過去になんのトラウマもないのに昆虫(特に蜘蛛)が苦手で恐怖で直視する事もできません
子供のころはまだ平気だったのですが成人してからひどくなりました。ちなみに父も蜘蛛嫌いでした。あるホラー小説でアラクノフォビア(蜘蛛恐怖症)は心の病だと記載されていて心理学の観点から調べて、できることなら克服する方法はないか知りたいのですが、詳しいサイトや情報など教えて下さい。

A 回答 (2件)

私は心理学を専攻している学生です。

Phobia(恐怖症)があるとのことですね。まず、恐怖症とは、心理学の分野では神経症の一症例として扱われていて、特定のモノに対し、強い恐怖が慢性的に持続することをさします。心理学的に見れば、Tsubouさんの現在とられている行動(直視することすら出来ない)は、恐怖を和らげたくて回避する行動だと考えられます。
この恐怖症を克服する為には、回避をしないようにするというのが治癒方法の基本概念になります。自分自身で回避をしないように努力するというのがいいのですが、もし、何等かの形で専門の方に治療してもらいたいと考えるのであれば、まずこの恐怖を覚える刺激・場面などを細かく明らかにしていくといいと思いますが・・・。前に、恐怖調査票(FSS)というのがあるというのをきいたことがあります。これをどちらかの機関で受けられると療法を取り入れていくにしても恐怖の範囲を客観的に理解できるのではないでしょうか。もし、Tsubouさんが学生であれば、大学などには相談室などが設けられているかと思いますのでそちらにいらっしゃる先生にこの検査の件も含めて相談されると良いかと思います。もし、そうではない場合、年齢なども分かりませんので心理相談が出来そうなリンク集のアドレスも書いておきます。
http://www.nifty.ne.jp/forum/fpsy/select.htm
頑張って克服できることを願って。 psyc

参考URL:http://www.nifty.ne.jp/forum/fpsy/select.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。早速、カウンセリングを受けてみます。

お礼日時:2001/02/21 10:04

人間は恐怖を克服する事ができます。


苦手なものにあえて驚いたりせず、直接触る事とか出来れば
恐怖はなくなります。
断言しますよ。

頑張って恐怖に挑みましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

チャレンジできれば悩んだりしないのですが....
一番の原因は自己の弱さでしょうね。

お礼日時:2001/02/21 10:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社の電話応対でかける事に恐怖を感じます。催眠療法で治りますか?克服法はありますか?

私は営業事務をして、1年半になります。あがり症で電話応対に対してまだ抵抗があり困っています。受ける方は慣れてきて大丈夫ですが、かけて自分から話をする事が苦手で他の従業員がいる前でお客さまに電話をかける事にひどく緊張して逃げたくなります。いつからか、簡単な事なのに恐怖に変わりました。緊張度は、息苦しくなって心臓がばくばくし、手が冷たくなっていくのが分かる感じです。一人だとすらすら普通に話せるのですが… 毎日薬も飲んでいます。けれど毎日薬を飲む事に不安を感じます。催眠療法とかで治るのでしょうか?いつか必ずこの社会不安障害を克服したいです。どうか助けて下さい。

Aベストアンサー

http://apj.aidem.co.jp/business/tel_skillup.html

自信はないですが、上記のような講座に通い克服することは
できないのでしょうか。
練習で自信をつけることも大事だと思います。

Q顎がガクンッって鳴るのはほっといても平気?

あまり覚えて無いのですが、まだ学生だった頃から顎がカクンって鳴っていたように思います。あくびをしたり、笑ったりするとカックンって鳴るんですけど。ごくまれに口が2cmくらいしか開かなくなる事もあります。今の所、痛みは全く無いのですが、顎が外れるんじゃないかと思うくらいガックンなんて音がする時もあって・・・・(笑)昔から、自分の中ではそれがあたりまえの事なので、あまり心配はしてないのですが、もう少し真剣に考えた方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

メールの内容から判断すると顎関節症だと思います。
顎関節症は、様々な症状がありますので患者さんの症状にあった治療が必要になります。メールの内容からだと、顎関節症のなかでも復位性関節円板前方転位という状態だと思います。
口を開けたり、閉めたりするのは、下顎が動くことによって行われます(上顎は頭蓋骨についているので動きません)。下顎と頭蓋骨(正確には側頭骨というところ)をつないでいるのが顎関節という関節です。ちょうど耳の前あたりに手の指をあて、口を開け閉めすると動く骨を触ります。その動く骨が下顎の骨(下顎骨の下顎頭という部位です)です。関節円板という軟骨でできた組織(これは頭蓋骨と下顎頭の骨が、お互いに直接ぶつからないようにクッションのような役割をしています)がずれたり変形したりしたときに、この部位で音(関節雑音といいます)がすることがあります。ukkotanさんの場合、口を閉じた状態(上下の歯がくっついた状態)のとき下顎頭の前に関節円板がずれてしまい、口を開けるときに下顎頭はこのずれた関節円板にのっかり、そののっかるときの段差が大きいので大きな音(関節雑音)がするのだと思います。またこの段差が大きいので時々この関節円板にのっかれず、口が開けられない(口が開かないときは下顎頭の動きも少なく音もならないと思います)ことがあるのだと考えられます。このように音がして下顎頭が動き口が開けられる状態を復位性関節円板前方転位といい、音がせずに下顎頭が動かず口が開かない状態を非復位性関節円板前方転位と言います。この状態は、顎関節が左右にあるため、左右どちらか片方だけに生じる場合と両方に生じる場合があります。
治療法は音(関節雑音)だけならあまあり心配する必要はありませんが、口が開かないことが頻繁に起こるのなら治療が必要です。少なくても、くいしばり、かみごたえのある食品(するめやビーフジャーキーなど)、ガム、頬杖、あごまくらなど関節に負担になることは避けたほうがいいです。
また、顎がはずれるというのは口が開いたまま閉じなくなる状態をいいますが、そのようなことはあったのでしょうか?もしあったのならそれは、口を開け過ぎが考えられます。口は4cmぐらい開くのが普通ですが、それを無理にあけると(こぶしを口にいれたり、大きなハンバーガーをむりくり食べるなど)ハイパーモビリティーや脱臼という状態になり、口が閉じにくくなることがあります。これを防ぐには、できるだけ必要以上に口を開けないことや、あくびなどのときに手で顎を押さえ口を開けなようにする。
音だけで痛みや口が開かないなどの症状がないのならあまり神経質にならないほうがいいと思います。

