出産前後の痔にはご注意!

S52築のセキスイハウス製2階建ての実家を今度、完全に取り壊して新築を建てようか、リフォームしようか迷っています。
資金の関係上できればリフォームしたいのですが、もう30年以上が経過している軽量鉄骨って今後、20年も30年も耐えうるんでしょうか?

最近のリフォームは新築みたいに出来ると聞き、骨組み以外は改築したいと考えています。出来ればベタ基礎じゃないのでベタ基礎にしたいのですがそれはリフォームじゃ無理かな?

築30年の軽量鉄骨のリフォーム、実用性はあるんでしょうか?
詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

メーカーの軽量鉄骨の住宅は構造計算で安全が保証されています。


当時の建築基準法の強度計算では現在の基準が満足出来ないと思います。木造などでは、筋交いを増やしたり、基礎を補強したりして耐震補強できますが、メーカーのユニット住宅では難しいでしょう、建物全体で保つように設計されていますので。

ベタ基礎の件ですが、何故ベタ基礎にされようと思っているのでしょうか、ベタ基礎にすれば建物の自重が増えるので、圧密沈下の恐れがある場合もあるのです。何でもベタ基礎にすれば強度が増えるというわけでもないのです。

私はセキスイハウスの者では無いので、ひょっとするとセキスイハウスに相談すれば補強方法について何らかの技術があるかもしれません。
一度相談されてみればどうでしょう。
(まあ、新築を進められそうですがね)
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ありがとうございます。

ベタ基礎に関しては、湿気の問題や虫などの害虫の問題などの関係かどうかは詳しくは知りませんが、現在はベタ基礎でない家など無いのでやはりその方がいいと思いまして。

多分、ベタ基礎にそれほど利点がないならコストダウンの為、ベタ基礎をやめる人もいると思いますが、見当たらないのでやはりベタ基礎がいいと思ってます。

所詮素人なのでその程度の考えです^^:

お礼日時:2008/05/21 22:35

木造のリフォームのように、柱の位置を変えたり等はできませんが特段問題なく可能かと思います。

制約が少し多く出るかな程度の問題かと思います。
    • good
    • 1

専門家紹介

岩間誠治

職業:建築プロデューサー

"全国で設計を行っています。
ご要望をじっくり伺い、住む方とともに作り上げていく設計を行っています。
ご要望をかなえる事だけではなく、既成概念にとらわれない発想をもとに、想像を超えるご提案をいたします。"

リフォームでは設計施工も規模により行っております。
お気軽にお声かけください。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

047-427-5402

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

どのようなリフォームをお考えか不明ですが、リフォームが不可というものはないと考えます。

しかし既設の構造体自体が建設当初よりもかなり劣化していることが予想される事、また構造に手をつけるようなリフォームになるのであれば尚更の事、耐久性の維持は難しく、またコストも新築以上にかかる可能性があると考えられます。
    • good
    • 3

専門家紹介

中川龍吾

職業:建築プロデューサー

"幼少期に読んだ3匹の子ブタの物語、大工さんの傍らでかんな屑や切り屑とかで遊んだ記憶、子供の頃の台風の前後に父の手伝いをした自宅の屋根や雨戸の手直し、これらのことから家づくりに興味を覚えて建築の道に進みました。

建築設計の魅力、楽しさに没頭していた大学時代。
建築家となることを志し、建築の本質を探り・学びながら自分の力を蓄えたいと考え、建築家前川國男先生に師事をして17年間、先生の事務所でお世話になりました。

ここでは公衆トイレから商業施設、保養施設、ホール、博物館等の設計と監理に携わり、最後は国立西洋美術館の地下展示場やコルビュジェの設計による本館の免震レトロフィットを手がけさせて頂きました。

40歳を向かえる直前に住宅を主体とした設計活動をすべく独立。
前川事務所で学んだことを生かしたり教訓としながらも、自身の責任のもとにより自由な立場で創作活動(設計・監理)を行っています。

一方、これまでの恩返しも兼ねて大学やセミナーでの講師、家づくりのセカンドオピニオンサービスといった活動もしています。
"

