柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

宜しくお願い致しますm(_ _)m
28歳・女性です。2年ほど前に神経を患い、【多発性硬化症】と言う病気になりました。
その為、身体が思うように動かせなくなり、今は仕事をしていません。
でも、出来れば外に出て、働けるようになり、社会復帰したいのです(;_;)

今は投薬だけの治療をしています。
医者に聞いてもはっきりとした答えはありません(そりゃそうですよね(;^_^A
そこで・・・、神経系の病気(ニューロパチー・末梢神経障害など)を克服された方、
神経系の病気は完治するのでしょうか?治す為に特別何かをされたでしょうか?
完治されたとしたらどのくらいの時期がかかりましたでしょうか?

それと後遺症はありましたか? 
私は今の所、特に左半身の動きが鈍いです。
そして、左人差し指が自力で動かせません。

体験者・現在闘病されておられる方・身近にそういう方がいらっしゃるなど・・・・
個人差はあると思いますが、経験談などをお聞かせいただけると幸いに思います・・・・( ´Д⊂。

色々書いてしまいましたが、どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ごめんなさい、何の参考にもならないかもしれませんが、


わたしも、結果的には「多発性硬化症」ではなかったのですが、ある日目が覚めたら、ベッドの上で、意識は起き上がろうとしているのに、左側半分だけ、ちょうど、ヒトのカタチをした人形とかの真ん中に、まっすぐ左右に右半身・左半身って分けたみたいに、左側だけだけが、表皮がしびれたように時々なって、3日ほど全く自力でうごかせませんでした。びっくりして、(というか、状況がまず把握できなかった)運良く母親が在宅時だったので、大声で呼び、起こしてもらったところ、やっと、「左側だけしびれて動かない、自力で動かせない」状態でした。
勿論病院にも行き、外科→神経内科とまわされて調べはしたけど、筋肉や神経に異常は無し、精神的なところからきてる、と言われただけでした。
幸い、わたしの場合は、4ヶ月ほどでほぼ元の状態に戻り、精神的なこと、というのもその時に特に何かあったとか心当たりはなく、今に至るんですが、
その、fumeko882323さんの症状、
「左の人差し指が自力で動かせない」
というのを読んで、経験者でも、専門家でもないのに、思わず答えさせていただいてしまいました。
というのは、わたしも、”病気ではない、心因性から来るものの症状だ”と診断されてにもかかわらず、体は動くようになったけど、それから2,3ヶ月くらいの間、左手がしびれたり震えたりして、例えば、手紙を書くのに、右利きなら左手で紙の端っこを軽く抑えて書いたりしますよね。
それすら、言う事の聞かなくなったみたいに、出来なくなってしまって、怖かったんです。
半端な経験から、自分の体験談を話してスミマセン。
ただ、わたしも疎追おうと生むか足から、わたしの場合は不眠から始まったんですが、やはり神経症で、今でも時々
緊張したりすると、それはあきらかにココロの方の問題なんだって分かっていても、あの時と同じ感覚が思い出されるんです。またなったら、どうしよう、って。
いつもいつも不安でいるわけじゃないんですが、手紙1枚
(1通じゃなくて1枚)かけなかったのが、それに、
「原因はわからない、あえて言うなら、ココロ?」
っていわれたのが、不安を覚えて。
どう文章を締めくくったらいいのか分からなくて、書き流しですみません。fumeko882323さんも、先が見えなくて不安だと思います。でも、こうしてねっとをやったり、そういう部分もちゃんとある方は、前向きに不安と、自分と、闘っていて、いいと思います。
私も神経症歴を上げたら、それこそ長いですが、前ほど完治、とは考えなくなりました。もっとも、病気こそ違いますが、頑張りすぎずに、時に気を抜いて、わたしはじぶんと、持ってしまった神経症と、やってゆきます。
なんか、参考にもなりそうもなくて、ごめんなさい。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

親身なご回答、ありがとうございます^^精神的な部分からくるものは、特に自覚的症状がないですから、 meganeririさんの不安な気持ち、お察しいたします。神経的なものははっきりと診断がされないので、もどかしいですよね・・。今は症状が、落ち着いておられるそうで、良かったです^^そうですね、病気と前向きに付き合って、私も頑張って行きたいと思います^^お互い頑張りましょう!!ありがとうございました!^^

お礼日時:2003/01/20 08:44

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLが参考になりますでしょうか?


「多発性硬化症」

ご参考まで。

参考URL:http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/068.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます^^なるほど・・と勉強になりました^^完治する場合もあれば、再発を繰り返す事もあるのですね・・・。MiJun様もお身体にお気をつけになられて下さい^^ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2003/01/19 08:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抹消神経が傷ついてしまい、なかなか治りません・・・。

2ヶ月前、あるマッサージを受けて、右腕を痛めてしまいまいました。
それで、整形外科に通って、メチコバールという神経を回復する薬をもらって飲んでいるんですが、なかなか治りません。
でも、握力は、当時は20キロまで落ちてぜんぜん動かなかったんですが、今は、40キロまで回復はしました。でも、本来の50キロにはなれません。
今でもしびれて、とても痛いです。
ちなみに、明日は、初めて神経内科というところに行ってみます。
どんなちいさなことでも結構です。どのようにすれば治るのか、神経はどんな時に、回復するのかなど、いろいろ情報下さい!!。
なにとぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

メチコバールはビタミンB12製剤ですから‥副作用は皆無でも効果の程は‥
タマゴやレバーを食べるようにするとか、ニンニクを食べるというのと大差はないかも知れませんネ。
痛んでしまった神経ですが‥
神経の再生は1日に1mm程度の速度です。これが早いと考えるか遅いと考えるかは意見のわかれるところですが、いずれにせよ、破損した部分は当然のことながら再生して行きます。2ヶ月を経過されていますから、6cmほどは再生した状態なのでしょうネ。
神経内科での治療もよいとは思いますが、場合によっては、スポーツ医学を専門とされているところで診てもらうのもよいかもしれません。神経の外傷による破損などについては経験豊富な医師が揃っていると思いますので。
情報が少ないため、この程度のアドバイスしかできませんが‥
以上kawakawaでした

Q多発性神経炎について教えてください。

多発性神経炎はビタミンB1の欠乏症からなるものときいたことがあります。
糖尿病から発生する病気であるようなこともうる覚えにあるのですが・・・
糖尿病とまったく関係なく単独で多発性神経症という病気にかかるということはあるのでしょうか?精神的なものが主原因でそこからこの病気になるというのは考えられますか?、病気に用いられる薬は抗けいれん剤、抗うつ剤、抗整脈剤、血管拡張剤などが一般的なのでしょうか?薬によるビタミンB1の補給はあまり病状の改善には役立たないのでしょうか?

知人のご家族の方(友達のお姉さま30歳)が、この病気にかかられているようなんです。両手と両足の裏が真っ赤になりすこしむくみと痒みを伴う痛み、片方のふくらはぎに少しのむくみのような張りがあったとか・・・それ以外にとりわけかわった症状はないとのことなんです。その話を聞いて友人に病院への受診をすすめているのですが、とうの本人がその他の身体に異常をかんじないので、軽く考えておられるみたいなんです・・・放置もしくは病院への受診が遅れると考えられる病状の悪化にはどのようなものがありますか?あと、友人の話によれば精神的な悩みをいま抱えておられるとか・・・・何かお聞かせいただければありがたいです。

多発性神経炎はビタミンB1の欠乏症からなるものときいたことがあります。
糖尿病から発生する病気であるようなこともうる覚えにあるのですが・・・
糖尿病とまったく関係なく単独で多発性神経症という病気にかかるということはあるのでしょうか?精神的なものが主原因でそこからこの病気になるというのは考えられますか?、病気に用いられる薬は抗けいれん剤、抗うつ剤、抗整脈剤、血管拡張剤などが一般的なのでしょうか?薬によるビタミンB1の補給はあまり病状の改善には役立たないのでしょうか?

知人の...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.naoru.com/tahatu-sinkei.htm

多発性神経炎は、上記のような症状ですが、知人の方の場合は少し違うようですね。
いずれにしても、正常な状態では無いのですから、説得して診察を受けられたほうが宜しいでしょう。

Qステロイドが体内に残る時間

4月月前に突発性難聴治療の為、3週間に渡りステロイド点滴を行いました。
その後、内服で1ヶ月ほど服用しました。
残念ながら難聴はあまり改善しなかったのですが、その後体調が良くありません。
すぐに扁桃炎を起こしたり風邪を引いたり・・・。
うがい、手洗いは今でも気をつけて徹底しています。
ステロイドの大量投与による免疫力の低下が原因だと思いますが
このような症状は一体いつまで続くのでしょうか?
もしかすると甲状腺機能も低下しているのかもしれませんが、
体内のステロイドが排出される期間のめやすなどがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

>4月月前に突発性難聴治療の為、3週間に渡りステロイド点滴

おそらく、ステロイドパルス療法ですね。大変でしたね。
でもこの治療は避けては通れなかったものと思われます。
特にこのような点滴治療でのステロイド投与は塗り薬のような
状態になることはありませんし、医師なども厳重に注意して
投与される薬です。

>体内のステロイドが排出される期間のめやすなどがあれば教えて下さい。

点滴で入れたステロイドそのものは、もう体内から出て行っていますが
免疫系の力が戻ってきていないと思います。いつまでという期間を
明言するのはなかなか難しいのですね。個人差がありますし、3週間で
どんな薬をどれだけ投与されたのかわかりません。
一度医師と相談されるといいと思います。
(要は白血球、リンパ球など血液検査で測定できるものも
ありますし、その他いろんな免疫のシステムもあります)

余談ですが、ステロイド外用剤(塗り薬)は漫然と半年以上使って
いるとNo1さまのような状態になります。また外用剤には
強いものから弱いものまで5ランクあり、適切に使っていくことが
重要です。今回は塗り薬のステロイドとは気になさらなくてけっこう
です。

>4月月前に突発性難聴治療の為、3週間に渡りステロイド点滴

おそらく、ステロイドパルス療法ですね。大変でしたね。
でもこの治療は避けては通れなかったものと思われます。
特にこのような点滴治療でのステロイド投与は塗り薬のような
状態になることはありませんし、医師なども厳重に注意して
投与される薬です。

>体内のステロイドが排出される期間のめやすなどがあれば教えて下さい。

点滴で入れたステロイドそのものは、もう体内から出て行っていますが
免疫系の力が戻ってきていないと思...続きを読む

Q足のしびれが治る薬はありますか?

3ヶ月前に腰椎ヘルニアの手術を受けました。
左の足の親指にしびれを感じていたのですが、術後は左足の親指以外の指がしびれるようになりました。

お医者様がいうには神経はすぐには回復しないので、3年くらいかかるとおっしゃるのですが、何も薬をくれません。

少しでも早く感覚を取り戻したいのですが、処方していただける神経の回復を早める薬があれば教えてください。

Aベストアンサー

もうしわけありません。
メチコバラミンと書いて
かんじんの薬の 内容を書くのを忘れていました。

他の回答者の皆様が おっしゃるように
ビタミンB12です。

知人は やはり 足の痺れで ビタミンB12を 病院から
出されています。

しかし、知人の場合は 
胃を全摘出しているので、
経口投与では 吸収されないことがわかり
B12の 注射に切り替えました。

Qためしてガッテンで放送された、しびれ外来について

NHKのためしてガッテンで放送された、しびれ外来について、
どちらの病院の情報だったのかお分かりの方教えてください。

Aベストアンサー

閉塞性動脈硬化症と腰部脊柱管狭窄症を特集した回ですか?

病院名までは覚えていませんが、MRIやABI値測定など、それなりに設備がある循環器科、整形外科なら診断が付きますので、「気になる症状を見て貰いたい」ということでしたら総合病院の循環器科を受診されてはいかがですか?

Q厚生年金・夫死亡後の妻の受取額について

妻の両親が厚生年金を受給しています。
(本人達の年金等の知識・認識が浅く、要領を得ない質問になることをお許しください)
父親は69歳で厚生年金を11.5万円/月、母親は63歳で厚生(おそらく)年金を3.0万円/月受給しています。
両親は田舎に住んでいますが、現在でも生活費に事欠く状況です。
今後、仮に父親が先に他界した場合、母親の受給額はいくらになるのでしょう。
生活費の援助が必要になると思いますので、今から考えておきたいと思います。
遠隔地に住んでいるため、厚生年金の種類などは確認できていません。
本来は社会保険庁に問い合わせるべきでしょうが、もし詳しい方でおよその事が簡単に分かる方がいらっしゃれば、
ご回答願います。

Aベストアンサー

年金は簡単に言うと、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2本建てになります。(会社員の経験がある場合)
なお、公務員の場合は厚生年金の代わりに共済年金となりますが、どちらでも大きな違いはありません。

まず、現状の認識で考えますと、夫は最低15年(おそらく25年)以上は公的年金に加入していたと思われます。
妻も最低15年以上加入していたと思われます。

a)夫:69歳、老齢基礎年金及び老齢厚生年金を受給
金額がかなり少ないことから、厚生年金受給期間が少ない、国民年金未加入期間があるなどの事情があると思われます。

b)妻:63歳、厚生年金3万円受給
これは特別支給の老齢厚生年金と呼ばれる物で、厚生年金独自の給付です。
金額からすると長期ではないが一時会社員として働いたことがあると思います。

まず将来について考えますので妻が65歳以降の場合について考えます。

A)夫、妻共に健在の場合
夫の年金額は変化はありません。
妻の年金は自分自身の「老齢基礎年金」及び「老齢厚生年金」を受給するようになります。
金額はご質問内容からはわかりません。
というのも妻の年金加入期間が満額の40年あれば基礎年金だけで月6.5万円ほどもらえますが、加入期間は現在の特別支給の厚生年金の金額からは推測できないのです。
妻はこの老齢基礎年金に加えて老齢厚生年金をもらいます。ただ金額は現在の受給額よりも少なくなるでしょう。

B)夫が死亡したとき
妻は3つの選択肢があります。
1)自分自身の老齢年金をそのまま受給する。しかし今回の例では金額的に損になると思われます。
2)自分自身の老齢基礎年金+夫の遺族厚生年金(夫の老齢厚生年金金額の3/4)
3)1,2の中間です。夫の遺族厚生年金の2/3と自分の老齢厚生年金の1/2を受ける

上記のうち一番金額の大きい物を選択します。
なお、夫が妻65歳以前に死亡した場合は中高年寡婦加算がもらえ、その後65歳からは経過的寡婦加算がもらえるのですが、妻が65歳以降に夫が亡くなった前提ですから今回は算定に含めませんでした。

どちらにしても夫・妻が健在(且つ妻は65歳以上)の場合よりも少なくはなります。
ただどの程度減額になるのかは夫と妻の加入歴次第で変わります。

これ以上のご回答を知りたい場合は、まず夫、妻の加入歴をきちんと調べるしかありません。
年金制度は複雑ですから、夫、妻の生年月日と加入歴がわからないと金額的にも相当異なる答えが出てきてしまいます。
なお本人以外が社会保険庁に問い合わせても教えてはくれません。(当人がいけない場合は代理人となりますが、詳細は社会保険庁に問い合わせて下さい)

では。

年金は簡単に言うと、老齢基礎年金と老齢厚生年金の2本建てになります。(会社員の経験がある場合)
なお、公務員の場合は厚生年金の代わりに共済年金となりますが、どちらでも大きな違いはありません。

まず、現状の認識で考えますと、夫は最低15年(おそらく25年)以上は公的年金に加入していたと思われます。
妻も最低15年以上加入していたと思われます。

a)夫:69歳、老齢基礎年金及び老齢厚生年金を受給
金額がかなり少ないことから、厚生年金受給期間が少ない、国民年金未加入期間がある...続きを読む

Qウイルス感染後の神経炎?なかなか診断がつかずに困り果てています。

7歳の息子が4ヶ月前に突然、起立時の両足甲と両膝の対照的な痛みを訴え、その数日後から両手指先に力の入りにくいような感覚を訴えています。発症前に咳と下痢が続き、発症4日目の血液検査でマイコプラズマ検出。
ギランバレーの疑いが出され、髄液検査、骨髄検査、末梢神経伝導検査、MRIをしましたが、いずれにも
異常数値は見られず、疑いは否定されています。
失禁(1度)、尿勢低下(数週間)、腹痛(3ヶ月)も続きました。
両足甲の痛みのみ、発症4週目に消えていますが、
両膝前面下部に物が触れた時と、起立した時に膝に
痛みが走るため、一本杖を使って歩いています。
以前に比べれば痛みは軽くなっている気もしますが、いくつもの病院(神経内科を含む)を回っても、
膝の痛みも指先の感覚のどちらも自覚症状でしかないので(筋萎縮等は見られないので)、はっきりとした
診断が出ず、治療もなく、このままで自然に治っていくのかどうか、不安が募るばかりです。
末梢神経伝導検査で異常が出ない場合は多発神経炎には該当しないのでしょうか?
圧力が加わった時にだけに痛みが走る障害が起こる
ケースはないのでしょうか?
小児専門の神経内科は少ないですし、また、神経炎に詳しい先生を探すこともとても難しく、困っています。8月27日の肩の神経炎のご相談を拝見し、局部的な神経炎もありえるのだと知り、ようやく同様の症例に出会えたかな?と思いました。その後、いかがでしょうか?
神経炎の多様な症状についてご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。

7歳の息子が4ヶ月前に突然、起立時の両足甲と両膝の対照的な痛みを訴え、その数日後から両手指先に力の入りにくいような感覚を訴えています。発症前に咳と下痢が続き、発症4日目の血液検査でマイコプラズマ検出。
ギランバレーの疑いが出され、髄液検査、骨髄検査、末梢神経伝導検査、MRIをしましたが、いずれにも
異常数値は見られず、疑いは否定されています。
失禁(1度)、尿勢低下(数週間)、腹痛(3ヶ月)も続きました。
両足甲の痛みのみ、発症4週目に消えていますが、
両膝前面下部に物が...続きを読む

Aベストアンサー

◆いろいろ検査はなされているようですが、末梢神経炎の場合はまず腱反射がどうかというのが最も重要です。腱反射が正常であるなら、ご質問の検査結果からは神経炎を積極的に考えるものではありません。

◆いずれにしてもギランバレーを含む多発神経炎では、筋力低下が前景に出てきます。筋力低下よりも膝の痛みのようですので、やはり神経炎の一般的症状ではありません。両側対称の症状ですので、局部の神経炎も否定的です。腓腹神経(足関節裏の神経)の伝導速度と前頚骨筋(下腿前面の筋です)の筋電図で脱神経所見がなければ、更に末梢神経障害は否定的です。

◆それよりも、単純に考えますと症状は、神経炎よりも多発性関節炎のように見えます。「指先に力が入りにくいような感覚」とは神経の症状ではなく、関節がこわばっている場合の訴えのほうが多いのです。

◆マイコプラズマ感染の合併症ですぐに頭に浮かぶのは多発性関節炎です。最初の数行を読んで「マイコプラズマの感染に多発性関節炎が起きたのだな」と思いましたし、膝や手の症状もよく合っています。多彩な腹部炎症症状が出てくることもあります。マイコプラズマでおきる多発性関節炎の説明はでてきませんでしたか?

◆神経炎にこだわっているのには他に何か症状や所見があったのでしょうか?

◆いろいろ検査はなされているようですが、末梢神経炎の場合はまず腱反射がどうかというのが最も重要です。腱反射が正常であるなら、ご質問の検査結果からは神経炎を積極的に考えるものではありません。

◆いずれにしてもギランバレーを含む多発神経炎では、筋力低下が前景に出てきます。筋力低下よりも膝の痛みのようですので、やはり神経炎の一般的症状ではありません。両側対称の症状ですので、局部の神経炎も否定的です。腓腹神経(足関節裏の神経)の伝導速度と前頚骨筋(下腿前面の筋です)の筋電図で脱神...続きを読む

Q自律神経失調症を乗り越えた方、体験談を教えてください。

強いストレスや環境の変化、睡眠不足などが続き、体調をくずしてから、2年になります。それまでは元気でじっとしていることが苦手で、スタミナにはかなり自信がありました。
2年間、病院でいろいろ検査をしました。なかなか原因が分からず苦しみました。半年前に、甲状腺機能がごくわずかに低下していることが分かり、薬を飲み始め、これで少しずつ体調を整えていければ!と希望を持ちました。チラーヂンを飲んで、鬱状態はすっかりよくなり、少し体も楽になったものの、その後も体調を崩してばかり。副腎皮質機能も病気と言うほどではないですが低下ぎみで、血液の栄養状態が悪い、食べる量が少ないのでは?と言われましたがむしろ多いほうで、食欲はなくなるということがなく、39度超の熱が出たときも普通に食べ、おかわりしたくらいです。
今、内分泌代謝内科に通院中ですが、一向によくならず悪化していくので、先生も甲状腺のせいばかりではないと、漢方の専門医を紹介してくださり、3週間漢方薬も飲んでいますが、今のところ改善しません。
一時3ヶ月寝込んだときにものすごく体力が落ち、運動は大事と思い、辛くても通勤時間に歩くようにしていましたが、この一年でだんだん歩ける時間が減り、今では歩けない日のほうが多くなり、仕事も週に1度は休んでしまう状況になりました。
ストレスがかなり強いので、思い切って仕事はやめようと思っています。
しかし、仕事をやめれば治るのか…。不安です。
克服された方、どのくらいの期間でどんなことをして治りましたか?
体験談をお聞かせください。

強いストレスや環境の変化、睡眠不足などが続き、体調をくずしてから、2年になります。それまでは元気でじっとしていることが苦手で、スタミナにはかなり自信がありました。
2年間、病院でいろいろ検査をしました。なかなか原因が分からず苦しみました。半年前に、甲状腺機能がごくわずかに低下していることが分かり、薬を飲み始め、これで少しずつ体調を整えていければ!と希望を持ちました。チラーヂンを飲んで、鬱状態はすっかりよくなり、少し体も楽になったものの、その後も体調を崩してばかり。副腎皮質機...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
私は20歳の時、自律神経失調症にかかりました。症状はnozonozo5さんと殆ど同じです。新入社員で入った職場は新人苛めが酷く、私は1.8ヶ月で辞めたのですが、それでも新人在籍の最長記録…。ストレスは相当でした。これが原因だったので、自律神経失調症の治療に、ストレスからの開放はまず絶対条件だと思います。私の場合、自律神経失調症とわかったのは病気が治癒して、再発した時でした。再発の時の原因も、やはり過度のストレスでした。

効果のある克服方法…で考えたのですが、漢方や針をしても一時的なものになってしまいますし、考え方云々だと変な宗教に走ってしまう場合もあるので^^; まずは、あれこれしようとせず、長い目で回復を考えた方がよいです。私は最初の時は病名もわからず色々と試しましたが、何一つ効果があった克服方法はありませんでした。

一番効果があったのは、「時間とゆとり」です。仕事を辞めて、家事手伝いで半年~1年弱過ごしたことです。それで回復しました。自分が自信のあること、できる事から少しずつ始めて、ストレスや急な環境の変化に自分がついていけるように慣らしていきました。二度目の自律神経失調症の時は、その原因であるストレスから逃げられる状態ではなかったので、友人に悩みを聞いてもらったり、心療内科のカウンセリングを受けながらストレスを自分で解消できるようにしていき、焦らないで日々を過ごすようにして、自然に治癒していきました。

未だにストレスには弱いですが、焦ったり、対策したり克服したりしようとするのが一番治癒には良くないように思います。長い目で、ゆったり、ゆっくり。日々の季節の流れや、道端の草花に目を向けて、ゆったり過ごしてみてくださいね。

こんにちは。
私は20歳の時、自律神経失調症にかかりました。症状はnozonozo5さんと殆ど同じです。新入社員で入った職場は新人苛めが酷く、私は1.8ヶ月で辞めたのですが、それでも新人在籍の最長記録…。ストレスは相当でした。これが原因だったので、自律神経失調症の治療に、ストレスからの開放はまず絶対条件だと思います。私の場合、自律神経失調症とわかったのは病気が治癒して、再発した時でした。再発の時の原因も、やはり過度のストレスでした。

効果のある克服方法…で考えたのですが、漢方や針をして...続きを読む

Q手足・顔のピリピリ感・・・しびれ?何の病気?

一週間前から両足全体がだるく寝れないほどで内科を受診。鉄分不足と
糖尿コントロール値が46歳にしては標準より少し高いといわれ鉄剤の処方と来週ブドウ糖の検査をすることに。2日間鉄剤を飲み、だるさは少し解消されましたが今朝からずっと両手足(先だけでなく全体、腕も)と顔の痺れというかピリピリ感が続いています。
頭痛、吐き気などはありません。麻痺やむくみ、変色などもありません。あと関係ないかもしれませんが2週間前から3日おきくらいで整形のリハビリに通ってます。骨盤の歪みからくる大腿部筋の炎症で軽いようです。股関節に近い所と膝上、腰に痛みがありますがレントゲンでは異常はなかったです。
以上からどんな病気が考えられますか?
やはり手足・顔の痺れは糖尿のサインでしょうか?
気にしすぎて神経的に・・・というのも考えられますか?
今まではなかった症状です。
どなたかアドバイスまたは同じ症状のかた、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

手足の痺れと顔面のビリビリ感は、脳障害による症状も考えましょう。無論、総合病院といいますか、色んな診療科目のある病院での診察及び検査をされているかと思いますが、CTやMRIなどの精密検査も考慮しましょう。精神的なものも多少は関係しているでしょうが。早急に、脳内の精密検査も十分に考えてみましょう。

Q原因不明の首の痛みや手足の痺れなどで悩んでいます

2月中旬から突然肘が痛くなり、3月中旬以降首が動かなくなり、痛くなり急激に悪化していきました。その他にも頭が締め付けられるような頭痛、めまい、首、肩、腕の異常なコリとハリで痛みと、手足がしびれて歩くのも辛いです。

病院の整形外科でCT、MRIなどを撮りましたが首がストレートネックではあるけど脊髄などは圧迫しておらず、自分の出てる症状とMRIの結果が一致していないと言われました。

神経内科で脳のMRIや眼底検査をしても異常なしで今出てる症状の原因がわかりません。

誰か同じような症状の方いらっしゃらないでしょうか?

Aベストアンサー

ありきたりだけど、セカンドオピニオンを勧めます。

>整形外科でCT、MRIなどを撮りましたが
機材がいくら進歩しても、それを診断に活かせるとは限りません。

言い換えれば推理する事が出来ないポンコツ探偵は真犯人を逮捕できないのです。
つまりはホームズを探す事です。

知人が脳梗塞の疑いで入院した時も同様の事がありました。
手や腕が痺れて急いで入院したが脳梗塞でなく原因不明で2週間。
脳梗塞ではないので治療が出来ずに安静のみ。
痺れを切らした知人は親戚がいる病院に喧嘩別れの様に転院。
その結果神経を圧迫しているのでそういった症状が出ているだけで日常生活に問題ないという診断になりました。
それに合わせた治療を行って数日で退院。

知人は怒っていましたね。脳梗塞じゃないと分かってから原因追求もせずに安静のみ。
入院費を稼ぎたいだけかとね。

ボクサーの内藤だったかも原因不明の腰痛でMRIでも異常なしだったけど腰痛の専門医がスクワットさせながら超音波診断したら見事に圧迫している箇所が見つかりました。
つまり検査方法を少し工夫するだけですがそれさえ思いつかない事例が多いと思います。

原因不明の病気など滅多にありません。治療法が確立していない病気は山ほどあるけど。
痛みや痺れが改善せずにいるのなら勇気を持って医者を探す事を考えるべきです。
他でもない自分自身の事ですからね。


参考
たけしの本当は怖い家庭の医学 過去放送一覧
http://asahi.co.jp/hospital_old/list/main.html

まぁ宣伝の為に出演している医師もいるかもしれないけどある程度は評価される方に出演交渉している筈ですので情報が全く無いよりは遥かに近道でしょう。
後NHKの健康番組なども探して見ると良いかも。

ありきたりだけど、セカンドオピニオンを勧めます。

>整形外科でCT、MRIなどを撮りましたが
機材がいくら進歩しても、それを診断に活かせるとは限りません。

言い換えれば推理する事が出来ないポンコツ探偵は真犯人を逮捕できないのです。
つまりはホームズを探す事です。

知人が脳梗塞の疑いで入院した時も同様の事がありました。
手や腕が痺れて急いで入院したが脳梗塞でなく原因不明で2週間。
脳梗塞ではないので治療が出来ずに安静のみ。
痺れを切らした知人は親戚がいる病院に喧嘩別れの様に転院。
その...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報