ウォッチ漫画『酒男子』新連載開始!

積水ハウスで建てた一戸建て住宅に住んでいます。(築年数は10数年、軽量鉄骨でカラーベストコロニアル屋根です)
台所のリフォームや屋根のリフォームや外壁塗装などあちこちリフォームが必要になってきつつありますが、これは全部積水ハウスでリフォームしないと不都合なことがあるのでしょうか?
同じく積水ハウスで家を建てて、あえて積水にリフォームを頼まず
よその工務店やメーカーでリフォームしている方がいたらどんな感じか教えてください。積水ハウスは工法が独特なので他社のリフォームできない場所が多々あるというのは本当ですか?
金額面からすると工務店のほうが魅力的なのですが。
体験者の方のご意見お待ちしています。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

積水さんがどうなのかはわかりませんが、木造か鉄骨かが大きいと思います。

木造はリフォームの際に柱の移動や梁の補強等が行えますが鉄骨はできません。
また、型式認定といって商品でまとめて確認申請を取っているため、増築等は現実的にハイコストとなってできないケースが多いです。その為増築等は新築時のメーカーに頼むことが必要になってしまいます。
    • good
    • 1

専門家紹介

岩間誠治

職業:建築プロデューサー

"全国で設計を行っています。
ご要望をじっくり伺い、住む方とともに作り上げていく設計を行っています。
ご要望をかなえる事だけではなく、既成概念にとらわれない発想をもとに、想像を超えるご提案をいたします。"

リフォームでは設計施工も規模により行っております。
お気軽にお声かけください。

詳しくはこちら

お問い合わせ先

047-427-5402

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

当方不動産業者です。

積水さんの住宅も買い取り後リフォームなど
して販売しておりますが、別に積水で直さなければならない事はあり
ませんよ。
外部なら雨樋や内部の建具などはサイズが特別で市販品は合いません
がその部分のみカスタマーセンターから取り寄せ可能です。市販品より
ちょっと高いですが。
先の回答者さんの通り構造を変更しないなら、特段積水でなくともOK
です。瑕疵保証の期間も過ぎていますから問題ないと思います。
注意が必要なのは、建具や床の色なども市販品とは合いませんので
(微妙に違います)そこに手を付けるなら、その部屋のその部分すべて
を替えるかまたは木部なら(枠やドアなど)無塗装品を付けてそのご
調色して塗装してもらうなどの措置を取れば大丈夫です。
増築や区割りなど鉄骨の構造を変更するなら、積水さんにお願いしま
しょう。その方が保証もあり安心です。
積水ではありませんが、購入者の希望でパナホームの鉄骨を1F部分大規模な
躯体の変更工事をしたことがありますが、パナホームでは施工してくれました。費用はかなり高かったですが・・・
    • good
    • 12
この回答へのお礼

積水の中古住宅も沢山販売されてるので、全部を積水に頼むわけ
ないだろうしと自分も思っていたのです。
一度でも他社のリフォームをしたら、それはもう積水ハウスではない
ですからと言われた人がいるのでそれを聞くと不安です。
やっぱり大手HMはリフォームもがっちり客を抱え込んでいたい
のでしょうかね。
内装ひとつとっても費用面で苦労します。

みなさんの回答大変参考になります。ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/08 17:29

>台所のリフォームや屋根のリフォームや外壁塗装などあちこちリフォ


>ームが必要になってきつつありますが、これは全部積水ハウスでリフ
>ォームしないと不都合なことがあるのでしょうか?
上記の内容であればなんら問題はありません。
工務店、リフォーム店等見積もりを取って安く、信頼のおける施工店
を探されるといいでしょう。
水廻り等も問題ないでしょう。

>積水ハウスは工法が独特なので他社のリフォームできない場所が多々
>あるというのは本当ですか?
構造的な部分です。在来木造住宅も同じですが筋かいがある部分の壁を
開口とするのであれば当然耐力的なチェックが必要です。しかし、積水
ハウスのような「プレハブ」は構造部分は積水ハウスにしかチェックが出
来ない、と考えていただいて間違いがないと思います。もし、構造設計
専門の(積水ハウスと下請け関係等無い)建築事務所が設計するとしたら
積水ハウスに資料提供を依頼することになるでしょう。
私はそんな経験がないので積水ハウスが応じていただけるかどうかわか
りません。ただ、一般鉄骨造と比べて特別難しいとは感じないですが・
・・。ノウハウが必要です。
在来木造も同じです。ところが、在来木造は今までの経験と勘だけで
増築を繰り返してきました。なので、程度の低い一部工務店では、筋か
いをはずしてもろくに補強もせずに完了してしまうことも多々ありま
す。構造計算のなんたるかを知らない工務店なんていくらでもいます。