詳しくはこちら

お問い合わせ先

03-3929-7684

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

方法のひとつとして、参考になさってみて下さい。



http://www.miracle3.co.jp/

参考URL:http://www.miracle3.co.jp/
    • good
    • 9

#1です。


S52築の軽量鉄骨の部材厚さは、1.2mmで現在では、作られていない鋼材です。
補修するにしても、溶接棒を近づけた時点で風穴が簡単に開く強度の物です。
鉄骨部材は、厚さ2mm以下のものは、溶接棒を近づけた時点で風穴が開きます。
現在の使われている軽量鉄骨部材より強度は、はるかに弱い物です。
建てられてから30年以上が経過しているとすれば、雨漏りや経年劣化による金属疲労、および腐食などでとても補強できる代物とは思えません。
建て方次第では、木造の方がはるかに持ちます。
建て替える方をお勧めします。
ご参考まで
    • good
    • 7
この回答へのお礼

積水でもそんなものなんですか?
それだとお金をかけて変える意味が無いですね。

でも昨年から積水はリホーム会社を立ち上げましたが、そんなペラペラのりホーム住宅、要望があるんでしょうか?

みなさん、騙されているのかな?

お礼日時:2008/05/21 22:44

参考程度にここをごらんになられてはいかがでしょうか。


いい方法が見つかるといいですね。
http://www.sekisuihouse.co.jp/everloop/

参考URL:http://www.sekisuihouse.co.jp/everloop/
    • good
    • 5

軽量鉄骨のハウスは30年もすればおそらく構造的な寿命になっています。


湿気などの多い部分(浴室周りの柱など)内部の見えない所で錆が進行し、鉄板の厚みが殆ど無くなっている場合があります。
ひどい時は穴が開いています。

リフォームをしても後数年でガタガタになる可能性もあります。

まだ木造でしっかりした建て方の方が何十年も持ちます。

同じお金を掛けるなら現在の構造基準に合った木造で、しっかりした所に立ててもらう方が良いと思います。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

多少資金が安く済む耐久性の低いリホーム住宅に住むよりもう少し資金を出して長く住める木造新築に住んだほうがいい・・・

なるほど。

あとはリホーム代金次第かな?
1000万以下でかなりリホーム出来るなら、リホームかな?
それ以上なら1600万くらいで新築木造の方がいいかな?

ありがとうございます。

お礼日時:2008/05/21 22:40

耐震リフォームと新築とどちらが得策かセキスイに見積もりを出して貰えば いずれにしてもS55年以前の家は耐震がゆるいですから補強は


必要です
    • good
    • 13

建築当時と現在では、耐震基準が大幅に変わっています。


リフォームより建て替えをお勧めします。
ご参考まで
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軽量鉄骨造一戸建ての寿命

積水ハウスの中古住宅(築18年)の購入を考えています。
空家だったので中も外もじっくり見てみましたが
素人目で見た限りでは、中も外もまだまだしっかりしていていました。
地盤も、丘陵地を積水ハウスが開発分譲したところと
いうことでとてもしっかりしているように思いました。

ただ不動産屋の営業マンが
「鉄骨造だから木造に比べて丈夫です!!」
とあまりにも連呼するので
逆に「ホンマか?」と疑ってしまいました。

一般的に軽量鉄骨造の家って、大きな補修(構造的なもの)
をせずに、どれくらい住めるものなんでしょうか。

あるいは、何年おきにこれくらいの費用をかけて
補修すれば長持ちする、というようなことでも
いいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その昔、積水ハウス軽量鉄骨造の平屋に住んでいました。築26年まで住みました。
(今残ってたら築31年なんですが、5年前建て替えました)

取り壊すキッカケは
猫を飼っていたので壁紙など爪でバリバリにされた事
台所の流しの前の床が湿気で腐り、落ちそうになっていた事。
戸の建て付けがあちこち悪くなっていた事です。

取り壊す時に解体業者の方に言われましたが、鉄骨の柱はまだ
全然しっかりしていたそうですよ。(素人目ですが、私にもそう見えました)

