Let's とwithは一緒につかえないと習った記憶があるのですが
(1)×Let's play tennis with Tom.

(2)Let's talk with Bill.(NEW Horizon1年より)

(2)はなぜ良いのでしょうか? talk にはwithが必要だから?

 すっきりしません。どなたか知っているかたお願いします。

 

A 回答 (3件)

trgovecさんに補足します。


Let'sがLet usの省略形であることはご存知ですよね?
さらに、Let's~という文が、もともと次のような構造になっていることは知っていますか?
   Let      us      play tennis.
(~させなさい)(私たちに)(テニスをすることを)
   ↑動詞V   ↑目的語O   ↑補語C
【ちなみに、文法用語を使うと、第5文型の命令形です】

これらから、全体として、「私たちみんなでテニスをしましょうよ」という意味になるのです。
ちなみに、この場合のusは、話し手と語りかけている相手を含んでusと言っています。したがって、with meやwith usをつけるとダブっておかしくなるというのは、trgovecさんのおっしゃるとおりです。
[×]Let us play tennis with me.
[×]Let us play tennis with us.

ですが、たとえばTomのファンクラブの女の子3人が集まって、「トムを誘ってみんなでテニスしようよ」というのであれば、
[○]Let us play tennis with Tom.
で立派な正解英文です。

同じように、たとえば落ち込んでいるBillを見かねた友人が5人集まって、「ビルを呼んでみんなで話でもしようぜ」というときは、
[○]Let us talk with Bill.
で、これも立派な正解英文です。

「Let's とwithは一緒につかえない」というのは、質問者の記憶が正確でなく断片的になってしまったか、そのとき教えてくれた人が言葉足らずだったか、どちらかでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 with meが使えないことだけが記憶に残って
 勉強があいまいでした。
 詳しい解説ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/27 16:26

>Let's とwithは一緒につかえないと習った記憶があるのですが



それは多分 with me や with us ではないですか。let's は let us に由来するので「私達 us」と with の後の me や us がダブる(「私達が私(達)と」という感じになる)からという理由です。

3人称の人ならダブらないので問題ありません。Let's talk with Bill. で話す人は「私」と「あなた(たち)」と「Bill」です。

let's を日本語の「しましょう」と同じと考えると妙な文ができてしまうことがあります。let's は相手(you)を自分たちに引き込む意味があります。あなたと私で us です。

>talk にはwithが必要だから?

話す相手という意味なら必要ですが Let's talk.「話しましょう(私達だけで話しましょう)」のように自分たち以外にいないなら必要ありません。

なお let us とはっきり区切って発音すると「私達に~させよ」と別の意味に取られます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。Let usは知っていたのですが、
 Let's・・・・・・with me.が使えないことだけ
 インプットされていました。すっきりしました。

お礼日時:2008/11/27 16:24

「Let's とwithは一緒につかえない」というのは、聞いたことがありません。

(1) も、Tom以外の人に向かって「トムと一緒にテニスしようよ」という意味で言っているなら問題ないと思います。(2) も同じで、Bill以外の人に「Billと話をしようよ」と言っているなら問題ないでしょう。しかし、(1)も(2)も、話している相手の中に、TomやBillがいるとおかしくなると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/27 16:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Qwith と together の使い方のちがい

「私は~といっしょに・・・をする」という文の英訳
で、「~といっしょに」の部分を「with Mary」の
ようにwithの前置詞のあとに人の名や代名詞(her)を置くと習いました。
together を使った場合こういう文の表現はどう書く
のでしょうか?
どちらも「ある動作や作業をいっしょに」という意味があると思いますが 
with と together はニュアンスの違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

★まず品詞が違います。withは前置詞で、togetherは副詞です。前置詞は後ろに名詞または代名詞を従えて動詞を修飾する副詞句を作ります。副詞は単独で動詞を修飾します。
★ですから、「~と」の意味のwithの後には、名詞か、代名詞の目的格がきます。with~を「~といっしょに」とは理解しないでください。前の動詞によって、もっといろんな意味がありますから。write with a pen(ペンで書く)の場合の「~で」とかです。
★togetherは、「一緒に」と言う意味を動詞にを付け加えるので単独で使えます。あなたのいう表現では、go together with~ とやることになりますが、ちょっとくどいですね。
★2人でも100人でも、一緒に行こう!なら、Let's go together. です。こんな時にwithは使えません。無理に言えば、with each other(お互いにね)。

Qlet us と let's の違い

let us と let's はどちらの方が良く使われていますか。また、その使われ方の違いはどのような点にあるのでしょうか。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これは(かなり前ですが)アメリカの辞書ですら充分な説明の無い表現です。

この二つはまったく違うフィーリングを出した表現なのです。 しかし辞書では単に「Let'sはLet usの短縮形」と日本語でも英語でもそう書いてあります(ありました、私が知った時は)

Let usとは単なる「命令形」なのです。 Letと言う動詞が文頭に出た命令形なのです。 私たちに~させてください、と言うフィーリングなんです。 Let'sの持つフィーリングを出すにはとても無理な表現です。

Let'sとはそうではなく、動詞とUSが「珍しく」くっついてしまったほど文法からはなれてしまった慣用句的表現なのです。 これで、「やろうよ」「やりませんか」と言うお誘いのフィーリングを出すことのできる表現なのです。 Let usの持つ上に書いたフィーリングを出すにはこれも使えないといってもいいほどなのです。

この違いは大きな違いであり互換性はありません。 

つまり、辞書の説明は間違っているといってもいいくらい、機械的にLet'sはLet usの短縮形、となっているのです。 私ははっきりって「英語を言葉として本当に知っていると言いたいのであればこんな説明の仕方じゃそれが分かりませんよ」「辞書は正しいと思って頼りにしている人に恥ずかしいと思わないのですか」とすらいいます。

つまり、I'm はI amの、You'reはYou areの短縮形と言うのとは本質的に「人間が毎日使う言葉としての理解からすると違う」のです。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカに38年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

これは(かなり前ですが)アメリカの辞書ですら充分な説明の無い表現です。

この二つはまったく違うフィーリングを出した表現なのです。 しかし辞書では単に「Let'sはLet usの短縮形」と日本語でも英語でもそう書いてあります(ありました、私が知った時は)

Let usとは単なる「命令形」なのです。 Letと言う動詞が文頭に出た命令形なのです。 私たちに~させてください、と言うフィーリングなんです。 Let'sの持つフィーリングを出すに...続きを読む

QDon't you~?とDo you~?の違いについて

Don't you~?とDo you~?の用法がよくわかりません。

例えば、Don't you have a toothache?(意味:歯が痛くはありませんか→歯が痛いのでしょう)ととあるプリントには載っているのですが、「歯が痛くはありませんか」から「歯が痛いのでしょう」への意味の移行がよくわかりません。

Don't you~?≒Do you~?の関係が成り立つのでしょうか?
Don't you~?の使い方がよくわかりません・・・。

Aベストアンサー

こんばんは

Don't you think so?
を例にとって考えると分かりやすいかも知れません。
「そう思いませんか?」と聞く人の気持ちの中には
(きっとあなたはそう思うでしょう/思うはずだ)
と、相手に対して、同意、確認、確信を求める心理があります。
例えば、日本語でも
「税金が高すぎるのです。そう思いませんか?」(ね?そう思うでしょう?)
「病は気からですよ。そう思いませんか?」(そう思うでしょう?)
「楽しんで生きた人が勝ちだ。そう思いませんか?」
(そう思いますよね?)
なので、
Don't you have a toothache?
「歯が痛くはないのですか?」(痛いでしょう?痛いですよね?)
と移行するのだと思います。
また、(文脈にもよりますが)
Can't you keep still?
「じっとしてられないの?」→(じっとしてなさい)
のように叱責への移行もあります。


参考まで

QDoとDoesの使い方

DoとDoesの使い方がよくわかりません。
それで、問題集をやっていたのですが、
( )Mark and judy study jyapanese?
の質問文の( )に入るのはDOとDOESどちらですか?
私はdoを入れたのですが、なんとなくでよくわかっていません。
どなたか、英語がものすごく苦手な自分にも分かるようにDOとDOESの使い方を教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

簡単ですよ。難しく考えないことです。
 
主語が「I」と「YOU」以外の単数(一人、一つのもの)ならDoesを使います。これだけです。 

 ・主語が単数(一人、ひとつ)ならDoesで、複数(二つ以上)はDoです。
 ・「I」と「You」は例外です いつでもDoです。

この場合主語はMark and Judy(二人)で複数ですから、正解はDoです。

 中1で完全にわかることは難しいので、このくらいの覚え方でいいと思いますよ。あきらめずに続けていれば、だんだんとわかります。たくさんの例文を暗記していくと、はじめ質問者様のように、混乱することもありますが、あきらめずに暗記を続け、文法問題を少しずつこなしていくと整理がついてきます。気になったら学校の先生にすぐ教えてもらうことです。一番安くて身近ですから。
頑張ってください。

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q過去分詞ってなんですか?(>д<;)

こんにちわ。

英語苦手です・・・。
配られたプリントに『過去分詞』と書いてありました。
私は中2でして、習った覚えもないし、誰かに聞いても『過去分詞は過去分詞でしょww』っていわれて中々、参考になりません。

題名のとおり、過去分詞ってなんですか?
私にも分かるように分かりやすく、例文などを用いて(難しいですね;;)教えてくれれば幸いです。

Aベストアンサー

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形とはまったく関係ありません。「過去」という語がまぎらわしく「受け身・完了形」という呼び名にすればいいのにと私は思っています。
受け身・完了形ーーなのです。つまり、受け身(受動態とも言います)と完了に使うからです。
分詞というのは、2つの役割に分かれるということを意味します。動詞としての役割と形容詞としての役割です。

★過去分詞の例
まず、動詞の5つの変化の例文を書きます。
1. Tom and I do the work every day.
2. Tom does the work every day.
3. Tom did the work yesterday.
4. The work is done by Tom.
5. Tom has done the work.
6. Tom is doing the work now.
このうち、4番目と5番目が過去分詞の例です。
4. The work is done by Tom. (その仕事はトムによってなされる)
5. Tom has done the work.  (トムはその仕事をやったところです)

4は受動態(受け身)の例です。be動詞+過去分詞で使います。他の例題と主語が違うところが注意です。他の例で動詞の後にくるthe workが主語になっていますね。その仕事はトムによってなされるーーという受け身の意味となるからです。

5は4の受動態とは全く関係がありません。別物です。have (主語が単数ならhas)+過去分詞で使う現在完了形です。

もう1度確認します。
     受動態ーーbe + 過去分詞
     現在完了形ーーhave (has) + 過去分詞

これが過去分詞の使い方です。

★普通の動詞は、過去形と過去分詞形が全く同じです。

work 原形
worked  過去形
worked  過去分詞

ところがdoのようないくつかの動詞は、不規則な変化をし、その中でも過去形と過去分詞が違うものがあります。

do 原形
did   過去形
done  過去分詞

go 原形
went   過去形
gone   過去分詞

take 原形
took   過去形
taken  過去分詞

以上、ご参考になればと思います。

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形...続きを読む

Qyou'dは何の短縮形

おバカな質問なのですがyou'dの正式にどうなるのか忘れてしまいました。
調べようにもどうやって調べていいかわからないので。
どなたかわかる方いましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

続く部分によって違う場合もあります。
You'd like to do something. (何々したい)なら、You would の略ですが、You'd better do something. (何々したほうがいい)なら、You had の略です。
過去完了を示す You had done something. も、略せばYou'd になります。

QHow about you の意味と使い方がわかりません

How about you の意味と使い方がわかりません。
あなたはどう思っていますか?のような使い方だとは思うのですが、外人が話しているのを聞くとどうしてもいろんな使い方をしているような感じがして質問しました。使い方や話のどういう流れで使えばいいのか教えていただけませんか?よろしくお願いします

Aベストアンサー

あなたはどうなの?的な表現ですね。

例えば、

A:How's it going? (調子どう?)
B:Nothing much. (たいしたことないよ。)
How about you? (君はどんな感じ?)
A: Well, I'm alright. You know what? I've decided to move to NY next month. (まあまあかな。そういえば来月にNYに引っ越すことに決めたんだ)

------------------

A: Are you hungry? (おなかすいた?)
B: Yeah, a little bit, how about you? (うん、ちょっとだけ、君は?)


のような感じでしょうか。

QI'm going to の後にgoは必要ありませんか?

I'm going to+動詞の原型で「~するつもり」ですよね?
NHK教材で勉強しているのですが、「今日~の所へ行くつもり」という英文がいくつかあるのですが、どちらもI'm going toの後に「go(to):~へ行く」という動詞がありません。「go(to)」はなくても良いのでしょうか?

例1)I'm going to Yuki's house for dinner~
例2)She and Hiroshi are going to an inn near Mt.Fuji~

このbe going to の後に「go to」は要りませんか?
他の本(参考書や辞書など)にはbe going to の後に「go to」がある場合もありますし、私自身も動詞の原型が来ると覚えていたので分からなくなってしまいました。
英語が苦手なので何故要らないのか分かりやすく教えていただけると幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am going to America. と I am going to go to America. を混同されているようですね。

I am going to do は、I am going to ~ と外見は似ていますが、文法上も、考え方も全く違います。★をよく考えると違いがわかると思います。

次の事例で説明してみます。

----------------------

アメリカに行きます。

(1)まず頭で考えます。★何の準備もありません。

I will go to America.

(2)パスポートと航空券を★手配しました。旅立ちの日を★待っています。

I am going to go to America.

I am going to fly to America.

I am going to leave Japan.

(3)部屋の片付けをして飛行場までタクシーに乗るためタクシー会社に電話を★今しています。

I am going to America.

-------------------

※tetepさんは、I am goin...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報