さて、現在は法律が改正されて、僅かな増築でも(ややこしいので詳し
くは別途)構造関係諸規定が適用されるようになりました。
これにより、在来木造、積水ハウス共に2階への増築は実現がほとんど
不可能になりました。ただ、そうはいっても本当に必要な増築なら「は
い、わかりました。諦めます。」とはいえないと思います。
その時は、積水ハウスに真摯な態度で相談されることをお勧めします。
最近の書き込みでは工務店と建築主との関係は「信頼」という文字が
なくなっている様ですが、そのような態度からはお互いの譲歩は生まれ
ません。一部の過激な書き込みに惑わされないように。
在来木造住宅では不可能な増築をプレハブ住宅で実現した例を見ていま
す。双方の努力の結果でしょうね。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

そうなんですよね。信頼できない施工店には頼みたくないのですが
大手HMでもリフォーム営業マンがいい加減だったりすると不安になったりする人も多いと思います。
増築までは考えていないのですが、屋根関係のリフォームや
塗装だけじゃなくて屋根の葺き替えなんかでも
ビスを打ったりするのでやっぱり積水じゃないと
無理なのかなーと思ったりしますが。
費用的に高いんですよね(半笑い)

お礼日時:2009/05/08 17:25

リフォームの内容によると思いますよ。



クロスや床板の張替えや設備の更新なら、積水ハウスに頼まなくても普通にやってくれると思います。
電気の配線なんかも同じく出来ると思います。
工法が独特というほどのこともないと思います。

構造をいじるのは積水ハウスに依頼しても、ほとんど不可能だと思います。
外壁をはずして、鉄骨軸組みを外したりなんかは想像しただけでも大変すぎます。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

そうですね。内装関係や設備の取替えなどはよそに頼んでもいいかな
と思っています。
どのリフォームがどれだけ構造計算に関係してくるのか
分かりませんがリフォームごとに調べないと駄目ですね。
営業マンから「うちでやらないと今度面倒見ませんよ」みたいなことを
言われた人もいるので今すごく迷ってます。

お礼日時:2009/05/08 17:21

小さな工務店です。



積水ハウスは壁式です。
壁が構造体なので壁を壊す事が出来ません。
だから、壁をぶち抜けないという事です。
既存の壁を壊さずにそのまま間仕切りを造る等はできますが、構造体を壊して家が傾いたなど、考えた出けでも慰謝料が高くつきそうですね。壁を壊すのにその壁がどれだけ加重不可があるのか構造計算するのに、一般の工務店では経費が掛かりすぎて大変です。

最近、積水の物件で私の会社でも窓を出窓にしただけで、大変な目に遭いました。ホント、壁式の改造はしたく無いです。

壁式は、職人の腕の差が出にくく、柱の無い大きな部屋が取れる反面、デメリットは増改築がそう簡単にはできない点です。
最初の建築段階で誰かしら、在来工法じゃないと、増改築が難しいと聞きませんでしたか?
改造を頼むのは、積水で建てたなら、積水ハウスでないと…。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
壁を壊す以外のリフォームなら妥当なのですね。
屋根の葺き替えなんかはどうなのでしょうか・・・。

お礼日時:2009/05/08 17:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q築30年のセキスイハウスの軽量鉄骨。リフォーム出来る?

S52築のセキスイハウス製2階建ての実家を今度、完全に取り壊して新築を建てようか、リフォームしようか迷っています。
資金の関係上できればリフォームしたいのですが、もう30年以上が経過している軽量鉄骨って今後、20年も30年も耐えうるんでしょうか?

最近のリフォームは新築みたいに出来ると聞き、骨組み以外は改築したいと考えています。出来ればベタ基礎じゃないのでベタ基礎にしたいのですがそれはリフォームじゃ無理かな?

築30年の軽量鉄骨のリフォーム、実用性はあるんでしょうか?
詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

メーカーの軽量鉄骨の住宅は構造計算で安全が保証されています。
当時の建築基準法の強度計算では現在の基準が満足出来ないと思います。木造などでは、筋交いを増やしたり、基礎を補強したりして耐震補強できますが、メーカーのユニット住宅では難しいでしょう、建物全体で保つように設計されていますので。

ベタ基礎の件ですが、何故ベタ基礎にされようと思っているのでしょうか、ベタ基礎にすれば建物の自重が増えるので、圧密沈下の恐れがある場合もあるのです。何でもベタ基礎にすれば強度が増えるというわけでもないのです。

私はセキスイハウスの者では無いので、ひょっとするとセキスイハウスに相談すれば補強方法について何らかの技術があるかもしれません。
一度相談されてみればどうでしょう。
(まあ、新築を進められそうですがね)

Qハイムはハイムじゃなきゃリフォームできないんですか

積水ハイムの中古を検討しています。
積水ファミエスの人に構造に手をかけるリフォームはうちでやらなきゃ保障はできません。といわれました。
これってどういうことなんでしょうか?
見積もり見たらかなり高い感じなんでできたらほかのリフォーム業者と合い三つしたいんですけど。
まだローン審査売買契約まで進んでないのでほかの業者は中に招き入れられないんです。
洗面台とかトイレを動かすとか風呂はファミエスに頼んだほうがよいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