台所の床が腐ったのは、長年ちょっとずつこぼれた水で湿っていたの(だろう)という事と
元々土地が田んぼを埋めたてたところだったので、湿気が多かったセイだと思います。

戸の建てつけも蝶番部分が錆びてきて膨れたり、引き戸の下についている
車輪が磨耗していびつになっていることからのようでした。
(その部分だけ直せば住めたのにと思いましたが、私が戸主ではないので(^^;)

そのお家は手入れは必要かもしれませんが、まだ住めると思いますよ。
補修が必要だろうと思う部分は上に書きました、床(耐久性)と内壁(美観)
戸の建てつけですかね。
ワックスかけたり、油さしたりで耐久性はぐんと上がると思いますよ。

あ、屋根はトタンですか?うちは錆びて穴が開いて押入れに雨漏りしましたよ。
(数年に一回ペンキを塗ってたら、防げたようですが)
屋根がトタンだったら、雨がふったらバラバラと音がします。
慣れれば風情として楽しめる程度ですが(^^)
私は雨の音が好きだったので、今の家は殆どしないので残念です。

あと、これは建て替えないと判らなかった点なのですが
今の家は前の家に比べて気密性が高いので、冬温かく夏涼しいです。
冬の事ですが、暖房を切って寝て、次の日の朝起きたら温かく感じます。
(昔の家に比べて)あれ?今年は温かいねって言ってたら、外は雪。
それで中が温かいんだと気付きました。この点は大きい利点でしたね。
前の家では、1度暖房を付けに起きて、また暖まるまで布団に戻る感じでしたから。

他の点での不満は得に有りませんでしたから、前の家に手を加えてまだまだ
住めば良かったのにと思っています。
でも、親もどんどん年をとることだし、冬温かい家はやっぱりよかったのかも?
(断熱工事ができるんならそれの方がいいかもしれませんが)

どちらの地方かわかりませんが、断熱という面でも覚悟が必要かもしれません??

あまり役に立たない話でしたね(^^;(思い出話みたいになっちゃった)
他の方の回答も待ってみてください。

その昔、積水ハウス軽量鉄骨造の平屋に住んでいました。築26年まで住みました。
(今残ってたら築31年なんですが、5年前建て替えました)

取り壊すキッカケは
猫を飼っていたので壁紙など爪でバリバリにされた事
台所の流しの前の床が湿気で腐り、落ちそうになっていた事。
戸の建て付けがあちこち悪くなっていた事です。

取り壊す時に解体業者の方に言われましたが、鉄骨の柱はまだ
全然しっかりしていたそうですよ。(素人目ですが、私にもそう見えました)

台所の床が腐ったのは、長年ちょ...続きを読む

Q築30年の軽量鉄骨セキスイハウス。価値は0?

今度、自宅(2年空屋)を売るのですが、不動産屋が外観を見たところ家屋の資産価値は0と言われました。ネットでの見積もり依頼だったので軽量鉄骨だとは言わなかったのですが、・・・不動産屋なら言わなくても分かってたのかな?

ところで築30年のセキスイの軽量鉄骨のうちの家って、資産価値0なんでしょうか?

木造と違って軽量鉄骨は多少価値があると思っていたのですが・・・

Aベストアンサー

>資産価値0なんでしょうか?

建物の償却期間などの観点からいくと、建物の価値はゼロということは言われます。
また、その建物の現在の状態によっても「取り壊すしかない」と客観的に判断されるようであれば価値はゼロか、または先の回答にあるように逆に解体費分がマイナスになる場合もあります。

しかし私は、昔から査定依頼をされると、築年数も大切ではあるが「利用空間の価値」というものを度外視してしまうのはいかがなものか・・・という視点も大切ではないかと思っています。
でないと、分譲マンションなどは耐用年数60~70年あるような物件でも土地値で判断しなければならないという結論になるのは有り得ない話であると思うからです。

