ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

交通事故が起きた際に、保険会社は必ず「双方動いていれば過失ゼロはない」と言い、「貰い事故の被害者」にも一定の過失があるとして示談をまとめようとします。

質問ですが、この「双方動いていれば過失ゼロはない」というのは、法律の条文や判例に根拠があることなのでしょうか?
「**という本の何ページに書いてある」といった情報でも結構ですので、識者の方のご教示をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

>「双方動いていれば過失ゼロはない」



 全くの誤りです。 当然条文のあるはずもありません。 一律に道路交通法第70条 安全運転の義務違反 を盾に取るのもどうかと思います。

 保険会社がそう主張するのには、 2つの理由があるように思います。
 
 1つ目は、 保険会社が過失を判定する根拠とする 「判例タイムス」 の基本過失割合に基づく主張です。 判例タイムスでは、 一般道での車両同士事故の基本過失割合が 100:0 なのは、 「赤信号対青信号車の衝突」 「センターラインオーバーで対向車との衝突」 「追突」 の3ケース (いずれも双方動いてます。) だけです。 その他の事故については、 多かれ少なかれ何らかの過失があるとされますが、 しかしそれはあくまで基本過失割合であって、 修正要素を加味すれば、 結果的に 100:0 となるケースは当然あり得ます。 逆に上記の 100:0 のケースであっても、 被害車側の過失がある程度認められるケースもあります。

>「貰い事故の被害者」

 「貰い事故」 の定義は、 はなはだあいまいです。 貰い事故と思っても、 貰い事故車両側にも事故を回避する可能性があったかどうか、 あったとすればどれほどが妥当かを個々に判断することになります。

 2つ目の理由は、 保健会社の都合でしょうか。 相手に過失があればその分保険金の支出を抑えることができるのでしょうから。

 しかし、 上記の 100:0 3ケースを除き、 100:0 になるケースは、 ごく稀なのは事実です。

この回答への補足

保険屋の「双方動いていれば過失ゼロはない」という常套句の根拠として、大きく分けて
「道交法70条」
「判例タイムズ社の『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』の記載」
の2つが根拠である、というご回答を7人の方から頂戴しました。質問から僅か数時間でこれだけのご教示を頂いた訳ですので、正直驚いております。この話は、法律家が書いた「交通事故対応マニュアル」のたぐいにも私が知る限りでは書いてありませんので、皆様の博識には感謝するばかりです。

保険屋の常套句について、他の根拠を示して下さる方がおられましたら宜しくお願いします。
また、保険会社関係者の方のご教示もお待ちしております。

補足日時:2008/08/17 17:34
    • good
    • 1
この回答へのお礼

前の質問にまとめてお礼を書いている間に、別な立場からのご回答を頂きました。ありがとうございます。

おっしゃることは、保険会社のバイブルである

『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』全訂4版
東京地裁民事交通訴訟研究会 編
http://www.hanta.co.jp/bessatsu16.htm

という「文献」で、
「判例タイムスでは、一般道での車両同士事故の基本過失割合が 100:0 なのは、
「赤信号対青信号車の衝突」
「センターラインオーバーで対向車との衝突」
「追突」
の3ケース (いずれも双方動いてます。) だけです。 その他の事故については、 多かれ少なかれ何らかの過失があるとされます」
となっているから、ということだというご説明ですね。

「道交法70条に定められた安全運転義務うんぬん」より「判例タイムズにそう書いてあるから」という「保険屋の論理」の方が、その論理の妥当性は別として明快なように思います。

お礼日時:2008/08/17 17:30

こんにちは!


かつて自動車保険の仕事をしていた者です。
一方的な追突事故でない限り,双方に動きがあれば過失がある場合がほとんどです。
根拠は最高裁判所の判断(判例)です。最高裁判所の判例は下級裁判所に対して一定の既判力を持ちます。
保険会社の担当者必読の本は,その判例をまとめた本です。私もそれらの本が商売道具でした。
 ジュリストから刊行されている「判例タイムズ16号(別冊)民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」が最新版です。
 クルマが動いている(つまり,運転している)以上は,安全運転をするために必要な注意義務を払う必要があるということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

保険会社関係の方のご回答有難うございます。
「別冊判例タイムズ16号 『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』<全訂4版>」
が根拠である、ということですね。
No7さんのご回答に実務家の方から裏づけを頂き、より良く分かりました。

お礼日時:2008/08/19 22:29

そりゃあ「安全運転義務」もあるでしょうが、今の日本での交通事情では無理なところもあると思います。



事故例1
妻の会社の同僚が十字路で信号待ちで止まっていました。
右側面から左折してきた車が、オーバーランしてフェンダーに当たりました。
結果は9:1。信号待ちのときギアーを「P」に入れて、サイドブレーキを引いていた、または、エンジンを止めていたのなら、10:0になるとのこと。

事故例2
私の娘が国道を走っていたら、コンビニから出てきた車に側面を当てられた。
結果は8:2。貴女の車にもハンドルもあり、ブレーキもあるでしょう、とのこと。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

質問から3時間で6つもご回答を頂きましたので、まことに失礼ながらこの場でまとめてお礼をさせて頂きます。

要するに、「クルマには
道路交通法 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S35/S35HO105.htm …
(安全運転の義務)
第七十条  車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。
が『常に』ある」
ということを保険会社流に表現すると
「動いているクルマ同士で、一方の過失がゼロになることはない」
となる、ということのようですね。

保険屋の主張が正しいかどうかは別として、保険屋の言うことの根拠が分かり、目からウロコが落ちた気持ちです。皆さん、ありがとうございます。

お礼日時:2008/08/17 17:21

法的な判断というのは普通の方からすると屁理屈に終始しますが、論理的な解釈


とは、まぁそういうことです。
ただ、法律条文については他の方も指摘されているように道路交通法第70条が
根拠であり、刑法の過失の考え方も同じです。

では次の論議として、なぜもらい事故なのに過失があると判断されるのか?
質問者の方が聞きたいのはここだと思います。
過失の判断基準のひとつに「予見性」というのがあります。
つまり、予見できるような事を予見していなかったものは過失になるのです。
道路を走るというのはいつ何時、人や車が飛び出してくるかわかりません。
そのことを常に注意して運転しなくてはならないにもかかわらず、事故を起こした
いう事は、結果として注意して走っていなかったからです。
停止していれば、車両の管理責任はあるが、運転をしているという状況ではないと
言えるものの、多少でも動いていれば安全運転義務が生じるため、もらい事故でも
過失になります。

具体的にどういうもらい事故かはわかりませんが、先ほど似たような質問が出てい
たので参考し似てください。
http://okwave.jp/qa4256931.html

判例については一般的に交通事故裁判がすべてこの考え方です。
    • good
    • 0

1番3番の方のとおり


安全運転の義務違反があるのです
    • good
    • 0

貰い事故の定義が明確でないので何ともいえませんが


道路交通法第70条 安全運転の義務
第七十条  車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

とあります。完全に避けようが無い事故(停車中、後ろからの追突等)以外は、適切な応対をすれば事故が防げないまでも被害が軽減できた可能性があるということです。
状況検討の結果動いていたとしても無過失が認められたケースも有りますので100%「双方動いていれば過失ゼロはない」ということは無いと思います。
    • good
    • 0

 そんな言葉には根拠もありませんし、屁理屈です。

条文等があるはずもありません。
 ただいろいろな事故を総合的に判断した場合「停止している車には過失が認められない」というケースが多いのも事実です。
    • good
    • 0

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3887754.html
http://blog.livedoor.jp/pit_max_kamado/archives/ …

道路交通法70条「安全運転義務」に違反しているからです。
事故を避けられるような運転をしていなければならないという事になっているからです。

判例はこの法律を根拠になされた結果ですので、判例が根拠にはなりません。まあ、示談交渉の場において参考にされる程度でしょう。
判例は
http://www.hanta.co.jp/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q動いている車同士の物損事故だと10対0はありえない?

先日、車を当てられました。
交差点近く(右折した先交差点の端から4Mほどのところに)に駐車していた車を、私が追い越しをかけて車同士の頭が並んだかと思う瞬間に、その駐車していた車が突如発進し、車をぶつけられました。
もちろん、その車は駐車のハザードもたいていなければ、発車のウィンカーも出していませんでした。
私は右折の指示器を出して交差点を右折しました。見通しの良い交差点です。
私はその交差点に右折で入っていったので、交差点に入る直前に一旦停止したので、その車を追い越す瞬間は徐行状態です。
今日、確認してみたのですが20キロ出てるか出てないかです。
はっきり言ってこっちは防ぎようがない事故だと思ってます。
なのに、相手の保険会社は動いている車同士で10-0ってことはありえないといいます。
10-0ではないので代車費用も出せないといいます。
事故の時、相手は「僕の不注意ですみません」と言ったのに・・・。
あ~腹が立つ。


みなさん、どう思われますか?
動いている車同士で10-0になるってことは「信号が赤やのに突っ込んできた」という時以外に本当にありえないんでしょうか?
当てられ損でめちゃ腹が立ちます。

先日、車を当てられました。
交差点近く(右折した先交差点の端から4Mほどのところに)に駐車していた車を、私が追い越しをかけて車同士の頭が並んだかと思う瞬間に、その駐車していた車が突如発進し、車をぶつけられました。
もちろん、その車は駐車のハザードもたいていなければ、発車のウィンカーも出していませんでした。
私は右折の指示器を出して交差点を右折しました。見通しの良い交差点です。
私はその交差点に右折で入っていったので、交差点に入る直前に一旦停止したので、その車を追い越す瞬間は...続きを読む

Aベストアンサー

#6です。

#10さんの
>保険屋は交渉相手が代理を認めなければ交渉することが出来ません。
これは、昔の話であって、現状では危険なやり方です。
なぜなら、本人が弁護士を雇い(保険会社の紹介なのですが、
保険会社が雇うわけではありませんので、交渉の前面に出てきます)
其の費用を補填する特約条項をつけた保険が最近多いからです。
保険会社も、弁護士費用を特約とする保険商品をなぜ開発したのかを
よく考えてください。
あまり過ぎると、こちらも弁護士を立てないと、いいようにやられる
可能性があります。

で、何人の方が、10:0にするためにはと、いろいろな意見を
言われていますが、もちろん個々の状況で異なります。
ですが、有効な基本原則があります。

保険会社の査定(アジャスター)部門の評価方法です。
1.件数(何件効率よく行えたか)
2.保険契約者のアンケートはがき等の評価
以上です。
払うお金を小額にしたという評価項目は、ありませんし、
してはいけないことになっています。
金融庁にこっそりナイショの内規で行っているかは判りませんが。

保険会社によっては、効率を上げる為、妥協できる点は
妥協する場合も多いのが実情です。
ですから、赤信号で相手が突っ込んできた…と言う場合で
100:0になったケースとしては
1.加害(100)側の保険で、車両、物損、搭乗者(運転者含む)すべて対応可能
2.加害側に、すべて悪いと応じても、損失は無い
3.状況的に責任比率妥協の余地が有る
4.交渉が長期化し、調査部門の負担になる場合が有る
※保険会社によっては、選任を1名つけるを謳う通販がありますが
 まともなところなら、2名が普通です。
5.加害者側の了解が得られる。
以上該当項目が多ければ、調査部門は、相手に100:0の
提案をする場合もあります。

ただ、問題なのは、3番の社内規定が各社でさまざまなんです。
(あくまで、過失割合で、金額の規定ではない)

ですから、大手の保険代利点では、対峙する保険会社の状況を
見極めて、保険会社とは別個にアドバイスを行うこともやりますし
裏技としては、事故処理完了後のアンケートはがきを、代理店が回収し
評価を最高にして、郵便に出すこともやったりします。
(保険アジャスターの評価を上げておくことにより、アジャスターの
 融通範囲内で、後の事故時便宜を図ってもらう
 つまり、当方過失100にしてもらうようなときに、効果がある)

この例からすると「雰囲気で…」というのは、あまりな代理店ですね。
本当に、代理店の質はピンからキリまであります。


融通が、利かない保険会社ですと、100万円の損害事故で1000万の
費用をかけて訴訟を簡単に起こしてきます。

いろいろと、ご検討されるのをお勧めいたします。

話は、異なりますが、過失割合でもめて訴訟まで言った例で
記憶に残るものがあります。

状況
1.車両側は、制限速度内で交差点に進入
2.歩行者は、赤信号で交差点横断歩道上に進入
3.歩行者は、重度の後遺障害がのこった

この場合の、過失割合はいくつか判りますか?
最初のスタートは車90:歩行者10でした…
結局裁判まで行き判決で80:20になりました。
しかも、遺失利益の算定も5割評価を上げた上です。

#6です。

#10さんの
>保険屋は交渉相手が代理を認めなければ交渉することが出来ません。
これは、昔の話であって、現状では危険なやり方です。
なぜなら、本人が弁護士を雇い(保険会社の紹介なのですが、
保険会社が雇うわけではありませんので、交渉の前面に出てきます)
其の費用を補填する特約条項をつけた保険が最近多いからです。
保険会社も、弁護士費用を特約とする保険商品をなぜ開発したのかを
よく考えてください。
あまり過ぎると、こちらも弁護士を立てないと、いいようにやられる
可能...続きを読む

Q過失割合が10:0ってあり得るのかあり得ないのか

こんばんは!

車同士の事故で過失割合が10:0はあり得ないと聞きますが
あり得ると言う意見も多数聞きます。
1)実際のところどうなのでしょうか?どういう場合に過失割合が10:0になるんですか?

2)片側一車線の道で、普通に制限速度を守って走っていて、
後ろから暴走車が自分の車+50kmの速度で後ろにぶつかった場合の過失割合は?
こういうのは自分も速度を上げない限り逃げられないと思うんです
片側一車線だと車を止めて先に行かせる事もできませんしどうなんでしょう?

Aベストアンサー

皆さん勘違いしていますが、過失割合と言うのは当方の車が動いているかどうかと言うことは全く関係ないことなのです。
つまり双方の過失の割合を数字に表したものであってここでも多くの人が誤って解釈してしまっているのが改めて解りました。

つまり当該事故を起こされた被害者側が回避不能であることが証明されれば過失割合は100:0になります。勿論交通法規を遵守していた場合と言うのが絶対条件になります。

例えば相手が故意に体当たりしてきた場合などこちらに全く落ち度が無くしかも回避不能の状態であっても過失責任を取られることなどは法律の趣旨から鑑みてもあってはならないことなのです。

また立体的に交差する道路上方よりガードレールを突き破って落下してきた車を回避することなども到底不可能でありこれも100:0にしなければ社会通念上おかしなことになりますね。

少し極端な例でしたがこれらに近い状況で回避不可能であることが立証されれば過失責任を取られることはありません。
法律とは常識的な感覚に近いものであるべきであまりにも理不尽なことはそのまま通る筈もありません。

ご参考に

皆さん勘違いしていますが、過失割合と言うのは当方の車が動いているかどうかと言うことは全く関係ないことなのです。
つまり双方の過失の割合を数字に表したものであってここでも多くの人が誤って解釈してしまっているのが改めて解りました。

つまり当該事故を起こされた被害者側が回避不能であることが証明されれば過失割合は100:0になります。勿論交通法規を遵守していた場合と言うのが絶対条件になります。

例えば相手が故意に体当たりしてきた場合などこちらに全く落ち度が無くしかも回避不能の...続きを読む

Q過失割合9:1について

先日、交通事故をおこしてしまいました。私が細い道から出て来るところ、すぐ横に駐車車両があったため、見通しが悪く、相手車両に接触してしまいました。接触した際、あまり衝撃がなく、お互い怪我もしていないということで、物損事故扱いになりました。そして、過失割合が9:1(私が9割)と決まった途端、相手が1割払わないとゴネだしました。その後、物損事故だったのが、相手が打撲の診断書を提出したため、人身事故扱いになってしまいました。私が言うのもなんですが、ゴネた後にそんな行動に出るということで、どうしても報復的なやり方だと思ってしまいます。

そして、先日実況見分があり、相手は事故に遭う前に私の車を認識しており、出てきそうだと感じていたと警察に言っていました。

それでもやはり、9:1に納得してくれません。私が悪いのは重々承知しておりますが、私の車を認識していたというのであれば、少し過失はあると思うのですが…また、いろいろゴネているので、話がすすみません。相手は妊娠しているということなので、いろいろと不安です。

Aベストアンサー

追伸
示談のためには9:0示談もケースによってはあります。

早期に解決したいなら、あなた次第です。

Q人身事故にしないと 自賠責保険の慰謝料の支払いは受けられないのでしょうか?

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬局にも連絡を入れて下さり 
支払は一切しないで済むように手配してくれているそうです。

なので、車の修理代と通院費用については問題ないのですが 
警察の届け出が物損事故のままだと 慰謝料はもらえないのでしょうか?

私は、専業主婦で 仕事はしていないのですが
友人から
「人身事故だと自賠責保険から通院日数(回数?)に応じた慰謝料が支払われるはず。
でも、その場合は警察で人身事故にしてもらわないとダメだと思う」
と言われました。

大した事故でも無いし、相手の家族の方が事故の次の日にすぐに謝罪にも来ましたし、
人身事故にすると相手の処罰が重くなるようなので
出来ればこのまま物損事故にしてあげたいな。。。とは思ったのですが
 
そうなると 慰謝料はもらえないのでしょうか?
慰謝料も欲しいのであれば、やっぱり警察に人身事故として届け出るしかないのでしょうか???

ご存知の方がいらっしゃいましたら ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬...続きを読む

Aベストアンサー

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持っているかなども加味されるので、不起訴(おとがめなし)となる可能性も高くなります。
ですから、人身事故届をしておく方が、もしあなたの症状が芳しくなかったときに余計なトラブルにならず安心です。
それでも、症状が軽く無理に人身事故届をしたくない場合は、物件事故届のままでも治療費のほかに慰謝料・休業損害・通院費を支払ってもらえます。
相手の保険会社は、あなたの治療費等を病院に支払った後、相手車の自賠責保険会社に対して自賠責保険で支払ってもらえる分を請求します。この自賠責保険の請求には自動車安全運転センターが発行する人身事故証明書が必要ですが、同センター発行の物件事故証明書に人身事故取得不能理由書を添付することで代用できるのです。
よって、自賠責基準の慰謝料(治療期間か実通院日数の2倍のいずれか少ない日数×4200円)、主婦の休業損(実通院日数×5700円)、通院交通費(電車・バス等の実費等)は、警察への届出が人身事故・物件事故のいずれかにかかわらずもらえることになります。

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持ってい...続きを読む

Q物損事故で100対0にしたいのですが。

先日、自動車事故(物損)を起こしてしまいました。

 私が、優先道路を進行中(センターラインあり)に、脇道から相手の車が飛び出して来ました。(右折)私からは、見通しが良かった為、相手の車は良く見えてブレーキを踏みました。相手は、こちらの車にまったく気が付かない状態で突っ込んできました。私の方は、制限速度もしっかり守っていました。違反は一切しておりません。

 私の車は、左前方が凹んでいます。相手は前面が壊れています。

 相手の車は、社用車でした。事故を起こした相手とは話をして、相手がこちらの車にまったく気付かなかったと言っています。

 私は、自分に過失がないので、100対0で対応してほしいと主張しています。

 相手の保険屋さんは、判例では、9対1ですね。と言ってきます。私としては、10対0を主張したいのですが。。。。。。。自分の保険屋さんには、自分が過失を起こしていないと主張しているので動いて貰っていません。

 事故を起こした相手の人は、まあ9対1でも、10対0でもいいや。といった感じですが。。。いかんせん社用車です。相手の総務の人が対応して、その人の対応は大変腹立たしいものがあります。 
 
 事故相手の人と話をさせてくれといっても、会社の車だから。その人は関係ない。とかわけの分からないことを言ってきます。車と車がぶつかったのだから100対0は絶対にありえないといってきます。事故証明書も見ていない段階でです。
 
 9対1で過失責任の1を主張するなら、今度、相手の運転手・総務・保険屋さんと自分で事故現場で私の過失責任を証明してくれと言ったらOKが出ました。但し、お互いの距離が500kmぐらいあります。(私は、今のところから40kmぐらいで問題なし。)

 とことん主張したい場合(10対0)どうすればよいでしょうか?

 団々相手の総務の人に腹が立ってきました。

先日、自動車事故(物損)を起こしてしまいました。

 私が、優先道路を進行中(センターラインあり)に、脇道から相手の車が飛び出して来ました。(右折)私からは、見通しが良かった為、相手の車は良く見えてブレーキを踏みました。相手は、こちらの車にまったく気が付かない状態で突っ込んできました。私の方は、制限速度もしっかり守っていました。違反は一切しておりません。

 私の車は、左前方が凹んでいます。相手は前面が壊れています。

 相手の車は、社用車でした。事故を起こした相手とは話...続きを読む

Aベストアンサー

お怪我が無くて何よりです。
首とか大丈夫でしたか?

先日同じような事故にあったばかりなので心中お察しします。

優先道路を走行中、一時停止無視の車に横切られ事故を起こしました。
相手は保険屋まかせで謝罪もなく、事故後すぐに警察から大丈夫かと聞かれ大丈夫です、と答えたのを聞いていて後日悪びれもせず「物損ですよね?」と聞くので、その日から病院に通っていたので「人身にします」と即答しました。
すぐ謝罪してくれていれば示談も考えたのに。
大体、相手が注意をしていれば、私は病院通いも、代車生活も、安静生活もしていないのよ。
と、やはり思わずにはいられません。
まだ決まっていませんが、9:1だろうと思います。
こちらは10:0で話しをしています。

以前同様の事例で10:0にしたことがあります。
最初は9:1といわれていました。
しかし、とことんこちらは悪くないと主張しました。
相手側が「自分が悪かったのだから」と言ってくれ10:0で車両を修理、ムチウチの治療費などは示談で円満解決しました。
相手によると思います。

私も数名の人に言われました「止まれたのでは?」と。
じゃあ私が一時停止無視して突っ込むから、止まってみてよと言いました。
「…無理だなぁ」との返事。

動いていれば被害者側も過失が取られるというのは納得がいかないけれども、相手側の謝罪や誠意があれば、bigjirou123 さんもおそらく「とことん主張」とまでは思わなかったと思います。
そのぐらい人というのは、やさしく出来ているはずなのです本来は。

9:1で収まったら、もう考えるのはやめましょうか。
大きな怪我が無く、人には堂々と相手が悪いといえる状況なのですから。
みんなに「気をつけろ」と言って歩く役目をしましょう。

お怪我が無くて何よりです。
首とか大丈夫でしたか?

先日同じような事故にあったばかりなので心中お察しします。

優先道路を走行中、一時停止無視の車に横切られ事故を起こしました。
相手は保険屋まかせで謝罪もなく、事故後すぐに警察から大丈夫かと聞かれ大丈夫です、と答えたのを聞いていて後日悪びれもせず「物損ですよね?」と聞くので、その日から病院に通っていたので「人身にします」と即答しました。
すぐ謝罪してくれていれば示談も考えたのに。
大体、相手が注意をしていれば、私は病院通...続きを読む

Q10:0の事故。車の修理費に疑問が。。

2週間前、追突事故を起こしました。
信号待ちの際、停車していたのですが頭がフラフラとしてブレーキを離してしまい、クリープ現象で前の車に追突しました。
10:0で私が悪いので相手には謝罪し、警察と保険会社にも連絡しました。

相手の車のリアバンパーに擦りキズと私の車のフロントバンパーに少しキズと塗装がついた程度で、物損となりました。

保険会社と連絡を取り、相手の修理代金の概算見積りが出たら保険を使うか実費か判断するので連絡をくださいと伝えました。しかし、10日待っても連絡がないのでこちらから連絡すると「修理はもう終わっています」とのことで驚きました。なぜ概算見積りが出たときに連絡をくれないのか?というと「修理は止められませんので」と的を得ない回答でした。私は修理を止めるつもりはなかったのですが、概算見積りはとっくに出ていたのに連絡がありませんでした。
少し不信感を持ちつつ概算見積りの金額を聞くと修理費が22~3万で代車費用含めて30万ほどになるとのことでした。

相手の方の車が国産車の限定車でリアバンパーが高く、さらには部品取り寄せに時間がかかって代車の日数も増えたとのことでした。

ここで疑問なのですが、

ディーラーに確認したらリアバンパー代は塗装代込みで約7~8万と言われましたが、修理費に22万も必要でしょうか。
また、部品を取り寄せるのに時間がかかるなら自走可能車でも代車を出すのでしょうか?
これは私が判断することではないのかも知れませんが、バンパー交換は経験上1日で終わりますし、部品を発注している間は自走できるなら代車を出す必要はないと思うのですが。

私が起こした事故ですし、人身に切り替えられなかっただけ有難く思え、人を轢くよりましだろう、と言われるのは覚悟の上ですが、どうしても修理費に疑問があります。
もちろん、必要な修理費は払わせてもらいますが、あまりにも不必要に代金がかかっている気がしてなりません。

現在の状況は、保険会社が派遣したアジャスターと修理先の板金屋が値段交渉をしている最中で、修理費が確定するまで少し待ってほしいと言われています。

また、修理箇所の写真と見積書は保険を使う場合はお見せできない、と言われました。
見せられない内容なのですか?と聞くと「実費で払われるならお見せでます」と言われ、ますます不信感が募りました。
もう実費で払うから板金屋と直接話がしたい(部品代の領収書、工賃や代車の明細を知りたかったので)といったら、それは難しい、と言われました。もし直接話をするなら保険会社は介入できないとも。
詳しくは知りませんがそんなもんなんですかね・・・。自分が一番悪いとはわかっていますが、保険会社の対応も修理先の対応も疑問ばかりです。
ひょっとしたら、中の部品も破損していて値段が跳ね上がったのか、とも考えましたが、本当にコツンと当たった程度で凹みもなかったので考えにくいです。ただ、実際に写真を見てみないとなんとも言えませんが。。。

経験がないのでわかりませんが、自動車事故ってこういうことがよくあるんでしょうか。
今後、どのようにすれば良いのか悩んでいます。
相手に迷惑をかけた慰謝料と思えば良いのかな、とも考えますが、相手ではなく修理先が必要以上に代金を請求している気がしてしまいます。

すみませんが、よろしくお願いします。

2週間前、追突事故を起こしました。
信号待ちの際、停車していたのですが頭がフラフラとしてブレーキを離してしまい、クリープ現象で前の車に追突しました。
10:0で私が悪いので相手には謝罪し、警察と保険会社にも連絡しました。

相手の車のリアバンパーに擦りキズと私の車のフロントバンパーに少しキズと塗装がついた程度で、物損となりました。

保険会社と連絡を取り、相手の修理代金の概算見積りが出たら保険を使うか実費か判断するので連絡をくださいと伝えました。しかし、10日待っても連絡がないのでこ...続きを読む

Aベストアンサー

 あなたの保険会社が闘わないんなら、そんなモンですね。あなたの懐は変わらないので、被害者である相手によりいい印象を与えるように逆もしているということです。保険会社同士で話し合い決着がついているから、それを覆すなら、裁判でどうぞということですな。値段的には、問題ないと思いますよ。バンパー付近も色あわせでなじむように塗るという「建前」になってると思いますからね。自損なら10万って事ですね。

Q自動車保険、使うか使わないかはいつ決めますか

事故報告して、修理見積もりと過失割合照らし合わせて支払い額が決まるまでは、保険屋さんに交渉を全部任せて、いざ支払い額が決定したところで「じゃあ保険使いません」てことでいいんでしょうか?

「保険使わない」場合は、保険屋さんが交渉してくれた過失割合に則って、相手にその分のお金を支払って、終わり、といった感じでしょうか??

Aベストアンサー

俺はまさにこのケースでした。

ただ事前に、補償額によって自腹か保険使うか
は考えますとはいっておきましたけど。

まず過失割合が決まります。

相手の修理代確定します。

そうなればpezpezさんの負担金額が解ります。

次にここが重要で面倒くさいところです。
保険を使った場合と使わない場合のの翌年度以
降~20等級になるまでの保険料額を聞きます。
その保険料額の差とpezpezさんの負担額で
保険を使うか使わないかを決めるわけです。

だから、いくらなら保険を使わない方が良い
のかは現在のpezpezさんの等級によって人
それぞれです。
また車両保険に加入している場合は、けっこ
うな保険料の差がでますので、車両保険
加入未加入でも違ってきますし。
やっぱり保険屋に聞かない事にはどっちが
得かは誰も解らないですよ。

相手に払う・・・というかpezpez さ自身
の車の修理代の兼ね合いもありますから
俺の場合は、俺の車の修理屋さんに払いま
した。
だからこれはケースバイケースでしょう。

Q車同士の接触事故の保険1対9割合に激怒。

先日、自動車をぶつけました。
路肩に止めていた私が発進しようとした時に後ろから
来た車が側面を擦るような形で接触。
傷が残りました。

当初、警察を呼んで話合いの結果、保険を使うことで了解を得て
直すことになりましたが、相手側が9対1の割合に納得がいかないとのこと。

どんな事故でも100%悪いという判断はされないとのことですが
相手はそれを知らなかった様子。

全部責任を持って直すと言ったのに、1割出させるとは何事だ!と激怒。

保険会社にお任せしていると伝えても、保険会社の回答に納得がいかないらしく
私に責任を取れと言っています。

毎日何回も電話が鳴り、脅しもするようになりました。
はっきり言って怖いです。
このままだと何をされるかわかりません。

相手はベンツです。
通常の人ならば1割負担を理解して和解になるはずですが
通常の考えが通らない人です。
警察を呼んで保険を使うことを了解したのに100%相手が
負担するはずだと思い込んでいた先方と
最低でも1対9だと知っていた私。
事故現場でそんな話しませんが食い違いがあったようです。

民事に係わってくるのでしょうか?
保険会社は1対9と言っているので今回は保険を
使わないで示談にするほかないでしょうか?

逆に傷つけられた立場だったらと考えると脅しは良くないですが怒る気持ちも
よくわかります。
いくらぜんぽう不注意だといっても相手には払う意志がないのです。
助けてください。

先日、自動車をぶつけました。
路肩に止めていた私が発進しようとした時に後ろから
来た車が側面を擦るような形で接触。
傷が残りました。

当初、警察を呼んで話合いの結果、保険を使うことで了解を得て
直すことになりましたが、相手側が9対1の割合に納得がいかないとのこと。

どんな事故でも100%悪いという判断はされないとのことですが
相手はそれを知らなかった様子。

全部責任を持って直すと言ったのに、1割出させるとは何事だ!と激怒。

保険会社にお任せしていると伝えても、保険会...続きを読む

Aベストアンサー

事故の現場で動揺していたからといえども、もし全部責任を持って直すと言ってしまったのなら、口約束であっても示談としての効力を持ちます。

ですので、本当にそのようなことを言ってしまったのなら、保険会社に頼み込んで、100対0で処理をしてもらってください。

保険会社も過失割合についてはある程度柔軟に対応してくれます。双方動いていたとしても、それなりにあなたに非があるような形で話を持っていき、相手が回避困難ということになれば、100対0にすることも可能です。

通常このような場合は、契約をしている代理店に間に入ってもらって、事故の進め方を相談するのですが、あなたの代理店は何も動いてくれないのですか?それともネットか何かで入っているのですか?

いずれにしても、電話で脅してくるような相手ですので、弁護士を入れたところできれいに解決をするとは思えません。あなたの修理代の1割はもらえないけど、保険会社をうまく誘導して100対0の事故として処理してもらってください。それが一番だと思います。

Q追突事故にあい、相手保険会社の担当者ともめてます

7/29日、追突事故にあい、10:0で自分は完全な被害者となってます。

事故状況は渋滞中、強引に横入りし、失敗して軽いオカマ事故を相手が私にしてしまいました。

その日は物損事故扱いにしましたが、数時間後に首が痛くなってきたので、
即警察に電話をして報告し、後日、人身事故として警察に届けました。

7/30日に病院行く為に、相手保険会社に連絡してから地元の病院にいきました。


病院に一週間行った後、仕事が残業づくしになってきた為、病院だと仕事終わってからではいけなくなりました。
なので、以前事故をして行っていた整骨院だと時間がギリギリ行けるので、
こっちに行ってもいいかと担当者に聞くと、

「会社の都合で病院に行けないのは、知りません。
今行かれている病院の先生と面談をし、そこからわたくし共の方で判断しますので、
まだだめです。行ってもいいですが、面倒はみれません。面談はいつ行けるかわかりません。」

遠まわしに、行くなと言われている様にしか聞こえません。


とりあえず、時間的に病院に行けないので、自腹で何度か整骨院に行き、色々と相談しました。

院長さんは、
「絶対に来ても大丈夫です!あなたは被害者ですよ?普通は絶対大丈夫なんです。
時間的にも、やむを得ないなら尚更です。担当者変えてもらうか、しつこく粘ってみてはいかがです?」と。

そして盆が明け、8/21に担当者に電話すると・・・・
「部署、担当が変わりました。次からはこちらの用意させてもらう弁護士さんとお話を勧めて下さい。
弁護士は今休暇中で、一週間後に休みが終わります。私は相談しかできません。」

つまり、一週間放置状態になりました。

整骨院にいけるかどうかを聞くと、「面談後になります・・・・一ヶ月以上かかる場合もあります。」と。

もう・・・・ブチギレしそうでした。

被害者なのに、なぜ治療するのに実費をはらわないといけないのか。
なぜ担当者はあんなにつっけんどんなのか。
なぜいきなり弁護士(休暇中)に変更なのか。
なぜ、担当者に「この事故内容だと、整骨院は必要ないです。」と私の痛みを知らないのに、知ったふうに言うのか。
ちなみに、病院の先生には、整骨院に関しては、ご自由にどうぞといわれてます。



ここからが本題です。

1:もし、向こうの判断で整骨院に行っても治療費が出ないとなると、実費で出してる金額は、どうにもならないのでしょうか?
逆に、行ってもいいという判断になれば、この実費分は帰ってくるのでしょうか?

2:どこ調べても、整骨院は整形外科扱いになるので、行っても良いとかいてます。
無理なことは絶対ない。絶対いけると書いてます。
もちろん柔道のあの資格を院長さんはもってます。
絶対行ける方法とかあったらお願いします・・・・

3:最近は、すぐ弁護士をよぶのでしょうか?

4:そもそも、こういう対応が普通なのでしょうか?被害者なのに、すごく邪魔者扱いな感じです。

長文、失礼しました。

よろしくお願いします!!!

7/29日、追突事故にあい、10:0で自分は完全な被害者となってます。

事故状況は渋滞中、強引に横入りし、失敗して軽いオカマ事故を相手が私にしてしまいました。

その日は物損事故扱いにしましたが、数時間後に首が痛くなってきたので、
即警察に電話をして報告し、後日、人身事故として警察に届けました。

7/30日に病院行く為に、相手保険会社に連絡してから地元の病院にいきました。


病院に一週間行った後、仕事が残業づくしになってきた為、病院だと仕事終わってからではいけなくなりました。
なので、...続きを読む

Aベストアンサー

保険会社は初めに事故を物損扱いにした後に人身事故に変更したことで、一種の「タカリ」と疑っている可能性が高いですね。
軽度の追突事故の場合には、事故当時はなんの痛みも症状も無いので「平気」だと思ってしまうので、以外に陥りやすいトラブルの一種です。
所謂「むち打ちの症状」(頸椎ねんざ)はレントゲンにも写らず、本人の申告しかありません。
「痛いのだから治るまでは・・・」と被害者の方は言うでしょう。そして「痛みが無くなればそれ以上の請求や通院はしない」とも言うでしょう。性善説で言えば・・・
これを性悪説で捉えると、「本人しか判らないのだからいつまでも・・・」となってしまい、その判断で揉めることは往々にして起こります。
恐らく、事故本体の車両の修理費用などは全額保険で賄われているのでは無いでしょうか?

状況的に言えば、保険会社は加害者の代理でしかありませんので、加害者に一旦は直接連絡をして交渉することです。
例)あなた(加害者)の保険会社から治療に関して理不尽な対応を受けているので、この状況が改善されなければ示談交渉には一切応じない。保険を使うかどうかは私(被害者である「あなた」)には一切関係ないことなので、今のような状況が続くのであれば、治療費・慰謝料・示談金など一切の費用請求をあなたに行うので、あなたの責任で支払いを行う誠意を見せて欲しい。
などと文書で伝えれば大体は解決する方向に向かいます。

念のため、最初に通院した病院で今通っている整骨院?に対しての紹介状を書いて貰ってください。


再度書きますが、保険会社が支払う保険金しか認められない訳ではありません。
被害総額の全額を加害者が支払う義務を負います。その中で加害者が加入している保険会社が認めた部分は保険会社が支払いますだけですので、当然不足分は加害者本人が支払う事になります。

参考になるサイトのURLを記載しましたので、お近くの法律事務所などに商談するのも良いでしょう。

参考URL:http://www.koutsuujikosoudan.com/

保険会社は初めに事故を物損扱いにした後に人身事故に変更したことで、一種の「タカリ」と疑っている可能性が高いですね。
軽度の追突事故の場合には、事故当時はなんの痛みも症状も無いので「平気」だと思ってしまうので、以外に陥りやすいトラブルの一種です。
所謂「むち打ちの症状」(頸椎ねんざ)はレントゲンにも写らず、本人の申告しかありません。
「痛いのだから治るまでは・・・」と被害者の方は言うでしょう。そして「痛みが無くなればそれ以上の請求や通院はしない」とも言うでしょう。性善説で言えば...続きを読む

Q車で直進中。横から激突。保険は2対8。どうして?

優先道路を制限速度内で直進中にT路地から一時停止線を無視して進入してきた車と激突しました。激突直前に急ブレーキを掛け、急停止しましたが、相手は反対側を見ていたため、そのまま激突されました。おかげで前方バンパー左側が破損し、相手ドライバーも責任を認めています。
しかし、両者の保険会社が話を進めて行く中で保険負担は相手が8、自分が2という結果でした。
おかしくないですか?こちらとしては、青信号を進行中に赤信号を無視してきた車両にぶつけられたと同じです。(さらに自分は一時停止もしてますし・・・)
自分の保険会社は「アメリカンホームダイレクト」。相手は「日新火災」で業務用車です。相手の会社は最大50万円までは支払える保険であるため、それ以上の金額はこちらで負担して下さいというもの。これではやられ損です。エンジンの修理が不可能となれば、車を購入せざるおえません。世の中の車両保険ってこんな感じなのでしょうか?それとも保険会社の権力差なのか?
保険に詳しい方、全額先方で負担させる方法など豊富な知見のある方のご回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

あまり都合のよくない情報は書かれて居ない中での質問に見えます。

「相手の会社は最大50万円まで支払える保険であるため。」
これ、おかしいと思いますが。
対物賠償で50万と言う保険はまずありません。
50万と言うのが適応されるのは、時価額が50万円を切っている様な車で、治すと言う場合にのみ50万円まで負担する。と言う時に適用される特約の内容と思います。
そう考えるとあなたの車は修理代が時価額を超えている経済的全損状態の車ではないかと思えます。

優先道路と書かれていますが、優先道路と優先権のある道路とは違います。
優先道路は、非優先道路側に、前方道路が優先道路であると言う標示がある事、貴方の道路の側で、中央線が一切途切れずに、交差点を通過している。条件が必要です。
これがない道路は、優先権のある道路であって、優先道路ではありません。

優先権のある道路の場合の過失割合で、相手7、貴方3が通常の過失割合がスタートになります。

過失割合での無過失の基本の考え方を勘違いされている方もいますが、無過失を主張できるのは、
・一切の法的違反をしていない。
・回避措置が行えない。
・事故の予見性がない。
状態です。
動いているかどうかは関係ありません。

回避措置には、相手に対しクラクションなどで危険を促すなどがあります。
脇の道路から車が出始めていたのをあなたが知って居たのであれば、警告、回避などを行って居なければ、過失が問われる事になります。


車両保険は、自分の車に対して掛ける保険で、相手の車の保証は行いません。
保険の内容を勘違いされているようにも思えます。

あまり都合のよくない情報は書かれて居ない中での質問に見えます。

「相手の会社は最大50万円まで支払える保険であるため。」
これ、おかしいと思いますが。
対物賠償で50万と言う保険はまずありません。
50万と言うのが適応されるのは、時価額が50万円を切っている様な車で、治すと言う場合にのみ50万円まで負担する。と言う時に適用される特約の内容と思います。
そう考えるとあなたの車は修理代が時価額を超えている経済的全損状態の車ではないかと思えます。

優先道路と書かれていますが、優先道...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング