12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

日本が敗戦したときに国際連合軍のなかで、日本と同じ仏教国のスリランカ代表が「憎しみは憎しみによって終わることは無い」という仏教の言葉を引用して、日本の責任追求を積極的にするべきではないというエピソードは。本当でしょうか?できれば具体的に1)いつ2)誰が 3)何処で4)どういう経緯で そういう発言をしたのかが知りたいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.1さんへ。



>「東京裁判」(極東軍事裁判)当時まだ国連はありませんでしたよ。

1946年(昭和21年)1月10日にロンドンで第1回国際連合の総会が51ヶ国の参加で行われています。

勝者を裁判長として敗者を裁いた悪名高き「東京裁判」の開廷は、その国際連合の総会から約4ヵ月後の1946年(昭和21年)5月3日からです。

従いまして、「東京裁判」時、国際連合は存在しています。




NO.3さんの補足です。


対日講和条約締結過程に於ける1951年(昭和26年)9月6日、講和会議3日目での発言のようです。


セイロン(現在のスリランカ)のJ・R・ジャヤワルダナ蔵相の言葉

「セイロンは賠償を日本に求める権利はあるが請求するつもりは無い。
偉大なる仏陀の言ったように、憎悪は憎悪によって取り除かれない。愛によって取り除かれるからだ。

ソビエト連邦は南西諸島を日本に返還せよと言うが、それならば南樺太、千島列島を日本に返還したらどうなのか。

この条約は敗れた敵に対し寛大であり、それゆえ正しいものである。日本に友情の手を差し伸べる。

平和と繁栄のうちに人間生命の尊さを享受すべく手をたずさえて進もう。」

(出所:再現ドキュメント「日本の戦後」下 P.289 S53年3月20日第1版発行日本放送協会)
    • good
    • 0

サンフランシスコ講和条約会議でのスリランカ代表、J・R・ジャヤワルダナ蔵相の言葉です。


「欧米の支配下から開放されることを望んで、日本の考え方に同調し協力した人もいる」と、暗に欧米の植民地支配を批判し、「我々は仏教徒であり、憎しみは憎しみによって終わることは無いという、仏陀の考えを遂行する。したがって、一切の賠償を日本に要求する事は無い」と発言しました。

ちなみに、サンフランシスコ講和条約とは、日本との戦争を終わらせる為の条約で、1951年(昭和26年)9月8日吉田茂首相が48国の連合国とサンフランシスコで調印を結んびました。
    • good
    • 0

ちょっと否定的な情報をすこし。



日本が交戦していたのは「国際連合(United Nations)」ではありません。
「連合国(the Allies)」です。
まぁ、あんまり区別しても意味ないのではないかとも思いますが・・
一応違う組織です。

また、当時の連合国には「スリランカ」は入っていません。
そのため、連合国サイドで「スリランカ代表」が発言することもないと思います。
無論、その様なスリランカの人による発言が絶対無いという意味ではありません。
ちなみに、連合国として極東国際軍事裁判に判事を出していたのは以下の国です。
アメリカ:フランス:ソ連:中華民国:イギリス:オランダ:カナダ:
ニュージーランド:オーストラリア:フィリピン:インド
>フィリピン、インドは独立主権国家ではありませんでした。

似たようなエピソードが起きそうなのは
「インド代表」のパール判事ではないかと思います。
といいますのも、パール判事は判決草案において
「被告全員を無罪」としているためです。
またこの裁判に対し
「こんな儀式化された復讐は、瞬時の満足感を得るだけのものであって、
究極的には後悔をともなうことは必然である」
としているのです。

出展:「パール判事の日本無罪論」:田中正明
    • good
    • 0

> 国際連合軍



これはなんですか?「東京裁判」(極東軍事裁判)当時まだ国連はありませんでしたよ。
連合軍または連合国でしょ?
まあそれはおいといて・・・・。
おっしゃっているのはたぶんインド代表のパール博士のことだと思います。

「日本無罪論」またはパール(パル)博士(判事)「極東軍事裁判」などの言葉で検索してみましょう。
たくさん出てきますよ。では。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第二次世界大戦の原因

第二次世界大戦の原因

第一次世界大戦でこりたにもかかわらず、どうして短期間のうちに第二次世界大戦が起こったのでしょうか。

第二次世界大戦の根本原因を教えてください。

また、どのような原因と結果の積み重ねで第二次大戦が起こったのか、その「原因と結果の流れ」を教えてください。

Aベストアンサー

第二次大戦は規模が大きかったから目立つだけで、歴史的にはむしろよくあるパターンが再度繰り返されたように見えます。

つまり経済的に貧しい国が、富国強兵・富国強兵で軍備を増強して富裕国へ攻め込むというパターン。第二次大戦ではこのパターンの国がドイツと日本の2国あったので規模が大きくなりましたが、世界史的にはゲルマン人のローマ帝国侵略とか、突厥の中国蚕食とか、中世の十字軍も広い意味でいえばそうであるし、日本史でも武田軍の信濃侵攻とか、島津軍の九州北上みたいなもの。これらの場合、侵略には略奪がセットになっているので、貧しい国にとっては戦争は半分経済活動でもあった訳です。

そう考えると、第二次大戦の根本要因は貧富の差だといえます。
で、貧富の差は現在むしろ大きくなっているので、第二次対戦で懲りたどころか、同じようなものは再度おこってもおかしくないと考えるべきです。一例を挙げればイラクとリビアと北朝鮮みたいな国、これが同時に暴発して、中国あたりが援助すれば用意に第三次大戦にはなり得るでしょう。
その抑止力があるとすれば核でしょうか。つまり、今度大戦をやったら勝者はいないという意識が辛うじてそのような事態を食い止めているのかもしれません。

第二次大戦は規模が大きかったから目立つだけで、歴史的にはむしろよくあるパターンが再度繰り返されたように見えます。

つまり経済的に貧しい国が、富国強兵・富国強兵で軍備を増強して富裕国へ攻め込むというパターン。第二次大戦ではこのパターンの国がドイツと日本の2国あったので規模が大きくなりましたが、世界史的にはゲルマン人のローマ帝国侵略とか、突厥の中国蚕食とか、中世の十字軍も広い意味でいえばそうであるし、日本史でも武田軍の信濃侵攻とか、島津軍の九州北上みたいなもの。これらの場合...続きを読む

Q第二次世界大戦で敗戦国イタリアは連合軍に占領されなかったのでしょうか?

第二次世界大戦で敗戦国イタリアは連合軍に占領されなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

他の回答通り、イタリアは直ぐ連合国側に寝返り、敗戦国ではなく戦勝国になっています。 そして、1945年7月15日に対日宣戦布告もしています。 実際の交戦は発生していないものの、ずうずうしく日本に対し戦後賠償まで要求してきました。 要求はしつこく続いたので、日本も1972年7月になってこれ以上馬鹿を相手にしても仕方がないと言うことで120万ドル支払いました。 ただし、日本側はイタリアの請求権を認めず、あくまでもこの支払いは賠償や補償ではなく一括見舞金であるとの立場を崩していません。 因みに「イタ公」は英語では一般的に「wop」ですね。

Q第二次世界大戦の死者の内訳

第二次世界大戦の死者は310万人と言われますが、その内訳は分かるでしょうか。

Aベストアンサー

   戦死・行方不明   一般市民の死者・行方不明 

日本  2,565,898人      600,000人
中国  1,500,000人      多すぎて計測不能
ドイツ 3,000,000人      800,000人
アメリカ   520,433人         0人
イギリス   403,195人       60,359人

です。(その他の国は割愛)
当然かもしれませんが勝者と敗者ではこうまで違いが有るものなんですね。

Q第二次大戦中、日本軍が撤退まぎわに台湾軍属のアキレス腱を切って連合軍が使えないようにしたってホント?