ネットで査定依頼されたとのことですが、一度、物件を見てもらう査定を受けられてはいかがでしょうか?
状態によっては、もちろん「土地値のみ」あるいは「解体費は売主持ち」を覚悟しなければなりませんが、リフォームすれば使えそうだという買い客さんもいるかもわかりませんので、もしそういう査定をしてくれる業者がいるなら、当初より土地の査定額プラスアルファーで販売活動をしてくれるはずです。

>木造と違って軽量鉄骨は多少価値があると思っていたのですが・・・

問題は状態だと思います。メンテナンスもよく行なわれて、躯体部分の損耗損傷がさほどなく雨漏りもしていないなど判断してもらえれば、中古一戸建てという形で売りに出すことは、充分可能だと思います。

>資産価値0なんでしょうか?

建物の償却期間などの観点からいくと、建物の価値はゼロということは言われます。
また、その建物の現在の状態によっても「取り壊すしかない」と客観的に判断されるようであれば価値はゼロか、または先の回答にあるように逆に解体費分がマイナスになる場合もあります。

しかし私は、昔から査定依頼をされると、築年数も大切ではあるが「利用空間の価値」というものを度外視してしまうのはいかがなものか・・・という視点も大切ではないかと思っています。
でないと、分譲マ...続きを読む

Q軽量鉄骨 築30年の中古住宅

軽量鉄骨 築30年の中古住宅は買うべきではないですよね。
建て替えも木造より大変だとも聞いています。
ちなみに積水ハウスです。

Aベストアンサー

#2さんに同じ考えです。
私は、築35年超の中古家を購入して住んでます(鉄筋コンクリート一部木造)。土地代程度の価格でした。但し、リフォームをしっかり行いました。床、壁、ドア、サッシなどを剥がし、殆どのものを入替え直し、好みの形にしました。結果として、新築の1/2程度の費用でリフォームできました。
超中古住宅を求めるときは、大掛かりなリフォーム費用を覚悟して判断したほうがよいですよ。
又、価格は売手と買手の事情に左右されますが、公示地価は国交省のホームページで確認できます。

Q築32年一戸建て(軽量鉄骨)の家について

築32年一戸建て(軽量鉄骨)の家について
築32年の軽量鉄骨の一戸建ての家を購入しようと思っています。
リフォームもわが家一新や新築そっくりさんなどの丸ごとリフォームをしようと思います。
今心配なのは耐震強度です。(将来巨大地震の起こる確率が高い地方なので)
わが家一新や新築そっくりさんでは耐震補強が標準で付いているそうなのですが、
本当に大丈夫なのか心配です。
皆さんにご意見を聞きたく投稿いたしました。

Aベストアンサー

私は軽量鉄骨住宅の内装大工です
今年3月から5月いっぱい内装リフォームをしてきました
今までの新築住宅と 今回のリフォーム工事をしての現場の声と思ってください
基本的に軽量鉄骨住宅は駆体工事に関わっているブレス トラス 耐力壁 独立柱 外壁パネルなどで建物の強度を支えています
そのため各部屋の間仕切り壁は壁下地を支える物で建物の強度には何ら支障をしている物ではありません
耐震強度を上げたいのなら外周面室内側壁を壊したときに追加ブレスを入れる方法 独立柱間にブレスを入れる方法 など既存の駆体に手を加える必要があると思います
私が行った工事は築後25年の大手HM軽量鉄骨2階建て2世帯住宅の一階40坪ほどの全面改装です
旧間取りはDK×2 L×2 玄関×2 和室×2 トイレ×2 洗面所 UB(1.5×1.8)
新間取りはLDK 玄関 寝室 食品庫 トイレ 洗面所 UB(2.0×2.0)オール電化 サンデッキなど
建具 衛生設備 空調床暖房設備 照明設備など 内装すべ他の工事でした (外装は5年ほど前に改装済み)
何ら問題なく工事完了しました
木造と違い出来うる限り外周面 基礎 布基礎などで強度を持っていますので予算にも寄りますが問題なくリフォームできると思います。
これはあくまでも私の関わっている住宅メーカーに限ってお話ししましたが参考になれば幸いです

私は軽量鉄骨住宅の内装大工です
今年3月から5月いっぱい内装リフォームをしてきました
今までの新築住宅と 今回のリフォーム工事をしての現場の声と思ってください
基本的に軽量鉄骨住宅は駆体工事に関わっているブレス トラス 耐力壁 独立柱 外壁パネルなどで建物の強度を支えています
そのため各部屋の間仕切り壁は壁下地を支える物で建物の強度には何ら支障をしている物ではありません
耐震強度を上げたいのなら外周面室内側壁を壊したときに追加ブレスを入れる方法 独立柱間にブレスを入れる方法 など既存の...続きを読む

Q積水ハウスの中古住宅(築23年)

私は30代後半で
積水ハウスの中古住宅(築23年)の購入を考えています。
定年までは住みたいと考えておりましてあと25年近くもつのかどうか
不安に思っています。

2階建て軽量鉄骨なのですが、寿命が普通は30年と言われていることを
考えると無謀とも思うのですが、一方で50年はもつというご意見もあるようです。

屋根と外壁、水周りはリフォームするつもりなのですが、
肝心の基礎部分は見ることができませんのでそれも不安に
思っています。

中を見たところ非常にしっかりした印象で
積水さんということである程度信頼はおけるのかな、
という気もするのですが、良いアドバイスを頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

昨年末、積水ハウスの2階建て軽量鉄骨(築25年)を購入しました。
基礎部分等、鉄骨部分は塗装色がまだまだ光沢のある黒色でした。

私もとても不安のなか、半分賭けで購入いたしまいたが、リフォーム時
に見せて頂いた床下、鉄骨部分等はとてもきれいで、リフォーム会社の
方も関心されていました(私も確認しました。)

もし、確認させて頂けるなら、床下収納から床下を、押入れもしくは
風呂場天井の開口部から基礎(鉄骨)部を確認させて頂いてはどうで
しょうか。

メンテナンスはある程度必要となってくるとは思いますが、築4、50年の
木造の実家がまだピンピンしていますので、そこまでシリアスにはなって
おりません。(購入前は違いましたが・・・)

あくまで私の場合の一例にすぎませんが、個人的な意見としましては、
積水さんということである程度信頼をおいては良いのではと思います。

すごく私の場合と似ておられますね。わたしも不安でした。

Q軽量鉄骨住宅の耐震補強

現在築35年の軽量鉄骨造2階建ての我が家の内装リフォームを検討して業者と打ち合わせしているのですが、最近話題の耐震問題がすごく気になります、リフォーム内容ですがリビングの間仕切りを一部取り外し、リビングダイニングとしたいのですが(壁を取るところは2階部ベランダで、通し柱はなく、間柱だけとのこと)内壁が少なくなると強度は下がりますよね。(業者は耐力壁でないと言っている)詳しいことは解らないのですが、軽量鉄骨住宅での有効は耐震補強について教えてもらえませんか?
業者さんは構造的な補強より、むしろ外壁(モルタル壁)の補修を進めるのですが?ご意見聞かせてください。

Aベストアンサー

No.2さんとほぼ同じ内容になりますが、

鉄骨造は一般的にラーメン構造という柱と梁で持たせる構造になっていることが多く、壁は耐力壁として設計されていないことが多いので、壁をなくすことにより構造的にはあまり変わらないと思いますが(あくまで一般論で、図面を見てみないと正しい回答はできませんので、注意してください)、元の設計自体の耐震性能が不足している可能性があります。

というのは、築35年ですと、1971年頃のものですね。
1981年に耐震基準が変更になり、それ以前のものの中には耐震基準を満足しないものもあります。
これは、全ての建物が基準を満たしていないというわけではないですが、公共建築物を調査した結果、現行の0.3程度の耐震性しか持たないものも多くあることが報告されています(補強で対応できないので取り壊しが決定されたものもありました)。

これら改正前の耐震基準で設計された建物について、耐震性を評価する方法があります(耐震診断)。
できれば、これを受けることが望ましいです。
自治体などでは改正前の耐震基準で設計された建物の診断や補強について、補助などを行うところもありますので、役所に相談してみてはいかがでしょうか?

なお、一般的な補強方法としては、ブレースを入れる、鋼板壁を入れるなどが考えられます。特殊な方法としては、鉄骨の場合、振動の減衰が木造やRC雑煮比べて極めて小さく振動が大きくなりがちですので、ブレースや耐震壁の代わりに制振ダンパーを入れて、地震時の振動を小さくするという方法もあります。

No.2さんとほぼ同じ内容になりますが、

鉄骨造は一般的にラーメン構造という柱と梁で持たせる構造になっていることが多く、壁は耐力壁として設計されていないことが多いので、壁をなくすことにより構造的にはあまり変わらないと思いますが(あくまで一般論で、図面を見てみないと正しい回答はできませんので、注意してください)、元の設計自体の耐震性能が不足している可能性があります。

というのは、築35年ですと、1971年頃のものですね。
1981年に耐震基準が変更になり、それ以前のものの中...続きを読む

Q積水ハウス築26年とローコスト住宅

住宅購入で迷っております。

中古の積水ハウス(築26年・軽量鉄骨)とローコスト住宅(新築・秀光ビルド)で迷っております。

有名メーカーの方が安心なのですが、築26年というのが気になります。
またローコスト住宅について調べておりますが、手抜き工事(特に基礎部分)が心配です。

積水ハウスだと中古であっても、引き続きアフターメンテナンスをしてくださると聞き安心しております。

☆中古戸建
メーカー:積水ハウス
築26年
軽量鉄骨
55坪
1900万円(土地1300万+建物600万)
※建物600万円なので、多少失敗してもあきらめがつくような気もします。
※あと30年は住みたいです。欲を言えば、40年ですが、築66年になってしまいます。軽量鉄骨なら長い年数もつと聞きますが、どうでしょうか?メンテナンス次第ですよね?メンテナンスするぐらいなら、30年後(築56年)に新築で建て替えた方が良ろしいでしょうか?築56年まで軽量鉄骨なら、もつのでしょうか?まったくの素人の為、お恥ずかしい質問で申し訳ございません。


☆新築
メーカー:秀光ビルド
あ木造
40坪
2000万
※建築基準法に適応しているので、耐震は問題ないと聞きます。その一方、手抜き工事が心配です。10年後にメンテナンス必要になって、多額おお金が必要になるかもと聞き心配です。

お詳しい方、アドバイス宜しくお願い致します。

住宅購入で迷っております。

中古の積水ハウス(築26年・軽量鉄骨)とローコスト住宅(新築・秀光ビルド)で迷っております。

有名メーカーの方が安心なのですが、築26年というのが気になります。
またローコスト住宅について調べておりますが、手抜き工事(特に基礎部分)が心配です。

積水ハウスだと中古であっても、引き続きアフターメンテナンスをしてくださると聞き安心しております。

☆中古戸建
メーカー:積水ハウス
築26年
軽量鉄骨
55坪
1900万円(土地1300万+建物600万)
※建物...続きを読む

Aベストアンサー

まずは「築26年」の積水ハウスですが、
この様な団体に依頼すれば、今の家の状態を
調べてくれます(所有者が同意すればの話ですが)
http://www.jshi.org/

秀光ビルドが「手抜きしないのか?」についてですが、
多分、工事自体は「下請け」が行いますから

いくら「住宅性能表示制度」を利用しても、
完成してしまえば、見えない部分の工事内容は

確かめ様がありませんから、信頼が出来るのかどうか?
ご自身で調査をするしかありません。

新築後の10年目では、それほどお金は掛かりませんが、
築年数が26年は入居する前にも「そこそこのお金」を掛けて
改修工事をしないと快適には暮らせませんし、

その後の10年目には、かなりのメンテナンス費用が
掛かるので「覚悟」をしてください。
中古の場合はどうしても「維持」にお金が掛かりますので。

Q築20年以上のセキスイハイムのリフォームについて

工務店の者です。
友人から実家のリフォームを頼まれました。間取りの変更を含めた全面改装を考えておられます。
実家は築20年以上のセキスイハイムで、ユニット(箱)で組みあげていく軽量鉄骨のパターンです。
壁の撤去などは過去に経験があるので、ある程度わかるのですが、全面床暖房(しかも蓄熱タイプ)を検討されているので床の撤去をしなければなりません
そこで経験のある方(問題なければセキスイハイムの方)にご質問です。

