ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

よろしくお願いします。
今回、トヨタbB14年式のツイータを交換しようとしています。
ドアスピーカ(F)も交換すると、アンプ容量のテンからツイータを殺すか、アンプを増設しなければならないと、情報を受けました。

そこでアンプを探しているのですが、ふつうのアンプ(よく40Wぐらいででている)でよろしいのでしょうか?

ご回答お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 スピーカーの中でもパワー(消費電力)を大量に食うのはウーハーであり、高音用のツイーターはパワー(消費電力)はかなり少なめです。

理由は通常の音のエネルギーは中低音(せいぜい数kHz)に集中していて、ツイーターが担当する音(高音)は高調波(音楽で言えば倍音)だけだからです。
 断言はしませんが、ツイーターだけならそのまま付け加えてもアンプの負担はあまりなく、いけると思いますよ。「アンプを増設しなければならない」との情報を出した人はエレクトロニクス(とくにオーディオ)の専門家でしょうか。あまり専門知識のない人が自分の考えで無難なことを言っている可能性がありますね。
 なお、ツイーターには必ずハイパスフィルターを付けてください。そのままつなぐとエネルギーの豊富な低音のパワーまでツイーターに入って、ツイーターのボイスコイルが焼損しかねません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
今回で3代目のスピーカー交換したのですが、オーデイオって難しいんですね、、

大変勉強になりました、「ハイパスフィルター」ですか、そういえば
ツィーターを何回か壊したことがありました。

お礼日時:2008/09/17 22:49

質問の意味が良く分かりません。



・純正で装着されているフロントスピーカーのツイーターのみを社外品に交換するのですか?
・元々の純正スピーカーはツイーターとドアマウントされたウーファーでワンセットではないのですか?
・アンプの容量って何を意味しているのですか?
・アンプの出力が足りないからツイーターを殺さなければならない意味が分かりません。また、その情報はどこからでしょう?

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

今回はツィーターだけを交換しようと思っております。
リアは殺して、つり下げしきをつける予定です。
ヒマになったらFドアのスピーカーもデッドニングなどしながら、交換するよていです。

ネットでいろいろ調べましたら、2カ所のbB所持者(お二人ともツィーターを交換)が同じようなことをおっしゃっていました。
チィーターをそのまま社外品にするには、それ専用のアンプが必要だと。

またFドアのスピーカーはただのスピーカーではなく、ウーファーなのですか?

補足日時:2008/09/17 18:49
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデジタルアンプをツィーター用はどう思いますか?

以前に定価35万円もするデジタルプリメインアンプを使用したことがあります。
非常に大きなプリメインアンプで、高音が耳障りで、場所もとり、値段も高い・・・。
正直、今までのオーディオ人生の中で、値段を考えたら最悪のアンプだったと
今でも思っています。

その後もブラインドテストの結果、
アキュフェーズの300万円のシステムよりも点数が上だった、
っという1万数千円のデジタルアンプの存在をしり買いましたが、
それも同じように高音が耳障りですぐに手放しました。

それ以来、デジタルアンプっというものに対して、
「高音が苦手」っというイメージがあります。

ですが、FOSTEXのデジタルアンプを見た瞬間に欲しくなりました。
これをウーハー用、ツィーター用、付録のチャンデバ、
っと3台積み重ねた姿を想像したら欲しくてたまりません。

正直、ウーハーにデジタルアンプを使う心配はないです。
ツィーター用として使用した場合だけが気になります。

Aベストアンサー

私も高音域用に Digital Amp' を使う気にはなりませんね。

今までに安価な D 級 Amp' を 3 台使いましたが、Full Range で使っていても高域側が気になって真空管 Pre' Amp' を併用している始末です(^_^;)。

Digital Amp' が低域側に強く、高域側が不得手なのは原理的な問題です。

例えば 1,024kHz (約 1MHz) の Pulse で音を作っている場合、1,024kHz は 8kHz の 128 倍ですので 128 段階の音圧を作ることができます。…… 128 段階と言うと 2 の 7 乗、つまり 7bit の解像度、或いは 7bt × 6dB/bit=42dB の Dynamic Range というわけですね。

2,048kHz もあれば 2,822.4kHz の SACD に近いものになるのですが、安価な Digital Amp' は数百 kHz から 1MHz ぐらいで音を作っていますので 8kHz での解像度は 7bit (42dB) もありません。……Chip の測定値を見ても 10kHz での歪率は 1kHz での歪率に較べて桁違いに大きくなっているのが判ります。……まぁ歪率 -40dB で 1.0% だから、普段聴いている音量では数 % 以上の歪率となってしまいますので、しようがないですね。

実際のところ Open Reel Tape Recorder と同等程度の能力は持っているようなのですが、私の聴覚ではどうにも刺々しい感じがつきまとうことから刺々しさを潰すために真空管 Pre' Amp' を通しています。

一方、低域側は素晴らしいの一言ですね(^_^;)。

除夜の鐘といった低周波をゴ~~~ンッ~~~と鳴らし続けても発熱しないし、不安定にならないし、A 級や B 級 Amp' で巨大な電源 Condensor に拘っていたのが嘘のような感じですね(^_^;)。

LPF (Low Pass Filter) の性格なのか、200Hz 以下では再び歪率が上昇するのですが、この領域での歪率なんて聴感上は判りませんので……。

中音は……まぁ……そう……そうねぇ……(笑)

A 級や B 級に較べて特に優れているわけではないし、違いも判らないのですが、なにしろ電気代がかからないし Compact な Amp' ですものねぇ。

因みに 1MHz 前後と言うと 1,000kHz 前後……つまり AM 放送帯ですよね。

2MHz 以上になると SW 放送帯となって業務通信などに影響が出るやも知れず、その辺りが 1MHz 以上にしない理由なのかも知れませんね。

PC (Personal Computer) の Clock では 1GHz なんて当たり前の時代ですし、携帯電話は耳の側で 2GHz なんて周波数で発信しているのですが、数 W とか数十 W なんて出力を出す Audio Amp' では幾ら LPF で Cut しているとは言っても Tweeter 用の優れた Digital Amp' を作るのは問題があるのかも知れませんね。……だから DSD/SACD 再生も最後まで Digital で増幅するようなことはせず、微弱電力のうちに早々と DAC で Analog 化して Analog Amp' で増幅するしかないのだろうと思います。

素敵な Audio LIfe を(^_^)/

私も高音域用に Digital Amp' を使う気にはなりませんね。

今までに安価な D 級 Amp' を 3 台使いましたが、Full Range で使っていても高域側が気になって真空管 Pre' Amp' を併用している始末です(^_^;)。

Digital Amp' が低域側に強く、高域側が不得手なのは原理的な問題です。

例えば 1,024kHz (約 1MHz) の Pulse で音を作っている場合、1,024kHz は 8kHz の 128 倍ですので 128 段階の音圧を作ることができます。…… 128 段階と言うと 2 の 7 乗、つまり 7bit の解像度、或いは 7bt × 6dB/bit=42dB の Dyn...続きを読む

Qパワーアンプのつなぎ方を教えてください(超初心者)

よろしくお願いします。

友人から「ALPINE MRV-F400」というパワーアンプを貰いました。
しかし接続の仕方が判らなくて困っています。
そこで接続の仕方をご指導してください。

1) アンプの「INPUT」のCH-1~CH4の白と赤のコードはどこからの線を接続する
2) アンプの「OUTPUT」のCH1+3,CH2+4の白と赤のコードはどこに接続する
3) 「BATT」は直接バッテリーから引くのですか?
4) 「REMOTE」とは何ですか?
5) 「GND」とは何ですか?
6) スピーカーをつなぐ部分の「CH1~4」はどのように分けるのですか?

現在、フロントスピーカーは純正、リアスピーカーは置型BOXタイプ、
それとスピーカーケーブルをそのまま付けるタイプの簡単ウーハーがあります。

これだけでわかっていただけるか判りませんが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1) アンプの「INPUT」のCH-1~CH4の白と赤のコードはどこからの線を接続する

デッキからです。デッキにRCA出力(外部出力)がなければそもそもアンプの取り付け事態ほぼ不可能です。純正デッキの場合99%ありません。

2) アンプの「OUTPUT」のCH1+3,CH2+4の白と赤のコードはどこに接続する

スピーカーに接続します。

3) 「BATT」は直接バッテリーから引くのですか?

その通りです。

4) 「REMOTE」とは何ですか?

リモートのことです。デッキ側からアンプリモートスイッチの線があればそれを接続します。なければ同様にRCA出力もないと思われるので取り付け不可能です。

5) 「GND」とは何ですか?

グラウンドすなわちアース、つまりマイナスのことです。ボディーの鉄板部分に配線します。

6) スピーカーをつなぐ部分の「CH1~4」はどのように分けるのですか?

1と2をフロント左右 3と4をリア左右です。1)で繋いだRCAケーブルと対応させます。


いわゆる4チャンネルアンプと思われます。4チャンネルとはフロントスピーカー左右とリアスピーカ左右の4つのスピーカーを鳴らせますよってアンプのことです。

あと蛇足ですが、超初心者ですので、、、っていう言い出しはネット上で逆に嫌われる傾向にあることを付け加えておきます。

1) アンプの「INPUT」のCH-1~CH4の白と赤のコードはどこからの線を接続する

デッキからです。デッキにRCA出力(外部出力)がなければそもそもアンプの取り付け事態ほぼ不可能です。純正デッキの場合99%ありません。

2) アンプの「OUTPUT」のCH1+3,CH2+4の白と赤のコードはどこに接続する

スピーカーに接続します。

3) 「BATT」は直接バッテリーから引くのですか?

その通りです。

4) 「REMOTE」とは何ですか?

リモートのことです。デッキ側からアンプリモートスイッチの線があればそれ...続きを読む

Qツイーター取付でカーオーディオアンプは壊れますか?

旧型ストリーム(2010年式)のフロントスピーカーにツイーターを割り込ませました。ネットをみていたら、インピーダンスの関係?で、いずれユニットのアンプ部が壊れるような記事を見ました。

ユニットと、ツイーターは以下のものです。
●ユニット:DEH-790(カロッツェリア)※負荷インピーダンス:4Ω
●ツイーター:TS-T410(カロッツェリア)※インピーダンス:6Ω
スピーカーについては、車購入時、据え付けのものをリアに回し、フロントには純正のものを別につけてもらったのですが、今や型番などは不明の状態です。(ディーラーも統合されて、当時の情報が消えているそうです)

 ネットでは、スピーカーとツイーターを並列接続すると、アンプ部に害を及ぼすというようなことが散見されました。(私が意味を取り違えているかもしれません。)

壊れるようであれば、ツイーターをリア出力端子に直接つなげばどうだろうかと考えています。(リアスピーカーは鳴らさない)

素人仕事をしてしまってからの質問で申し訳ありませんが、どなたか教えてくださるとありがたいです。ちなみに、現在の接続については、ハイパスフィルター付き付属のケーブルを使って、説明書通りにつないでいると思います。小さいですが音も出ています。

旧型ストリーム(2010年式)のフロントスピーカーにツイーターを割り込ませました。ネットをみていたら、インピーダンスの関係?で、いずれユニットのアンプ部が壊れるような記事を見ました。

ユニットと、ツイーターは以下のものです。
●ユニット:DEH-790(カロッツェリア)※負荷インピーダンス:4Ω
●ツイーター:TS-T410(カロッツェリア)※インピーダンス:6Ω
スピーカーについては、車購入時、据え付けのものをリアに回し、フロントには純正のものを別につけてもらったのですが、今や型...続きを読む

Aベストアンサー

ツイーターをフロントスピーカーに並列に割り込ませた場合、
アンプが壊れるか壊れないかはフロントスピーカーの形式にもよります。
フロントがフルレンジ(もっとも安価)の場合は問題なく使えます。
しかし2ウェイの場合、そこにさらにツイーターを付け足すのですから
純正2ウェイの高音とTS-T410の高温が被ることになり
かぶった部分のユニットの抵抗値(インピーダンス)は合成され低くなります。
(抵抗の合成値の計算はできますよね?)
インピーダンスが低く成りすぎるとアンプが過負荷になり故障の原因になります。
実際にはアンプが壊れる前にヒューズが飛んで音が出なくなります。
音量の程度にもよりますので今すぐそうなるとは言えませんが
できることならばやらないほうがよいです。

まずは現在のフロントスピーカーを確認するのが先でしょう。
ディーラーに情報が残ってなくても現車で確認すればよいです。
内張りを外すなどの作業をご自身でできないとなると費用が発生します。(これ問題かも)
もし2ウェイであるならばツイーターを断線状態にする必要があります。
その場合はハイパス用コンデンサーのリード線両端をカットしてしまえばよいです。

リアスピーカーを外しTS-T410を繋ぐのは問題ないでしょう。
ただ直接つなぐ?
必ず付属ネットワークコードを介在させてください。

ツイーターをフロントスピーカーに並列に割り込ませた場合、
アンプが壊れるか壊れないかはフロントスピーカーの形式にもよります。
フロントがフルレンジ(もっとも安価)の場合は問題なく使えます。
しかし2ウェイの場合、そこにさらにツイーターを付け足すのですから
純正2ウェイの高音とTS-T410の高温が被ることになり
かぶった部分のユニットの抵抗値(インピーダンス)は合成され低くなります。
(抵抗の合成値の計算はできますよね?)
インピーダンスが低く成りすぎるとアンプが過負荷になり故障の...続きを読む

Qアンプの設置に伴う、電源ケーブルの引き込みと分岐について

 はじめまして。morifore4181と言います。どうぞよろしくお願い致します。
 現在、アンプ1台(カロ PRS-A700)を助手席下に設置するため、4ゲージの電源ケーブルをバルクヘッドを通して引き込みを考えています。そこで分からないことがあります。

1.エンジンルーム内やバルクヘッド自体がかなり高温になりますが、ケーブル保護は必ず必要でしょうか?必要な場合、露出しているケーブル部分を『コルゲートチューブで完全に覆う』のが正解なのでしょうか?

2.将来、アンプをもう一台追加する事を考えていますが、アース線と同じように、電源ケーブルにあっても、分岐した配線の長さは同じにした方が良いのでしょうか?

3.3の場合、通常は4ゲージを8ゲージ2本に分けると思いますが、4ゲージ2本に分けての使用は可能でしょうか?またそのメリット・デメリットはありますでしょうか?

以上、いろいろ手を尽くしましたが、よく分かりませんので、よろしくお教え願います。

Aベストアンサー

1.お手本の回答は「必ずやった方が良い」でしょうが、私の経験ではあまり神経質になる必要は無いと思います(^ ^;
過去に数台電源ケーブルの引き込みをやっていますが、熱問題が起こったことは今のところありません。
なるべくモロに熱を受けるところを上手く回避して引き込めば問題ないはずです。

2.そうなんですか?
私は聞いたことはありませんでした(^ ^;
アースも同じ長さの方が良いのですか?
う~ん・・・。
私の知る限りでは「極力、配線類は短い方が良い」です。
長さを揃えるのは各スピーカーケーブル類だけで良いのではないでしょか。
ただこれも神経質になる必要は無い程度です。

3.理論上、4ゲージ2本に分けた方が良いのではないでしょうか。
多分、抵抗を減らそうとして太いケーブルを使用しているわけですから、分岐後に細くする必要はないと思いますよ。
ただ取り回しが面倒ですよね(^ ^;
あとは分岐などせずにあらかじめ8ゲージでも4ゲージでもいいので最初から2本一緒に引き込んだ方が良いとも思います。
分岐させるとその分だけ配線が長くなりますので。

ちなみに私はデッキとアンプ用に2本、同じ電源ケーブルを引き込んでいます。
皆様は音質を考え、パワーアンプ用に太く抵抗の少ないケーブルを使用しているのだと思いますが、なぜ肝心のCDプレーヤーの電源がオーディオスペース裏の純正のバッ直配線を使用しているのでしょう。
オーディオ機器の電源は命みたいなものです。
大電力を使うパワーアンプのみが高性能な電源ケーブルを必要としているのではないのです。
家庭用オーディオをやっている人からみるとこれは信じられない話だと思います。

ご参考までに。。。

1.お手本の回答は「必ずやった方が良い」でしょうが、私の経験ではあまり神経質になる必要は無いと思います(^ ^;
過去に数台電源ケーブルの引き込みをやっていますが、熱問題が起こったことは今のところありません。
なるべくモロに熱を受けるところを上手く回避して引き込めば問題ないはずです。

2.そうなんですか?
私は聞いたことはありませんでした(^ ^;
アースも同じ長さの方が良いのですか?
う~ん・・・。
私の知る限りでは「極力、配線類は短い方が良い」です。
長さを揃えるのは各スピー...続きを読む

Qカーオーディオのハイパスローパスの設定

スイフトにアルパインのスピーカーとウーファー、ツイーターをつけました。

以前ここで質問した際に、ハイパスとローパスの設定をして、ドアスピーカーの低音を消して、音量を上げたときにぼこぼこする感じを消すと言うようなことを教わり、実践しようと思うのですがいまいちよくわかりません。デッキの設定とウーファー側にも周波数のつまみがありますし。。。

大体でイイのですがどの周波数をカットするとか手順とかなどどんなことでもいいのでアドバイスいただけないでしょうか?本来なら自分で調べてやるべきなのでしょうが自分自身も検索してみたのですが余りよいサイトにめぐり合えずに困っております。

現状では音量を上げるとやはりドアスピーカーがぼこぼこ歪んでいるような感じです。

Aベストアンサー

もう、遅いかな…。

・サブウーファー側は設定を全開にしてください
・デッキ側でウーファーを殺します(鳴らないようにする)
・通常音楽を聞いている音量にします
・多分ドアスピーカーがボコボコ鳴っているはずなので、ボコボコが気にならないところまでハイパスの周波数を上げていきます
・多分ハイパスの周波数は80Hz以上、デッドニングをしていないのなら120Hz位になると思います
・その後サブウーファーのローパスをハイパスに近い周波数まで上げていきます(ハイパス80Hzならローパスは70Hzなど)
・徐々にサブウーファーの音量を上げていきます
・あとはご自分の耳と勘で微調整し、追い込んでいきます

簡単に文章化するとこんな感じだと思います。
調整はあくまでもデッキ側で。50Hz~200Hzのどちらが全開か分からないのであれば、サブウーファーだけ鳴らせば分かります。

Qフロントマルチ接続とバイワイヤリング接続の違い

フロントマルチ接続とバイワイヤリング接続の違いを御教示頂けますか?

現在、2WAYセパレートスピーカーを、ツイーター・ウーファーそれぞれ個別にアンプ(HU内蔵)へ接続しています。
ツイーターの方は付属のパッシブクロスオーバーを接続し、ウーファーの方は直で繋いでいます。

買い換えで、KICKER RS65.2 を検討しているのですが、バイワイヤリング接続可能 となっています。
接続方法はどの様に変わってくるのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 あまり高級カーオーディオには詳しくは無いのですが、回答が無いようなので…。

●「フロントマルチ」は、一般的にはセパレートタイプの左右片chの複数のスピーカーをそれぞれ別のアンプ(別ch)で駆動する。(セパレートスピーカーを使用している時点で「フロントマルチスピーカー」と言う事は出来ます)
●「バイワイヤリング」は、バイワイヤリング接続可能なスピーカー(もしくはクロスオーバーネットワーク)の各端子に別々のスピーカーケーブルで接続する。

 だと思います。


 「バイワイヤリング」対応のスピーカーユニットなどには、バイワイヤリング接続をしない場合に使用するプラス同士・マイナス同士の各端子間を短絡させるバスバー(金属製のプレート)が付属していると思います。
 バイワイヤリング接続をする場合はこのバスバーを取り外し、アンプから直接それぞれの端子にスピーカーケーブルを接続します。
 アンプの出力端子1chに対しプラス・マイナスそれぞれ2本のスピーカーケーブルを接続してそれぞれをスピーカーユニットの各端子に接続しても「バイワイヤリング接続」です。
 この時にアンプもそれぞれ別に用意しアンプの1つのchから1つの端子に接続すると、「バイワイヤリング接続・バイアンプ駆動」となります。

 「バイワイヤリング接続」を行う事によって得られる利点は、
●ウーファー側で発生した逆起電力がアンプよって吸収される為ツイーター側に悪影響を及ぼさないようになる。
●この時に、更にクロスオーバーネットワークを用いて接続すれば各スピーカーに不要な周波数帯域をカットする事によって、各スピーカーの再生能力をより生かすことが出来る。
などです。


 ちなみに、現在ご使用のスピーカーの接続方法が(内蔵アンプ駆動であっても)「フロントマルチ」です。


 スピーカーに別体のパッシブクロスオーバーネットワークが付属している理由は、
●ツイーターに低音域の大きな信号が入力されるとツイーターのボイスコイルが焼損する危険性がある。
●ウーファー(ミッドレンジ)側に再生周波数帯域を超える高音域の信号が入力された場合、再生される音が悪くなる。
などの理由があり、メーカーの設計思想に基づいてクロスオーバーポイントやカットオフ周波数、カットオフスロープなどがセッティングされた専用のパッシブクロスオーバーネットワークが付属しています。

 ツイーター用のハイパス(ローカット)フィルターとウーファー(ミッドレンジ)用のローパス(ハイカット)フィルター(ミッドレンジ用の場合は中音域のみを出力する為のローカット&ハイカットフィルター)を片chそれぞれひとつずつ付属させてもいいんでしょうが、セット物のセパレートスピーカーの場合はあまり無いと思います。


 新しいスピーカーでの接続方法ですが、いくつかの方法が考えられます。

(1)ヘッドユニットのスピーカー出力端子のフロントchから新しいスピーカーに付属のクロスオーバーの入力にバスバーを外さずに接続し、クロスオーバーの出力から各スピーカーに配線する。
(2)ヘッドユニットのスピーカー出力端子の各chを新しいスピーカーに付属のクロスオーバーの入力にバスバーを外して接続し、クロスオーバーの出力から各スピーカーに配線する。
が一般的でしょうか。

 ヘッドユニットにクロスオーバーネットワーク機能が内蔵されていたり、別体のサウンドマネージャーなどがあって、各接続インピーダンスが対応している場合には、新しいスピーカーに付属のパッシブクロスオーバーネットワークを使用せずにダイレクトに接続する事も可能です。
※ただし、ご使用のオーディオ機器によってはバッテリー上がりなどによって設定などが初期化されてしまうものがあります。この場合はセッティング内容を控えておかないと全てやり直しになってしまいます。


 こちらで詳しい回答を頂けない場合は、「価格.com」の「自動車 > カー用品 > カースピーカー」の「カースピーカーなんでも掲示板」でご質問をしてみられてはいかがでしょうか。
 あちらの掲示板ではとても詳しい方々に回答をして頂ける可能性があります。

 現在ご使用のスピーカーの品番と接続方法と新しいスピーカーの品番以外に、
●ヘッドユニットの品番やオーディオの設置方法(バッ直やキャパシター等の有無)
●スピーカーの取り付け方法(インナーバッフルorアウターバッフル、スピーカーケーブルの引き直しの有無)
●将来どこまで行くのか。(将来のサブウーファーや外部アンプの設置予定の有無どんな音を目指すのかなど)
●それに取り付け作業を業者に依頼される場合には出せる予算。
等を明記されるといいのではないでしょうか。

 何も該当しない場合は、「ヘッドユニットやスピーカーの取り付け方法は純正からの置き換えで交換作業以外には特に何もしていません」や「外部アンプ・サブウーファーの設置予定はありません」、「交換作業は自分で行おうと考えています」などでいいと思います。

 あまり高級カーオーディオには詳しくは無いのですが、回答が無いようなので…。

●「フロントマルチ」は、一般的にはセパレートタイプの左右片chの複数のスピーカーをそれぞれ別のアンプ(別ch)で駆動する。(セパレートスピーカーを使用している時点で「フロントマルチスピーカー」と言う事は出来ます)
●「バイワイヤリング」は、バイワイヤリング接続可能なスピーカー(もしくはクロスオーバーネットワーク)の各端子に別々のスピーカーケーブルで接続する。

 だと思います。


 「バイワイヤリング」...続きを読む

Qカースピーカーのツィーターの意義教えてください

タイトル通りです。それと最近ネットワーク付属って言葉をよく見かけます。よくわかりません詳しい方お願いします

Aベストアンサー

ツィーターとは高音専用のスピーカーを指します。まったく逆の物がウーファーで低音専用のすぴーかーです。なぜこのように複数のスピーカーで低音から高音までを分けて再生するかというと、高音を再生するスピーカーの振動板はできる限り軽く作る方が有利であり、低音用の場合はある程度の重さがあるほうが有利であるからです。また、高音を再生するにはスピーカーの振動板の面積はあまり大きい必要が無いのに対して、低音を再生するスピーカーの振動板はある程度の面積が必要です。このように一つのスピーカーで低音から高音まですべてを再生しようとすると、この相反する条件のすべてを満たすことが難しいのです。このような理由により低音から高音までの間をいくつかのスピーカーで別々に再生する方が無理が無いのです。

一つのスピーカーですべての音域を再生するスピーカーをフルレンジスピーカーと呼びますが、マルチウェーシステム(帯域ごとに複数のスピーカーを使う方式)と同等の帯域を持たせるのはかなり難しいのです。たとえば大きな重い振動板で高音を再生しようとすると、高音は振動が速いため振動板が一様に振動せず、中心と周辺で振動のずれ(振動板がたわんでしまう)が生じる(分割共振といいます)ようなことが発生し、ひずみの原因になったり振動板が大きく重いため、速く動かすのには大きな電力が必要になります、これはすなわち高音部での能率が落ちることを意味しています。逆に低音部ではできるだけ大きな振動板でできるだけ多くの空気を振動させてやる必要があります。小さな振動板では振動板周囲の空気が振動板の動きに合わせていったり来たりするだけで、音となって出てこないのです。そこでこれらのフルレンジスピーカーではダブルコーン(低音用の大きな振動板の中央に高音用の小さな振動板持ったもの)や中央のキャップの部分を金属のドーム状の高音用の振動板にした物などがあります。

マルチウェシステムの最も単純なものが2ウェーと呼ばれる低音用のスピーカーと高音用のスピーカーの2種類のスピーカーで構成されるシステムです。この他にも3ウェー(低音・中音・高音)や4ウェー(3ウェーに更に超高音や超低音を追加した物)等があります。スーパーウーファーやスーパーツィーターはこれらの帯域を再生する為のものです。

ネットワーク(正確にはクロスオーバーネットワークと言います)は、これらの各音域専用のスピーカーに必要の無い(たとえば高音用のスピーカーに低音の信号を加えても無意味であるばかりか、音のひずみやスピーカーの破損に繋がります)音域の電力が伝わらないように、アンプから出力された電力を周波数ごとに分けて、それぞれのスピーカーに適切な部分のみを伝える為の装置です。通常はコイルとコンデンサーによる一種の電気的なフィルターです。マルチウェースピーカには必ず必要な装置です。

市販のアドインツィーターには、ツィーターの再生可能な周波数のみを通すネットワークが内蔵されてる場合が殆どなので、特にネットワークをつけることをしませんが、この場合、元々のスピーカーシステムでも再生できていた部分とアドインしたスピーカーの再生する部分が重なってしまうと、重なった部分だけ強く再生されてしまい、不自然な音になる場合もありますので、やはり本格的にやるのであれば再生帯域に応じたスピーカーを選び、それぞれのスピーカーの再生帯域に見合ったクロスオーバー周波数(帯域ごとに分離する周波数をこう呼びます)をもったネットワークの組み合わせが必要です。更にはそれぞれのスピーカーの音圧レベル(スピーカーの能率です)が異なる場合はアッテネーター(一種のボリュームです)でスピーカーごとの音量を同じに整える必要もあります。まぁ、車ではここまでやるのはまれでしょうが・・・

ツィーターとは高音専用のスピーカーを指します。まったく逆の物がウーファーで低音専用のすぴーかーです。なぜこのように複数のスピーカーで低音から高音までを分けて再生するかというと、高音を再生するスピーカーの振動板はできる限り軽く作る方が有利であり、低音用の場合はある程度の重さがあるほうが有利であるからです。また、高音を再生するにはスピーカーの振動板の面積はあまり大きい必要が無いのに対して、低音を再生するスピーカーの振動板はある程度の面積が必要です。このように一つのスピーカーで...続きを読む

Q2ゲージのパワーケーブルの使用可能電力

 ウーハーやら電装品やらでバッテリーから電源を取りだしています。
 今までは4ゲージのパワーケーブルを使用していましたが、単純計算で600W(50A)のアンプ2つを取り付けるのは無理だとわかり、2ゲージに変更することにしました。
 そこで質問なのですが、2ゲージのパワーケーブルは何ワットまで耐えることが出来るのでしょうか?
 4ゲージを2本配線するとゴチャゴチャしますので、そういう回答はNGです。

Aベストアンサー

AWG規格では4メートルくらいの長さで200Aまでみたいですね。
http://www.asahi-net.or.jp/~YL1H-NKMR/parts/cable.html

電流値の求め方は (4オームの定格出力Wの合計)× 2 を13Vで割ります。
スピーカーのインピーダンスが2オームの場合はアンプの出力合計の
更に2倍で計算してください。

参考URL:http://www.downlow.co.jp/lesson/backn/index.html

Qカーオーディオでフロント3wayにする意味が知りたい

です。カロッェリアなどでも高級な物は3wayプラス
リアにサブウーハー等という設定をしていますが、リアのサブウーハーは良いとして、フロントの3wayは意味が有るのですか?
つまりTS-C017Aなどの2wayで十分だと思うのですが
さらに周波数帯を細かく分散させて10~13センチの口径のスピーカーをミッドレンジとして追加してやる方が、
ボーカルの声等は良くなるのですか、
DIAMOND AUDIO には、3Way Grade Up Systemという組み方がある様で、特にその周波数帯専用でもないものをわざと組み合わせて3Wayにするみたいです。
TS-C017AプラスTS-C010A(まあツィーターは一組無駄にはなりますがDIAMONDよりは安上がりなので・・・)
とすることで定位は安定しますか?
反対に音のつながりが悪くなるだけでしょうか?
皆様のご意見をお願いします。
現在のシステムは
スピーカーはTS-C017A
デッキはDEX-P01+DEQ-P01
アンプは フロント用にダイアモンドのD5600.4
     リアのウーハー用に2chのソニーの物
を使用して聞いております。
Focalの165V3というスピーカーシステムも単に組み合わせいてるだけの様に思えるのですが、どうでしょう・・・・・

です。カロッェリアなどでも高級な物は3wayプラス
リアにサブウーハー等という設定をしていますが、リアのサブウーハーは良いとして、フロントの3wayは意味が有るのですか?
つまりTS-C017Aなどの2wayで十分だと思うのですが
さらに周波数帯を細かく分散させて10~13センチの口径のスピーカーをミッドレンジとして追加してやる方が、
ボーカルの声等は良くなるのですか、
DIAMOND AUDIO には、3Way Grade Up Systemという組み方がある様で、特にその周波数帯専用でもないものをわざと組み合わせて3Wayにする...続きを読む

Aベストアンサー

左右対称が理想ですが、なかなかそうはいかないですよね。
高音は音の広がりが少ないのでツィーターは耳に向けた方がよろしいかと思います。(ウーハーはそこまでしなくても良いかな。)

一応お断りしておくますが、当方別にマニアではないです。

Qリアスピーカーを4つにしたいんですけど、配線が・・・。

最近、車を変えました。
そこで、スピーカーを増設したいと思っています。
フロントドアスピーカー(2)+リアドアスピーカー(2)+(リアの)サテライトスピーカーという6つのスピーカー構成にしたいと思っています。
要するにリアスピーカーを4つにしたい訳なんです。
増設するサテライトスピーカーはカロッツェリアのあの小さいやつです。

普通、カーオーディオのリード線(?)って、フロント用、リア用、ウーファー用の3種類がありますよね。

リア用のリード線を分配、分割(?)とかしてスピーカーを4つ接続することって出来るんですか?
もしできるのであれば、やり方など教えてください。
できれば、アンプなど(高価な)出費は避けたいと思っています。
ウーファーは付けていませんし、付ける気もありません。

カーオーディオに関しては初心者です。専門用語などは噛み砕いて説明していただけるとありがたいです。
お願いします。

Aベストアンサー

>リア用のリード線を分配、分割(?)とかしてスピーカーを4つ接続することって出来るんですか?
>もしできるのであれば、やり方など教えてください。
通常はできません。#1の方がおっしゃっているように、カーオーディオの内蔵アンプが故障してしまいます。
ただ、パイオニアのサテライトスピーカではTS-STX9だけが分岐接続に対応しております(チューンナップタイプ)。

>できれば、アンプなど(高価な)出費は避けたいと思っています。
購入したスピーカがTS-STX999/STX99であれば、分岐接続には対応していません。2chのアンプを購入して接続するか、リアドアスピーカを殺して、代わりにサテライトスピーカを接続するしかありません。

>普通、カーオーディオのリード線(?)って、フロント用、リア用、ウーファー用の3種類がありますよね。
フロント・リア・サブウーファと3種類あるのは、プリアウト(外部アンプ接続用の端子)です。ただ、機種によっては3種類すべてが付いているとは限りません。
サテライトスピーカを接続するためには、「リア出力」端子が装備されていることが最低条件で、そこに2chアンプを接続し、そこにサテライトスピーカを接続する形になります。

ちなみに、フロントドアとリアドアのスピーカが接続されているのはこれらの端子ではなく、フロントスピーカ出力とリアスピーカ出力という別の端子です。

参考URL:http://www.pioneer.co.jp/carrozzeria/products/audio/speaker/rv_speaker/ts-stx9/index.html

>リア用のリード線を分配、分割(?)とかしてスピーカーを4つ接続することって出来るんですか?
>もしできるのであれば、やり方など教えてください。
通常はできません。#1の方がおっしゃっているように、カーオーディオの内蔵アンプが故障してしまいます。
ただ、パイオニアのサテライトスピーカではTS-STX9だけが分岐接続に対応しております(チューンナップタイプ)。

>できれば、アンプなど(高価な)出費は避けたいと思っています。
購入したスピーカがTS-STX999/STX99...続きを読む


人気Q&Aランキング