新生活!引っ越してから困らないように注意すべきことは?>>

基本的な内容は分かるのですが、違いが分かりません。
小学生でも分かるように教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

先の回答を補足します。


私の前の方が、ゲラのことを「版下を作る前に活字を組んでもらったもの」のされていますが、これも間違いではありません。活字印刷では、一個一個の文字がハンコになったようなもの(とうぜん文字は、逆さまになっています)を、原稿通りに「箱」に並べて、文章を作り、それを「版」にして印刷していました。この活字を選んで並べる作業は「活字を拾う」と表現されます。こうしてつくられた「版」の試し刷りがゲラと呼ばれていたのです。ゲラの語源は、さっき書いたとおりですが、もともとgalleyとは「組んだ活字を納める、通常金属製の細長い箱」の名前だったのです。活字での印刷は現在では少なくなり、少し前までは「写植文字」といって、写真植字、つまりワープロを打つように文字を機械に入力し、それを印画紙に現像したものが、版下として使用されていました。今では文字原稿は、コンピュータに入力された後、直接、デザインされ、その完成したデータをもとに製版フィルムが作られています。つまり昔は「版下」で「入稿(印刷作業に入れること)」していたものが、今では「データ入稿」されている、ということです。文字の校正はコンピュータからプリントアウトした紙、時にはコンピュータの画面上で行われます。こうした理由から、現在では、一般的な印刷では本来の「版下」や「ゲラ」は、使用されないことが多くなっているのです。活字時代はかなり長かったのですが、写植文字の
時代は、わずか20~30年でした。
    • good
    • 2

小学生にもわかるように、ということですから、


そんな感じで書いてみます。

版下:もともとは「版木に貼り付けて版を彫るための下書き」という意味です。版画を作るときに、絵や字を書いた紙を板に貼って、その上から彫りますね。その紙のことだったのです。
でも今の印刷は、版画とは違い、製版フィルムという透明なフィルムに字や写真を焼き付けた(プリントした)ものを機械にかけて印刷します(製版フィルムは、よく会議や学校でも使う、オーバーヘッドプロジェクターの原稿フィルムのようなものを想像してください)。現在の「版下」は、その製版フィルムを作るためのものです。写真をプリントするようなツルツルした印画紙がありますね。あのような紙に、文字や写真、絵、などがデザインされているものです。
簡単に言えば、「版」の「土台」になるもの、ということになります。

ゲラ:ゲラ刷りのこと。英語で「校正刷り」と言う意味のgalley proof(ギャリー・プルーフ)が、なまってこう呼ばれています。校正とは、文字の間違いなどを「正しく」直すことです。つまり、ちゃんと印刷する前に、間違いやへ変更がないかどうか確かめるために、試しに刷ったもの、ということができます。ただし、版下のコピーをそう呼ぶこともありますし、製版フィルムの青焼き(これも、厳密には違う意味なのですが、今の印刷ではカラーではなく、黒など一色で刷ったもの)をそう呼ぶこともあります。このゲラで校正することをゲラ校正(ゲラ校)とかゲラチェック、と呼んだりします。ふつう「ゲラ校正」の次には「色校正」といって、印刷するつもりの色をつけて試し刷りしたもので、もう一度校正します。ただ、色校正は、おもに色合いの感じや、色の出方やをチェックする段階ですから、文字や言葉やデザインの直しは
ゲラ校正の段階で、すましておくことが大切です。
そうしないと、手間やお金がかかりますから。

カンプ:これも英語のcomprehensive(カンプリヘンシブ)がもとになった言葉です。この言葉には「よく理解される」というような意味があり、そこから「これから作ろうとしている広告を、広告を出す人に対して、こんなものですよ、と理解してもらうため」にあらかじめ作った「出来上がり見本」という意味で使われるようになりました。実際に使いたい写真や絵、またはそれに近いものに、文章(コピー)がきちんとデザインされ、完成された時の感じが、誰にでもわかる
ものになっていなければなりません。似たような用語にデザインラフ、ラフスケッチ、略してラフ、というものがありますが、これは「カンプほどきっちりした見本ではないけれど、だいたい感じがわかるもの」というような意味で使われます。英語のrough「おおざっぱな、おおよその」の意味です。
    • good
    • 7

絶対一般的にこうだ!というものではないですが、


私が勤めていた出版社ではこうでした、というのを。

まず、原稿(ワープロ打ちだったり原稿用紙に手書きだったり)があります。
これを、印刷所に渡して、レイアウトなどを指定して、活字にしてもらい、普通のコピー用紙のような紙に出力してもらいます。これをゲラと言います。
ゲラを出してもらって、原稿とつき合わせて校正する、ということを何度か繰り返して、これで誤植もなくOK、ということになったら、つるつるのとてもきれいな紙に、活字を印刷してもらいます。これを版下と言います。
これは、印刷のときに、フィルムに焼付けるのに使います。
もしこれが汚れたり、傷が入ったりすると、本に汚れが印刷されてしまいますので、大切なものです。
これは多分、どこでもこういう風に言うと思います…。

カンプというのは、私のところでは、カラーのページがあったときに、色を見るために出力してもらうカラーコピーのようなものでした。
本当の印刷で見るのが一番正確なのですが、何しろ高いので、安く上げるためにそうしていたのだと思います。
これは「私のところではそうだった」とは言えるのですが、一般的にこういうかどうかはちょっと自信がないです(^^;
    • good
    • 2

印刷用語辞典は#1の方が紹介されたので、


もう少しかみ砕いて簡単に・・・。

版下:
印刷物の原稿(の材料)。
すぐに印刷できる状態のものを「完全版下」と言います。

ゲラ:
校正刷りの俗称。製品としての印刷物を作る前に
誤字脱字など色々な誤りを直す作業を「校正」といいますが、
この校正のために作られた仮の印刷物を「ゲラ」または「ゲラ刷り」
と呼びます。

カンプ:
コンプリヘンシブレイアウト(comprehensive layout)の略語。
印刷物や広告の完成見本。
クライアント(デザインを注文した人)への
プレゼンテーション(計画を見てもらう)の時に作ります。
    • good
    • 1

 こちらをどうぞ。



参考URL:http://www.inv.co.jp/~yoshio/DW/Print/Print.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q拡張子 epsの開き方、どなたか教えて下さい!

拡張子EPSの開き方をどなたか教えていただけませんか? 開こうとすると、WEBサービスを使用して適切なプログラムを探す、もしくは一覧からプログラムを選択する、という項目がでますが、どうすればよいかわかりません。

全くの初心者なので、わかりやすく記載して頂ければすごく助かります。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

少し本道から外れた回答を。私は会社でIllustratorでロゴ等のデザインをして(epsで保存)、それをWordやExcelに貼ったりして使うことが良くあります。

ファイルがロゴ等の小さいものであればWord,Excelで中身を見ることは可能です。
(やり方)
1.Word,Excelのツールバー「挿入」→「図」→「ファイルから」・・・と進み、ファイルを指定、「OK」

これでIllustratorで作ったロゴがWord,Excelに取り込むことが出来ます。もともとWord、ExcelはEPSを読める仕様になっていますのでとても便利です。

(注意)
気をつけて欲しいのがフォントが入っているファイルはどうも読めないようです。(今までの経験から)

フォントをIllustrator上でアウトライン化してフォントの属性を無くしてしまえば読み込み可能なんですが、フォントそのままが入っているとエラーが表示されます。

そのEPSファイルって何が書いてあるんでしょうか?文章がたくさん入っている内容でしたら本件のやり方では不可です。ロゴやデザインなどだったらきっとOKのはずです。

だめもとでやってみてはいかがでしょうか?

少し本道から外れた回答を。私は会社でIllustratorでロゴ等のデザインをして(epsで保存)、それをWordやExcelに貼ったりして使うことが良くあります。

ファイルがロゴ等の小さいものであればWord,Excelで中身を見ることは可能です。
(やり方)
1.Word,Excelのツールバー「挿入」→「図」→「ファイルから」・・・と進み、ファイルを指定、「OK」

これでIllustratorで作ったロゴがWord,Excelに取り込むことが出来ます。もともとWord、ExcelはEPSを読める仕様になっていますのでとても便利です。

(注...続きを読む

Q働きマンのコトバ??★ゲラって何ですか??

