『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

テスト勉強をしています。アドバイスをいただけたら嬉しいです。
発達加速現象とは、世代が新しくなるにつれて、身体的発達が促進される現象の事ですよね?
この発達加速現象はこどものライフサイクルにおいてどのような影響を与えてきたのか。身体的、認知的、社会的、発達のバランスに焦点をあてながら論じるというものです。

身体的には、身長や体重が促進された。社会的には急速な情報化。刺激の増大による自律神経の影響をうける。などが見られると思います。認知的にはどうなるのでしょうか?発達のバランスに焦点をあてと、なるとどう論じればよいか考えています。よいアドバイスをください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

発達加速現象とは何か私なりに整理してみると、その人の発達を年代ごとに区切っていくと若い世代に急激に発達する物だと思います。

それが顕著なのは、第1次性徴、第2次性徴だと思います。

身体的に見ると第1次、第2次性徴で、身長・体重は急激に増加します。その発達段階で運動という物は大切になると思います。成長した骨・筋肉を運動によって鍛えられる丈夫な物になりますが、昨今の交通手段の発達、周りの環境の変化によって運動不足が問題視されています。筋力不足ならまだ良いとしても、骨の強度不足ですぐ骨折する子が増加しています。更に運動不足で小児の生活習慣病の問題を引き起こしています。

社会性としては、最初は母子関係、その後兄弟関係と発達していきます。幼・小学校低学年では「私の先生」と言うことで1対1の関係です。それが中学年になる頃のギャングエイジと言われる時代は教師より友人を大切になるようになります。集団の社会性を学ぶべき第1歩のトピックスです。しかし、昨今は親子関係の希薄、少子化でそのギャングエイジが消失したと言われています。その影響かどうかよく分かりませんが、社会性の低い子の増加が問題視されています。

認知面ではピアジェが唱えている具体物思考から抽象的思考に至るのは小学校中学年以降と言われています。この時期に抽象的な思考ができるかどうかが岐路に立ちます。抽象的思考するには豊かな経験が必要です。しかし、昨今は過程より結果を重視する傾向があり、過程が疎かになっています。それで、熟慮せずに短絡的に行動する「切れる子」の増加の原因になっているのではとも言われています。
身体、認知、社会の3つの発達のバランスですが、栄養状態が良くなって、急激な身長・体重は伸びになって大人になっても、それに伴う社会性、認知がそれに伴って伸びていないことが問題になっています。よく言われている、「体は大人、精神は子供」

思いつくままに書きましたので、その論拠になっている物については当たってはいません。参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長文で分かりやすい説明、ありがとうございました。
とても参考になりました。自分なりに、また調べてみます。

お礼日時:2008/06/02 12:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「第二の誕生」とは??

ルソーの「エミール」で書かれている「第二の誕生」の意味が、よくわかりません。また、辞書などを引いてみても載っていません・・・。私なりに解釈してみますと、「青年期に、女性あるいは男性に性別が位置づけられること」なのですが、なんだかこの言葉の意味を、あまり表せていないような気がします・・・。どなたか、わかりやすい言葉で、「第二の誕生」の意味を説明してください。お願いします。

Aベストアンサー

sorensenさんはおいくつぐらいのお方でしょうか。もし20歳過ぎの方でしたら、「人は二度生まれる。一度は存在するために、二度目は生きるために」というルソーの言葉の意味は、ご自分の青年期を振り返ってみて頂ければ充分に理解できると思います(もし、まだ14~5歳程度あるいはそれ以下でしたら、もう少したてば自我が意識されることで自ずから判ります)。

つまり、「第2の誕生」というのは、自我が芽生えてきて「自分の内側にあるもう一人の自分」を意識するようになることから始まります。自我ができてくると、ただ単に、生物として生きてきただけのそれまでの自分とは異なり、自分を見る自分が存在することで自分についての認識が深まるとともに自分の外の世界をもあらたな視点で見ることができるようになっていきます。

そうなると、自分をとりまく世界=社会 の存在が判り、その社会の中の一員として自分が存在していることが判ります。そして「その社会の中で自分は生きている」「自分はその社会の新たな一員である」ということが自覚されるようになり、社会と自分との位置関係を理解しようとします。こうして「第2の誕生」となります。

sorensenさんの考える「青年期に、女性あるいは男性に性別が位置づけられること」というのは社会の一員として自分を位置づける第2の誕生の一側面にしかあたりません。ですから、充分に意味を表せていないように感じるのです。

念のために書きますと、「第2の誕生」を狭い意味で捉えればそれは「自我の誕生」を意味しますし、広く捉えれば「社会を構成する一員としての自覚を持ち、積極的に社会に参加するようになる」ことを「生まれる」という言葉で表しています。

sorensenさんはおいくつぐらいのお方でしょうか。もし20歳過ぎの方でしたら、「人は二度生まれる。一度は存在するために、二度目は生きるために」というルソーの言葉の意味は、ご自分の青年期を振り返ってみて頂ければ充分に理解できると思います(もし、まだ14~5歳程度あるいはそれ以下でしたら、もう少したてば自我が意識されることで自ずから判ります)。

つまり、「第2の誕生」というのは、自我が芽生えてきて「自分の内側にあるもう一人の自分」を意識するようになることから始まります。自我がで...続きを読む

Qシャクターの情動二要因理論

シャクターの情動二要因理論について、簡単な解説をお願いします。
私たちの普段の生活の中で例をあげると、どのようなものでしょうか?

Aベストアンサー

一般に情動に関する理論は三つほどあげられますが、情動二要因理論はその一つです。
シャクターによる情動二要因理論は、情動の形成というものを二つの要因、すなわち身体反応とその原因を類推する事によって説明しようとしたものです。
この理論において重要なのは、身体反応そのものにあるわけではなく、その原因を身体反応から類推する事によって情動が決定されるという点にあります。(身体反応から自動的に情動が引き出されるとするジェームス・ラング説とはここが大きく異なる点です)

この理論では、同じ若しくはほぼ同様の類似した身体反応を経験したにもかかわらず、そのとき感じた情動が異なるという事について説明が付きます。
分かりやすい例で行くと・・・
遊園地に男女ペアで行き、お化け屋敷に入ったとします。
このとき、お化け屋敷の雰囲気による恐怖感から来る緊張によって起こる身体反応(発汗量の増加、心拍数の増加)をこの男女ペアは好きな人と一緒にいる事による緊張による身体反応であると誤認しやすくなると言います。(所謂つり橋効果の一種)

ちょっと文章にまとまりがないですが…大体こんなところでしょうか。
先にも言いましたが、身体反応の原因を類推する際、置かれている環境や状況をどのように認知しているかの違いや、生理的変化に関して与えられた情報の違いから、類似した身体反応からまったく別の情動が引き起こされうる点が重要だと理解すればいいのではないかと思います。

一般に情動に関する理論は三つほどあげられますが、情動二要因理論はその一つです。
シャクターによる情動二要因理論は、情動の形成というものを二つの要因、すなわち身体反応とその原因を類推する事によって説明しようとしたものです。
この理論において重要なのは、身体反応そのものにあるわけではなく、その原因を身体反応から類推する事によって情動が決定されるという点にあります。(身体反応から自動的に情動が引き出されるとするジェームス・ラング説とはここが大きく異なる点です)

この理論では、同...続きを読む


人気Q&Aランキング