築15年のハイムを普通の業者さんでリフォームして今年引っ越しました。
リフォームしたのはほぼ全部。水周りの移動や取替え、ユニットバス
のサイズアップ、キッチンも移動に取替え。内部の間仕切り壁は
ごっそり取っ払ってもらいました。
(外部はまったくさわっていません。)

それでも保障は切れてません。

住宅の壁は、家を支えている壁と、ただの間仕切りのためだけの
壁に分かれます。家を支えている壁には太い柱やすじかいが入っています。
ただの間仕切りの壁には支えになるような柱はありません。

”構造に手をかけるリフォーム”というのは家を支えている壁や柱を
取り除いたり移動させたりするリフォームを言います。

セキスイハイムの家は軽量鉄骨造で、ユニット工法という建て方で
建てられています。鉄骨で組まれた四角い骨組みが幾つか組み合わされて
出来ています。四角い積み木が積まれているような感じです。
浴室の下には浴槽を支えるための梁が入っています。
それらの鉄骨の柱や梁を切断すると、構造上多大なダメージを与えることに
なります。それではメーカーは安全を保障することができなくなるので
積水ファミエスのリフォームをお奨めしてきたのでしょうね。


我が家のリフォーム中に発生した問題は以下の3つでした。
(1)他の方がおっしゃるように、ユニットバスの床下に構造部材があり
 浴室と脱衣室に15センチほどの段差が生じました。

(2)キッチンフードのダクトがとり回しづらく、ぐにゃっと曲げてなんとか 
 納めてもらいました。

(3)階段が特殊な構造で、取り除くはずの壁が残ってしまい、トイレの
 間取りが変更になりました。

(1)の浴室の段差は悩みました…。
「年取った時にどうする?」って思ったのですが、たかだか15センチの
段差を上れなくなるほど弱ったときは、2階建ての家に住むこと自体が
無理になるということなので、気にしないようにしました。
今では3歳の娘もなんなく上り下りしています。

それ以外はスムーズにリフォームできましたよ。
内部の間仕切り壁に筋交が入っていたり、構造壁になっていたりする
木造よりも、ずっとリフォーム向きだと感じました。
だって、外壁と階段周りの壁以外は全部動かせますから。
ハイムで構造部材までさわるリフォームって言ったら、よっぽどの
事情だと思います。


リフォームって、どんな物件でもなんらかのアクシデントが途中で
発生すると思います。壁が抜けないとか、窓の位置が合わないとか
排水管が詰まってるとか…。木造ならシロアリや土台などの腐蝕などの
心配もしなくてはいけません。軽鉄造のハイムはその点、シロアリなどの
心配が無かったので気が楽でした。

ちなみに私は、仕事でたくさんの木造住宅の設計をしてきましたが、気が
付いたら軽鉄造の家に住んでいました…。
木造の家に比べると家の中がやや寒い気もしますが、住んでいる土地柄も
あるので単純には比べられませんね。

いいお家が見つかると良いですねー!

築15年のハイムを普通の業者さんでリフォームして今年引っ越しました。
リフォームしたのはほぼ全部。水周りの移動や取替え、ユニットバス
のサイズアップ、キッチンも移動に取替え。内部の間仕切り壁は
ごっそり取っ払ってもらいました。
(外部はまったくさわっていません。)

それでも保障は切れてません。

住宅の壁は、家を支えている壁と、ただの間仕切りのためだけの
壁に分かれます。家を支えている壁には太い柱やすじかいが入っています。
ただの間仕切りの壁には支えになるような柱はありません。

”...続きを読む

Q軽量鉄骨造一戸建ての寿命

積水ハウスの中古住宅(築18年)の購入を考えています。
空家だったので中も外もじっくり見てみましたが
素人目で見た限りでは、中も外もまだまだしっかりしていていました。
地盤も、丘陵地を積水ハウスが開発分譲したところと
いうことでとてもしっかりしているように思いました。

ただ不動産屋の営業マンが
「鉄骨造だから木造に比べて丈夫です!!」
とあまりにも連呼するので
逆に「ホンマか?」と疑ってしまいました。

一般的に軽量鉄骨造の家って、大きな補修(構造的なもの)
をせずに、どれくらい住めるものなんでしょうか。

あるいは、何年おきにこれくらいの費用をかけて
補修すれば長持ちする、というようなことでも
いいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その昔、積水ハウス軽量鉄骨造の平屋に住んでいました。築26年まで住みました。
(今残ってたら築31年なんですが、5年前建て替えました)

取り壊すキッカケは
猫を飼っていたので壁紙など爪でバリバリにされた事
台所の流しの前の床が湿気で腐り、落ちそうになっていた事。
戸の建て付けがあちこち悪くなっていた事です。

取り壊す時に解体業者の方に言われましたが、鉄骨の柱はまだ
全然しっかりしていたそうですよ。(素人目ですが、私にもそう見えました)

