宅建の市販書で LEC 出る順宅建 2008 の評判 評価 特徴をきかせてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

宅建」に関するQ&A: 宅建

A 回答 (2件)

去年、出る順2007を使って合格しました。


テキストにも書いてあるのですが、テキストを読んで過去問を解く、間違ったらどうして間違ったか確認する、ということを繰り返していれば自習で合格ラインを超える力は付くと思います。
権利関係(出る順1巻に対応)はどの会社の参考書を使っても本試験で準備が手薄になっているような分野から出題される可能性があります。信頼のおける著者や出版社は各ごとに学習者が無駄な努力をしないで済むように過去の出題傾向から独自に重要度に重みを付けて教材を作っているようです。もし、「出る順」を選ばれてテキストや過去問でどうしても分からないことが出てきたとして、たまたま他社の教材に詳しく出ているからといって疑心暗鬼に陥る必要は全くないと思います。
テキストに載っている書籍番号から読者登録をしたところ8月の初め(だったと思いますが)法改正に対応した修正箇所の冊子を郵送してくれました(LECのウェブページには5月くらいから載っていたようですが)。アフターサービスもよかったと思います。
参考になりますでしょうか?
    • good
    • 0

基本的には、資格予備校のLECの授業で教わる内容のダイジェスト


というかエッセンスを抽出したもので、完成度は高いです。出る順問
題集と連動しており、使いやすさも抜群ですが、それぞれ3冊ずつ揃
えることを前提にすると、ちょっぴり割高ですかね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宅建の参考書と勉強法

独学で宅建を勉強して来年試験を受けたいと思っています。
参考書を探していたのですが、他の質問を色々読ませて頂いたところ「らくらく宅建塾」が良さそうなのでこれにしようかと思っています。アマゾンのレビューを見ると「一発合格らくらく宅建塾」を柱に「過去問宅建塾」の1・2・3・を勉強し合格した等と書いてありますが、これは本当なのでしょうか?それほどの良書なのでしょうか?
まだ参考書を決めかねていますので、他にも何か良い参考書や勉強法などありましたらアドバイスください。

また、私の父は宅建を既に合格しているのですが(かなり昔に合格した)、勉強は「宅地建物取引の知識」のみ1冊のみで勉強したと聞きました。この本は全然他の質問回答にも出てこないのですが、この本は必要なのでしょうか?
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も独学で宅建に合格しましたが、全くの知識ゼロの状態から宅建の勉強をするのでしたら参考書は「らくらく宅建塾」をお勧めします。
私は他の参考書も購入しましたが、図解も多く分かりやすさという点では「らくらく宅建塾」が一番でした。

ただ、少し宅建についての知識がある方でしたら、内容としては物足りないので、もっと詳しく書かれている参考書をお勧めしますけどね。
NO.1の回答者様がお勧めの住宅新報社は、私もなかなか良いと思います。
ただ初めて宅建の勉強をする方だと、少々難しいと感じるかもしれないので、取っ掛かりはやはり「らくらく宅建塾」のような参考書のほうが、挫折しないんじゃないかなというのが私の個人的な感想です。

「宅地建物取引の知識」については、私は読んだことは無いのですが、私の周りで宅建に合格した人も、この本は使用していないようなので、書店で売られている宅建の参考書や問題集をしっかりやれば、充分合格は可能だと思いますよ。

それから、勉強法については、私も過去問をしっかりやり込む事をお勧めします。
また、もし可能であれば宅建の講座をやっているスクールでやっている宅建模試を受けてみるのも良いですよ。
全国模試だと、他の受験者と比べて自分がどれくらいのレベルなのか分かりますし、また本番と同じ形式で模試が行われるので、本番の良い予行演習にもなります。

私も独学で宅建に合格しましたが、全くの知識ゼロの状態から宅建の勉強をするのでしたら参考書は「らくらく宅建塾」をお勧めします。
私は他の参考書も購入しましたが、図解も多く分かりやすさという点では「らくらく宅建塾」が一番でした。

ただ、少し宅建についての知識がある方でしたら、内容としては物足りないので、もっと詳しく書かれている参考書をお勧めしますけどね。
NO.1の回答者様がお勧めの住宅新報社は、私もなかなか良いと思います。
ただ初めて宅建の勉強をする方だと、少々難しいと感じる...続きを読む

QLECの宅建登録講習?

素朴な疑問です。
以前こちらの質問で以下の内容のものがあったのですが、

>今年はLECで5点免除が取れる、宅建登録講習を受けます。

LECとは専門学校のようですが
そこで5点免除の講習が受けられるのですか?
宅地建物にかかわる会社の従業員が会社を通して申し込む講習だと
思っていたので。

Aベストアンサー

個人での申し込みも、もちろん可能ですが、
申込時に従業者証明書のコピー添付等が必要なほか、
登録講習修了時まで実際に宅建業に従事している方等の条件があります。

くわしくは、LECのコチラまで↓
http://www.lec-jp.com/takken/kouza/2007/menjo/index.html

LECだけではなく、他でもやっていますよ。
(今年度の分は、どこももう終わってますけど・・・)

なお、蛇足ではありますが、5点免除といっても、
本来の50問試験ではなく、45問の試験をやって、その点数に5点プラスされる仕組みなのです。
45問の試験で30点を獲得すれば、35点になるということです。

Q「宅建」試験の参考書について

「宅建」の資格に興味を持っています。

勉強を始めるに当たり、どこの参考書を選ぶか悩んでいます。
(本屋に行くとたくさんありすぎて、初心者には選びきれませんでした)
ペラペラと見た所、

日本経済新聞社、住宅新報社、TACの出している参考書まで絞ったのですが
どれにしたらいいものか...

宅建の資格を取った方、今勉強中の方、何等か(経験上)アドバイスをいただけると
嬉しいです。
(自分は、こんな部分が評価できるので○○社の宅建参考書を使っている...等)

今からの勉強でどこまで頑張れるかわかりませんが、TRYしてみたいので
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一昨年、春から独学で勉強し40点超えで合格しました。

宅建試験は、過去問のやりこみがすべてです。私は10年過去問を7回まわしました。その際大事なのは、単に問題を解くだけではなく、4択の解答肢のうちの間違いの1肢or3肢について、なぜそれが間違いか口頭で言えるようにすることです。 

間違いの理由を言える
  ↓
基本的な知識が身についている。
  ↓
本番試験で似たような(ちょっとひねった)問題がでてきても、自分の基本的な知識で対応できる。

というわけです。

私は教科書としてらくらく宅建塾、参考書としてパーフェクト宅建を使いました。ただし上記のように10年過去問のやりこみが中心となりますので、教科書として使用する本は、自分にあった本だと思えばどれでもいいです。
らくらくはわかりやすいのですが、らくらくに書いてないところからも出題されています。そこの部分はパー宅で補いました。(パー宅は分厚すぎるので教科書としてはおすすめしません。参考書として使うならいい本です。)

上記に「間違いの理由が言える」と書きましたが、ここが一番重要です。本を読んで暗記しただけでは不十分です。そこをよく理解して勉強されることをお勧めします。

一昨年、春から独学で勉強し40点超えで合格しました。

宅建試験は、過去問のやりこみがすべてです。私は10年過去問を7回まわしました。その際大事なのは、単に問題を解くだけではなく、4択の解答肢のうちの間違いの1肢or3肢について、なぜそれが間違いか口頭で言えるようにすることです。 

間違いの理由を言える
  ↓
基本的な知識が身についている。
  ↓
本番試験で似たような(ちょっとひねった)問題がでてきても、自分の基本的な知識で対応できる。

というわけです。

私は教科書としてらくら...続きを読む

Q宅建の過去問題集LEC

今年の初めになけなしのお金で買った過去問について教えて下さい。

商品は
『2011年版出る順宅建ウォーク問、過去問題集、LEC東京リーガルマインド編著 』なんですが、これは過去問10年分は収録されていないのでしょうか?

初学者で初めての事なので、買う過去問を間違えてしまったのでしょうか?

Aベストアンサー

11年試験用でしたら 10年に行われた試験問題も入っていると思います。
そういう意味でなく、過去10年間の問題が全て入っているかという質問でしたら、どこの過去問集でも全部は入っていません。なぜならば、同じような問題が数年おきに出題されていますから、全問載せても意味は有りません。10年前の試験問題のうちでも、掲載されている問題はあるかもしれません。
他の会社の過去問週でも同じです。毎年分を別々に10年間分載せている会社はないと思います。同じような問題を 何回も解説しても意味は有りませんから。

Q宅建の参考書

こんにちは。来年、宅建を受験しようと思っている者です。宅建の学習経験や不動産の知識はまったくありません。来年の試験までは時間があるし、今、比較的に時間に余裕があるので、今のうちに勉強を始め、少しでも知識を身につけたいと思い、本屋に参考書を買いに行きました。

色々見て検討しているうちに「らくらく宅建塾」という本がいいなと思いましだが置いてあるのは2009年版のものでした。他の参考書も2009年版のものしかなく、今から勉強を始めたいけど、やはり2010年版の方がいいかなと思い購入を踏み止まりました。

そこで質問です。次の年向けの参考書が出始めるのはいつ頃でしょうか?その年の試験が終わってからですか?やはり受ける年の参考書を買うのが妥当ですよね……。

Aベストアンサー

> 置いてあるのは2009年版のものでした。他の参考書も2009年版のものしかなく、
そのときに、書籍の発行日を見ておけば、’10年版が何月頃に出るのかの推測が付いたのに・・・残念。
アマゾンで宅建の書籍検索してみたら、12月発刊が多く、翌年2月迄に大抵のテキストが発刊されていますね。

> 今から勉強を始めたいけど、やはり2010年版の方がいいかなと
> 思い購入を踏み止まりました。
そのほうが良いですね。

Q宅建業免許と宅建主任者

土地を分割分譲しての販売は宅建業者でないとのことですが、、、

宅建業者と宅建主任者の違いが良く判りません。
例えば、
1.土地の個人所有者が宅建取引主任者の資格を持っていれば、自分名義の土地を分割分譲して販売しても宅建業法違反にはならないのでしょうか?
2.宅建業免許を持つ法人の代表者(取引主任資格あり)が自分名義の土地を分割分譲して販売する場合は?
上記のような形態でも宅建業者の事業と認められるのでしょうか?

ご教授下さい。

Aベストアンサー

不動産業者です。簡単に記します。

宅建業法にかかるかどうか?の判断ですが、「反復継続して取引する」というひとつの基準があります。
具体的に記せば、開発許可等にかからない程度の広さの土地を(市外化区域内なら1000m2以上約302.5坪)道路など築造せずに3区画程度に分けて、一つづつ仲介業者に販売を依頼するなら、大丈夫です。

開発許可等必要とし、道路など築造して複数の買主へ販売するなら区画数を問わずに、業法にかかります。

これは、不動産の「騙す、騙される」という悪しき歴史が、法規制という強制力で一定の資力や責任能力、専門知識が無いものが、不動産の売買の売主や仲介人になることを排除するために、儲けられた免許制度の規制です。
一番大きいのは、その業者の過失や不正などがあり、買主などが損害を被った場合など、保証金で1000万まで保証される仕組みがあることでしょう。

個人の宅地建物取引主任者はあくまで、重要事項の説明などその資格で行なわなければならない業務が定められており、個人の資格です。
免許は、宅地建物取引業者免許を申請して(個人、法人を問わず)大臣や都道府県の首長から与えられる免許で、宅建業にかかる業務を行なう場合には、この免許が必要です。
そしてこの免許の条件に、不動産に掛かる従業者5名に1名以上の専任の宅地建物取引主任者が必要となります。法人の場合は、代表者が主任者の資格を有している必要はありません。

代表者個人でも、業法にかかる販売形式の場合は、当然に代表者は宅建業者ではないのですから、その代表者が売主になることは出来ません。その様な場合は、形式上会社に売却、会社が売主となって販売する事が多いでしょう。この場合、知らなかったが通用しないので、万一発覚すれば何らかの指導ぐらいはあるでしょう。

また、免許を有しない者が自己で開発許可等取得し、適合する工事を完了しても、その宅地を個別に仲介販売する業者はいないというのが現実で、仲介する業者も業法違反に問われるのです。

自己で開発等にかかる宅地を所有し、極力高く売りたい(一括で業者に買い叩かれたくない)なら、開発行為や工事は自己の負担で行い(現金が必要です、融資は不可)完成後に、一括で売却するか?信用できる業者に、利益配分を決めて、契約して(登記上の移転は最終までしない)売主となってもらい、個別に販売するしかありません。

不明な点があれば補足してください。

不動産業者です。簡単に記します。

宅建業法にかかるかどうか?の判断ですが、「反復継続して取引する」というひとつの基準があります。
具体的に記せば、開発許可等にかからない程度の広さの土地を(市外化区域内なら1000m2以上約302.5坪)道路など築造せずに3区画程度に分けて、一つづつ仲介業者に販売を依頼するなら、大丈夫です。

開発許可等必要とし、道路など築造して複数の買主へ販売するなら区画数を問わずに、業法にかかります。

これは、不動産の「騙す、騙される」という悪しき歴史が、法規制という...続きを読む

Q宅建の2004年度版参考書

来年、宅建の資格を取ろうと思います。今から独学で勉強したいのですが、来年受けるのに参考書が2004度版では何かと情報が古くなるんでしょうか?そこで2005年度版が出るまで勉強するのを待ったほうがいいでしょうか?
また、何かいい参考書あったら教えてください。

Aベストアンサー

去年合格した者です。
宅建の参考書は、その年に使うにしても法改正等の
ため情報は古くなってしまうものです。
今年受ける人用に法改正に対応した形で出版されているもの(去年はLECが夏に出していました。今年はわからないです。)
を使うのが最新の情報になっていると思います。
他の参考書でも法改正資料を出している参考書を
使えば訂正する時間はかかりますがLECのを使う
のと同じだと思います。
しかし、どちらにしても2005年版が出たら新しい
参考書を買う必要はあると思います。
どんな改正がされているかは、私は宅建に
関わらない仕事をしていてわからないですが、
独学でやるなら買いなおした方がいいと思います。
来年受けるならば、2005年版が出てからでも大丈夫
だと思うのですが、参考書を使わずに「迷物図書館」
などHPでまずは勉強するという手もあると
思います。

私のお勧め参考書は、らくらく宅建塾のシリーズです。
他の問題集も買いましたが、結局このシリーズで
やりました。
宅建をヤフーなどで検索すると色々なHPが
出てくるのでそういったものを見たり、
自分が使いやすそうな参考書を本屋で見つけたり
今はしてもいいんじゃないかと思います。

去年合格した者です。
宅建の参考書は、その年に使うにしても法改正等の
ため情報は古くなってしまうものです。
今年受ける人用に法改正に対応した形で出版されているもの(去年はLECが夏に出していました。今年はわからないです。)
を使うのが最新の情報になっていると思います。
他の参考書でも法改正資料を出している参考書を
使えば訂正する時間はかかりますがLECのを使う
のと同じだと思います。
しかし、どちらにしても2005年版が出たら新しい
参考書を買う必要はあると思います。
どんな...続きを読む

