【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

大学生です。
今年の夏から個別指導塾で講師のバイトをしています。
自分は理系なのですが、文系の人がスケジュールが空いていなくて、夏期講習で高3文系の生徒の現代文の担当になってしまいました。
一応、私は理系ですが、センター試験を受けたので国語の勉強はしていて、得意なほうでした。
しかし、教えるとなるとどのようにすればいいのかわかりません。
どのようなことをすればいいのでしょうか?

教材は長文読解の問題です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はじめまして。



大学時代大手予備校で国語の講師のアルバイトをしていたことがあります。そして、高校時代、駿台の夏期講習で駿台の伝説になっている「藤田」氏の講義を受けたことがあります。その講義がとても印象深かったので、アルバイトではその教え方を踏襲していました。その経験を踏まえて回答いたします。

1.藤田氏の講義に引き込まれたのは、読解するとは何かという秘密を教えてくれたからです。

2.長文の読解問題で設問になっているところは、その文章の「要」「ポイント」となる部分が多いのです。設問は、文章をわかりやすくするためのヒントなのだ、と考えれば、設問を解くのも楽しくなるのです。

3.教える方もそのヒントの答えををなるべくわかってもらえるよう、ヒントをいろいろ考えればいいのです。それは子供がなぞなぞを解くときに助言するアドバイスのようなものです。

4.教える側は、長文問題を長文として全体的に見るのではなく、大切な要点となる箇所に焦点を当て、そこを集中的に解読します。本文の大部分は、主要な核の単なる肉付けであることが多いからです。

5.理由、例文、体験談、などなど、すべてある一つの「結果」「主旨」につながっているのです。無駄を省き、主旨となる大切な要点に焦点を定め、設問をヒントにしながら、つまり、「なぜここでこのような設問になっているのか」という逆質問を課しながら、本文に隠された「著者の真意」を探って行くのです。

6.それを自分は先生だからわかっている、というスタンスではなく、生徒と一緒に「謎」を探検するつもりで、一緒にヒントを出しながら考えていく、というスタンスをとられるといいと思います。

7.個別指導ですと、大人数相手でないので、相手のリズムに合わせ、比較的融通がきくと思います。国語の問題をする、という姿勢ではなく、「面白い本を読んでいく」=一種の読書クラブ、のような感覚で「読解の謎解き」を生徒と一緒に楽しまれるといいと思います。

頑張って下さい。
以上ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2009/11/02 15:56

長文の読解は構造認識であり理系的に解いて


説明すればよいのです。
修飾やまとめ部分がどのグループと結びついているか
判別すればよく、とりあえず接続詞と次の接続詞のあいだを
一グループとし、さらに整理してゆくという手順です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/11/02 15:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塾講師ですが、国語の教え方がわかりません。

こんにちは。いつもお世話になっています。個別指導塾で講師のアルバイトをしている大学生です。

中学生を中心に小学生から高校生まで、英国数、ときどき理科や社会も教えているのですが、その中でも、来春都立高校受験の中学3年生への国語の教え方について皆さんの意見をうかがいたいです。

その子は漢字の読み書きは比較的よくできるのですが、文章読解がとても苦手です。そこで、教室に置いてある問題集を解いてもらい、解き終わったら、なぜ間違ったのか、文中のどこに解答の根拠があるのかを採点しながら解説するという形で指導しています。

例えば、論説文では文章全体の論理構成を確認し、小説文では登場人物の心情を客観的に捉えるために情景描写やセリフに注意するよう話しています。

しかし、このような教え方で本当に生徒の国語力が伸びているのかとても不安です。
というのも、私は大学受験の際、現代文で苦労し、予備校に通ったり、いろいろな参考書や問題集を解いて、やっと文章の読み取り方を身につけたので、週に1回塾に来て、1時間半問題を解いて解説を聞いただけで、国語力が身につくとは思えないからです。
英語や数学なら、理解のできないところがはっきり把握できるので、どんな問題を解かせたらいいのか、何を教えればいいのかがわかります。しかし、国語の文章読解の方法は、中途半端なやり方ではマスターできないと思います。実際、その生徒も「は~」とか「へ~」とかいうだけで、きちんと理解できていないようです。

前もって学習計画を立てて指導に望めばいいのでしょうが、その塾は、当日生徒と相談して何をやるか決め、わからないところがあれば、その範囲の問題集を、塾に置いてある中から選んでやらせる、という形なので、あらかじめ指導内容を予習するわけにもいきません。また、1対2の指導なので、隣で別の生徒の英語や数学も教えなくてはならず、その子の国語だけに注意を払うわけにもいきません。
「国語は教えられないことはないですが、きちんと教えることができるか不安です。」と塾長に伝えてはあるのですが、「あまり難しく考えずに適当に教えてください。」と言われてしまい、国語を教えられる先生が少ないこともあって、結局私が生徒を担当しています。

教えるたびに、こんなことしてて国語の成績が伸びるのかな、と不安に思い、うしろめたさを感じてしまいます。塾長も「難しく考えずに」と言ってるからバイトだと思って割り切った方がいいのかな、とも思うのですが…

長文になってしまいましたが、アドバイスをいただけるとうれしいです。

こんにちは。いつもお世話になっています。個別指導塾で講師のアルバイトをしている大学生です。

中学生を中心に小学生から高校生まで、英国数、ときどき理科や社会も教えているのですが、その中でも、来春都立高校受験の中学3年生への国語の教え方について皆さんの意見をうかがいたいです。

その子は漢字の読み書きは比較的よくできるのですが、文章読解がとても苦手です。そこで、教室に置いてある問題集を解いてもらい、解き終わったら、なぜ間違ったのか、文中のどこに解答の根拠があるのかを採点しな...続きを読む

Aベストアンサー

長年家庭教師をしてます。

ぶっちゃけ言うと、『○○評論家(特に野球)と国語教師はこの世に不必要』と常々思ってます。

が、今はそんなことを言ってる場合じゃないですので、私の国語指導のポイントを話しますね。

私が文系科目を教えるにあたって、最も心掛けている格言があります。それは『書ければ読めるが、読めても書けない』です。漢字て読めるけど書けないって経験ありますよね?でも漢字が書けるけど、読めないって経験はあまり無いですよね?

これはそっくりそのまま国語のテストにも当てはまります。

なもんで、私が国語を指導する場合は必ず作文と小論文が中核になります。作文は基礎の基礎で、小論文が書けるようにします。

特に小論文は自分の意見だけではなく、その反対説にも言及しながら、反対説を論破しなければならないです。そうすることで客観的な視点が身に付きますから、そうなるとだいたい評論文や随筆は読めるようになります。

そして、時として小学校5~6年あたりから国語に苦手意識が出てきますから、場合によっては小学校からやり直しする必要がありますよ。下位レベルの中学受験の国語の問題なんかもやらせておくといいですよ。

あとは英語的なノリで古文と漢文をやらなければなりませんし、社会みたいなノリで国文法の確認をしなければならないです。

長年家庭教師をしてます。

ぶっちゃけ言うと、『○○評論家(特に野球)と国語教師はこの世に不必要』と常々思ってます。

が、今はそんなことを言ってる場合じゃないですので、私の国語指導のポイントを話しますね。

私が文系科目を教えるにあたって、最も心掛けている格言があります。それは『書ければ読めるが、読めても書けない』です。漢字て読めるけど書けないって経験ありますよね?でも漢字が書けるけど、読めないって経験はあまり無いですよね?

これはそっくりそのまま国語のテストにも当てはま...続きを読む


人気Q&Aランキング