こんにちわ。
みなさん「働きマン」ってご存知ですか?
モーニングって雑誌に載っているモヨコ氏の傑作です。

私は主人公の働きぶりに惚れまくりで毎回楽しみに読んでますが少々漫画に出てくる言葉でわからないことがあります。

1「何それ?ゲラ??」
記者に主人公が原稿を渡したときに言われた言葉です。
書きかけの原稿って意味と受け取ってもいいのでしょうか?

2校了
雑誌に載せる文章を書いていて「もうすぐ校了です!」っていっています。書きあがるって事でしょうか?

3現実
実際出版の業界はあの漫画のようなものなのでしょうか?
背景を知りたいです。

出版、編集の作業も面白そうだとか大変そうだとか毎回楽しみに見ています。
回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

一応ライティングの仕事をやってます。
ほとんど答えが出てるようですが、実際どうか、に関して(^^。
ちなみに月刊誌です。

ウチの場合「校了日」というものが決まっていて、
編集さんが赤字のつけあわせなど最終段階のチェックを
ちょっとおえらいさんとやって、「校了」としてます。
私はライティングなので、仕上げたものを編集さんに渡して
校了は担当編集さんにしてもらってますね。

校了って言葉は一般の読者にはわからないので、
エディターメッセージなんかで読者に対して言う時は
「締め切りの日に」とか言いますね。
印刷所に送る手前では最終的な締め切りには違いないので。
実際はレイアウト入れがいつまで、とか、いろんな締め切りがあるわけですが。

漫画の方は読んだことないのでわかりませんが、
今は植字とか使わず、文字入れもレイアウトも
Macで行えますので(DTP)、
No.3さんの言うとおり、ちょっと古い言い方…本来とはちょっと違った意味のことに
なっている点はあると思います。
植字じゃないのに「誤植」とか言いますよね。

一応ライティングの仕事をやってます。
ほとんど答えが出てるようですが、実際どうか、に関して(^^。
ちなみに月刊誌です。

ウチの場合「校了日」というものが決まっていて、
編集さんが赤字のつけあわせなど最終段階のチェックを
ちょっとおえらいさんとやって、「校了」としてます。
私はライティングなので、仕上げたものを編集さんに渡して
校了は担当編集さんにしてもらってますね。

校了って言葉は一般の読者にはわからないので、
エディターメッセージなんかで読者に対して言う時は
「締め切...続きを読む

Q印刷でいう、コンセってなんですか

印刷で、色校正なんかのときに、コンセはどうしますか。
なんて、使われるものです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず最初に「コンセ」という言葉自体は、はっきり定義された物を指す言葉ではない、という事を覚えておいてください。

元々の意味では、「コンセンサス」(青焼き)の略称であり、完成予想図や、単なる未来の展望もコンセという事になります。

印刷業界におけるコンセは、広義に言えば校正刷の事です。(色校,青焼など)

狭義的には、校正機で刷った物ではなく、クロマリン、ファインチェッカー等から出力した物を指します。

校正紙のいろいろ
1.青焼きに色見本チップ(モノクロ向け)
2.カラーコピー
3.デジタル校正 ←これがいわゆるコンセ
4.アナログ校正(校正機で刷ったもの、一般に言う色校)
5.本機校正

下に行くにつれて、本機印刷との誤差が少なくなります。

コンセでは本紙に刷れないため、顧客によっては「ちゃんと本番と同じ紙に刷った物でないと話にならん。」と言われる事もあります。そういう顧客には4か5の方法で色校を刷ります。

今までは本紙でデジタル校正を行う事は出来ませんでしたが、DDCP(Direct Digital Color Proof)の普及により、可能になりましたので、いわゆる「色校」と「コンセ」の違いは無くなりつつあります。

上記の回答内容は、私が勤めている印刷会社での現状に沿った物ですので、他の会社でも同じ意味で使われているかどうかは分かりませんので、ご了承ください。

まず最初に「コンセ」という言葉自体は、はっきり定義された物を指す言葉ではない、という事を覚えておいてください。

元々の意味では、「コンセンサス」(青焼き)の略称であり、完成予想図や、単なる未来の展望もコンセという事になります。

印刷業界におけるコンセは、広義に言えば校正刷の事です。(色校,青焼など)

狭義的には、校正機で刷った物ではなく、クロマリン、ファインチェッカー等から出力した物を指します。

校正紙のいろいろ
1.青焼きに色見本チップ(モノクロ向け)
2.カラーコピ...続きを読む

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q上司に「ご報告まで」は失礼?

上司に対して些細な事をメールで報告する時に
メールの最後に「ご報告まで」と付けるのは失礼ですか?

「ご報告までです」ならOKですか?

Aベストアンサー

「ご報告まで」は「ご報告まで申し上げます」の省略形です。
上司に対しては失礼です。
「ご報告までです」は日本語としておかしいです。
省略しないで元の形のままにするか
「ご報告いたします」
「ご報告申し上げます」
でお願いします。

Q入校と入稿どっち?

突然ではありますが、皆様。
入稿と入校を使い分けていますか?
印刷物のデータ等を印刷所に入れる際、、
果たしてどちらが正しい日本語なのでしょうか?
それともどっちもあり?

皆様のお知恵を拝借したく思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 入稿と入校、ずいぶん盛り上がっているようですが、「入稿」は業界用語として存在しますが、「入校」は業界用語としては存在しません。したがって「入校」とは、校正だの校了だのと言っているうちに稿と校を混同してしまった誤用そのものだと思います。

 にもかかわらず、一部には「入稿」と「入校」を使い分けているとのことですが、それはそちらのご都合、べつに何も言いません。ただ、ずいぶん紛らわしい表現ですから、手配の間違いなどが生じなければいいがとつい考えてしまいます。

 まして「入校」が「校正を出すために製版会社あるいは印刷会社へ入れる」という表現ともなるとますます不安にもなります。
 「製版会社あるいは印刷会社へ入れる」という以上、「校正を出すために」とは「校正が終わった原稿を出すために」という意味なんでしょうが、それなら「校了原稿を製版会社あるいは印刷会社へ入れる」と同じことで、結局これがまさに「入稿」だろうと思うのですが。

 それよりもむしろ、どうしても「入校」という言葉を使いたいなら、他の業界用語と同列に考えて、「入校」とは「校正に回す」方に使うべきではないでしょうか。つまり、「入校」とは「製版会社あるいは印刷会社へ入れる」のではなくて、むしろ「これから(執筆者などに差し戻して)校正にかける」という意味の方が正しくはありませんか。

 といったことで、定義も曖昧なまま、本来はなかった「入校」という文字を一人歩きさせるのはどうかと思いますね。文字をメシのタネにしている我々なんですから、文字や熟語はもっと的確に、そしてシンプルに使いませんか。

 

 入稿と入校、ずいぶん盛り上がっているようですが、「入稿」は業界用語として存在しますが、「入校」は業界用語としては存在しません。したがって「入校」とは、校正だの校了だのと言っているうちに稿と校を混同してしまった誤用そのものだと思います。

 にもかかわらず、一部には「入稿」と「入校」を使い分けているとのことですが、それはそちらのご都合、べつに何も言いません。ただ、ずいぶん紛らわしい表現ですから、手配の間違いなどが生じなければいいがとつい考えてしまいます。

 まして「入校...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qディレクションって何ですか??

求人広告を見ていていまして、職種;広報
”パンフレット等の印刷物のディレクションを担当して頂きます。”
っとありました。ディレクションとはどういう仕事なのでしょうか??

”広告代理店や広報、宣伝部署の経験者歓迎”とも書かれていたのですが、未経験では難しい仕事ですか??

そういう関係に全く知識のない私がわかるような御説明を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

映画ですと、映画監督を「ディレクター」と言いますね。
シナリオを元に、俳優さんに演技をつけたり、カメラワークや美術セットのセッティングを指示したり、撮り終えたフィルムを編集して映像にあった音楽やナレーションを吹き込む…といった、制作に関する全ての方向性を決め、制作スタッフの総指揮を執る人のことを指します。

ご質問にある「印刷物のディレクション」も、ジャンルは違いますが、考え方は映画監督の仕事内容と同じです。
まず、パンフレットなど印刷物の制作目的を的確に捉えた上でその内容をまとめあげ、エディターやライター、デザイナーに制作を発注、方向付けした通りに進行しているかをチェックしながら、印刷物として完成するまでを、責任を持って一元管理する「パンフレット制作に於ける総指揮官」の役目ではないでしょうか。

>”広告代理店や広報、宣伝部署の経験者歓迎”とも書かれていたのですが、未経験では難しい仕事ですか??

その会社が、どの程度のスキルを求めているかにも依りますが、恐らく未経験では難しいと思います。とにかく、覚えなければならないことが山ほどあるので…
この手の求人では、パンフレットやカタログの制作関連の仕事など、印刷物の制作経験があることが条件となる場合が多いようです。

映画ですと、映画監督を「ディレクター」と言いますね。
シナリオを元に、俳優さんに演技をつけたり、カメラワークや美術セットのセッティングを指示したり、撮り終えたフィルムを編集して映像にあった音楽やナレーションを吹き込む…といった、制作に関する全ての方向性を決め、制作スタッフの総指揮を執る人のことを指します。

ご質問にある「印刷物のディレクション」も、ジャンルは違いますが、考え方は映画監督の仕事内容と同じです。
まず、パンフレットなど印刷物の制作目的を的確に捉えた上でその内容...続きを読む

Qコミッションとフィーの違い

タイトル通りですが、コミッションとフィーの違いが良く判りません。検索もしましたが、なるほど、と言う回答が無かったので‥。
辞書的な意味は両方とも手数料ですよね。エージェンシーコミッション=代理店手数料ですよね。仕入に対して数%のせてクライアントに請求する、と言う事で良いのでしょうか?最近エージェンシーコミッションではなくフィーベースで、みたいな事を言われる方が時々いるのですが、フィーベースのフィーってどうゆう事ですか。コミッションからフィーベースにした場合どんなメリット・デメリットがあるんですか?

Aベストアンサー

広告業界の話です。

コミッションは全体の予算に対して何%のマージンを取るというかたちで計算します。

フィーはそのプロジェクトに対してかかるコストに基づいて計算します。フィーの考え方としてはコンサルフィーと同じで、「これだけの仕事をするためには、これだけの人をこれだけ拘束するから、それぞれの給料からみた人件費と会社の固定費などを乗せたもの」がベースになります。

フィー制度のメリットは、予算規模に関係なく一定のクオリティをエージェントが提供できるという点です。

たとえばあるプロジェクトを行うとき、エージェントはウェブ広告がもっとも効果的だと思っても、コミッション制をとっている限り自分の取り分が少なくなるような提案はしません。新聞全面広告をやりましょうという話になる。コミッションのマージンが15%のとき、1億のメディアを提案すれば1500万(制作費8500万)ですが、2000万のネット広告案では300万(制作費1700万)しかもらえません。

フィー制で、たとえばフィーが500万だとするとエージェントはどっちを提案しても500万円の収入が確保できるので、予算規模に縛られない提案が可能になります。クライアントは1700万のネット広告費にかかる制作実費にフィー500万円で、2200万の予算ですみます。(本来の2000万よりは高いのですが、エージェントに1億の提案をされて失敗するよりはずっとマシというのがミソです。エージェントのメリットはここにあります)

また、通常25億の予算と50億の予算があったとき、エージェントの手間が倍になることはまずありません。コミッション制では正当な労働の対価とは関係なく単純に報酬が倍になってしまいます。フィー制では制作コストが白日の元に晒されるので、コスト管理にうるさい外資系がよく好んで採用しています。

広告業界の話です。

コミッションは全体の予算に対して何%のマージンを取るというかたちで計算します。

フィーはそのプロジェクトに対してかかるコストに基づいて計算します。フィーの考え方としてはコンサルフィーと同じで、「これだけの仕事をするためには、これだけの人をこれだけ拘束するから、それぞれの給料からみた人件費と会社の固定費などを乗せたもの」がベースになります。

フィー制度のメリットは、予算規模に関係なく一定のクオリティをエージェントが提供できるという点です。

たとえ...続きを読む

Qネット金額とグロス金額の違いは?

仕事でプロモーション関連を担当しているのですが、広告を出稿する際に見積をみると、よく「ネット金額」や「グロス金額」というものが出てきます。既に社内の人には聞ける立場ではないので困っています。ちなみに広告出稿には広告代理店を使っています。見積は代理店から頂く場合と広告出稿先から頂く場合があります。
代理店マージンが絡む場合と絡まない場合で異なるのでしょうか?どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ネットとは原価。グロスとは利益込の価格の事です。つまりグロスとは代理店マージンが含まれていますとの事です。


人気Q&Aランキング