出産前後の痔にはご注意!

私は塾に勤めておりまして、英語授業を担当している者です。

授業において大学入試の過去問題(特に英文法問題)を使用したいと考えています。

しかし、大学入試問題にも著作権があるので、著作権法を遵守しつつ、過去問を使用したいと考えています。

以下に想定している使用方法を列挙致しましたので、それぞれのチェックを宜しくお願い致します。

【営利目的での使用】
1.過去問の問題文そのままで、出典明記+独自の解説を加えた授業・テキスト販売をする。

2.問題文の単語・選択肢を変えて、独自の解説を加えた授業・テキスト販売をする。

3.上記1・2が違法ならば、受講者に過去問(赤本など)を購入してもらい、その上で独自の解説授業または解説テキストを販売する。
(その際、解説文中に問題文の引用を避けられないが、その引用についても許諾が必要でしょうか?)

【非営利目的での使用】
1.ブログ・メールマガジン(無料)などを用いて、過去問の問題文そのまま(出典明記済)で、独自の解説をを行う。

2.ブログ・メールマガジン(無料)などを用いて、問題文の単語・選択肢を変えた上で、独自の解説を行う。

3.上記1・2が違法ならば、読者に過去問(赤本など)を購入してもらい、その上で独自の解説授業または解説テキストを公開する。
(その際、解説文中に問題文の引用を避けられないが、その引用についても許諾が必要でしょうか?)


以上6つの方法を考えております。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、アドバイスお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「法律」カテゴリなので、あくまで法律にのっとって(もし裁判になったらどうなるかを想定して)回答します。

「そんなこと言ったって...」とか「他の人もやってるから...」というのは別の話ですので、実際にどうするかはご自身で判断してください。

原則論として、著作権の保護対象は「創作的表現」ですから、「創作性を発揮する余地がない」もの、または、「表現ではない」ものは、いずれも著作物ではありません。たとえば、「Yesterday was a rainy day.」とか、「Jim went to the station to pick Jane up.」のような「極めてありふれた文章」や、「人を題材にして、『pick + up』を答えさせよう」といったアイデアそのものです。

他方、著作権法は、原則として、「営利性」を「侵害になるか、ならないか」の基準としては使っていません。つまり、営利であろうが、なかろうが、「一定の行為を行えば侵害」と評価されます。

したがって、【営利目的での使用】と【非営利目的での使用】の両方をまとめて、1~3として回答します。

(なお、ブログ等での解説も、「塾講師としての立場で」しているのであれば、営利性ありと評価される余地があります。その解説を読むことで、あなたの勤める塾に生徒が集まる可能性があるからです。)

1. 著作権の侵害になります(21条。ブログ等の場合は23条も)。

2. 著作権の侵害になります(21条、27条。ブログ等の場合は23条も)。たとえば、上記の「Jim went to the station to pick Jane up.」のJimをBobに、JaneをLucyに変えたとき、ふつうの英語教師なら「本質は同じ文章だ」と考えるはずです。それと同じく、「表現の本質」が実質的に同一であれば、勝手に利用してはいけません。

また、同一性保持権の侵害にもなります(20条)。同一性保持権とは、「意に反して切除、改変されない権利」です。判例では、大学の学内誌に載せる論文の句読点の位置の変更(編集者側としては読みやすくするための配慮)が同一性保持権の侵害とされた例があります。

3. 「解説文中に問題文の引用を避けられないが、その引用についても許諾が必要」です。「市販の問題集」に掲載する許諾を得ているのは問題集の出版社(者)であって、購入者は何らの許諾も得ていません(もちろん、購入者が読んだりするのは問題ありません。著作権とは、「読む権利」ではなくて、「読者が読むまでの流通経路を押さえる権利」だからです)。まして、あなた(や勤務する塾)は掲載する許諾を得ていません。