1)床下の構造がわかりません。木造のように、大引き、根太のように組まれていて、かつ撤去できるものなのでしょうか?
2)上に似ていますが、床の上に壁が乗っているのでしょうか?
3)1階のみほぼ全面のサッシの取替え(変更)も検討しています。外壁(現状はサイディング)を撤去してサッシの入れ変えをし、新しくサイディングを張り替える予定ですが、耐力壁の部分以外は解体してサッシ取付をする事は容易に出来るのでしょうか?

セキスイハイムさんに依頼すれば一番良いのでしょうが、友人のご両親も私を信頼して「是非頼む」とまで言って下さってますので、なんとかしたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します

工務店の者です。
友人から実家のリフォームを頼まれました。間取りの変更を含めた全面改装を考えておられます。
実家は築20年以上のセキスイハイムで、ユニット(箱)で組みあげていく軽量鉄骨のパターンです。
壁の撤去などは過去に経験があるので、ある程度わかるのですが、全面床暖房(しかも蓄熱タイプ)を検討されているので床の撤去をしなければなりません
そこで経験のある方(問題なければセキスイハイムの方)にご質問です。

1)床下の構造がわかりません。木造のように、大引き、根太のように組...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1さんが言われるように、にプレハブで形式認定で建築されているので一般的には難しいです。
メーカーさんは、構造計算書をブラックボックスにしていますので表に出すことはありません。
可能性があるとしたら、部材を一つ一つ拾い出して改築後の構造計算をすることになりますが、元々の材質強度まで確認することが難しいかと思われます。
又、軽量鉄骨をPBやサイディングでサンドイッチすることで、耐力壁を形成していますので、防火性能と構造耐力をあわせて検討する必要があります。
このあたりは、メーカー保証と火災保険の兼ね合いも考慮したいところです。
こうなると殆んど無理のようですが・・・別のあるメーカーでは・・・
1.設計事務所が現状の構造計算書を要求→NG
2.施主から現状の構造計算書を要求→NG
3.施主から改築後の構造計算を以来→OK(お客様は神様です)
(メーカーさんに構造費用支払い→現行法適合の構造認定書発行)
4.構造計算により躯体の補強(梁の入れ替え)→メーカーさん責任施工
(施工費用ももちろんメーカーさんへ支払います)
5.残りの工事等は一般建築業者→OK
と、施工することが出来ましたが・・・意外とメーカーさんのガードは固いです。
施主のリスク、検査機関のリスク、メーカーさんのリスク、工務店のリスク等々、立場は違えど大なり小なりあります。それぞれに十分な打合せが必要です。その上で、誰の為にすることかを共有出来れば良い方法は見つかるかも?
参考になれば幸いです。

NO.1さんが言われるように、にプレハブで形式認定で建築されているので一般的には難しいです。
メーカーさんは、構造計算書をブラックボックスにしていますので表に出すことはありません。
可能性があるとしたら、部材を一つ一つ拾い出して改築後の構造計算をすることになりますが、元々の材質強度まで確認することが難しいかと思われます。
又、軽量鉄骨をPBやサイディングでサンドイッチすることで、耐力壁を形成していますので、防火性能と構造耐力をあわせて検討する必要があります。
このあたりは、メ...続きを読む

Q軽量鉄骨の間取り変更(大変こまってます。)

築45年軽量鉄骨2階建て住宅(軸組み工法だそうです。)に住んでいます。
リフォームを考えているのですが、以前増築してもらった
工務店さんが言うには、軽量鉄骨住宅は増改築に不向きだそのことで、既設勝手口からの取り合いで増築をしました。
今回リフォームするにあたり間取り変更を考えています(西面、和室・リビング・洋間の3間(約20畳)が可能でしょうか?ちなみに我が家の筋交い?ぶれす?は外周にしか入っておらず、今話を聞いている工務店さんは通柱を残せば(露出)、可能とのことでした。
しかし、気になってネットで調べてみると、軽量鉄骨は
間取り変更しやすいとかかれていたり、変更に向かないというのもあり、かなり半信半疑です。
筋交い・ブレスのない内部壁というのは構造上の強度に含まれないのでしょうか?
また柱(木)とC構との間に体力壁をつけるけんとうもしています。(露出させた柱ろ壁財)構造上のヒントいただけますようによろしお願いいたします。

Aベストアンサー

築45年
プレハブなのか、近くの工務店等が建てたのかは不明ですが、
お金をかけてリフォームし、後何年使えるのでしょうか。
それは置いておくとして。

工務店が建てたのなら
補強は比較的簡単でしょうが、軽量鉄骨は厚さ3~4ミリ程度です、錆などの構造劣化が心配です。

プレハブなら
新築時点でも20畳の部屋は無理だったと思います。

柱を抜くためにはその柱が負担してた荷重をどう処理するか問題が発生します。

当時と今では構造基準が大幅に違います。
安全に住まうには、かなりの構造補強を覚悟してください、

構造に詳しい設計士さんに相談することを提案します。

Q築34年の鉄骨造はもう寿命でしょうか?

御意見お聞かせ下さい。

都内に建つ築34年の鉄骨物件を不動産屋さんからすすめられています。

駅から10分以内のところに建つその物件は、風呂は昔ながらのバランス釜、外装も内装も
それなりの経年でくたびれており、6戸中3戸しか入っておりません。
今風のモノに変えるには、各室ともかなりのリフォームが必要に見て取れました。

物件価格はほぼ土地値に近く、リフォーム費用をかけてもこれくらいで回せるかな?と、皮算
用をしておったのですが、昨日、知合いの不動産屋さん(損益関係を抜きの間柄です)から
「築34年は業界ではカスで誰も手を出さないよ。これからいろいろ修繕にお金もかかるし、いく
ら今風に変えても築年数が古い物件には人は来ないよ」 と言われました。

確かにプロの仰る事ももっともだと思い、購入へと高まっていた意思が今はニュートラルに戻っ
ております。

皆様、築34年をどう思いますか?

Aベストアンサー

手入れされている建物は、古くても入る可能性はあるでしょうが、くたびれているしリフォームが必要なら土地を買うきで買わないとダメでしょう。
元のオーナーは15~20年でローンが終わり、10年ほどほぼ丸儲けして、これ以上何かしても立ち退き料がかさむばかりとここが引き際とばかりに手放されるのではないかと思います。
地震は古くて大丈夫ですかねえ。と聞かれれば「それなりですね」と答えるしかなく(新耐震基準前ですからがっくり弱いです)入居も見込は薄いのでしょう。リニューアルの分損失となり儲けがでません。

手を入れないと・・・とビジネスを考えずにお金をかけると大変なことになるかもしれません。
防水工事だって2回やったかどうか・・・雨漏りしたら修繕は不可避です。
3戸分の立ち退き料と土地代、解体費用、新築費用をかけて儲かるのかと考えた事業の方が良いでしょう。ちなみに共同住宅鉄骨は耐用年数47年ですから安いといってもおそらく建物価値がまだ価格に含まれているかもしれません。すると土地に有効に活用できないマイナスポイントがあるかもしれません。しっかり計算して損をしないように。

手入れされている建物は、古くても入る可能性はあるでしょうが、くたびれているしリフォームが必要なら土地を買うきで買わないとダメでしょう。
元のオーナーは15~20年でローンが終わり、10年ほどほぼ丸儲けして、これ以上何かしても立ち退き料がかさむばかりとここが引き際とばかりに手放されるのではないかと思います。
地震は古くて大丈夫ですかねえ。と聞かれれば「それなりですね」と答えるしかなく(新耐震基準前ですからがっくり弱いです)入居も見込は薄いのでしょう。リニューアルの分損失となり儲...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング