gooドクター有料プランが1ヶ月間無料!

膝には、体重の2~3倍の負担がかかると聞き あわてています。

夫は、交通事故で、片足膝関節をダメにして10度程度しか曲げる事ができません。
日常の生活や、歩行などの不自由はしていません。
40代に入り、中年太りで、体重71Kg(身長165cm)体脂肪率30%近くです。
膝への負担を軽くするには、体重を軽くするのが一番だと思います。

心配なのは、現状の重い体で、有酸素運動(ウオーキングや縄跳び)などをすると、かえって膝の寿命を縮めるのでは?という事です。
大丈夫なのでしょうか?しないよりいいのでしょうか?
何か負担の少ない良い運動があれば、是非、是非、教えてください。

体重を減らすために私が考えられる方法は--------------

食事は、ストレスにならない程度カロリーをセーブ。
運動は、水泳や水中ウォーキングなど、休日に行こう。
ストレッチと、腹筋や腕立て、ダンベルなどの、筋トレで、基礎代謝を少しでも上げて、体重を落す方向に。

--------------------ですが、

実は、本人に危機感がないく、必要性を感じないのか、やる気がイマイチです。
プールに行っても、ビート盤につかまって浮いてます。(涙)
ダンベルも、ビデオも本もそろえたのに、2週間で挫折。(涙)

なにか脅かす材料<膝と体重>があれば、併せて教えてください。
どうぞ、よろしくお願い致します。

gooドクター

A 回答 (6件)

 足を悪くされているとのことですが、


そういう悪い所が少しあると、運動に対して消極的になってしまうのは、
ある意味仕方がありません。
 
 私の提案としては「膝のために運動」ではなく、
「趣味で体を動かしたら」とか、「痩せると格好良いよ」などで、
勧めていくことですね。
前者のコンセプトですと、強制的というニュアンスが強くて、
最初の内はどうしても嫌がってしまいます。
 運動を2年ぐらい続けられて、中弛みしてきた時に、
「膝が悪いんだから」と言うのを言ってあげてください。
この時ならば、効果抜群です。

>40代に入り、中年太りで、体重71Kg(身長165cm)体脂肪率30%近くです。
>膝への負担を軽くするには、体重を軽くするのが一番だと思います。

 ご主人が若い時は痩せていたのでしたら、完全な内臓脂肪型肥満ですね。
膝も心配ですが、成人病もちょっと心配です。

>食事は、ストレスにならない程度カロリーをセーブ。

 その方針で特に問題ありません。
 基本的な食事についてのポイントは、
・炭水化物・糖分の摂取時間を早い時間と運動直後に持ってくる。
・蛋白質の摂取量を体重の2倍程度(体重が70Kgならば、140g程度)にする。
・炭水化物:蛋白質:脂肪=4:3:2の摂取比率にする。
・食事の回数を増やす
・ビタミンB群を多めに摂取する
になります。
 具体的な食生活は分かりませんが、
夜に飲まれると思われますビールや日本酒などの糖分の多いお酒を、
ウイスキーなどの糖分の少ないお酒に変えるだけで、
結構効果が表れますよ。

>運動は、水泳や水中ウォーキングなど、休日に行こう。
>ストレッチと、腹筋や腕立て、ダンベルなどの、筋トレで、基礎代謝を少>しでも上げて、体重を落す方向に。

 ちょっと量が多いです。
ご主人は膝が悪いのですから、少し加減してあげてください(笑)。

 そこで、Dietに適する運動のポイントを述べますと、
・会話が出来るくらいの強度で、楽に行なう。(220-年齢)×0.6ぐらいの心拍数)
・行なう時間は、30~40分間。
・朝食前、または夕食前の空腹時に行なう
・行なう頻度は、”週3回”までに留める。
となります。
 余談ですが、10日一回運動するだけで運動不足は解消されるデータが挙がってきています。
毎週行なうのではなくて、気が向いた時に行なうぐらいで、
まずは問題ありませんよ。
 
 最後に、無酸素運動ですが、
まずは、下記のサイトを見せてあげてください。

 具体的には、
・1セットを43秒、回数にして6回~10回行なう。
・重量の設定は、明らかに動作に抵抗を感じる所から始め、出来る限り増やしていく。
・セット間のインターバルは、3分。
・無酸素運動の総運動時間は、60分~75分に留める。

 後は下のサイトを見てください。

>なにか脅かす材料<膝と体重>があれば、併せて教えてください。

 最初に申し上げたのですが、脅かすと逆効果です。変に萎縮してしまいます。
 できれば、奥様が一緒に有酸素運動に付き合ってあげたり、
一緒のDietメニューで食事をしてあげた方が、相手はやる気になります。
 膝を悪くされて体脂肪率も30%でしたら、そうとう運動から遠ざかっています。
まずは、ご主人の運動に対する苦手意識を消すことから、始めてくださいね。

 それにしても、旦那さん思いの奥さんだこと。キィィーーーー、悔しい(笑)。

参考URL:http://www.guile.jp/menu.html
    • good
    • 3
この回答へのお礼

本当に、ご親切にありがとうございます。

>前者のコンセプトですと、強制的というニュアンスが強くて、 ・・・・

ホントですね。もっと気をつけてあげようと思いました。
この1年、500g落ちては、「あ、昨日ストレッチしたからだ!お、お腹へこんだんじゃない?」なんて励ましてきたつもりでいましたが、強制的なニュアンスは、あったと思います。

>ご主人が若い時は痩せていたのでしたら、完全な内臓脂肪型肥満ですね。

膝も心配ですが、成人病もちょっと心配です。
ご指摘通りです。膝が先か、成人病が先か・・・といった状況です。

食生活のアドバイスありがとうございます。
気をつける様にはしていたのですが、もっと勉強します。
食事に関しては、楽しみでもあるし、成長期の子供も一緒なので、是非、知識を身につけたいです。

>ちょっと量が多いです。
ご主人は膝が悪いのですから、少し加減してあげてください(笑)。

あ、大丈夫、レベルが全然違いますから。
コマーシャルの間に腕立て10回、次のコマーシャルの間に腹筋・・・ぐらいの習慣がつけばいいな程度なので。

>毎週行なうのではなくて、気が向いた時に行なうぐらいで、 まずは問題ありませんよ。

すごく、気が楽になりました。休日、子供と遊びにでかけたりで、それなりに消化できるレベルなんですね。
効率の良い、時間帯なども考えたいと思います。

無酸素運動、サイトをみせて頂きました。
ビックリです。一番ビックリが、写真で見る体型変化、4ヶ月で、こんなにグッと引き締まるものなのですね・・・。あと、データーの取り方も半端じゃなくて・・・スゴイです。

>奥様が一緒に有酸素運動に付き合ってあげたり
はい、付き合うどころか、「無駄なんじゃない?」の言葉を「やればできる」に変えるために、体型に問題ないところを さらにトレーニングしました。
おかげさまで、プロポーションは20代です。(言い過ぎかな)
でも、私だけ長生きしてもなぁーーー。

一緒に楽しめる方向で、励ましていきたいと思います。

また、先の人にも書きましたが、医師に聞いて、運動が可能かどうか確認して、気持ち良くトレーニングをしたいと思います。

お礼日時:2003/03/02 10:28

水泳やウォーキングでしたら膝への負荷は少なく済みますよね。

根本的に膝が10度程度しか曲がらないとのことですが姿勢の調整に膝関節の調整を行う技術がありますので完全にボルトなので固定をしているという訳ではないのであれば、一度姿勢の専門家にご相談されるのもいいかもしれませんね。
    • good
    • 2

専門家紹介

専門家プロファイル_井元雄一

職業:カイロプロクター

20年の実績から、腰や肩の問題だけでなく、身体全体をしっかりと診ることを重視しています。画像姿勢検査や病診連携も実現し、あなたに合わせた最適な施術を提供。PTA会長を務めた経験から子どもの姿勢も真剣に考え、学校での姿勢教育や講演も行っています。

詳しくはこちら

専門家

体というのは使わなければ使わない程、衰えるのですよ。

私は同じ程度の身長で体重は10kg程度重いですが、10キロ程度走ってますけど別に故障はしてません。運動することや、負荷を加えることで骨は強化されるのです。食事を減らしては基礎代謝が減って太るだけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

<10キロ程度走ってます

スゴイ!!!!\(◎o◎)/
そんな方もいらっしゃるんですね。
 
夫は日常歩行に不便はしませんが、走るなんて無理なので・・・。
それに、万歩計をつけたのですが、1日3000~4000歩。これが、現状です。

お礼日時:2003/03/02 09:40

今のままでは確実に悪くなる方向に向かっている、といえそうですね。


「歩く」、「走る」は膝に負担がかかります。
膝の寿命を縮めるというのは当たっています。
一番のお勧めは、やはり水泳、水中ウォーキングなのですが、
ここでちょっと注意しなければいけないのが水温です。
なるべく暖かい、というよりも出来れば温泉のようなプールのほうがベストです。
体温よりも低い温度の水に浸かっていると、体が冷えてきます。
それでは困るので、体は皮下脂肪を増やそうとします。
つまり、ペンギンやアザラシのような体になってしまう恐れがあります。
あと、本人にやる気が無いというのならば、EMSという手もあります。
電気的な刺激で筋肉運動をさせる、という、あの、アブなんとか…
なんとかトロニックとか・・・
ただし、数千円~一万円前後で手に入るものは、ほとんどその効果が期待できないので、ちゃんとしたものを選んでください。
どんなに安くても10万円以上はするはずです。
通常で15~6万円程度、プロのスポーツマンなどが使っているものは
4・50万から数百万円のものだそうです。
効果があるかどうかは、使った後に、ちゃんと「筋肉痛が起こる」
ということです。だって、筋肉を鍛えているんだから…
これで基礎代謝は上がり、かなりシェイプアップできるはずです。
なんといってもリハビリは本人のやる気次第なんですが、難しそうですね。
私はカイロプラクティックの施術院を開業していますが、一度近くで探されてみてはいかがでしょうか?保険は利きませんが、かなり効果はあるといえるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

太ってきたので、運動したいけど、膝が心配で・・・、でも太れば太るほど、膝への負担は多くなる・・・。悪循環です。

一番安心してできる運動が水泳なら、もっと行く機会をふやしたいと思います。もう、アザラシぽいので、脂肪がたっぷりなんだろうな~。

アブ○○ニックの件、通販のものの効果に疑問をもっていましたが、そういう事だったのですか・・・。参考になりました。

>膝の寿命を縮めるというのは当たっています。
かけがえのない身体ですので、一度おもいきって、専門の先生に相談してみようと思います。

お礼日時:2003/03/02 09:32

エアロバイクは膝に負担がかからないのでいかがでしょうか?

    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
膝が曲がらないので、エアロバイクや自転車は、不可能なんです。すみません。

お礼日時:2003/03/02 09:14

こんにちは。


膝に負担がかからない有酸素運動といえば、水中ウォーキングや水泳が一般的です。
でも、プールに行くのは面倒だしなかなか続きませんよね。ストレッチングやラジオ体操も真剣にやれば結構エネルギーを消費しますよ。
あとは、食事療法で摂取エネルギーをバランスよく減らすことが効果的だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ストレッチなども、面倒くさがりますが、習慣化できる様に工夫してみます。
ゴロゴロテレビを観ている時も、せめてのCM間だけは、グーーーと,ストレッチとか。
めげないで、笑顔で声かけてみます。

お礼日時:2003/03/02 09:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング