よくカレーやシチューを作る時はホーロー鍋がいいと聞きますがその理由が知りたいです。アルミやステンレスではダメなのですか?。

A 回答 (3件)

>よくカレーやシチューを作る時は[X]がいいと聞きますがその理由が知りたいです。

[Y]や[Z]ではダメなのですか?。
X,Y,Z=[アルミ|ホーロー|ステンレス|銅]
のどれでも任意に入れて、説明可能な程度のものです。
それぞれの鍋の比較大文字は長所、小文字は短所
[アルミ]
A) 熱伝導性がよく、焦げにくい。特に流動性の低いものには良い。
B) 表面が不動態(酸化アルミニウム)に覆われていて、腐食しにくい
C) 軽い
d) 強い酸やアルカリに侵される。
e) 空焚きなどの強熱で溶けることがある。
f) 焦げ付いたり色がついたとき取りにくい
G) 急加熱、急冷、衝撃に強い

[ステンレス]
a) 熱伝導が悪く、焦げやすい。
b) 腐食に強い
c) 重たい
D) 比較的酸やアルカリに強い。耐酸性の高いモリブデンを含むものもある。
E) 強熱に耐えられる
F) コゲや汚れが取りやすい
G) 急加熱、急冷、衝撃に強い

[琺瑯(ホウロウ)]
a) 熱伝導が悪く、焦げやすい。
B) 腐食に極めて強い
c) 重たい
D) 酸に強い。アルカリには弱い。
e) 強熱に耐えられない
F) コゲや汚れが取りやすい
g) 急加熱、急冷、衝撃に極めて強い

[銅]
A) 熱伝導がよく、焦げない。
B) 腐食に強い
c) 重たい
D) 比較的酸やアルカリに強い。
E) 強熱に耐えられる
F) コゲや汚れが取りやすい
G) 急加熱、急冷、衝撃に強い

[鉄]
A) 熱伝導が普通。
b) 錆びる
c) 重たい
d) 酸や塩に触れると錆びやすい
E) 強熱に耐えられる
F) コゲや汚れが取りやすい
G) 急加熱、急冷、衝撃に強い

 カレー用にスープを作る時点では、ホーロー鍋が良いでしょう。しかし、ルーを入れたとたんに、熱伝導が低いことが災いしてコゲつきやすくなります。コゲ自体は取り除きやすいが、ルーはだめになります。特にカレーは調理後半日以上置いて再加熱すると良いといわれますが、再加熱はホーローでは焦げ付いてダメです。
 一旦ルーになったものは、アルミか銅が良いでしょう。また、小麦をいためてルーを作るときは銅か鉄のフライパンでしょう。

 このように、一概に言えるものではありません。ただ、その鍋を売るときには、その鍋の長所だけを並べ立てることもあるやも知れません。
    • good
    • 17

こんにちは。



ホーロー鍋は、火のあたりがやわらかく、シチューなど煮込み料理やジャム作りに向いています。
アルミやステンレス鍋のように急激に温度が上がらないかわりにじっくり加熱することができます。
    • good
    • 10

アルミやステンレスでも構いませんよ


ただホーローの方が保温力が良く、多少焦げ付いても簡単に落ちる利点が有ります
ただ一度焦げ付いて金束子等で傷を付けてしまうと、やはり落ちにくくなりますよ(^^)
厚手のアルミもお勧めです
蓋が有ればご飯も鍋で炊けますよ(^^)≪昔20年ぐらい前の大規模停電の時に焚いて助かりました≫
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカレーに適した鍋

今現在は、ノンスティックセラミック鍋を使っています。しかし、以前まだ新しい時にひどく腐食してしまい、買い換えたということがありました。今の鍋も少し腐食し始めています。原因はカレーではないかと思っています。翌日も食べるので、鍋のまま保存しますし…。

原因はさておいても、腐食した鍋は体に悪そうなので、鍋の種類自体を変えたいのです。カレーを保存しても腐食しない鍋を教えて下さい。

Aベストアンサー

今、使ってるのはホーローのおなべです。カレー用の寸胴と言う形のおなべですが、すごく丈夫です。

ちなみにお値段は1500円くらいでした。

参考にしてください^^

Qカレー、シチュー等、ルー1箱分作るなら何Lの鍋?

いつもカレーやシチュー、チャウダーは、大箱のルー1箱分作ります。
商品によりますが、10皿~12皿分でしょうか。
材料が半端に残るのが嫌なので、規定量よりも具大目に入れてしまいます。
たまねぎ1/2とかなら、1個入れてしまいます。
基本メニューにない野菜類、例えばきのこなんかも入れてしまいます。
この場合、どれくらいの鍋の容量があれば、十分なのでしょうか?

現在満水3.5L、かき混ぜられるぎりぎりの量だと3Lの鍋を使っていますが、
小さくて入りきりません。
肉じゃがやおでんなども作りますが、やはり鍋が小さく入りきりません。
いつも途中で別の鍋に少し移すことになってしまいます。
少し食べて減ったら、また鍋に戻すという面倒なことになっています。

24cm 4.5L
26cm 5.3L
28cm 7L
30cm 7.5L

と容量があり、どのサイズを買えば、どんなときも大丈夫なのか迷っています。
大は小をかねますので、本当は大きなものを買いたいですが、
シンクが小さくて鍋を洗うのが大変なので、大きすぎず小さすぎず、
調理時に縁ギリギリより少し余裕がある大きさが欲しいです。
現在の状況で、3L入れた状態ですと縁まで1~1.5cmくらいしか余裕がなく、
かき混ぜるのが大変です。
縁から5cm前後の余裕が欲しいです。

7L~ですと、今の鍋の2倍なので大きすぎるような気もしますが、
入りきらない分を別の鍋に移したり、余裕を考えると
~5.3Lですと小さすぎてお金の無駄になってしまいそうな気もします。
どのサイズが妥当でしょうか?
値段はみんな変わらない程度なので決めかねています。
みなさんでしたらどのサイズにしますか?
アドバイスお願いします。

いつもカレーやシチュー、チャウダーは、大箱のルー1箱分作ります。
商品によりますが、10皿~12皿分でしょうか。
材料が半端に残るのが嫌なので、規定量よりも具大目に入れてしまいます。
たまねぎ1/2とかなら、1個入れてしまいます。
基本メニューにない野菜類、例えばきのこなんかも入れてしまいます。
この場合、どれくらいの鍋の容量があれば、十分なのでしょうか?

現在満水3.5L、かき混ぜられるぎりぎりの量だと3Lの鍋を使っていますが、
小さくて入りきりません。
肉じゃがやおでんなども作りますが、...続きを読む

Aベストアンサー

私は2.8リットルの鍋で、ルー半分です。
やはり野菜を多めに入れるので、ちょうどよいくらいです。
(たまねぎ半分とか言われても、残った半分はどうしてくれるんじゃ!と言いつつ、全部入れてしまうので)

ルー全部だと、6リットル(24cm)の鍋を使います。

6リットルの鍋でも、おでんのときは、はんぺんが膨れて蓋を押し上げられてしまいます。
入れすぎなのはわかってるんですけど、おでんだからいろいろと入れたくなっちゃって。

Qステンレス鍋とアルミ鍋、どっちが使いやすい?

いま、ステンレス製の片手鍋を1つ持っているのですが、
お料理を同時進行させるためにもう1つ鍋を購入しようと
考えています。

ステンレス製の鍋は保温力&ふたの密閉力?が高くて、煮物には
向いていると思うのですが、すこし重い感じがします。
ですので、アルミ製は軽そうなので使いやすいのかな?でも
使ったことがないので、思わぬ欠点もあるのかも・・など
迷っています。

ステンレス製の鍋とアルミ製の鍋は、どちらが使いやすいと
思われますか? メリット・デメリットを教えてください。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

はじめまして

最初に補足ですが、アルミ鍋が有害なのではなく、アルミが有害です。
調理中にアルミが溶け出す量は極微量で、体に影響がでるほどは溶け出しません。
アルミニウムは自然界に多い物質ですので、薬や食料品等にも含まれており、鍋以外からの摂取量の方が多いと思われます、