昨日ネットで見た連合軍兵士の手記によると、「ニューギニアに上陸し、攻撃すると日本軍は撤退していった。 その跡に杭に縛り付けられている人間がいて、生きていて台湾人と分かった。労働力として連れてこられたと思われる。足首(lower leg)を切られていて、たぶん、連合軍に労働力として使われないようにしたんだろう」と書いてありました。でも、当時、台湾は日本領土で、台湾人は日本人だったはずです。 連合軍に救出されれば、台湾に帰って「日本軍にひどいことをされた」といいふらすでしょうから、そんなバカげたことを日本軍がしたでしょうか? もし、中国語が分かれば自分で調べるのですが、分かりません。 で、質問は、1)史実かどうか 2)日本人の台湾人に対する考えは、そのようなものだったのか? の2点です。

Aベストアンサー

1)史実かどうか

おそらく史実ではありません。
他の方が述べられたように、あえて拘束してアキレス腱を切るより
殺害した方が簡単です。普通に考察すれば、負傷で後送できないので
置いて行かれたと考えるのが妥当です。
ただし、日本軍にも多くの人員がいたので絶対に無いとは言えません。

歴史を検証するうえで、検証を経ていない証言は資料ではなく
あくまでも参考にすぎません。
本気で史実かどうか検証するためには、本人や第三者への聞き取り、
当時その付近に展開していた日本軍と徴用された台湾人軍属から
該当すると思われる人物など調べる必要があります。
そのような検証をしないうちは、あくまでも一つの証言です。



2)日本人の台湾人に対する考えは、そのようなものだったのか?

台湾人への蔑視はありました。
近年の台湾は一般的に親日といえますし、日本は台湾統治時代に
それなりの政策を行っていました。八田與一や六氏先生、
明石元二郎、後藤新平のアヘン対策などなど、よく見かけます。
では、台湾人が日本人として扱われたかというと違います。

台湾統治と朝鮮では、同じ植民地統治として明確に差別されました。
帝国大学である京城帝国大は併合後14年に対し台北帝国大は33年、
朝鮮王には皇女が嫁ぎ、伯爵(宋秉畯)に叙せられた人もいます。
志願兵の受け入れは朝鮮が1937年で台湾が1941年、朝鮮人には
許可された陸軍士官学校は台湾人は入学できない(海兵は両方不可)、
悪名高い(当時は日本人になりたくて請願された)創氏改名も、
台湾では(改姓令)許可制で3%しか認められないなど
(注:朝鮮では姓の扱いが日本と違うので創氏は強制ですが、
申告制の改名は20%)多くの待遇の差が挙げられます。
台湾では発展に取り残された民族も多く、それに対する差別も
それなりにありました。
その中で起こったのが有名な「霧社事件」です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%A7%E7%A4%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6
(Wikiですが閲覧注意です。残虐な写真があります)
朝鮮で有名な三一事件では、警官が惨殺されたり役場が焼き討ちに
あいましたが、死刑判決は無く、ほぼ全員が数年で釈放されましたが、
霧社事件は逮捕された者は全員留置中に死亡し、生き残った300人弱は
僻地へ移住させられるなどで、天皇陛下が事件の根本に原住民への
侮蔑があるともらしたとされています。

台湾では、二二八事件以後戒厳令が敷かれ、外省人による統治が
行われました。このことを「犬(日本のこと)が去って豚が来た」
と揶揄されたように、中華民国よりましだけど日本の統治も
良い点ばかりでは無いと思われていると考えます。
(他国の植民地政策よりは良かったと思います)



手記の記述について考察するなら、戦時中でも日本に協力的な部族も
敵対する部族もありましたが、徴用は高砂義勇隊に代表される
親日派が多く、献身的な働きをしたとされています。
よほど差別主義の隊長か怠惰な台湾人でない限り考えにくく、
この意味なら、ご質問の回答は(ニューギニアの戦地で)
「台湾人を差別した行為とは考えにくい」ということになります。

1)史実かどうか

おそらく史実ではありません。
他の方が述べられたように、あえて拘束してアキレス腱を切るより
殺害した方が簡単です。普通に考察すれば、負傷で後送できないので
置いて行かれたと考えるのが妥当です。
ただし、日本軍にも多くの人員がいたので絶対に無いとは言えません。

歴史を検証するうえで、検証を経ていない証言は資料ではなく
あくまでも参考にすぎません。
本気で史実かどうか検証するためには、本人や第三者への聞き取り、
当時その付近に展開していた日本軍と徴用された台湾人軍属...続きを読む

Q第二次世界大戦でのロシア陸軍戦車の損害

第二次世界大戦でロシア陸軍は世界でもっとも大量の戦車を持っていたそうですが、そのうち何%が破壊されたのでしょうか?

Aベストアンサー

旧ソ連時代の情報が開放された1993年の資料を元にして書かれた信頼できるKrivosheevの著作での赤軍の戦車・自走砲損失数は

1941年(6.22~)…20500(総数の72.7%)
1942年…15100(総数の42.3%)
1943年…23500(総数の49.1%)
1944年…23700(総数の40.1%)
1945年(~5.8)…13700(総数の28.0%)

総計…96500(総数の73.3%)


ちなみにソ連の大戦時の戦車・自走砲生産量総計は98300


つまりドイツ軍はソ連の生産した戦車・自走砲とほぼ同数を破壊、捕獲したことになります


1941年6月22日時点の赤軍戦車・自走砲配備数は
22600(内ソ連西部国境地域には14200を配備)


生産量及び配備数も前出のKrivosheevの著作からです

Q第二次世界大戦の敗戦国としては、戦後処理として日本が恵まれていた理由は何ですか?

第二次世界大戦に敗戦した国としては、日本は以下の理由で恵まれていましたが、その理由は何でしょうか?

日本
①天皇制の存続
②行政機構の維持(GHQは行政機構に指示する形式をとっていた)
③一括統治
④戦後の敵国による破壊行為は僅少

一方、ドイツはこんな感じです。
①ヒトラーの戦死、戦後は極悪人として徹底糾弾
②行政機構の徹底破壊
③分断統治
④ドイツ女性への強姦
⑤文化財等の強奪

もし、日本がドイツのようになっていたら・・・考えただけで恐ろしいですね。
①天皇の処刑・極悪人として糾弾
②行政機構の徹底破壊
③分断統治(おそらく北海道と東北はソ連統治で、東京は4か国による分割占領)
④日本人女性への強姦
⑤京都、奈良等の文化財が強奪される

Aベストアンサー

日本人女性への強姦は、沢山あったと思いますよ。
・沖縄戦では連合国軍の上陸後強姦が多発した。
・沖縄で、アメリカ軍兵士のみにより強姦された女性数を10000人と推定する見解もある。
・連合国軍が日本に進駐した際、最初の10日間、神奈川県下では1336件の強姦事件が発生した。
・占領直後の性的暴行や強姦の件数については確定していないが、藤目ゆきによれば
 上陸後1ヶ月だけでも最低3500人以上の女性が連合軍兵士によって被害をうけた。

仕方ないので、防止するために1945年8月27日に大森海岸の料亭「小町園」を慰安所第一号に
指定したのを皮きりに、慰安部、特殊施設部、キャバレー部などが開設されていった。
東京都内では終戦3ヶ月以内に25箇所の慰安所が開設されている。
東京・横浜をはじめ、江ノ島・熱海・箱根などの保養地、大阪、愛知県、広島県、静岡県、
兵庫県、山形県、秋田県、岩手県など日本各地に設置されていった。

また、日本刀、鐘など、多くの文化財が、アメリカに持ち去られました。

天皇制の維持は、その方が日本を統治しやすいと判断したからだと思いますよ。
もし天皇を処刑していたら、ゲリラ的に日本国内で戦闘が続くと判断したのでしょう。

日本は、イギリス、中国との戦闘には勝っていますが、アメリカの物量に
負けたのですよね。
アメリカも予想以上の損害を被っています。

二度と日本軍とは戦いたくないとの強い思いがあったと思います。

アメリカの多大な損害と引き換えに日本を降伏させたのですから、
アメリカとしては、わざわざ分割統治して、貢献していない他国に分け前を
渡したくないでしょうし、日本の共産国化は何としても避けたかったでしょうから
ソ連との分割統治を避けたと思います。

行政機構の維持は、天皇制を継続したのが影響しているのではないでしょうか?

でも、WGIPによって、徹底的に自虐史観を植え付け、日本の国体を
破壊しました。今もその影響は、強く残っています。

ドイツは、軍隊を持っていますよ。
ドイツに戦争放棄の憲法9条はありません。

ドイツは、戦争責任を徹底的にナチスドイツ(ナチス政党)に押し付け
国としての戦争責任は認めていません。

よって、日本のような国としての謝罪はしていません。

ドイツにおける行政機構の徹底破壊がなぜ行われたのか?
私は知見がありません。
ドイツ人自身が、ナチスを徹底的に否定し、戦争責任を押し付けた
影響があるのでしょうか??? よく解りません。

日本人女性への強姦は、沢山あったと思いますよ。
・沖縄戦では連合国軍の上陸後強姦が多発した。
・沖縄で、アメリカ軍兵士のみにより強姦された女性数を10000人と推定する見解もある。
・連合国軍が日本に進駐した際、最初の10日間、神奈川県下では1336件の強姦事件が発生した。
・占領直後の性的暴行や強姦の件数については確定していないが、藤目ゆきによれば
 上陸後1ヶ月だけでも最低3500人以上の女性が連合軍兵士によって被害をうけた。

仕方ないので、防止するために1945年8月27日に大森海岸の料亭「小...続きを読む

Q今卒業論文を書いていますが、第二次世界大戦中の日本が行なったファシズムについて書こうと思っています。

今卒業論文を書いていますが、第二次世界大戦中の日本が行なったファシズムについて書こうと思っています。
参考になれる本や資料について教えてください。

また、そもそも日本は第二次世界大戦中にファシズム政治を行っているいるのか教えてください。

Aベストアンサー

俗説を盲信しているようですが、日本にはヒトラーのドイツや、ムッソリーニのイタリアのようなファシズムはありませんでした。 日本にファシズムが存在したと言う話をでっち上げたのは、アメリカ、イギリス、ソ連を始めとする当時の連合国側であり、第二次世界大戦は彼らによって「ファシズムと民主主義の戦争」だと規定され、後者の当然な勝利によって終結したと説明され、理論づけられたものです。 日本にファシズムがなかったことは、林房雄氏の著書『大東亜戦争肯定論』(夏目書房)を読めば良く解ります。

Q日本は第二次世界大戦の敗戦後にスーパーインフレを実施したそうですが円の価値を何分の1にしたのですか?

日本は第二次世界大戦の敗戦後にスーパーインフレを実施したそうですが円の価値を何分の1にしたのですか?

Aベストアンサー

1934-1936年の消費者物価指数を1とした場合、1954年は301.8

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

Q【第二次世界大戦と昭和天皇】昭和天皇って嘘を付いてませんか?辻褄が合わないことがあってどうも嘘を付い

【第二次世界大戦と昭和天皇】昭和天皇って嘘を付いてませんか?辻褄が合わないことがあってどうも嘘を付いているなあと感じます。

みなさん感じませんか?

昭和天皇は第二次世界大戦に関与していないという歴史ですけど、これ嘘ですよね。

第二次世界大戦の歴史の本を読むと昭和天皇は戦争に反対で人道支援に力を注がれており、戦争で負傷した兵隊を介護するために私財を投じて人道支援活動を自国敵国関係なく行ったと書かれていたんですけど、第二次世界大戦前までの戦争はなぜしてたんでしょうね。

戦争に第二次世界大戦で負けてから急に戦争は反対だったとか言われても困ります。

あと天皇陛下の人道支援活動なんですけど第二次世界大戦時にはしてないんですよね。戦後に出来た国際条約を戦時中に実施していたとか時系列がおかしい。

昭和天皇は嘘を付いていると思います。違いますか?

Aベストアンサー

嘘ついてます。

彼が「やってもいいよ」って言ったから、戦争が始まったんです。
原爆を2発も落とされてからやっと、「堪え難きを堪え・・・」だって。
よく言うよ。堪えてるのは国民のほうなのに。

反対してるんだったら、「早く戦争をやめなさい」って国民に言いなよ!

天皇陛下万歳なんて、馬鹿げた洗脳すら反対しなかったくせに。

彼が、1番の戦犯です。

東條さんは、任務を忠実に遂行したにすぎません。
かわいそうに。

Qなぜ第二次世界大戦時にアメリカ軍は日本軍の暗号通信

なぜ第二次世界大戦時にアメリカ軍は日本軍の暗号通信を解読出来ていたのにハワイのパールハーバーの奇襲攻撃を許したのでしょう?

