ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

グロー放電って何ですか?分かりやすくお願いします。

A 回答 (2件)

原子や分子など気体の粒子に電子が衝突して粒子が光る現象です


このような発光を「グロー発光」と言います
グロー発光を伴う放電をグロー放電というのです
ネオンサインや蛍光灯の点灯管、水銀灯などは身近なグロー放電の例です
    • good
    • 0

こんばんは。


わかりやすく、ですか。

ガラス管の中が中途半端な真空であるとき、
管の両端にそれぞれプラスとマイナスの電圧(100V程度~1000V程度)をかけると、
管の中で放電が起こってプラズマ状態になり、真空度などの条件によって特定の色の光が出ます。
それをグロー放電と言います。
このとき、電流は1A程度以下です。

写真
http://www.kronjaeger.com/hv/hv/exp/crt/index.html

構造の一例の図
http://en.wikipedia.org/wiki/Glow_discharge


蛍光灯やプラズマテレビは、グロー放電の応用例です。
(ただし、グロー放電の光自体を直接見ているわけではなく、グロー放電で発生した紫外線が蛍光物質に当たったときに発生する可視光を見ていることに注意。)


なお、
雷は放電の一種ですが、持続的に放電するわけではないので、グロー放電ではありません。

以上、ご参考になりましたら。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアーク放電が使われてるもの

今日は、アーク放電について調べているものですが、
アーク放電が使われている物ってアーク溶接のほかに何かありますか?
またアーク放電のメリットとかデメリットとかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

アーク放電とは、接触している導電体に電流が流れているとき、この接触を引き離すと、それまで流れていた電流はすぐに遮断されず、空中を放電し、電流が流れるのを継続しようとする放電現象です。
アークとは、弓形とか、弧と言う意味ですね。

で、利用されているものは、
蛍光灯、点灯に使用するグロー管はアーク放電ではありません。白く光る蛍光管はアーク放電を利用したものです。

電気溶接、アーク放電は強い熱を発生させ、その温度は鉄を溶かすことができます。この熱を利用して溶接します。

電気炉、熱源として放電を利用するものがあります。

スポットライト、劇場用などの強力なものに利用されています。

このように、強い熱や光を簡単な制御機器で実現できる装置を作ることができます。

デメリット?、一般に放電が起こると、電磁波も出ますから、ラジオに雑音が入ったり、テレビの画像が乱れたり、そのほか電波を利用している機器に影響があります。
強い光で目を傷めたり、熱で焼けどしたり、
大きな機器になると、スイッチを切るときに発生するので、アーク放電をすばやく消すための工夫がなされています。消弧装置といいます。ブレーカーの接点部分に ひだ 状の金属が取り付けてありますが、これが消弧装置の一例です。

それから、電源の入ったままの電気機器のコンセントを抜くとき、火花が出ることがありますが、アレがアーク放電です。強い熱でコンセントをいためますから、必ず電源を切って抜きましょう。

なお、ネオン、真空管、ブラウン管なども放電を利用した機器ですが、これはアーク放電ではありません。
これらは、空気が薄いと放電しやすくなる現象を利用した、グロー放電を利用した機器です。

アーク放電とは、接触している導電体に電流が流れているとき、この接触を引き離すと、それまで流れていた電流はすぐに遮断されず、空中を放電し、電流が流れるのを継続しようとする放電現象です。
アークとは、弓形とか、弧と言う意味ですね。

で、利用されているものは、
蛍光灯、点灯に使用するグロー管はアーク放電ではありません。白く光る蛍光管はアーク放電を利用したものです。

電気溶接、アーク放電は強い熱を発生させ、その温度は鉄を溶かすことができます。この熱を利用して溶接します。

電...続きを読む


人気Q&Aランキング