つまり、法律的に見れば、ことの本質は1、2と同じです。したがって、塾の生徒が問題集を買っていようが、なかろうが、「あなた(や塾)が」許諾を得る必要があります。

ただ、最初にも書いたとおり、「ごくありふれた表現」や「アイデアそのもの」には著作権が発生しません。この意味で、長文読解などは99.99%著作物だといえますが、単純な文法問題がどの程度著作物といえるかは、かなり疑問です。この辺り、どの程度の文章であれば、創作性のある英文といえるのかは専門外なので分かりませんが、「ふつう、誰が書いてもそんなもんだろう」というのが、1つの基準にはなるでしょう。その意味では、あまり極端に神経質になる必要はなさそうだ、ともいえます(ただ、塾での話だと信用問題に関わるので、そこが悩みどころではあると思いますが...)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご解説ありがとうございました。

>たとえば、上記の「Jim went to the station to pick Jane up.」のJimをBobに、JaneをLucyに変えたとき、ふつうの英語教師なら「本質は同じ文章だ」と考えるはずです。それと同じく、「表現の本質」が実質的に同一であれば、勝手に利用してはいけません。

>「ごくありふれた表現」や「アイデアそのもの」には著作権が発生しません。

英語の文法問題にどこまで創作性を認めるか、が重要ですね。

英文法一問には表現の幅に限界がありますが、複数の問題からなる「入試問題の全体構成」には創作性が認められると考えていいと思います。

英文法問題に関しましては、出来る限りの改変を施し、出典を明記するという方向で再考させて頂きたいと思います。

お礼日時:2008/06/11 19:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q入試問題などの著作権

よろしくお願いいたします。
大学の入試問題、または、TOEICなどの試験の問題の著作権はどうなっているのでしょうか?
たとえば、問題をウェッブ上に個人が掲載することは法律上問題ないのでしょうか?

私見ですが、大学の入試問題には著作権は生じないと思っています。問題集などで、大学入試問題を掲載してありますが、出版社がそれぞれの問題について作者(問題の製作者)の承諾をとっているとは思えないからです。

Aベストアンサー

 本年6月の著作権法の一部改正にともなって、試験問題をインターネット上で配信(公衆送信)することができるようになりました(36条)。ただ、「試験もしくは検定の目的上認められる限度において」、という但し書きがあります。今回の改正の目的はインターネット授業やインターット試験を実施しやすいようにするためのもので、だれでもホームページ上に置いてもよいというわけではありません。勝手にホームページ上に置くことは「著作権者の利益を不当に害することになる場合」に該当するので認められません。
 なお、入試問題集を作成する業者は入試問題作成者である大学・高校の許諾を得ています。

参考URL:http://www.jcea.info/tyosaku.html

Q【著作権問題】問題集の内容の引用

英作文の勉強をしようと思っています。

妥協しないためにも、日課としてブログにアップしようと思っているのですが、
ある問題集から、問題を引用して、自分の作った答えを書き、
その後、問題集の解答を開設を加えながら(問題集の解説を自分の言葉で)アップするのは

○○より引用加筆

などと書いても、著作権に触れるでしょうか?

Aベストアンサー

まったく別の問題を新しく作るのはあなたに著作権が発生するので素晴らしいことです。ただ、それを一般の人が歓迎して見てくれるかは別です。しかし、それしかありません。他人の知的財産を無断で使うのは有罪ですよ。

あくまでも原典を「参考文献」として勝手に使うと、逆に別の問題が発生します。二次的著作物となり、「翻案」といって改変とみなされ、やはり同一性保持権を含む著作権侵害になります。

Q公立高校入試問題の著作権

中学校の教員です。
授業で生徒に学習させる問題を作成する際に、各都道府県で実施された公立高校の入試問題を使用したいのですが、市販されている問題集から転記したりするのは著作権上問題があるのでしょうか。もし、問題があるとすれば、問題が無い形での使用の仕方はあるのでしょうか? 教えていただけると大変助かります。

Aベストアンサー

問題そのものに関しては、パターンが決まっていたり
問題が特別なものでない限り、著作権が及ばない部分も
ありますが、ただ本の体裁、解答解説、公開されていな
い解答用紙のフォーマットに関しては、出版社が独自に
作ることが多いので、これらの扱いに注意したほうが
いいでしょう。授業内だけなら特に問題ないと思います。
生徒が個々に購入すれば全く問題なくすむのですが、
本の値段や内容を考えると、全部必要ないのかもしれ
ませんね。

Q英語参考書・教材の例文などに著作権は発生する?

分かりづらくて申し訳ないのですが、こういった↓場合についてお聞きしたいのです。

英語クイズのようなものを作ろうと思っています。
そこでその中の問題を、英語教材用の本や、インターネット上で
英語表現について色々と説明しているサイトなどの中から
いくつかピックアップして作り、公開するという場合問題があるのでしょうか。
※一冊の本の例文をすべて使用するような事はしないつもりです。

教材の例文などはほとんど日常的に使うような汎用的な文章のため、
そういった文章にそもそも著作権が発生するのか疑問なのですが、
本の内容の引用とするとグレーな気がするのです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

以前、大学受験の英語の文法教材の製作を手伝ったことがあります。

その際には、色々な大学の過去の受験問題を赤本から、正確に書き写していました。
けっこうな大手出版社で、どの問題をチョイスするかは、我々がある程度自由に判断していました。

そんな経験から、言わせていただきます。
著作権法に違反するかしないかは、厳密にはわかりませんが(個人的にはしないと思います)、
問題視されないと思います。だから作ってしまってもいいんじゃないでしょうか?

だいたい、問題集や大学受験の問題なんて相互にパクリあっている関係ですし、有名なクジラ構文を載せてる問題集や参考書が、その文の考案者にお金を払っているなど聞いたことがありません。

Qセンター試験(英語)の問題の著作権/教えて下さい

教えて下さい。

大学入試センターの問題(英語)にも著作権はあるのでしょうか?

民間出版社の参考書などで問題が引用紹介されていますが、あれは正式な法的手続きを踏んで引用紹介しているのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「第三十六条の規定により著作物を利用する場合において、その出所を明示する慣行があるとき。」
「入試問題を利用して過去問題集を作る場合には、権利制限は適用されませんので、一般的な著作物利用として、出所の明示は必須項目となります。」

つまり、著作権は存在しますが、書かれているとおり「引用紹介」されていれば、正式な法的手続きは不要です


http://www.jcea.info/Q&A_4.html

Q問題の著作権

数学や理科の問題に著作権はあるのでしょうか?

足し算などは例外ですが、よくできている問題というの
はよくありますよね。古代から受け継がれてきたもの
は別として、例えば、入試で出た問題などは、やはり
その学校に著作権が帰属するのでしょうか?

よく、入試問題集がありますが、あれは全ての学校
から許可を得てるのでしょうか?

例えば、教師が問題集にある問題をそのままコピーせず、
自分で書き写して生徒に配った場合、著作権の侵害と
なるのでしょうか? 少し数値を変えた場合はどうでしょうか?

Aベストアンサー

著作権法第2条第1号では、「著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」と規定されています。
つまり、「創作的に表現」しなくてはならないわけです。
この例として、六法全書などの編集ものの例が分かりやすいでしょう。
個々の法律は、著作権の保護対象ではありません。しかし、掲載するのに適当な法律を選別し、目次をつけたり、索引をつけたりして六法全書を作りますよね。これを編集といいます。
で、編集されたものは、「創作」性があるということになり(見易さなどに工夫がなされている)、著作権の保護対象となります。
このように、創作性があるかどうかによって、著作権の保護対象となるかが決まるわけです。

ここで、理科や数学の問題についてですが、創作性はあるでしょうか?
「真理」には著作権の保護が及びません。したがって、

-- 問題 --
蛙は○○類である。
上の○○に適当な文字を答えなさい。
-- 問題終わり --

というのが一つあっても、著作権の保護は及ばないと考えられます。しかし、入学試験や中間・期末試験をまとめたものや、特に創作性のある特殊な設問は著作権の保護が及ぶと考えられます。

著作権法第2条第1号では、「著作物 思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう。」と規定されています。
つまり、「創作的に表現」しなくてはならないわけです。
この例として、六法全書などの編集ものの例が分かりやすいでしょう。
個々の法律は、著作権の保護対象ではありません。しかし、掲載するのに適当な法律を選別し、目次をつけたり、索引をつけたりして六法全書を作りますよね。これを編集といいます。
で、編集されたものは、「創作」性が...続きを読む

Q東大の理1と理2の違いは?

僕は次から高1になるのですが、大学は東大の理系を考えています。
理3が医学部だということは分かっている(し、行く気はない)のですが、
理1と理2の違いがあまりはっきりしません。
学部進学の際、どのように振り分けられるのですか?
できれば具体的な人数なんかのデータがあればいいのですが・・・。

Aベストアンサー

>工学が1、農学が2、理学部ではそんな変わんないって感じでしょうか。

理学部はひとくくりにできませんよ。
物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。
#2で示した集計表のとおりです。
細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。

大まかなことを言えば、#2の文中に示した進学振り分けについての資料にありますが、
理科一類 工学部・理学部・薬学部・農学部
理科二類 農学部・理学部・薬学部・医学部・工学部
↑は、それなりに人数比率も反映した順番になっていて、理1なら工・理が大部分を占めるし、理2なら農・理・薬が大部分を占めます。

ここまでいろいろ書きましたが、どちらかというと、momomoredさんには#2の集計表とにらめっこしてほしくありません。
むしろ、大学側からの「進学のためのガイダンス」(http://www.u-tokyo.ac.jp/stu03/guidance/H16_html/index.html)や、#2の進学振り分けの資料の中の各学部の紹介とか、あるいは、各学部のホームページ(学部ごとにホームページをもっています)を見て、できれば研究室のホームページまでチェックして、具体的に何がやりたいか、そしてそれをやるためには東京大学のあの研究室で学びたいんだ、ということをしっかりと意識することのほうが大切だと思います(それがなかなかできないわけですが…ハイ)。

あくまで#2の集計表とかは参考までにね。#2で書いたように、入ってから行きたくても行けない学部・学科なんてものはほとんどないですから(文転もありですよ)。
目標高く勉強のほうがんばってください。

>工学が1、農学が2、理学部ではそんな変わんないって感じでしょうか。

理学部はひとくくりにできませんよ。
物理学科、数学科などは理1優勢ですし、化学科だと同じくらい、生物学科なら少し理2優勢といった感じです。
#2で示した集計表のとおりです。
細かいこと言い出すと、工学、農学も学科によって色合いがかなり異なりますよ。

大まかなことを言えば、#2の文中に示した進学振り分けについての資料にありますが、
理科一類 工学部・理学部・薬学部・農学部
理科二類 農学部・理学部・薬学部・...続きを読む

Q英文引用の場合の著作権

論文や資料に英語の文章を引用する場合どのようにすれば著作権を犯さないようにすることができるのでしょうか.
1.引用元:
 1)新聞,雑誌,web,コーパス
 2)辞書
 3)書籍
2.引用対象:
 1)英文 1ないし2文章程度
 2)1パラグラフ程度
3.引用条件
 次の内1)が望ましいのですが,どの程度なら1)でよい のか.最低2)は必要なのでしょうか.
 1)引用元記載せず
 2)引用元をまとめて文末に記載
 3)引用文語毎に引用元を明示.

Aベストアンサー

最近、ウェブなどでも厳しい制限事項を表記していますが、「歴史的」には、

辞書には著作権がありません。
何故かというと、研究、調査の元になるものが使えなければ社会の発展を阻害するからです。教えてgoo で辞書引用を削除対象にしていましたが、あれは間違いです。

新聞記事については、べた記事、つまり誰が書いても同じような事実や経緯についての記述には著作権は認められていません。
また、アメリカでは pucbic domain といって著作権を放棄したもの、期限切れのものも多いのです。VOA は pucbic domain であると言っていますので、本来、このサイトに投稿されても削除されるべきではありません。

但し、最近はこのような歴史的解釈を越えて権利を主張するようになっていますので、注意が必要です。

音楽著作権協会のように1センテンスたりとも許してくれなところもあります。引用の量が異常に多ければ、裁判を起こされるでしょう。また、どんな場合でも引用とわかるように明示しなければまずいでしょう。

× 1)引用元記載せず
○ 2)引用元をまとめて文末に記載
○ 3)引用文語毎に引用元を明示.

引用元を正確に記述するために3を使うことも普通です。何かの記述が特定の論文からのものであることを表すなら、その場で明記すべきだということです。
単に、誰々の意見、何かの本によるとという参考程度の記述ならあえて、その場で表記することもないでしょう。2, 3併用が間違いないです。

参考URLのようなものが日本語版でも探せば見つかるのではないですか。

参考URL:http://libwww.syr.edu/research/refshelf/style.htm

最近、ウェブなどでも厳しい制限事項を表記していますが、「歴史的」には、

辞書には著作権がありません。
何故かというと、研究、調査の元になるものが使えなければ社会の発展を阻害するからです。教えてgoo で辞書引用を削除対象にしていましたが、あれは間違いです。

新聞記事については、べた記事、つまり誰が書いても同じような事実や経緯についての記述には著作権は認められていません。
また、アメリカでは pucbic domain といって著作権を放棄したもの、期限切れのものも多いのです。VOA は pucbi...続きを読む

Qこれらは著作権法に違反しているのでは?

下記の2つの行為は、違法(著作権法違反)ではないのでしょうか?

(1)学校の先生や塾の先生が、問題集をコピーして生徒に配っている。

(2)図書館で蔵書をコピーする。

これらは、日常的に行っている行為だとは思います。(1)のことについては、教育委員会にも問い合わせてみました(ちょっとやり過ぎかなと思いましたが(笑))すると、「平然と、生徒分の問題集を購入すると高くつきますからね。コピーしますね。」と言っていました。

これだと、問題集を売っている業者さんも大変ですよね。1冊しか買ってくれないのですから。

(1)と(2)のようなコピーする行為は違法(著作権法違反)ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

#8です。
補足質問の内容についてですが...

#5の回答者の方がお答えのとおり、問題集やドリル、ワークブックなどをコピーして生徒や学生に配付する行為は、著作権法35条1項但書の「当該著作物の種類及び用途並びにその複製の部数及び態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合」に当たるとするのが通説かと思います。

ただし、たとえば、問題集の中のある1問について解答・解説するために、その1問をコピーして下に先生が解答例を示して配付するような場合は、その問題集の売上げ等に影響を与えるものではありませんから、上記にいう侵害ケースには当たらないものと思われます。

Qbe free fromとbe free of

be free fromとbe free ofはどう使い分ければいいのでしょうか????

Aベストアンサー

> free from: ~がない、~を免れた

 She is free from pain.
痛みはない 

> free of: ~を離れて;~を免れて

 The river is free of ice only in summer.
凍っていない 
 
 ☆free of charge [ duty ] 無料[無税]で

 ☆の場合を除き、from, of のいずれでもよい場合が
 多いそうです。

 He is free from [ of ] prejudice. 偏見がない

>とりあえずよく出てくる free from pain や ☆を 覚えておけばいいかなぁと思っています。こういう 使いわけはむずかしいですね。?がいっぱいつきま す。 


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング