxtaizen.blog31.fc2.com/blog-entry-10.html
http://sec.himawari-group.co.jp/sts/index.html

この回答への補足

↓失礼しました。ひまわり証券のページで販売していましたね。でもひとつのプログラムが数十万円もするって高すぎます。Mr.ゼロさんのメルマガの通りに自動売買してくれるなら最高なんですが…(だって月当たりたったの5000円ですよ!)

補足日時:2008/04/25 22:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へえ、ひまわり証券で自動売買ソフトを提供しているんですね。誰か、パフォーマンス最高のプログラムを組んで公開してくれないでしょうか? どこかにそんな情報ありませんか?

お礼日時:2008/04/25 22:02

追加です。



米最大規模のfx会社のシステムトレードです。
取引額 3500億ドル/月
前年度実績64%

fx システムトレード
とかで検索すると詐欺広告が出てきます。
3ヶ月700%とか、2億、3億とかもうるようです(広告)

不可能です。
新たな詐欺手口です。
1000人に一人引っかかる馬鹿がいればそれで十分なんです。
融資保証金詐欺とかいろいろ振り込め詐欺グループは考えています。


あと基本的にシステムトレードには10万、20万などでは向きません。
最低で100、できれば500、1000ぐらいが望ましいですよ。

そもそも仕組みもわからず、人任せで大きく金が増える。
なんてことは思わないようにしましょう。
「円天」とか詐欺に引っかかりますよ。


システムトレードの弱点はそれを一般に公開してしまうと(プログラム自体)
優秀なら優秀なほどコピーされ。デバッグされシステムの弱点をつくような
プログラムが開発されます。

fxは短期で非常に儲けることができます。
デモ口座なら50万を1ヶ月で500万にもできるでしょう。
きっとこんなことができるなら(できたのだから)あと1ヶ月すれば5000万、半年すれば
何兆円??とか馬鹿なことを妄想するでしょう。

私はリアル口座を分割させ危ないポジションで遊んだことがあります。
1ヶ月で10倍になりました。
でも2ヶ月目で致命的な損失を受けました。


世界のゴールドマンサックスでもfxでは大損することがあります。
1回で80億ドルとか失うそうです。

この辺をよく確認してから考えてください。
最後に1つ・・・
仮に今100万円から初めて、年末には10億円になってしまったとしましょう。
1月に大損して5000円しか残りませんでした。
税金どうするんですか?
5億はとられますよ。払えませんよ。

参考URL:http://www.fxcm.com/managed-accounts/managed-acc …
    • good
    • 0

自動売買ソフトは日本では真新しいので注目を浴びてますが、米国では一般的に使われていますよ。



日本では詐欺まがいのアルゴリズムが販売されていますが、ブローカーに言わせれば単にバックテストで最適化しただけの代物が殆どです。そんなものは誰でも作れるのであって、バックテストの成績を実際にトレードしたかのように偽装しているだけです。よって、将来的に稼げる可能性はかなり低い。

そもそも、海外で好成績を出しているブローカーのアルゴリズムの開発には数十億円の経費がかかっているのに、日本の個人がそれ以上のシステムを作れるはずは無いでしょうね。万一数年にわたって年率100%超えるようなシステムが作れるなら、個人に売る馬鹿はいません。ブローカーが数十億円で買い取ってくれますから。

どうしても自動売買したいのなら、メタトレーダーやトレードステーションを使って売買したほうが、千倍良いでしょう。もちろん投資の知識や経験、プログラミング能力は必須ですが。

参考URL:http://www.tradestation.com/default_2.shtm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。素人考えなんですが、「バックテストの成績が一定以上のものであれば、今後もその手法が成功する可能性が高い」とみなすことはできないんですかね? 池田悟さんなどが著書で述べているのも、そういうことだと思ったんですが。もしそうだとすると、割と安価にシステムトレードのツールは開発できると思うんですが。 

お礼日時:2008/04/29 14:53

自動売買ができるソフトらしいですよ。

1ヶ月無料で試せるそうですからやればどうですか?実はわたしも今検証中です。

参考URL:http://www.systemtradepro.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

HPを見る限りでは、なんか期待できそうなソフトですね。でも勝率が若干低いような… 6割以上は勝ってほしいものですが。

お礼日時:2008/04/25 21:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢字の質問です。保証、保障、補償?

すいません。
いろいろ調べたのですがわからないので是非お知恵をおかしくださいませ。

返金ほしょうの時の「ほしょう」の漢字は

保証
保障
補償

のどれを使えばいいのでしょうか?
私は今まで返金保証と使っていたのですが、
いろいろな人のサイトを見ていると保障を使っている人も大勢います。

正確なものをアドバイス頂けませんでしょうか?
よろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

保証は、請合う(法律)賠償の責任を負う。身元を保証する、連帯保証
    人
保障は、(権利・自由・安全を)守る。『生活を保障する、社会保障』
補償は、(損害を)償う、「損失を補償する、災害補償」
のように使い分けます。
したがって、質問の場合、返金することを約束するのであれば、保証が
正しいことになります。

Q大和良太郎のFX商材買ったことある人います?この人生命保険保険の商材とかナンパの商材とかいろい

大和良太郎のFX商材買ったことある人います?
この人生命保険保険の商材とか
ナンパの商材とか
いろいろ出してる人なんですけど?

Aベストアンサー

サイト情報も参考にしてみよう。

http://gyoseimari.blog.fc2.com/blog-entry-55.html

http://jyouhousyouzai61.blog129.fc2.com/blog-entry-353.html

Q「補償」と「保障」の違い

「補償」と「保障」の違いと使い方が今ひとつしっくりわかりません。

例えば、
「ゆうパックは事故の際、5万円までの補償が有ります。」と使われています。

「当方では「ほしょう」できません。」の場合、「保障」と使っているものと「補償」と使っているものがあります。

「補償」と「保障」の違いとは何でしょうか。

大きな意味の違いや使い方のポイントを教えてください。

Aベストアンサー

 大きな違いは、
「保障」は「守り防ぐ」という意味で、
「補償」は「被害が起きてから」損害等を金銭などで補うということでしょうか。

 「起きないように」が「保障」
 「起きてから」が「補償」です。

 ご参考まで。

QFX商材

裁量で取引していますが
なかなか勝てません・・・
商材の購入を検討中なのですが
詐欺的な商材が多いのは分かっています。
しかし「ビクトリーメソッド」など
評判が良い物も在るので
迷っています・・・
お奨め商材など有りましたら
教えてください
お願いします。

Aベストアンサー

おすすめしたら何でも信じるタイプの人は、商材もFXも向かない。

FX会社の提供している無料か安い初心者向けのシステムをいじって使ったほうがマシ。

Q保証と保障の違い

保障と保証の使い方に悩んでいます。
辞書でも調べたのですが、どうも違いがつかめなくて…
昔勉強したのですが、思い出せません。

保障と保証、この場合どちらかわかります??
============
「約束」を「命が有る限り」貫き通すための〈愛〉を互いが継続していける保障はどこにもない。
============

ご存知の方、どうぞよろしくお願いします!!

Aベストアンサー

3つの「ほしょう」の違いについては、わたしも #2 の Spur さんと同じ理解です。

>保証…これがイメージとしてはしっくりくるような気がするのです。

わたしも「保証」だと思いますヨ~。
今回の例文では、「ほしょう」する対象は「互いの愛が継続すること」ですよね。
例文を言い換えれば、
「命のある限り約束を貫き通すだけの愛を互いに継続していけるかどうかは、
誰にもわからない(=確実に継続していけるとは限らない。
当事者の二人を含め誰もそれを請け合うことができない。)」
ってことを言ってるんですよね。

「保証」だと思いますヨ~。

互いの愛を継続する "ための" 「ほしょう」なら、「保障」かもしれませんけど。

QよくあるFX商材について

FX商材を販売しようと考えています。

よく「ぜったい儲かるFX攻略…5万円」などの商材を見かけますが、ああいったものを売る場合は税務署など国の機関に許可などは必要なのでしょうか?それともなにも許可は必要ないのでしょうか?

商材を作る側の手続きなどを教えてください。

Aベストアンサー

売買の方法などを教えるだけです。
そのつど、「いま買え」「今売れ」などと指示するわけでもなく、代わりに売買してくれるわけでもないので、どこにも許認可は不要です。

Q医療費実費補償は、日額保障の医療保険と比べてどうですか?

医療費実費補償の、AIUの「スーパー上乗せ健保」という保険に興味があります。富士火災でも似たような保険があったと思います。
実費補償は、保険のあり方を考えると理に適っているように思うのですが、生命保険の日額保険金保障型と比べて、特長と弱点を教えていただけますか。

Aベストアンサー

実費と言うのは少し考え物のところがあります。健康保険の高額療養費の制度をご存知であれば良いですが、分からない場合は別途検索してみてください。
高額療養費の制度があるので、月々の医療費負担の上限は自己負担となる食費や諸雑費を入れても月10万程度です。ある程度上限が分かっているので実費補償でも日額保障でも同様の効果は得られます。
上乗せ健保やみんなの健保の問題があるとすると終身型が無いので必要そうな高齢期に非常に高い保険料となるところです。(売り止め懸念もありますね。)
若いうちから保険に入る意味合いは、健康じゃないと加入できないという面と、分割払いの分割回数を増やすようなもので、負担感を軽減する効果があります。
病気の実費補償の取扱もあるのですが、敢えて「けが」の実費補償+日額保障の医療保険を提案する事も多いです。ケガの実費補償(傷害医療費用保険)は保険料が安い割にケガの入院では持ち出しが出ません。(全年齢一律の保険料)
実費補償+日額保障を考えるのであれば、怪我実費補償+日額保障にして差額は貯蓄しておくと言うのも良いように思います。
いずれにしても、月10万円の医療費負担のために多額の保険を掛けるより、困りそうなものを中心に掛けておくのが肝要です。がん保険や傷害後遺障害、先進医療辺りの方がなる確率は低くてもなったら困る(費用が多額に掛かる)ものなので、むしろ保険とはそう言うもしも、に備えた方が良いでしょう。

実費と言うのは少し考え物のところがあります。健康保険の高額療養費の制度をご存知であれば良いですが、分からない場合は別途検索してみてください。
高額療養費の制度があるので、月々の医療費負担の上限は自己負担となる食費や諸雑費を入れても月10万程度です。ある程度上限が分かっているので実費補償でも日額保障でも同様の効果は得られます。
上乗せ健保やみんなの健保の問題があるとすると終身型が無いので必要そうな高齢期に非常に高い保険料となるところです。(売り止め懸念もありますね。)
若い...続きを読む

QFXの商材について

FXの商材でよくメタトレーダーでのシステム売買の商材みたいなのがありますが、じッさい利益はでるものなのですか?

Aベストアンサー

利益が出るものもあるみたいです。
私は2本ほど買いましたが、ひとつは損をして、ひとつは利益を得ましたよ。

ただ、商材を使って、損失を出しても自己責任です。

ちなみに、EA(売買システム)を作るのは簡単ですし、
儲かるように見せる損益も簡単につくれます。

それが利益を出すかは別として。


つまり、商材の広告部分では儲かるかどうかはほぼ検証出来ないです。
バックテストでは、スプレッド0に設定することも可能ですし、
レートを先読みしてバックテストすることも可能です。

やろうと思えば巧妙な詐欺も可能です。

真面目に売っている方もいると思いますので探してみてはいかがでしょうか?

Q「保証」と「保障」の違いについて

「保証」と「保障」の違いがいまいち良くわかりません。
不動産業で家賃の一括借上げホショウという場合どちらの保障になるのでしょうか?(一括借上げホショウと言うのはマンションなどの入居率が悪かったとしても最低額をホショウしてオーナーに支払うという制度)
また、経営をホショウすると言う場合もどちらを使うのか教えてください。(同じような気もしますが・・・)

ちなみに前者はネットで調べると「保証」というほうが多いですが、「保障」の方も結構見かけます。辞書で調べても微妙で良くわかりませんでしたのでお願い致します。

Aベストアンサー

損害保険会社のセールスマンが保険の売り込み文句の
「御社の長期安定経営をホショウするために『所得ホショウ保険』はいかがでしょうか。」
の最初のホショウは「(漠然と)守る」ということで【保障】です。
これが「保証」ですと、会社の長期安定経営を保険会社が責任を持って引き受けるということになり、こんなことは事実上不可能です。
ANo.5さんの辞書の引用文を良く見てください。↓

●「保証」
 (1)請け合うこと。責任を持って引き受けること
 (2)保証するしるしとして相手に差し出す品

保証の意味は「保証人」でおわかりのように、範囲は限定的でその分運用は厳格です。「保障」のように、範囲が広く漠然としてたものではりません。ANo.5さんの辞書の引用文↓

●「保障」
 (1)(「保」は「小城」、「障」は「とりで」の意)とりで。要塞
 (2)民の生活を守ること。また、その政治
 (3)安全を請け合うこと

「保障」の元の意味は砦です。堅固な構築物に拠って、外敵から民を「長期にわたって守る」わけです。
兵隊が身を伏せて、矢の飛来から自分の身体を守るのではありません。
「生命に関するような大事なことを長期的に守る」ということですね。
そういうことで安全保障や社会保障などの言葉に使われています。

「保障」という言葉は生命保険によく出てきます。
それで生死に関わることは「保障」かと思ってしまいます。
しかし、よく誤解されるのですが、生命保険は生命を「保障」するものでもなければ、「保証」するものでもありません。
生命保険の意義は、大黒柱が死んだときに、残された家族の生活を守る(保障する)ためです。
これは遺族の生活を「保障する(守る)」ということで、「保証すること」はありません。
保険金が支払われることによって、遺族の生活が(漠然と)守られるということです。
保険会社が「保証する」のは、大黒柱が死んだら「定められた保険金を支払う」ということだけです。遺族の生活の保証はできません。

まあ、そういうことで、「御社の長期安定経営をホショウするために『所得ホショウ保険』はいかがでしょうか。」
の最初のホショウは「(漠然と)守る」ということで【保障】です。

>1、「一括借上げ保証」なら私はあなたの長期的な経営の安定をホショウ(約束)できます。
>2、「一括借上げ保証」システムはあなたの長期的な経営をホショウ(サポート)します。
>1は「保証」、2は「保障」になると思うのですがあっていますか?

大方合っているように思います(^-^ 。
しかしご提示の文では、「保証」や「保障」よりも、括弧内の「サポート」の方がいいと思います。
文頭に「一括借上げ保証」の「保証」があるわけです。似たような「ホショウ」という語句は避けた方がいいと思います。
「このホショウという字はあっているのかな?」と、読んだお客さんの頭を悩ましてしまいます(^-^ 。
そして、長期的な経営の安定をどの程度「約束」できるものか不明ですので、サーポートぐらいのところが無難かと思います。

損害保険会社のセールスマンが保険の売り込み文句の
「御社の長期安定経営をホショウするために『所得ホショウ保険』はいかがでしょうか。」
の最初のホショウは「(漠然と)守る」ということで【保障】です。
これが「保証」ですと、会社の長期安定経営を保険会社が責任を持って引き受けるということになり、こんなことは事実上不可能です。
ANo.5さんの辞書の引用文を良く見てください。↓

●「保証」
 (1)請け合うこと。責任を持って引き受けること
 (2)保証するしるしとして相手に差し出す品
...続きを読む

QFXの情報商材について教えてください

以下のFXの情報商材を考えているのですが、いい商材なのかどうか
もし購入された方がいらっしゃれば教えてください。よろしくお願いいたします。
http://www.1okufx.net/

Aベストアンサー

この商材は、最近の結果が思わしくないようですね。
私も購入しようか迷った時期がありましたが、セールスページに「雑誌で紹介された」とか、「1億円」という言葉ばかりが先行して、なんだか現実味を感じることが出来なかったので購入しませんでしたが・・・・。

そもそも情報商材については、「そんなに儲かる手法を知っているなら、なぜその情報を売って小銭を得る必要があるのか?その時点でうさんくさい」と批判する人が居ますが、きちんと選別さえすれば、優良な情報商材は結構ありますよ。

商材の作者の事情や考え方は千差万別なので、あくどい考え方をしている人も居れば、購入者と作者がwin-winの関係になるように考えている人も居ます。
例えば後者の例としては、「投資の原資を殖やす為に情報を販売する。でも販売した限りは、徹底的にサポートする」といった人も居るようです。
「今までは通用したが今はダメになったので、最後の一花として売りに出す」「そもそも効果が無い(低い)手法をもっともらしく宣伝して売る」などといった商材も有るのは事実ですが、そんな商材さえ避けることが出来れば、素晴らしいトレード手法を手に入れることができます。

事実私も、とあるレビューサイトで評価を見て、さらにはそのサイトの管理人の方に相談し、自分に合った商材なのかを納得するまで確認した上で購入しました。

結果、現在では、非常に高確率で勝つことができるようになってます。

投資関連の情報商材を買うには、レビューサイトを参考にするのが一番だと思いますし、信用し得るレビューサイトを見つけることが重要だと思います。

私が良く行くレビューサイトでは、管理人さんが、購入以前に相談に乗ってくれるそうなので、一度見てみたらいかがでしょう。

参考URL:http://fx-info-review.seesaa.net/

この商材は、最近の結果が思わしくないようですね。
私も購入しようか迷った時期がありましたが、セールスページに「雑誌で紹介された」とか、「1億円」という言葉ばかりが先行して、なんだか現実味を感じることが出来なかったので購入しませんでしたが・・・・。

そもそも情報商材については、「そんなに儲かる手法を知っているなら、なぜその情報を売って小銭を得る必要があるのか?その時点でうさんくさい」と批判する人が居ますが、きちんと選別さえすれば、優良な情報商材は結構ありますよ。

商材の...続きを読む


人気Q&Aランキング