本題です。
ステンレスのメリット
・丈夫で錆びにくい
・保温性が良いので、煮込む料理や保温調理にむいている。(これは板厚が薄い物は該当しません)
・IHに使用できる物が多い(使用出来ない物もあります)
デメリット
・熱伝導が悪い
・重い(軽い物もありますが、薄すぎると調理にむいていません)
思わぬ欠点は、中国製などで非常に安い物は錆びたりすることもあります。
板厚が薄すぎると炎があたっているところが焦げやすいです。

アルミニウム
メリット
・熱伝導がよい
・軽いので扱いやすい
デメリット
・ステンレスよりやわらかいのでぶつけたりすると、へこみやすい。
・ステンレスと比べると保温性が低い。
思わぬ欠点は、板厚の極端に薄い物・その地域の水道水の塩素濃度が高いという条件がそろうと、「腐食」という現象を起こし、穴が開くことがまれにあります。

結果的には、みそ汁など短時間で簡単な料理はアルミニウムで、長時間煮込むような料理はステンレスで、というような感じです。

どちらにもいえるのは、購入するのであれば「国産」のもので、板厚は最低1mm以上あるものがよいと思います。

はじめまして

最初に補足ですが、アルミ鍋が有害なのではなく、アルミが有害です。
調理中にアルミが溶け出す量は極微量で、体に影響がでるほどは溶け出しません。
アルミニウムは自然界に多い物質ですので、薬や食料品等にも含まれており、鍋以外からの摂取量の方が多いと思われます、

本題です。
ステンレスのメリット
・丈夫で錆びにくい
・保温性が良いので、煮込む料理や保温調理にむいている。(これは板厚が薄い物は該当しません)
・IHに使用できる物が多い(使用出来ない物もあります)
デ...続きを読む

Q皆さんの使っている、長く使えるおすすめの鍋を教えて下さい。

皆さんの使っている、長く使えるおすすめの鍋を教えて下さい。

圧力鍋、無水鍋、シャトルシェフ、十得鍋・・などなど。
(ルクルーゼは、おいしいとは聞きますが、重いのでパスです)
長所や短所。素材(アルミかステンレスか)や大きさ。
調理法別の違いなども合わせて教えて下さい。

希望としては、
・ちょっと高くても(1~2万円)、長く使える
・幅広い料理に使える
・ガス代をおさえたい
・手入れが簡単(かなりのずぼらです)
・おいしく食べたい


結婚して10年近くたちますが、恥ずかしながら現在持ってる鍋は
旦那が独身中に使っていた、アルミの両手鍋(カレー、豚汁などに)・片手鍋(ちょっとした煮物に)。
500円で買ったミルクパン(みそ汁)。
私の実家に眠っていた、寸胴鍋(おでんと煮豆)と浅型両手鍋(ほとんど使わず)。
新しい鍋を買って、台所でのテンションをあげたいのも理由の一つです。


圧力鍋を買いたくてずっと悩み続け買おうとしたのですが、調理や片づけが面倒そうだし、コトコト系の料理はあまり味がよくないようなので、気持は冷めつつあります。あと、一生モノなので高くてもいいというものの、部品交換の出費が。。

無水鍋は手入れも簡単そうで、お手頃だしと思いましたが、そこまで重宝されてないような書き込みが多く、今はシャトルシェフに気持ちが移りつつあります。

実際使われている皆さん、いかがでしょうか?

とにかく面倒くさがりなので、手入れが簡単に越したことはありません。
ゴシゴシ洗えて、収納面も。

それから、今使っているIH炊飯器の内釜のコーティングがボロボロで、これを機に炊飯も鍋に変えようかとも思っています。(タイマーの便利さに負けないか不安なとこですが・・)


旦那と、子供2人の4人家族です。一日1回、4合炊いています。
とりあえず、カレーサイズの鍋を一つ検討しています。
ご飯も鍋でいけそうだったら、また後日買いたすとして。

結局は、使う人の好みや性格、何に重きを置くかだと思いますが、色々検索して逆に分からなくなってきました。よきアドバイスをお願いします。

皆さんの使っている、長く使えるおすすめの鍋を教えて下さい。

圧力鍋、無水鍋、シャトルシェフ、十得鍋・・などなど。
(ルクルーゼは、おいしいとは聞きますが、重いのでパスです)
長所や短所。素材(アルミかステンレスか)や大きさ。
調理法別の違いなども合わせて教えて下さい。

希望としては、
・ちょっと高くても(1~2万円)、長く使える
・幅広い料理に使える
・ガス代をおさえたい
・手入れが簡単(かなりのずぼらです)
・おいしく食べたい


結婚して10年近くたちますが、恥ず...続きを読む

Aベストアンサー

#4です

私が愛用しているのは16cmのKBB-1600です。
一番小型のサイズですが、お味噌汁や肉じゃがなどではぴったりのサイズですね。
カレーもディナーカレーとかザ・カリーのような小箱サイズのだと、ちょうど作れる大きさです。
ただ、お子様が食べ盛りでしたらもっと大きなのがいいでしょう。
うちの場合は保温容器の置き場所の関係上この大きさが限界でしたが。

シャトルシェフの利点は、保温加熱中に具材が動かないので
味がよく染みているのに煮崩れしていない煮物が作れるところです。
ポトフなども、綺麗な透明なスープが取れますよ。
欠点は普通に火にかけるよりも調理に時間がかかるところでしょうか。
そのあたり逆算して調理をはじめないといけないですね。

あと、炊飯器ですが、予算に余裕があれば圧力IH炊飯器にすると世界が変わります。
やすい炊飯器にありがちな、べちゃっと感がまったくなく、ふんわりしゃきっとした美味しいご飯が炊けますよ。

Qカレーを作るのは、フライパン?鍋?

こんばんは。

カレーを作る時は、何で作りますか?今、フライパンで作る人が多いみたいです。専用のルウも出てるみたいです。

フライパンで作る人は、どんな材料を使いますか?

鍋で作る人は、こだわりなどを!

残った時は、どんな風に食べますか?

私は、フライパンでは作った事無いです!こだわりは、牛乳を少しいれます。残りは、うどんをいれてカレーうどんです!
よろしくお願いします‼

Aベストアンサー

最近はフライパンで作って、余ったのは1食分ずつ容器に小分けして冷蔵庫ですね。

>フライパンで作る人は、どんな材料を使いますか?
材料自体は変わらないと思うけど
肉(豚or鶏)、玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、おろしニンニク、鶏ガラスープが基本
あとは旬の野菜や冷蔵庫の余り物を入れたりします。

>残った時は、どんな風に食べますか?
普通にあっためて食べる以外だと
・カレー炒飯(カレーの水分を飛ばして、ご飯を投入して混ぜる)
・カレーうどん・そば(麺つゆとカレーを半々にして麺を入れ、長ネギと七味をトッピング)
・カレースパゲッティ(茹でたスパゲッティを和えるだけ)
・カレーピザトースト(食パンにカレーを載せて、チーズをトッピングして焼く)
・カレー春巻きスティック(春巻きの皮にカレーを包んで揚げる)

Q雪平鍋とは?

スーパーでも、ホームセンターでも、調理器具の売り場にいくと、雪平鍋(ゆきひらなべ)っていう小型の鍋がたくさん売っていますが、あれはいったい何なのでしょうか?
雪平鍋自体は、もちろん自宅にもあるし、どこに行っても見かけるので、子どものころから知っているのですが、それを雪平鍋と呼ぶことを大人になってから知って、なんでそういう名称なのか、なんのためにそのような鍋が存在しているのかが気になって調べています。(純粋に知的好奇心からです)

名称については、在原行平(ありわらのゆきひら)という人に由来することがわかりましたが、
雪平鍋っていうと、必ず独特の模様?がありますよね。(全面を打ち出したような、あの小さな凹みのことです。)
あれは何か意味があるのでしょうか。

ただの「小型の鍋」というのではなくて、「雪平鍋」じゃないといけない(あるいは雪平鍋らなしめている)何らかの理由、要素がありますか?

また、雪平鍋と名乗るための条件というのがあるのでしょうか?

変な質問かもしれませんが、何かご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただければ感謝します^^

スーパーでも、ホームセンターでも、調理器具の売り場にいくと、雪平鍋(ゆきひらなべ)っていう小型の鍋がたくさん売っていますが、あれはいったい何なのでしょうか?
雪平鍋自体は、もちろん自宅にもあるし、どこに行っても見かけるので、子どものころから知っているのですが、それを雪平鍋と呼ぶことを大人になってから知って、なんでそういう名称なのか、なんのためにそのような鍋が存在しているのかが気になって調べています。(純粋に知的好奇心からです)

名称については、在原行平(ありわらのゆきひ...続きを読む

Aベストアンサー

鍋の表面を打ち出し、強度を付けることで、アルミの欠点を補います。また打ち出すことが表面積すなわち加熱する面積を増加させ、熱の伝導性をさらに高めます。
ということだそうです。

http://www.kodawariyasan.com/nakao/yukihira.htm
http://www.furaipan.com/shouhin/13arumi/arumi-yukihira/furaipan349.html

Q健康を考えると何でできている鍋がいいのでしょうか?

家にある鍋(土鍋ではなく、日常調理に使う鍋のこと)が、古くなってきたので、いっそのこと、嵩張らないように一揃えで買い換えようかと考えています。
そこで、どういったものにしようかと迷っています。
使い勝手ももちろんなのですが、健康面を考えた場合、何鍋(ホーロー、アルミ、鉄、○○加工など)がいいものなのかというのも参考にして考えようかと思っています。
一昔前はアルミ鍋は良くないなんて言われましたが、その後、この説は下火になったことは知っています。
なんだかんだいって、あのうすっぺらいアルミ鍋で作ると調理しやすいものもあるし・・・。

健康を考えると、何鍋がいいという差はあるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

アルミ鍋の害が下火になったのではありません、噂が下火になっただけです、アルミが溶け出す事で胃や記憶障害の引き金になると言う懸念は残っています、そのうちテフロン加工などはフッ素が融け出るなどと言い出すかも知れません、とにかく危ない懸念があるものは避けるべきだと思います、鉄、ステンレス、ホーローなどが無難な所ではないですか、先の回答者が述べられているように、外国産の怪しげなのも要注意してください。

Qホーロー鍋で炒めたら焦げ付いてしまいました。

シチューを作るためにホーローの鍋で鶏肉を炒めたのですが
お鍋が焦げ付いてしまい、そのままこの鍋でシチューを作ったら
焦げが浮いてきて汚いことになってしまいました。。
弱火~中火位で油で炒めていたのですが、これがバターだったら
もっと焦げやすいですよね。
みなさんはお鍋での炒め物でも焦がすことなく炒められるのでしょうか??

Aベストアンサー

自分はホーローではない金属製の鍋(ステンレス?・・一般的によく見る銀色の鍋です)を使っていますが、混ぜていれば殆ど焦げ付いたりしませんよ。

でも確かにだいぶ昔、ホーロー鍋で炒めていて鍋の底を真っ茶色にしてしまった事を思い出しました。
ホーローは炒め物が底にくっつき易く、少し気を抜くと取り返しの付かない焦げ方しますね・・・鍋自体が変色してしまって。

ホーローを使って炒めるなら、火をかなり弱めにした方がいいかもしれませんね。

Qよく「鍋に油をひいて炒めてから水を入れて煮る」などと料理本やレシピなど

よく「鍋に油をひいて炒めてから水を入れて煮る」などと料理本やレシピなどに書いてありますが、フライパンではなく鍋に油をひいて炒めても、側面に肉などがつくとくっついて焦げ付いてしまうし、下面も少しずつこげていってしまいます。
結局、フライパンで炒めてから鍋に移して煮ているのですが(カレーなど)、皆さん焦げ付かないのでしょうか?
それとも焦げ付かない仕様の鍋を前提に本などは書いてあるのでしょうか?

Aベストアンサー

新品のテフロン加工のものでもないければ、少しは焦げ付きます。
鍋でもフライパンでも薄手のものよりも厚手のものほうが焦げ付きにくいです。


> 側面には油がついていないから
油を少し多めに入れて、鍋を軽く温めてから回して側面にも油を回し、多い油を捨てればいいです。
もしくはキッチンペーパー等で側面まで満遍なく塗る。

鍋は油をひいてよく熱してから、肉を入れて直ぐに火を弱めて炒めればこびり付くようなことはありません。
肉を炒めるといっても常に掻き回し続けるのではなくて、広げたら時々ひっくり返す程度の気持ちで十分。
焦げないようにと必死になって掻き回し続けても鍋の温度が下がって火の通りは悪いし、逆に焦げ付きやすくするだけ。

少しは焦げ付くけど、水入れて木ベラ等で軽く擦るだけでとれてしまう程度です。
この程度の焦げは旨味なので捨てないように。
真っ黒だとダメですけど。

> 焦げ付かない仕様の鍋を前提に
それはありませんが、焦げ付きやすい鍋を前提にもしていません。
心配なら厚手のホーローやテフロン加工の使えばいいでしょう。
厚さがあればアルミやステンレスの鍋でもかまいません。油を満遍なく塗って、十分に加熱しておいて下さい。

新品のテフロン加工のものでもないければ、少しは焦げ付きます。
鍋でもフライパンでも薄手のものよりも厚手のものほうが焦げ付きにくいです。


> 側面には油がついていないから
油を少し多めに入れて、鍋を軽く温めてから回して側面にも油を回し、多い油を捨てればいいです。
もしくはキッチンペーパー等で側面まで満遍なく塗る。

鍋は油をひいてよく熱してから、肉を入れて直ぐに火を弱めて炒めればこびり付くようなことはありません。
肉を炒めるといっても常に掻き回し続けるのではなくて、広げたら時々ひっ...続きを読む

Q「厚手の鍋」ってどんな鍋?

煮豆やおでんなど長時間火にかけて調理するものにはよく「厚手の鍋を使い・・」という言葉が出てきますよね。

この場合の「厚手の鍋」と言うのは具体的に
・どのような素材で出来た
・どのくらいの厚さの
ものを指すのでしょうか?

実際にそのようなお鍋を使っている方のご意見(使用感など)も合わせて教えていただけると、ありがたいです。

Aベストアンサー

厚手の鍋の定義・・・どこを基準にすればいいのか^^;
私にとって厚手の鍋とは、
落としたときに凹まないほどの厚さのあるもの(最低3mm以上の厚さがある)、重みのあるもの(まぁ厚さがあるとその分重くなりますね^^;)・・・でしょうか。
薄い物は炊きムラ(煮ムラ)が出来てしまいます。
それは薄いがゆえに火が当たっているところは温度が当然上がって、側面、火が当たってないところまで熱くなるには時間差が出ます。
それによって炊きムラが出来ます。
これを避けるために厚手の鍋がいいとされてます。
昔で言うなら鉄鍋、今で言うなら多重鍋など。
素材でいうなら・・・鉄?今はそんな純粋な鉄鍋はあるかな?^^;
アルミは熱伝導がいいとされますが、保温性が低いとされます。つまりは熱くなりやすく、冷めやすい。
先で言ったように厚みのあるアルミ鍋はないような・・・? あってもアルミは軟らかいので変形しやすいです。
変形すると熱伝導は均等にはいかないですね><
もしアルミの厚手なら5mm以上の厚さはほしいところです。
何だかマイナスなことばかり言ってますね><
ステンレス素材の物は薄くない物だったらいいと思います。
でも、難点は購入金額高いことですね。
厚手の鍋はどれも結構な金額はすると思うので、他の素材と変わりはないかもしれないです。

私は多重鍋です。素材はステンレス。
とはいっても、多重ですからステンレスの間に熱伝導のいいアルミを挟んでいるものです。(えっと7層ほどかな)
アルミ、ステンレスの利点を発揮できるようなつくりですね。
保温性もありますし、長時間煮込むときも不安にならないです。
蓋を開けても満遍なくグツグツしてます(グツグツが偏ってない)。
こんなので参考になれば^^;

厚手の鍋の定義・・・どこを基準にすればいいのか^^;
私にとって厚手の鍋とは、
落としたときに凹まないほどの厚さのあるもの(最低3mm以上の厚さがある)、重みのあるもの(まぁ厚さがあるとその分重くなりますね^^;)・・・でしょうか。
薄い物は炊きムラ(煮ムラ)が出来てしまいます。
それは薄いがゆえに火が当たっているところは温度が当然上がって、側面、火が当たってないところまで熱くなるには時間差が出ます。
それによって炊きムラが出来ます。
これを避けるために厚手の鍋がいいとされ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報