メールの内容から判断すると顎関節症だと思います。
顎関節症は、様々な症状がありますので患者さんの症状にあった治療が必要になります。メールの内容からだと、顎関節症のなかでも復位性関節円板前方転位という状態だと思います。
口を開けたり、閉めたりするのは、下顎が動くことによって行われます(上顎は頭蓋骨についているので動きません)。下顎と頭蓋骨(正確には側頭骨というところ)をつないでいるのが顎関節という関節です。ちょうど耳の前あたりに手の指をあて、口を開け閉めすると動く骨を触りま...続きを読む

Q歯科医師や助手が手袋マスクをしてなくても平気ですか?

今日、歯医者へいったんですが、
そこの歯科医師も助手もマスクも手袋もしていませんでした。
私は、マスクも手袋もするのが当然と思っていたのですが、
どうでしょうか?

私は、していたほうが安全だし、ばい菌もお互い防げると思うんですが。
そんなことは気にしすぎでしょうか?

Aベストアンサー

現在、時代の流れとでも言うのでしょうか、患者さんに接触するドクター、歯科衛生士、助手等のマスク、使い捨てのゴム手袋の装着は常識になっています、ただ何の為の防護かということで医療機関側の考え方が見えてきます。医療従事者が患者さんからの感染?を防護しているだけの場合が意外に多いものです、ある患者さんに触れた手で隣の患者さんを診察されている場合が多く菌の拡散を招いています、これでは患者さんから患者さんへの感染の危険性が生じてしまいます(従事者は防護しているので感染しない)意外な盲点でこのような診療現場も多いです、もちろん真剣に考えられている医療機関では一人の患者さんに一組のグローブです!途中で隣の患者さんへ移る際にはその都度新しいグローブに付け替えるか、もしくははずして次の患者さんに使われているグローブに付け替えています。ただ現行の保険制度ではこれらの防護用品への支払請求できないようなのでドクターの持ち出しか、説明して一部患者さんへお願いしているようです。

Q採血が苦手だけど克服した方、経験をお聞かせ下さい。

 臨床検査技師をしています。
 看護師さんがいない時だけ、採血をしているのですが、翼上針をホルダーをつけて取る方法だと上手くできるのですが、針をホルダーにつけてとる方法だと採血できません。
 最初から血が出なかったり、途中から出なくなったりします。
 以前いた病院でもなかなかマスターできず、患者様から相当叱責をうけた事があります。それが、トラウマになっているのも事実です。
 もちろん、採れなかった私が悪いので、何度も謝罪しました。
 翼上針は個人的には簡単で確実に取れる方法ですが、コストもかかるし、何とか針をホルダーにつけた方法をマスターしたいと思っています。
 採血が苦手だったけど、何とか克服したという方、どのように克服したのか教えていただけませんか?。
 

Aベストアンサー

こんにちは。
私は採血は得意?な部類だったのですが、ご質問の内容から、針先の感覚がホルダーだと指でキャッチできてないように思われます。

一度、基本に戻ってシリンジで少し練習させてもらうといいのではないでしょうか。
少し太めの針でシリンジで刺すと結構近い間隔になると思います。
近頃、ホルダー使いまわしで揉めてるので、シリンジが復活する可能性もあるし。

Qここの病院で働きたいって時、電話しても平気?

友人が悩んでるため、教えてください。
友人は精神に興味があり、精神科の看護助手を希望しています。職安にも行ったのですが、精神科で募集してる所はあったのですが、通勤が困難な為合わず、HPで見た精神科の病院に興味を示しています。そこは看護婦は臨時募集となってますが、「看護助手」はいるのかも書いていません。病院に直接、「看護助手は募集していないでしょうか?」と聞いても大丈夫でしょうか? メルアドが載ってるんですけど、直接電話するのとメールで訪ねるのとではどちらがいいのでしょうか?
また精神科の助手は、どのような人材をほしいと思っているのでしょうか? 
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どんどん電話すべきです。
医療機関は慢性に人手不足ですから、随時募集していると思って間違いないです。

以前求人担当してましたが、よく電話ありましたよ。
遠慮は無用です。

ちなみに、中国人留学生や日本人おばちゃまのバイタリティーには驚かされます。

「何でもするから、仕事無いのか?」
っていきなり問い合わせがありますから。

見習わねば。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報