日本軍がハワイのパールハーバーを攻撃することは,アメリカ軍は知っていたはずですよね?

アメリカ軍は日本軍にパールハーバーを攻撃させて,自国で開発していた核爆弾を実戦で使ってみたかった。

だから日本軍にパールハーバーの攻撃を許して,自国の離島民を殺すのと引き換えに核兵器の実験ではなく実際に使う口実を作った。

違いますか?

なぜ日本軍の秘密暗号を解読していたアメリカ軍がパールハーバーだけ攻撃されるようなヘマをしたのか謎です。

Aベストアンサー

 1941年当時、米国は日本軍の暗号解読に成功していません。
 米国が暗号解読に成功していたのは日本の外務省の通信暗号です(ちなみに、日本も米国の外交通信暗号の解読には成功していました)。

 また、「米国はパールハーバーが攻撃をされることを知っていた」というのは語弊があります。
 米軍は通信信号の傍受(信号の内容を解読できてはいなかったが、どの地点からどれだけの通信電波が発信されているかは探知できていた)から、日本海軍が千島列島に集結しているらしいということを察知(日本軍はほかの軍港から通信電波を盛んに発してそこに艦隊がいるように偽装し、単冠湾に集結していた軍艦は完全に電波封止していたが、フィリピンや中国大陸にある通信傍受施設の測定誤差範囲に両方の地点が入っていたため、偶然にも日本の偽装電波の発信源が単冠湾であると誤って断定してしまった)し、「少なくとも空母1個戦隊(空母2隻以上)の艦隊が北太平洋に出撃したまま行方不明である」と分析していただけです。
 その分析結果から「パールハーバーが奇襲を受ける可能性がある」という危機感を抱き、12月6日までの一週間は警戒態勢をとるように太平洋艦隊に命令が出されていました(パールハーバー攻撃は偶然にもその翌日だった)。
 米軍がパールハーバー奇襲について「知って」いたのは、それだけです。具体的に「12月8日の早朝に大規模な空襲が行われ、停泊中の太平洋艦隊が壊滅する」とまで知っていたわけではないのです。

 そして、開戦直前に日本の暗号を解読して攻撃の1時間前には日本が開戦に踏み切ることを米政府は知りますが、それは日本の外交暗号(日本政府から駐米日本大使館へ送られた対米宣戦布告の文面)を解読したものであって、日本軍の暗号を解読して作戦内容を知っていたというあなたの理解とはだいぶ違います。


>アメリカ軍は日本軍にパールハーバーを攻撃させて,自国で開発していた核爆弾を実戦で使ってみたかった。
>だから日本軍にパールハーバーの攻撃を許して,自国の離島民を殺すのと引き換えに核兵器の実験ではなく実際に使う口実を作った。
>違いますか?

 全然違います。
 開戦当時、原爆はその製造の可能性を検討されていた段階です。核分裂兵器の開発が決定されたのは1941年12月18日のことであり、真珠湾攻撃よりも10日も後のことです。
 さらに、原爆開発のための組織であるマンハッタン工兵管区が立ち上げられたのは翌年のことです。
 原爆を使いたいがために真珠湾攻撃を許したというのは、時系列的につじつまが合いません。
 謎があるとすれば、なぜちょっと調べればわかるような矛盾に満ちた陰謀論を簡単に信じてしまうあなたの思考の仕組みのほうです。

 1941年当時、米国は日本軍の暗号解読に成功していません。
 米国が暗号解読に成功していたのは日本の外務省の通信暗号です(ちなみに、日本も米国の外交通信暗号の解読には成功していました)。

 また、「米国はパールハーバーが攻撃をされることを知っていた」というのは語弊があります。
 米軍は通信信号の傍受(信号の内容を解読できてはいなかったが、どの地点からどれだけの通信電波が発信されているかは探知できていた)から、日本海軍が千島列島に集結しているらしいということを察知(日本軍はほか...続きを読む


人気Q&Aランキング