Q宅建の就職口と 宅建と簿記の価値の比較

今、就職準備として、宅建と簿記2級を勉強しています。
宅建の資格を取ると、就職先は不動産と金融以外はどこがありますか?
また自分としては、将来総務の職に就きたいと考えていますが、
簿記と宅建ではどちらが評価されるのでしょうか。
 (学校では宅建が必要と言われたのですが、
   私自身はあまり必要ないと考えているのです。)
ついでに、総務(庶務・経理・労務)対策として取っておくべき資格は
何かありますか?
特に総務経験者の方、お話を聞かせてください。

Aベストアンサー

1.それ以外に宅建主任を必要とする会社は、建設・住宅くらいです。
2.日商簿記2級は必要です。総務という範囲は、小規模な会社なら経理も含むのが普通です。
3.資格として、行政書士、司法書士、日商ビジネス法務、社会保険労務士などありますが、少し有利な程度です。面接で他に何がアピールできるかです。

Q宅建の参考書のお薦め

現在建築学科の学生で、来年宅建を受験しようと思ってます。
お薦めの参考書があれば教えてください。

Aベストアンサー

初心者にお勧めなのが
「らくらく宅建塾」
です。
分かりやすさでいえば最強のテキストです。
宅建の基礎を学ぶにはこれがお勧めです。
しかし、最低限必要な知識だけしか書いていないので、もっと深い知識が必要な場合は他のテキストも必要になります。

勉強頑張ってください!!!\(^o^)/

参考URL:http://images-jp.amazon.com/images/P/478483155X.09.LZZZZZZZ.jpg

Q宅建と行政書士 宅建の方がとりやすい?

宅建と行政書士試験
どちらを受けるか
悩んだうえ
とにかく取りやすい
宅建にしましたが
今また考えています

宅建
・勉強範囲 狭い?
・4択 記述なし
・問題数 50問
・合格正解率 70%以上
・合格率 16% ただ5点免除者を含むため我々のような免除なし者にとって実質は?
・平均点しだいで合格ラインが上下する?

行政書士
・勉強範囲 広い?
・5択 記述あり
・問題数 60問
・合格正解率 60%以上
・合格率 5%
・平均点関係なく合格ラインは固定?

一番気になるのは 70%以上と 60%以上 の所です

それでもやっぱり 宅建 のほうが とりやすいですか?

Aベストアンサー

宅建概略
 法律系のなかでは出題範囲は限定的だが、関連法規や建築構造、
 税務、国土計画、統計など色々な分野が出題される。民法分野
 も近年は応用的な、やや難易度の高いものが出ることあり。
 記述問題なし。合格正解数は「相対判定」のため、年度ごとの
 受験者平均により異なる。一応は正解数35問(70%)が目
 安だが36点だったこともある。合格率は免除ありは約18%
 免除なしは15%程度と、免除ありの者が有利である。

行書概略
 法令部は憲法、民法、行政法と商法(会社法)、基礎法学など法令
 が適宜出題される。但し、一般知識分野でも以前に出題科目だった
 行政書士法や税法、戸籍法など法令が出題され得る。地方自治法の
 関連法規も一定数出題される。記述40字、空欄補充問題あり。
 法令46問、一般知識14問の合計60問。
 法令科目5割以上、一般知識科目4割以上、かつ全体の6割以上の正答
 で基本は合格(固定)だが、受験結果により補正が懸ることもある。
 合格率は18年4.79%、19年8.64%と増加したが、これは法科大学
 院生の受験が目に見えて増えたため(保険のため?)、受験層のレべ
 ルが上がったこと等に起因しており、決して易化している訳ではない。

宅建概略
 法律系のなかでは出題範囲は限定的だが、関連法規や建築構造、
 税務、国土計画、統計など色々な分野が出題される。民法分野
 も近年は応用的な、やや難易度の高いものが出ることあり。
 記述問題なし。合格正解数は「相対判定」のため、年度ごとの
 受験者平均により異なる。一応は正解数35問(70%)が目
 安だが36点だったこともある。合格率は免除ありは約18%
 免除なしは15%程度と、免除ありの者が有利である。

行書概略
 法令部は憲法、民法、行政法と商法(会社...続きを読む


人気Q&Aランキング