味覚障害を防ぎたく亜鉛の含まれている食品を多く食事に取り入れたいと思っています。食品と一日に必要量を教えてください。また加熱等して良いものかまた体にどれぐらいで排出されてしまうのか、わかる範囲で結構ですので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

貝類では「牡蛎(カキ)」で、1日3個。


野菜では「カボチャ」の種(レシピは下記サイトにあります)
テレビの「あるある大辞典」をリンクします。
サイトに入りましたら、「亜鉛」をキーにして検索してください。
タイトルは重複しますが、項目として32項目あります。

亜鉛は、味覚だけでなく、新陳代謝の活発化にもいいようです。

参考URL:http://www.ktv.co.jp/ARUARU/index.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。いろいろ参考になりました。

お礼日時:2001/03/08 18:46

成人の場合、1日あたりの推奨摂取量は15mgだということです。



その他 こちらに詳しいことが。
参考にしてくださいね。


参考URL:http://www.dab.hi-ho.ne.jp/nacco/main_menu/zinc. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ぜひ参考にさせてもらいます。

お礼日時:2001/03/08 18:42

牡蠣だと思います。


食品成分表のページがありますのでご参考までにどうぞ
http://food.tokyo.jst.go.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ぜひ参考にさせてもらいます。

お礼日時:2001/03/08 18:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亜鉛が多く含まれている豆はなんでしょうか?

亜鉛が多く含まれている豆はなんでしょうか?
調べてみたのですが、わからなかったので質問します。
豆の栄養成分一覧みたいなのがあれば、わかるのですが見つからなかったです。
ひよこ豆やスプリットピーが多いようなのですがどうなのでしょうか?
知っている方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

色々調べて行くと豆以外も知りたくなりませんか?
下記は文部科学省が作成している日本の食品分析の基本中の基本データです。
食材や食品などに成分表示やらカロリー表示などを書く場合は、全てこの表に書かれている数値が用いられています。
もちろん豆も入っています。

http://cgi.members.interq.or.jp/sapphire/satoshi/cgi-bin/nutrition/

Q一度加熱した未開封のレトルト食品について

一人暮らしなので、カレーやパスタソースのレトルト食品をたまに使うのですが
湯で加熱した後に、未開封のまま冷えた場合
そのまま賞味期限まで保存できるものでしょうか?
加熱したことで中身になんらかの変化が起きて
保存期間が短くなることはありえますか?
熱で殺菌?にはなると思うのですが
たまにパウチのふちが縮んだように波打っていることがあるので
気になりました。

Aベストアンサー

明治のサイトに
http://qa.meiji.co.jp/faq/show/87?category_id=291
レトルト商品の再加熱について
レトルト商品を一度温めましたが、未開封です。もう一度、温めて食べることはできますか?


回答
「パウチ(袋)」を開封しなければ、温め直しをしてお召し上がりいただけます。 しかし、たび重なる温め直しは具材やソースの品質を低下させることになりますのでおすすめできません。

と書いてあります。

Q加熱可能な食品添加物

最近の流行に逆行するような事なのですが、勤めている職場が洋菓子製造なのですが、商品にカビが生えやすいようなので防カビ剤などの保存料を探しております

仕上げ後のアルコール(エタノール)製剤の噴霧というのはありますが、1個1個かけるのも面倒なので生地に練り込み焼成するという状態にしたいと考えております

現在の状況としましては、洋生菓子は本来ならば冷蔵庫に入れておきまして当日or2~3日中に食べて下さいというのが本来なのですが、スーパーなどのテナント販売になりますと製造日+保管日数+販売日=となりまして製造から客の口に入るまでに1週間ほどの間があります
焼き菓子なども常温で2週間放置していてもカビが全く生えないような防カビ剤の詳細を教えてもらいたいです

Aベストアンサー

販売されるのは焼き菓子のようなものでしょうか?
2週間となると、通常の工程管理ではなく、それ用の商品作りをしなければ安全とは言えないでしょう。
まず、作っている商品を水分活性(無理でもせめて水分量)で管理すること。
ガス置換などが可能な包装機を設備すること。
乾燥剤、アルコール揮散剤などを封入できること。
自社で細菌検査が出来る体制を整えること。

最低でもこのような準備がないと、D+15という賞味期限は困難でしょう。

食品添加物の選択は、対策とする細菌類を決めてからということになります。
カビの場合は日持ち向上剤として酢酸ナトリウム製剤を使用するのが一般的です。

※食品添加物で防かび剤というと、柑橘などに使用するもののことをいいます。

Q味覚オンチな人・味覚の嗜好な狭い人の改善方法

大家族(20人)で住んでいるのですが

単なる好みと言ってしまえばそれまでですが
味覚オンチや、味覚の嗜好が狭い(少ない?)
って好き嫌いとは少々違うように思います。

大人になっても、苦い物・辛い物が食べられない。
変わった食材を使うと、すごい拒否反応がある。
また、スパイスやハーブなどを使用すると、
食べられない人がとても家族や近所の人に多いです。
私以外の人が作る料理は、メリハリがなく
子供が喜びそうな味です。

「うちは夫婦共カレーの王○様じゃ
ないと食べられないの」という人までいて
そこまで行ってしまうと、味覚が幼児で
停まってしまっているのでは?とさえ
思ってしまいます。

なんにでもマヨネーズ
なんにでもケチャップ
なんにでも醤油
という人も多いし、作ってる側としては
がっかりしてしまいます。

一番好きなのは、ハンバーグ
オムレツ、ナポリタン!という45歳もいます。
いわゆる「ガキくち」ですよね、、、。
いい大人が、、と本当にがっかりします。

これって改善できますか?
できれば、いろんな地方やいろんな国の
料理をみんなで楽しみたいと思っているのですが、、、。せっかく大人数で食べるのだしー

私個人の意見としては、偏食や固食は
精神の成長に反比例すると思いますが、、、。

大家族(20人)で住んでいるのですが

単なる好みと言ってしまえばそれまでですが
味覚オンチや、味覚の嗜好が狭い(少ない?)
って好き嫌いとは少々違うように思います。

大人になっても、苦い物・辛い物が食べられない。
変わった食材を使うと、すごい拒否反応がある。
また、スパイスやハーブなどを使用すると、
食べられない人がとても家族や近所の人に多いです。
私以外の人が作る料理は、メリハリがなく
子供が喜びそうな味です。

「うちは夫婦共カレーの王○様じゃ
ないと食べられないの」...続きを読む

Aベストアンサー

ミネラルが不足すると味覚障害になります。偏食を長く続けていると気づかないうちにそうなる場合もあります。パン食、インスタント食を続けていて味覚障害になる人が最近多いようです。

人間は嗅覚を通じてかなりの“味”を感じています。ですから風邪をひいて鼻が詰まると“味がしない”ようになります。慢性的な鼻炎や嗅覚の異常がある場合も味覚に疎くなります。

目隠ししてジュース等の決まった味のもので味を確認するテストをしてみると良いかも知れません。


人間は持って生まれた味覚として“甘み”を好みます。糖分は基本となるカロリーの源ですから普遍的に好まれるべきものとしてインプットされています。しかしそれ以外の味は経験によって獲得されていくものです。何度か口にして慣らされていくとそれが“美味しい味”に変わっていきます。経験することで味のレパートリーを獲得する能力というものも人間に備わったものです。ただし“苦み”“渋み”“えぐみ”といったようなものになると、多く経験しないとなかなか分かってきません。いわゆる大人の味ですね。しかし“辛み”については味ではなく単なる神経への直接的刺激ですから別物だと思います。辛みの強いものを食べられないことと味覚の成長は関係ありません。むしろ刺激物に慣れすぎるのはよくないかと思います。

食わず嫌いや偏食しているうちは成長しません。あまり好きでないものでもとにかく食べ続けることです。味覚音痴の人はすぐ“マズイ”と言いますが、“マズイ”という味はありません。それは味を表現できないことのあらわれです。味を確かめながら何でも食べることが大切でしょう。

ミネラルが不足すると味覚障害になります。偏食を長く続けていると気づかないうちにそうなる場合もあります。パン食、インスタント食を続けていて味覚障害になる人が最近多いようです。

人間は嗅覚を通じてかなりの“味”を感じています。ですから風邪をひいて鼻が詰まると“味がしない”ようになります。慢性的な鼻炎や嗅覚の異常がある場合も味覚に疎くなります。

目隠ししてジュース等の決まった味のもので味を確認するテストをしてみると良いかも知れません。


人間は持って生まれた味覚として“甘み”を...続きを読む

Q亜鉛を含む食品

一般的に牡蠣やハマグリに多く亜鉛が含まれていることは知られていますが,そのほかに亜鉛を多く含む食品を教えてください。
亜鉛は,いろんな食品に少しずつ入っていて,普通に食事をしていれば自然に摂取できるとは言われていますが,もう少し,亜鉛について情報が欲しいのです。
お願いします。

Aベストアンサー

スカベンジャーで検索してみると、また違った観点から分かることがあるかもしれません。
ホルモンバランスに興味があるのでしょうか?
亜鉛は勿論、鉄、マグネシウム等も必要です。
成人の場合1日の推奨摂取量は約15mgですが、成人男性の平均摂取量は9.1mg。女性は7.3mgです。
汗1リットル中に1.15mgの亜鉛が含まれ、ひどく汗をかくと4mg以上を1日に失います。亜鉛は痒み物質のヒスタミンの生成を抑制する働きもあり、アトピーの症状改善にも役立つのではないかと注目を浴びています。
ニキビにも関係があり、亜鉛不足によると考えられます。
また、成長ホルモンにも関係しています。亜鉛の不足は性腺の発達の遅れや、未成熟を招く原因となります。亜鉛不足の人は1日の摂取量は30mgを目安にします。一般的に日本人は10mg程度の亜鉛を食事から摂取しているので、足りない20mgをサプリメントで補う方法もあります(不足の場合)。
亜鉛はミネラルのうちで、最も毒性が低く、1日50mg~100mgを摂り続けても問題ないとされています。ただし、1日50mgの亜鉛を摂り続けると、銅の吸収を妨げ、銅欠乏症の貧血を招く可能性があるとの報告例もあります。つまり、両面の報告がなされているということです。
また、亜鉛は、たんぱく質や核酸の合成に関係しています。味覚を正常に保ちます。長期の下痢をした人や、妊婦、授乳婦は、特に、摂取に心がけましょう。妊婦は、亜鉛と葉酸の摂取に気をつかい、ビタミンAを摂りすぎないようにします。
牡蠣やゴマにも含まれています。

スカベンジャーで検索してみると、また違った観点から分かることがあるかもしれません。
ホルモンバランスに興味があるのでしょうか?
亜鉛は勿論、鉄、マグネシウム等も必要です。
成人の場合1日の推奨摂取量は約15mgですが、成人男性の平均摂取量は9.1mg。女性は7.3mgです。
汗1リットル中に1.15mgの亜鉛が含まれ、ひどく汗をかくと4mg以上を1日に失います。亜鉛は痒み物質のヒスタミンの生成を抑制する働きもあり、アトピーの症状改善にも役立つのではないかと注目を浴びていま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報