台所の床が腐ったのは、長年ちょっとずつこぼれた水で湿っていたの(だろう)という事と
元々土地が田んぼを埋めたてたところだったので、湿気が多かったセイだと思います。

戸の建てつけも蝶番部分が錆びてきて膨れたり、引き戸の下についている
車輪が磨耗していびつになっていることからのようでした。
(その部分だけ直せば住めたのにと思いましたが、私が戸主ではないので(^^;)

そのお家は手入れは必要かもしれませんが、まだ住めると思いますよ。
補修が必要だろうと思う部分は上に書きました、床(耐久性)と内壁(美観)
戸の建てつけですかね。
ワックスかけたり、油さしたりで耐久性はぐんと上がると思いますよ。

あ、屋根はトタンですか?うちは錆びて穴が開いて押入れに雨漏りしましたよ。
(数年に一回ペンキを塗ってたら、防げたようですが)
屋根がトタンだったら、雨がふったらバラバラと音がします。
慣れれば風情として楽しめる程度ですが(^^)
私は雨の音が好きだったので、今の家は殆どしないので残念です。

あと、これは建て替えないと判らなかった点なのですが
今の家は前の家に比べて気密性が高いので、冬温かく夏涼しいです。
冬の事ですが、暖房を切って寝て、次の日の朝起きたら温かく感じます。
(昔の家に比べて)あれ?今年は温かいねって言ってたら、外は雪。
それで中が温かいんだと気付きました。この点は大きい利点でしたね。
前の家では、1度暖房を付けに起きて、また暖まるまで布団に戻る感じでしたから。

他の点での不満は得に有りませんでしたから、前の家に手を加えてまだまだ
住めば良かったのにと思っています。
でも、親もどんどん年をとることだし、冬温かい家はやっぱりよかったのかも?
(断熱工事ができるんならそれの方がいいかもしれませんが)

どちらの地方かわかりませんが、断熱という面でも覚悟が必要かもしれません??

あまり役に立たない話でしたね(^^;(思い出話みたいになっちゃった)
他の方の回答も待ってみてください。

その昔、積水ハウス軽量鉄骨造の平屋に住んでいました。築26年まで住みました。
(今残ってたら築31年なんですが、5年前建て替えました)

取り壊すキッカケは
猫を飼っていたので壁紙など爪でバリバリにされた事
台所の流しの前の床が湿気で腐り、落ちそうになっていた事。
戸の建て付けがあちこち悪くなっていた事です。

取り壊す時に解体業者の方に言われましたが、鉄骨の柱はまだ
全然しっかりしていたそうですよ。(素人目ですが、私にもそう見えました)

台所の床が腐ったのは、長年ちょ...続きを読む

Q築20年以上のセキスイハイムのリフォームについて

工務店の者です。
友人から実家のリフォームを頼まれました。間取りの変更を含めた全面改装を考えておられます。
実家は築20年以上のセキスイハイムで、ユニット(箱)で組みあげていく軽量鉄骨のパターンです。
壁の撤去などは過去に経験があるので、ある程度わかるのですが、全面床暖房(しかも蓄熱タイプ)を検討されているので床の撤去をしなければなりません
そこで経験のある方(問題なければセキスイハイムの方)にご質問です。

1)床下の構造がわかりません。木造のように、大引き、根太のように組まれていて、かつ撤去できるものなのでしょうか?
2)上に似ていますが、床の上に壁が乗っているのでしょうか?
3)1階のみほぼ全面のサッシの取替え(変更)も検討しています。外壁(現状はサイディング)を撤去してサッシの入れ変えをし、新しくサイディングを張り替える予定ですが、耐力壁の部分以外は解体してサッシ取付をする事は容易に出来るのでしょうか?

セキスイハイムさんに依頼すれば一番良いのでしょうが、友人のご両親も私を信頼して「是非頼む」とまで言って下さってますので、なんとかしたいと思っております。
どうぞよろしくお願い致します

工務店の者です。
友人から実家のリフォームを頼まれました。間取りの変更を含めた全面改装を考えておられます。
実家は築20年以上のセキスイハイムで、ユニット(箱)で組みあげていく軽量鉄骨のパターンです。
壁の撤去などは過去に経験があるので、ある程度わかるのですが、全面床暖房(しかも蓄熱タイプ)を検討されているので床の撤去をしなければなりません
そこで経験のある方(問題なければセキスイハイムの方)にご質問です。

1)床下の構造がわかりません。木造のように、大引き、根太のように組...続きを読む

Aベストアンサー

NO.1さんが言われるように、にプレハブで形式認定で建築されているので一般的には難しいです。
メーカーさんは、構造計算書をブラックボックスにしていますので表に出すことはありません。
可能性があるとしたら、部材を一つ一つ拾い出して改築後の構造計算をすることになりますが、元々の材質強度まで確認することが難しいかと思われます。
又、軽量鉄骨をPBやサイディングでサンドイッチすることで、耐力壁を形成していますので、防火性能と構造耐力をあわせて検討する必要があります。
このあたりは、メーカー保証と火災保険の兼ね合いも考慮したいところです。
こうなると殆んど無理のようですが・・・別のあるメーカーでは・・・
1.設計事務所が現状の構造計算書を要求→NG
2.施主から現状の構造計算書を要求→NG
3.施主から改築後の構造計算を以来→OK(お客様は神様です)
(メーカーさんに構造費用支払い→現行法適合の構造認定書発行)
4.構造計算により躯体の補強(梁の入れ替え)→メーカーさん責任施工
(施工費用ももちろんメーカーさんへ支払います)
5.残りの工事等は一般建築業者→OK
と、施工することが出来ましたが・・・意外とメーカーさんのガードは固いです。
施主のリスク、検査機関のリスク、メーカーさんのリスク、工務店のリスク等々、立場は違えど大なり小なりあります。それぞれに十分な打合せが必要です。その上で、誰の為にすることかを共有出来れば良い方法は見つかるかも?
参考になれば幸いです。

NO.1さんが言われるように、にプレハブで形式認定で建築されているので一般的には難しいです。
メーカーさんは、構造計算書をブラックボックスにしていますので表に出すことはありません。
可能性があるとしたら、部材を一つ一つ拾い出して改築後の構造計算をすることになりますが、元々の材質強度まで確認することが難しいかと思われます。
又、軽量鉄骨をPBやサイディングでサンドイッチすることで、耐力壁を形成していますので、防火性能と構造耐力をあわせて検討する必要があります。
このあたりは、メ...続きを読む

Qセキスイハウスでの増築について

いつもお世話になっています。

15年前に積水ハウスの軽量鉄骨・プレハブで建てました。

子供も大きくなったので、増築してみようかと、とりあえず建てたときの営業さんに連絡して、リフォーム部門を紹介していただきました。

増築部分は木造でしたいのですが、セキスイのようなハウスメーカーで建てると割高という意見をよく見かけます。実際どうなんでしょう?タダでさえ増築は割高なので、できれば安くできると嬉しいのですけど。

今の所セキスイとしか話をしていないのですが、あい見積もり?は、やはり何社かするべきでしょうか?知識が無いので、うまく判断できるか自信が無いのですが・・・。

ひとつ、気になることがあります。リフォーム部門の人が「新築主義のセキスイも最近ようやくリフォームにも目を向けるようになった」っておっしゃったんです。ということは、あまり増改築の実績が無いということでしょうか(不安)?
アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

不動産系の専門家です。(以下、長文です)

>ハウスメーカーで建てると割高
やはり大手ハウスメーカーは地場工務店やリフォーム専門会社に比べると、金額的には割高となるかもしれません。
しかしながら、工事後の保証年数や内容は、他社に比べると優れているとも言えます。

また、積水ハウスでは『家のカルテ』のようなものが社内的に存在しており、新築時の設計図や工事手順・状況などの資料が保管されています。これは大きな優位点(プラス要素)となるでしょう。

仮に他社が増改築工事を請け負ったとすると、いくらかの情報は手に入っても、やはり最初に建てた会社程ではありません。
つまり、ある程度は『手探り』で工事しなければならない部分もある、ということです。

>あい見積もり?は、やはり何社かするべきでしょうか?

気になるのでしたら、他社ハウスメーカー、地場工務店、リフォーム専門会社など数社に『あい見積もり』を取られれば良いかと思います。
その際、単に金額だけで比較するのでなく、工事期間やその後の保証制度の内容など、さまざまな点について見当してみてください。

>リフォーム部門の人が「新築主義のセキスイも最近ようやくリフォームにも目を向けるようになった」っておっしゃったんです

これは本当です。
積水ハウスに限らず、大手・中堅のハウスメーカー各社では、ここ2年内くらいに本格的に『リフォーム市場』に参入してきました。

それまでは、地場工務店や大工さんを除き、本格的に増改築(リフォーム)を手がける住宅メーカーは少なかったと思います。
なぜなら、新築に比べ、増改築(リフォーム)の方が単価や総額が低いので、工期や手間暇かかる割には利益率が低かったからです。

しかしながら、環境問題に配慮して『50年住宅』や『30年程度で建替えしなくてもすむ家』を各メーカーが開発したり、行政が中古住宅市場の流動化を図るために『住宅性能表示制度』や『既存住宅保証制度(旧 中古住宅保証制度)』等を整備しはじめたため、10年前に比べると、着実に増改築(リフォーム)工事件数が増えてきました。
これにより、多くの金融機関では、増改築のための住宅ローンなど新たな商品開発を行っています。
もちろん、『少子高齢化社会』や『超低金利時代』『不景気の長期化』などが影響していることは、言うまでもありませんが...。

住宅販売の営業マンは、意外と素人あがりで知識や経験不足の人が多いのですが、piyopiyohiyokoさんのところにきた営業マンは、少なくとも社内事情をきちんと把握している方のようですね。
試しに住宅展示場などで『御社の住宅保証制度や増改築制度について詳しく教えて欲しい』と聞けば、いかに無知な人が多いかわかります。

なお、積水ハウスでの増改築工事実績ですが、同社はこれまで系列会社で主に増改築工事を請け負っていましたが、積水グループ全体として増改築(リフォーム)に力を入れるため、母体である積水ハウスがリーダーシップをとるようになった…のが昨年の話です。
ですから、グループ全体での実績は、地場工務店とは比べ物にならないくらい多いです。

多額の費用を投入しての工事ですから、くれぐれも金額だけで選ばず、色々な点を他社と比較し、決定してくださいね!
なお、『営業マン(担当者)の知識幅・情報量』というのも、そのうちの一つだと思います。

不動産系の専門家です。(以下、長文です)

>ハウスメーカーで建てると割高
やはり大手ハウスメーカーは地場工務店やリフォーム専門会社に比べると、金額的には割高となるかもしれません。
しかしながら、工事後の保証年数や内容は、他社に比べると優れているとも言えます。

また、積水ハウスでは『家のカルテ』のようなものが社内的に存在しており、新築時の設計図や工事手順・状況などの資料が保管されています。これは大きな優位点(プラス要素)となるでしょう。

仮に他社が増改築工事を請け負っ...続きを読む

Q積水ハウスの中古住宅(築23年)

私は30代後半で
積水ハウスの中古住宅(築23年)の購入を考えています。
定年までは住みたいと考えておりましてあと25年近くもつのかどうか
不安に思っています。

2階建て軽量鉄骨なのですが、寿命が普通は30年と言われていることを
考えると無謀とも思うのですが、一方で50年はもつというご意見もあるようです。

屋根と外壁、水周りはリフォームするつもりなのですが、
肝心の基礎部分は見ることができませんのでそれも不安に
思っています。

中を見たところ非常にしっかりした印象で
積水さんということである程度信頼はおけるのかな、
という気もするのですが、良いアドバイスを頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

昨年末、積水ハウスの2階建て軽量鉄骨(築25年)を購入しました。
基礎部分等、鉄骨部分は塗装色がまだまだ光沢のある黒色でした。

私もとても不安のなか、半分賭けで購入いたしまいたが、リフォーム時
に見せて頂いた床下、鉄骨部分等はとてもきれいで、リフォーム会社の
方も関心されていました(私も確認しました。)

もし、確認させて頂けるなら、床下収納から床下を、押入れもしくは
風呂場天井の開口部から基礎(鉄骨)部を確認させて頂いてはどうで
しょうか。

メンテナンスはある程度必要となってくるとは思いますが、築4、50年の
木造の実家がまだピンピンしていますので、そこまでシリアスにはなって
おりません。(購入前は違いましたが・・・)

あくまで私の場合の一例にすぎませんが、個人的な意見としましては、
積水さんということである程度信頼をおいては良いのではと思います。

すごく私の場合と似ておられますね。わたしも不安でした。

Q積水ハウス築26年とローコスト住宅

住宅購入で迷っております。

中古の積水ハウス(築26年・軽量鉄骨)とローコスト住宅(新築・秀光ビルド)で迷っております。

有名メーカーの方が安心なのですが、築26年というのが気になります。
またローコスト住宅について調べておりますが、手抜き工事(特に基礎部分)が心配です。

積水ハウスだと中古であっても、引き続きアフターメンテナンスをしてくださると聞き安心しております。

☆中古戸建
メーカー:積水ハウス
築26年
軽量鉄骨
55坪
1900万円(土地1300万+建物600万)
※建物600万円なので、多少失敗してもあきらめがつくような気もします。
※あと30年は住みたいです。欲を言えば、40年ですが、築66年になってしまいます。軽量鉄骨なら長い年数もつと聞きますが、どうでしょうか?メンテナンス次第ですよね?メンテナンスするぐらいなら、30年後(築56年)に新築で建て替えた方が良ろしいでしょうか?築56年まで軽量鉄骨なら、もつのでしょうか?まったくの素人の為、お恥ずかしい質問で申し訳ございません。


☆新築
メーカー:秀光ビルド
あ木造
40坪
2000万
※建築基準法に適応しているので、耐震は問題ないと聞きます。その一方、手抜き工事が心配です。10年後にメンテナンス必要になって、多額おお金が必要になるかもと聞き心配です。

お詳しい方、アドバイス宜しくお願い致します。

住宅購入で迷っております。

中古の積水ハウス(築26年・軽量鉄骨)とローコスト住宅(新築・秀光ビルド)で迷っております。

有名メーカーの方が安心なのですが、築26年というのが気になります。
またローコスト住宅について調べておりますが、手抜き工事(特に基礎部分)が心配です。

積水ハウスだと中古であっても、引き続きアフターメンテナンスをしてくださると聞き安心しております。

☆中古戸建
メーカー:積水ハウス
築26年
軽量鉄骨
55坪
1900万円(土地1300万+建物600万)
※建物...続きを読む

Aベストアンサー

まずは「築26年」の積水ハウスですが、
この様な団体に依頼すれば、今の家の状態を
調べてくれます(所有者が同意すればの話ですが)
http://www.jshi.org/

秀光ビルドが「手抜きしないのか?」についてですが、
多分、工事自体は「下請け」が行いますから

いくら「住宅性能表示制度」を利用しても、
完成してしまえば、見えない部分の工事内容は

確かめ様がありませんから、信頼が出来るのかどうか?
ご自身で調査をするしかありません。

新築後の10年目では、それほどお金は掛かりませんが、
築年数が26年は入居する前にも「そこそこのお金」を掛けて
改修工事をしないと快適には暮らせませんし、

その後の10年目には、かなりのメンテナンス費用が
掛かるので「覚悟」をしてください。
中古の場合はどうしても「維持」にお金が掛かりますので。

Q積水ハウスの壁に窓を追加したい。(鉄骨です)

 この度、積水ハウスのビーフリーで新築することとなり、先日棟上が終わったのですが、採光の為にどうしても窓(若しくはガラスブロック)を追加したいと考えています。
 営業担当の方に聞いてみると「新しく窓つきの外壁を工場で作成してこないとできない。」と言われました。追加したい箇所は耐力壁ではないので、何とか今ある外壁をくりぬいて窓の追加はできないのでしょうか。
 

Aベストアンサー

 お気持はよく分かります。しかし、こういう小回りがきかないという点もプレハブ住宅という建築のマイナスの特性として確かに存在します。

 まず、現在組み込まれるはずの壁に窓など開口部を設けるということについてですが、一般的にこのような開口部のない壁でも、鉄骨構造の場合は耐力壁ということではないものの、壁の内部にはブレスという、木造建築の筋交いに相当する斜めの鉄材が入っていることが多いものです。この場合はここに開口部を作るとブレスを切断せざるをえず、建物の構造強度が一気に下がってしまいますので、この場合は完全にあきらめざるを得ないと思います。

 もしブレスが入っていない場合ですが、理論上はこの部分を切り開いて窓などを作ることは不可能ではありません。ただし、壁材というものはいろいろな素材を重ねた複雑なものですので、切り開きにはかなりの手間がかかることが予想されること、また、サッシなども一般市販用と異なり積水専用仕様になっているのではと思います。さらに、こうした工事によって万一雨などが浸入した場合、水分が壁材の中を通って鉄骨構造部分に達し腐食などを引き起こす可能性も否定できません。こうしたことから積水側としてはおそらく消極的な態度になるものと思いますし、場合によってはこの部分については保証範囲から外されるのではと心配します。

 もうひとつの方法である、新しく開口部を持った壁材に交換するという件、これについても不可能ではないものの、やはり壁一枚の余分なコストと、それに加えて輸送料、交換費用、不要になった壁材の処理費などがかかるものと思われます。と同時に、このようなプレハブ構造の家屋ですと1階の壁材を組み込んだ後2階の壁材を乗せるという工法を採りますので、早めに決断しなくては後々の工程に影響が生じ、ここにもまた余計なコストがかかることと予想します。

いずれの方法にしろ、この問題は早急に解決する必要があります。というのは、どの方法にしろ、次第に組み上がって行くにつれてそれだけ作業が難しくなる、組み上げた後から壁材を交換する場合には壁材を外し難くなる、さらに、目地に詰めたパテが硬化しはじめている、内装に取り掛かれない、壁材の風化によって色が揃わないなどといった問題も起こりえますので、このあたりについて積水側の意見をよくお聞きになってよく検討され、どの方法で進めるかを早急にご決定になったらと思います。

 お気持はよく分かります。しかし、こういう小回りがきかないという点もプレハブ住宅という建築のマイナスの特性として確かに存在します。

 まず、現在組み込まれるはずの壁に窓など開口部を設けるということについてですが、一般的にこのような開口部のない壁でも、鉄骨構造の場合は耐力壁ということではないものの、壁の内部にはブレスという、木造建築の筋交いに相当する斜めの鉄材が入っていることが多いものです。この場合はここに開口部を作るとブレスを切断せざるをえず、建物の構造強度が一気に下が...続きを読む

Qセキスイハイムの浴室の耐用年数は20年ですか?

20年点検で、外壁を塗り替えることにしました。セキスイ独自の塗料とかで、150万くらいです。
まあ、それは、やることにしましたが、浴室の交換で250万もかかるといわれました。浴室の壁は汚くなり、塗り替えたいと思っていますが、風呂、床もいつ壊れるかわからないと言われました。壁の塗り替えだけなら30万くらいだそうです。耐用年数は20年だそうです。浴室ごと替える時期なんでしょうか?ハイム(うちはアバンテ)にお住まいの方教えて下さい。

Aベストアンサー

お家の耐用年数は26年くらいです。
それでお家を建て替えなければいけないのでしたら、
塗装をするのも、浴槽を替えるのも、もったいない気がします。


貴方のためを思っての営業ではありません、自分のために売り上げを上げるための営業です。
浴室の耐用年数が寿命ではありません、浴室は壊れてから取り替えれば済むのではないでしょうか。
他にもキッチン、トイレなどもリフォームする時期が来ます。
営業の言っていることを真に受けて、工事をしていては、破綻します。

浴室の工事の250万円はとても高いです。
20年しか持たない浴室にそんなにお金をかける必要はないと思います。
いろんなメーカーのユニットバス、値段を調べてみてください。
相見積もりもしてみてください、適正な値段が判ります。

又20年でユニットバスを取り替えた人を私は知りません。
(ユニットバスの浴槽だけを替えたことはあります)

Q某有名ハウスメーカーで家を建てて10年目になります。(軽量鉄骨、建築費

某有名ハウスメーカーで家を建てて10年目になります。(軽量鉄骨、建築費4000万ほどでした。)
無料点検を定期的にしてくれます。
今回の点検で、外壁やコーキングの劣化、屋根瓦の一部のネジの浮きやずれ、色あせ(?)などが見つかりました。
昨年は点検箇所全てクリアしており、大変きれいな状態ですと言われました。
1年たったら一気に状態が悪くなってしまったとのことです。
担当の方はほっておくともっとひどくなり更に費用がかさむので
今のうちに外壁や屋根の補修をした方がいいと言います。
見積もりは工期1ヶ月で何と260万!
内容は足場を組み、外壁と屋根の全面塗装やシーリングの打ち替えなどです。
(ここから多少の値引きをしてくれるようです。)
見た目は、知らない方からは新築に間違われるくらいきれいなのです。
本当にやらなくてはいけないのか迷っています。
また、新築で建てても10年でこうなるなら
今後も10年ごとに劣化しては補修の繰り返しですよね?
10年ごとに2~300万の出費になります。
こういうものなのでしょうか?

私の実家もハウスメーカーで建て、25年になりますが(木造です)
そこは点検は建築後、数回あっただけでした。
したがって、屋根や外壁のチェックなど20年以上しておりません。

家にかけるお金は価値観の違いもあるため人それぞれだと思います。
致命的なところは修理は必要だと思うのですが
今、悩んでいます。
またこのような補修工事はやはり建築したメーカーにお願いいたほうがいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

某有名ハウスメーカーで家を建てて10年目になります。(軽量鉄骨、建築費4000万ほどでした。)
無料点検を定期的にしてくれます。
今回の点検で、外壁やコーキングの劣化、屋根瓦の一部のネジの浮きやずれ、色あせ(?)などが見つかりました。
昨年は点検箇所全てクリアしており、大変きれいな状態ですと言われました。
1年たったら一気に状態が悪くなってしまったとのことです。
担当の方はほっておくともっとひどくなり更に費用がかさむので
今のうちに外壁や屋根の補修をした方がいいと言います...続きを読む

Aベストアンサー

10年といえば一区切りなので補修をしてもおかしくない時期です。
コーキングの耐久年数は5年程ですのでいままで
一度もうちかえてないのであればそろそろでしょう。

>担当の方はほっておくともっとひどくなり更に費用がかさむので
>今のうちに外壁や屋根の補修をした方がいいと言います。

これは嘘ではありませんが、多少の誇張があるかもしれません。
たしかにコーキングや屋根のずれから雨水がはいればそうでしょうが
そこまでなるのにあと何年もつかは正直わからないはずです。

>私の実家もハウスメーカーで建て、25年になりますが

日本の住宅はメンテナンスをほとんどせずに30年、40年たったら
建て替えをするという消費型住宅が多いのです。
質問者さんが住宅を50年以上持たせたいのであれば定期的に
メンテナンスは行ったほうがいいでしょう。
しかし、子供世代にたくす気がないのであれば適度な補修で
済ませたほうが費用対効果が高いでしょう。
日本の中古住宅市場は補修をしても評価が低く売却時に
費用の回収はまず不可能です。

つまり質問者さんのライフスタイルにあわせて選択すればいいかと
思います。あた、金額の妥当性については数万円で見積もりの
チェックから損傷の具合まで確認してくれる業者もありますので
利用してみてはいかがでしょうか?

10年といえば一区切りなので補修をしてもおかしくない時期です。
コーキングの耐久年数は5年程ですのでいままで
一度もうちかえてないのであればそろそろでしょう。

>担当の方はほっておくともっとひどくなり更に費用がかさむので
>今のうちに外壁や屋根の補修をした方がいいと言います。

これは嘘ではありませんが、多少の誇張があるかもしれません。
たしかにコーキングや屋根のずれから雨水がはいればそうでしょうが
そこまでなるのにあと何年もつかは正直わからないはずです。

>私の実家もハ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング