プロが教えるわが家の防犯対策術!

築44年の自宅のリフォームをしようと思い銀行にリフォームローンの申請をしたところ、家が未登記のため申請却下となりました。
借地に建てた持ち家で自宅の売却はできないため(地主との契約でそうなっています)登記をするつもりはありません。
また、1ヶ月以内にリフォーム完了したいため登記をする時間もありません。
リフォームローンの申請は必要書類に登記簿謄本が必要なようなのでそれ以外でまとまった金を低金利で借りる方法はありますでしょうか。
年収380万、借入れ希望250万です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No1です。


土地と建物の登記は全く別物です。
土地の登記は地主さんがやることで、
建物についてのみでいいのです。
ですから建物についての登記だけですね。
登記の内容は、構造(木造で何階建てだとか)それとアバウトな床面積が必要なだけです。(もちろん、所有者の住所と氏名なども必要ですが)
あとは近くの司法書士事務所に任せればあとはすべてやってくれます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。
床面積は課税明細書に書いてありますからわかります。
今回のリフォームは急を要すため間に合いませんが、
今後を考え一度司法書士事務所に相談してみます。

お礼日時:2008/07/21 22:44

「表示登記」なので【土地家屋調査士】です。


が、リフォームローンにより建物を担保に供する(抵当権設定)
必要がありますから、結果【司法書士】が権利の登記である
「所有権保存登記」までを行う必要があります。

250万限度でリフォームするのか他に持ち出しがあるのか不明です
ので一概にいえませんが、借入額と借入期間と金利差を考えれば登記するのも一案です。見積書出して貰ってみて下さい。

なお、質問者さんがおっゃっている様に未登記の建築物は(表示)登記
しなくても税務署は捕捉してますので、固定資産税は首尾良く課税されています。

また、今般リフォーム(外観的に増改築が判れば)されれば固定資産税は当然上がります。

蛇足ですが、空撮して何年か毎に照合しているのです。
不一致部分は足で実際見に来ているそうです。
だから登記しなくても課税されるということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

当初銀行に相談したリフォームローンは無担保ローンのため保証料が必要のものでした。
自己資金100万で250万を5年返済でゆとりをみていました。
しかし無担保でも登記謄本が必要ということで暗礁に乗り上げてしまいました。
今回のリフォームは家族が退院するまでに完了させたいので、
登記なしで借入れできるローンを探すしかないかなと思います。
金利は通常より高くなりますが自己資金を増やし短期間で返すことにして(200万を2年で返済)当初予定の金利分より減らすようにします。多少リスキーですが。

今回は少し減築になりますので(うちは今の建築基準法に外れてますから増築や建替えはムリなんです)減税される・・・なんてことはないですかね。
それにしても空撮写真を見比べる仕事は根気が入りそうですねぇ。
間違い探しみたいなものですかね^^

回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/21 23:10

>リフォームローンの申請をしたところ、家が未登記のため申請却下となりました。



法治国家である日本では、当然の結果ですね。

>登記をするつもりはありません。

違法行為を自主的に継続する!との意思表示でしようか?
だとすれば、違法建築として建物が建った時点から違法性が発覚するまでの固定資産税及び延滞加算金の一括督促がある場合もあります。
ご注意ください。
この場合は、裁判をしても100%敗訴です。
敗訴の場合、裁判費用も全額質問者様側の負担です。

>それ以外でまとまった金を低金利で借りる方法はありますでしょうか。

登記の無い建物には、権利関係が存在しません。
今建っている建物自体が存在しない事になっています。
従って、存在しない不動産を担保にする事は(仰るとおり)不可能ですね。
ですから、不動産を担保にしない融資を考える事が必要です。
勤務先又は労働組合から、目的を問わない低金利の融資制度があれば可能です。
他の目的を問わない各種ローンは、サラ金なみの高金利ばかりです。
勤務先総務又は労働組合にご確認下さい。

それと、可能性は低いですが・・・。
リフォーム会社自身が、融資を行なう場合があります。
複数のリフォーム会社に確認して下さい。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
固定資産税は市役所の管轄で登記は関係ないので毎年きちんと払っています。
登記は義務というのはわかっておりますが、売買できる物件ではないので金をかけてやる気がないのです。

勤務先では新築などの融資はあるらしいのですが、リフォームではダメでした。
やはり高金利のフリーローンしかないですよね。

補足日時:2008/07/19 12:01
    • good
    • 0

あのう、登記はものすごく簡単にできるので


近くの司法書士事務所に行けば
喜んでしてもらえるので、
登記をすることをおすすめします。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
ものすごく簡単というのはどの程度でしょうか?

我が家は家の図面もなく立地が傾斜地(山です)で隣地との境界もよくわかりません。隣地も含め同じ地主さんから借りているため近所の方も境界は気にしてません。
測量なども必要になってくると思いますがどうでしょうか。

補足日時:2008/07/19 12:10
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親名義の家のリフォームにかかる税金について

父親名義の家(築22年評価額300万円)を息子である主人が850万円のローンを組んでリフォーム(増築はなし)します。調べたところ、リフォーム前に家の名義を主人に変えると(1)贈与税(2)登録免許税(3)不動産取得税の3つがかかり、その代わり住宅ローン控除を受ける事ができるみたいですね。
 でも、800万円のローンで戻ってくる税金と名義変更でかかる税を比べたら、父の名義のままリフォームした方がいいのかなとも思います。このまま名義を変えずにリフォームすることで、住宅ローン控除が受けられないこと以外に何か不都合はありますでしょうか?父親名義の家に息子が850万円贈与したという形になって贈与税がかかってしまうのではという話も聞きました。
 どうするのが1番いいかアドバイスいただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

民法242条の不動産の付合により、父所有の建物に子供が増改築をした場合、
その増改築部分は父が所有権を取得することとなるので、贈与税の課税問題が
生じます。

相続時精算課税にて父から建物の贈与を受け、登記後、
子供がリフォームを行うというのがよいと思います。



民法第二百四十二条(不動産の付合)
 不動産の所有者は、その不動産に従として付合した物の所有権を取得する。
ただし、権原によってその物を附属させた他人の権利を妨げない。

Q増築登記はしないと違法ですか?

違法だとしたら罰則はありますか?また、増築登記をしない場合、何らかの不利益はありますか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

>増築登記はしないと違法ですか?
違法だとしたら罰則はありますか?

 これは「不動産登記法」に定めがあります。

--------------------------------------------------------------------
○む不動産登記法

(建物の表示に関する登記の登記事項)
第 四十四条 建物の表示に関する登記の登記事項は、第二十七条各号に掲げるもののほか、次のとおりとする。
一  建物の所在する市、区、郡、町、村、字及び土地の地番(区分建物である建物にあっては、当該建物が属する一棟の建物の所在する市、区、郡、町、村、字及び土地の地番)
二  家屋番号
三  建物の種類、構造及び床面積
四  建物の名称があるときは、その名称
五  附属建物があるときは、その所在する市、区、郡、町、村、字及び土地の地番(区分建物である附属建物にあっては、当該附属建物が属する一棟の建物の所在する市、区、郡、町、村、字及び土地の地番)並びに種類、構造及び床面積
六  建物が共用部分又は団地共用部分であるときは、その旨
七  建物又は附属建物が区分建物であるときは、当該建物又は附属建物が属する一棟の建物の構造及び床面積
八  建物又は附属建物が区分建物である場合であって、当該建物又は附属建物が属する一棟の建物の名称があるときは、その名称
九  建物又は附属建物が区分建物である場合において、当該区分建物について区分所有法第二条第六項に規定する敷地利用権(登記されたものに限る。)であって、区分所有法第二十二条第一項本文(同条第三項において準用する場合を含む。)の規定により区分所有者の有する専有部分と分離して処分することができないもの(以下「敷地権」という。)があるときは、その敷地権
2  前項第三号、第五号及び第七号の建物の種類、構造及び床面積に関し必要な事項は、法務省令で定める。

(建物の表題部の変更の登記)
第 五十一条 第四十四条第一項各号(第二号及び第六号を除く。)に掲げる登記事項について変更があったときは、表題部所有者又は所有権の登記名義人(共用部分である旨の登記又は団地共用部分である旨の登記がある建物の場合にあっては、所有者)は、当該変更があった日から一月以内に、当該登記事項に関する変更の登記を申請しなければならない。

 (中略)

(過料)
第 百三十六条 第三十六条、第三十七条第一項若しくは第二項、第四十二条、第四十七条第一項(第四十九条第二項において準用する場合を含む。)、第四十九条第一項、第三項若しくは第四項、第五十一条第一項から第四項まで、第五十七条又は第五十八条第六項若しくは第七項の規定による申請をすべき義務がある者がその申請を怠ったときは、十万円以下の過料に処する。
---------------------------------------------------------------------
と言うことで、第51条違反で、罰則は第136条のとおり、10万円以下の過料(罰金みたいなものです)です。

>また、増築登記をしない場合、何らかの不利益はありますか?

・第三者に対抗でせきません。余りありえませんが、他人が勝手に住んでも、登記をしていなければ、あなたのものだと言う証明をするすべがありません。
・もし売買するときには、登記がしていないとできません。と言うか、買ってくれません。
・相続のときに困ります。誰の持ち物なのか、公的に証明しょうがないですから。

ぐらいでしょうか。

 こんにちは。

>増築登記はしないと違法ですか?
違法だとしたら罰則はありますか?

 これは「不動産登記法」に定めがあります。

--------------------------------------------------------------------
○む不動産登記法

(建物の表示に関する登記の登記事項)
第 四十四条 建物の表示に関する登記の登記事項は、第二十七条各号に掲げるもののほか、次のとおりとする。
一  建物の所在する市、区、郡、町、村、字及び土地の地番(区分建物である建物にあっては、当該建物が属する一棟の...続きを読む

Q未登記の家屋を解体予定につき相続登記するべきか?

今年中に解体予定の【未登記】の亡父所有の古い家屋があります。
この家屋を相続登記するか否かで迷ってます。

以下のどちらが簡単な手続きで解体できるでしょうか?

(1)相続登記せず解体する場合
未登記のまま解体申請するのに必要な書類は具体的に何でしょうか?
「遺産分割協議書」と「相続関係書類」が必要ですか?
「遺産分割協議書」と「相続関係書類」は「登記申請書」で還付請求するので
保管しておきます。
なお「遺産分割協議書」には解体予定の古い家屋を相続する旨は記載しますが、
「登記申請書」には相続登記しないので記載しません。

(2)相続登記してから解体する場合
この場合「遺産分割協議書」と「相続関係書類」は不要ですね?
相続登記後に解体申請するのに必要な書類は具体的に何でしょうか?
※相続登記→建物滅失登記で、二度手間になるのは明らか。

登録免許税は少額なので考慮せず、選択したいのですが、
(1)(2)どちらの方法が簡単でしょうか?

Aベストアンサー

この問題は世間によくある話です。ポイントは建物が未登記であり、解体予定であることです。
1 宅地上に居宅がある。これが普通です。新築する時に手持ち資金で足りず銀行融資を受ける場合銀行はとりぱぐれがないよう必ず建物と土地双方に抵当権を設定します。お宅の場合は、当時融資を受けず新築したと推測されますから、建物は未登記なのです。今回相続が発生し、あなたが遺産分割協議で当該建物を取得したのなら、協議書中にその建物を記載(具体的に)しておけば、あなたの所有ですから他の相続人の承諾も要らず、あなたが自由に処分できるということです。遺産分割協議とはそういう性質のものです。願わくば解体した場合、万が一に備え、業者から解体証明書(会社代表者の印鑑証明書付)をもらっておけば完璧です。お分かりになりました?

Q親の土地に新築した時の抵当権の設定は?

親の土地に、息子名義の家を建てました。
銀行のみで住宅ローンを組みましたが
ローンを組むときに抵当権の設定を家と土地とにしました。
今回、登記をするにあたり
また、抵当権の設定を・・・ということで
銀行の方から話があったのですが
勉強不足でよく意味が分かりません。

この前の、抵当権と今回の抵当権の意味はどう違うのでしょうか?
親の土地に建ててもこの土地にも抵当権がつくのでしょうか?
銀行でのローンの金額ほどの抵当権というわけにはいかないのでしょうか?
(2500万の家を購入
 銀行で1800万のローンを組んだので
 抵当権は土地なし・家のみ・・・など)
やはり、土地と家はセットなのでしょうか?

Aベストアンサー

☆金融機関からの住宅ローン借入に関わる担保は、土地と建物双方に抵当権の設定が原則です、当該住宅ローン借入申込書に、親御さんが土地の担保提供者になっている筈です。

☆住宅ローンを組むときの抵当権の設定は土地のみで、この時点では、建物は着工前の筈で、抵当権対象の物件(建物)は無かったはずです。

☆質問の◎今回の登記をするにあたり・・・・・は、住宅ローンを利用して建築した建物の完成に伴う保存登記だと思いますが。

☆銀行の言う抵当権の設定とは、建物の完成に伴う建物保存登記にあわせ、ローン対象物件である、建物の抵当権設定を求めているものと思われますが、まだ建物の抵当権設定は出来ていないはずです。

Q未登記物件といわれました…

家を建てて7年…信金で住宅ローンの借り換え(現在は公庫で借り入れ中)を相談中、4年ぐらい前に自宅の庭に作った車庫(シャッターあり車が2台入る)が未登記物件であるので早急に登記してくださいと言われました。車庫が出来て、じきに市役所の人が来て「シャッターで囲まれているので付属家扱いで課税対象です」と言われ固定資産税は払っています。その時登記の話などでませんし、私も分からない事だらけのままで今に至ります…登記には10万円ぐらいかかると銀行マンは言いました どうしたらいいでしょう?登記をしないと将来どうなりますか?教えて下さい

Aベストアンサー

そのまま取り壊すまで自分が所有し続けるということであれば、「お金を借りれない」以外は特に問題はないかもしれません。

売却をするときには、買主が借入を行うにあたって「登記が必要」と言うことになり、そのときになって登記を求められることが考えられます。
この登記を行うにあたっては、「日数」もかなりかかりますので、売却が決まってからでは「間に合わない」というようなことが起こるかもしれません。

私の意見としては、今のうちに登記をされた方がいいように思います。

なお、借替を行った場合に返済額がどの程度軽減されるのでしょう。
10万円未満しか軽減されないのであれば損をすることも考えられますが、かなり軽減できるのであれば、借り換えできないということが痛いですね。

Q増築したのが無届ですが固定資産税どうなるか?

現在、親が所有の物件に住んでます。いずれは相続を受ける予定なので、自分の気に入る間取りを考えてリフォームを考えてます。
その中で、親から「過去に増築したが無届状態なので下手に市にわかれば過去の差額分が追徴される。」という話を聞きました。
建物は築35年木造で立てた時は35坪が現在45坪程になってます。毎年12万円の固定資産税です。15年前に5坪増築となってます。
この場合、固定資産税は5坪分15年坂上って追徴されるのでしょうか。また、35年もたてば原価償却は済んでいて、果たして固定資産税は建物にかかる必要はないとも思うのですが。

Aベストアンサー

こんばんは。業務上、質問者様のようなケースをしばしば見ている者です。

1.増築をしたけれど未登記で固定資産税も課せられていないという状態はとてもよく見かける事案です。

2.過去に遡って固定資産税を課せられたケースは聞いたことがありません。知っている限りでは判明した「翌年から」課税されています。

3.増築登記は不動産登記法に定められている1ヶ月以内に行うべき義務ある登記です。また過料も規定されています。しかし、過料が適用されたケースは皆無です。

4.今後、質問者様がリフォーム(増築)のためのローンを組む場合、過去の分も含め増築登記を行い、登記簿と現状を合致させた上で抵当権設定を行うことになります。過去の増築が特別障害になることはありません。ご心配なく。

5.ただし、親名義の建物に子どもが増築する場合は、名義の関係上少々ややこしい登記申請をしなければならない場合があります。抵当権設定の予定があるのなら金融機関の担当者と充分打ち合わせをしてください。

Q未登記の家を贈与できますか

築30年くらいの家を親から無償贈与してもらいます。
本で所有権移転の登記申請をもって贈与と見なすみたいなことが書いてありました。
しかし、法務局で所有権移転をしようと思ったのですが未登記でした。
もちろん未登記ですが役所からの固定資産税は払っていました。

贈与証書だけでは贈与と認められませんか?
役所(今後の固定資産税)には未登記家屋の所有権移転を提出しますが、
税務署(贈与税)の方の対応は登記をしないとダメですか?

Aベストアンサー

大前提として、全ての建物は不動産表示登記をする義務があります。もっとも罰則規定のない、いわば原則論での規定なので、実際には「自分の土地に建物を建てたことで他人にとやかく言われる筋合いはない」と登記されない方も多いのですが…。
ただ未登記建物というのは、法的には所有権が確定していないものとなります。固定資産税は「みなし所有者」として課税されているに過ぎず、それをもってイコール所有者ということではないのです。仮に未登記のままで所有権移転を行った場合、同様に所有権を主張する別人が発生した場合、争いになる可能性が残ります。(もっとも判例では、最終的には納税を続けていた人を所有者と類推する、となっているそうですが)

前置きが長くなりましたが、それを踏まえて。
固定資産税上は「みなし所有者=納税義務者」の移転となるわけですから、明確に現所有者と新所有者の意思が確認できる書類(具体的には実印・印鑑証明書付の書類となります)があれば、問題なく移転手続きは出来るはずです。地域によっては(新興住宅地が多い地域など、未登記物件自体が少ないので)レアな手続きなので、多少役所の担当者が手間取る可能性もありますが。
贈与税については、資産価値が明確になりさえすればいいはずなので、固定資産評価証明書によって替えられるでしょう。但し一般的に登記された物件の贈与においては、税務調査対策の一環として、登記謄本を添付すると聞いています。それがないことから将来的に何の心配もないか、というと分かりかねます。

…まぁ本来、所有権移転に関しては、司法書士さんに任せるか、さもなくばきっちり登記手続きを踏んだ上で行うほうが、かえって面倒が少ないようにも思いますが。(手数料はかかりますが)

大前提として、全ての建物は不動産表示登記をする義務があります。もっとも罰則規定のない、いわば原則論での規定なので、実際には「自分の土地に建物を建てたことで他人にとやかく言われる筋合いはない」と登記されない方も多いのですが…。
ただ未登記建物というのは、法的には所有権が確定していないものとなります。固定資産税は「みなし所有者」として課税されているに過ぎず、それをもってイコール所有者ということではないのです。仮に未登記のままで所有権移転を行った場合、同様に所有権を主張する別人が...続きを読む

Qリフォーム後の登記について

築40年の中古木造住宅を購入しほぼ全面リフォームしました。(建築事務所に依頼)
役所には確認申請の必要は無しとの事なので(木造、平屋で増築していないため)していません。
よって、登記簿謄本には以前のまま(購入したときの状態)記載されています。もし、この家を将来売りたいということになった時に何か問題が出てきますか?
新たに登記をするべきなのでしょうか?しないと違法?!
それはどこに頼むのでしょう?司法書士事務所ですか?
また、新たに登記をした場合建物の固定資産税は変わってきますか?
色々質問してしまいすみません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

登記簿を見てみれば分かると思いますが登記簿には床面積と所有者が載るだけです、建物図面も同じなんでリフォームして登記は必要ありません。
ただし、ベランダに屋根をつけたとかで床面積が変わった場合は床面積変更登記が必要になりますが確認申請も無いほどのリフォームならおそらく必要ないでしょう
以来する場合は土地家屋調査士ですが司法書士は大抵一緒にやってる土地家屋調査士もいるので司法書士に行くと土地家屋調査士を紹介されると思います
今回の件は確認も必要無しというと新たな登記は出来ないケースだと思われます

Q新築の登記費用、相場でしょうか?

新築住宅を購入しました。
こちらでも色々拝見し、登記費用の見積もり額が高い気がするので
相場なのか教えていただきたいです。

土地:18坪
購入価格:土地と建物で3000万円
借入価格:2900万円

登記費用:254,000円(抵当権設定費用以外)
表示登記代:120,000円
上記は不動産会社が用意した司法書士が行い、抵当権登記は銀行からの司法書士が行います。
抵当権登記代:122,980円

合計で50万円近くになるのですが、相場でしょうか?
教えていただきたいです。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.2ですが。
ちょっとうっかりしてましたが、新築で表示登記すると言う事は建物の保存登記の費用も含まれているのかもしれません。それで少し高いのかも?あるいは報酬に保存登記の項目もあれば10万以上しても仕方ないのかもしれません。

Q違法建築の建物でも登記は可能なのでしょうか?

違法建築の建物でも登記は可能なのでしょうか?
今現在15年程前に家を建て直しまして、登記上は以前40年程住んでいた家のままになっています。
建築物自体は高さ制限が引っ掛かっており、家の完成と共に建築士が失踪してしまいました。
その後15年放置してまして、登記し直すと15年分のペナルティーがあったりするのですか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちわ。

1.登記について
家を建てた時の確認通知書はありますか?
違反は、2階建ての確認申請をして、実際は3階建てだった、というようなひどいものでしょうか?

通常は確認通知書で登記をするようです。
つまり、「違反は無い建物」として、当初計画の書類のみ。
登記情報は建物の種類、構造及び床面積程度なので、高さの項目はありません。
そもそも法務局は建築基準法に適合しているかは関知しませんから、違反建築物でも登記はできます。

不動産登記法では、新築後1ヶ月以内に登記をすること、これを怠った者には10万円以下の過料、とありますが、この罰則が執行された事例は無いはずです。
建物の登記簿を見ると、築年と登記日がかけ離れている事例をたくさん見かけます。
ですから、窓口では何故15年も過ぎたの?位は聞かれるかもしれませんが、素人で手続きがあることを知らなかった、」などと言えば問題は無いでしょう。

今の法務局は、窓口で一般の方を対象に説明をしてくれます。
心配であれば、管轄の地方法務局へ直接行かれることです。

法務局では違反建築物の指導や役所への通報はしませんから、ご安心を。

2.固定資産税について
現在、固定資産税は課税されていますか?
建物の登記をすれば、おそらくお住まいの市役所の課税課が登記の情報を入手し、課税がされると思います。

3.違反建築物について
設計者はトンズラしたのですか?困ったものですね。
文面からは、質問者様も被害者でしょうか?
15年間管轄の行政庁から、違反の是正の指導はありませんか?
違反が確定した内容で建物登記を行えば、今後違反を是正する意図は無い、と判断されると思います。
今後の対応にご注意を。

こんにちわ。

1.登記について
家を建てた時の確認通知書はありますか?
違反は、2階建ての確認申請をして、実際は3階建てだった、というようなひどいものでしょうか?

通常は確認通知書で登記をするようです。
つまり、「違反は無い建物」として、当初計画の書類のみ。
登記情報は建物の種類、構造及び床面積程度なので、高さの項目はありません。
そもそも法務局は建築基準法に適合しているかは関知しませんから、違反建築物でも登記はできます。

不動産登記法では、新築後1ヶ月以内に登記を...続きを読む


人気Q&Aランキング